カテゴリ

カテゴリ:評価無し

ザ ラストピース ワールドエディション Batch No,1 50% T&T TOYAMA

カテゴリ:
FullSizeRender

THE LAST PIECE 
T&T TOYAMA 
BLENDED MALT WHISKY 
World Edition Batch No,1 
Blender: T&T TOYAMA(INAGAKI TAKAHIKO, SHIMONO TADAAKI),KURIRIN  
One of 800 Bottles 
700ml 50% 

評価:―(!)

香り:華やかでナッティな香り立ち。アプリコットジャムや熟した林檎を思わせるフルーティーな甘み。オーキーで程よいウディネス、ハーブのアクセント、ほのかにスモーキー。

味:フルーティーでしっとりと甘い口当たり。林檎の蜜、甘栗やカステラ、麦芽風味。香り同様に熟成感があり、一本芯の通った複雑な味わい。余韻にかけて香味の広がりを感じられ、微かにピーティーで華やかなオーク香が鼻腔に抜ける。

香味とも華やかでフルーティーだが、キラキラと派手なタイプではなく、しっとりとして色濃く奥ゆかしいタイプ。奥には黄色系フルーツ、麦芽風味、特徴的なピートなど、クラフト原酒由来の個性も感じさせる。
イメージとしては、THE LAST PIECEのジャパニーズエディションに熟成感を増して、完成度を追求したレシピ。日本とスコットランドの個性が織りなす、日本だからこそ作ることができるウイスキー。ストレート、少量加水、あるいはロックでじっくりと楽しんで欲しい。

the_last_piece_wb

先日、T&T TOYAMAから発表された「THE LAST PIECE」のワールドブレンデッド版です。
先日レビューを更新したジャパニーズエディションは、国内5ヶ所のクラフト蒸留所原酒100%のジャパニーズウイスキー。ワールドエディションは、構成比率の過半数以上がクラフト産原酒で、そこに輸入原酒をブレンドしたブレンデッドモルトウイスキーとなります。

発売は若鶴酒造が運営する私と、ALC.を中心に、4月19日(火)から。
先行する形で、4月1日(金)から購入希望の抽選受付が開始されます。
「個性のジャパニーズ、完成度のワールド」、ブレンダーの一員として、その実現を目指したブレンドです。企画の背景、概要、販売方法に関する情報は以下をご参照ください。

公式プレスリリース:https://www.wakatsuru.co.jp/archives/3198
リリース告知記事:https://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1080141305.html


※私と、ALC.抽選販売受付:2022年4月1日12:30〜2022年4月11日23:59

https://wakatsuru.shop-pro.jp/?pid=167372090


改めて構成原酒を記載すると
・江井ヶ嶋蒸溜所 ライトリーピーテッド
・桜尾蒸溜所 ノンピートモルト
・三郎丸蒸留所 ヘビーピーテッドモルト
・長濱蒸溜所 ノンピートモルト
・非公開蒸留所 ノンピートモルト
・スコッチモルト(国内追加熟成)

クラフト原酒は全て3年熟成でバーボン樽熟成。スコッチモルトは熟成年数非公開ですが、バーボン樽以外に、シェリー樽、リフィル樽等での熟成品が用いられており、一部原酒は国内で追加熟成を行ったものが使われています。

追加熟成を経たスコッチモルトは、もともとあったスコッチモルトらしいまとまりのある穏やかな酒質に、日本的な樽感が加わって熟成感も増した仕上がり。こうした原酒の存在は、個性をまとめ上げる繋ぎとして有用である一方、その原酒に頼るだけではワールドの意味がありません。
国産原酒の個性を主として残しつつ、全体の完成度を高めるにはどうするべきか。正直、ジャパニーズのレシピ以上に悩ましく、かけた時間、試作数も多くなりました。
【補足】各原酒の個性はリリース告知記事の後半に記載→こちら

FullSizeRender

しかしワールドブレンドというと、あまり良く無いイメージを持つ方もいらっしゃると思います。
それはブームに乗って利益を得るために、安価な輸入原酒で水増ししたリリース。つまりパッションやストーリーのない、嗜好品としての重要要素を満たさないリリース、というイメージに起因しているのでは無いでしょうか。

