タグ

タグ:GM

ストラスアイラ 35年 1937-1973 GM コニッサーズチョイス 43%

カテゴリ:
STRATHISLA
Gordon & Macphail
Connoisseur's Choice
Over 35 years old
Distilled 1937
Bottled 1972-1973
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:KUMC
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★★(9)

香り:ウェアハウスを思わせる古く落ち着いた香り立ち、キャラメルナッツ、熟したオレンジ、燻した麦芽から土っぽいピート香、存在感のあるスモーキーさ。ほのかに貴醸酒のような古酒感や、陶酔感を感じる。グラスの残り香も素晴らしい。

味:まろやかでコクがあり、どっしりとした麦芽風味主体の口当たり。サルタナレーズン、林檎のカラメル煮。後半にかけてじわじわとピーティーでスモーキーなフレーバーが開き、鼻腔にも抜けていく。
余韻はカラメルソースやローストした麦芽風味、染み込むようなほろ苦さが長く続く。

ピートと麦芽風味の素晴らしい一体感。そこにリフィル系の枯れたオールドシェリー樽のアクセント。アルコールも立っており、状態は素晴らしい。少量加水するとスモーキーさが穏やかになる一方、陶酔感あるシェリー香、麦芽香が主体的になり、うっとりとするようなアロマが広がる。ただし味は水っぽさが強くなり、加減が難しい。


エドワード&エドワード表記、ジャッコーネ向けのコニッサーズチョイス。これはもう時代と経年がもたらした贈り物と言える、オールドモルトの良さが結実したようなボトルです。
懐古厨と言われようと、ラベル酔いと言われようと、良いものは良い。やはりスコッチモルトは麦とピートの酒なのだという、そのものの本質と、格の違いを感じさせられてしまう1本でした。

ストラスアイラは1950年にシーバスリーガル社の傘下となり、現在はペルノリカールグループにおける文字通り"キーモルト"を提供する、主要蒸留所であり続けています。
今回はその買収遥か前、当然設備や製法なども旧式だったと思われる時代の作。1940年代、30年代のモルトは平均して語れるほど多くの蒸留所を飲めていませんが、これまで飲んだモノに共通してあるのは分厚い麦感、そして内陸とは思えないほど存在感のあるピートの層。
おそらくボトリング当初はもっと強い主調があったものの、経年によってまとまった香味の形が、この時代のウイスキーを飲む醍醐味だと感じています。

また、コニッサーズチョイスは単一ビンテージで複数樽バッティングがあるのもポイント。バッティングによる香味の複雑さと安定化、今の原酒はそうでもしないとってのはありますが、香味の強いこの時代でそれをやってたらもう反則ですよ。
それをオフィシャルではなくボトラーズ1社が定常的にリリースしている点が、GM社が様々な蒸留所の準オフィシャルとして機能する、圧倒的な原酒保有量を垣間見る要素とも言えます。
いやはや、本当にスケールが違うメーカーです。

(今回のヤッテヤッタデス事例。主犯は自分では無いが、結局一口便乗したので同罪か。美味い、美味いがこれじゃなくても。。。あまりの罪深さに手が震えて、写真のピント合わせもままならない(笑))

なお、GM社は今年から既存ラインナップの全面的な見直し、リニューアルを始めています。
この動きは、GM社の100年を越える歴史の中で初めてのこと。近年のGM社は物凄い勢いでラインナップを拡充してきましたので、差別化がわかりにくいものや、継続しているのかもわからないシリーズもちらほら。ここで一気に整理して、選択と集中を行うのもアリだと思う一方、こういうのは大概値上げとセットになりがちですから消費者としては一抹の不安が。。。(JISさんの発表ではディスカバリーなるシリーズも誕生するようですし。)

既にリニューアルが発表されたのが、今回の記事でもあるコニッサーズチョイス。1968年にリリースが開始され、今年で半世紀、節目の年のリニューアル。
ラインナップにおける基本的な方針はこれまでと変わらずですが、カスクストレングスとウッドフィニッシュが正式の加わる模様。ラベル下部の色でラインナップを分けており、ゴールド:従来通り46%加水、シングルカスク並びにスモールバッチ含む。グレー:カスクストレングス。レッド:カスクフィニッシュタイプ。と整理されるようです。

