カテゴリ:
ラベルだけでテンションが上がるボトルの1つ。
シェリフ社時代のボウモア、シップラベルではないほう。

ボウモア 7年
シェリフ社 1960年代流通
43% 75CL


評価:★★★★★★(6)

「ひっそりした香り立ち、口当たりも柔らかく、
麦芽、パイナップル、徐々にピート香、実に優しい味わい。」

60年代ボウモアとは違う構成に驚かされます。
持ち寄り会でのコメントなので簡素ですが、またじっくり飲みたいボトルです。

シェリフボウモアの流通時期は1960年代前半まで、
中身は1950年頃蒸留のボウモアということになりますが、しみじみ系で予想外な地味さ。
オールドにありがちな香味が抜けてくすんだような状態ではありませんでしたが、
元々フェイクの多いボトルです。あまりにしみじみだったので、
ホントにこれはボウモアかという議論も仲間内であったくらいでした。

ただ黒ダンピー時代のボウモアとの共通点があり、まぁそうなんでしょうと。
飲みやすいブレンデット用の原酒が求められた時代だけに、
ボウモア蒸留所の苦労がうかがえます。

しかし・・・トロピカルを期待して買っていたら、卒倒モノだなぁ。
美味しいは美味しいんですけどね。

余談:裏ラベルに日本の業者シールがw
従価表記も特級表記もなく、イタリアで1960年代から過ごした後、
1990年以降に日本に入ったと思われる面白い経歴の持ち主でした。