カテゴリ:
IMG_5250
GLENMORANGIE
10 YEARS OLD
Single highland malt
1980-1990's
1000ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:軽やかでドライな香り立ち。干し草やニッキ、微かにハーブを思わせるスパイス香、蜂蜜、ウッディなアロマに少し生っぽいニュアンスが混じる。時間経過でドライオレンジやレモンピール、麦芽香も開いてくる。

味:コクのある口当たり。バニラ、蜂蜜、少し硬さのある洋梨を思わせる甘みから、じわじわとほろ苦い麦芽風味、干し草っぽさ、微かに青みを帯びている。
余韻は心地よい刺激を伴い、ほろ苦くビター。乾いた麦芽、木の削り屑、柑橘のワタ。染み込むように長く続く。

乾いた木の樽香と麦芽風味主体。やや野暮ったさ、言うならば磨ききれていない要素もある印象だが、それがいいと言えるオールドスタイルのモルト。
ストレートはゆるくのんびり楽しめるだけでなく、ハイボールが良好。ソーダがウッディーな香味を引き伸ばし、適度に厚みのある酒質がバランスの良い飲み心地にも繋がっている。宅飲みハイボーラー。

IMG_5253

1960年代から1990年代初頭までリリースされていた、グレンモーレンジの「10年表記」ラベル。
デザインが時代時代で大きく変わるので一目瞭然ではありますが、10年、TEN、そして現行品のオリジナルと系譜が続いているボトルで、今回のボトルは10年表記時代の末期、1980年代後半から1990年ごろにかけてリリースされていた1本です。

この頃のボトルは日本の正規業者である国分が精力的に展開したため、市場流通量の多いボトルでした。今でもグレンフィディック、カーデュー、グレンリベットなどと並んでBARや国内オークションで見かけることの多いオールドボトルです。
絶賛高騰中のウイスキー市場においても時に現行品と大差ないお手ごろな価格で手に入るだけでなく、そのポテンシャルはお値段以上二○リ。宅飲みで使うにはうってつけです。
酒質は程よい厚みのある甘さ、そこに綺麗なオーク香で華やかな・・・というには荒削りで、ニッキやハーブなどスパイスを思わせる香味が主張する。グレンモーレンジの素に近い姿、例えるなら田舎っぽさの残る味わいが、テイスティングの楽しさに繋がり、逆に魅力であるわけです。

グレンモーレンジ10年の香味は、これ以上古いボトルになると麦芽由来のフルーティーさが強くなる傾向がありますが、今回テイスティングしたボトルあたりから現行品に至るまでは同じベクトル上にあると感じます。
その中で、現行品のグレンモーレンジ・オリジナルは「野暮ったさ」あるいは「田舎っぽさ」と感じる要素がが少なく、洗練されて都会的で綺麗で華やか。
飲み比べてみると、メーカーが求める方向性や、酒質の変化がわかりやすく、ただ美味しさの違いだけではない、時代での変化を見る上でいい経験になると思います。