嘉之助シングルモルト 4年 2018-2022 TWC向け 58% ジャパニーズトレイル

カテゴリ:
kanosuke_single_malt

KANOSUKE DISTILLERY  
SINGLE MALT WHISKY  
JAPANESE TRAIL for THE WHISKY CREW 
Aged 4 years 
Distilled 2018 
Bottled 2022 
Cask type Re-Charred American Oak Cask(MELLOWED KOZURU)
700ml 58% 

評価:★★★★★★(6−7)(!)

香り:杏や干し柿、あるいはアップルタルトのような甘酸っぱさとほのかな香ばしさを伴う濃縮したオーク香。微かなハーブ、ビタミン剤。充実した香り立ち。

味:リッチでメロー、粘性を伴う口当たり。香り同様の甘酸っぱさに、キャラメリゼや甘栗の甘みとほろ苦さ、じわじわと華やかなオークフレーバーが合わさって広がる。余韻はスパイシーでドライ気味、やや荒削りではあるが、香り同様に濃厚で充実した余韻。

リチャー樽だが、メローコヅルの熟成に使われたことで樽材がこなれており、新樽等にみられるえぐみや渋味といった要素が抜け、オークフレーバーの良いところが濃縮されている。フレーバーはバーボン樽と新樽のいいとこ取りという印象で、少量加水するとオーキーな華やかさが前に出てくる。
嘉之助蒸溜所のハウスタイルを体現しており、最初のピークを迎えた原酒。2021年発売のシングルモルト1st リリースからみれば、原酒の成長も感じることができる。

kanosuke_ura

Whisk-eが運営する、会員制(紹介制)のウイスキー販売サイト「THE WHISKY CREW」がリリースを始めた、JAPANESE TRAILシリーズの第一弾。
同シリーズは、現在日本各地で造られているクラフトウイスキーに焦点を当て、各蒸留所に足を運び、その蒸留所の個性や特色を体現するリリースを行うことで、日本のクラフトウイスキーの現在地を発信していくという意欲的な企画になります。

私自身、最近クラフト蒸溜所に注目して、類似の取り組みをプライベートで行っていたり、THE LAST PIECEをはじめ関連するリリースに関わったりもしていましたので、Whisk-eさんの企画が今後どんな広がりを見せるのか、注目していきたいと思っています。

japanese_trail_kanosuke

その記念すべき第一弾の嘉之助蒸溜所は、同社のルーツともいえる熟成焼酎メローコヅルの空き樽で、蒸溜所創業初期の原酒を熟成した、シングルカスクウイスキー4年熟成品です。

メローコヅル樽熟成の原酒は、同社における最重要原酒と言って差し支えありません。これまでリリースしてきたシングルモルトシリーズでのキーモルトであり、特に1stリリースの主たる構成原酒でもあります。
「リッチでメローなウイスキーを作る」というのが同蒸留所 小正社長の目指すウイスキー像であったところ、それを見事に体現した仕上がりに唸らされました。

いやいや言うて4年熟成でしょと、大袈裟だなと思う方も居ると思いますが、熟成年数からイメージする時間経過での変化はスコッチの4年ではなく、バーボンやテキーラのそれに近い印象を受けます。
元々嘉之助蒸溜所の原酒は酒質や熟成環境から長期熟成向きではなく、5年程度でピークを迎えるだろうと予想されてはいましたが、いい意味で予想通り。樽感は過度な渋みや枯れ感なくメローで豊かな甘みと華やかさがあり、クリアで柔らかい酒質は短熟ながら樽感に馴染んで、ウイスキーとしてほぼ完成しつつあるのです。

勿論、5年以上熟成させることも出来ますが、この樽であれば後2−3年熟成させると甘みが減って渋み、苦味が強くなっていくような変化が予想され、逆にこれ以上若いとまだカドが尖っていていて、完熟というにはもう少し時間がかかる。
その点で、このTWC向けリリースは、蒸留所が目指すハウススタイルの一つにして、最初のピークを迎えていると言える原酒。「ジャパニーズトレイル」のコンセプトにも合致して、これはリリース第一弾にふさわしい樽を選ばれたなと、飲んで本当に驚かされました。