気になる店頭価格は70ドルから500ドルの間くらいとのことですが、日本だと諸々込みで1万円弱くらい〜でしょうか。
後はどんな中身で来るか、続報を待ちたいです。

リンクウッド 37年 1939-1976 GM コニッサーズチョイス 43%

カテゴリ:
LINKWOOD
Gordon & Macphail
Connoisseur's Choice
Aged 37 years
Distilled 1939
Bottled 1976-1977
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@BLACK HEART
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:柔らかく芳しい麦芽香と存在感のあるスモーキーさ。グレープフルーツなどの柑橘のジャム、蜂蜜、ほのかにレーズン、土の香り、奥行きのあるアロマ。

味:まろやかな麦芽風味に柔らかいピートスモークがしっかりと広がる。香り同様の果実味はオレンジやグレープフルーツ、ほのかにカラメルソース、オールドシェリーのコク。一体感のある味わい。
余韻はほろ苦くスモーキー、嫌味のない麦感とフルーツが染み込むように長く続く。

香味に共通する奥行きのある麦感と存在感のあるピート。経年の影響があってなお輝く、加水ではあるが元の原酒のスケールの大きさを感じさせるウイスキー。素晴らしい!


世界大戦の期間を挟んで熟成されているというだけで、そのビンテージに理解が追いつかない、今となっては反則的なスペックのリンクウッド。
注文した際の「だいぶ抜けてるかもしれないよ」というマスターの言葉とは裏腹に、それを差し引いてなお味わい深く、しっかりとした個性が感じられる素晴らしいボトルでした。

その香味は、抜けているというか、穏やかになったという感じ。開封後時間が経過している加水仕様のボトルなら、もっとくすんだような味になるのですが、このボトルは麦感、果実味、ピート香に存在感があり、口開けだったら一体どれ程の厚みと強さがあったのだろうかと、その強さとスケールにただただ驚かされます。
麦の品種、フロアモルティング、蒸留プロセス、何が由来しているのか興味が尽きません。

リンクウッドと言えば、近年は新旧2つの設備からノンピートタイプとピーテッドタイプの2タイプ(2つのニューポットは時に混ぜられるそうで、実際はさらに多様なタイプがある)の原酒が生産されていますが、1971年の蒸留設備新設以前はピーティーな原酒を中心に生産が行われていたようです。
ただリンクウッドにおける自分の経験値は1950年代の蒸留まで、流石に1930年代の原酒は未体験ゾーン。このボトルだけで全てを語ることはできないと思いますが、それらオールドリンクウッドのピーティーな原酒と同じベクトルにあるという印象を持ちました。


なお、この日はストラスアイラ、タリスカー、リンクウッド、3種類のGMコニッサーズチョイスをテイスティング。タリスカーが少し抜け気味でしたが、それでもどれも加水とは思えないコシのある味わい、個性の強さが共通する要素にあり、まさに至福のひとときでした。

余談ですが、このコニッサーズチョイスの裏ラベルを見ると、伝説のウイスキーコレクターとして知られるエドワード・ジャッコーネ氏の名義が。彼は自身の卓越した目利きで多くの原酒を選び、ボトリングも行なっていたわけですが、このコニッサーズチョイスにも関わっていたんですね。
当時と今では状況が違うとは言え、これは確かに誰もが美味いと納得するボトルだと思います。

カリラ 15年 1974-1989 GM 40%

カテゴリ:
IMG_6202
CAOLILA
Gordon & Macphail
Aged 15 years
Distilled 1974
Bottled 1989
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@KuMC
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:柔らかい香り立ち。強い磯っぽさやヨード、塩素、乾いた麦芽とほのかな柑橘感がアクセントに。アイラ的な要素が強い存在感を保っているが、加水が効いてバランスがいい。

味:香り同様に柔らかい麦芽風味からピリッとした塩気、適度なコクと透明感。
徐々に魚介出汁、灰っぽさも。
余韻はグレープフルーツピールのアクセント、ほろ苦くスモーキーな麦芽風味を伴い染み込むように長く続く。

40%加水でありながら、しっかりとしたアイラモルトらしいフレーバーが備わっている。樽感はリフィル系であまり強くなく、柔らかさと個性の主張を両立したしみじみと旨いボトル。まるで穏やかな日の海辺に居るよう。

