タグ

タグ:KuMC

ジョンベッグ ブルーキャップ 43% 1950年代流通 雑酒特級

カテゴリ:
JOHN BEGG
Blue Cap
Old scotch whisky
1950's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:KuMC@NSさん
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:灰っぽさを伴う穏やかなスモーキーさ。乾いた麦芽、土っぽさ。スワリングすると蜂蜜やリンゴのコンポートを思わせる甘み、エステリーなアロマ。

味:マイルドでコクのある口当たり。こなれた麦芽風味、ナッツやポン菓子の品のいい甘みや香ばしさ。徐々に存在感のあるオールドピートが柔らかく染み込むように広がる。余韻はピーティーでほろ苦い。しっかりとスモーキーで長く続く。

オールドブレンドの醍醐味とも言える柔らかい口当たり、こなれたモルティーさとどっしりと染み込むようなピートフレーバーを堪能出来る。灰っぽさを伴うこれらの風味は、個人的にオールドのロッホナガーの個性。少量加水するとピーティーさが全体に馴染むように感じられる。


ロイヤルロッホナガー蒸留所の創業者ジョンベッグ氏が設立した、ブレンデッドウイスキーメーカー・ジョンベッグ社のスタンダード。ブレンドに使用する原酒の中核は勿論、自らが創業したロッホナガーです。
1800〜1900年代当時、ブレンデッドウイスキーが市場を拡大したとされる時代にあって、蒸留所とブレンドメーカーという体制構築は規模のある企業では自然な流れ。徐々に現在の雛形となる大規模グループ化が業界として進んでいくことになります。

同社はその流れの中で、デュワーズ社の傘下となった後、最大勢力たるDCL傘下に入り。最終的にはロッホナガー蒸留所を残して銘柄そのものは消滅してしまう訳ですが。。。日本における第一次ウイスキーブームの折には、美味いウイスキー銘柄の一つとしてウイスキー通の間で知られていたようで、今尚ファンの間で人気のあるブランドです。


近年、リユース市場で見られるロッホナガー関連のブレンドはVAT69が中心です。ジョンベッグは写真左の紺色のラベルに、エリザベス紋章(1970年代流通)か、チェック柄紋章の1980年代流通のモノがたまに見られる程度。アメリカ向けには2000年代くらいまでブルーキャップがあったようですが、日本国内では中々手に入らないブレンデッドの一つになりつつあります。

今回はそのエリザベス紋章のさらに前。恐れ多くもキングジョージ5世の紋章が光る、オールドラヴァー垂涎のボトル。
ただ、キングジョージ5世の在位は1936年までで、本来このボトルの流通時期である特級区分が設定された旧酒税法施行時、つまり1950年代のイギリス国王はジョージ6世か、戴冠直後のエリザベス2世。
これはジョージ5世のスコッチウイスキーに与えた影響の大きさからか、ジョージ6世のワラントはウイスキーで見ることはなく、1960年代にエリザベス紋章に切り替わるまでキングジョージ5世の紋章が使われ続けるケースが多かったようです。

今回のボトルはロイヤルロッホナガーそのもの、あるいはそれが使われたとされる銘柄に備わった、独特の麦芽風味とピートフレーバーがメイン。ですがその個性は70〜80年代流通と比べて遥かに強い存在感で、半世紀を超える経年からオールド特有のこなれた味わいも堪能出来る、まさしく通好みの逸品でした。

ローズバンク 11年 1980-1992 ケイデンヘッド 150周年記念 60.1%

カテゴリ:
ROSEBANK
CADENHEAD'S
AUTHENTIC COLLECTION
150th Anniversary Bottling
Aged 11 years
Distilled 1980
Bottled 1992
700ml 60.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:KuMC@NYさん
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:一瞬チョコレートクッキーやキャラメルアーモンドを思わせる甘いアロマを感じるが、すぐにハイトーンで鼻腔を刺激する鋭いエッジ、微かにメンソール。奥にはベリー系のニュアンスもあり、徐々に前に。樽の良さを感じる。

