タグ

タグ:963

963 ブレンデッドモルト 17年 ミズナラウッドフィニッシュ 福島県南酒販 46%

カテゴリ:
SASANOKAWA
963
Blended Malt Whisky 
Aged 17 years 
MIZUNARA WOOD FINISH
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:華やかでドライな果実香、バニラ、ほのかに白桃の缶詰の甘み、香木を思わせるアクセント。奥からハーブ、栗の渋皮を思わせるウッディなえぐみも感じられる。

味:クリーミーな口当たりからピリッとしたスパイシーさ。バニラと林檎のコンポート、白桃のシロップ漬け、合わせてドライでビターなウッディさ。鼻腔に抜ける香木のような独特の甘いアロマ、微かにハーブのニュアンス。
フィニッシュはドライ、栗の渋皮煮を思わせる樽感、渋みが華やかさと合わさって長く続く。

ストレートではバーボン樽由来のオークフレーバーに後熟で付与された樽香が重なって、多少煩さが感じられるが、基本的にはウッディでフルーティーな味わいがメイン。少量加水するとドライアプリコットや缶詰のシロップなどの甘みが開き、全体のバランスが良い方向に変化。その他の飲み方としては、ロックをステアして冷やすように飲むと爽やかな味わいが楽しめる。



もはや前置きはおなじみ。安積蒸留所をもつ笹の川酒造協力の下、福島県南酒販が企画、販売しているブレンデッドウイスキーが963ブランドです。 

福島県南酒販では笹の川酒造が所有・貯蔵している原酒を中心にブレンドを組み立てていますが、ゆくゆくは日本全国から原酒を調達してブレンドを作るような、「ブレンドメーカー」的な文化が日本にも育っていって欲しいと感じるところ。
スコットランドでは、ジョニーウォーカーやバランタインなどの大手メーカーがそうして育ってきた歴史がある中、日本ではスコットランドよりも広く原酒を使う独自のスタイルが確立されても良いのになと思うわけです。 
(そのためには良質な原酒を提供出来るクラフトディスティラリーが、数多く育つ必要があるんですけどね。大手は自社で手一杯でしょうし。。。)

話がそれましたが、今回のボトルは昨日紹介したノンエイジのブレンデッド同様、17年熟成のブレンデッドモルトを2ヶ月間新樽のミズナラカスクで後熟したもので、400本の限定品。昨日の記事でも触れていますが、使われた樽が新樽だったことや夏場だったこともあって、2ヶ月と短い期間でもしっかり樽由来の香味は付与されているように感じます。 

ベースとなっている原酒はハイランドタイプのマイルドで癖の少ないタイプ。
その上で、バーボンバレル由来の華やかでフルーティーなオークフレーバーが、ミズナラ樽でフィニッシュした際の香味と上手く融合し、ウイスキー飲みの間で一般的に「ミズナラ香」とされているサントリーのミズナラ香に近い香木っぽさ、フルーティーさに通じるニュアンスも備わっています。
ノンエイジのほうは香木香よりスパイシーなウッディネスが特徴的な構成だったため、飲み比べた際に本当に同じミズナラ樽が使われたのかとびっくりしました。 

IMG_5531

率直に言うと、963 17年ミズナラウッドフィニッシュは、これまで何度かリリースされてきた笹の川酒造関連リリース中で一番の出来と言えるボトルだと思います。
もちろん樽感が荒削りというか煩さというか、地ウイスキーらしい洗練されてなさが感じられるところはありますが、ミズナラ樽由来の香味を学ぶ意味でも使えるボトルで、時代のニーズともマッチしています。

何より価格も10000円と、モルトウイスキーでこの仕様であれば、充分納得感のある設定なのが嬉しいですね。
笹の川酒造では、2年前に山桜15年をリリースし、そのコスパのよさで人気となった製品がありましたが、今回のボトルにはそのルーツを感じさせるものがあります。
また、使われたミズナラ樽は良い意味でリフィルとなっている状況ですから、この樽で後に何を熟成させるのか。安積蒸留所では現在熟成中の原酒もありますし、このままシングルモルトの熟成に使われるのか、あるいは今回のようにフィニッシュに使われるのか・・・後の展開も楽しみです。

