タグ

タグ:GM

リンクウッド 21年 GM 蒸留所ラベル 1990年代流通 40%

カテゴリ:
LINKWOOD
Gordon & Macphail
Aged 21 years
1990-2000's
700ml 40%

グラス:テイスティンググラス
場所:Y's Land Bar IAN
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースの甘いアロマ、古酒感、いぶりがっこを思わせる角の取れた酸味とスモーキーさ。微かにい草のようなニュアンスもある。

味:穏やかな口当たり。シェリー感はバランス型、ブラウンシュガー、サルタナレーズンなどのドライフルーツ。ボディは平坦で一瞬香味の広がりに空白がある一方、余韻はピーティーで野焼きの後のようなスモーキーさが、染み込むように長く続く。

GMシェリーのカラメルソースっぽい甘みと、加水で整えられながらも1970年代以前のリンクウッドらしいスモーキーフレーバーが魅力。若干の古酒感はボトリング後の経年を考えればやむなし。出来ればもう少しボディが欲しいが。。。


先日IANで「昔のゆるいGMを」とオーダーして、棚の奥から出てきた一本。このデザイン系列の蒸留所ラベルは、1970年代後半あるいは1980年頃からリリースされていますが、今回はラベルが「Single highland malt」表記であることから、1990年代以降の流通と思われます。
つまり逆算すると蒸留時期は1970年代が濃厚といったところでしょうか。このころのリンクウッドは、銘柄によってスモーキーだったり淡麗だったりしますが、今回のベースはスモーキー比率多めのようです。

GMリンクウッドの蒸留所ラベルは、2000年代に入ると白黒のモノトーンのラベルへと変わり、直近ではボトルのデザインを微妙に変えながら現行品に至ります。(以下写真参考)
その間味の変化はどうかというと、当然それはあって。基本的にはピーティーさが穏やかになり、シェリー系中心にシフトするのですが、その間ロット差もあり、ある時はサルファリーだったり、リフィルっぽかったりと。。。ボトラーズリリースのシングルモルトなんだなと認識させられるぐらいに、誤差はありました。


(2000年代にラベルデザインが変わり、2012〜3年頃に肩部分に「G&M」の表記が入る写真のボトルデザインに変更された。最新のロットはボトルが再度変わり、メタリックなエンブレムも施されている。)

ちなみに今回のボトル。テイスティングではリンクウッドらしいと書きましたが、それはあくまでリンクウッドとわかっていた場合に紐付け出来るくらい。キャラクター的には、当時のGM蒸留所ラベルでリリースする20年クラスの熟成品の中で、同じように内陸系のスモーキーさがあるモートラックとの区別は困難という印象です。

強いて言えば、この時期はリンクウッドの方がスモーキーフレーバーが強いか。。。ですが、全体構成は例のGMシェリーと加水の強さで、他はこれという差別化が難しく。蒸留所ラベル以外のコニチョとか混ざろうものなら、正直自信はない。
まあこれもまた、ボトラーズの味というヤツですね(笑)。

グレンキース 1967-2002 GM コニッサーズチョイス 40%

カテゴリ:
GLEN KEITH
Gordon & Macphail
Aged 34-35 years
Distilled 1967
Bottled 2002
Cask type Sherry
700ml 40%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR Y's Land IAN
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライで干し草と青みがかったニュアンスに加え、古酒感のあるシェリー感。カラメルソース、葡萄系の果実香は、イチジクの甘露煮やレーズンの甘酸っぱさ。

味:飲み口はまろやかでコクのある緩い甘み、シェリー感だが、すぐにピリピリとした刺激。枝付きレーズン、干し草、青い瓜、余韻にかけて淡くモルティーなフルーティーさが開く。ドライで微かにトーンの高いフィニッシュ。

三回蒸留らしい口当たりの鋭さと荒さ、青みがかったニュアンスを伴うドライな酒質だが、60年代のモルトにあるフルーティーさもほのかに感じられ、加水と良質なシェリーカスクで仕上がっている。酒質を樽が補っている典型例のようなウイスキー。


