カテゴリ:
IMG_20200226_215738
CLYNELISH 
RESERVE 
GAME OF THRONES 
HOUSE TYRELL 
700ml 51.2% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:不明
場所:ジェイズバー
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:やや発酵したような酸を伴う甘酸っぱいアロマ。樽感に多少の荒さはあるが、湿った木材、杏子や無花果、ブラウンシュガー。仄かにワクシーなニュアンスも感じられる。

味:スムーズで若干の水っぽさ、そこからクリーミーでワクシーな麦芽風味が感じられ、バニラやお粥、オーク由来の黄色系のフルーティーさをアクセントに、余韻にかけて荒さ、強さが口内を刺激していく。
余韻は麦芽由来の白系の甘味とほろ苦さ、籾殻を思わせるざらつき、ほのかなピートを伴う。

香味構成はオフィシャル14年のベクトルにあるが、先にあるのではなくそこまでの途中というモルト。麦芽風味のらしさに加え、バーボン樽だけでなく、複数の樽の個性を感じる。全体的に香味の強さはあるが、味のほうは立ち上がりでもたつく印象あり。ただし万人向けのリリースとして考えると、これくらいのほうが親しみやすいのかも。アクセルオンで即ドカンというピーキーな仕様では難しいか。。。ってなんの話だか(笑)。
こういうリリースを飲むと、通常の14年の完成度の高さがよくわかる。

IMG_20200226_215704
Screenshot_20200310_195831

ディアジオ傘下の蒸留所ならびにブレンド銘柄と、大人気テレビドラマとのコラボレーションラベル。欧米市場や免税店向けの限定リリースです。
こうして画像をみると、全部限定品とか気合い入ってるなぁと思わせて、大半はオフィシャル既製品のラベル張り替えの模様。そのため、ドラマに興味がない自分は特に気にもしていなかったのですが・・・。クライヌリッシュとラガヴーリンはオリジナルリリースのようで、機会があれば飲んでみたいと思っていました。

現行クライヌリッシュでカスクストレングスと言えば、かつては蒸留所限定品があり(現在は48%加水仕様、写真下参照)、最近だとディアジオのスペシャルリリースで似た名前の「セレクト・リザーブ」があったところ(価格は天と地ほど違いますが)。どちらも良い出来だったので、正直このゲームオブスローンズ向けボトルにも相応のクオリティを期待していたのです。

8b80b6aa
(現在販売されているクライヌリッシュの蒸留所限定品。同銘柄らしいワクシーな麦感と、オークフレーバーの華やかな熟成感のバランスが良い。限定品として申し分ない完成度の1本。ラベルも特別感あり。)

で、飲んでみるとどうも思っていたのと違う。バーボン樽系の原酒に加えて、リチャーオーク、または一部シェリー樽かワイン系の樽で熟成された原酒が使われているのか、香りにくぐもったような印象と、酸を伴う樽香が感じられます。若い原酒に樽を押し付けたような原酒に通じるところがあります。
また、中間以降に”らしい”麦芽風味、メーカーテイスティングコメントでみられるトロピカル表現(以下参照)に該当する、オークフレーバーもあるはありますが、これは公式が過剰に使いすぎ疑惑。フレッシュトロピカルでパパイヤでマンゴーは果たしてどうかと。。。
先に書いたように口に含んでももたつくところが、求めているのはもっとこう分かりやすい、パッと広がるような美味しさなんですよね。

一方、クライヌリッシュ・リザーブは、日本だとなぜか強気の価格設定ですが、イギリス等ではオフィシャル14年とほぼ同額なリリースだったりします。
香味の印象に加え、外的要素からも推察すると、10年程度の若い原酒をベースに樽感でそこを補うように仕上げたカスクストレングス仕様ではないかと。ただし、最近オフィシャルでクライヌリッシュのカスクストレングスなんてモノはありませんでしたから、お土産用のボトルとしてなど、現地価格でならアリかなぁとも感じています。

Screenshot_20200311_020942