アーカイブ

2019年05月

グレンマッスル (グレンマッソー) 18年 ブレンデッドモルト 46%

カテゴリ:
IMG_20190519_125218
GLEN MUSCLE 
Blended Malt Whisky 
Aged 18 years 
Bottled in 2019 
450ml 46% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:トップノートは湿ったようなアロマ。そこからオレンジやクランベリー、石榴を思わせる赤みがかった果実香に加え、発酵したような酸のアクセント。あわせてウッディな甘みは濃いめのフレーバーティーのようなニュアンスを感じさせるリッチな香り立ち。

味:スウィートでケミカルなフルーティーさが主体。熟したオレンジやパインキャンディ、仄かにベリーシロップ。マイルドな口当たりだが、飲み応えは残っている。徐々にウッディでほろ苦く、余韻は適度なタンニンを伴いつつ、ケミカルなフルーティーさが最後まで続く。

ワイン樽由来の赤い果実の甘みと程よいタンニンが、ベースとなるウイスキーの香味に違和感なく馴染んでいる。筋骨隆々なマッスルというには柔らかく女性的だが、その分ラベルのような親しみやすさと楽しさが備わったウイスキーである。
少量加水するとややビターな樽感が香りで目立つものの、フルーティーな余韻は変わらない。ストレートか、思いきってハイボールがオススメ。

IMG_20190520_073722

名は厳ついが、ラベルは可愛く、中身はキャッチー。そしてマッスルの響きがトレーニーの心を擽る、謎の多いブレンデッドモルト「グレンマッスル18年」が、ついにリリースされました

企画の始まりは、飲み手が笑顔で楽しめるウイスキーを、飲み手の力を合わせてリリースしたいと言う、酔った拍子に盛り上がったありがちな思いつきから。
まあこれが10年前とかでしたら、今よりも好条件でとびきりの原酒を入手できたかもしれません。ですがご存じの通り、昨今は原酒不足と価格高騰著しく。条件に合致する原酒を新たに入手することは困難だったのです。

そこで次なる手段が、既にある原酒を活用すること。企画実現のため、各種繋ぎ役としてお手伝いさせて頂きました。
国内のウイスキーメーカーが長期保有している原酒を使って、飲み手が手掛けるウイスキーを実現する。紆余曲折の末に発見したのが1樽のモルトウイスキー。。。
ケミカルな甘みとキャッチーなフルーティーさをウッディな苦味が引き締める、ハイランド地方の某蒸留所らしいキャラクターが備わった原酒。これを軸にしたブレンデッドモルトを赤ワイン樽でフィニッシュ。フルーティーさにワイン樽由来の甘みを備え、メンバーが思い描いていた基準を満たすウイスキーが出来上がりました。

IMG_20190522_205341
(グレンマッスルは当初は500mlリリースの予定が、ボトルメーカーから「500mlで詰めると夏場の温度変化でコルクが浮いてしまうかも」との留意事項を受け、急遽450mlでボトリングすることになった。液面が低いのはそのためとのこと。

飲み手による飲み手のためのボトリング。思わず心踊るような、夢のある話です。加えてオリジナルボトルとなれば、大多数の愛好家が一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
例えば日本のボトラーズブランド、ウイスキーフープは、同様の理念を掲げられていますね。

しかし理想と現実は時にかけ離れるもの。それを実現する難しさは想定以上でした。
原酒の確保はもちろん、ボトリングにかかるコスト、各種手続き、そして販売方法や流通経路の確保などいくつものハードルがありました。
相場も認識していたつもりでしたが・・・現在の原酒のグレードと価格は数年前の比じゃありません。単発ではなく継続的に蒸留所やメーカーを巡り、原酒を調達されている皆様がいかに難しく、そして良い仕事をされているのかも、改めて認識することとなりました。

