タグ

タグ:山桜

安積蒸溜所 山桜 ザ・ファースト ピーテッド 50% 笹の川酒造

カテゴリ:
IMG_20210116_113317

ASAKA PEATED 
"The First" 
YAMAZAKURA 
JAPANESE SINGLE MALT WHISKY 
Phenol 50PPM
700ml 50% 

評価:★★★★★★(6)(!)

原酒構成の主体ばバーボン樽熟成のそれ。未熟香の少なさから若さは目立たず、適度にコクのある口当たりからフレッシュなスモーキーさ、柑橘系のアクセント。フルーティーというよりも、酸味や柑橘の皮を思わせるほろ苦さがあり、余韻に残るピートフレーバーには、バーボン樽由来のオーキーさと、モルトの甘み、香ばしさが混ざる。

香味の傾向は、アードベッグかカリラにラフロイグを足したようなイメージ。勿論ピートフレーバーの傾向が違うので、余韻にかけてはヨードや磯っぽさではなく、焚き木や野焼きの後のようなスモーキーさが主張してくる。その点、ピートはポートシャーロットタイプと言えるかもしれないが、酒質そのものの傾向が異なっており、クリアで柔らかい麦芽風味としっかりとした酸が特徴。嫌なところは少なく若さがプラスに働いて、いい意味でフレッシュなフレーバーを楽しめる。

IMG_20210116_113339

安積蒸留所(笹の川酒造)が、2016年の再稼働後、2017年から仕込んでいた最初のピーテッドモルトで、3年熟成を迎えた原酒をバッティングした1本です。
2021年に入って最初に我が家に迎えた1本で、これは美味い、いや上手いと言うべきでしょうか。正直、驚かされました。

スコッチのピーテッドモルトに置き換えるなら、8年程度の熟成を思わせるクオリティ。勿論、香味の中に熟成の短さを感じる部分が全くないわけではないですが、大半は嫌な若さではなく、ピートフレーバーに勢いがあることで、はっきりとしたスモーキーさを味わえる点がポイントです。
また、加水ですが程よく骨格が残った口当たりで、樽感、酒質的にもまだ成長の余地を感じる仕上がり。3年でこれは十分すぎる完成度と言えますし、あと5年後のリリースが今から楽しみです。

IMG_20210124_100151

当ブログの読者の皆様に前置きは不要と思いますが、安積蒸溜所のある福島県郡山市は、個人的に所縁があることもあって、2016年の蒸留所再稼働初期から成長を見させてもらってきました。
ニューメイクも、ニューボーンも、蒸留所見学でのカスクサンプルも・・・。

直近だと、2019年にリリースされた、安積蒸留所の3年熟成第一弾・ノンピート仕様のASAKA "The First"(写真右)は、控えめな樽感の中に、酒質の素性の良さを感じることが出来る仕上がり。現時点では完成と言えるレベルではないものの、問題を先送りした「将来に期待」ではない、純粋に成長を期待させる1本でした。
そうした経験値から、今回のリリースについても安積蒸溜所のキャラクターなら・・・と、ある程度予測をしていたわけですが、正直このピーテッドはそれを大幅に上回っていたのです。

酒質の素性の良さ、安積らしい柔らかい麦芽風味の中に酸味の立つような味わいが、ピートフレーバーと合わさって、どこかスコットランド的なキャラクターも感じます。良い熟成の傾向ですね。
こうして評価すると「いやいや、くりりんさんは安積推しだから、甘くつけてるんじゃないの?」と、そんな読者の声が聞こえてきそうですが、本音で思ってなきゃここまでストレートには書きませんから(笑)。行間読んで、行間。

ただ、飲んでいてあれ?と思ったのが、3年前に安積ピーテッドのニューメイクを飲んだ印象は、カリラとラガ、それこそ「ラフロイグっぽい感じじゃない」とまで3年前の自分は言い切ってるんですよね(汗)。
それが今回のコメントですから、当時の自分には猛省を促したい。。。でも再度ニューメイクを飲んでも、今回のリリースで感じたようなラフっぽさはないので、原酒の成長って面白いなと。
こういう成長をリアルタイムで経験できるのも、今の時代を生きる我々愛好家の特権ですよね。

IMG_20210201_203451

ちなみに、他のクラフトのピーテッドはどうかというと、最近リリースされた津貫、静岡含めて全蒸溜所の3年熟成前後の通常リリースは全て飲んでいますし、カスクもいくつか頂いていますが、2016-17年蒸留ならシングルカスクは厚岸、通常リリースなら安積が一番好みでした。

比較対象として、手元にあった3年熟成のキルホーマン100%アイラ 1st Release 50%と比べても、安積のほうが酒質の素直さというか、素性の良さを感じます。
ここに2018年は設備をバージョンアップした三郎丸、麦芽の粉砕比率などを見直した長濱も入ってくるので、日本のクラフトの成長はまさにこれからで、目が離せません。