確かに、そうしたウイスキーの存在は否定できません。しかし本来スコッチウイスキーは美味しいものであり、日本では作り得ない原酒が数多くあります。(あるいは日本でも作れるかもしれないが、膨大なコストがかかるケース。)
例えば長期熟成原酒がそうです。
ワールドブレンドは、日本でしか作れない原酒と日本では作れない原酒、それらの良い点を引き出すことで、これまでにないウイスキーを作ることが出来る、可能性に満ちたジャンルでもあるのです。
活かすも殺すも、造り手次第というわけですね。

IMG_6915

THE LAST PIECEをリリースする、ボトラーズメーカー「T&T TOYAMA」は、日本のクラフト蒸溜所が、将来単独でリリースを行っていくのではなく、他の蒸留所と連携する可能性を見出せるよう、蒸留所間のハブとなることを目標の一つとしています。
一方で、同社はスコッチモルトも海外メーカーから買い付けてリリースしており、ニンフシリーズやワンダーオブスピリッツがその代表作です。つまり、日本、スコットランド、どちらにも繋がりを持つメーカーと言えます。

であるならば、THE LAST PIECEのワールドエディションは、ジャパニーズの個性感じさせつつ、スコッチウイスキーのいいところも活かした、T&T TOYAMAらしいリリースに仕上げたい。
2つのリリースを飲みくらべることで、なるほどこれが日本の個性か、これがスコッチモルトの熟成感かと、愛好家に伝わるような美味しいウイスキーに仕上げたい。
果たしてその狙いは達成されたのか、限られた条件の中で可能な限り高い点数を目指したワールドエディション。楽しんで頂けたら幸いです。

IMG_6775

以下:余談
4月1日から開始される、私と、ALC.での抽選販売受付は、稲垣代表の趣味趣向が色濃く反映された、激ムズクイズが用意されています。
私と、ALC.抽選販売受付ページ:

https://wakatsuru.shop-pro.jp/?pid=167372090


公開されている4蒸留所とT&T TOYAMAからそれぞれ1問、計5問が選択式で出題されます。
誤解のないように補足すると、正答率が高い人から抽選で選ばれるのではなく、正答率が高いと当たりやすくなる、当選確率がプラス補正されるものです。全問正解でもハズレる可能性があり、正答率が低くても当たる可能性があります。
そんなわけで、これはちょっとしたゲームです。各蒸留所について調べる機会だと捉えて頂き、ぜひ奮ってご参加いただければと存じます。(難しい問題と思うかもしれませんが、冷静に選択肢1つ1つを考えてみてくださいね。)

ザ ラストピース ジャパニーズエディション Batch No,1 50% T&T TOYAMA

カテゴリ:
FullSizeRender

THE LAST PIECE 
T&T TOYAMA 
BLENDED MALT JAPANESE WHISKY 
Japanese Edition Batch No,1 
EIGASHIMA, SAKURAO, SABUROMARU, NAGAHAMA…and SECRET DISTILLERY 
Blender: T&T TOYAMA(INAGAKI TAKAHIKO, SHIMONO TADAAKI),KURIRIN  
Cask type Bourbon Barrel 
One of 300 Bottles 
700ml 50% 

評価:―(!)

香り:トップノートは黄色系のフルーティーさ。注ぎたてはドライだが徐々にお香の煙のように柔らかく香る。パイナップルや柑橘、ハーブ、パンケーキを思わせる甘さと軽い香ばしさ。フルーティーさとモルティーな甘みにスモーキーなアロマがまじり、複層的なアロマを形成する。

味:膨らみがあってモルティーな口当たり。熟したパイナップルを思わせる甘み。合わせてほろ苦い麦芽風味とウッディネス、軽いスパイスと微かに干草。じわじわと存在感のあるピートフレーバーが顔を出し、スモーキーでビターなフィニッシュが長く続く。