それでも、実現したボトルを見ると、為せば成るのだなぁという気持ちも沸いてきます。(リリースにあたり福島県南酒販、並びに笹の川酒造の皆様には、本当に多くのご協力を頂きましたが。。。)
ラベルのモチーフはブレーメンの音楽隊。1+1+1+・・・は無限大。個人では出来ないことでも、力を合わせれば出来るという意味が込められているそうです。
一端ではありますが、その+1に加えてもらえたのは光栄ですね。

IMG_20190525_132453

個人的な感慨深さもある本リリースですが、冷静に見ると、同価格帯ナンバーワンという完成度でも、突き抜けるなにかを持っている訳でもありません。例えば、同じような価格帯なら、他のボトラーズやオフィシャルも充分選択肢に入ります。
その点で言えば、童話ブレーメンの音楽隊のメンバーもエースではありませんが、劇中自分達の良さを活かして活躍します。
このボトルも、近年のトレンドのひとつとも言えるケミカルなフルーティーさはポイントですし、熟成と加水で飲み易い仕上がりは悪いものではなく。
それに準じて蒸留所の個性も掴みやすい構成であるため、ブレンドにどんな原酒が使われているのかを考えつつ、味以外でも楽しめるのではないかと思います。
言わば「ちょっとおいしいウイスキー」なのです。


最後に、本ボトルは仲間内での消費を前提に計画され、本数も111本と少量のボトリングでしたが、一部のBAR等飲食店様(以下記載)にもご購入頂いたとのことです。
少量ですが、福島県南酒販さんを通じて一般販売も行われましたが、モノは既に完売しています。もし飲んでみたいという方は、機会ありましたら下記店舗に伺ってみてください。

FB_IMG_1558685027390

・BAR 無路良(札幌)
・バル ハルヤ(札幌)
・BAR BOTA(小樽)
・FRUIT RESTARANT BAR AIKA(郡山)
・BAR ハリーズ高岡(高岡)
・旬味 菜野(北千住)
・BAR Eclipse (神田)
・BAR GROOVY(神田)
・ジェイズ・バー(池袋)
・Jam Lounge(高田馬場)
・BAR LIVET(新宿)
・BAR 新宿ウイスキーサロン(新宿)
・BAR GOSSE(目黒)
・BAR BLACK HEART(恋ヶ窪)
・BAR Sandrie(立川)
・酒処 石場(祖師ヶ谷)
・BAR Palate(狛江)
・萌木の村 BAR Lounge Perch(清里)
・BAR よっち(名古屋)
・BAR Rubin's Vase(名古屋
・食べれるBAR パラディ(大阪)
・BAR Kitchen(博多)


※補足:本ボトルは当方を始めボトリング関係者全員が、その他の購入者と同様に福島県南酒販さんから必要分を直接購入する形式をとっております。もちろん、通常購入価格は同じです。
ボトルのリリースによる利益、あるいは紹介料、監修料等の類いは一切得ていないことを補足させていただきます。

ギィピナール 2007-2019 フォルブランシュ 43% ドラス&信濃屋向け

カテゴリ:
IMG_20190508_232454
Guy PINARD & Fils 
FOLLE BLANCHE 
Distilled 2007 
Bottled 2019 
For BAR DORAS & SHINANOYA 
500ml 43% 

香り:ややドライで鼻腔を刺激するスパイス、微かに溶剤のようなニュアンス。奥には若い白葡萄や白桃、白系の果実の品の良いアロマもあるが、開いてくるのに時間がかかる。

味:少し水っぽさのあるスウィートな口当たり。香り同様の刺激があるが、後半から余韻にかけて黄桃や林檎のコンポート、そして熟したライチのような南国感と角のとれた酸味が、若い原酒の勢いそのままに広がる。余韻は非常に長く、スパイシーで張り付くような樽感を伴って長く続く。

加水されてなお適度な勢いを保った原酒の若さが、フルーティーな要素を後押しする余韻が最大の魅力。長期熟成コニャックだと余韻にかけて甘みがべたつくようなものもあるが、このボトルは勢いとフレッシュさを維持しており、アメリカンオークホグスヘッドで20年程度熟成したスペイサイドモルトのようでもある。
ネガを見ればきりがなく、良いところに注目したい1本。ハイボールが美味だが500mlをすぐに飲みきってしまうので注意が必要。