一方、今回の安積ピーテッドは複数樽のバッティングで、加水調整もされています。樽毎の違いから、必ずしもすべてが良い熟成ということはなく、作り手の調整によってカバーされている要素もあるでしょう。若い原酒は特にそうした違いが大きい印象があります。
それでも、良い原酒が無ければこうしたリリースにはなりません。若い原酒の制限があるなかで、まさに”上手く”作ったなと感じるわけです。

安積蒸留所については、蒸溜所そのものの認知度というか、蒸溜所の印象としてノンピートのほうが強いのではないでしょうか。ピーテッドについてはあまり知られていないと思いますが、今回のリリースは是非どこかで飲んでみてほしいですね。
安積の蒸留所に関する印象が変わることは、間違いないと思います。

IMG_20210102_201435

【今日のオマケ】
笹の川酒造 純米吟醸 搾りたて生 初しぼり。
年末年始のお供でした。華やかでリンゴや洋梨のような吟醸香のフルーティーさ、クリーミーで柔らかい口当たり、仄かにヨーグルトの酸、玄米のような苦みが微かに。
しつこすぎない吟醸香とフルーティーさ、バランスが良く、すいすい飲めて1本すぐに空きました。

最近、年末年始のお供となりつつある、安積蒸留所を操業する笹の川酒造仕込みの日本酒です。
個人的に笹の川の日本酒は、スタンダード品だと「ああ、一般的な日本酒ってこうだよね」と感じる、ちょっともっさりしたような米感のあるタイプだと整理しているのですが、こういう限定品は洗練された、フルーティーさと吟醸香のバランスが取れた1本に仕上がっているのが多いですね。
蒸溜所見学に行くと売店で試飲も可能です。コロナ禍で見学は難しいかもしれませんが、機械があればウイスキーと合わせて日本酒も是非。

山桜 ブレンデッドモルト ポートワイン&シェリーカスクフィニッシュ 46%

カテゴリ:
IMG_20190507_234538
YAMAZAKURA 
BLENDED MALT WHISKY 
PORT WINE CASK FINISH & SHERRY CASK FINISH 
Sasanokawa shuzo 
700ml 46% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★(5ー6)

香り:ウッディでシーズニング系のドライプルーンやチョコレートクリームのような甘さを感じるシェリー感。次第にワイン樽由来のシロップと薬草香。少し人工的な要素を伴う特徴的なニュアンスも伴う。

味:口当たりは少々緩めではあるが、角のとれたウッディな樽由来の甘味、シーズニング系のシェリー感。口の奥にウイスキーが流れていくにしたがって、木苺や酸化した赤ワインのような酸味、微かにハーブや椎茸っぽさも伴う。
余韻はスパイシーな刺激と共に、ビターで微かに焦げたような苦味と若干のタンニンが感じられる。

少しポートワイン樽由来とおぼしき甘味と酸味が目立つが、シーズニングシェリー系の香味をベースに、穏やかなモルティーさのある味わいでバランスは悪くない。少量加水すると最初は個性がぼやけるが、時間を置くことで馴染んで一体感が出てくる。ロックで飲んでも悪くないかもしれない。

IMG_20190507_234629

こんなの出てたのか、というリリース。
元市民の自分としては、笹の川酒造と県南酒販の商品はなるべく取り上げたいところですが、最近の笹の川酒造は安積蒸留所のニューボーンだけでなく、買い付けた原酒を数年程度熟成庫で追加熟成させ、オリジナルブレンドのリリースも精力的に行っており、百貨店限定品とかもあったりするのでつい見落としがち・・・。
調べてみると、直近ではシェリーやワインなど、各種フィニッシュのリリースが行われていたところでした。

今回のリリースは、50本と非常に少数のリリースであることから、何らかのイベント向けかなにかで、こうした貯蔵原酒の一部を用いてブレンドされたものと考えられます。
香味から察するに、ベースになった原酒の系統はハイランドタイプ。使われている原酒の熟成期間は10~15年程度といったところでしょうか。
ポートワイン樽とシーズニングシェリー樽でそれぞれ原酒をフィニッシュしたそうですが、ポートよりもシェリーの方がフレーバーが馴染んでいるため、ベースに使われた原酒がそれぞれ異なるか、あるいはフィニッシュ期間がシェリー樽原酒のほうが長いのかもしれません。

シーズニングシェリー系の香味をベースに、ポートワイン由来の甘味や酸味がアクセントになっているような構成。加水で整えられた口当たりは穏やかで、突き抜けないものの、全体的にバランスは悪くありません。
それこそ初期の頃にリリースされていた山桜15年シェリーカスクなどと比べると、ブレンドのノウハウが蓄積されてきてるなぁ、とも感じるリリースでした。

