カテゴリ:
LAGAVULIN
Aged 8 years
Release 2018
700ml 48%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR飲み@アポロニア ほか
時期:開封後数日以内
評価:★★★★★(5-6)

香り:シャープな刺激と燻した麦芽、ヨード、乾いた植物と若干根菜のような土っぽいニュアンスを伴うピート香。その奥には若さに通じる乳酸を思わせる酸味も感じるアロマ。

味:柔らかい口当たりだが、エッジの立ったシャープなピートフレーバー、ほのかに焦げた木材、魚粉のようなニュアンスもある。余韻はスモーキーでピーティー、シトラスなどの柑橘香。ウッディな渋みを微かに感じる、やや刺々しいフィニッシュ。 

シャキッとピーティーで若くフレッシュな香味だが、はっきりとした主張がありつつもどこか柔らかさというか香味全体のつながりを感じる。度数がそこそこあるのでハイボールにするとちょうど良い。夏向きの一杯。なおメーカーコメントのトロピカルフルーツは。。。

本国では昨年11月発売で、ラガヴーリンの通常ラインナップに新たに加わった8年仕様。 日本では5月のバーショー会場で正規品が初お目見えだったそうですが、元々は2016年にラガヴーリン蒸留所200周年記念でリリースされたものがベースとなっており、それもまだ店頭で販売されてることからあまり新しい感じがしなかったり。
今後は8年と16年が1年を通じて、そしてダブルマチュアードと12年が年に一度の限定品としてリリースされることになります。

リリースの位置付けは、プレーンオーク系の熟成と若い原酒ならではのピーティーな香味がはっきりとしていて、樽の効いた16年や、適度な熟成感がある12年とは違う魅力を感じる構成。通常より5%高い48%とする設定も、若いアイラモルトらしい香味を楽しみやすい丁度いい設定だと思います。

さて、このような素性のボトルとなると、やはり気になるのが2016年リリースの200周年記念8年と、今回新たにリリースされた8年の香味の違いについて。
価格は2000円ほど200周年の方が高いものの、記憶する限り明確な違いがあるように感じられない。。。
実際に比較してみても、200周年の方が飲み口でコクが感じやすいように思うんですが、それも開封してからの時間差と言われればそこまで。少なくとも、香味のベクトルに大きな違いはないように思います。

当時とのレートの違い。。。にしては大きな差。原酒のロットも違うでしょうけれど、ポジティブに考えれば同じクオリティのものが安価に入手出来るのは良しとするべきでしょうか。