IMG_20190508_232551

スピリッツにおけるトロピカルフレーバーを分類すると、ウイスキーのみならずコニャックでも該当するフレーバーを感じられるものがあります。
ポールジロー、ジャンフュー、ラニョーサヴォランなど、特にグランシャンパーニュ地方の銘柄が代表的。ただ、それらは総じて長期熟成品に多く、若い原酒だと片鱗くらいは感じられるのですが、例えるならトロピカルのトぐらいのイメージ。10年前半の若い原酒だと難しいという印象でした。

そこにきて今回のリリースで驚かされたのは、香りはさておき味での余韻にかけてのフルーティーさ。
マンゴーというよりは、オーク要素由来の黄桃や加熱した林檎のような香味が主体ですが、合わせてライチなどの温暖な気候の中で熟した果実の香味が発散するような、ある種のフェロモンとも言うべきニュアンスも備えているのです。


このコニャックの原料には、絶滅危惧種とも言われる葡萄品種、フォルブランシュが使われています。フォルブランシュは1863年から始まったフィロキセラ大繁殖以前は主要葡萄品種だった、言わば古代種。その後フィロキセラの影響がない品種へ切り替わっていくなかで、一部蒸留所ではフォルブランシュを好み、ギィピナールでも少量復活させていました。

現在の品種と比べて何が良いかと言われても、正直コニャックの原料の違いに伴う香味の変化は経験不足でよくわからず。知人いわく濃厚な味わいを得やすいとのこと。
そこで指標になると感じているのが、2015年にリリースされた、同蒸留所2005年蒸留のフォルブランシュ。こちらも近い熟成年数でしたが、フルーティーというより酒質に勢いがあり、コニャックらしい葡萄由来の甘みと共に余韻は辛口な構成だったと覚えています。
今回のテイスティングでも、香りや味の序盤には相応に荒さも備え、所々で鼻腔や口内を小突いてくるような刺激もあり、この辺は若い原酒の共通点。熟成を続けていけば、角がとれて樽を受け止め、芳醇な香味に変わっていく要素だと思いますが。。。
ただ、大きな違いがフルーティーさです。熟成に使われた樽の影響でしょうか。例えば新樽で、強めに出た樽要素が原料由来の要素と融合し、該当する要素が感じられやすくなったのかもしれません。


今回のテイスティングアイテムは、”浅草の黒豹”あるいは”旅するバーテンダー”で知られる、BAR DORASの中森氏と、信濃屋の共同ボトリング。
ウイスキーに限らずコニャックでも長期熟成原酒が高騰するなかで、コストを押さえた若い原酒で、我々飲み手が好む要素をピンポイントで押さえて来た。自身が作ってきた蒸留所との繋がりはもちろん、日々お酒を提供するバーマンとしての確かな目利きが感じられる、グッドリリースだと思います。

以前は家が近かったので伺っていましたが、最近はご無沙汰な浅草DORAS。また機会をつくって伺いたいです。

グレンエルギン 12年 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190515_214945
GLEN ELGIN 
Aged 12 years 
Pure Highland Malt 
1970's 
760ml 43% 

グラス:国際企画テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:お酒の美術館神田店
評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:古典的な麦芽香。籾殻のような乾いたアロマや、少し土っぽさの後でピート香がしっかりと主張してくる。奥にはべっこう飴、柑橘の綿を思わせるほろ苦いニュアンス。徐々にスウィートなカラメル系の甘さが開いてくる。

味:香り同様に古典的な麦芽風味からクラッカーを思わせる軽い香ばしさ。カルメ焼、ママレードのようなほろ苦さとピートフレーバーが存在感を主張する。
余韻はビターでしっかりとピーティー、スモーキーな鼻抜けで染み込むように長く続く。

テイスティングした時点ではまだ開ききってないようだが、充分に良さを感じる。香味の軸になっている厚みのある麦芽風味とピートフレーバーが素晴らしい。この両者を繋いでいる当時らしいカラメル系シェリー樽の甘みがもう少し開いてくると、さらに全体のバランスが良くなるはず。スペイサイドモルトは、そしてグレンエルギンはこうあってほしい時代の一本。たしかなまんぞく!

