タグ

タグ:オフィシャル

ダルウィニー 2006-2021 ディスティラリー エディション 43%

カテゴリ:
FullSizeRender

DALWHINNIE 
DISTILLERY EDITION 
DOUBULE MATURED
(BOURBON - OLOROSO CASK)
Distilled 2006 
Botteld 2021 
700ml 43%

評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかく甘い麦芽香にオークの乾いたウッディネス。そこに混ざるシェリー樽由来の色濃い樽香。2つの要素がはっきりとは混ざり合っておらず、複層的に感じられる香り立ち。

味:マイルドな口当たり。 蜂蜜や麦芽糖、はっきりとした甘みが広がり、徐々にビター。シェリー樽由来のドライプルーンやブラウンシュガーを思わせるフレーバーがアクセントになっている。
余韻はほろ苦く、じんわりとウッディネスが染み込むように消えていく。

スタンダードのダルウィニー15年に感じられる、ハイランドモルトの代表格と言えるような牧歌的な麦芽風味に、オロロソシェリー樽の色濃いフレーバー、ウッディネスが混ざり合う。特徴的なのは、後熟に用いたシェリー樽のフレーバーが完全に一体化しているわけではなく、香味とも麦芽風味→シェリー樽と段階的に変化していくことにある。
少量加水すると、前者のフレーバーにある青みがかった要素が一瞬顔を出すが、一体化していなかった2つの要素が混ざり合い、熟したオレンジや洋菓子を思わせるアロマとして感じられる。相変わらず派手さはないが、地味に旨い通好みの1本。

FullSizeRender
FullSizeRender

愛好家御用達の隠れた名酒、ダルウィニー。
ダルウィニーはディアジオ社のクラシックモルトシリーズとして位置付けられ、まさにハイランドの代表として1980年代後半からリリースが続いているわけですが。
そのクラシックモルトシリーズを様々な樽で後熟させて毎年リリースしているのが、ディスティラリーエディション(以下、DEと表記)です。

ダルウィニーDEは、オロロソシェリー樽でのフィニッシュで構成されていますが、このシリーズは各蒸留所において毎年毎年ロット差があり、ダルウィニーDEは特にその違いが大きいように感じます。
最近のロットだと、2016年はシェリー感というよりはエステリーで華やかなフルーティーさという、組み合わせであり得るとしたらアメリカンオークシェリー樽由来のフレーバーが際立ち。2017年や2018年はリフィルかな?という麦芽風味主体の構成だったところ。

この2021年リリースのダルウィニーDEは樽の傾向が大きく変わって、最近の他社オフィシャルリリースに見られるようなシェリー感が、麦芽風味に混ざって感じられます。シーズニングのオロロソシェリー樽で、スパニッシュオークのキャラクターに由来するものでしょう。
その上でノーマルな15年とDE15年を比較すると、どちらも同系統のフレーバーがベースにありつつ、ハイボールなどのアレンジのしやすさはノーマルに軍配があがり、単体で緩く飲んでいくならDEも良いなというのが、この2021年リリースの印象です。

IMG_6861
IMG_6448

さてダルウィニーのオフィシャルラインナップは15年とDEで、後はウィンターズゴールドが市場にあり、基本それ以外に定常的に販売されているオフィシャルリリースはありません。
ディアジオは、ダルウィニーに限らず売れ筋である一部の銘柄を除いてラインナップを絞る戦略をとっているようなんですよね。
ことダルウィニーについてはボトラーズもないので、折角クラシックモルトとして地域を代表する銘柄にしているのだから、もう少しラインナップを増やしてくれても良いんじゃないかなぁと思うのですが。。。

ただ、限定品として不定期ながら長期熟成のリリースが数年毎に行われており、2000年代にリリースされた29年、32年は絶品。2006年リリースの20年は少々難ありでしたが…。
2016年にリリースされた25年は、15年の傾向で麦芽風味とフルーティーさを洗練&ボリュームアップさせたような味わい。
2020年にリリースされた30年は麦芽風味にやや枯れた要素がありつつも、奥行きと熟した洋梨のようなフルーティーさがあり、どちらも通好みの味わいで良い仕上がりでした。

こうしてリミテッドをテイスティングして現行品のスタンダードに戻ってくると、改めてその良さも感じやすくなる。
ダルウィニーというよりは、ディアジオのブランド戦略の巧みさでもありますね。

ロッホローモンド シグネチャー ブレンデッドウイスキー 40%

カテゴリ:
FullSizeRender

LOCH LOMOND 
SIGNATURE 
SINGLE BLENDED SCOTCH WHISKY 
700ml 40% 

評価:★★★★★(5)(!)

