カテゴリ

カテゴリ:ブレンデット・バッテッド

アンティクァリー ブレンデッドスコッチ 1970年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20200509_221449

The Antiquary 
De Luxe Old Scotch Whisky 
1970's 
750ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★(5-6)

香り:軽やかでドライ、干し草、ザラメやカルメ焼きを思わせる甘さのあるアロマ。微かに洋梨を思わせる甘みと、ツンとしたアルコール感を伴う。

味:マイルドな口当たりから、鼈甲飴やバニラ、適度に熟成したグレーンのコクのある甘み。軽やかな香ばしさを感じる麦芽風味もあり、ハイランドタイプのモルトのフレーバーが広がる。余韻はスウィートで序盤の甘みが口内に張り付くように残るが、合わせてほろ苦いピート香も感じられ、口に含む毎に蓄積していく。

内陸系原酒メインと思しきプレーンなブレンデッド。これと言う特徴はないが、モルトの比率はそれなりに高いようで香味の広がりや、少量加水、ハイボールともに良好。特に加水で開く麦芽風味とピートフレーバーから、キーモルトの素性の良さが感じられる。
久々に飲むとなんだか落ち着く味わい。華やかなオーク、濃厚なシェリー、強いピート、あるいは多層的なフレーバー・・・そういう派手なキャラクターと異なる世界にこのウイスキーの魅力はある。シングルカスクに飲み疲れた人におすすめしたい。


無名なブレンド銘柄・・・と見せかけて、そのルーツは1887年までさかのぼり、1948年からはDCL傘下にあったという歴史ある銘柄。1996年にトマーティン傘下となり、近年ではNAS、12年熟成品に加えて21年、35年という長期熟成品までラインナップに備えているようです。
トマーティンと言うことは、宝酒造系列になるわけですが、調べると確かに取り扱いはある一方で、国内にPRな積極的に行われているとは言い難い銘柄ですね。

今回のボトルは1970年代流通品で、上述のとおり銘柄がDCL傘下にあったころのもの。その流通時期の見分け方は、ボトル形状とエンブレムにあります。
1960年代以前のものはボトルがグリーントールでコルクキャップ。また、ラベルには酒棚に手を伸ばす冒険家の後ろ姿が描かれているのが特徴で、今回のボトルとは全くの別物というデザインです。(以下、画像参照)
1970年代に入ると現行品にも通じる角ばった独特な形状のボトルに加え、エンブレムとしてオクタグラムが貼り付けられるようになります。このオクタグラムが、ボトルのデザインに反して子供の工作のようで、妙に安っぽい。。。また、この当時から12年熟成品もリリースされるようになります。

1980年代は、オクタグラムのロゴが「EST1857」と書かれたシールに置き換えられ、ラベルの記載もスタイリッシュに。ボトルのデザインコンセプトと乖離がなくなったような、統一感のあるデザインに変更されています。
しかし味は・・・70年代に比べてドライで、コクがなくなっており寂しい感じに。ストレートで楽しむなら70年代推奨です。
その後現行品に至る中で、エンブレムシールそのものが廃止されていますが、ボトルデザインは1970年代から継続する形になっています。

IMG_20200509_235100
(1960年代流通のAntiquary。一見すると同じ銘柄とは思えない。他のスコッチにもみられる変化だが、60年代から70年代にかけては量産とボトルに関する技術革新(特にスクリューキャップの本格導入)があったためか、多くの銘柄でこうしたデザインの刷新が行われている。個人的にはこのデザインのほうが好みなのだが・・・ 画像引用:The Whisky Excfhange)

Antiquary
(Antiquaryの現行品。ホテルのラウンジで提供されるような高級感があるデザイン。ただし味は他社のスコッチの例に漏れず・・・といったところか。国内には12年のみが正規流通しており、以前イベントで舐めた記憶が。機会があれば21年や限定品の35年は飲んでみたい。)

さて、このアンティクァリーのキーモルトについては、宝酒造のWEBページでクラガンモアとベンリネスであると説明されています。
DCLないしUD時代は不明ですが、どちらもDCL傘下の蒸留所であるため、当時から変わっていない(あるいは宝酒造側が昔の情報を載せ続けている)としても、違和感はありません。
例えば、この70年代の構成で考えると、クラガンモアの穏やかな麦芽風味にほのかなピート、ベンリネスのシャープなフレーバー。現行品に関してはブランドの所有権がトマーティンに移ったにも関わらず、トマーティンベースでない方が不思議というか。。。