グレンキースは、1957〜1960年ごろの創業からしばらくの間、3回蒸留で原酒を作っており、今回のボトルもまさにその時期に該当します。
蒸留所を所有するシーバスリーガル(シーグラム社)は、当時シーバスリーガル12年に加え100パイパーズを展開し、拡張路線の真っ只中だった時代。クセの少ないローランドタイプの軽い原酒を、ブレンデッド用に調達する目的があったのでしょう。
その後の3回蒸留実施期間については諸説あるものの、1970年の拡張工事から2回蒸留が開始されているようです。

あくまで個人的な観点で言えば、3回蒸留は麦由来の香味を薄めてしまうだけでなく、酒質が尖りすぎる傾向があります。
今回のような長期熟成では、60年代蒸留に見られる原料由来の香味は淡くなるだけでなく、度数が落ちると中間にのっぺりとしたボディの無さも出てしまい、これが熟成でも薄まらない。よく言えばシャープな、辛口に言えば口当たりの荒さが、キャラクターと言えます。

この個性は熟成を経て、濃いシェリーカスクであっても主張してくるので、樽感との馴染みもあまり良いとは言えません。
結果、リフィル系の樽でプレーンかつハイトーンに仕上げたモルトとして個性を楽しむならともかく、3回蒸留は完成度を考えると難がある原酒が多いように感じます。

(ほぼ同時期蒸留のグレンキース。こちらはシェリー感が淡い分口当たりがさらに荒い。GMからは60年代のグレンキースが複数リリースされており、総じてローランドモルトにも通じる個性を感じることが出来た。)

今回のGMのコニッサーズチョイスは、マップラベルでは珍しい40%仕様のボトル。これより前のオレンジラベル時代は40%がスタンダードでしたが、このラベルは43〜46%の方が多かったように思います。
キースの60年代は、上述の通り原酒に違う意味で癖があるわけですが、今回はその強い加水と、当時のGMらしいこってりとしたシェリー感 が効いて、結果美味しく仕上がったボトルと言えそうです。

モートラック 37年 1968-2006 GM プライベートコレクション 45%

カテゴリ:
MORTLACH
GORDON & MACPHAIL
PRIVATE COLLECTION
Aged 37 years
Distilled 1968
Bottled 2006
700ml 45%

グラス:サントリーテイスティング
時期:不明
場所:Y's Land IAN
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:濃厚でスウィート、ややベタつきがあり、長期熟成のクリームシェリーを思わせるようなアロマ。カラメルソース、黒蜜、レーズン、微かにベリー感を伴う果実香と、湿った木材を思わせる落ち着いたウッディネス。

味:マイルドで滑らかな口当たり。クリームシェリー、レーズンや皮付きの葡萄、ブルーベリージャム、濃く入れた紅茶のタンニン。濃厚な甘みを主体とする中で、ほのかな酸味とタンニンがアクセントになっている。
余韻は渋みが強く、タンニンが収斂するドライなフィニッシュへと続く。

見るからに圧殺シェリーだが、近年のスパニッシュオーク系ではなく、GM独特の甘みの強いカラメル系。なんとも葉巻に合いそうである。加水というよりチェイサーで余分なシェリー感を流すと、余韻の強いタンニンが軽減され、フルーティーさが残る。


GM社のディレクターがカスクチョイスしたというシリーズ、プライベートコレクション。
要するに立場ある人間のチョイスだから、普段のリリースより特別な樽を選んでるぜ、って位置付けだったのだと思うのですが、最近は特別感のある1950〜70年代の蒸留原酒以外に、カスクフィニッシュなど意欲作もリリースされており、位置付けがよく分からない印象もあります。(中にはプライベートコレクション=カスクフィニッシュに限定しているようなPRもあったり。。。)