IMG_20190515_214559

グレンエルギンが、12年として、あるいはシングルモルトとしてリリースされた初期ボトル。時期は1970年代中頃から後半といったあたり。WHITE HORSE DISTILLERS表記に時代を感じますね。
ホワイトホース社から日本向けボトルがリリースされるくらい繋がりが深かった日本市場には、このグレンエルギンも一定数入っており、現在のリユース市場でも度々姿を見かけるボトルであります。

ラベルの通り、グレンエルギンはホワイトホースのキーモルトのひとつですが、当時DCL傘下の蒸留所ではシングルモルトのリリースを始めるところが多く。この流れにグレンエルギンものった、ということなのでしょう。
蒸留所としては、1964年に拡張工事を行ってスチルを2基から6基に増設しており、ホワイトホースに原酒を使ってなお、シングルモルトとしてリリースする余裕があったということかもしれません。

特徴はメローでそしてスモーキー。バーボン樽ではなくリフィルを含むシェリー樽の利用が多かった当時のスタイルらしいとろりとした甘さに、古典的で強い麦芽の風味が余韻にかけてピートフレーバーと合わさって渾然と広がる。
現在の洗練されたスペイサイドモルトとは異なる、どこか田舎臭さの残った風味が当時の他のモルトとも共通する特徴であり、愛好家を引き付ける最大の魅力だと思います。

IMG_20190522_131531
bd87a9b8
(グレンエルギン1980年代流通と1990年代流通。1990年代を最後にホワイトホース表記はなくなる。当時と異なり、シングルモルトの認知度が向上したためだろうか。ちなみに、ボトルが新しくなるたび、少しずつ馬のロゴが小さくなっていくのも、ブレンデッドのホワイトホースと同じ特徴である。1980年代流通のものは画像が手元になかったので、Whiskybaseから引用。)

ちなみにこの10年後、1980年代中頃から流通し始めるグレンエルギンは画像の通りラベルのデザインが少々シンプルになり、ラベルの周囲にあるアザミの模様がなくなったのっぺりとしたデザインに変化。
味もちょっとのっぺりとしたようなカラメル系シェリーの甘みはそのままですが、ピートが少々軽くなる印象。(ヒネたボトルが増えるように感じられるのも特徴)
また1990年代のものについては、現行品のデザインに近いボトルに代わると共に、麦芽風味主体のタイプとなり、路線もデザイン同様現行路線へ。ピートはなくならないものの穏やかで、70年代流通に備わっている系統とはだいぶ違いがあると言えます。

徐々に樽の違いやピートの強弱が、ハウススタイルに影響してきていったのでしょう。
ブレンデッドのホワイトホースも同様に、年代が新しくなるほどスモーキーさが軽くなっていきますが、グレンエルギンだけの影響だけではないにしても、改めて時代の流れに伴うキーモルトの個性の変化と重要さを感じたテイスティングでした。

ティーチャーズ セレクト 40% サントリーブレンダーが手掛けたスコッチ

カテゴリ:
IMG_20190519_004635
TEACHER'S SELECT 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
PEATED FLAVOUR WITH RICH SWEETNESS
700ml 40%

香味とも若く刺々した酸味と、根菜っぽさのあるピートフレーバーが主体だが、味は多少グレーンが効いてマイルドな甘味もある。主体は若いアードモアなのだろう。モルティーでスモーキーな個性が思った以上に備わっている。