また、アンティクアリィーの特徴には、モルトのブレンド比率が45%と、通常のスタンダードブレンドに比べて高いという点があります。今回のボトルを飲む限り、香味の面からみても、キーモルトや比率とも1970年代も同様といっても納得できる構成です。
個人的にこういうブレンドは、たまに飲むとほっと出来るというか、実家に帰ったような気分がして安心できるんですよね。
何かを追求することなく、ぼんやりと楽しんでほしい1本です。

カティサーク キングダム 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20200406_234301
CUTTY SARK 
KINGDOM 
FINEST OLD SCOTS WHISKY 
1980's 
750ml 43% 

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★(5)

香り:ライトでドライ、乾いた植物や木の削り屑、鼻腔への軽い刺激。奥にはバニラや品の良い白系果実、洋梨のピューレを思わせるモルティーな甘さも感じられる。

味:マイルドで柔らかい口当たり。熟成したグレーンの蜂蜜のようなコクのある甘さと、ハイランド系の麦芽風味、熟した洋梨、乾いた植物に微かに灰のようなアクセント。余韻は少し粉っぽい舌触りに、ほろ苦く微かに内陸系のピーティーさが残る。

系統としてはライトタイプのブレンドで、香り立ちはややドライだが口当たりはまろやか。熟成したスペイサイド、ハイランドのプレーンなモルトがメインに使われているように感じられる。状態さえ妥当なものを引ければ、中身の質はそう悪くないが、ピートやフルーティーさなどの要素が目立つわけではなく、面白味には欠ける。

IMG_20200406_234319

1980年代中頃(一説では1983年)、日本市場向けの商品として投入されたとおぼしきブレンド。カティサーク・キングダム。
1990年になる頃には終売となったようですが、その後通常ラインナップに”インペリアルキングダム”が登場。ブレンドの系統としては前身にあたり、通常のカティサークの上位グレード版という位置付けに当たります。

それは1980年代中頃の流通でありながら、裏ラベルに”従価表記”があるとおり、カティサークが2000~3000円程度の時代に店頭5000~1万円と強気な設定のウイスキーだった模様。
通常ラインナップで同価格帯に当たる当時の12年との違いはというと、12年が色濃くリッチなブレンドであるのに対して、キングダムはノーマルのカティサークブレンドの方向性やレシピを引き継ぎつつ、モルティーさと熟成感を伸ばしたような構成で、一応の住み分けはされています。
(キングダムにも12年があり、それがライト路線か、リッチ路線かは飲んでいないため不明・・・。)

当時、洋酒ブームと好景気に沸く日本市場には、このカティサークに限らず様々なウイスキーが輸入されました。奇しくもスコッチウイスキー業界としては冬の時代であり、日本市場はアメリカ市場と合わせて救世主のような存在だったのでしょう。
その結果、紡がれた繋がりは1990年代からの日本市場における長期不況、ウイスキー冬の時代を越えてなお続く、現在のウイスキー業界の下地となっていることは間違いありません。

ただし、当時のスコッチウイスキーの日本市場限定銘柄には、値段の割りに微妙なモノが多い印象があります。(ホワイトホースデラックス等のように、良いモノも一部ありますが。)
キングダムの構成は、価格がそれなりだったこともあり、熟成した原酒由来のコクのある甘味が感じられ、悪いものではありません。加水で伸びて、ハイボール用に使いやすいなど強みもあります。
しかしフルーティーさで言えば同じBBR社リリースのセントジェームスに及ばず、香味の濃さは通常12年に及ばない。熟成感やモルティーさの強さで言えばベリーズベスト・ブレンデッドもある。強みであるハイボールならノーマルなカティサークのオールドでも充分だし、なにより他社銘柄に選択肢が豊富でレッドオーシャン。。。

原酒構成は恐らく通常のカティサークと同じ系統で、タムデューやグレンロセス、あとはグレングラッサあたりの内陸系メイン。
決して不味いとは言いませんが、(キャップの問題も抱えているので、リスク回避として横置き物は厳禁)、現代のリユース市場での値付けが1500円から2500円程度と考えると、ある意味で現実的な適正価格と言わざるを得ない。なんとも微妙な立ち位置となってしまっているのが、このブレンデッドなのです。