熟成年数以上にまとまりがあり、若さを感じさせないフルーティーでスモーキーな構成。バーボン樽のオーキーなフレーバーと、各蒸留所の個性がパズルのピースのように組み合わさり、それぞれが主張しながらも1つにまとまっている。わずか3年熟成の原酒だけで、これだけのウイスキーを作ることができる、クラフトジャパニーズの将来に可能性を感じる1杯。テイスティンググラスでストレート、または少量加水をじっくりと楽しんでほしい。

the_last_piece_jb

先日、T&T TOYAMAからリリースが発表された「THE LAST PIECE」。
世界初となる日本国内5か所のクラフト蒸留所の原酒を用いたブレンデッドモルトウイスキーで、ジャパニーズ仕様とスコッチモルトを加えたワールド仕様、2つのリリースが予定されています。
本リリースは、2022年4月1日(月)から購入希望者の抽選受付を開始し、2022年4月19日(火)発売予定となります。企画の背景、概要、販売方法に関する情報は以下をご参照ください。

公式プレスリリース:https://www.wakatsuru.co.jp/archives/3198
リリース告知記事:https://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1080141305.html


※私と、ALC.抽選販売受付:2022年4月1日12:30〜2022年4月11日23:59

https://wakatsuru.shop-pro.jp/?pid=167372090



日本国内の蒸留所の数は、建設が予定されているものを合わせると50か所、60か所と増え続けている一方で、単独で様々なウイスキーをつくるのは限界があります。
スコットランドでは、ブレンドメーカーやボトラーズメーカーが多数存在し、原酒のやり取りが当たり前にあり、中にはブレンド向け蒸留所として位置付けられている蒸留所もあります。それらが一般的ではない日本においては、今まさにその可能性が模索されている状況にあり、今回のリリースは日本のウイスキー産業に新しい事例、選択肢を作ることが出来たと言えます。

また、T&T TOYAMAはこちらも世界初であるジャパニーズウイスキーボトラーズであり、現在富山県内にウェアハウスの建設と、各蒸留所からの原酒の調達を進めています。
そのT&T TOYAMAとして初めてリリースされるジャパニーズウイスキーが「THE LAST PIECE」であり、まさにどちらも先駆者、世界初尽くしのリリースとなっています。

IMG_6880


今回、そんな記念すべきリリースにおいて、ブレンダーという大役を頂きました。
私はあくまで趣味としてウイスキーを楽しんでいる愛好家でしかありません。ならば、今回のブレンドはT&T TOYAMAの2名が生産者、販売者なら、自分は愛好家という立ち位置から求めている味わいを提案していこうと、原酒選定やレシピ構築のテイスティグ、ディスカッションに参加しています。

しかしこれまでブレンドレシピ構築は10リリース以上関わっていますが、今回はとにかく難しかったですね。
まず全ての原酒がバーボン樽熟成で、そしてどれも3年以上ながら短期間の熟成であったということ。
ブレンドにおいては、グレーン、あるいはシェリーやワインのような甘く濃い樽感など、モルト原酒の強い風味の間を繋ぐ要素の有無がポイントになります。
例えるなら、蕎麦打ちで言うところの小麦粉のような存在。今回はそれらの要素が一切無いなかで、バランスをとっていかなければなりませんでした。

また、今回使用した原酒と蒸溜所は
・江井ヶ嶋蒸溜所 ライトリーピーテッドモルト
・桜尾蒸留所 ノンピートモルト
・三郎丸蒸留所 ヘビリーピーテッドモルト
・長濱蒸溜所 ノンピートモルト
・非公開蒸留所 ノンピートモルト
という組み合わせ。
若い原酒であることも後押しして、それぞれがはっきりとした個性を持っていることも、各蒸留所においては強みである一方、ブレンドにおいては難しさに繋がりました。

the_last_piece_distillery
sample_b

三郎丸のヘビーピートモルトのような、強い個性を主体としてブレンドを構築するのは解決策の一つなのですが、これはピートフレーバーで他の蒸溜所の個性を圧殺する構成であり、せっかく5か所の蒸留所の原酒をブレンドする意味がなくなってしまいます。
従って三郎丸蒸留所の原酒をガッツリ使うわけにはいかず、そうなると先に書いたようにバランスの問題が出てしまう…。

そうして調整を繰り返して仕上がったのが、今回のブレンドとなります。
三郎丸蒸留所のオイリーでどっしりとした酒質、ピートフレーバーを底支えにして、江井ヶ嶋蒸溜所の軽やかなスモーキーさ、桜尾蒸留所のフルーティーさ、長濱蒸溜所の柔らかいモルティーさ、そこに非公開蒸留所の個性と酒質がエッセンスとなったレシピ。

