カテゴリ:
有名どころシェリー系ウイスキーの値上がりが著しいなかで、まだなんとか踏みとどまってくれているのがグレンファークラス。まさに庶民の味方、好感度急上昇中です。
ただ、シェリー樽の関係からどうしても最近のファークラスはバランス型になっています。
濃厚でスモーキーでたっぷりシェリーなファークラスが恋しくなるのが濃厚民族ってヤツですが、そんな方々にオススメなのが、このちょいオールドなグレンファークラスです。

GLENFARCLAS
30 Years Old 
1990's
43% 700ml

IMG_1844
 
評価:★★★★★★★(7)
 
"カラメルやプルーン、ベリーを思わせる濃厚な甘さで艶のある香り。徐々に香ばしい麦芽香。オロロソシェリーのニュアンスも微かにある。
口当たりはスムーズで甘く、レーズンやリンゴのカラメル煮、葡萄の皮、後半にかけてはビターでスモーキー。フィニッシュは適度なタンニンが口の中にしみこみ、長期熟成を思わせるウッディネスと芳醇な甘さ、スモーキーさが長く続く。"


1990年代流通の30年もの。中身は単純計算マイナス30で1960年代蒸留。
しかもこの当時はモルトブームのはしりの時期であり、上位ランクに40年が無かったので、かなり長熟な原酒も30年に使ったものと思われます。
実際、同時期の25年モノも1本抱えて飲みましたが、味の方向性は同じながら、深みやコクという点では段違いでした。

そして極めつけは、まさにファークラスマジックここにありという、スモーキーさとシェリー感がしっかりあること。ファークラスマジックは角瓶時代まで、なんていう評判も聞きますが、いやいやこの30年も中々。むしろ中途半端な角瓶時代よりも、たしかなまんぞくを感じます。
 
ちなみになぜこのボトルがオススメなのかというと、1980年代以前の角瓶ファークラスは競争率が高いところ、1990年代流通のダンピーボトルは、流通量の多さもあってまだちょっとしたチェーン店風の酒屋なんかに転がっていたりします。
オークションのほうは注目され始め、値段が上がってきていますが・・・実際このボトルも最近実店舗で複数本購入することが出来ました。

安く抱えたBARも多いと思うので、このグレードとしてはお財布にもやさしいボトルだと思います。