使われている原酒は5年前後といったところだろう。樽香は淡くプレーン。ストレートでは粗さが目立つものの、飲めないほどではない。むしろ1000円ちょっとのスコッチとしては、しっかりとモルト由来のピーティーな個性が備わっている点が評価出来る。
このウイスキーが本領を発揮するのはハイボール。ピートを含めた原酒の香味が全体的に軽くなり、ライト寄りに振れるものの、逆に粗さも目立たずグイグイ飲めて食中酒として使うには丁度良い。

IMG_20190520_210113

ティーチャーズの日本向け限定品。ティーチャーズはビーム社傘下のブレンデッド銘柄であり、2014年のサントリーによる買収でさらに結び付きがさらに強くなっていました。
セレクトは元々コンビニ限定で2018年から販売されていましたが、2019年4月から酒販店向けにも展開されることとなった銘柄です。

流石にコンビニの酒棚にあればリリースそのものは認識していましたが、「日本のブレンダーが手掛けた」という話は知らず。だったら飲んでみようかと。
最も、手掛けたといってもどの程度関わっているのか。。。確認したところ、チーフブレンダーを含むサントリーのブレンダー陣が本当にこの製品をブレンドしているのだそうです。
これって凄いことだと思うんですよね。日本向け製品とはいえ、ティーチャーズのような100年以上の歴史があり、スコッチウイスキーを代表するようなメージャー銘柄を、日本のブレンダーが手掛けるというのは初の事例ではないでしょうか。(確認したところサントリーとしては初とのこと。他社も無いでしょうから、公式には日本初ということに。)

良い原酒があっても、ブレンド次第ではどうにもなりません。まして制限の多い価格帯ではなおのこと。
近年、日本のウイスキーはスコットランドを越える高い評価を受けており、ブレンデッドウイスキーとブレンド技術もまた同様に評価されていたところ。自国向けボトルといっても、技術とそれが認められていなければ商売としては成り立たない仕事ですから、またひとつ日本のウイスキーメーカーが歴史を作ったように感じたのです。

IMG_20190521_170849

前置きが長くなりました。元々、現行品のティーチャーズ・ハイランドクリームは1000円程度の低価格ウイスキーですが、価格を考えると実に良く出来ている銘柄と言えます。
キーモルトであるアードモア由来のピーティーさが良い仕事をしており、スモーキーフレーバーをしっかりと感じられるのが最大の特徴。旧ラベルの方がマイルドとか、コクがあったとか、そういう意見もあるでしょうけれど、現行品は現行品で良くできています。

ハイランドクリームのモルト比率は45%で、40種類の異なる原酒が使われているそうですが、そのうちアードモアの若い原酒の比率は結構高いように思います。
また今回のセレクトも同じ系統の作りですが、ハイランドクリームのほうがその他ハイランド系の原酒が仕事をして若干多彩というか、セレクトのほうが奥行きが軽いというか、それはハイボールにするとより顕著に感じられます。
メーカーコメントの「ほのかなスモーキーさ、優しい甘み」は、ハイボールにしたときのコメントなんだろうなと。
飲みごたえはありませんが、広く受け入れられる要素は感じられる。使い勝手の良い1本です。飲み屋のハイボールとか、これで良いんだけどなー。


以下雑談。
最近、イベントとかでお会いする方々に「普段何飲まれてるんですか?」と聞かれることが何回かあったのですが、現行からオールドまで幅広く飲んでます。
それこそ、今回のような現行品の普及価格帯ブレンデッドもその一つ。以前は、失礼ながら「現行品なんて」と思っていた時代もあったのですが。。。
ハイボールだとウイスキーもグラスも冷やして作ると、香りのスモーキーさや味がぼやけず、それでいてスッキリとした仕上がりになるので、食中酒やお風呂上がりなど、案外良いなと使っているのです。