自分が”ジャパニーズブレンドらしさ”として考える、「十二単」のような艶やかで雅な雰囲気…とまではいかないものの、各蒸留所の個性が重なり合い、共演しつつも、まとまりのある味わい。パズルで最後のピースがはまり、一枚の絵画として新しい世界が広がった瞬間。まさに「THE LAST PIECE」の銘に相応しいリリースに仕上がったと感じています。

ちなみに、スコッチモルトを用いたワールド仕様のレビューも後日実施する予定ですが、そちらは純粋な美味しさ、ブレンドとしての完成度を見て貰えたらと思います。これも、様々な原酒を使うことが出来る日本のウイスキーだからできる、ウイスキー造りの方向性の1つです。
本リリースがジャパニーズウイスキーの将来に向け、新しい可能性に繋がることを期待しています。
→ワールドエディション Batch No,1のリリースレビューはこちら

IMG_6775

長濱 シングルモルト 2017-2021 オーナーズカスク 58.2% フレンチオーク

カテゴリ:
FullSizeRender

NAGAHAMA 
FOR CASK OWNER 
Aged 3 years 
Distilled 2017 
Bottled 2021 
Cask type French oak 
Malt type Peated 
700ml 58.2%

香り:焦げたようなウッディーさとピート香が強く香る。日本家屋の中にいるような木香、鰹節のような出汁感に、燻したようなスモーキーなアロマが立ち上がる。

味:キャラメルソースを思わせる甘みとビターなウッディネス、そして存在感のあるスモーキーさが同時に広がる、濃厚で色濃い要素を強く感じる味わい。
余韻はタンニンが強く口内の水分を奪っていく中で、鰹節感のあるピートスモークが長く残る。

本来ならこの熟成年数ではまとまらないような様々な強い個性を、長濱の柔らかくクリアなモルトの甘みと質感が繋いでいる。その点で、長濱蒸留所が短期熟成で原酒を仕上げていく、懐の深さ、樽感との馴染みのいい原酒であることが窺える。
今回はフレンチオークの新樽であるが、シェリーやワインなど、樽感を強く付与するような組み合わせでも、しっかりと香味を形作ることが期待できる。ウイスキーの完成度よりも、蒸留所としての期待値を高めることが出来る1本。

FullSizeRender

昨年、ウイスキー繋がりの知人から譲って頂いた、長濱蒸溜所のオーナーズカスク払い出しの1本。たくさんあっても飲み切れないので、普段お世話になっている皆さんにあいさつ代わりに配ってるんですよ、と。なんて徳の高いお方でしょう…。

ただ今回のボトルは、新樽フレンチオークのオクタブカスクで熟成した、3年熟成の長濱蒸溜所のピーテッドモルトです。
オクタブカスクのサイズは60リットル程度のもの。つまり、新樽で、樽感の強く出るフレンチオークで、そして原酒に対して接触面積の増える小型サイズの樽で、更に温暖な長濱の熟成環境。ある程度ウイスキーを飲んでる人なら、これらの要素を受け止めて短期間でまとめるには、樽や原酒に求められるスペックが非常に特殊というか、何らかの工夫が必要であることは想像に難くないと思います。

それこそ、一般的なモルトのニューメイクを突っ込んで同じ条件で3年熟成させたとしたら。原酒の若さが残り、バチバチと粗い口当たりの中で、隠れていたニューポッティーな要素が目立ち始め、濃く渋いウッディなフレーバーが襲い掛かってくる…。
樽感がアクセント?いやいやとんでもない、アクシデントですよ。
というレベルでまさに事故。とても飲めたものではない何かが出来上がってしまうわけです。

こうした短熟の難しさを克服して、武器にしてきた代表格が台湾のカヴァラン蒸留所です。そのクオリティは今や世界的に認知されていることも、説明は不要かと思います。
一方で、日本国内においてそれを成り立たせることが可能な蒸溜所が、現時点で2か所。その1つが嘉之助蒸溜所、そしてもう一つが長濱蒸溜所だと私は考えています。