IMGP9406

アイラ島とジュラ島の間、サウンドオブアイラことアイラ海峡に面した立地を持つカリラ蒸留所。上記写真にもあるように、スチルハウスの目の前に広がるそれが、蒸留所の特色の一つともなっています。

この近年のカリラ蒸留所の姿が作られることとなったのが、1972年から1974年の間に行われた、ポットスチル増設などの大規模拡張工事です。
導入されたポットスチルの形状などは、それまでのものと同じものという話でしたが、使い込まれたそれと異なり新しいものでは癖的な香味が出にくいのか、あるいは生産量が増えた事での影響か。1974年蒸留のカリラはクリアで雑味の少ないキャラクターのものが多く、樽次第でははっきりとした美味しさを得る一方、60年代に比べボディは軽い印象を受けます。
今回のボトルも、アイラ的な個性の存在感はしっかりあるものの、飲み口は柔らかく同様のベクトルと感じます。

そのため、人によってはいい意味での雑味やフルーティーさが強い1970年代後半から80年代前半のキャラクターを評価する声もあります。
ただ、カリラ蒸留所にとって、のちに起こる閉鎖の危機を生き抜くこととなった一つのターニングポイントがこの拡張工事であり、1974年蒸留のボトルは時代背景としても蒸留所のキャラクターとしても、飲んでおく価値のあるビンテージだと思います。

クライヌリッシュ 44年 1972-2016 GM レアオールド 42.2%

カテゴリ:
CLYNELISH
Gordon & Macphail
Aged 44 years 
Distilled 1972
Bottled 2016
700ml 42.2%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅セミナールーム@TWD
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7-8)

香り:キャラメルや濃いはちみつを思わせる甘い香り立ち。麦芽香は樽香と混じってシフォンケーキのようで、スワリングでスモーキーなピート香が開く。時間経過でアプリコット、リンゴのカラメル煮、ドライでやや枯れたようなニュアンス。

味:マイルドでとろりとした口当たり。やわらかい麦感、熟したバナナ、キャラメル、そこからスモーキーフレーバーが鼻腔まで広がる。コクはあるがボディは細くなりつつあり、後半にかけてドライな要素が強くなっていく。
余韻はドライで角の取れたウッディネス、トロピカルフルーツの戻りが時間差で広がる。

度数が落ちて枯れ気味なニュアンスが感じられるモルトだが、元々のボディの厚さと個性の強さで、樽由来の要素や熟成による変化を受け止めてギリギリ踏みとどまっている。柔らかくマイルドな飲み口、粥のようならしい麦感と存在感のあるスモーキーさ、そしてリフィルと思われるがGMらしさのあるシェリー感。まさに最後の飲み頃、ストレートでじっくりと頂きたい。


GMのハイエンド(最近色々出過ぎてよくわからない)のレアオールドシリーズからリリースされた、クライヌリッシュの当たり年と言われる1972年蒸留にして、同ビンテージ最長熟と思われる1本。
なのですが、半世紀近い熟成年数に対して度数がレッドゾーンが近づいた42.2%は、ちょっと危険な匂いも感じる仕様でもあります。

言わば、枯れきったモルトの味わいとも言える、個性やボディがスカスカで樽感だけ華やか、どの蒸留所とも言えないようなモルトなのではないか。。。と。
ただそんな心配は杞憂でした。確かに枯れたような香味も多少あるものの、それ以上にクライヌリッシュらしい個性や、意外にも存在感のあるピート、戻りの果実味に感じるオークの恩恵。全てのウイスキーがたどり着けるわけではない、熟成後の姿があるのです。


クライヌリッシュで1972年と言えば、かつて同じGMのケルティックシリーズなどで多数リリースされており、いちごの白い部分のような果実味と華やかな樽香から、当時の愛好家にとって長熟クライヌリッシュのベンチマーク的存在となったビンテージだと思います。

そのクライヌリッシュと比較すると、今回のそれは少々傾向が異なる仕上がり。時代を感じるピート香を除けば、オフィシャル14年で感じられる要素の延長にある香味が主体的で、あれがこうなるとは思えない、ではなく、親子の写真を見比べて確かにこれは同じDNAがあると感じるような仕上がり。
昔の原酒の良さをと共に、今の良さも感じる。それらの共通点が香味にある枯れ感で、さながら次の世代にバトンを渡すような構成とも感じられました。


