タグ

タグ:IWハーパー

I.W.ハーパー 101Proof 1980年代流通 特級表記 50.5%

カテゴリ:
IMG_20190605_220325
I.W.HARPER 
101 PROOF 
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON 
1980's 
750ml 50.5% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1週間程度
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:干し草のようなウッディネスを伴うメローなアロマ。スパイシーでライ麦パンを思わせる酸と穀物感、チェリーシロップのような甘味とメープルシロップ。リッチで力強い香り立ち。

味:香り同様にリッチでパワフル。粘性のある甘味を伴うスパイシーな口当たり。キャラメルっぽさや熟したバナナ。合わせて若干の植物っぽさの軽いニュアンスも一瞬顔を出す。余韻はウッディでビター、ひりつくようなアタックの強さの中に、序盤のチャーオーク由来の色濃い甘味が長く続く。

ストレートでは香味ともリッチで力強いが、多少まとまりに欠ける部分があり、それが逆に全体としての力強さを強調している印象。加水するとふわりと甘い香りが広がり、口当たりもマイルドに。通常品よりも上質な味わいに変化するが、このブーストアップは長くは続くない。

IMG_20190605_214043

日本市場向けに販売されたという、IWハーパーのハイプルーフ版。8~10年程度の熟成を感じさせる原酒がメインで、所謂ボンデッド仕様。樽感はリッチで、度数の高さが各フレーバーのアタックの強さ、スパイシーさを後押ししています。
加水では柔らかくマイルドだったハーパーが、実は猫を被っていただけだったことを思い知らされる。パンチのあるハーパーということで、結構人気のあるブランドだったようですね。

リリースは1980年代後半からで、まさに今回のボトルから。当時日本がバブル景気の真っ只中かつ、バーボンブームもあった時代ですから、日本向け限定品がリリースされるのも自然な流れのように思います。
一方で、1990年代に入ると、今回の金色のハーパー伝統のラベルから、濃い銀色のメタリックカラーにチェンジ。流通期間はこちらの方が長かったのか、ハーパー101proofというと、イメージはこのボトルという方が多いのではないでしょうか。

Screenshot_20190705_192451

変更の経緯は、推察ですがスタンダード品であるゴールドメダルと見た目で区別がつきにくかったためではないかなと。実際、トップ画像に90年代流通のゴールドメダルが写り込んでいますが、メダル部分が101Proof表記になってるだけで、あとはほぼ同じ。
一般の、それもお酒に興味関心がない方が見たら、全く同じものに見えてもおかしくありません。

なお1980年代は、先日投稿したハーパー・プレジデントもリリースされており、同じく日本市場向けとされるボトルです。
こちらは15年以上熟成させた長期熟成原酒がメインと考えられる構成で、加水ですがしっかりとした熟成感とマイルドでメローな味わいが売り。
金が動くところにヒト・モノが集まるのは摂理とはいえ、本国の皆様はこんな良いもの飲まないでなに飲んでたのっていうと、ライト路線が主流で、濃い味はあまりウケていなかったそうで・・・。(なんて贅沢なw)


以下、余談。
ヘブンヒル系列の話ではありませんが、先日ジムビーム蒸留所の貯蔵庫で火災が発生。2棟40000~45000樽が焼失(一部は河川に流入し、川の色が変わってしまったと)するニュースがありました。

火災のあった貯蔵庫は、若い原酒を貯蔵していたものだったこと。また、同社が貯蔵する樽数は約330万樽であり、今回の焼失は1%強にしか過ぎないため、影響は軽微。
むしろ、燃え残った原酒が、瓦礫の中から河川に流れ込み続けないように、しばらく燃やし続けるなんていうアナウンスに、蒸留所としての規模の差を見せつけられる形にもなりました。4万って数字のインパクトに加え、燃えなかった樽の回収しなくていいの!?とか思っちゃいますよね。

IMG_20190705_185808
800

アメリカの蒸留所では、落雷による火災がこれまでもあり、有名なのが1996年旧ヘブンヒルの火災焼失。またジムビームでの2003年にあった火災は、火炎旋風まで発生するインパクトのあるものでした。
なおこの時の動画が、2015年ごろに何故かTwitter等で拡散したため、今回のジムビームの一見を「また?」と感じる人もいるかもしれません。
いずれにせよ、影響は軽微で何よりでした。

