カテゴリ:
借りたボトルは基本的にはすぐにコメントを挙げるように心がけているのですが、このボトルはだいぶ遅くなってしまいました。Kさん、申し訳ないです。
 
理由はジャパニーズの大波が来てしまったことと、どシェリーだったので涼しくなるまで待ちたかったということもあります。
先日まで降った大雨は一気に秋の気配を連れてきてしまいました。
そろそろ夜の空気もイイ感じになってきたので、このボトルのテイスティングをUPです。


BALVENIE
Warehouse No,24
Duty Paid Sample
13 years old
Bottled 2014 Sept
Cask No, 11270 1st fill Sherry Cask
200ml 59.6%
c73a1dcd
 
評価:★★★★★★(6)

香り:ねっとりと濃厚なシェリー香。プルーン、黒砂糖、アルコールのヒリヒリ感、微かにえぐみを伴うウッディネス。温度が上がってくるとえぐみ、焦げた香りが強くなってくる。

味:濃厚でパワフル、甘酸っぱい口当たり、レーズン、プルーン、アプリコットなどを煮詰めたダークフルーツソース。中盤から乾いた木の香り、ピリピリとした若い刺激が強くなる。
シェリー感は良いが酒質として若干アンバランスさはある。余韻は長く、ウッディーでしっかりとしたシェリー香。


先日投稿した、バルヴェニーの蒸留所限定ツアー参加後に、ハンドボトリングが許されるサンプル。そのシェリーバットタイプ。味はいわゆるどっかんシェリー系。
バーボンバレルのほうは若さが目立つ印象でしたが、こちらのボトルもまた若さはあるものの、濃いシェリー感が上から覆い被さっており、一見するとフレッシュなシェリー系と言えなくも無い出来です。
しかし飲み進めて行くと、フレーバーを覆っていたシェリーの膜を、若いトゲトゲしさが貫いて味蕾に届いてきます。
 
「これが若さか・・・」

っていうか、バルヴェニーの酒質がこうなんでしょうね。
10年そこそこじゃ丸くならない、ある程度の長期熟成や、ボトリング時にバッティング加水してこそ生きるタイプ。

シェリーの傾向は山崎のシェリーカスクや一時期のカヴァランと共通する濃さと味わいがあり、シェリーそのものの嫌みも少なく、濃厚民族も満足。
バーボンバレルのほうのサンプルは「これが特別なサンプル?」という感じでしたが、シェリーはまだ納得出来るレベルでした。

※途中で寝落ちしてしまったため、編集途中の記事が上がっていました。一部記載を修正しています。(9/12 12:00)