タグ

タグ:カリラ

カリラ 2004-2016 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
CAOLILA
Distillers Edition 
Distilled 2004
Bottled 2016
Double Matured in Moscatel Cask Wood
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
開封時期:開封1カ月程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:スモーキーで焚き火の後のような香り立ち。ベースはクリアで塩素系のニュアンス、砂糖漬けレモンピールに乾いた牧草、微かに杏のお菓子を思わせる甘いアロマも。

味:淡く粘性を伴う口当たりから、焦げた木材、クリーンな甘みと塩気を伴う。中間目立った広がりはないが、焦げ感は強く荒さがある。
余韻はピーティーでスモーキー。塩気は長く続く。

甘口のモスカテルシェリーのダブルマチュアードだが、飲み口はクリアでピートや塩味等はっきりとした主張がとろみのある甘さと渾然一体となって・・・とは言い切れず、ややアンバランスな印象。時間を置いて試して見たい。


MHD社、2017年リリースのダブルマチュアードシリーズ、ラガヴーリン、タリスカーと来て、最後の島ものはカリラです。
この島もの3兄弟の中で、カリラについては毎年これという印象が無く、自分の中の評価軸でも1つ落ちてしまうのですが、今回のリリースも同様。悪くはないのですが、現時点ではややまとまりに欠ける味わいというのが拭えませんでした。

それもこれも、カリラはクリアでピーティーという酒質がベースにあるところ。タリスカーやラガヴーリンはオフィシャルスタンダードである程度樽の効いたリリースですが、カリラはオフィシャル12年で完成度が高く、ダブルマチュアードにすると中途半端な樽感がある種の異物感というか、酒質との印象が変わってしまうからか。
(どっと味をつけてくれるような樽ならまた変わるのでしょうが。)

以上は自分の勝手なイメージですが、この樽感とのまとまりが、時間経過でしっかり馴染んでくれるなら、あるいは5年後くらいにこのリリースも面白い仕上がりとなるかもしれません。


話は変わりますが、カリラは現在原酒の9割をスコットランド本土の熟成庫で熟成していると聞いています。(カリラの熟成庫にカリラはほとんどなく、ラガヴーリンの原酒が熟成されているという話も・・・。)
ウイスキーに塩気が混じるのは熟成環境によるとするのが定説ですが、アイラ島で熟成していない原酒から塩気が感じられるのはこれ如何に。それともこのカリラは数限りあるアイラ島の熟成だったのか。
塩気については自分の中で仮説が一つあるのですが、いずれ記事にしたいですね。

オールドラリティ 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:

OLD RARITY
De luxe Scotch Whisky
1980’s
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み(Main Malt)
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソース系の甘いアロマ、かりんとう、穀物の香ばしさ、かすかに植物のえぐみも感じる。徐々にモルティーな麦芽風味とスモーキーさ。

味 滑らかでモルティーな口当たり、カルメ焼きを思わせるほのかに香ばしい甘さ、干し藁、淡い塩素のアクセント。余韻にかけて染み込むようなピート、麦芽、塩分のコク、長く続く。 


かつてカリラ蒸留所を所有していた、バロックレイド社がリリースするブレンデッド。スタンダードクラスの銘柄はBL(バロックレイド)、その上位グレードがオールドラリティです。
その他には、ブレンデッドモルトのグレンイラがありましたね。

これらのキーモルトは勿論カリラで、グレンイラは100%カリラなんじゃないかという味わい。
当時のカリラは今よりピートや酒質が淡くライトで、元々ライトな構成のBLは時間とともにその要素がわかりやすく開いてきますが、オールドラリティはキャラメル的な甘みでマイルドに仕上げられており、カリラの個性を楽しむより、上位グレードのブレンデッドの一つとして全体のバランスや完成度を楽しむボトルかなという印象です。 

オールドラリティについては終売時期に関する情報が諸説ありますが、1980年代後半の12年表記あたりがラストと考えられており、会社の統合合併に伴う影響とすれば1986年のDCLがギネス社傘下となってブレンデッドのマーケット戦略が変わったことが要因でしょうか。
BLは1990年代まで売られていたようですが、おそらくUD社が1997年頃にディアジオ社となる業界再編のあたりで終売になったものと思われます。(バロックレイド社は2007年に解散しています。)

ちなみにこのオールドラリティはオークション市場で人気のある銘柄の一つですが、1980年代のデラックス表記スクリューキャップは裏面が金属張り。購入されてデルモンテ臭に泣くいた方も多い模様で、最低半年は放置する覚悟で購入されることをお勧めします。

ニッカ ピュアモルト ホワイト 1980年代流通 ウイスキー特級

カテゴリ:

NIKKA WHISKY
PURE MALT WHITE
1987〜1989's 
ウイスキー特級
43% 500ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み
時期:開封直後
評価:★★★★★(5)