味:スパイシーで強いアタック。ドライベリー、チョコレートや黒砂糖、微かに青みがかったウッディネス。舌へのアタックは強く、ヒリヒリとした刺激が樽由来の甘みの後に続く。
余韻は程よくドライでビターだが、それ以上にハイトーンで強いキレ上がり。

良質なシェリー樽で圧殺した原酒。とはいえ、比較的若いうちにボトリングしたためか、シェリー感はリッチだが蒸留所の個性と言えるアタックの強さも残っている。少量加水すると多少樽と酒質の距離が縮まって一体感が増すものの余韻のキレは残る。


ボトラーズメーカーのケイデンヘッドが創業150周年を記念してリリースしていたオーセンティックコレクションシリーズの一つ。

同社からは昨年、175周年として様々なリリースが行われていましたが、この150周年のラインナップは長熟至上主義ではないというか、スコッチモルトでは70年代から80年蒸留で10〜20年熟成というマニアが唆るようなスペックが主体。
50年熟成近い不思議な味のタラモアとかも一部ありましたが。それこそこの時期なら60年代の原酒はまだまだ手に入る中で、原酒が潤沢だったというか、手探りだったというか、ウイスキー業界をにおける"時代"を感じる部分でもあります。

このローズバンクもその例に漏れず、11年熟成という短熟ハイプルーフでのリリース。
テイスティングの通り、3回蒸留原酒の鋭くハイトーンな香味が短熟ゆえに去勢されておらず、ファーストフィルシェリー樽と思しき濃厚な樽感が付与されていながら、それを酒質が突き破ってくるような感覚があり。このリリースの評価は、その若さというか、酒質とのバランスをどう捉えるかが大きいと思います。

自分はローズバンクというと、ちょっとやんちゃでキレの良いクリアな麦芽風味という印象から、このボトルはシェリー感に加えてそのらしさも一部感じられる点が面白いと思いますし、ボトラーズメーカー・ケイデンヘッドの1990年代ごろといえば、グリーンケイデンを筆頭にこういう酒質ピチピチのカスクストレングスが多かったですから、そういうらしさも備わったリリースだと感じています。

今回のボトルは、ウイスキー仲間の定例会、国立モルトクラブでテイスティングさせて頂きました。NYさん、いつも貴重なボトルをありがとうございます!

ポートエレン 30年 1979-2010 Old & Rare 52.6%

カテゴリ:
PORT ELLEN
OLD & RARE
Aged 30 years
Distilled 1979 Dec
Bottled 2010 Jun
Caske type Refill Hogshead
700ml 52.6%

グラス:テイスティンググラス
場所:KuMC @BAR サンドリエ O氏
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:スモーキーでシャープな香り立ち。塩気と乾燥した貝類、ピートの土っぽさ、蜂蜜レモンやグレープフルーツのワタ、ジンジャー、干し草のような樽由来の要素がアクセントとして一体になっている。

味:とろりとしたマイルドな口当たり、だが合わせてスパイシーな刺激もある。麦芽風味とバニラクリーム、ソルティクラッカー。ボディはミディアム程度でピーティーなフレーバーがじわじわと。余韻はドライでほろ苦く、柑橘のニュアンスと乾いたウッディネス。焦げたピーティーさを伴い長く続く。

香りのシャープさに対し、味はスパイシーな刺激こそあれど、マイルドな角の取れた口当たりが熟成を感じさせる。また、樽感は程よく、酒質との一体感がある。少量加水すると口当たりの柔らかさが引き立つ。


長熟カリラをスペイサイド寄りにしたような個性が、いかにも長期熟成のポートエレンらしさとして感じられる1本。リフィルのアメリカンオークと思しき樽構成は、レアモルトやオフィシャルのリミテッドリリースの樽をそのまま育てたシングルカスクというキャラクターでもあります。

ポートエレンの70年代後半の香味はシャープでスパイシー、80年代に比べてピーティーさは穏やかで、バランスのとれたものが多いように感じます。
今回のボトルにある柔らかさや、アクセントになっている樽感は熟成年数や樽の違いによるもので、なかでもレモンやグレープフルーツの黄色系の柑橘のニュアンスが樽由来の要素として多様さと、香味のバランスに繋がっています。
いやーいい樽、選ばれてますね。これは美味しいポートエレンだと思います。