香り:柔らかく香る甘く焦げたオークのウッディさ。キャラメルと微かにケミカル、ボール紙、軽い刺激とスパイシーなアロマを伴う。

味:口当たりは緩く、序盤にのっぺりした質感から徐々に焦げたウッディネス。フレーバーとしてはグレーンの緩やかで柔らかい甘味、らしいフルーティーさと麦芽風味。余韻は焦げたオークのほろ苦さとバニラを伴って、ケミカルな甘さが残る。

スムーズで柔らかく、あまり若さも感じないが、ストレートだとややプレーンな香味が中心。一方で、濃いめのハイボールにすると、余韻にジェネリックトロピカル系のフレーバーがあって好ましい。シングルブレンデッドという造りがロッホローモンドらしい面白さだが、それ以上に、このクオリティで2000円ちょっとという市場価格を実現出来る、ロッホローモンドの強みが光る1本。

IMG_6334

モルト、グレーン、構成原酒全てがロッホローモンド蒸留所産の単一蒸留所ブレンデッド(シングルブレンド)。
スコッチウイスキーでブレンデッドと言えば、各地にある蒸留所から原酒を調達し、様々な原酒を用いて作成するのが一般的であるところ。このロッホローモンド名義のブレンデッドは、全ての原酒を単一蒸留所で製造し、ブレンドしていることが最大の特徴となっています。

ロッホローモンド蒸溜所には
・様々な酒質のモルトウイスキーを作るための、2種類の蒸留器。(うち、一つは複数タイプの酒質の生産が可能なローモンドスチル)
・グレーンウイスキー用の設備は通常の連続式蒸留機と、カフェスチル。
・年間10000丁の樽を補修、生産可能な樽工場。
・生産したウイスキーのボトリング設備。
と、無いのはモルティング設備くらいという、ウイスキー生産に必要な全てを自社で賄えるだけの機能を有しています。

そうした機能を活用し、同社はこれまで
モルトウイスキー:
・スタンダードなロッホローモンド
・フルーティーなインチマリン
・ピーティーなインチモーン

グレーンウイスキー:
・シングルグレーン
・ピーテッドグレーン

大きく分けて以上5系統のリリースを、それぞれのブランド名で実施していたところ。昨年から方針を変更し、ブランド大項目を全て「ロッホローモンド」に統一しています。

IMG_6907
IMG_6838

今回のレビューアイテムであるロッホローモンド・シグネチャーは、現地では2019年に販売を開始したもので、日本に入荷していなかっただけで時系列は前後しますが、現在はモルト、グレーン、ブレンド、全てが「ロッホローモンド」としてリリースされているというわけです。(※現地法律上は問題なし)

わかりにくい、と感じるかもしれませんが、それは同社の販売戦略であって、とにかく「ロッホローモンド」を認知させる戦略という観点からすれば正しい方法です。
というか、このリリース事態がすごいことなのです。ただでさえ一定品質以上のモルトとグレーンを低価格に抑えて量産出来る蒸溜所は限られているにも関わらず、ロッホローモンドの原酒は5年、8年熟成でも若さが目立たず甘みや麦芽風味、フルーティーさのある個性が特徴的です。

また、今回のリリースではブレンドの後のマリッジが600丁から形成されるオロロソシェリー樽とリチャーアメリカンオーク樽でのソレラシステムが特徴とされています。ここで使われる樽は樽の保守管理に加え、リチャーを自社の樽工場で行っているもので、シェリー感よりもチャーした樽の香ばしさ、ウッディさが香味のアクセントになっています。
ともするとプレーンな香味になりがちな若い原酒のブレンドに、香味の変化、幅を与えているのです。
ウイスキー市場を陰に陽に支えるロッホローモンド。今後も意欲的なリリースに期待しています。



以下、雑談。
ウイスキーの値上がりが複数社から発表され、我々サラリーマンの懐を直撃している昨今ですが。
そんな中でも2000円台のリリースにこのロッホローモンドシグネチャーに加え、面白いリリースが複数登場しています。

