タグ

タグ:GM

ベンリアック 50年 1966-2016 GMケルティックラベル 54.3%

カテゴリ:
BENRIACH 
GORDON & MACPHAIL
Aged 50 Years
Distilled 1966
Bottled 2016
Cask Type 1st Fill American Hogshead #606
54.3% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:持ち寄り会@マッスルKさん
時期:開封後1ヶ月未満
暫定評価:★★★★★★★★(8)(!)

香り:ツンとした樽香とシナモンなどのスパイス、ハーブ。徐々に甘栗、ドライアプリコット、熟したパイナップル。最初はドライで香りが立たないが、ほんの数分でフルーティーさが充実してくる。

味:最初はドライな口当たりだが、徐々に甘みと粘性がひろがる。紅茶を思わせる心地よいタンニン、ピリピリとしたスパイシーさから舌の上で発散するフルーティーさ、熟した桃、アプリコットジャム、トロピカルフルーツ。ボディはしっかりして、生きている。
余韻はドライ、華やかなオークフレーバーが非常に長く残る。

最初はドライで樽のニュアンスが強いが、5分10分もすれば急速に香味が開き、甘み、フルーティーさが充実してくる。
今後開封後変化でさらに開く印象がある一方、加水するとボディが崩れ、一気に香味とも弱ってしまう。ストレートでじっくりと、時間をかけて半世紀に渡る時の流れを楽しみたい。
昨年リリースされたLMDWの60周年記念シリーズ。もっとも突き抜けたスペックであり、目玉とも言える1本が、このベンリアック50年GMケルティックラベルです。
ケルティックラベルは数年前に乱発されて以降、リリースされるのは久しぶりという印象がありますが、流石メゾン、そして流石GM。長熟原酒の枯渇が叫ばれる現代において、「奇跡」と言っても過言では無い、とんでもない樽を持っていました。

他の銘柄を含めると50年オーバーのウイスキーはこれが初めてというわけではありませんが、総じて度数が低かったり、過熟気味のウッディーさが強かったりで「ピークを過ぎてるけど飲めるレベル」という仕上がりが多い印象。
それがこのベンリアック1966は、50年の時を越えてなお、枯れず、くすまず、54%と高度数を維持。酒質部分の香味はだいぶ削られてシャープになっている感じはありますが、樽感は華やかでフルーティー、過熟感のあまりないオークフレーバーが、舌の上で綺麗に発散していくのです。
これは長期熟成原酒にありがちな、40%前半まで度数が落ちてしまった、最初はフルーティーだけど後が続かないものとの大きな違いです。

樽は1st fillのアメリカンホグスヘッド。この時代ではシェリー樽だと思うのですが、明示的にこれがシェリーと言えるかは曖昧なフルーティーさ。何より1st fillのシェリーホグスヘッドであればもっと濃厚なシェリー感が備わっているところ、そういうニュアンスはありません。
ではバーボンホグスヘッドかというと、シェリーに比べて容量が小さい環境で50年も熟成させたら、もっとドライで渋みも強く出るはず。。。どちらの樽であっても、このベンリアックのフレーバーには繋がらないのです。(エンジェルズシェアをざっくり計算すると、どちらの樽でも一応今回ボトリングしている本数は得られる可能性はあり、足し合わせ等ではないようです。)

何かヒントはないかとメゾンのサイトを見ると、樽仕様が「Remade hogshead 1st fill」となっていました。
ホグスヘッドは基本組み直して作るものですから、リメードである事はおかしい事ではありません。
しかし使い古したアメリカンホワイトオークの樽を再加工して作ったリメードホグスヘッドを起点とし、そこに1度ウイスキーを熟成させた後の1st fillであれば、今回のような熟成感もある程度説明がつきます。

一方、樽は前述の通りであっても、度数に関しては高度数すぎるものを入れた感じでも無いので、純粋に一般的な度数で樽詰めされ、熟成環境が噛み合った結果と言う印象。
何れにせよ半世紀という時間をかけて作られた原酒を飲む事は、味わい以上に特別な想いがあります。まして今回のように、特別にバランスの取れたものは尚更です。
素晴らしいウイスキーをありがとうございました!

