タグ

タグ:KuMC

ストラスアイラ 35年 1986年リリース 200周年記念ボトル 43%

カテゴリ:
IMG_7910
STRATHISLA
Years 35 old
Bi-centenary Release 1986
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:KuMC
評価:★★★★★★★★★(9)

香り:スモーキーでピーティー、燻した麦芽と甘いバニラ香、チョコウェハースやキャラメリゼ、徐々に生チョコレートのような甘み。奥にはドライアプリコットやオレンジピール。古びたウェアハウスを思わせる落ち着いたウッディネス。ゾクゾクするような妖艶なアロマ。

味:マイルドな口当たりだが、ボディの芯はしっかりとしている。香り同様に存在感のある燻した麦芽のピーティーなニュアンスに加え、キャラメルプディング、土っぽさとヘザー。余韻は心地よくドライ、ビターな内陸系のピートフレーバーが強く感じられ、染み込むように長く続く。

麦とピート、そして熟成したモルトのまろやかさ。しっかりとスモーキーでオールドスタイルのストラスアイラの魅力がこれでもかと詰まった1本。樽はプレーンオーク系で、適度に感じられる程度であり、酒質の引き立て役に徹している。スコッチとして求める今は無きスペイサイドのスタイルの一つ。間違いなく感動できるモルト。

IMG_7912

ストラスアイラ蒸留所、創業200周年記念リリース。もはや解説は不要というレベルで文句無く伝説級のモルトです。
自分が飲み始めた頃は、なんだかんだ飲む機会の多かったボトルでしたが最近は疎遠気味。久々に飲みましたが、樽感を底支えにしてあくまで主役は麦とピートという構成に加え、加水と熟成で整った飲み口から、オールドらしく厚みのあるボディと妖艶なアロマが大きなスケールをもって展開してきます。

単純に逆算すると蒸留時期は1950年、1951年ということになるのですが、間違いなくそれ以前の原酒が使われていると思います。
ただし1940年代は第二次世界大戦の影響から多くの蒸留所で生産に影響が出た時期であることや、このスモーキーさと麦由来の風味の強さから、40年代の前半を飛び越えて1930年代の原酒まで使われているのではないかと。それこそ、以前テイスティングさせていただいた1937年のGMストラスアイラに近いニュアンスがあったようにも。。。

現行品のストラスアイラからは失われてしまった、このフレーバー。もはや別世界の代物と言えばそうなのですが、改めて飲むと自分がウイスキーに求めているのはこの味わいなんだなと感じさせてくれます。
カウンターでただただ幸せを満喫させてもらいました。OJさん、ありがとうございます!

ちなみに・・・一つカミングアウトすると、あれは今から7年前くらいですか。ウイスキー仲間からのブラインドでこのボトルをジョニーウォーカーの60年代と答えたのは中々恥ずかしい思い出です。古酒っぽさと、オールドピートの強さをメインに感じてしまったのでしょう。今飲んだらもうちょっとマトモな回答が出来ると・・・いいなぁ(笑)。

フォアローゼズ 1950年代流通 43% ブレンデッドウイスキー

カテゴリ:
FOUR ROSES
Fine Blended Whisky
1950's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人所有スペース持ち寄り会@OY氏
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:カラメルソース入りの濃い紅茶を思わせる甘いアロマ。奥には淡い植物感を伴う穀物香、バニラ、若干のコゲ感を伴うしっとりとしたウッディネス。

味:メローでスムーズな口当たり。メープルシロップやキャラメリゼ、シロップ漬けチェリー。ややベタつくがコクのある甘み。
余韻はウッディでタンニンを伴いつつドライ。焦げたトーストと微かにハーブ香、ほろ苦くもスウィートで長く続く

香味ともスタンダードボトルとは思えない程しっかりした樽由来の甘みが特徴。全体的には良質なオークフレーバーが充実しているが、奥には穀物系の軽い香味、半世紀の経年を経てか、多少抜けたような部分も感じられる。


先日開催された持ち寄り会でテイスティングさせていただいた貴重な1本。フォアローゼズは1960年代流通は飲んだことがありましたが、50年代は初めて。ましてブレンデッド表記ともなれば未知との遭遇です。現行品のバーボンの中ではローゼズ推しなのもあり、ラベルだけでテンションが上がってしまいます。