補足:緊急事態宣言に伴う外出自粛のため、BAR飲み関連の記事は過去テイスティングしたもの、掲載されていなかったボトルのレビューとなります。

グレンハンター 21年 ピュアモルト 1980年代流通 43% 

カテゴリ:
IMG_20200229_204950
GLEN HUNTER 
PURE MALT 
21 YEARS OLD 
1980-1990's 
750ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明(1年以上は経過している、覚えてない・・・)
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:ゆったりとした色濃い甘さと膨らみのある香り立ち。デーツやレーズンなどのダークフルーツ、カラメルコーティングしたナッツ、カカオチョコレート。このスウィートでウッディなアロマは、古き良き時代のシェリー感に共通する要素の一つ。

味:若干の緩さはあるが、濃厚なシェリー感主体。香り同様の構成で、ダークフルーツとカラメルソース、ほのかに無花果の甘露煮。粘性と共に少しモルト由来の刺激、樽の裏側のようなざらつくウッディさも感じられる。余韻はオールドシェリーたる色濃い甘さが、ほのかなえぐみ、タンニンを伴い長く続く。

オールドシェリーのひとつである、カラメルソースを薄めたようなシェリー感のあるボトル。GMシェリー、あるいは同時期のグレンファークラスのオフィシャル加水の風味にも似ている。加水のオールドであるため緩い口当たりだが、ブレンデッドモルトらしく繋ぎの粗さが多少ある。それを除けばシェリー樽熟成モルト、往年の味わいを気軽に楽しめる1本といえる。

IMG_20200226_231144

愛好家の間では、ちょっと知られたボトルであるグレンハンター・ピュアモルト。どうも日本(またはアジア地域)への輸出銘柄だったようで、リリースもこの時期のみ。グレンアーガイル社という謎のメーカー含めて、海外の情報は皆無というボトルになります。

ラインナップはピュアモルトの12年、15年、21年と、ノンエイジのブレンデッド。そして構成原酒は不明。恐らく、当時比較的容易に手に入ったハイランドタイプのブレンド用バルクをメインに使って作られた、バックストーリーのないウイスキーの一つ・・・だと思います。実際、この手のブランドはバブル景気に沸く当時の日本市場では珍しくありません。

キャラクターとしては、ピュアモルトの12年、15年は逆算して70年代蒸留ということで、熟成年数なりのコクと柔らかさを伴うものの、プレーンなモルティーさで特段目立った特徴のないブレンデッドモルトです。
15年はオークション相場3000円程度で買えることを考えれば、アリと言えばアリですが、もう一つ個性がほしい・・・。なお、ブレンデッドについてはお察しください。
では、なぜこの銘柄が「愛好家の間では、ちょっと知られたボトル」なのかというと、それは21年の存在があります。

テイスティングの通り、21年だけは色濃く、昔のグレンファークラスやGMのマクファイル等に通じるカラメルソースを混ぜたような、オールドシェリータイプの香味構成。蒸留所は不明ですが、蒸留時期はギリギリ1960年代というスペック。仕上がりは原酒の繋ぎ、樽感とも若干の荒さが見られる点がマイナスですが、味は1960年代蒸留の濃厚シェリー系モルトウイスキーということで、家飲みで何も考えず飲むならと、知ってる人だけ楽しむ銘柄という位置付けでした。

IMG_20200226_231122
(グレンハンター21年 ピュアモルト1980年代流通。今回のレビューボトルとほぼ同じ時期の流通品だが、注目はグラスの中の色合い。明らかに中身が異なる。)

しかし、これだけのシェリー感であれば、もっと話題になっていてもおかしくありません。なぜ知っている人だけ・・・なのかというと、その理由は、上の写真の通りグレンハンター21年にはロットが複数あり、中身も香味も異なるというもの。今回レビューしている濃厚なシェリー感のロットは、その中でも数が少ないためです。(確認しただけで、4パターン存在する)

写真のロットの香味は、15年の延長線上にあるキャラクター。ソフトでマイルド、若干の植物っぽさを伴うが個性に乏しいタイプ。緩い麦芽の甘味とほんのりカラメル系シェリーのニュアンス、年数なりに感じられるタンニンと渋味。レビューアイテムが1st fill Sherryなら、こちらは2nd fillという香味構成です。
正直、このボトルについては味が悪いとは言いませんが、率先して購入して飲むか・・・と言われると断言できないですね。
また、構成原酒も微妙に違うのか、あるいは経年変化からか微かにソーピーな香味が混じるものも・・・。同じラベルで地雷系まであるとなれば警戒もしてしまいます。