・アイリッシュウイスキー「バスカー」
・シングルモルト「グレングラント アルボラリス」
・シングルブレンデッドスコッチ「ロッホローモンド・シグネチャー」

これまで、2000円前後のスコッチウイスキーというと、バランタイン、ジョニーウォーカー、シーバスリーガル。。。などの有名ブランドの12年クラスが主流。
特にホワイトホース12年は、あまり知られていませんが昭和の洋酒ブーム時に発売された限定品をルーツとした、日本市場限定品。40年近く限定品としてリリースが継続されているベストセラーで、手軽に飲めるスモーキーなウイスキーの一つです。

FullSizeRender

ここに殴り込みをかけてきたのが上述の3銘柄。
トロピカルフレーバーを”売り“にしたバスカーは、ブレンドは軽やかな飲み心地、先日発売されたシングルモルトが同じ価格帯でさらにしっかりとした味わいがある。
グレングラント アルボラリスは、10年、12年に通じるアメリカンオーク由来の華やかさがあり、ロッホローモンドは上述の通り。
全てハイボールにして飲むと、地域、樽、製法、それぞれ個性の違いが感じられ、いやいやウイスキー楽しいじゃ無いですかと思えるラインナップ。

これから暖かくなってきて、夏場のハイボール要員としてはなんぼあっても良いボトルですからね。今年は有名ブランド1つ、そして上記3銘柄をセットで充実した家飲みを楽しんでみてはいかがでしょうか。

長濱 シングルモルト 2017-2021 オーナーズカスク 58.2% フレンチオーク

カテゴリ:
FullSizeRender

NAGAHAMA 
FOR CASK OWNER 
Aged 3 years 
Distilled 2017 
Bottled 2021 
Cask type French oak 
Malt type Peated 
700ml 58.2%

香り:焦げたようなウッディーさとピート香が強く香る。日本家屋の中にいるような木香、鰹節のような出汁感に、燻したようなスモーキーなアロマが立ち上がる。

味:キャラメルソースを思わせる甘みとビターなウッディネス、そして存在感のあるスモーキーさが同時に広がる、濃厚で色濃い要素を強く感じる味わい。
余韻はタンニンが強く口内の水分を奪っていく中で、鰹節感のあるピートスモークが長く残る。

本来ならこの熟成年数ではまとまらないような様々な強い個性を、長濱の柔らかくクリアなモルトの甘みと質感が繋いでいる。その点で、長濱蒸留所が短期熟成で原酒を仕上げていく、懐の深さ、樽感との馴染みのいい原酒であることが窺える。
今回はフレンチオークの新樽であるが、シェリーやワインなど、樽感を強く付与するような組み合わせでも、しっかりと香味を形作ることが期待できる。ウイスキーの完成度よりも、蒸留所としての期待値を高めることが出来る1本。

FullSizeRender

昨年、ウイスキー繋がりの知人から譲って頂いた、長濱蒸溜所のオーナーズカスク払い出しの1本。たくさんあっても飲み切れないので、普段お世話になっている皆さんにあいさつ代わりに配ってるんですよ、と。なんて徳の高いお方でしょう…。

ただ今回のボトルは、新樽フレンチオークのオクタブカスクで熟成した、3年熟成の長濱蒸溜所のピーテッドモルトです。
オクタブカスクのサイズは60リットル程度のもの。つまり、新樽で、樽感の強く出るフレンチオークで、そして原酒に対して接触面積の増える小型サイズの樽で、更に温暖な長濱の熟成環境。ある程度ウイスキーを飲んでる人なら、これらの要素を受け止めて短期間でまとめるには、樽や原酒に求められるスペックが非常に特殊というか、何らかの工夫が必要であることは想像に難くないと思います。

それこそ、一般的なモルトのニューメイクを突っ込んで同じ条件で3年熟成させたとしたら。原酒の若さが残り、バチバチと粗い口当たりの中で、隠れていたニューポッティーな要素が目立ち始め、濃く渋いウッディなフレーバーが襲い掛かってくる…。
樽感がアクセント?いやいやとんでもない、アクシデントですよ。
というレベルでまさに事故。とても飲めたものではない何かが出来上がってしまうわけです。

こうした短熟の難しさを克服して、武器にしてきた代表格が台湾のカヴァラン蒸留所です。そのクオリティは今や世界的に認知されていることも、説明は不要かと思います。
一方で、日本国内においてそれを成り立たせることが可能な蒸溜所が、現時点で2か所。その1つが嘉之助蒸溜所、そしてもう一つが長濱蒸溜所だと私は考えています。