画像引用:https://www.apnews.com/a5f382c5eff7430eb3f6fdc7b47bce6a

I.W.ハーパー プレジデント リザーブ 43%

カテゴリ:
IMG_20190605_215740
I.W.HARPER 
PRESIDENT RESERVE 
Kentucky Straight Bourbon 
1989-1990's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封後数日
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:注ぎたては少し刺激があるが、すぐにリッチで柔らかいチャーオーク香。キャラメルやカステラ、オランジェット、メローな要素が主体だが、ほのかにビターな木材の焦げと香ばしい穀物のフレーバーもアクセントに感じられる。

味:メローでまろやか、脹らみのあるリッチなチャーオークフレーバー。メープルシロップのたっぷりかかった少し焦げたパンケーキ、チェリーのシロップやフレーバーティー、微かに干し草。
余韻は引き続きマイルドだがビターなウッディネスが徐々に主張する一方で、樽と穀物由来の甘やかな香りが鼻腔に抜けていく。

リッチでマイルド、余韻にかけてのウッディさが長期熟成を感じさせるが、全体的に引っ掛かりがなく、加水バーボンとして完成度が高い。ロックよりはストレートで。シガーと合わせるならソフトで柔らかいタイプが良さそう。となると、歴史上のエピソードも踏まえてH.upmannだろうか。

IMG_20190605_215932

1789年、アメリカ合衆国初代大統領にジョージ・ワシントンが就任し、アメリカという国が立ち上がったその年。牧師エライジャ・クレイグが、初めてバーボンウイスキーを作ったとされており、バーボンの歴史はアメリカの歴史と等しく年月を重ねてきました。

そしてアメリカとバーボン、双方が200周年にあたる1989年。ハーパーブランドから節目の記念にリリースを開始したという特別なバーボンが、このプレジデントリザーブです。
熟成年数表記はありませんが、香味から推察するに15年以上熟成した長期熟成原酒をふんだんに使ったような濃厚さ。そしてコーン比率が高いハーパーらしい、柔らかくスムーズで引っ掛かりのない少ない味わい。ふくよかに広がるバーボン特有の色濃い甘味を最後に引き締めるビターなウッディネス。。。面白味はないですが、完成度が高く純粋に美味しいバーボンです。

面白味が無いというと語弊があるかもしれませんが、例えるなら、エヴァンウィリアムズ23年など、ハイプルーフでリリースされていた長熟バーボンがスポーツカーで、このハーパー・プレジデントリザーブはラグジュアリーな高級車。仕様次第では使えたであろう本来のエンジンパワー等を乗り心地の良さに回し、スピードや運転の楽しさよりも常用域での快適さを追及したもの。
位置付けとしてはマッカランがロールスロイスなら、このプレジデントリザーブはキャデラックってところだなと感じました。
まあ、乗ったこと無いんですけどw

ちなみにこのリリースはバイセンテナリーブランドの1ロット限りかと思いきや、1990年代にかけて継続リリースされ、通常ラインナップのハイエンド扱いだった模様。また、肝心のアメリカ向けに流通していたのか怪しく、当時バーボンブームだった日本市場を中心にアジア圏で流通していた可能性が高いです。
なんせ日本以外にほとんど情報がないんですよね。。。

3da35d37

現在、IWハーパーの上位グレードには15年があり、これも現行品のなかでは充分旨い、頑張ってるリリースであることは間違いありません。
一方でこのプレジデントリザーブはその上位互換とも言える、さらにリッチな仕上り。上記の経緯もあってか日本市場にはかなりモノがあることと、ノンエイジ&加水仕様も手伝って同じくらいの値段で取引されているので、ハーパー15年好きならこのバーボンはオススメです。

IWハーパー ゴールドメダル 1980年代前半流通 特級表記 43%

カテゴリ:
I.W.HARPER
GOLD MEDAL
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON 
1980's
750ml 86Proof

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:BAR AIKA
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースのような濃厚でメローな香り立ち。甘く香ばしい穀物感、カステラの茶色い部分、チェリーのシロップ漬け。微かにスパイシーで奥には溶剤っぽい刺激もある。

味:香り同様にカラメル感強く、角の取れたやわらかい口当たり。穀物とチャーオーク由来のしっかりとした甘みに、加熱したコーンの香ばしさ、微かに赤みを帯びたベリーも感じられる。
余韻はマイルドでビター、染み込むようなウッディネス、ほのかにスパイシー。

メローでマイルドなウッディネスと穀物感が主体のバーボン。ストレートで充分に飲みやすく、濃厚な甘みが楽しめる。ロックにすると飲みやすくはあるが、やや渋みが強く、水っぽくなりやすい。ハイボールなど冷やす系統の飲み方も同様で、ストレートで楽しみたい。