それは今回のボトルが、他の蒸留所ならそもそも熟成に無理のある、いわば記念品のような位置づけであるにも関わらず。
本来馴染むのに時間がかかるはずの各要素を酒質が受け止めて、ウッディな渋みはありつつも、なんとか楽しめるクオリティに仕上がった点に、蒸留所としての可能性を感じることが出来るのです。

IMG_6154
(長濱蒸溜所のアランビック蒸留器。長濱蒸溜所が目指す酒質を作る上で欠かせない。)

nagahamawine
(AZAI FACTORY内にあるワイン樽の1つ。日本でも有名なボルドー赤ワインの樽であり、今後のリリースが楽しみ。)

長濱蒸溜所はAMAHAGANのリリースが話題になっていますが、実はクリアで柔らかく、そして麦芽風味の豊かなモルト原酒を生み出しています。
この原酒は、原酒の性質と熟成環境、そして樽の質もあって、短熟からでも仕上がる特性は先に触れた通りです。そしてその特徴が生きて、シェリー樽原酒のリッチな味わい、ワイン樽原酒の豊かなベリー系フレーバーなど、色濃いフレーバーを付与する樽との馴染みが良いのも特徴だと言えます。

それを証明するかのように、WWA2022では3年熟成の長濱シェリーカスクがカテゴリーウィナー。IWSCでは同じく3年熟成の長濱ワインカスクが最高金賞となり…、そして3月23日にはアジア地区での最高評価、トロフィー受賞も発表されています。

IMG_6715
Nagahama distillery Bordeaux Red Wine Cask 1564 Single Malt Whisky
https://iwsc.net/results/detail/121485/bordeaux-red-wine-cask-1564-single-malt-whisky

こうしたコンペの結果だけで単純比較はできませんが、少なくとも出品物は、短熟ウイスキーの先駆者とも言えるカヴァラン以上の評価を受けたということになります。
サントリー、ニッカら現在日本の大手ウイスキーメーカーも、かつてはスコットランドの有名銘柄とコンペで競い合い、受賞を重ねることで世界に認知される一大ブランドとなりました。
今回の受賞もまた大きな結果であり、将来に向けた着実な1歩でもあります。

長濱蒸溜所は日本最小規模の蒸留所の1つですが、先日の記事でも紹介したように蒸留所内、トンネル、廃校、離島(琵琶湖内)と、滋賀県内4か所にある異なる熟成環境が2021年に整備され、多様な原酒を熟成し始めたところ。まだまだ成長段階にある蒸留所です。
今回の受賞は、蒸留所の成長を後押しする結果となるのは間違いありません。滋賀県の長濱から、世界の長濱へ。更なる展開を楽しみにしています。



グレンマッスル No,8

カテゴリ:
IMG_3384

GLEN MUSCLE 
AKKESHI BLEND 
No,8 "Five Spirits" 
Distilled Matured Bottled by AKKESHI DISTILLERY 
Selected Blended by Team GLEN MUSCLE with HOKKAIDO BAR 
700ml 61% 

香り:フレッシュなピート香。焚火のスモーキーさに混ざる潮騒の香り。腐葉土、ベーコン、オレンジや若い林檎を思わせる甘みと酸を伴う、力強いアロマ。

味:口当たりは度数を感じさせない柔らかさとコク、徐々に力強く、麦芽やシェリー樽原酒由来の甘みと柑橘系の酸味。続いて焦げたようなピーティーさ、ヨード、輪郭のはっきりとしたスモーキーフレーバーが鼻腔に抜け、ウッディでハイトーンな刺激が余韻となって長く続く。

若いなりにバランスの取れた味わい。厚岸蒸溜所のモルト原酒の特徴とも言える柔らかさ、麦芽の甘みに加えて、ブレンドに用いられた試験熟成原酒、スコッチ原酒、複数種類の熟成樽がもたらす個性と複雑さが楽しめる。少量加水するとバランスがさらに良くなり、香りは樽由来の甘さとシャープなピート、味わいは柔らかさが増し、余韻にかけてソルティな要素が顔を出す。厚岸蒸溜所が持ち得る原酒から、愛好家が求める味わいを目指したもう一つの厚岸ウイスキー。