ではこの時期のGMのリリース傾向と、このプライベートコレクションで考えてみると、如何にもGMらしいカラメルっぽいシェリー感のこってりした味わい。45%加水でありながら、このシェリー感の濃厚さは特筆モノですし、加水だからこその滑らかな口当たりもポイント。タンニンは強くあるものの、なるほどこれは中々悪くない濃厚系シェリーです。

ただ、モートラックでこの他リリースされていた、イーグルラベルの1960年代単一蒸留年モノなどと比較してどうかというと。。。突き抜けている印象はなく、良いも悪いもあとは好みの問題という印象。
それだけ同時期のボトラーズリリースのレベルが高かった結果にして、GMの豊富な原酒保有量だからこそ、逆に埋没したリリースとも言えそうです。


今回のテイスティングはいつもお世話になっている日本橋のBAR IANにて。
ちょっと前のGMでシェリーの濃いヤツないっすかねと頼んで奥からしれっと出てくる、今となってはレアなボトルたち。価格も良心的で、こういうかつてのGMらしさを経験したいという近年のドリンカーには是非オススメしたい環境であり、1本だと思います。


アバフェルディ 25年 1993-2018 GMコニッサーズチョイス 58.8%

カテゴリ:
ABERFELDY
GORDON & MACPAHIL
CONNOISSEURS CHOICE
Aged 25 years
Distilled 1993
Bottled 2018
Cask type 1st fill Sherry Punchon
700ml 58.8%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR GOSSE
時期:開封後1ヶ月未満
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:注ぎたてはハーブっぽいニュアンスを伴う、ハイトーンなウッディネス。カラメルソースやカカオチョコレート。時間経過でレーズン、ベリー感も開いて濃厚なシェリー香が充実してくる。

味:香り同様にリッチなシェリー感。カラメルソースやベリージャムを思わせる粘性のある甘み。奥には微かな硫黄、かりんとうっぽさ。余韻はドライでスパイシー、古酒感を伴う懐かしい味わい。

カラメルっぽさ、蜜っぽい甘みでGMらしさのある香味と、それ以上にベリー系の香味を伴う古き良き時代を連想させるオールドタイプのシェリー感。微かにサルファリーなニュアンスもあるが、むしろそれがベリー系の香味を底上げしている。近年少なくなったグッドシェリーカスク。


ちょいと仕事が立て込んで、いつもよ早く出社してるのに帰宅は終電という生活が続いたので、更新作業まで手が回っていませんでした。
こういう時は休日に書きなぐって残るは微修正くらいにしておくのですが、休日も家庭行事と休日出勤で潰れるってね(汗)。

しかしそうは言っても放置すれば気持ちはどんどん冷めていく。こういう時はハイプルーフなウイスキーを煽って、気合を入れて書くしかありません。
さて今回は先日大幅リニューアルしたGMのコニッサーズチョイスブランドから、注目の1本にして、自分のお気に入り。既に一部ドリンカーの間では話題になっているので今更感はありますが、涼しくなってきた今こそ飲みたい、アバフェルディのシェリーカスクです。

このボトルの最大の特徴は、近年の濃厚シェリーといえばシーズニングスパニッシュオークがトレンドとして定着しつつある中で、アメリカンオークで商品用のシェリー(おそらくクリーム)が長期間入ってたと思しきカスクが、パンチョンを作る際のベースに使われたと考えられる香味にあります。


アバフェルディのスタンダードラインナップは、12年から28年まで麦芽風味や蜂蜜を思わせる甘みをベースにした、リフィル系のアメリカンホワイトオークカスクを中心に構成されているため、濃厚なシェリーカスクはあまりなじみが無いかもしれません。

しかし、過去にはオフィシャルのカスクストレングスで近い香味のものを、ほぼ同じビンテージから複数リリースしており(写真上一例)、個人的にアバフェルディはリアルシェリー系列の1st fillでも良い原酒を持っているのでは・・・と感じていたところ。その香味の共通項から、ひょっとして今回のリリースはGM所有ではなく、オフィシャルから買い付けた樽なのでは?とも感じたほどです。

