タグ

タグ:VAT69

VAT69 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
VAT69
FINEST SCTOCH WHISKY
1980's
750ml 43%

グラス:国際規格テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5)

香り:ピリピリとしたスパイシーさ、ハッカやメンソール、干草っぽい乾いた植物感。カラメル系の甘みはあるが、あまり奥行きのないクリアなアロマ。

味:やや若さを感じるドライでスパイシーな口当たり。干草、バニラウェハース、ハッカ、ほのかなヒネ感とべっこう飴を思わせる甘み。
余韻はドライでほろ苦いピーティーさ、ヒリヒリとした刺激を伴う。

若くてプレーン、荒さの残る原酒の要素にグレーン感強め。淡いカラメルっぽさが古酒に通じるニュアンスとなっている。少量加水すると刺激が収まりマイルドな飲み口となり、特にフレーバーの幅は広がらないが余韻は長く続く。


100種類のブレンドの試作の中で69番目のヴァッティングレシピが採用されたことから、ヴァッティングNo,69を略してVAT69とする名称が採用された銘柄。。。というのは1882年のことであり、今となっては由来である原酒構成も大きく異なる時代のこと。
1980年前後の構成原酒はグレネスクやロッホナガー、また作り手であるWサンダーソン社は当時DCL傘下であったため、同社の内陸系ブレンド向け原酒の融通を受けていたものと思われます。

ロッホナガーがキーモルトとしてピックアップされることの多い銘柄ですが、今回紹介する1980年代流通になると、ロッホナガーではなく個性の穏やかなグレネスクがメインとする説があります。
加えて比較的若い原酒を使っているのか、あるいはローランドタイプのモルトもベースに使われているのか、飲み口に軽さとひりつくような鋭さが感じられるようにもなり、それ以前の流通品とは大きくキャラクターが異なる印象です。

(VAT69の各年代ラベル別。左から、1980年代後期から1990年代、1980年代、1970年代の流通品。この3種の中では1970年代流通が熟成感と共に最もロッホナガーを思わせる、独特のピーティーな味わいを楽しめる。1990年代はボディ軽く、グレーン感も強い。)

(1970年代よりもさらにロッホナガーを主体的に感じられるのが、右側の1960年代流通コルクキャップ。麦芽風味と柔らかいピーティーさがこの時代の魅力。なお、同様のニュアンスはジョンベッグのオールドボトルにも感じられる。)

この70年代と80年代の違いに仮説を一つ立てるとすれば、1980年にVAT69のデラックス版、上位グレードとなるVAT69リザーブがリリースされたことが関係していると推察。
1970年代までは熟成した原酒も、若い原酒も全て使って作られていたVAT69が、1980年代から原酒の使い方が整理されて上位と下位、リザーブとスタンダードに分けられたとしたら。。。70年代以前に比べて妙に若さが感じられるのも納得できます。

あるいは、この後1990年代、2000年代になるにつれ、VAT69はDCL、UD、そしてディアジオ内のブランド見直しでどんどん低価格ウイスキージャンルにシフトしていくことを考えると、この若さに通じる変化も1980年代から始まっていたと考えられるのです。

なお今回の時代のVAT69は、自分がオールドを探し始めた当時平塚や三浦半島方面の酒屋でだいぶモノが残っており、ありがちなサービス価格で買わせてもらったのを覚えています。
ホントは60年代〜70年代流通を見つけたかったのですが、結局実店舗では見つからなかったですね。オークションにはあんなに出品されてるのに、一体どこに眠っていたのやら。。。

最近の入荷ボトル。サントリーブレンド、ロングジョン12年、山桜など11種

カテゴリ:

昨日更新した記事は結構ボリューミーでしたので、今日は力尽きてました。
合わせて息子の風邪から少々ノドをやられてしまったこともあり、2日間連続休肝日にしました。
今週末は久々の遠征ですから、体調を万全にしておかなければなりません。

ということで、今日の更新は省エネです(笑)。
ここ1週間ちょい、ストレスやら頂き物やらで、我が家にだいぶボトルが増えましたので、ざっくりその辺の紹介から。今後の更新の予告みたいなモンですね。


入荷第1便。左から
・クロフォード・ファイブスター 1980年代流通 特級
・ハンドレッドパイパーズ 1970年代流通 特級
・VAT69 1970年代流通 特級
・ダンヒル ジェントルマンズ

味は良いが中身が不明と言われているブレンデット、クロフォード。
一説ではベンリネスがキーモルトだとか・・・当時はDCL系列なので色々融通されていると思います。
クロフォードにはスリースターとファイブスターがありますが、スリースターのほうが古い時代からあって、人気もありますね。
飲んだ事が無いので楽しみなボトルです。

ハンドレッドパイパーズは既にコメントを上げているので省略。

VAT69はこれまたオールドボトル市場では旨いと評判のボトル
最近のは・・・まぁアレですが、この時期はロッホナガーがバリバリ効いてて、独特の香味が味わえます。1960年代から10年刻みで飲んでますが、この時期が一番安定している気がします。