IMG_4162
(嘉之助蒸溜所、メローコヅル樽の一部。樽のサイズは所謂パンチョンサイズで約450リットル程度。バーボン樽とは異なる熟成感が面白い。)

IMG_7022
(同じメローコヅル樽熟成原酒としてリリースされている、アーティストエディション、3年熟成。今回のTWC向けと同じ傾向だが、こちらの方が約1年若い分、はつらつとして酒質のカドが取れきれていない印象を受ける。)

なお、このTWC向けの嘉之助シングルカスクは、約550本のボトリングでありながら発売後10分足らずで完売するという嘉之助蒸溜所への期待値の高さが窺える、驚愕の結果となりました。
自分が知ってる限り、事前に飲めたとかサンプル配布があったとかそういうことはなかったにも関わらず、初動でこれだけ在庫が動く・・・いやほんと、凄いですね(語彙力)。

一方で、今回のリリースが嘉之助蒸溜所の突然変異やスペシャルな原酒だったかといえばそうではなく、あくまでスタンダードなものだと言えます。
それに今回の原酒は蒸留開始初期のものであり、まだ熟成した原酒からのフィードバックを仕込みや蒸留工程に加えていない時代のものです。つまり、今後も嘉之助蒸溜所からは今回のものと同等のクオリティ、あるいはそれ以上のものがリリースされてくると言えるわけです。

先日、小正社長とスペース放送をした際も「今後はさらに良い原酒が仕上がってくるので、期待してほしい」と、熱く語られていました。
実際、それはそうだと思います。
今回はあくまで最初のピーク、蒸溜所として発展途上中の現在地。そのハウススタイルを認識し、今後が益々楽しみになる、なんだか前向きな企画に思わずニンマリ、口角が上がってしまいました。
嘉之助蒸溜所の今後のリリース及び、ジャパニーズトレイルの次回作も楽しみにしております。

IMG_4247

ウイスキー放送 嘉之助蒸溜所 小正社長を迎えて OKIBA -ON AIR- 8th 6/1(水)21:30~

カテゴリ:
OKIBAONAIR8th

本スペースは、5月25日21時30分から開催しておりましたが、立ち上げから複数回のサーバーダウンがあり。開催できない状況と判断したため、日程を改めて6月1日(水)21時30分~開催させて頂くこととしました。
全開の日程での参加を予定されていた皆様、誠に申し訳ございません。

なお、1週間時間が経過したことで、一部状況が変わっておりますので、内容も合わせて変更し、放送させて頂きます!改めましてよろしくお願いいたします。!


OKIBA -ON AIR- 8th
嘉之助蒸溜所 小正社長を迎えて
日時:6月1日(水)21時30分~

ホスト:くりりん(https://twitter.com/WarehouseWhisky
ゲスト:嘉之助蒸溜所(小正嘉之助蒸溜所(株)) 小正芳嗣 社長

放送URL:https://twitter.com/i/spaces/1gqxvlVEVRjGB
※21時25分ごろからルームに入場できます。
※Twitterアプリをインストールし、アプリで開くと確実です。
※質問はDMで受け付けておりますので、ホストアカウントまでメッセージをお願いします。放送中に送って頂いても、適宜話題として活用させて頂きます。
※放送終了後から24時間、アーカイブを残しますので、以下URLから録音データを試聴することも出来ます。

■対談内容:

・小正社長のご経歴等ご紹介。
・小正醸造(株)がウイスキー事業を始める前。熟成焼酎の先駆けとなるメローコヅル物語。
・ウイスキー事業を始めるきっかけと苦労。
・嘉之助蒸留所創業までの流れ。各種設備の紹介。
・ウイスキーを作り始めてわかったこと。鹿児島の環境や日本でウイスキーを作ることの難しさ。
・嘉之助蒸留所のハウススタイルとは。
・5年目を迎えて振り返る、創業初期に考えていたウイスキーのスタイルと、今熟成した原酒を飲んで思うこと。
・今後のリリース予定やウイスキー事業の計画・・・など。