963 ブレンデッドウイスキー ミズナラウッドフィニッシュ 福島県南酒販 46%

カテゴリ:
IMG_5528
SASANOKAWA
963
BLENDED WHISKY
(No Aged)
MIZUNARA WOOD FINISH
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★(5)

香り:ツンとスパイシーな木香、若い原酒のクリアなニュアンス。デミグラスソースのような酸味と甘みの混じる不思議なアロマとかすかに溶剤っぽさ。奥から木が焦げたような灰っぽさと煙、まるで炭焼き小屋にいるような・・・。

味:少し粘性を感じる蜜っぽい甘さ、香り同様スパイシーなウッディネス。胡桃やナッツ、木の樹皮、キャラメルを思わせる淡いチャーオークフレーバーから徐々にほろ苦い樽感。余韻はドライでスパイシー、ピートと焦げたような香味を伴うほろ苦さが長く残る。

若くクリアなブレンデッドをベースとして、スパイシーな樽香、ウッディーな香味が付与されている。樽感コテコテの樽材しゃぶり系ウイスキーというワケではないが、香味共に樽感を強く感じるのはフィニッシュに使われたミズナラ樽の要素故なのかもしれない。少量加水するとスパイシーさが収まり飲みやすくなる。
ロックは水っぽさが強くなりやすい一方、ハイボールはしっかりと冷やして仕上げればスッキリとして上々。 

IMG_5530

笹の川酒造の協力のもと、福島県南酒販が企画、販売しているオリジナルブランドのウイスキー「963」。 
これまでNAから21年熟成、ハイランドモルトやピーテッドモルトをキーモルトにしたブレンドなど、自社貯蔵原酒以外に国内外から調達した様々な原酒を使ったブレンドをリリースしてきたところ。
今回は同社が調達したミズナラ樽でフィニッシュした、ノンエイジのブレンデッドウイスキーと17年熟成のブレンデッドモルトウイスキーが、それぞれ400本限定でラインナップに加わることとなりました。

近年、ミズナラ樽で熟成させたウイスキーに対する世界的な人気の高まりを受け、ミズナラの本家ともいえるサントリー以外に、クラフトディスティラリーでもミズナラ樽を調達して使うケースが増えてきています。
イチローズモルトでは以前からバッティング用の大樽にミズナラを使った、MWRをリリースしていますが、通常のミズナラ材の調達から樽作りも進行中。長濱蒸留所などでも、ミズナラ樽での試験的な熟成が行われているようです。

(今回の963に使われたミズナラ樽。どちらも新樽、サイズはホグスヘッドだろうか。写真は963ブランドのFacebookページから引用。)

さて、963ミズナラウッドフィニッシュは、新樽のミズナラ樽を使い、ベースとなるブレンドに対して2ヶ月間の後熟を行なったもの。たった2ヶ月間・・・と思うかもしれませんが、テイスティングの通り、結構しっかり樽由来のニュアンスが感じられます。
元々ミズナラの新樽はエキスが出やすいだけでなく、フィニッシュの期間が気温が高く木が膨張してエキスが出やすい夏場だったことも作用しているようです。
       
ベースに使われたブレンドからは、熟成感としては6~8年程度の若い原酒の傾向。ノンピートかと思いましたが、ライトピーテッドタイプなのか、スモーキーな要素が潜んでいるように感じます。
そして気になるのは、どんな影響が出ているかですね。
ミズナラ樽と言えば、おそらく大多数の飲み手がドライフルーツを思わせる華やかさに、「白檀」「伽羅」に例えられる、香木的な香味をイメージすると思います。
ところがミズナラ樽を使えば必ずそうなるかと言うとそうではなく、香木系の香味が出る場合もあれば、ニッキのようなスパイシーさが強調されるケースもあり、樽の質かなんらかによって、仕上がりに違いが出てくる模様。
今回のノンエイジブレンドは、ベース原酒が樽感淡く若いタイプであるためか、華やかさよりもスパイシーなフレーバーが目立つ仕上がりとなっています。

