タグ

タグ:ザ・ニッカ

ザ ニッカ テーラード 2019年リリース 43%

カテゴリ:
IMG_20191227_124017
THE NIKKA 
NIKKA WHISKY 
"Tailored" 
Tailor-designed to perfection 
700ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:自宅@サンプルTさん
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:ウッディでメローなチャーオーク香。オレンジピール、松の樹皮のような無骨なウッディネス。香ばしくビターな要素も感じさせるが、奥には溶剤系のヒリつくようなアルコール感を伴う。

味:口当たりはメローでビター、とろりとした質感に続いてスパイシーな刺激。香り同様に新樽系のニュアンスの裏に、オークのバニラ、蜂蜜や穀物を思わせるグレーンの甘味、続いて若いモルティーさも感じられる。
余韻は焦げたような苦味とピートフレーバーを伴う、スパイシーなフィニッシュ。

トップノートにあるニッカ味とも言えるチャーオーク系の要素、余市モルトのモルティーさが強く、度数以上にパワフルなブレンド。一見するとまとまっているように感じるが、奥にはヒリつくようなアタックや、若い原酒の個性も見えてくる。加水すると樽感は控えめになるが、全体的に繋がりが良くなって飲み口もマイルド、バランスが良くなる点は評価ポイント。


2019年4月、ザ・ニッカ12年が終売になり、それと同時にリリースされた代替品とも言えるNAS仕様のブレンデッド。テイラード。
12年からNAS仕様となったことで、若くなるのではとか、発売前は憶測的な意見が少なからずあったのですが。。。
飲んでみて、それは事実だったなと言う部分と、幅広い熟成年数からくる原酒の個性を上手く使っているな、という2つの印象を受けました。

全体の構成は、モルト比率高めで骨格のしっかりとした香味。旧12年で感じられた味わいのベクトルは維持されており、熟成された原酒の雰囲気も漂うため、まったくの別物というワケではありません。
この辺りに本社側の決定に対するブレンダーの意地というか、ニッカの個性は斯くあるべし、というレシピの方向性が伝わってくるようです。

ただ、使用している原酒の熟成年数を落としたからか、旧12年に比べて全体の香味を繋いでいるコク、粘性を伴う甘味が控えめになり。。。モルトのほうも黄色系統のオーキーなフルーティーさがトーンダウンし、逆にバニラ系の甘味や若くて勢いのある風味が強く出ている部分があります。
この辺りが、古い原酒のウッディさだけでなく、比較的若い原酒に樽感を強く付与したような、長短混じり合う要素。どちらが悪いという話ではありませんが、例えば、12年熟成の原酒のみと、6~20年までをブレンドして平均12年では同じもののにならないように、同じベクトルだけれど違うものに仕上がって当然なんですよね。

IMG_20191204_222641
(テイラードを飲んでいて、最も目立つ香味の傾向が、蒸留所限定のウッディ&バニリックのそれ。12年では新樽以外に宮城峡のバーボン樽系統の原酒、同様に蒸留所限定に例えるとフルーティー&リッチタイプの香味が良い仕事をしていたが。。。)

公式情報ではモルト原酒のなかで軸になっているのが、ピーティーな余市モルト、宮城峡のシェリー樽原酒という書きぶり。確かに余市の要素は、余韻にかけてビターなピートフレーバーやアタックの強さで分かりやすいと感じます。

一方で、宮城峡のシェリー樽というのは若干の疑問が。。。ニッカのシェリー樽原酒といえば、硫黄香が代表的キャラクターと言える構成ですが、その要素が感じられない。ということは、リフィルか、最近の仕込みの若い原酒か。
使ってるのは事実で、ほんのりシェリーっぽいニュアンスはありますが、目立つほどの量とは言えず。各個性の繋ぎになる役割は、上記新樽のエキスが担っているように思える作りです。

なお加水したりロックにしたり、もうひとつ繋ぎになる(全体をおとなしくする)要素を加えていくと、バランスがよくなりまとまりも出るので、そういう飲み方を前提としているのかもしれません。
テイラード(仕立て屋による作品)の名を冠するには少し手助けが必要ですが、古きを押さえつつ新しさも備えた、今のジャパニーズウイスキー業界のトレンドとも言える味わいだと思います。