何せこの手のスタンダードグレードのウイスキーは、流通時期的に日本に入らないだけでなく、普段飲みとして普通に消費されてしまうので市場に残りにくい傾向があります。
それこそ下の写真のように、コークハイあたりのジャンクな使われ方でガンガン飲まれたのではないかなと予想します。

(まさに意識が低い組み合わせの再現図。新旧合わさるこの構図が撮れて満足※今回は実際には混ぜていません。)

フォアローゼズブランドは、シーグラム傘下となる1940年代から一定期間、ストレートバーボンではなくブレンデッドウイスキー表記でリリースを行なっていました。

当時のシーグラム社はカナディアンウイスキーの蒸留所を所有していただけでなく、禁酒法明けの1934年、アメリカ市場にブレンデッドウイスキーであるセブンクラウンを投入。
フォアローゼズは禁酒法時代も生産を続けていた蒸留所で原酒が不足していたとは思えませんが、ライトなウイスキーが流行っている国内には 、ウッディで濃厚なバーボンタイプよりも、ライトでスムーズなブレンドが受け入れられると考えたのでしょうか。

米国酒税法における「ブレンデッドウイスキー」は、ストレートウイスキーが20%以上の割合を占めることとされていますが、スピリッツをブレンド出来ることと、この当時のボトルに限れば「アメリカン」表記がないことから、アメリカ以外で生産された原酒を使うことも可能でした。
流石に今回のボトルは甲類アルコールが混じった薄い味なんてことはなく、バーボン特有のしっかりとメローで濃厚な甘み、そこにカナディアンっぽい軽い穀物感が混じる印象で、飲んでいる時はこういうもんかと思いましたが、後から考えて成る程と・・・。何れにせよ、低品質なウイスキーというわけではありません。

このように、本国でのフォアローゼズはブレンデッド規格でリリースされており、これが一説では2002年のキリン傘下となるまで続いたとのこと。
ですが少なくとも海外市場においてはそうではなく、シーグラム社はアジアやヨーロッパにはバーボンウイスキーを輸出しており、1960年代に輸出されていたフォアローゼズ6年はケンタッキーストレートバーボン表記でした。
当時国内向けの商品はアメリカンブレンデッド表記であり、国内には国内の需要を満たし、世界的にはバーボンウイスキーとしてのブランドを確立していく戦略だったのだと考えられます。(似たような動きは、今の日本の一部企業にも見られますね。)
貴重なボトルを体験させていただき、ありがとうございました!


ちなみに余談ですが、フォアローゼズの由来としてFour Rose=4つの薔薇=求婚ストーリー、あるいは創業者に関する4人のローズ氏など、異なる名付けの由来が存在します。
現在、日本で広く知られているのはロマンチック?なバラのコサージュのエピソードですが、実際は後付けでシーグラムあたりが広告戦略として付け加えたのではないかと考えている派です。

アードベッグ 10年 1970年代流通 40%

カテゴリ:
ARDBEG
Years 10 Old
OLD ISLAY MALT SCOTCH WHISKY
1970's "White Label"
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人所有スペース@NS氏持ち寄りボトル
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★(8-9)

香り:スモーキーで強いヨード香、燻した麦芽と土っぽさ、地磯の海藻が混じる海の香り。レザーを思わせるニュアンスやほのかな柑橘感もあり、実に充実している。

味:マイルドだが存在感のある口当たり。麦芽風味はコクと厚みあり、ピーティーでヨードと魚介のニュアンス、ほのかにきび糖のような甘み、ナッツの香ばしさやグレープフルーツのワタに通じるほろ苦さを伴う。
余韻はしっかりとスモーキーだが、角の取れた麦芽風味主体。じんわりと広がって長く続く。 

加水と経年でバランス良く整った香り立ちとマイルドな口当たりでありながら、当時のモルトらしい厚みとはっきりとした個性が感じられる、秀逸なシングルモルトウイスキー。是非ストレートで。