これが同じデザインやロットの中でシェリーの濃淡2パターン存在するのが困ったところ。ラベルデザインの微妙な違いから、確実に違うといえるロットもありますし、最終的には色を見れれば間違いないのですが・・・ネットだと手にとって見れるわけではないため確実には見分けられない。
まあ、今の市場において安さをとるなら相応のリスクを覚悟しなければならない、ってことなんですね。

ベル 12年 デラックス 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20191219_234039
BELL'S 
YEARS 12 OLD 
De Luxe Blended Scotch Whisky 
1970-1980's 
760ml 43% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:軽い香ばしさ、カルメ焼やカステラを思わせる甘いアロマに薄めたキャラメルソース。奥には干し草、オレンジピール。仄かなスモーキーさも感じられる。

味:マイルドでコクのある飲み口。カンロ飴のような甘さから、香り同様にかりんとうやポップコーンのような軽い香ばしさ、籾殻のようなほろ苦さを伴う乾いたニュアンス。じわじわとスモーキーフレーバーが開いてフィニッシュへと繋がる。

ベル味、というべきか黒砂糖やザラメに通じる乾いた甘さというべきか。未熟な感じはないが、個性的なシェリー感がこのボトルの特徴であり、評価を分ける。それ以外は当時のハイランドらしい麦芽風味とスモーキーさ、穀物の甘味。ブレンドらしい多彩さではなく、各要素がシンプルで過剰に主張しておらず、それぞれの香味を拾いやすい。ハイボールにしても決して悪くない。

IMG_20191219_234108

ベルの上位グレード。結構前にテイスティングしていたレビューの書き起こし。
今回のデラックス表記の流通時期は1970年代後半から1980年代で、容量から推察すると1970年代後半あたりのもの。1970年代のベルはイギリス市場における売り上げを大きく伸ばしており、1978年にはシェアナンバーワンを獲得。勿論日本市場を含めた海外市場にも積極的に輸出された、一大増産時期に当たります。(この10年間の売り上げは800%増だったのだとか。)

そのためか、この時期のベルからは上位グレードの12年であっても、60年代の白ラベル(Royal Vat表記)に比べてグレーン感が増したような印象もありますが、熟成してまとまりのある構成は変わらず。構成原酒はダフタウン、ブレアソール、インチガワーあたりで、素朴な麦芽風味に香ばしさのある独特なシェリー感。軽いスモーキーフレーバーを伴う、マイルドで飲みやすいブレンドに仕上がっています。

今回のラベルのベルは時期によって2種類あり、70年代前半のRoyal Vat表記とそれ以降のDeluxe表記。日本で流通するほとんどが70年代後半以降のDeluxe表記なのであまり参考にはなりませんが、前者のボトルがあったらそれは60年代の白ラベル時代の名残を持ったレアボトルです。(香味の比較は未経験ゆえ語れませんが、恐らく60年代寄りなのでは・・・と。) 
1980年代後半に入ると流通が一時途絶えているようなのですが、恐らくこれはベルブランドがギネス傘下となり、ディアジオに組み込まれていく過程でのブランド整理だったのではないかと推察します。

1990年代に入るとダンピー形状で、ラベルがオレンジ系の色合いとなったデザインのボトルがリリースされていますが、この頃のベル12年はなぜかソーピーなフレーバーが備わっているロットがあるため注意が必要です。
調べてみると、ブランドを所有する直系のアーサーベル社は、上記3蒸留所に加えて、1974年にピティヴィアックを創業すると共に、1983年にはブラドノックを買収しているんですね(ブラドノックは1993年に休止)。
ブラドノックはライトなソーピーさを備えた原酒が確認されていますので、恐らく要因はこれでしょう。
となると、760ml表記の特級時代のベル12年なら安心か。要因がわかってすっきりはしましたが、今後は少し警戒してしまいそうです(笑)。

アンバサダー 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20200306_225152
Ambassador 
Deluxe Scotch Whisky 
1970's 
760ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★(4ー5)

香り:ドライで微かにスモーキー、煎餅のような香ばしさと、淡いモルティーさ。ドライでプレーンで、あまり香りが立たない。

味:ほろ苦い穀物感と干し草、ザラメのような甘さとピリピリとした刺激を感じる口当たり。あまり洗練された感じはない。ほのかにハイランド系のモルティーさ、薄めたはちみつ。余韻はドライでスパイシー、あっさりとしている。