香り:酸味と磯っぽさのあるスモーキーな香り立ち。若干植物感、徐々にパフューミーなアロマ。

味:ナッツ、乾いた麦芽、軽やかなこうばしさから香りのスモーキーさを裏切って広がるラベンダー、入浴剤、いわゆるパフューミーなアロマ。
鼻抜けはフローラルで余韻はピーティー、ほろ苦くパフューミーなニュアンス。

ニッカウイスキーがリリースしたピュアモルトシリーズ3兄弟、その末っ子と言えるホワイトです。
レッドとブラックが1984年に発売された後、さらなる個性として余市モルトにアイラモルトのバルクをブレンドし、1987年にリリースされました。

香味に若いニュアンスはあまりなく、10年程度のモルトが使われているように感じます。つまり流通時期から逆算すると、ベースは1970年代後半から1980年代初頭の蒸留原酒ということになります。
当時価格で2500円程度、今もそう高騰しているボトルではありません。
多少余市や宮城峡が混ざっていても、これって今普通に同時期蒸留のアイラモルト買うよりお得なんじゃね!?と喜び勇んで飛びつく先に待っているのは、アイラモルト80年代蒸留の罠です。

テイスティングコメントからお察しの通り、使われているアイラモルトには相当量のボウモアが含まれているようです。特に味はかなりのものですが、ピュアモルトであるため、後半にかけては違うニュアンスも出てきて、同時期蒸留のボウモアにありがちなレモン石鹸やラベンダー大爆発とはならず、あくまで穏やかにまとまっていく印象がありました。
また、香りにはそれほど80年代ボウモアの要素はなく、カリラを思わせる酸味やピートフレーバーが強いかなという印象です。
ただ、以前自分で購入して飲んだ時は香りからすでにそっち系だったため、同じ1980年代でも手に入った輸入原酒に微妙な違いがあったのかもしれません。

飲み手を選ぶボトルではありますが、先日コメントもありましたように、アイラが冷遇された時代だったためか、輸入原酒にもそこそこ良いクオリティのモルトが使えていたんですね。
決して若く低品質という味わいではなく、原酒の個性もしっかり感じられる良いリリースだと思います。
(パフューム系の香味に対する好み次第ではありますが。。。)

カリラ 23年 1984-2007 インプレッシブカスク 河内屋リリース

カテゴリ:
 
CAOLILA
Impressive Cask
Aged 23 Years
Distilled 1984
Bottled 2007
For KAWACHIYA
700ml 57.9%

【ブラインドテイスティング】
地域:アイラ
蒸留所:カリラ
蒸留時期:1982年ごろ
熟成年数:25年
樽:リフィルシェリーホグス
度数:53%程度

グラス:SK2
量:30ml以上
場所:自宅(サンプル@HPさん)
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとエッジの立った刺激と透明感のある香り立ち。焦げたピートフレーバーとヨード、軽い酸味、奥には蜂蜜や加熱したリンゴを思わせる甘みと、ハーブのような爽やかさも感じる。

味:熟成感のある旨味の濃い口当たり、ピーティーで香り同様軽い酸味を伴う麦芽風味。カステラの黄色い部分を思わせるコクのある甘みから、徐々に鋭角な塩気を舌の上に感じる。
余韻はスパイシーで鼻抜けしっかりスモーキー。ピート由来の苦味とヨード、オーキーなウッディネス。長くは続かずスーッと消えていく。

少量加水すると香りは塩気とともにアルコール感が強くなるが、味はバランスが良くなる。


このブログでおなじみになりつつあるウイスキー仲間のHPさんからの挑戦状、ブラインドテイスティング。 今回は全5問いただいており、これがその1本目です。
ノージングの段階で透明感のあるピートフレーバー、磯っぽいアロマの奥に熟したリンゴを思わせるフルーティーさ。この時点で長熟のカリラ確定。口に含んで感じる鋭角な塩気でもう間違いないなと確信を重ねる。蒸留所当て的にはイージーモードでした。
蒸留時期などのスペックとしては、ピートと塩気に加え、軽い酸味を伴うこなれた麦芽とオークの旨味。最近の蒸留だとこの辺が軽い印象で、塩スープっぽくなってるところ。間違いなく1980年代蒸留と見て良いでしょう。

ぱっと思い浮かんだのはシナモンクラブのカリラ25年1982。
ただ今回飲んだボトルは余韻などの要所要所が度数ほど強くなく。違和感を感じつつも、開封後時間が経っているかで経年の影響かもと考え、ここでファイナルアンサー。
結果はボトル予想しちゃったのが失着で、明らかに高い度数を取り違えるなど、あと一歩潜りきれませんでしたが、まあ野球で言うところヒットは打てたくらいでしょうか。
第一打席からやらかさなくてホッとしました(笑)。