今回のボトルは昨年末に開催した、仲間内のテイスティング会で頂いたものです。
いろんな意味でレアなボトルが集まった会で、価格的に突き抜けていたのがこのクライヌリッシュ。そんな男気溢れる持ち込みを頂いたYakuさんも、自身のブログでこのクライヌリッシュのレビューを公開されています。


自分と異なる視点での評価は、また違った考察となっているだけでなく、持ち主だからこその時間をかけた深堀りが非常に参考になります。
当ブログと合わせて読んで見てください。
サンキューヤック!!

オールドプルトニー 29年 1984-2014 GMリザーブラベル 57.8%

カテゴリ:
IMG_5646
PULTENEY
GORDON & MACPHAIL RESERVE
Aged 29 years
Distilled 1984
Bottled 2014
Cask type Refill Bourbon Barrel #10171
Exclusively Bottled for JIS
700ml 57.6%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7) (!)

香り:穏やかで熟成を感じる香り立ち。ほのかに溶剤的な要素を伴うバーボンオーク。麦芽やバニラの甘み、レモンピール、微かにハーブを思わせる爽やかさも。

味:コクのあるクリーミーな口当たり。刺激を伴う麦芽風味、バニラや洋梨の品の良い甘み。序盤はプルトニーらしいトーンの高いキャラクターから、余韻でドライパイナップル、黄色系のトロピカルフルーツ、オーク由来の華やかさが一気に開く。

香味ともプルトニーらしさがありながら、長期熟成故の熟成感、樽由来の要素も備わっている。プルトニーにおける熟成のピークのひとつ。酒質と樽が自然なバランスを保っている、実にうまいウイスキー。 
私事ですが、1984年生まれの自分にとって「生まれ年のスコッチモルト」で、これというボトルに出会えないのがスコッチ業界のあまり嬉しくない事情の一つ。1984年に限らず、同世代である方々は同じ問題を抱えているわけですが、これはスコッチ業界の冬というより暗黒時代が背景にあります。

当時、消費量の落ち込みから多くの蒸留所が生産を縮小、そのいくつかは閉鎖、操業停止に追い込まれている話は言うまでも無く。製造行程においては麦の品種改良からか何らかの原因で原酒にコク、深みが無くなっていった点に加え、樽の使い方が安定せず、代表的な事例としてシェリー業界の動向から1960、70年代は手に入りやすかったシェリー酒の古樽が入手困難となり、熟成の浅い青臭い木香が漂うシェリー樽や、シェリー酒を直接混ぜたような質の悪い樽によるウイスキーも見られるなど、単に蒸留所が閉鎖されただけではない、ウイスキー全体として質、量ともに落ちた時代でした。

もちろんその中でもすべてが悪かったわけではなく、素晴らしいと思えるボトルに出会えることもあります。
特にあまりファーストフィルシェリー樽に頼っていなかったと考えられる蒸留所は、バーボン樽やリフィル樽へのシフトがスムーズで、大きな落差がないように感じます。
それが中々1984年ではなかったというだけですが、今回のプルトニーは樽感と酒質の熟成によるバランスが素晴らしく、ウイスキーとしての高い完成度を感じられるものでした。


プルトニーは加水されてしまうとらしさが大きく軽減されて、46%であっても去勢されたような印象を受けることがあります。
かつてGMがリリースしていた長期熟成の蒸留所ラベルはもとより、オフィシャルでは21年はなんとか、しかし30年、35年は美味しいけれどプルトニーじゃなくても良いだろうというくらい樽感が主体的で、加水は20年くらいまでだなあというのが個人的な印象です。

それが今回のボトルは高度数のカスクストレングスゆえボディに力があり、樽感をしっかり受け止めて、まずは酒質由来の要素を味わった後で樽由来の華やかさが余韻で広がる。絶妙なバランスを味わえる構成に、熟成のピークとはこういうことかと感じられます。
しいて言えば、スケールという点ではさほど大きくないのが"時代"とも言えそうですが、そこは重箱の隅。自分の生まれ年で、こうしたボトルに出会えたことが嬉しい1杯でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×