タリスカー 1954 GM イーグルラベル 40%

カテゴリ:
TALISKER
Isle of Skye Pure Highland Malt
Gordon & Macphail
Distilled 1954
1980's
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅(KuMC)
時期:開封後2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★★(9)

香り:ベリー感を伴う落ち着いたシェリー香に麦芽香。チョコレートクッキー、枝付きレーズン、古いウェアハウス。妖艶で土っぽいピート香も感じられる。

味:とろりとリッチな甘み、ベリージャム、カステラ、微かにカカオ。強い麦芽風味と染み込むようなピートフレーバー。40度加水とは思えないボディの厚みがある。
余韻は古典的な麦芽風味、序盤から続くシェリーの甘みを黒土を思わせるほろ苦さが引き締め、スモーキーで染み込むように長く続く。

オールドシェリーとそれを受け止める分厚い酒質、スモーキーフレーバー。加水で調整されたウイスキーならではの負担のない飲み口。蒸留所云々を差し引いても、長期熟成ウイスキーとして整った旨さがしっかりとある。
こうしたウイスキーを量産できていた当時のGMは、やはりどこかおかしい。


1954年蒸留のタリスカー。ーグルラベルのタリスカーは長い期間結構な種類がリリースされていましたので、ボトリング年の特定はできません が、ラベル形状等から1980年代流通で、中身は25から30年熟成といったところと思われます。

少しラベルが退色していたので、開封前はフェイク疑惑も話題にありましたが、中身は間違いなく本物です。
オールドシェリーの傾向の一つとも言える、カラメルソースを思わせるとろりとした甘さ、それを支える分厚い麦芽風味、タールや黒土のようなピートフレーバー。。。
これはGMが凄いのか、それとも1950年代のタリスカーのポテンシャルゆえか。あるいはそのどちらも凄かったというこというか。シェリー感の強いバージョンや麦芽風味が強いバージョンなど、構成にばらつきはありますが、兎に角、これまで飲んできたどのボトルを思い返しても、この時代のGMタリスカーはハズレなしどころか、安定して突き抜けている印象があります。

先日開かれたウイスキー仲間との持ち寄り会では、1950年代蒸留の短熟オフィシャルと、長熟タリスカーの超豪華な飲み比べとなり、それぞれの良さを堪能させていただきました。(写真の並びは参加メンバーが高評価したボトルの順。。。タリスカー2本はダントツでした。)

短熟オールドの経年で丸みを帯びつつも個性がわかりやすい味わいも文句なく良かったですが、個人的には熟成を経たことで備わったオールドシェリーの妖艶な甘さと、どっしりとしつつも落ち着きがあるピーティーなニュアンスがどストライク。
むしろ短熟を飲んでいたからこそ、このボトルの良さがわかりやすかったのかもしれません。

なお、これを飲んだからといって現行品不甲斐ないなどと言う話ではなく、もはや同じ名前をした別な何かと考えています。
言わばパラレルワールドのようなもの。機会があればこうして覗かせてもらうわけですが、その世界は困ったことにとんでもなく魅力的なのです。

ストラスアイラ 40年 1967-2007 GM 蒸留所ラベル 43%

カテゴリ:
STRATHISLA
Gordon & Macphail
(Aged 40 Years)
Distilled 1967
Bottled 2007
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後3年程度
評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでこってりとして甘い香り立ち。お菓子のキャラメル、りんごのカラメル煮、葡萄のキャンディーのような色の濃い甘みと微かな酸味。湿ったようなウッディネス。

味:とろりとしてリッチ、葡萄飴やチョコレートの甘みを感じた後で、すぐにウッディーなタンニンを伴う口当たり。
余韻は染み込むタンニン、ビターで濃く煮出した紅茶のよう。鼻腔には長熟ブランデーを思わせる甘みが届き、ドライなフィニッシュ。