まあこの際樽の出元はどこでも良いのですが。先にも触れたように、近年主流のスパニッシュオークのオロロソシーズニングは、樽材の特性からウッディなニュアンスが強く出すぎるため、どうしても甘みが重く、ベリー系のニュアンスを伴うフルーティーさは出づらくなります。また、スパニッシュオークだと、香木のようなアロマが強く混じるのも特徴的。
それが悪いと言うワケではないのですが、今回はそうしたタイプとは異なる樽感がアバフェルディらしいコクのある酒質が合わさって、粘性のある甘みを後押ししている印象。これはナイスリリースですね。

先日リンクウッド1973の記事で触れた、2010年ごろまで主流だったシェリーカスクリリースのひとつが、まさにこの系統なのです。
現在は急速的に市場から失われており、それをブランドリニューアル後の初期リリース枠にピックアップしてきた。この他、ハイランドパークやプルトニーなど、同じくコニッサーズチョイスからリリースされたボトルもそれぞれキャラクターを感じやすく、完成度の高いリリースは流石の一言。
原酒の選定でこうもレベルが上がるのか。このクオリティが維持されることを期待して、新生コニッサーズチョイスの今後の展開もたのしみにしています。

リンクウッド 39年 1973-2011 GM 43%

カテゴリ:
LINKWOOD 
GORDON & MACPHAIL
Aged 39 years
Distilled 1973
Bottled 2012
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:個人主催テイスティング会
評価:★★★★★★★(7)

香り:柔らかくリッチな甘み、キャラメル、林檎のカラメル煮を思わせる角の取れたエステリーさ、濃く入れた紅茶のようなウッディさを伴うふくよかなアロマ。

味:マイルドな口当たり。カラメル系のオールドシェリー感、枝付きレーズン、イチヂクの甘露煮。ボディは平坦気味だが、香り同様の柔らかいエステリーさが、樽香と共に鼻腔に届いてくる。
余韻はウッディーでドライ、焦がしたカラメルのほろ苦さ、柔らかいが舌に染み込むタンニンを伴って長く続く。

まさにGMシェリーという樽感のあるボトルだが、それ以外にエステリーな熟成感も感じられ、スペイサイドらしい酒質をベースに整った仕上がりとなっている。
これからの季節で本領を発揮する美味しいシングルモルト。


2010年以前からボトラーズに手を出していた飲み手にとって、間違いなく馴染みのある味わいの一つが、このリンクウッドです。久しぶりに飲みましたが染み込むようにふくよかな味わいで、心落ち着きますね。

当時、日本市場に流通していたボトラーズはGM、ダンカンテイラー、OMC、シグナトリーあたりが大半を締めており。なかでもGMから量産されるこの緩いカラメルソースのようなシェリー感のあるモルトは、ダンカンテイラーのピアレス香と合わせてボトラーズを代表するキャラクターだったと思います。

この手のシェリー感のボトルは安定して美味しいのですが、加水とバッティングであることも手伝って、どうしても没個性的というか、同じ傾向の味に仕上がる傾向があったと思います。
当時のリリースでは、リンクウッド以外に、ストラスアイラ、モートラック、グレングラント、ロングモーンの蒸留所ラベルと、マクファイル(マッカラン?)が筆頭。
それが徐々に姿を消し、今回のボトルのように価格帯をあげたラインナップが出回り始めます。(ビンテージもスペックもこれまで流通してたものとほぼ同じなんですが、不思議に値段が上がるマジック。。。今じゃもう手が出ません。)

新しいリリースは価格こそ高かったですが、上述のGMらしいシェリー感を備えつつ、そこまで圧殺でないうか、熟成した酒質に由来すると思しき香味も感じ易かったように思います。
今回のリンクウッドも、該当する香味に加え、熟成したモルティーさ、フルーティーな熟成香が渾然となって短熟ではありえない味わい。
詳細は不明ですが、これまでよりも混ぜる数を減らして樽を厳選した結果、酒質部分が潰れにくくなったのかなと予想しています。

このページのトップヘ

見出し画像
×