ちなみに、上述の長濱は八ツ橋か?というくらいにニッキ全開でしたし、秩父のMWRもスパイシー傾向ですから、そういう意味では意外な仕上がりという感じではありません。
963のNAレンジは、郵便番号に由来する同ブランド名称から"ポストマンハイボール"として、飲み方にハイボールをプッシュしているそうですから、使い方で考えるとこの仕上がりのほうが使いやすいとも言えそうです。

なお、後日紹介する17年のほうは、所謂香木系のニュアンスを備えた仕上がりになっており、2本を飲み比べるとミズナラの影響がどう働いたかがわかりやすく。ミズナラ原酒が高騰する昨今にあって、その経験積むことが出来る教材としても使えるリリースだと思います。

福島県南酒販 963 ブレンデッドウイスキー 赤ラベル 46%

カテゴリ:
IMG_5116
963
MALT & GRAIN
RED LABEL
FINE BLENDED WHISKY
SASANOKAWA SHUZO
700ml 46%

グラス: 木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★(4-5)

香り:ツンとしたアルコール感、ハッカのようなスーッとする爽やかさ、ザラメの甘さ、乾いた穀物のようなアロマ。時間経過でラムのような植物っぽいニュアンスが開いてくる。

味:ややドライで若さを感じるニュアンスはあるが、まろやかなコクのある甘みがある。ケーキシロップ、バニラウェハース、ビスケット。
余韻はヒリヒリとしたアルコール感、ドライ。干し草、微かなピートを伴いさっぱりとしている。

香りほどアタックは強くなく、口に含むと柔らかい甘みにモルティーな味わい。ハイランドタイプのブレンデッドを地で行く構成。単調気味だが飲みやすくまとまっている。
ストレート、ロック、ハイボール、様々な飲み方で気軽に飲める晩酌ウイスキー。


先日紹介した963の黒ラベルの姉妹品。黒ラベルがアイラモルトを彷彿とさせるピーティーな原酒を主体に作られているのに対し、赤ラベルは穏やかなハイランドタイプの原酒を主体に構成されています。
WEB上の評判は黒ラベルのほうが良いようですが、香味のベクトルの違いはあれど、質的に両者にあまり差はなく、この赤ラベルもなかなか頑張ってるなと感じています。

ピートや樽感というものはお化粧のようなモノで、付けすぎているとケバくてしつこいものの、原酒の嫌味な部分、若い部分などをマスクするため、それなりな仕上がりになる傾向があります。ニューポットなんかはまさにそうですね。
他方、ノンピートならぬピートをほとんど焚いていない原酒の場合はその逆、酒質由来の要素がダイレクトに飲み手に届きます。
若い原酒を使うウイスキーでは、そうした香味とのバランスが特に難しいと思う部分になります。

IMG_5110

この963赤ラベルは、全体のバランスをとるため若い原酒に加えて中熟クラスの原酒が使われている印象があります。
樽感は淡くリフィルタイプですが、飲み口の後に広がる甘みに柔らかいモルティーなコクが混じって余韻への橋渡しとなっており、若さ、嫌味な要素を軽減。熟成感としては黒ラベルよりも感じられます。
こういう樽が強くなくコクのあるウイスキーは、ハイボールにしても柔らかさ、スムーズな飲み口が残るので、テイスティングの通り色々な飲み方に使えるわけです。

笹の川酒造のお膝元である福島県郡山市では、酒販店頭にも多く見られるようになってきたという963シリーズ。
カクハイを卒業したら次はご当地ハイボール。笹の川酒販では今年からピーテッド原酒の製造も始まったとのことで、このまま現地の文化として成長し、根付いていって欲しいですね。

福島県南酒販 963 ブレンデッドウイスキー 黒ラベル 46%

カテゴリ:
963
MALT & GRAIN
FINE BLENDED WHISKY
SASANOKAWA SHUZO
700ml 46%

グラス: 木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★(4-5)

香り:透明感のある香り立ち。乳酸系の酸味、塩素、シトラスの爽やかさと焦げたようなスモーキーさ。徐々にローストナッツを思わせる香ばしさもある。

味:ドライな口当たりとあわせてとろりとしたオイリーな甘みのある粘性、ピリピリとしたスパイスの刺激、酸味を伴う麦芽風味にスモーキーフレーバーがしっかりと広がる。
余韻はドライでピーティーでスモーキー、根菜を思わせる苦味、焦げたようなピートの香味がしっかりと長く続く。

