カテゴリ:
IMG_20190601_174017
BLACK NIKKA 
Deep Blend 
NIGHT CRUISE 
LIMITED Bottled in 2019 
700ml 45% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★(5)

香り:若さを感じさせる酸と刺激のある香り立ち。時間経過でチャーオーク系の濃い樽香。キャラメルのような甘味に、樹皮や炭を思わせる焦げた木材。黒土系のピート、スモーキーなアロマも開いてくる。

味:香りで感じた刺激よりはマイルドで、粘性のある口当たり。香り同様にチャーオークのほろ苦さと甘味、舌に張り付くような濃さのあるフレーバー。キャラメリゼ、焦げたパン、青みがかった柑橘の酸。
余韻はピーティーでスパイシーな刺激、微かな塩気のコクを伴うビターなフィニッシュ。

一言で特徴を言えば、10年くらい前のニッカ製品を思わせる無骨さのあるウイスキー。濃いめのチャーオーク香と、存在感のあるピーティーさ。主たる原酒は多少若く、樽由来の香味の奥から荒らさや刺激も伴うが、少量加水するとオーキーな樽香とピートの裏にモルティーな風味が瞬間的に開く。荒削りだが長く楽しめる作りである。

IMG_20190601_174053

ブラックニッカシリーズの限定品、第6弾(ブレンダーズスピリットの2作を1つにカウントすると、第5弾)。
「またかい。」
今回のリリースのニュースを見てそう思った愛好家は、きっと自分だけではないでしょう。そもそも前作エクストラスイートの時点で、やりすぎ感が漂っていたにも関わらず、スーパーニッカでもフロムザバレルでもなく、またしてもブラックニッカ推し。ここまでくると、上位グレードをいじれるだけの熟成した原酒の余裕が無いのかとも思ってしまいます。(低価格でこれだけ味のバリエーションが楽しめるのは、他のメーカーにはない魅力とも言えますが。。。)

そのブラックニッカ・ナイトクルーズですが、ブレンドの特徴はなんと言っても濃いめの樽感と角のとれたピート香です。
前作エクストラスイートでは、10年以上熟成した余市と宮城峡原酒を効かせて、全体的なボリュームアップを狙いとしていたわけですが、樽香はソフトなバニラ系が主体でスウィートなタイプでした。

一方、今回もキーモルトである余市原酒の熟成年数は10年以上としつつも、先に触れたようにチャーオーク系の色の濃い甘さとビターなフレーバーが増して、濃厚さが強調されています。
またピート香で言えば、ヘビーピーテッド仕様の同原酒が良い仕事をしていますね。これまでのリリースではクロスオーバーがそれを際立てていたブレンドでしたが、今作の場合は俺が俺がと強く主張するものではなく、濃い樽感からじんわりと、しかし濃く広がってくるようなイメージに仕上がっています。

個人的に、この華やかさとは異なる無骨な系統のフレーバーは好みであるとともに、10年くらい前のニッカのブレンデッドを思い出させる構成であります。
たられば話ですが、もし原酒が潤沢だった10年前にディープブレンドがリリースされていたら、こういう味で売り出されていたのではないでしょうか。ナイトクルーズは評価が分かれている、という話も店頭で聞きましたが、もともとニッカのブレンデッドは、華やかでスウィートな響などのブレンドと異なり、好みの別れる強い個性が売りでもあります。
今回のナイトクルーズの評価は、昔のニッカ味であればこそ。一夜の夢の如くブーム前の時代に戻ってきたようでもあるのです。

IMG_20190602_181437

視点を変えると、使われているであろう若い原酒故、香味の粗さがどうしても感じられますが、これは時間をおいておくと特徴が開いて多少改善されます。
グラスに入れながらレビューを書きつつちびちびやっていたところ、その粗さが慣らされていくような、良い方向への変化がありました。「読書をしながら飲むのに最適」というPRは、時間をかけて飲むという意味でなるほどとも思えます。

一方で、メーカー推奨のロックは、樽香が薄くなり酒質部分の変化はわかりやすいものの、ボディの軽さが目立つというか、ベースとなった原酒の土台部分が脆い印象もあります。
これでボディを支える厚みと奥行きのある原酒が使えていれば。。。ってそうなるともうブレンダーズスピリットクラス、あるいは今の原酒事情で実現可能なブラックニッカの枠を越えてしまうのでしょう。

ただハイボールは逆にその軽さが飲みやすさにつながり、ほのかなスモーキーさと樽香がアクセントになって、食中酒としても使いやすかったです。通常のディープブレンドより熟成の長い原酒を使っているためか、まとまりが良いのも飲みやすさに繋がっているように感じます。
贅沢を言えばヘビーピート原酒の存在がわかりにくくなるため、これからの季節は冷凍庫等でしっかり冷やしてから濃いめで作るのがオススメです。