IWハーパー・ゴールドラベルはソフトで洗練された香味が特徴とされている、ライトタイプバーボンの代表銘柄。その素性や生い立ちは過去記事でほぼまとめてますので、該当記事またはWEB等を参照頂くとして・・・。今回フォーカスするのは年代毎の香味の違いです。

以前レビューした1970年代流通のそれは、ライトタイプのお手本とも言えるような品のいい甘みとコクが両立した味わいが魅力な1本。1990年代以降はドライで溶剤的なニュアンスが強くなるものの、色合いにそう大きな違いがないように、樽感の軽さは同様に感じられます。
一方、今回レビューする1980年代流通のボトルはマイルドで角の取れた口当たりこそ70年代と変わらないものの、ライトと言うにはリッチでメロー、濃厚な樽感が大きな違いとして感じられます。



(1990年代(左)と1970年代(右)流通のIWハーパー・ゴールドメダル。樽感の濃さは同じくらいだが、コクと甘みの品の良さは1970年代が遥かに上。1970年代流通品のレビューはこちら。)

(1980年代前半流通の日本正規品。こちらはお酒の美術館にて。各年代でネック部分のデザインに大きな違いがある。写真が多少暗いが、中身は明らかに色合いが異なる。)

現行品で近い系統のものを挙げるなら、IWハーパーの12年。
ロット差かなと思い、2店舗でそれぞれ同じ流通時期のものを飲んでみましたが、2本とも同じ濃さでした。
普通は年を追うごとに軽くなるのがウイスキーにありがちな変化なのですが。
こうしたイレギュラーは、例えば輸出する市場によって原酒の比率を変えていた結果、起こる可能性はあります。

本国向け1980年代流通を調べて見ると、WEBにあるボトルを見るとどうやらそこまで色は濃くないようです。現地はライトなブレンデッドタイプのものが求められていたのは実際ありましたし、日本や海外には色濃い原酒を回していたのでしょうか。

I.W.ハーパー ゴールドメダル 特級表記 1970年代前半流通 43%

カテゴリ:
I.W.HARPER
GOLD MEDAL
Kentucky Straight Bourabon Whisky
1960-1970's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後〜1週間程度
評価:★★★★★★(6-7)

香り:しつこさのないメローで艶のある甘さ。シロップ漬けチェリー、カステラ、奥にはコーンフレークを思わせる軽い香ばしさ。角の取れたチャーオークのウッディネスで、麩菓子、キャラメリゼを思わせるほろ苦さも感じられる。

味:マイルドで引っかかりのない口当たり。薄めたメープルシロップ、チェリー、ドライオレンジのほのかな酸味を伴うコクのある味わい。
余韻はドライ、穀物感は多少あるがオーキーな甘みでしっかりとまとまっている。

バーボン特有のメローな香味にフルーティーな酸味のアクセント。樽が支配的なコテコテした香味というわけではなく、どちらかと言えば品の良い樽感と言える。味の濃さに反してコクがあって、物足りなさは感じない。例えるならダシをちゃんと引いた椀のよう。ライトなバーボンとはこうあるべきと言える、その理想形。


IWハーパーのスタンダード銘柄である、ゴールドメダル。バーンハイム蒸留所のバーボン、IWハーパーが誕生したのは1877年。名付けのエピソードはwebを参照頂くとして。。。(こちらのページが判りやすくまとめられています。ホント、BIBの表記とTAXは謎です。→ウイスキーの庭様)

ブランドヒストリーとしては、1885年の万国博覧会で金賞を受賞した事を皮切りに、1900年代にかけてあわせて5つのメダルを国際博覧会で受賞したことが語られていますが、当時のIWハーパーはライウイスキーで別物と言える仕様。コーン主体のマッシュビルで知られるIWハーパーがリリースされたのは、禁酒法と第二次世界大戦後の1950年代に入ってからとなります。

また、IWハーパー・ゴールドメダルは、40〜43%という加水仕様もあり、オールドは温度環境の変化に伴う濁りが出てしまっているものが少なくありません。
そのため、中々ベストなモノを飲める機会が少なかったりするのですが、今回はラベルの見た目に反し奇跡的に状態の良いゴールドメダルに当たり、その美味さを堪能させて頂きました。



何が良いって、長熟バーボンに見られるリッチなチャーオーク感とは違う、軽やかで品の良い甘みが香味の主体でありながら、しっかりとコクがあること。
ストレートで引っかかりのない口当たりは勿論、ロックにしても香味がしゃばしゃばにならない。ライトタイプのバーボンの理想形ってこういうのだよなと、感じさせてくれるような構成なのです。