アードベッグの1970年代流通オフィシャルボトル。当時のアードベッグはハイラムウォーカー傘下で、ピーテッドモルトの需要増に伴う増産が行われ始めた時期に該当しており、加水でありながら強い個性を感じる仕上がり。今年のアードベッグデーでリリースされたグルーヴスのPRでも、その繁栄ぶりが紹介されています。 

他方、その後訪れる1980年代冬の時代についてはここで解説するまでもなく・・・。一時閉鎖を経て大改修工事が行われ、その間の原料の変化と製法も変わったためか、少なくとも当時のような存在感の強い魚介、レザー、土、あるいは消毒液的な要素が合わさったような個性は鳴りを潜めてしまいます。
蒸留所はグレンモーレンジないしディアジオ傘下で安定し、そのブランドを確立して現代に至るわけですが、少なくともそのキャラクターは酒質がクリーンでピートが悪目立ちするオレオレ系。ハイボールにするには美味いものの、当時とはずいぶん異なるように思います。

IMG_7793
(ウイスキー仲間との持ち寄り会にて。アードベッグ1980年代流通(左)と、1970年代流通(右)。80年代流通にはグリーントール時代もあり、流通時期で分かれると推測。その他熟成年数のオフィシャルリリース等を見るに、グリーントールのほうが後期だろうか。)

また、近年との比較のみならず、この10年間でもスタイルは異なっているようです。
今回、持ち主のご好意で貴重な飲み比べを経験させていただいたわけですが、80年代流通はスモーキーでありながら麦感伴うどこか素朴なニュアンスを伴うアイラモルトである一方、1970年代流通は香味の厚み、個性の強さ、ピートの存在感共にワンランク上。特に加水でありながら海系のニュアンスの存在感の違いをはっきりと感じます。

日本のウイスキーが樽の香味を重ね合わせるものとすれば。スコットランドのウイスキーでイメージするのは、アイラに限らず樽は酒質を育てるもので、本質的なところは麦とピートというどこか田舎くさい土着のものにあると思うのです。近年はノンピートやライトピートスタイルが増えているだけでなく、麦系のニュアンスも弱く、どちらかと言うと樽主体の構成が増えていますが、今回のようなオフィシャルボトルを飲むと、その性質の違いによる独自の魅力を改めて感じさせられます。貴重なテイスティングの機会をいただき、感謝です。


以下雑談。
今回のアードベッグのラベルを見て思い出す構図が、以前記事の挿入画像として使わせていただいたK67氏提供の1枚。
おそらくほぼ同じ地点と思しき構図(ラベルのほうがやや陸寄り)なのですが、建物が微妙に異なるなどしているのは、イラストが忠実とすれば大改修前後の変化ということなのかもしれません。また、海側も、船着場として利用できたであろう桟橋が2箇所沖まで伸びており、当時の物流で機能していたであろうことが伺えます。

DSC08972

マクダフ 19年 1963 GM コニッサーズチョイス 40%

カテゴリ:

MACDUFF
Gordon & Macphail
Connoisseurs Choice
Aged 19 years
Distilled 1963
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR Black Heart @KuMC
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:濃厚な香り立ち。ベリーや熟した葡萄、デラウェアのような果実香を思わせる妖艶なシェリー香。古いウェアハウス、カラメルソースや腐葉土が混じるウッディネスのほろ苦さ。

味:まろやかだがややベタつきがある口当たり。ベリーシロップ、キャラメルラテ、中間からは濃く入れた紅茶を思わせるほろ苦いタンニンを伴うウッディネス。奥からはおしろいっぽい麦芽風味も感じられる。余韻はビターでドライ、張り付くように長く続く。

今やウイスキーの絶滅危惧種とも言えるオールド系のシェリー香。しかし加水の影響か味は少々ゆるく、濃厚だが平坦で起伏が少ないまま余韻へと繋がるコシの足りない味わい。
香りだけならさらにもうワンランク上の評価をつけたいボトルだが。。。


マクダフ蒸留所における、おそらく最初期のビンテージである1963年蒸留の1本。飲んでる時は気づいてませんでしたが、中々飲むことが出来ないマクダフのビンテージを経験させて貰いました。
1962年設立と解説される本蒸留所ですが、同年蒸留のボトルは確認できておらず。1962年建設完了、1963年蒸留開始というのが実際の流れかなと。海外サイトによってはそのように解説するケースも見られます。