■放送時参照資料:
スペース放送はラジオのようなフリートーク形式となります。そのため、話だけでは分かりにくいところもあるかと思いますので、以下の画像や補足説明を参照しつつ、イメージを膨らませて楽しんでいただけたらと思います。

IMG_4209
※嘉之助蒸溜所の概要
1883年創業の焼酎メーカー小正醸造によって2017年11月に創業。小正醸造は1951年に日本で初めて樫樽による熟成焼酎メローコヅルをリリースするなど、九州では先駆者的な存在であった。

・2016年 5月 ウイスキー製造計画に伴い、関係者がスコットランド研修。
 ストラスアーン蒸溜所で製造研修、その他スコットランド各地で蒸溜所を見学。
・2017年11月 蒸溜所完成。蒸留は2018年から開始。
・2018年11月 メローコヅル樽熟成のニューボーン(同年2月蒸留)をリリース。
 ※その後も限定品を継続してリリース。
・2019年3月 ニューメイクがWWAでカテゴリーウィナー。
・2021年6月 シングルモルト1stリリースを発表。
・2021年8月 ディアジオ社との提携に伴い、小正醸造(株)から小正嘉之助蒸留所(株)に分社化。
・2021年11月 シングルモルト2ndリリースを発表。
・2022年4月 シングルモルト3rdリリースを発表。TWSC2022でシングルモルト1stが最高金賞を受賞。

kanosuke_top
※嘉之助蒸留所の外観写真、蒸留所&ビジターセンター内装など。鹿児島県西部・吹上浜の最寄り、ほど近い場所に、近代的な設備を伴い嘉之助蒸留所は2017年に創業した。蒸溜所は「日本で一番美しい蒸溜所」と言われ、蒸留設備はコンパクトだが、非常に機能的な配置となっている。

kanosuke_distillery
※見学コースで見ることが出来る各種設備及びパネル。小正社長がパネルを背景に説明しているのは、今後の構想…ではなく、先代社長が熟成焼酎メローコヅル専用蒸留所計画(神之川構想)として1970年代に打ち出したもの。結果的にこの計画は形にならなかったものの、時代を経て、奇しくも当時の青写真に近い形でウイスキー蒸溜所が操業することとなる。

マッシュタン(写真左下)のサイズは6000リットル。糖化に当たっては水の投入回数が2回であり、独自の工夫もある。発酵槽(写真右下)はステンレス製で機能性を重視し、フロアに埋まる形になっているため、なんだかもぐらたたきのような不思議な外観となっている。酵母のメインはウイスキー酵母だが、最近は酵母の発酵状況や時間をコントロールするためのノウハウを蓄積していっている。

kanosuke_pot

※嘉之助蒸留所の顔とも言える、3機のポットスチル。左が初留(6000リットル)、右が再留(1600リットル)。中央(3000リットル)は初留・再留どちらにも使うことが出来るスチルであり、大きさだけでなくラインアームの角度も異なるため(水平、80度、100度)、スチルのサイズと形状の違いを使って原酒の造り分けを行っている。

kanosuke_warehouse
※嘉之助蒸溜所 ウェアハウスの外観。写真からは見えないが、同様の大きさのものが合わせて3棟あり、さらに熟成場所を拡張しつつある。写真を見るとわかるように、実は丘を削る形で半地下構造。ラック式で既に多くの樽が眠っている。

kanosuke_cask

IMG_4225
※嘉之助蒸溜所のハウススタイル(本流の個性)ともいうべき熟成焼酎メローコヅルのリフィルカスクに加えて、シェリー、バーボン、ミズナラ、ワイン、マディラ、カルヴァドス、IPA…等、多様な樽が見られる。なお、シェリー樽は500リットル前後のシェリーバットと、250リットルのホグスヘッドタイプのもの(どちらも黒塗り)があり、熟成の変化にも期待できる。

