カテゴリ:
IMG_4551
BOWMORE
THE FEIS ILE COLLECTION 2017
Aged 19 years
Distilled 1998
Bottled 2017
Cask type 1st fill Sherry punchon
700ml 54.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅(借り物@マッスルKさん)
時期:開封後1ヶ月未満
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:リッチでバタークリームのような濃厚な甘さを感じる香り立ち。スワリングするとレーズンやドライクランベリーの酸味、あわせてほのかにゴムっぽい癖、焦げた木材のような苦味、煙っぽさもある。

味:ややベタつきのある甘く濃厚な口当たり。ピリピリとしたハイプルーフらしい刺激と共に、レーズンバター、魚介系ダシ、たまり醤油、中間から焦げた木材やキャラメリゼのほろ苦さとスモーキーさが開く。
余韻はスモーキーで徐々に口内の水分が奪われドライに。ドライプルーン、アーモンド、ゴムっぽさとダシ系のニュアンスのまま長く続く 。

ねっとりと濃厚で甘いシェリー感の奥にスモーキーフレーバー。圧殺気味だが、近年リリースの中ではシェリー感に特筆すべき点がある。 
一口目は良いが、途中で水か、パンか、何かを間に挟むことで美味しさが継続する。時間経過で果実味が香りに開くようでもあり、開封後の変化も見逃せない。 飲み方はストレート、あるいは極少量の加水で。加水するとシェリー感のバランスが良くなると共に塩気が感じやすくなる。


アイラフェス2017を記念し、ボウモアからボトリングされた1本。熟成庫はお約束のヴォルトNo.1。フェスに参加した現地組関係からの情報で、前評判の高かったボトルでもあります。
その中身は非常に濃厚なシェリー系で、ベリーやレーズンなどの果実味を伴う部分が好印象。香木感はそれ程出ていませんが、この濃厚さはスパニッシュオークのカスクでしょう。
こうしたカスクがボウモアに限らず増えてくるのは、シェリー樽好きにはたまらなく嬉しいことでもあります。

一方でこのシェリー感、なるほどこれは確かに、と納得する部分でありつつも、ボウモアらしさとも言えるフルーティーさは圧殺気味。1998年、99年蒸留のボウモアは樽と合わせてフルーティーさが強くでる傾向にあるのですが、そうした酒質との バランスでは少々アンバランスだと感じました。
この辺は飲み手がボウモアに求める姿、キャラクターや見解の相違もあります。自分の感覚では厚化粧しすぎかなという印象でしたが、基本的には美味しいボトルなので、高く評価される方も多いでしょう。例えばモルトマニアックスでの高評価は待った無しだと思います(笑)。


ボトラーズ含めボウモア全体のリリースを見ていると、80年代に比べ、90年代のボウモアにはシェリーカスクが増えているように思います。
あくまで推測ですが、サントリー山崎など、シェリーカスクでこうした濃厚なタイプが多くありますから、樽の出どころとして同資本だけに共通するところがあったのかもしれません。

ただ、一部に共通するのが硫黄とは違うゴムのような癖を伴うケース。このボトルも例に漏れず、そのキャラクターが若干感じられます。
恐らく、樽の香味としてはそこまでゴム系ではないのでしょうけれど、ボウモアのピートやヨードなどのニュアンスがシェリー樽のウッディさと組み合わさって、そう認識されてしまうのかなと思います。

余談ですが、ボウモアのアイラフェスボトルはハンドフィルでその場で詰めて販売していたそうですが、今年はボトリング後のものが販売されていたとのこと。 
まあハンドフィルと言いつつそうした体制で販売している蒸留所も少なからずありますから、時間が短縮出来るのは良いこととしても、自分の手で詰められないのはちょっと寂しいですね。