所謂ライト系統のブレンデッド。デラックス表記なのだが12年相当という構成ではなく、若いハイランドモルトを軸に、若いグレーンで合わせて、トップドレッシングに若干量熟成したモルトを加えて整えたレシピを思わせる。故に、ストレートでは変化に乏しく、飲み進めていくと若さと刺激が目立つ。同時期流通の12年との格差が激しい。ハイボール、コーラ割り等で。

IMG_20200306_224818

ラベルに「SCOTCH AT ITS LIGHTEST」と書かれているとおり、主に米国市場への輸出を意識して、当時売れ筋だったライトな味わいを目指して作られたブレンデッド。
ブランド解説は、以前60年代流通品のレビューでまとめているので簡単に触れる程度にとどめますが、当時のアンバサダーはバランタインらと同様にハイラムウォーカーの傘下にあり、一部共通する原酒(恐らくスキャパやハイランドバルク)が使われていたとされ、親戚のような位置付けにもあります。

この70年代のアンバサダーは、60年代に比べてさらに軽さが際立ってます。
軽いといっても、同時期の日本製ブレンデッドのように甲類アルコールを混ぜたような無味無臭というわけではなく、樽由来の味わい、熟成香、これらが乏しいところに若いモルトやグレーンの味わいが主体なので、厚みに欠けると言うのが正しいかもしれません。

200932ee
(アンバサダー1960年代流通。香味の系統は似ており熟成感は大差ないが、70年代に比べるとハイランドタイプのモルトの麦芽風味がわかりやすく、コクも感じられる。レビューはこちら。)

IMG_20200306_225129

同じ1970年代流通の上位グレード、アンバサダーロイヤル12年(写真右)と比較すると、熟成感の違いが如実にわかります。
方やはちみつ(古酒系に振れるとべっこう飴系の甘さになっているボトルもある)や、洋梨のような果実味を含む、熟成したモルトが纏う甘やかな味わいがある一方、それがない分プレーンな味わいが目立つデラックス。。。
キーモルトのひとつと言われるスキャパは、確かにそこまで厚みと洗練されたキャラクターではないので、違和感はありませんが、いまいち特徴が掴めないのもこのブレンデッドの特徴です。

とは言え、同じライト路線でアメリカ市場でライバルだったJ&B同様に、ストレートではなくハイボールや、あるいはコーラで割るような飲み方をするならこういうほうがむしろ良いとも言えます。
要するに使い方ですね。個人的な好みで整理するとストレートに向いているとは思えませんが、雑な飲み方をするならば、逆にこのプレーンさと適度にビターでスパイシーな味わいは、下手に樽が効いているものよりもプラスになると思います。

IMG_20200301_191054
今日のオマケ:コノスル レゼルバ エスペシャル ピノ・ノワール 2017

チリの高コスパ銘柄、コノスルのピノで、格付け的には下から2番目に当たるブランド。
レゼルバなんて名付けてるんで、値段もそれなりなんでしょうと思わせて、税込み1200円程度という超デイリー銘柄です。
(スペインだとレゼルバ表記は36ヶ月以上の熟成が必要ですが、チリは不要で製造元の判断という整理。)

開封直後は合革やゴムのようなアロマがありつつ、奥にチェリーやクランベリージャムのような甘い果実香。時間経過で開いてくる、少し安っぽい甘さを含んだ熟した赤い果実の新世界感。 味は香りに反して酸がしっかりあり、フレッシュな木苺やザクロ、若い苺を思わせる果実味からしっかりとタンニンが余韻に効いてくる。
開封直後は少し香りに癖があり、余韻のタンニンも目立つのですが、時間経過で果実香が開き、バキュバン2日目はこれらが良い具合に馴染んできます。

この値段でこれなら申し分ないですね。
コノスルのピノは、1000円前後でいくつかあるところからスタートし、
・レゼルバ エスペシャル(1200円前後)
・ブロックNo,21(1900円前後)
・20バレル(2600円前後)
と、物凄く低価格でブランドの整理がされているのですが、どれもちゃんと香味や作りに違いがあるので面白い。また、そのどれも、類似の味の系統のワインと比較して、市場価格で1000円から2000円程度の価格差を感じてしまうようなクオリティであり、コスパの高さとはこういうことだと体現しているようです。

中でもウイスキー好きの知人複数名が、デイリーユースにしているのが今回のグレード。興味のある方は肉料理と共に是非!

このページのトップヘ

見出し画像
×