一言でGMシェリー味、時々無性に飲みたくなる。ボディはあまり強くなく、特に後半はウッディで単調気味だが、今はなき懐かしいシェリー感がしみじみ味わえる。


自分と同じくらいの時期(2010年前後)以前に飲み始めた人にとって、ストラスアイラと言えばオフィシャル12年より、このGMの蒸留所ラベルは非常に馴染み深いものであり、そして懐かしいものではないでしょうか。

1万円から2万円のレンジでボトラーズ各社の長期熟成原酒が市場に溢れる中、ストラスアイラやモートラック、グレングラントなどのGM蒸留所ラベルの長期熟成は特に手頃に手に入ったうちの一つ。
中でもストラスアイラは25年、30年、40年に加え、このボトルのように長熟ビンテージリリースもシングルモルトとして定番品だったわけですから、とんでもない時代だったなと思います。
(そう思うと当時は微妙なデザインだなあと思っていたこのラベルも、なんだかかっこよく思えてきてしまったり・・・笑)

このリリースにストラスアイラらしさを問われると、むしろこれはGMのストラスアイラってこんな味だったんだよとしかいえない、カラメルソースのような独特なシェリー感がほぼ全ての同時期リリースに共通する特徴。後はピートがわかりやすかったり、フルーティーさがしっかりあったりとそれぞれキャラクターが異なるという印象です。
この1967に関しては突き抜けた完成度はありませんが、当時のそうしたシェリー感はわかりやすい、まったりと飲める1本です。
最近GMからリリースされることが少なくなったこのタイプのシェリー系ボトル。流通量が多かったので、ストックされているお店も少なからずあるのではと思います。飲まれたことが無い方は、一度経験しておいても良いかもしれませんね。

DSC01919
(ストラスアイラ蒸留所のロビー。飾られた歴代リリースの中には、このGMと同じデザインが採用されたボトルもある。 スペイサイド最古の蒸留所の歴史を感じる空間。Photo by K67)

今更ですが、蒸留所ラベルとはGMがリリースする各蒸留所毎に、特定のデザインのラベルが採用されていたシリーズのこと。現在もリリースが続いている銘柄もあり、ボトラーズでありながらオフィシャルのようなリリースを行なっているストックと生産量はただただ圧巻です。
一部のボトルは、ストラスアイラやマッカランのように、逆にオフィシャルがGMのデザインを逆採用してリリースした事もあるなど、GMの影響力に加え各蒸留所の結びつきの強さが伺えるエピソードとなっています。

武蔵屋 & ジャパンインポートシステム 試飲会レポート(前編)

カテゴリ:
ウイスキーフェスティバル、そしてオールドブレンデッドテイスティング会とウイスキー尽くしの2週間が終わって間も無い中、続いて開催された武蔵屋&JISさんの試飲会(プロ・アマ問わず誰でも参加可)に出没してきましたので、その雑感をまとめておこうと思います。

ウイスキー関連のラインナップは、GM、OMC、キングスバリーの3種が中心。特にGMは先日のフェスからの流れで、非常に潤沢なラインナップが印象的でした。
なお、流石に全種類テイスティングしたのでは時間も身ももたないので、今回はプラカップに少量注ぎ、口に含んで「おっ」と思ったものだけをテイスティンググラスで試飲しました。
従って、いつもよりも精度が粗いかもしれませんが、ご容赦ください。

IMG_2689    
それでは、まずはベンロマックのスタンダード各種から。
・ベンロマック オーガニック 2010 43%
・ベンロマック10年 43%
・ベンロマック10年 57%
・ベンロマック ピートスモーク 2006 46%
・ベンロマック 15年 43%

飲んでいて共通して感じたのは酒質の良さ、素直さ。最近のスペイサイドにありがちな軽くピリピリした感じは少なく、これなら樽と熟成次第でさらに美味しいスペイサイドモルトになれるであろう予感がします。
このラインナップ中で良かったのは10年のカスクストレングス。次点はピーテッド。
10年は微かに硫黄が混じっているものの、全体的には嫌味の少ないシェリー感で、飲みごたえも中々。ピーテッドは、若いなりにバランスよくまとまっていました。
続いてロッホローモンド。
・ロッホローモンド オリジナル シングルモルト 40%
・インチマリン 12年 46%
・インチマリン 18年 46%