本ボトルはイベント会場で購入したものとのこと。ブースにあったのか、ボールペンを使って書かれた社長のサインが、本人を知ってる人には逆にチャーミングです(笑)。



笹の川酒造 山桜 ピュアモルト ノンエイジ  48%

カテゴリ:
YAMAZAKURA
PURE MALT WHISKY
No age
Sasanokawa Shuzo
700ml 48%

グラス:
場所:BAR ハリーズ高岡
時期:不明
評価:★★★★★(5)

香り:嫌味の少ない酸味とフレッシュな若さを感じるアロマ。レモングラスの爽やかさ、パンのような酵母香とほのかにトーストの香ばしさも混じる。

味:若さのある口当たり、薄めた蜂蜜と砂糖漬けレモンピールを思わせる甘さ、微かなオークフレーバー。ニュートラルな構成。
余韻はほのかにドライで干し草のようなほろ苦さを伴いあっさりとしている。

8年程度熟成のスペイサイドモルトのようなウイスキー。香りから感じられる若さの割りに加水がほどよく効いて嫌味が少なく、柑橘系のニュアンスを伴うモルティーさが主体。ハイボールにするとさっぱりとして、夏場に飲むには使いやすい。


昨年笹の川酒造がリリースしていたノンエイジのピュアモルト。蒸留所の見学時やイベントなどでは何度か試飲していたのですが、掲載するのを忘れていたので改めてテイスティングすることにしました。
元郡山市民として、地元企業の作品は抑えておきたいですからね。

このバッテッド、所謂ジャパニーズらしさとも言える強い樽香ではなく、その味わいはスコッチタイプ。オフィシャルラインナップだとグレンマレイのスタンダード品が近いという印象です。
余韻にかけて樽由来のドライさが多少感じられるところから、チェリーウイスキーなどの地ウイスキー用に調達していた原酒で、複数回使用の古樽で追加熟成していたものをブレンドしていると思われます。


安積蒸留所を稼働する笹の川酒造の熟成庫を見学すると、樽に書かれた日付からニューメイク以外に地ウイスキー用の原酒も数年単位で保管されているのがわかります。この山桜ピュアモルトの原酒もそうした原酒のうちの一つなのでしょう。
現在は安積蒸留所の原酒が熟成され、もうじき2年を迎えます。区切りというかスタート地点に到達するまであと1年。
新しい原酒が使われ、チェリー(種)から桜が芽吹き、大輪に育つことを楽しみにしています。

笹の川酒造 山桜 9年 シェリーウッドフィニッシュ 56% 三越伊勢丹向け

カテゴリ:
SASANOKAWA
YAMAZAKURA
Aged 9 Years
Sherry Wood Finish
Specially Bottled For Mitsukoshi Isetan
700ml 56%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml
場所:自宅(サンプル@TSさん)
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとして甘くドライな香り立ち。ザラメ、クラッカー、乾いた草っぽさとキンカンを思わせる柑橘香。徐々にスパイシーでハーブ、ジンジャーのニュアンスに古樽のえぐみを伴う。

味:甘くドライでスパイシー、少し粉っぽさを伴う口当たり。オーキーでバニラ、砂糖をまぶしたレモンピール、奥にはナッティー。
余韻はハイトーンでスパイシー、古酒っぽい樽のえぐみ、乾いた麦芽の香ばしさを伴い長く続く。

ホワイトオークで熟成されたオーソドックスな構成たる、オーキーでスパイシーな香味。クラフト系の癖も余韻に混じる。フィニッシュのシェリーカスクはサードフィルくらいの樽を使ったのだろうか、強くは主張しない。
この手の香味は突き抜けないが、安定して楽しめる。加水すると刺激が収まり、バランスが良くなる。


三寒四温、3月らしく寒暖の差が激しい日々の中で、東京では徐々に桜が咲き始めています。
今日はその桜を冠した笹の川酒造の山桜シリーズから。三越、伊勢丹の企画商品で、以前このブログでも紹介した、山桜9年カスクストレングスのシェリーカスクフィニッシュ版です。
9年表記らしく香味はフレッシュ、アルコールの刺激も感じますが、決して若いニューポッティーさがあるわけではなく、オークフレーバーの奥にはクラフトディスティラリーらしい温暖な中で貯蔵された古酒系の樽感も感じられます。

原酒構成は、その味わいからこれまでの山桜シリーズ同様、15年程度の自社ブレンド用に貯蔵してきた原酒と、新たに買い付けたものとのバッティングという印象。
一方で、ノーマルな9年カスクストレングスとの違いが、ラベルの「ジャパニーズウイスキー表記」。最近、マルスやイチローズモルト、笹の川酒造らクラフトメーカーのウイスキーは、日本で蒸留しているかどうかでこの表記の線引きをしている印象があり、ジャパニーズ表記をしているという事は、自社蒸留並びに国内調達の原酒で構成されているという事でしょうか。
ベースとなる酒質はハイランドタイプのニュートラルな構成で、国内蒸留所でこの手のフレーバーとなると。。。いくつか考えられますね。