それは今回のボトルが、他の蒸留所ならそもそも熟成に無理のある、いわば記念品のような位置づけであるにも関わらず。
本来馴染むのに時間がかかるはずの各要素を酒質が受け止めて、ウッディな渋みはありつつも、なんとか楽しめるクオリティに仕上がった点に、蒸留所としての可能性を感じることが出来るのです。

IMG_6154
(長濱蒸溜所のアランビック蒸留器。長濱蒸溜所が目指す酒質を作る上で欠かせない。)

nagahamawine
(AZAI FACTORY内にあるワイン樽の1つ。日本でも有名なボルドー赤ワインの樽であり、今後のリリースが楽しみ。)

長濱蒸溜所はAMAHAGANのリリースが話題になっていますが、実はクリアで柔らかく、そして麦芽風味の豊かなモルト原酒を生み出しています。
この原酒は、原酒の性質と熟成環境、そして樽の質もあって、短熟からでも仕上がる特性は先に触れた通りです。そしてその特徴が生きて、シェリー樽原酒のリッチな味わい、ワイン樽原酒の豊かなベリー系フレーバーなど、色濃いフレーバーを付与する樽との馴染みが良いのも特徴だと言えます。

それを証明するかのように、WWA2022では3年熟成の長濱シェリーカスクがカテゴリーウィナー。IWSCでは同じく3年熟成の長濱ワインカスクが最高金賞となり…、そして3月23日にはアジア地区での最高評価、トロフィー受賞も発表されています。

IMG_6715
Nagahama distillery Bordeaux Red Wine Cask 1564 Single Malt Whisky
https://iwsc.net/results/detail/121485/bordeaux-red-wine-cask-1564-single-malt-whisky

こうしたコンペの結果だけで単純比較はできませんが、少なくとも出品物は、短熟ウイスキーの先駆者とも言えるカヴァラン以上の評価を受けたということになります。
サントリー、ニッカら現在日本の大手ウイスキーメーカーも、かつてはスコットランドの有名銘柄とコンペで競い合い、受賞を重ねることで世界に認知される一大ブランドとなりました。
今回の受賞もまた大きな結果であり、将来に向けた着実な1歩でもあります。

長濱蒸溜所は日本最小規模の蒸留所の1つですが、先日の記事でも紹介したように蒸留所内、トンネル、廃校、離島(琵琶湖内)と、滋賀県内4か所にある異なる熟成環境が2021年に整備され、多様な原酒を熟成し始めたところ。まだまだ成長段階にある蒸留所です。
今回の受賞は、蒸留所の成長を後押しする結果となるのは間違いありません。滋賀県の長濱から、世界の長濱へ。更なる展開を楽しみにしています。



安積蒸溜所 山桜 2017-2021 シングルモルトウイスキー 干支ラベル“虎” #17203

カテゴリ:
FullSizeRender

ASAKA DISTILLERY 
YAMAZAKURA 
Aged 4 years 
Distilled 2017
Bottled 2021 
Cask type Bourbon Barrel #17203 
700ml 50% 

評価:★★★★★★(6)

香り:アメリカンオーク由来のバニラ香。パイン飴に柑橘のワタ。合わせて東京沢庵を思わせる酸や、ウッディさには檜のような乾いた木材のアロマが混じる、膨らみのある香り立ち。しっかりとした個性を感じさせる。

味:口に含むととろりとした質感から蜂蜜、金柑、じわじわとほろ苦く柑橘のワタ。奥行きはそこまでないが、好ましい要素があり、余韻はオーキーなフルーティーさと缶詰シロップのような黄色い甘みを感じつつ、若干の粉っぽさが舌に残る。嫌な若さはなく、含み香に微かに日本酒のようなフレーバーが面白い。 

安積蒸留所のノンピート&バーボン樽熟成。50%に加水調整されているが、ボディは崩れておらず、蒸留所のスタンダードと言える個性を感じることができる。
少量加水するとさらにフルーティーに。トップノートにある篭ったような酸が引き伸ばされ、パイナップルやみかんの缶詰のシロップを思わせる甘酸っぱさ、そして麦芽由来の軽い香ばしさと好ましい変化がある。約4年熟成だが、最初の飲み頃と言え、今後の成長に加えて7〜8年程度で予想されるピークが楽しみ。