ピーティーでモルティーなブレンデッドウイスキー。原酒の若さ故やや単調な味わいではあるが、その分ピートレフレーバーという個性が際立っている。ドライな飲み口に反してボディもそこそこあり、ストレート以外にロック、そしてハイボール、あるいは最近流行りのシビハイなど用途は多い。


今年3月頃、笹の川酒造と福島県南酒造がリリースしたブレンデッドウイスキーの新商品。開封直後から味わい的に夏向きだなと、ブログ掲載時期をずらしたところ、気が付いたら8月に入ってしまっていました。
いやぁ、月日が経つのは早い。。。 最近特に早い。。。(笑)

この963シリーズは輸入原酒も含めて幅広く原酒を使って作る、福島県南酒販のプライベートブランドの一つです。
昨年は963の8年や21年が50%オーバーの仕様でリリースされ、特に21年が某ウイスキー雑誌で高評価されるなど注目も集めました。
今回テイスティングしている963の第二弾となるNA(黒ラベル、赤ラベル)シリーズは、46%加水で価格を抑えるために比較的若い原酒を使用。赤はハイランドタイプ、黒はアイラ系のスモーキーな構成、どこかで聞いたような住み分けですが、程価格帯の無個性なウイスキーから脱却し、モルトの尖った個性を付与する方向性でブレンドされています。

黒ラベルについては若いは若いのですが、嫌味に感じるほどの未熟香はなく、クリアでドライ、余計な要素が少ない分ピートフレーバーが際立ってブレンドの個性を楽しめる味わい。また、モルト比率も多めなのでしょう、結構しっかりモルティーで、例えば若いカリラやアードモアに共通する香味も感じられます。


(笹の川酒造・安積蒸留所でカリラというと思い出すのが貯蔵庫に転がっていたカリラの古樽。中身は既にカリラではないウイスキーカスクだが、こうした樽があるのは同社が長くウイスキーづくりに関わってきた証でもある。)

ウイスキーづくりはサントリーやディアジオのように多種多様な原酒を持てる場合を除き、特にクラフトの場合は作れる商品の方向性に限りがあり、しかも大体どの会社も同じところに収束する印象があります。
すると1本あたりのコストは大手の方が安く済むので、どうしてもクラフト系のブランドは割高になってしまいます。これはどの業界も同じような状況ですね。
ではクラフトは何を武器に大手と戦うか、一つは同じ市場で戦わない、大手が出さないような味、個性的な商品を作っていくのが一案。
そしてもう一つは、地域に根ざした活動で、ご当地アイドル的に一定の市場を確保する方法。

この963の黒、赤は個性という点で面白いウイスキーを作ってきたと思います。バランスよりも尖った味わい、しかしどちらのタイプもスコッチ・ジャパニーズ全体で珍しくないので、昨年試作品を見せてもらった日本酒酵母のウイスキーや現地のワインやリキュールなど何か使えないかと感じるところ。
後は963の(福島県郡山市を中心とした郵便番号から命名)このブランドがいかに現地でファンを獲得するか。現地の百貨店などではテイスティングイベントも行われているようですし、昨年募集されたカスク共同オーナーも素晴らしい企画でした。手間がかかるだけでなくトライ&エラーも続くと思いますが、今後も引き続き面白いウイスキーを作っていって欲しいです。

福島県南酒販 963 ファインブレンデッド 21年 58.0%

カテゴリ:
IMG_2078
SASANOKAWA 
963 
Fine Blended Whisky 
Aged 21 Years 
58.0% 700ml 

グラス:SK2
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(5→6) 
(口開け直後は★5)

香り:焦げたキャラメルのようなビターな香り立ち、栗の渋皮煮、木材のえぐみ。はじめはトゲトゲした樽材のニュアンスからニスのようなアロマ、日本家屋を思わせる香りが感じられたが、時間経過で馴染み、バーボンオークのようなバニラ系の甘みに変わっていく。

味:パワフルでエッジの立ったウッディネスとスパイシーな口当たり。香り同様にチャーオークの焦げた苦味、黒砂糖や甘栗を思わせる甘み。中間から後半にかけてはモルティーな華やかさ、かすかな酸味。
余韻は焦げたオーク材の苦味、キャラメリゼ、ジンジンとした刺激が収まっていく中で、すっきりと消えていく。