hioki_cask
※嘉之助蒸溜所の設備ではなく、日置にある焼酎蒸留所の設備を用いて造っている日置グレーンの熟成も、蒸留所敷地内のウェアハウスで行われている(また、最近ではR…うわまてやめろ)。HGはハード〇イではなく、日置グレーンの略。既に2年熟成以上を経たグレーンがあり、ウッディで風味の強いブラウンスピリッツに成長している。
このグレーンを用いて、ゆくゆくは初のクラフトジャパニーズブレンデッドの誕生も計画されている。

kanosuke_bar
※嘉之助蒸留所ビジターセンターの目玉とも言えるメローバー。アメリカンチェリーの1枚板で作られた11mの長いカウンターから、吹上浜と東シナ海の水平線を眺めつつ、過去リリースやカスクサンプルなどをテイスティングする贅沢な時間を楽しめる。

年数回限定でリリースされる嘉之助シングルモルトは、
2021年にリリースされた1stは、メローコヅル樽原酒を主たる構成原酒とし、3年熟成原酒を複数バッティング。
2ndはバーボン樽原酒を主とし、メローコヅル樽やシェリー樽等の原酒をバッティング。香味からすれば共通点のある構成でもあるが、1stの方がメローな仕上がり。
2022年にリリースされるシングルモルト3rdリリース、はシェリー樽原酒を軸に仕上げており、共通する原酒を軸にしつつも、異なる個性に仕上がっている。

なお、現地でテイスティングした、創業初期蒸留(4年熟成)のメローコヅル樽熟成原酒は、柔らかくメローで、キャラメルや干し柿、杏、濃縮したようなオーキーさに微かなハーブやニッキなど、オリエンタルなスパイスのアクセント。
まさにピークを迎えようという嘉之助蒸留所の目指す個性を体現したような、素晴らしい原酒だった。

kanosuke_whisky
kanosuke_release
※嘉之助蒸留所の各種リリース(一部)。先に触れたように、様々な樽で原酒を熟成しているが、そのキャラクターは雑味が少なくクリアで柔らかい麦芽の甘み、それでいて熟成を経てフルーティーさを纏う。短熟向きのニューメイクであり、1年、1か月だけでも大きな変化がある。結果、熟成環境と合わせて4~5年で最初のピークを迎えると考えられる。

メローコヅル樽の場合、3年時点ではアーティストエディションのように酒質がやや強く残っている場合もあるが、4年以上熟成しているものは酒質の角が取れ、まさにメローでマイルドな風味に仕上がる傾向がある。
その点で、5月30日発売のWhisk-e リリース ジャパニーズトレイル (写真右)は、嘉之助蒸溜所のハウススタイルの最初のピークを体現するボトルとして、非常に期待できる。特に、メローコヅル樽原酒をキーモルトとした、嘉之助2021ファーストエディションが好みなら間違いないと予想。

また、王道的なキャラクターではないが、個人的にはIPAカスクもオススメしたい。IPAビールそのものでウイスキーを作ったんじゃないかと思えるくらいホップの風味、柑橘感の炸裂したIPA味のウイスキーだが、好きな人にはたまらない。
こうした探索的な位置づけにあるカスクのリリースも楽しみの一つ。

merrowd_kozuru
※小正醸造 メローコヅル エクセレンス
嘉之助蒸溜所のルーツたる、熟成米焼酎。発売に向けては色々これを飲まずして嘉之助モルトは語れない。
蒸留は3回、熟成は6年。香ばしさのある米と樽由来の甘み、麹香のアクセント。この焼酎の熟成を経た樽が、嘉之助シングルモルトの主要原酒に用いられ、他の蒸留所にはない甘味とまろやかさに繋がっている。

※参考:嘉之助蒸留所 PR動画。非常に美しく、それでいて歴史を感じさせる蒸留所であり、イメージを膨らませることが出来ると思います。


■最後に:
ウイスキー繋がりの知人に熱狂的な津貫&嘉之助ファンが数人居て、それこそ東京から日帰りで突発的に鹿児島旅行なんてやったりするものですから、何故そこまでするのか。。。と不思議に思っていました。
しかしそれは、実際に小正さんに会い、そして現地を訪問してみて、はっきりと理解することが出来ました。