ダンヒルは特に狙ったわけでも無くセットで付いてきたのですが、通常のダンヒルが何気にシェリーがしっかり効いた出来で、意外と侮れないブランドです。
スペイサイドモルトを中心に使っているらしいこのボトル、ノーマルのダンヒルにはタムデューが使われているそうですが、これは果たして・・・。


入荷第2便。左から
・ジェームスマーチンVVO 1980年代流通 特級
・ハロッズ 1970年代流通 特級
・ハンキーバニスター1980年代後期流通 特級
・GMモートラック39年(1969年蒸留)

グレンマレイなどがキーモルトのジェームスマーチン。そのスタンダード品。
VVOはウイスキーの表記ではなくブランデーを真似た遊び心。
昔12年の特級を飲んで、まぁそこそこな印象があったところセット買いでついてきました。

ハロッズはハロッズ。イギリスの名門中の名門デパート。そのプライベートボトル。
日本ではあまりタマが無いことに加え、一時期某隠れ家的ブログでうまいとされていてそこそこの競争率だった記憶があります。
ちなみに味はドライで青リンゴ、開くとカスタードクリーム系の甘さが見えてくるタイプ。自分の中ではハイボール向けです。

ハンキーバニスターはグレンファークラスがキーモルトで、濃厚な味わいがポイント・・・なんですがこのボトルは80年代でも末期のほうで、だいぶ色が薄くなっています。
自宅に1970年代初頭の8年もあったので、比較に使えそうだなと。
ただ、上記2本とこのバニスターの3本セットで購入したわけですが、送料込みBAR飲み1ショット分という値段じゃなきゃ買わなかったなw

GMモートラック1969は、ウイスキー仲間のDさんが、ラストドロップだけどテイスティングに使ってよとボトルごと贈ってくださいました。大変ありがたい限りです。
今は無きケルティックシリーズ、初期の頃のボトルで雰囲気ありますね。
気温が上がってきてるので、落ち着いたらテイスティングしようと思います。
ホント、このブログは皆様のご厚意で成り立っていますね(感涙)


で、まだ続くのか。まだありました。くそ、全然省エネじゃなかった・・・。
入荷第3便。左から
・サントリーブレンド ビック酒販限定
・山桜ピュアモルト15年 カスクストレングス
・ロングジョン12年デラックス 1970年代流通 特級

サントリーブレンドは、今年の初め頃に突如ビックカメラがリリースしたオリジナルブレンド。
ラベルの雰囲気の無さと、当時としては43%の度数にあの値段ということで敬遠する人も多かったようですが、徐々に「旨い」という口コミが広がって無事完売となったボトル。
タモリのようなラベルの話はともかくとして、中身は25年程度熟成のブレンデットウイスキー。ミズナラもシェリーもばっちり効いてて、個人的には響25年と呼んでいます。
ウイスキー仲間のTさんから、諸々のお祝いとして頂いてしまいました。Tさんいつもありがとうございます!

カスクストレングスの山桜は、先日UPしたシェリーカスクフィニッシュの姉妹品。こちらも夏のギフト向けで、某酒販が下請け的に販売していました。
シェリーカスクフィニッシュよりもこっちのほうがマイナーかもしれません。
加水の山桜が5000円前後を考えると、値段は相応と思わせて実は550mlという小さめのボトルw
味がどうこうよりも、やはり笹の川のボトルは自分にとって特別です。今回の中で一番高価な買い物でした(笑)。

ロングジョン12年デラックスは、昔ウイスキー仲間のGさんがウチに置いていって、妻と2人でストレートにハイボールと美味しく頂いたボトル。
ラフロイグが効いたブレンドで、コクのあるスモーキーさが良い味出してます。
出物があったら買っておきたいなと思っていたところ、状態が良さそうなモノがあったのでポチしてしまいました。ブルーのラベルに金の装飾が美しい、高級感溢れる1本です。
同じ12年は陶器ボトルでもリリースされていて、こちらは出物が多いものの、やはり陶器ボトルは怖い・・・。


というわけで、買うも買ったり、オールドブレンデットだけでも1週間ちょいで8本ですかw
ハイボール要員だからって、お前はこの夏何杯ハイボールを飲むつもりなんだと。(あるいは、一体どこのBARだよって。)
この辺は今後、"置場"を賑わしていくと思います。

ちなみに自分同様にウイスキー好きな妻ですが、流石にこの短期間でこれだけ届いた事については、「また?」と若干あきれ顔でした(笑)
けれど、あきれ顔で済む我が家と自分は幸せなんだと思います。


オマケ。同じ便で実家の母から届いた自家栽培の野菜達。
母ちゃんありがとう!。・゜・(ノД`)・゜・。

このページのトップヘ

見出し画像
×