樽構成はテイスティングの通りホワイトオーク樽のフレーバー主体。シェリーオークという名称から、濃い色合いを予想していましたが、比較的ライトカラーで、シロップのような甘みと、微かにナッティーなフレーバーが付与されている程度です。
シェリー風味を加えるのではなく、貯蔵で強く出た樽感のバランスを整えるための短期間のフィニッシュだったのではと推察します。(クラフトだと、江井ヶ島が白ワイン樽や焼酎樽で、こういうフィニッシュをしています。)

個人的にシェリー感の濃くでた味わいに温かみを感じる一方、この手のツンとしたウッディさは少し冷たいイメージを持ちます。
それはさながら今の時期のよう、風は肌寒いけれど、日差しは暖かい小春日和。ローカルネタですが、逢瀬川の桜並木、開成山公園の桜、学生時代に見た景色を思い出した1杯でした。


このボトルは、ウイスキー仲間のTSさんからサンプル交換で頂きました。綺麗な写真もありがとうございました!

笹の川酒造  山桜 9年 ピュアモルト カスクストレングス 56%

カテゴリ:
IMG_0759
YAMAZAKURA
Pure Malt Whisky
Aged 9 Years
Cask Strength
700ml 56%

グラス:創吉テイスティング
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★★(6)

香り:焦げたような木のアロマとメンソールを思わせる爽やかな香り立ち、ほのかに酸味も感じる。徐々に麦芽香が開いてきて、バタークッキーやクラッカーを思わせる香ばしい甘みに変化していく。
加水すると最初はツンとしたオーキーな樽香から、麦芽香主体の香り立ちへ。

味:少し粉っぽさと粘性のある甘みを感じる口当たり。オーキーな華やかさとおしろいのような麦芽風味、蜂蜜レモン、カステラの黄色い部分。
余韻はリフィル系のオーキーなウッディネス、鼻抜けに少しえぐみ、ピリピリとした刺激と渋みが口の中の甘みを引き締めていく。加水すると全体のバランスが良くなり、特に甘さが引き立つ。


先月末頃にリリースされた、笹の川酒造のウイスキーブランド、山桜の9年モノ。ピュアモルトでカスクストレングス仕様です。
外箱が大吟醸の日本酒か、あるいは京料理でも入ってそうな重箱的な構成で、シンプルながら日本的な豪華さがあり、相変わらず海外のウイスキー好き(Nonjattaあたり)が興奮しそうなデザインです(笑)。

9年と言うと若いウイスキーの印象がありますが、構成は9年をベースに15年以上熟成させたモルト原酒をブレンドしたとのこと。飲んでみると9年なりの勢いと荒さのあるニュアンスはあれど、それ以上の熟成感もあり、決して若いだけのウイスキーと言う感じではありません。
原酒は笹の川酒造で貯蔵されていた輸入原酒が主体という構成か。香味の印象はハイランド系の麦芽風味、蜂蜜を思わせる甘さ。樽はバーボンオーク由来の樽香が主体的に感じられる中に、じっくり飲んでいくとリフィルシェリー系の香味も少なからずあるように思います。

IMG_0779

飲み方としては、ストレートを加水しながら変化を楽しんでいくのがオススメ。
加水するといきなり香味が開くのではなく、特に香りは一呼吸置いたような変化の仕方をしますので、少し時間を置きながらゆっくり飲むのが良さそうです。
現にこうして加水したものを記事を書きながら飲んでいると、どんどんバランスが良くなっていくのを感じます。
この辺は前述の香味とあわせ、いかにもバッテッドモルトウイスキーと言う感じ。甘みと麦由来の風味がしっかりあるので、ロックにしても氷に負けずに楽しむことが出来ます。
ハイボールも悪くは無いですが、やや単調気味になってしまうので気持ち薄めに作るほうが最後まで楽しめるという印象でした。

山桜ピュアモルトシリーズでは、これまで加水の15年、カスクストレングスの15年と シェリーウッドフィニッシュの3種類がリリースされてきましたが、今回の9年が一番香味に統一感がありバランスが良いと感じます。
この山桜9年は"地元デパート(うすい)向け"と"笹の川酒造直販"の2種類がリリースされており、地元デパート向けのボトルは新樽でフィニッシュが加えられ、より強い樽感があるのだとか。
今回テイスティングしたものは笹の川酒造直販ですが、機会があれば地元デパート向けのリリースも飲んでみたいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×