いろんな意味でらしさを1番感じたのは18年。オイリーでクセのある・・・一言で濡れたダンボールちっくな味は飲み手を選びますね。インチマリンを製造するロッホローモンドはリトルミルの第2蒸留所として建設された経緯があり、その背景からも、らしさははっきり継承されているように思います。
他方で、ロッホローモンドNA、インチマリン12年はどちらも意外に、というか良くできたボトルで、NAは素直なハイランドモルトという感じの乾いた麦芽風味を伴う味わい。12年は青っぽさは若干あるも、しっかりとフルーティー。
この蒸留所については、後日また記事をまとめていく予定です。

IMG_2700    
続いてはハンターレイン社のOMC。
ここからはボトラーズで1銘柄1銘柄記載すると記入量がハンパないことになるので、紹介するボトルだけビンテージまで記載します。        
OMCは気になる蒸留所が多かったので、ほぼテイスティンググラスを使用しました。
中でもヒットしたのが、2種類のグレンゴイン。

・グレンゴイン スペシャルカスク FORJIS 15年 (2001-2016) 58.8%
・グレンゴイン 17年 (1996-2014) 50.0%


日本向けのスペシャルカスクはフルーティーでモルティーな味わいのまとまりがよく、バランスの良い仕上がり。ノーマルな50%は多少植物感はあったものの、後半にかけて開くバニラ、洋梨、ドライフルーツの樽由来のフレーバーが好印象です。
その他のボトルでは、ここでも安定感のある短熟カリラ6年。リンクウッド FOR JIS 19年は花と動物直系の味わいというか、中性的で自分は求めている方向性が違うなと。グレンバーギー17年は一番期待していたのですが、シェリーカスク熟成ということで、普段のフルーティーさと違うまったりとしてウッディなタイプに仕上がっていました。
ちなみに先ほどオフィシャルテイスティングでいろんな意味で楽しませてくれたロッホローモンドは(以下略。

IMG_2683
姉妹ブランドに当たるプロヴェナンスのラインナップからは、ジュラ 11年 (2003-2014) 46%。
ピートのしっかり効いたジュラで、熟成感はオフィシャル10年と同等程度でやや短熟気味。少し酸味を伴うクリアな味わいとスモーキーフレーバーで、いかにもという味わいでした。
ちょっとこのラインナップだけは消去法で動きましたが、例えばBAR飲みで現行品との比較にこのジュラを使うなら面白そうです。

IMG_2687
キングスバリーのゴールドシリーズ5種類。こちらからはベンネヴィスとアランをピックアップです。
・ベンネヴィス 17年 (1998-2016) 57.9%
・アラン 18年 (1996-2015) 52.9%

ベンネヴィスは所謂圧殺系のシェリー感で、個性はあまり感じませんでしたが、時間経過で開くかもしれません。
また、ファークラスやマッカランなどに見られるシーズニングシェリーとは少し違う、黒蜜のような甘さが印象的な濃い味わい。好きな人は好きなボトルだと思います。
なお、アランは安定のアラン(笑)。リフィルシェリーホグスヘッドと思しき構成ですが、フルーティーさよりとろりとした甘さがあり、まったりとした味わいです。
この他短期熟成のタリスカー5年は、若いですが酒質の強さ、素性の良さを感じる味わいでハイボールにしても面白そう。また、こういうのをマイ樽に入れたいなと思うのですが、価格的に釣り合いが取れないんですよね(汗)。        

以上ここまでざっと26本。
オフィシャルボトルは復権、味が良くなってきている印象を受ける一方で、ボトラーズは短期熟成が目立ち、1990年代蒸留ですら「若干ありがたく感じる」のは、やはり世代が切り替わってしまったことの証なのかもしれません。
簡易レビューで恐縮ですが、参考になりましたら幸いです。
長くなってきましたので、ひとまずここで区切りとして、後編はGMのラインナップから紹介します。

マクファイルズ 2000年記念ボトル GM 40% 2000ml

カテゴリ:

MACPHAIL'S 2000
Gordon & Macphail
Malt Soctch Whisky
"A vatting of rare single malt whiskies the combined ages total 2000 years"
2000ml 40%

グラス:テイスティンググラス名称不明
量:30ml以上
場所:個人宅
時期:開封後1年程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:モルティーで華やかな香り立ち。微かなミント、アルマニャックの古酒を思わせるまろやかな酸味とウッディネス、アプリコット、リンゴのカラメル煮、奥には腐葉土を思わせるアロマがあり、長い熟成を感じる。

味:まろやかな口当たりからドライで強い熟成感。カラメルソース、ナッツ、リンゴのカラメル煮、リッチな甘さと古酒系のヒネ。ボディの線は少々細めだが、中間から後半にかけてはウッディー、コクのある甘味を伴い長く続くフィニッシュ。


GMが2000年の到来を記念して発売したミレニアム・リミテッドリリースなブレンデッドモルトウイスキー。
容量2000mlに2000本限定と、2000年とかけた要素が特徴ですが、その中でも飛び抜けているのが、ジャグの重さまで2000gという拘りよう・・・ではなくて、ブレンドに使用された構成原酒の熟成年数の合計値。ボトルや説明紙にも書かれているように、最長60年を含む様々なモルト古酒が使用され、熟成年数の足し算が2000になるように調整されているという、ワケがわからないレシピで構成されているのです。

当時は多くの長期熟成原酒を、ボトラーズが安価でリリースしていた時代。加えて、原酒保有量が群を抜いているGMだからこそ出来たブレンドであると言えます。
ただ、あまりに現実離れした発想に、初めて素性を聞いたときは正直理解が追いつきませんでした(笑)
15068405_1016420438503350_941738691686643806_o

このボトル、日本において比較的流通の多かったGMのリリースでありながら、 ほとんど情報が無く、話題にもなっていないのも特徴。自分が知っている限り、紹介しているのは盛岡スコッチハウス著のスコッチオデッセイくらいですが、2000年記念ボトルという簡易的な紹介しかされていません。

その中身については、海外の愛好家が検証を行っているようで、度数や出荷量などから逆算し、ほぼ1950年代から1960年代蒸留の原酒ではないかとのこと。実際に飲んでみると、その検証結果を裏付けるように40年クラスの熟成を思わせる甘味、オールドシェリーと強いウッディネスを感じます。
また、熟成の長さからか中間はやや線が細い感じで樽感主体、所謂GM味のカラメル風味。アイラ系の要素はほぼ感じず、スモーキーさも控え目であるあたりから、原酒構成はハイランドやスペイサイドが中心でしょうか。
GMの原酒保有の傾向で考えれば、マッカラン、ストラスアイラ、モートラック、リンクウッド、グレングラントあたりを連想します。特にGMからマクファイルとしてリリースされていたボトルに共通する香味を感じました。

ウイスキーは2000年熟成とかムリだけど、足し算ならイケる。どうだ、これぞ1000年に一度を祝うに相応しいだろう、というGMの心意気を感じるようです。
「さすがGM!!俺たちに出来ないことを平然とやってのけるッ! そこに痺れる!憧れr(ry」


さて、今回テイスティングしたボトルはウイスキー仲間のK兄さんが結婚された際、その場で開栓した振る舞いボトル。その残りを先日再度テイスティングさせてもらったわけですが・・・。実は我が家にも1本あります。
先に書いたように日本ではあまり有名では無いボトルであるためか、思わぬところに比較的良心的な価格で転がっていたのです。

このボトルは11月27日に開催するオールドブレンデッドテイスティング会、そこでのスペシャルアイテムとして提供しようと考えており、近日開封予定です。
最近は随分遠い存在になってしまったGMの長期熟成モルト原酒。ちょっと前はこのレベルでも結構気楽に飲めたんです。
我々が生きているうちに再度リリースされることはない、千年に一度にして究極の悪ノリ企画。参加される方はこちらも併せてお楽しみください。

このページのトップヘ

見出し画像
×