ロケーションの良さ、考え抜かれた導線・美しく機能的な蒸溜所デザイン、設備は綺麗で近代的だし、小正さんを筆頭にスタッフの方々のホスピタリティも素晴らしいのですから、これはファンになるのもわかるよと。また、鹿児島の夜がまた食事も酒もいい感じなんですよね(笑)。
今後はウイスキー蒸留以外のプロジェクトも考えられてるそうで、今回の放送では是非その辺りもお話しを伺っていきたいです。

ウイスキースペース放送 飛騨高山蒸溜所 有巣代表を迎えて 5月22日(日)21時30分~

カテゴリ:

FullSizeRender

以下の日程でウイスキー・スペース放送を実施します。
今回は、岐阜県高山市で廃校を利用した蒸留計画を打ち出し、クラウドファンディングで約3500万円と大きな支援を集めている、飛騨高山蒸溜所(舩坂酒造)について特集していきます。

同蒸留所については、4月4日に記者会見が行われ、プロジェクトチームや蒸留所のロゴ、そして導入される設備については明らかになったところですが、創業者の想いや、どんなウイスキーを作っていきたいのかという点についてはあまり触れられていませんでした。
クラウドファンディングも佳境、いよいよ建設計画も本格的に動き出す今。これまでの流れを振り返ると共に、飛騨高山蒸溜所についてその中心人物2名をゲストに迎え、対談していきます!


OKIBA -ON AIR- 7th 
日時:5月22日(日)21時30分~


ホスト:https://twitter.com/WarehouseWhisky
ゲスト:
・飛騨高山蒸溜所(舩坂酒造)代表 有巣 弘城  
・T&T TOYAMA 代表 & 三郎丸蒸留所(若鶴酒造)マネージャー 稲垣 貴彦

放送URL:https://twitter.com/i/spaces/1PlJQayMMyvJE?s=20
※時間になるとルームに入場できます。
※Twitterアプリをインストールし、そちらで開くと確実です。
※今回の放送は、アーカイブ放送として30日間録音データが保存されます。
上記URLを開くことで、繰り返し再生することが可能です。聞き逃した方は是非ご活用ください。

■放送内容:
・飛騨高山蒸溜所建設計画の現在地、クラウドファンディングの状況、これまでの振り返り。
・そもそも蒸留所代表である「有巣弘城さん」って何者なんだろう。
・舩坂酒造が作ってる日本酒は?
・岐阜県高山市(飛騨高山)ってどんなとこ、何が有名。
・有巣代表が作りたいウイスキーとは、今後の計画は。
・リスナーからの質問受付、回答。

※放送中に質問を受け付けています。ホストアカウントまでDMでご連絡ください。


■関連記事
・クラウドファンディング受付ページ:https://www.makuake.com/project/whisky-hida/
・当ブログ特集記事:https://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1080181454.html


■参考資料
スペース放送と合わせてご確認ください。

hida_kurafan
※クラウドファンディングと蒸溜所建設計画告知記事。現時点で3450万、いよいよセカンドゴールが見えて来た。

arisu_distillery_m
hidatakayama_member
4月4日に行われた記者会見、プロジェクトメンバー:関連記事はこちら

funasaka_syuzo
hidatakayama_funasaka
※飛騨高山蒸溜所を操業する、船坂酒造。大吟醸四つ星など、今や品評会受賞常連となった銘柄は、有巣さんが着任された後でリリースされたもの。

hidatakayama
※飛騨高山の街並みとオススメ?グルメ。

hidatakayama_d
※蒸溜所建設が予定されている旧高根小学校後者と、建設イメージ。

IMG_7213
※クラウドファンディングのネクストゴール(3500万円)達成で復活を掲げる、高根小学校の桜並木。


ー以下、次回予告ー
スペース配信日:5月25日(水)21:30〜

この配信から3日後ですが、嘉之助蒸溜所 小正代表を招いてスペース放送を行います!
最近発表されたいくつかのリリース、あるいはディアジオとの提携、稼働から5年目を迎えて酒質や熟成環境として最初のピークを迎えつつある同蒸留所について、詳しい話を伺います!

FullSizeRender

このページのトップヘ

見出し画像
×