※本リリースは関係者向けの限定商品となりますが、一部、信濃屋さんから一般販売(抽選受付)が11月21日(日)12:00~23:59に行われます。
販売価格は税込み13,200円。オンラインのみで実店舗での受付は無しとのこと。
また、関係者、一般に限らず発送は12/1〜で、代引きのみ対応となります。
詳細は以下のサイトを参照ください。
https://www.shinanoya-tokyo.jp/view/item/000000015897

IMG_3390

愛好家による愛好家のためのウイスキーブランド、グレンマッスルの第8弾。今作は、ファン待望とも言える、厚岸蒸溜所の協力のもとで作られたブレンデッドウイスキーです。
リリース本数は300本。ラベルは厚岸蒸溜所の重厚なボトルに馴染むよう、某A蒸溜所コミッティ向けリリースをオマージュしてデザインしました。ネタがわかる人にとっては懐かしい外観ではないかと思います。

構成原酒は、
・厚岸蒸溜所のノンピートモルト、ピーテッドモルト(共にバーボン樽熟成)
・試験熟成国産原酒A(ミズナラ樽熟成、シェリー樽熟成)※
・試験熟成国産原酒E(シェリー樽熟成、アメリカンオーク樽熟成)※
・輸入アイラモルトウイスキー
・輸入スコッチグレーンウイスキー
ジャパニーズとスコッチのブレンドで、所謂ワールド仕様のレシピとなります。

そして蒸溜所としては5か所の原酒を軸にしていること。ブレンドレシピの模索・決定には、チームグレンマッスルに加えて、北海道のBAR4店舗、合わせて5組のメンバーがタッグを組んだことから、本リリースは5つの蒸溜所の魂と、5組の造り手の熱情を秘めたものとして、”Five Spirits”がサブタイトルとなっています。(No,8ということで、8種類の原酒を使っているのもポイントと言えます。)

※試験熟成国産原酒:厚岸蒸溜所が建設される前、厚岸の風土が原酒にもたらす影響を確認するため、2013年から建設予定地で行われていた熟成実験。日本国内の2蒸留所の原酒が用いられており、蒸溜所が稼働した現在も熟成が継続している。

IMG_3782
glenmuscle_blend

今回のリリース、企画にご協力いただいた厚岸蒸溜所…については、これまで当ブログでも記事にしていますし、それ以上に高い知名度です。本記事では、グレンマッスルNo,8が誕生するまでの流れ等を紹介していきます。

企画の始まりは昨年11月。個人的に兼ねてから厚岸蒸溜所の皆様とは交流があり、いつかは厚岸蒸溜所とタイアップした企画を実施してみたいと、思い切って企画を持ち込みました。すると快く承諾頂き、その後は何度かのWEBミーティングと企画書のやり取りを経て、蒸溜所から原酒のサンプルが到着したのが2021年2月頃。
また同時並行して、本企画は北海道の皆様と一緒に形にしていきたいと。1stリリースからグレンマッスルを応援してくださっていた、BAR無路良の山田さんの紹介で、4店との合同チームを結成しました。

FCiP2GIUcAEhXF_

原酒の選定にあたっては、従来の厚岸ウイスキーとは異なるベクトルで、グレンマッスルらしさである「尖った魅力やワクワクするような構成」を実現するため、厚岸蒸溜所の原酒に加えて、同蒸留所が保有している試験熟成原酒等、通常リリースで使用していない原酒を依頼。
本来なら、蒸溜所に伺って直接やり取りをさせて頂くところですが、今年の日本はコロナウイルス感染拡大真っ只中。。。現地訪問は叶わず。しかし樋田社長のご厚意で「納得いくものを造ってください」と、大変多くの原酒サンプルを頂きました。

厚岸蒸溜所が、こうして外部のメンバーとタイアップしたブレンドウイスキーをリリースするのは初めてのことです。我々としても満足のいくものを造りたいですし、その心意気を裏切るわけにはいきません。そのため、レシピの選定は、
(1)グレンマッスルメンバーがそれぞれ2種類ずつ、計8種類のレシピを作成。
(2)ゲストも交え、この8種類から半分に絞る第一次評価を実施。
(3)厚岸蒸溜所側での評価、北海道BARによる評価を頂き、最も評価の高かった1つのレシピをリリース
以上の流れで、関係者による複数回の審査を経て実施しました。