そういえば話は変わりますが、ポートエレン再稼働のニュースは既に皆様ご存知とは思います。
しかしその熟成庫にはラガヴーリンの熟成に使われているそうで、蒸留を再開してもどこで熟成させるつもりなのか疑問に感じていたところ。(ディアジオなので本土の集中熟成庫がありますが。)
これは伝聞ベースの話ですが、そもそもポートエレンの内部は原酒の熟成スペースのみならず、倉庫や何らかの業務スペースで間貸しをしており、まずは今敷地を利用している事業者と調整を始める必要がある模様。そしてうまくまとまったら、蒸留所を改修して再稼働ということなのだそうです。

少なくとも2018年再稼働はないでしょうし、新生ポートエレンのニューポットが産まれるのは、まだまだ先になりそうですね。

ストラスアイラ 35年 1986年リリース 200周年記念ボトル 43%

カテゴリ:
IMG_7910
STRATHISLA
Years 35 old
Bi-centenary Release 1986
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:KuMC
評価:★★★★★★★★★(9)

香り:スモーキーでピーティー、燻した麦芽と甘いバニラ香、チョコウェハースやキャラメリゼ、徐々に生チョコレートのような甘み。奥にはドライアプリコットやオレンジピール。古びたウェアハウスを思わせる落ち着いたウッディネス。ゾクゾクするような妖艶なアロマ。

味:マイルドな口当たりだが、ボディの芯はしっかりとしている。香り同様に存在感のある燻した麦芽のピーティーなニュアンスに加え、キャラメルプディング、土っぽさとヘザー。余韻は心地よくドライ、ビターな内陸系のピートフレーバーが強く感じられ、染み込むように長く続く。

麦とピート、そして熟成したモルトのまろやかさ。しっかりとスモーキーでオールドスタイルのストラスアイラの魅力がこれでもかと詰まった1本。樽はプレーンオーク系で、適度に感じられる程度であり、酒質の引き立て役に徹している。スコッチとして求める今は無きスペイサイドのスタイルの一つ。間違いなく感動できるモルト。

IMG_7912

ストラスアイラ蒸留所、創業200周年記念リリース。もはや解説は不要というレベルで文句無く伝説級のモルトです。
自分が飲み始めた頃は、なんだかんだ飲む機会の多かったボトルでしたが最近は疎遠気味。久々に飲みましたが、樽感を底支えにしてあくまで主役は麦とピートという構成に加え、加水と熟成で整った飲み口から、オールドらしく厚みのあるボディと妖艶なアロマが大きなスケールをもって展開してきます。

単純に逆算すると蒸留時期は1950年、1951年ということになるのですが、間違いなくそれ以前の原酒が使われていると思います。
ただし1940年代は第二次世界大戦の影響から多くの蒸留所で生産に影響が出た時期であることや、このスモーキーさと麦由来の風味の強さから、40年代の前半を飛び越えて1930年代の原酒まで使われているのではないかと。それこそ、以前テイスティングさせていただいた1937年のGMストラスアイラに近いニュアンスがあったようにも。。。

現行品のストラスアイラからは失われてしまった、このフレーバー。もはや別世界の代物と言えばそうなのですが、改めて飲むと自分がウイスキーに求めているのはこの味わいなんだなと感じさせてくれます。
カウンターでただただ幸せを満喫させてもらいました。OJさん、ありがとうございます!