このカリラは不遇な子です。
2007年のボトリング後、兄弟ボトルとなる24年と合わせて河内屋WEBショップ上でずっと当時価格のまま売れ残っていたのです。
この頃はもっと高スペックなボトルもガンガンリリースされてましたし、1980年代前半のカリラも相当リリースされていました。その中で見れば目立たない存在ですが、味については評価の通り、当時のカリラらしく安定した旨さで、値段的にも相応というか、今で考えたら十分安い。なぜ売れ残っているのか疑問なボトルの一つでした。
これは河内屋さんのWEBショップの微妙な探しにくさがあるんだと思いますが、1年くらい前にようやく陽の目を見て、現在は値上げ後価格で売り切れています。

美味しさもさることながら、高度数なのにのみ進んでしまう、味に厚みがあると飲み飽きないですね。こういうカリラを飲むのは久しぶりです。
今リリースされている1990年代~2000年代のものとはボディの厚み、全体的な旨味の濃さが違います。
約10年間の経年も効いているのか、アルコール感も多少丸みを帯びて、飲み頃にかかってきたのかなと感じます。見かけたら飲んでみてください。

コンパスボックス フレイミングハート 5thリリース 48.9%

カテゴリ:
COMPASS BOX
FLAMING HEART
5th Release
Blended Malt Scotch Whisky
Limited Edition 2015's
48.9% 700ml
構成原酒:カリラ、クライヌリッシュ、ティーニニック、ダルユーイン

グラス:SK2、創吉テイスティング
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2週間程度
評価:★★★★★★(6ー7)

香り:柔らかくスモーキーな香り立ち。ナッティーな香ばしさとグレープフルーツの爽やかなフルーティーさ。徐々に麦芽の芯の部分を思わせる白っぽい甘さ、さらには焦げた木のビターなニュアンスと合わせてツンとした若い刺激のあるアロマが開いてくる。グラスの残り香はスモーキーでヨードの甘さも感じる。

味:スパイシーな口当たり、舌の上へのピリピリとした刺激に、ピーティーな麦芽風味とグレープフルーツ、塩キャンディ、奥には洋梨やクラッカーなど、良い意味での複雑さが隠れている。
余韻はピーティーでスモーキー。ほのかな土っぽさとレモンピール、焦げた木を思わせるほろ苦さが続く。

香味とも、加水は序盤の刺激が収まり、後半に塩気が出てくる。伸びる印象ではあるが、様々なフレーバーが生き生きとしているタイプが好きな人は加水しないほうが良い。というかこのウイスキーはそのスタイルのほうが楽しめるかも。


コンパスボックス・ウイスキー社がリリースする限定品のブレンデッドモルト「フレイミングハート」。今回はその第5弾であり、かつ同社の創業15周年を記念したリリースと、これまで以上に気合の入ったつくりになっています。
その原酒構成は

・リフィル・アメリカンオーク・ホグスヘッド カリラ30年(27.1%)
・アメリカンオーク・ホグスヘッド再活性樽 クライヌリッシュ20年(24.1%)
・フレンチオーク混成バレルで2年寝かせたブレンデッド・モルト※(10.3%)
・リフィル・アメリカンオーク・ホグスヘッド カリラ14年(38.5%)
※ブレンデッドモルトの構成原酒はクライヌリッシュ7年、ティーニニック7年、ダルユーイン7年
(上記の配合リストはM's Liquor houseさんから引用しております。)

と、見ての通り6割強がカリラ、あとの残りのほとんどがクライヌリッシュというバッティングとなっています。
原酒構成の通りテイスティングではカリラの個性を強く感じるだけでなく、30年熟成が3割近く使われていることで、勢いのあるフレーバーの中にどこか落ち着きがある、バランスのとれたバッティングに仕上がっています。
樽由来か、グレープフルーツを思わせる爽やかなフルーティーさがアクセントになって杯を重ねても負担になりませんし、クライヌリッシュのキャラクターか、ハイランドモルトを思わせる麦芽風味が徐々に感じられるのも味の幅を広げています。
一言で言って、旨い"擬似カリラ"です。


コンパスボックス・ウイスキー社は「ウイスキーを熟成させる際に、樽の中にウッドチップを入れる」という、スコッチ業界では暗黙のうちに誰も手を出していない(ことになっていた)領域に踏み込み、年数以上に熟成感があるというウイスキーをリリースしたことで話題となったメーカーです。
もっとも、このリリースは良い意味でも悪い意味でも話題となり、スコッチウイスキー協会から目をつけられる事態に。。。
このフレミングハート5thではウッドチップ熟成はしていないようですが、原酒の配合や熟成期間をオープンにしながら年数を表記しない(スコッチのルールではこのボトルは7年表記ということになる)ことで、再び協会から目をつけられたのだとか。
ウッドチップのほうは個人的に「ウーン」でしたが、このブレンデッドモルトは大歓迎。ボトル買いを即決できる価格ではないかもしれませんが、中身は流石のクオリティです。

このページのトップヘ

見出し画像
×