カテゴリ:
HIGHLAND PARK
SAMAROLI "COILLTEAN"
Aged 18 years
Distilled 1978
Bottled 1996
700ml 45%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:やや青みがかった淡い樽香、洋梨やアロエ果肉、蜂蜜とバニラの甘み、奥からスモーキーなピート香。ナッツの香ばしさ、スワリングで干し草のような植物感もある。

味:コクのある口当たり。蜜っぽい甘みは蜂蜜檸檬、麦芽風味、乾いた牧草、青みがかった甘さのアクセント。徐々にスパイシーなオーク、ボディが厚く、奥行きのあるフレーバー。
余韻は染み込むようにピートが広がり、スモーキーフレーバーが強く感じられる。

恐らく2nd〜3rdフィルあたりのアメリカンホワイトオーク(シェリーカスク)             の熟成か。やや青みがかったプレーンな樽香に、ハイランドパークらしい甘み、麦感、スモーキーさと酒質ベースの味わいが楽しめる。少量加水すると華やかなオーク香、甘い麦芽風味が引き立つ。


BAR Y's Land IAN ウイスキーラバーズ名古屋出展ボトル。先行テイスティング会でのテイスティング。

昨年故人となってしまったサマローリ氏が、まだ現役だった時代のハイランドパークボトリング。近年、ハイランドパークはボトラーズに原酒を売らなくなってきていて、特に長期熟成原酒は益々貴重にという話も業界サイドから聞くところ。そう言えば70年代蒸留のそれは久しぶりに飲んだ気がします。

今回のボトルの特徴は45%加水でありながら残るボディの厚み、酒質由来の味わいの強さでしょうか。うまい具合に加水が効いて、飲み口のバランスは熟成年数以上に良いですね。
60年代に続き、70年代のハイランドパークは評価の高いボトルが多いわけですが、この酒質で良質なシェリーカスクなどが組み合わされば、混ぜても加水でも単一でも旨くなるよ、という土台の良さを学ぶことができるボトルだと思います。

なお、伝聞情報ですが、当時のサマローリはケイデンヘッドから樽(原酒)を買っていたとのこと。
同時期のケイデンヘッドのリリース、グリーントールのオーセンティックコレクションも今回のように酒質ベースで樽感の淡いものが多く、それを加水で出したかカスクストレングスで出したかという、納得できる共通項も感じられました。