FullSizeRender

福島県郡山市、笹の川酒造安積蒸留所が毎年リリースする予定となっている干支ラベルシリーズの2作目。同蒸留所は2016年に創業(再開)しており、その2年目の仕込みの原酒となります。
ラベルには今年の干支である虎と、毎年共通になっていくというウイスキーキャットが描かれている。昨年は牛、来年はウサギ、ちょっとした縁起物ですね。

これまでの安積蒸留所のノンピートモルトは、安積THE FIRST に加え、今作を含めてシングルカスクが4種類ほどリリースされています。
これらは全てバーボン樽原酒であることもあって、実は香味のベクトルは大きく変わりません。最大の特徴とも言えるのが、香味にある個性的な酸であり、樽感が淡いと麦芽風味が主体に、一方でバーボン樽由来の要素が強く混ざり合うと、フルーティーな味わいにつながってきています。

何を当たり前なことをと言われそうですが、一番プレーンだったのはTHE FIRST、逆に今回の虎ラベルは樽感が一番しっかりついているのではないかとも思います。
そのため、過去のリリースと今回のリリースを比較することで、熟成3年から4年にかけて、数ヶ月単位であっても起こっている、言わば成長期のモルトの変化を見ていただくこともできるのではないかと感じています。

FullSizeRender
(ラダー社から2021年にリリースされた、同じ2017年蒸留のシングルカスク。こちらの方が麦芽風味がはっきりとして、樽感は控えめというかややドライ寄り。)

安積蒸留所についてはコロナ前は1年に1度、見学をさせて頂いており、当然ニューメイクの変化も現地で見てきました。1年目より2年目、2年目より3年目のほうが個性が際立っており、麦芽の甘みも出ていたのを覚えています。
2020年、2021年と訪問できていませんでしたが、先日ちょっと縁があって2021年仕込みのニューメイクをテイスティングさせてもらったところ、2019年に導入された木桶の効果か、蒸留所の個性はそのままに、麦芽風味の厚みやフルーティーさがニューメイク時点からさらに出ており、蒸留所として確実に進化を遂げていたことが印象深かったですね。

安積蒸留所は、これまで3年熟成以上のリリースだとバーボン樽原酒しかありませんが、今回の干支ラベルで熟成のピークに向けた期待値と、そのポテンシャルを充分感じ取れるのではないかと思います。
一方で、蒸留所としてはそれ以外にシェリー樽、ミズナラ樽、ワイン樽等多くの原酒も仕込んでおり、今後のリリースで個性と樽感がどのように結びついてくるかも楽しみです。中でも、ミズナラ樽との親和性は特に高いのではないかと期待しています。

asaka1
余談ですが、先日発生した最大震度6強の地震。蒸留所として人的被害はなかったとのことですが、少なからず設備への影響はあり、また事務所や居住環境についても大きな被害を受けたと聞いております。
日本にいる以上地震の発生は避けて通れませんが、東北に縁のある当方としては、東北地方にだけ集中してしまう現状に、不条理を感じざるを得ません。そうであってもなんで・・・と。

難しい状況の中ではありますが、全国のクラフト蒸留所を見ても、安積蒸留所はいい意味で個性的であり、厚みと膨らみのある若い酒質を作ることができていると感じています。
がんばれと、軽々しく言うのも気が引けるところですが、それでも頑張っていただきたい。引き続き良いウイスキーを作っていただきたい、そう強く願っています。

ダルウィニー 15年 2021年現行ボトル 43%

カテゴリ:
dalwhinnie_tasting

DALWHINNIE 
Highland Single Malt 
Aged 15 years 
700ml 43% 

評価:★★★★★★(6)

香り:華やかなオーク香と蜂蜜のアロマ。合わせて麦芽の白い部分、籾殻、すりおろした林檎を思わせる品の良いフルーティーさが柑橘系のアクセントと共に感じられる。

味:口当たりは柔らかくオイリーで厚みのある味わい。香り同様にオーキーな含み香と麦芽風味、蜂蜜を思わせる甘みが主体となって広がる。余韻は微かにピーティーでウッディなほろ苦さ。軽い刺激を伴いつつ、ジワリと染み込むように長く続く。

