カテゴリ:

GLENFIDDICH  
Pure malt  
Over 8 years  
1970-1980's  
43% 760ml  
評価:★★★★★★(6)

香り:洋梨や林檎の品の良い爽やかなフルーティーさを伴う麦芽香、乾いた藁、オーク、ほのかに粘土のような土っぽい香りもある。
意識すると奥にパフューム香があるような気もするが、基本的には気にならない。

味:スムーズな口当たり、香り同様の構成で基本的には麦芽風味主体だが、すりおろし林檎や洋梨、レモンクリーム、徐々に生姜を思わせるスパイス。
フィニッシュは麦芽風味であっさりとしている。
少量加水で華やかさが更に開く。ライトだがいい意味での雑味があり、薄い印象はない。


1970年代後半から1980年代前半にかけて流通したボトル。
これもまたいかにもグレンフィディックという味のグレンフィディック(笑)。
特にこの頃のボトルからは流通量が多く、コクやフレーバーの強さは年代で異なるものの、香味の本質的なところが変わらないまま現行品に至るのは、蒸留所のハウススタイルが大きく変わっていないという特筆すべき要素です。
派手さは無いですがしっとりした旨みと華やかさ、ハイボールにすると華やかなオーク香が際立ち、ややオーキーですがゴクゴク飲めてしまいます。
1杯目のシングルモルトとしては丁度いい味わい。オールド市場の流通量が豊富で手ごろな価格で手に入るのも魅力です。

1970年代からの同グレードのスペック遍歴としては8年→10年、8年、ノンエイジ→10年、ノンエイジ→ノンエイジ→12年という形で現在に至る。特に1980年代初頭は3種類がリリースされており、ビンテージで時代を推察するよりもラベルデザインでの判別も合わせて必要となります。
また、1970年代ごろにはボトルが足りなかったのか、ブレンデッドウイスキーのグランツ用のクリアボトルにボトリングされて出荷されたロットもたまに見られます。

ちなみにグレンフィディックの1960年代蒸留には超絶パフュームが備わっていることも有名で、時期的に8年表記のフィディックには使われている可能性が高いですが、今回のボトルはそうした要素は感じられませんでした(探せば奥の方に微かにあるかも…くらい)。
不安な方は10年を買われたほうが良いと思います。