ザ・ニッカ 40年 ブレンデッドウイスキー 43%

カテゴリ:
THE NIKKA
NIKKA WHISKY
Aged 40 years
Premium Blended Whisky
Release 2014
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:萌木の村
時期:不明
評価:★★★★★★★★★(9)

香り:強く膨らみのある熟成香、注いだ瞬間から周囲に広がる。キャラメル、熟したバナナの甘み、ドライアプリコット、香木香を伴う落ち着いたウッディネス。深みがあり、時間経過でヴェールが解けるように多層的なアロマが広がる。

味:とろりとしたコクのある甘酸っぱい口当たり。熟したグレープフルーツやオレンジママレードに、レーズンを思わせるアクセント。角の取れたピート、香り同様に強い熟成感と多層的なフレーバーが広がる。
余韻はトロピカルな果実味、ナッツの香ばしさ。鼻腔に届く香木香、やや過熟気味なウッディーさもあるが素晴らしく長い余韻。

スケールの大きな素晴らしいブレンデッド、まさに渾身の作。加水すると甘栗や熟したパイナップルを思わせる香味、余韻の微かなネガが消え、フルーティーでリッチな樽香がさらに広がる。
積み重なった歴史と、培われた技術を飲む感覚を味わえるウイスキー。


2014年、創業80年を迎えたニッカウイスキーがリリースした、同社最長熟の渾身のブレンデッドウイスキー。同年は竹鶴政孝の生誕120周年にもあたり、新しいオフィシャルブランドとなるザ・ニッカ12年とともに700本限定での発売でした。
構成原酒には、現存する最古の原酒という1945年蒸留の余市モルトと、1969年蒸留の宮城峡モルトなどが使われており、最も新しい原酒で1974年というジャパニーズでは非常に珍しい長熟のウイスキー。700本という本数から、残っている原酒を少量ずつ組み合わせて作られていることも伺えます。

ボトルの仕様などの外観情報は割愛させて頂くとして、中身の話をメインに紹介していきます。
ザ・ニッカシリーズはブレンド比率としてモルトをグレーンより多めにブレンドする、香味の強いクラシックなスタイルです。
そうした熟成感のある多彩な香味の中でも、ニッカウイスキーとして特徴的なのがミズナラを思わせる香木系の香味。それもかなり長熟なそれ。構成原酒について、公式にはリメード樽とシェリー樽という情報がありますが、その香味にはミズナラ樽熟成のウイスキーに見られる特徴が感じられるのです。

ニッカウイスキーと言えば"新樽"が代名詞の一つのようになっていますが、1980年頃まではミズナラ樽も使っていたという話があります。
ウイスキーの樽に使われる樽材の中で、元々日本の国内で自生していたのはミズナラ。その価値に気づかずほとんどタダ同然で海外に輸出していたという話もあるくらいですから、戦後の時期に海外から樽を引くよりも入手しやすかったのではないかと考えられ、当時の原酒が今回のブレンドを構成する1ピースであってもおかしくはありません。

ザ・ニッカ40年は発売当初から1年に1度くらいは飲む機会があったのですが、イベントの最中だったり、仲間内での回し飲みだったりで、落ち着いてテイスティング出来ずにいました。
その時のイメージで一番印象に残っていたのが、この香木系の香味。それ故、なんだかニッカらしからぬブレンドだなという印象が強くあったワケです。
しかしこの度、萌木の村にて再度テイスティングの機会を頂いたところ。余市、宮城峡の長期熟成原酒にあるどっしりとしたピートやナッティーな香ばしさ、あるいは熟した果実を思わせるフルーティーさがブレンドの軸を構成しており、"らしさ"を感じると共に、ミズナラの香味がブレンドのアクセントとなっている。
上述の香木香は自分の知らない時代の一つなんだなと、認識を改めるに至りました。

また、特筆して素晴らしいのがこれだけの長期熟成原酒で仕上げていながら、過熟を思わせるウッディネス、タンニン、ドライさを抑え、複雑さと一体感のある味わいを作り上げたブレンド技術です。
スワリングすると、そして舌の上に乗せると、ほどけていく何層もの香味のヴェール。
創業者の想いとニッカウイスキーの歴史が詰まった集大成は過言ではない、素晴らしいブレンデッドウイスキー。
願わくば今後もこの技術の元に、素晴らしいリリースがあることを期待しています。

このページのトップヘ

見出し画像
×