選ばれたレシピのモルト比率は8:2。構成比率として最も多く使われているのは、厚岸蒸溜所のモルト原酒とアイラモルトウイスキーで、おそらく20~30PPM程度の比較的ピーティーな仕上がり。
ベースにある厚岸モルトの麦芽風味と柔らかい甘さ、複数種類の樽がもたらす香味を繋ぐ、シェリー樽原酒の色濃い風味、ミズナラ樽由来の複雑さ。異なるピートフレーバーの融合も香味の多彩さの一端を担っていると思います。

FullSizeRender

こうしてレシピが決まったのは今年の6月頃でしたが、ボトリングは厚岸蒸溜所のリリースの関係から10月末。使用することが決まっている原酒は樽に入ったままであるため、熟成を継続していくこととなります。
厚岸蒸溜所はリリースのタイミングが年間計画で決まっているので、通常リリースでもこういうことが珍しくないのだとか。特に今回は、ブレンドしてマリッジしたのではなく、大きな影響があると考えられる夏場を越えた後でレシピに基づきブレンドする。完成図を予想してレシピを作る、これまでにない難しさがあったと言えます。

そして追加熟成を経た原酒によるブレンドは9月に行われ、そこからステンレスタンクで1か月強のマリッジ期間を経て10月末にボトリング。企画が始動してからちょうど1年、晴れてリリースとなりました。
なおレシピ作成時点の原酒で試作したものと、半年後にブレンド・ボトリングされたものを記憶の上で比較すると、熟成を経て得られた樽感、口当たりの丸みなど、全体的にいい方向に変化しており、自画自賛ですが上手くバランスをとることが出来たと感じています。

IMG_3317
表ラベル案

ちなみに、ブレンド待ちだった夏の間に行っていたのがラベル作成です。元々は上のラベル画像2枚目のように、シンプルなデザインにするつもりでした。
ところが厚岸蒸溜所のボトルに張り付けてみると、まあ合わないこと合わないこと…。ボトルが重厚過ぎて浮いてしまうのです。紆余曲折あって今回のラベルに落ち着いたわけですが、印刷会社との間に入って頂いた蒸溜所の担当者Yさんには本当にご迷惑をおかけしました。


グレンマッスルはウイスキー好きが思わず笑顔になるような美味しさや、ちょっと尖った魅力のあるリリースを、愛好家が蒸溜所やウイスキーメーカーとの協力で実現していくことをコンセプトとした、オリジナルブランドです。

今回は若い原酒を中心にしたブレンドウイスキーであるため、香味の中にやんちゃな部分や荒々しさが残るところはあります。
しかしそれ以上に、厚岸蒸溜所の原酒がもたらす厚みのある麦芽の甘み。おそらく明示的に使用されているものとしては初となる、厚岸蒸溜所が建設される前から実施している試験熟成による原酒を使ったものや、ピーティーなアイラモルトもブレンドに用いているなど、ワクワクしてもらえるようなリリースに仕上がったのではないかと思います。

こうしたリリースを形にしていくには、過去どのグレンマッスルにおいても、我々だけの力では実現できず、蒸溜所やウイスキーメーカーの皆様のご協力と、そしていつも本リリースを応援してくださっている愛好家各位の後押しがあったからこそ、実現できたのだと感じています。
企画を快諾頂くと共に、様々な無理を聞いてくださった厚岸蒸溜所の皆様。これまでのリリースを応援し、今回のリリースにも快くご協力いただいた北海道のBAR4店の皆様。改めまして感謝申し上げます。
そして、本リリースに関心を頂きました愛好家の皆様。発売後は是非笑顔で、本リリースを楽しんで貰えたら幸いです。

2021年11月 TEAM GLEN MUSCLE 一同

富山スモーキーハイボール缶 8% HARRY CRANES Craft Highball 2020年リニューアル

カテゴリ:
IMG_0726

2019年に若鶴酒造から発売されたハイボール缶、「HARRY CRANES Craft Highball」
その特徴はなんといっても、スコットランドからの輸入原酒に加え、三郎丸蒸留所の原酒も用いたスモーキーな味わい。添加物等のない「純粋にウイスキーと水と炭酸だけの本格的なハイボール缶※」として、愛好家のシェアのみならず、富山県訪問時のお土産や旅行のお供としても人気の商品になっているそうです。
(※以前は角ハイボール缶の濃いめが同じ仕様でしたが、現在はレモンリキュールが添加されており、大手メーカー品ではブラックニッカ・クリアハイボール缶のみとなっています。また、スモーキーなフレーバーを持つものとしては、日本で唯一と言えます。)