軽やかなオーク香とワクシーな麦芽風味が主体。飲み方はハイボールでも悪くないが、ワイングラスに氷を入れてステアする、フレグランススタイルで飲むことで個性が一層引き立つ。まさにハイランドモルトの代表的キャラクターの一つ。
また、オールドボトルと比較して樽感の華やかさは現行寄りと言えるが、香味のベクトルに大きな変化が見られない点も、ダルウィニー蒸溜所の特徴であり、ハウススタイルであると言える。

dalwhinnie_lock

個人的に、現在販売されているシングルモルトの中で、ハイランドモルトらしい個性を知りたいと問われたらお勧めするのがこの1本。
愛好家御用達の隠れた〜〜なんて表現をするなら、間違いなくダルウィニー15年を候補に挙げます。
昨年更新した酒育の会 Liqulの記事でも、同様のテーマでダルウィニーを紹介したところです。

Re-オフィシャルスタンダードテイスティング Vol,14 ダルウィニー15年
https://liqul.com/entry/5853


蒸溜所については上記Liqulの記事で紹介したため、ここでは別な視点からダルウィニーの個性を紹介していきます。
スコッチモルトにおいては、ハイランド、スペイサイド、ローランド、アイラと、地域毎に産地が括られ、その地域による個性も度々話題にもなります。
実際、各蒸留所のシングルモルトを飲むと、そうした違いが見えてくることは間違いなく、特にアイラモルトはアイラ島産のピートがもたらす強烈な個性が、その立ち位置を明確なものとしています。

一方でハイランドやスペイサイドのように広大で、漠然とした地域の違いはというと、これは解釈が分かれますが、地域の違いというよりも蒸溜所毎のハウススタイルの偏りという点で、認識されているケースが多いと感じています。
そして、地域毎の個性の違いに繋がる要因は何かというと、一つは熟成に影響を与える気候、もう一つはピートや麦芽、水質など、その地域から産出する原料にあったのではないかと考えています。

“あったのではないか”と過去形なのは、現在は麦芽もピートも地産地消の時代ではないこと。物流網の発達と効率化の観点から、様々な地域のものが集約され、一部は海外から輸入され、特別指定しない限りはモルトスターから統一的に供給されていること。
熟成環境も、大手ブランドのものは効率化の観点から蒸溜所とは異なる地域にある集中熟成庫で熟成されることが多く。
結果、地域毎の違いに繋がっていたであろう要素が、特に現在のハイランド&スペイサイドウイスキーからは姿を消しつつあるためです。

dalwhinnie_old_1980
(左はダルウィニーのオフィシャルボトルファーストリリース。1980年第初頭にリリースされた。原酒には、蒸溜所改修前、フロアモルティングで仕込まれた時代の麦芽が用いられている。現行品とは麦芽風味の厚みや癖の濃淡はあるが、香味の傾向は同じ方向にある。)

ではダルウィニーは地産地消なのかというと、ここも原料は1960年代の改修工事以降モルトスターから提供。熟成庫も、現在は多くの原酒が集中熟成である可能性が非常に高いです。(公式には集中熟成庫での熟成の話はオープンになっていないため、可能性が高い、とします。)
そうなると冒頭のダルウィニーを指して「ハイランドモルトらしい個性を知りたいなら・・・」という表現は、矛盾するように感じるかもしれません。
これは変わらない製法、そして何よりもブレンダーが目指す味の方向性が昔も今も大きく違わないため、多少個性はライトになっているものの、かつてのハイランドモルトらしさが残されているのです。

ここで言うハイランドらしさは、自分の解釈では牧歌的な麦芽風味です。糖化前の原料状態の麦芽を齧ると味わえる、芯の白い部分の甘み。我々に馴染みのあるものに例えると、お粥ですね。白く、優しく、どこか垢抜けない田舎っぽい甘さ。
オールドボトルだとグレンモーレンジ、オーバン、マクダフ…スペイサイドモルトにも同様の個性が見られましたが、近年の蒸留所の多くは線が細くライトで華やかな傾向にシフトした印象を受けます。

どの時代をもって個性とする、らしさとするかはまさに飲み手の解釈次第です。一部のモルトのような手に入らないものを惜しむより、今に目を向けることも大切です。
ただ昔があって今があるという時間の流れの中で、変わらないものを愛でるのもまた、嗜好品の楽しみ方であると思います。
ダルウィニーはいつまでも古くからの愛好家の隠れ家、宿木であってほしいです。

このページのトップヘ

見出し画像
×