ブレンデッドがまだ全盛だった80年代。日本において各蒸留所のモルトを飲もうとするためには、オフィシャルがないもの、流通の少ないものはGMのコニッサーズチョイス、蒸留所シリーズを頼るしかなかったと聞きます。
このマクダフも同様で、基本はブレンド向け路線。1972年に蒸留所を買収したウィリアムローソン社がシングルモルト・グレンデヴェロンをリリースしましたが、数が出回っていたとは言えない銘柄だったようです。

今回のボトルはまさにその時期の流通。
GMらしいゆるい加水シェリーで、シェリー香には熟したベリーや葡萄の果実香を含むオールド系統の一つがあり、香りは文句なく素晴らしいのですが味はそのゆるさがもどかしくもあります。
であれば家で杯を重ねて楽しめそうなタイプかと言うと、余韻にかけては割とウッディなタンニン、苦味が残り、1ショットをゆったりと飲むとちょうどいいくらいのように感じます。

おそらくカスクストレングスでは、とんでもないくらいのタンニン丸な樽が混じっていたのでしょう。19年熟成の40%加水にしては色合いもかなり濃厚で、樽感と加水が酒質由来の香味を圧殺気味。。。ですが、味の奥にはグレンデヴェロン時代のマクダフに通じる麦感があり、ギリギリ個性があると言えるのも印象的でした。

グレンアルビン 31年 1965-1997 シグナトリー サイレントスティル 51.5%

カテゴリ:
GLEN ALBYN
Signatry Vintage Silent Still
Aged 31 years
Distilled 1965
Bottled 1997
Cask type Refill Sherry Butt #5835
700ml 51.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:持ち寄り会@Nさん
暫定評価:★★★★★★(6ー  )

香り:勢いのある香り立ち。クリアでハイトーン、乾いたウッディネス。少しの香草やハーブを思わせるニュアンス。奥には青みがかった麦感、青林檎。時間経過で淡いスモーキーさも感じられる。

味:ピリッとした刺激とコクのある口当たり。麦芽風味から粘性のある甘み、はちみつレモン、洋梨のタルト、徐々に乾いたオーク。余韻はヒリヒリとした刺激とスパイシーでほのかなピートフレーバー。クリアで長く続く。

リフィル系の樽感で、酒質由来の勢いのある香味だが、ドライでまだ固い印象も受ける。名は体を表すように、今はサイレントな状態。少量加水すると樽香に甘みが感じられ、時間での変化に期待したい。


シグナトリーのサイレントスティルは、その名の通りポットスチルが沈黙してしまった、閉鎖蒸留所の原酒をボトリングしていたシリーズです。

クローズドディスティラリーシリーズとか言わず、間接的な意味で通じる表現がカッコいい。
このグレンアルビンは1983年に閉鎖され、跡地は隣接するグレンモール蒸留所と共にショッピングモールになってしまった蒸留所。元々はマッキンレー社傘下で、共にブレンデッドウイスキー・マッキンレーズの主要原酒でした。

グレンアルビンの酒質は、コクのあるボディとオールドハイランド的なスモーキーさを備えた古典的なスタイル。80年代前後のもの線が細く没個性的な印象ですが、60年代はレベルの高いボトルが多くみられます。ただリリース単位で見るとそのブレ幅が大きく、セスタンテやGMなどから素晴らしいボトルの数々がリリースされている一方、ビンテージの割に評価の低いボトルが存在するのも事実。ファーストフィル系の樽や加水とは相性が良く、逆にリフィルやプレーンな樽でのハイプルーフ仕様では酒質が強すぎるのかもしれません。

今回のボトルはまさにそのリフィル系の樽、ボトリング本数からシェリーバットと思われますが、30年の熟成を経てなお強く、スパイシーで硬いと感じる味わいに、グレンアルビンの特性を感じるようです。
一方で少量加水するとポジティブな変化もあり、淡いスモーキーフレーバーに時代を感じる。開封後の時間経過でさらに良くなっていくようにも感じます。また1年後くらいに飲んでみたい、将来性を感じた1杯でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×