そのハイボール缶が2020年12月に「富山スモーキーハイボール」としてリニューアル。
度数が9%→8%に下がったものの、容量が350mlから355mlに増え、それでいて価格(税抜)は390円から270円に大幅値下げ。
価格が下がったのは嬉しいのですが、度数も下がったということは原酒の構成が変わったのか・・・というか味はどうなのか。単純に考えれば、使っている原酒のクオリティが下がったのでは?とも邪推してしまいます。
今回はその変化について、旧仕様のものと飲み比べと関係者への聞き取りも交え、まとめていきます。

IMG_0763
IMG_0760

結論から言えば、リニューアル前後で体感での味の変化はほとんどなく、傾向は同じでした。
クリアな飲み口から広がるしっかりとしたスモーキーさ。ピートフレーバーは若い原酒に見られる内陸系の根菜、土っぽさを伴いつつ、ほろ苦さの中にほのかな酸味。当たり前ですが、本当にしっかりとスモーキーなウイスキーのハイボールで、原酒由来のフレーバーと厚みで飲み応えも変わらず。リニューアル前との違いを探すほうが難しいくらいです。

しいて言えば、ゴクリと飲み込んだ後、9%のほうは若干アルコールが針葉樹っぽいフレーバーと共に鼻に強く抜けるように感じ、リニューアル後の8%はクリアでピートがダイレクトにくる。キレが良いと言うべきでしょうか。
ただしこの手のハイボール缶は単体でなく食中で使ったりしますから、何かと合わせて飲んでいたら、もうその違いは感じ取れない。それくらい軽微な違いだと言えます。

作り手である若鶴酒造の稲垣貴彦マネージャーに確認したところ、実は原酒や香味の傾向はほとんど同じ。というか、逆に自社原酒の比率は上がっている。使われている三郎丸の原酒が近年に近づいているので、雑味が減ったというのはあるかもしれないと。
また、度数については1%下がったのではなく、容量やら色々調整したら、9%前半から8%後半に下がったということで、実際は0.5%下がったかどうか。表記は小数点以下切り捨てなので、大きく変わったように見えるだけなのだとか。

じゃあ「なんで120円も下がったんですか?」という問いについては、
リニューアル前のものには、ラベルのデザイン費用等が含まれており、人気が出て継続販売となったことで、その分含めて値引きされた結果なのだとか。
つまり味のベクトルはそのまま、飲み応えのある本格的なスモーキーハイボール缶が270円ってことで、我々愛好家にとってはありがたい要素しかないリニューアルであったわけです。

IMG_0762
(比較のためとはいえ、一度に2缶ハイボール缶をハイペースで飲むのは、流石に酔いました(笑))

以前のレビューでも触れましたが、このハイボール缶。稲垣マネージャーが、家でイチからハイボール作るのがめんどくさいので、すぐに飲める美味しいハイボール缶が欲しいという、自身の要求というか拘りというか、無精を経緯として開発されたもの、という裏話があります。
言い換えると、自身の基準を満たせないものがリリースされるわけがないんですよね。だって自分が飲むためにも造ってるんですから(笑)。

ところが、この値下げが後押ししてか、想定以上の人気で4月27日に出荷規制が発表されています。
次の出荷は9月中とのこと。スエズで原酒が止まったか、あるいは他の商品製造スケジュールとの関連もあるのか。ハイボール缶の商機と言える夏場を逃すのはよほどというか、本当に想定外に注文が入ったんだなと考えられます。

なお、このハイボール缶「富山スモーキーハイボール」は富山県限定というわけではなく、関東圏では成城石井やKINOKUNIYAの一部店舗等(店舗によっては扱っていないところもあり)で販売されています。
手軽に楽しめる本格ハイボール缶かつ、スモーキーフレーバーたっぷりのハイボール。BAR飲み、外飲みしづらい状況だけに、見かけたらご自宅でちょっと本格的な味わいを楽しんでみてください。

このページのトップヘ

見出し画像
×