イチローズモルト バーテンダーズチョイス 神田祭2019 シングルカスクブレンデッド 58.6%

カテゴリ:
IMG_20190507_224911
ICHIRO'S MALT 
BARTENDER's CHOICE 2019 
Single Cask Blended Whisky 
Selected by 神田 Bar Society  
Cask No, 5294 
700ml 58.6% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:新宿ウイスキーサロン
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:前面にライ系や新樽穀物の要素。スパイシーな香り立ちから、ウッディで干し藁やオーキーな華やかな酸のあるリンゴ、オレンジリキュールなどのアロマも感じられる。

味:スパイシーでしっかりとボリュームのある口当たり。柑橘のニュアンスからバニラと洋梨、アメリカン系の穀物やライを思わせる酸味もある。
余韻はドライで微かにスモーキー。ハーブの爽やかさとひりつくようで長く続くフィニッシュ。

これまで飲んだワールドブレンデッドシリーズでは一番好み。アメリカン系のフレーバーとモルト、それぞれの個性がマリッジに使われた樽感の中で融合したような美味しさが感じられる。少量加水しても崩れず、さらにバランスがよく柑橘のニュアンスがもう一歩前に出てくる。某社のワールドブレンドもこれくらいだったら。。。

IMG_20190507_224955

隔年で5月に開催される神田祭りを記念し、神田にBARを構えるバーマンや飲食店らが共同でリリースに関わる記念ボトル第4段。
最近イチローズモルトでリリースが増えている、ワールドブレンデッド区分のシングルカスクブレンデッドウイスキーです。

イチローズモルトのワールドブレンデッドのシングルカスクは、ハイプルーフな原酒を混ぜ合わせ、カスクストレングスでボトリングしているためか、マリッジの樽由来のフレーバーを突き抜けるような、様々な個性がぶつかり合う印象があります。
これが良い方向に振れれば良いのですが・・・なかなかそうなるとは限りません。若さが悪目立ちしたり、喧嘩してるような難しいボトルもあります。

しかし今回のリリースは、後熟に使われたとおぼしきバーボン樽由来のスパイシーさや華やかさに加え、いわゆるバーボンやカナディアンなどアメリカン系のライっぽさに通じる酸味と穀物由来の香味が、5~10年熟成程度のモルトのフレーバーと混じりあって融合している。
またバランスを取っている15年程度のミドルエイジの原酒も繋ぎの仕事をしており、第一印象ではバーボン系の個性の主張に驚くと思いますが、ジャパニーズを始めスコッチタイプの原酒も負けてない。高度数故のバランスを楽しむことが出来ました。
これは是非ストレートか少量加水で楽しんでほしいですね。


裏ラベルに書かれた「新たな時代を彩るボトル」の言葉。平成から令和へと時代が代わり、少なくとも今年に入ってウイスキー業界で何が変わったかと言えば、輸入原酒を使ったワールドブレンデッドの存在があります。
これまでは暗黙のうちに作られていたものが公になってきただけでなく、ジャンルの1つとして、今後も多くのメーカーからリリースされるだろうとも考えられます。

例えば、輸入原酒といってもスコッチタイプのみで仕上げても区分はワールドブレンデッドですが、それでは現地スコットランドのものと変わらないし、やはりワールドを名乗るからには各地のウイスキーの個性を融合することにも可能性を見いだしたい。
今回のリリースは、そんな自分が考えるワールドブレンデッド像にあって、ウイスキーの新たな時代に示すお手本のような構成だと感じたのです。


このボトルは新宿ウイスキーサロンで飲みましたが、そもそもは神田祭を記念したリリース。神田にあるBARを中心に取り扱われており、自分が知ってるウイスキーが強いところだとGROOVY、サンディマック、Eclipseなどで飲むことができます。(特にGROOVYさんは本企画の発起人でもあります。)
この記念ボトルは2011年の大震災以降自粛されていた神田祭再開の2013年から始まり、2015年以降は蒸留所の成長と共に歩んできた経緯もあります。
その想いやボトルに関するコアな情報を聞きたい方は、是非テイスティングがてら神田を訪れて見ては如何でしょうか。ディープな街で面白いですよ!

このページのトップヘ

見出し画像
×