ちなみに・・・一つカミングアウトすると、あれは今から7年前くらいですか。ウイスキー仲間からのブラインドでこのボトルをジョニーウォーカーの60年代と答えたのは中々恥ずかしい思い出です。古酒っぽさと、オールドピートの強さをメインに感じてしまったのでしょう。今飲んだらもうちょっとマトモな回答が出来ると・・・いいなぁ(笑)。

フォアローゼズ 1950年代流通 43% ブレンデッドウイスキー

カテゴリ:
FOUR ROSES
Fine Blended Whisky
1950's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人所有スペース持ち寄り会@OY氏
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:カラメルソース入りの濃い紅茶を思わせる甘いアロマ。奥には淡い植物感を伴う穀物香、バニラ、若干のコゲ感を伴うしっとりとしたウッディネス。

味:メローでスムーズな口当たり。メープルシロップやキャラメリゼ、シロップ漬けチェリー。ややベタつくがコクのある甘み。
余韻はウッディでタンニンを伴いつつドライ。焦げたトーストと微かにハーブ香、ほろ苦くもスウィートで長く続く

香味ともスタンダードボトルとは思えない程しっかりした樽由来の甘みが特徴。全体的には良質なオークフレーバーが充実しているが、奥には穀物系の軽い香味、半世紀の経年を経てか、多少抜けたような部分も感じられる。


先日開催された持ち寄り会でテイスティングさせていただいた貴重な1本。フォアローゼズは1960年代流通は飲んだことがありましたが、50年代は初めて。ましてブレンデッド表記ともなれば未知との遭遇です。現行品のバーボンの中ではローゼズ推しなのもあり、ラベルだけでテンションが上がってしまいます。

何せこの手のスタンダードグレードのウイスキーは、流通時期的に日本に入らないだけでなく、普段飲みとして普通に消費されてしまうので市場に残りにくい傾向があります。
それこそ下の写真のように、コークハイあたりのジャンクな使われ方でガンガン飲まれたのではないかなと予想します。

(まさに意識が低い組み合わせの再現図。新旧合わさるこの構図が撮れて満足※今回は実際には混ぜていません。)

フォアローゼズブランドは、シーグラム傘下となる1940年代から一定期間、ストレートバーボンではなくブレンデッドウイスキー表記でリリースを行なっていました。

当時のシーグラム社はカナディアンウイスキーの蒸留所を所有していただけでなく、禁酒法明けの1934年、アメリカ市場にブレンデッドウイスキーであるセブンクラウンを投入。
フォアローゼズは禁酒法時代も生産を続けていた蒸留所で原酒が不足していたとは思えませんが、ライトなウイスキーが流行っている国内には 、ウッディで濃厚なバーボンタイプよりも、ライトでスムーズなブレンドが受け入れられると考えたのでしょうか。

米国酒税法における「ブレンデッドウイスキー」は、ストレートウイスキーが20%以上の割合を占めることとされていますが、スピリッツをブレンド出来ることと、この当時のボトルに限れば「アメリカン」表記がないことから、アメリカ以外で生産された原酒を使うことも可能でした。
流石に今回のボトルは甲類アルコールが混じった薄い味なんてことはなく、バーボン特有のしっかりとメローで濃厚な甘み、そこにカナディアンっぽい軽い穀物感が混じる印象で、飲んでいる時はこういうもんかと思いましたが、後から考えて成る程と・・・。何れにせよ、低品質なウイスキーというわけではありません。

このように、本国でのフォアローゼズはブレンデッド規格でリリースされており、これが一説では2002年のキリン傘下となるまで続いたとのこと。
ですが少なくとも海外市場においてはそうではなく、シーグラム社はアジアやヨーロッパにはバーボンウイスキーを輸出しており、1960年代に輸出されていたフォアローゼズ6年はケンタッキーストレートバーボン表記でした。
当時国内向けの商品はアメリカンブレンデッド表記であり、国内には国内の需要を満たし、世界的にはバーボンウイスキーとしてのブランドを確立していく戦略だったのだと考えられます。(似たような動きは、今の日本の一部企業にも見られますね。)
貴重なボトルを体験させていただき、ありがとうございました!


ちなみに余談ですが、フォアローゼズの由来としてFour Rose=4つの薔薇=求婚ストーリー、あるいは創業者に関する4人のローズ氏など、異なる名付けの由来が存在します。
現在、日本で広く知られているのはロマンチック?なバラのコサージュのエピソードですが、実際は後付けでシーグラムあたりが広告戦略として付け加えたのではないかと考えている派です。

このページのトップヘ

見出し画像
×