NA、8年とリリースされてきた企画・福島県南酒販、製造・笹の川酒造のブレンデッドウイスキー。次は16年くらいかなー、なんて思っていたら、すっ飛ばして21年が発売されました。
同社の山口氏いわく、今回のリリースは963シリーズの集大成とのこと。これまでの2作品とは違う外箱の高級感あるデザインに、メーカーの思い入れを感じます。
この「963」のロゴや外装は地元のデザイナーによる作品だという話を以前伺いましたが、海外の評判も良いようで、リリースを聞きつけた愛好者やコレクターからの問い合わせが増えているのだとか。


さて、ラベルや箱の話はこれくらいにして、最も重要な中身の話に移ります。
この963は内外含め様々な原酒を調達して作っているブレンデッド。今回のブレンドには21年以上熟成された原酒が使われているわけですが、笹の川酒造は新興のクラフトディスティラリーではなく、1990年代まで蒸留を行っていたことや、酒造としてウイスキー販売の歴史があるため、その原酒については色々と可能性が考えられます。 

例えば同社がかつて自社蒸留をしていた頃の原酒の残りであるとか、あるいはチェリーウイスキーなどを製造するために国内外から買い付けていた原酒を、自社で貯蔵していたものの一部とか。
さらに同社は後述するイチローズモルトとの関係もあり、集大成という位置づけから、あの蒸留所の原酒ではないか・・・とかですね。
見えないことで、逆に意識してしまう歴史とロマンがあります。

飲んだ印象では、使われている原酒の傾向はピート控えめのハイランドタイプ。スコットランド問わず、日本でも多く生産されているタイプで、ボディはミディアム程度、熟成感は年数なり、原酒の個性はそこまで強くなさそうです。
そこに樽由来のほろ苦さ、バーボン的な甘み、長い熟成では消えてしまう焦げたニュアンスが感じられることから、マリッジの際に使った樽が、リチャーされていたモノだったとかでしょうか。
 
樽のが強いので肝心の原酒は絞りづらいですが、以前リリースされた963ブレンデッドモルト8年がスコットランド的なキャラクターだったのに対し、21年はジャパニーズのローカルな蒸留所を思わせる仕上がりだなと感じます。

IMG_2107
ストレート以外の飲み方では、少量加水することで樽感とのバランスがとれ、伸びるというよりテイスティングの幅が広がる印象。宅飲み以外に、BAR飲みの場合でも試してほしいです。
グラスは写真に写っている木村硝子のような卵型ではなく、口径が広いチューリップ型のSK2の方が良い部分を感じやすいです。

ハイボールは爽やか系で、ゴクゴク飲めて可もなく不可もなく。
ロックは最初甘みが薄くなって樽材や干し藁を思わせるえぐみと乾いた植物感、氷が溶けてくるとスパイシーな刺激が和らぎ、薄めたメープルシロップ。
氷や水に負けない味わいが長く続くのが、このウイスキーの魅力と感じます。


さて、先にも触れましたが、笹の川酒造はイチローズモルトの設立において、東亜酒造からの羽生蒸留所の原酒買取と、一部銘柄の販売という非常に大きな役割を果たしたことで有名です。
その後秩父蒸留所の設立に伴い、笹の川酒造が買い取った原酒は秩父蒸留所に移された・・・という話ですが、実は笹の川の安積蒸留所貯蔵庫には羽生蒸留所の樽が残っているのではないかと言うウワサがあります。
今回のリリースに使われたかどうかはともかく、樽の有無については以前蒸留所を見学した際に確認してきました。
IMG_0670
見事にありました、イチローズモルトの刻印付きの樽が(笑)。
蒸留所を案内してくださった山口社長に聞いても、確かに樽は残っているという話で、ウワサは本当だったということになります。

963シリーズは、今後新しい方針でのリリースも含めて色々検討されているようです。
安積蒸留所で作られる原酒も面白い試みをされているようですし、元市民の一人として地元企業のさらなる活躍に期待しています!

このページのトップヘ

見出し画像
×