飲み方はハイボールにしても勿論美味しいのですが、流石にそこまで水が入ると、その後の時代と比較して大きな違いが現れにくいこともあり、どっちかと言えばストレートかロックでじっくり楽しみたいという印象でもあります。

(IWハーパー、1990年代ジャーディン時代(左)と、1970年代サントリー時代(右)。ジャーディン時代の味も悪くないが、比較するとドライでコクが軽くなりつつある。ここまでくるとハイボール要員。)

余談ですが、IWハーパーと合わせてよく語られるのが、マッシュビルのコーン比率。連邦アルコール法で定めるコーンウイスキーの基準(81%以上)の範囲まで使われているという話ですが。。。
どうやら現在の本国流通のIWハーパーは、コーンが73%、ライ18%、モルト9%で、そこまで使われていないようです。(15年は86%なので、コーンウイスキー基準の範囲内。)

だから何が、という違いを感じ取れるほどの経験はないのですが、特にバーボンは日本で語られる情報と現地の情報が違っていたり、一部抜けている事が結構あるので、こうして記事をまとめるたび、新たなトリビアに遭遇できるのです。

IWハーパー 15年 43% 2017年並行品

カテゴリ:
I.W.HARPER
Kentucky Straight Bourbon Whisky
Aged 15 years
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会&BAR飲み等
時期:開封直後〜半年程度
評価:★★★★★★(6-7)

香り:ややドライだが熟成感のあるメローなチャーオーク香。チョコレートクッキー、メープルシロップのかかったホットケーキ、ほのかにオレンジママレードのアクセント。

味:コクのある柔らかい口当たり。メープルシロップやキャラメルクッキー、干草に通じるウッディネス。余韻はドライ気味でひりつく刺激はあるが、チャーオークのカステラを思わせる甘味が滞留するように長く続く。

加水で整ったマイルドな飲み口。熟成感はあるが樽由来のえぐみや、過度なウッディさもないバランスのとれたバーボン。果実系の甘酸っぱさというよりは、焼き菓子系の香味構成。やればできる子バーンハイム。疲れた時にゆったりと飲みたい。


2015年ごろにリリースされた、IWハーパー最上位グレードの15年熟成品。近年、スコッチに限らずバーボンであってもライト化、ノンエイジ化が進む中で、敢えて熟成年数を上げたリリースに興味が湧き、日本に早く入ってこないかなーと(あるいは友人に現地で買ってきてもらうかと)思っていたところ。昨年あたりから田地商店さんを筆頭に、並行品が市場に展開されはじめていました。

価格は店によってばらつきがあるものの11〜15k。現地が100ドル弱なんで、特にふっかけてる印象もないですが、現在12年が5000円程度であることを考えると、熟成年数3年差で2〜3倍って「どういうことなの・・・」と感じてしまうのはきっと自分だけではないはず。
しかし飲んでみるとなかなかどうして、強気もある程度は納得のクオリティ。12年よりも一段上の上質さに、ヘブンヒル・バーンハイムの本気見るようなリリースなのです。

IWハーパーの特徴はコーン比率の高いマッシュビルにあるとされ、この15年も例外なくコーン86%、ライ麦6%、大麦8%という構成。12年にも共通する飲み口の柔らかさが、熟成によってさらに磨かれ、程よいコクも感じられます。
そして一番は熟成の質と全体のバランスですね。近年の10年熟成クラスのバーボンに度々見られる、樽材のえぐみ的なものがほぼなく、チャーオーク由来のメローな香味が、加水によって実にバランスよく整っているのがポイントです。

ウイスキーに求める香味のタイプは人によって様々と思いますが、IWハーパーに求める味わいに限定するなら、コレが一つの指針だと思います。
面白みがない?派手さがない?いやいや、オフィシャルとしては、こういうのもいいモンです。

さて、以下IWハーパーとは全く無関係な雑談。
最近ボジョレーワインよりも酒好きの間で定着しはじめた感のある、"キリン一番搾り・とれたてホップ"。かくいう自分も楽しみにしている1人で、今年のが出回りはじめたので早速飲んでみました。
2018は軽くてスッキリな感じですね。
香りはホップの華やかさがふわりと感じますが、味はライトで苦味もそこまでじゃない。単品だとちょっと物足りないか・・・。
鍋料理や和食系に合わせるなら良さそうですが、案外こってりやB級系は苦手としそうなビールだなと感じました。

このページのトップヘ

見出し画像
×