タグ

タグ:新宮城峡

ニッカウイスキー シングルモルト余市ヘビリーピーテッド・宮城峡シェリーカスク等 4銘柄レビュー

カテゴリ:
後々家呑み出来る状況にはなるのですが、 その前にとりあえず1ショット飲んでおきたいと、 仕事も早々に切り上げ話題のニッカウイスキー新商品を 飲みに行ってきました。(一応知多も飲んできました。)
特に楽しみだったのが、限定品の余市ヘビリーピーテッドと宮城峡シェリーカスク。
今日は長めの記事を1本更新していますが、鉄は熱いうちにということで、雑感的な記事を先にUPします。


左から
・シングルモルト余市ヘビリーピーテッド 48% 700ml
・シングルモルト宮城峡シェリーカスク48% 700ml
・シングルモルト宮城峡NA 45% 700ml
・シングルモルト余市NA 45% 700ml


●余市ヘビリーピーテッド 700ml 48%
当ブログでのレビュー: http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1039360906.html

正直、事前に考えていたレベルを超える完成度です。余市好きが求めている余市だと感じます。
かつてのラインナップであるNA~20年とは方向性が違い、蒸留所限定で販売していた新樽熟成の20年物を連想させる熟成感に、ピートを増していくつか他のビンテージの原酒も加えたような複雑さ。シェリーっぽさも少しあります。
また、香味の例えとしてはタリスカーの長熟モノとも共通点があると感じました。
時間と共にスモーキーさだけでなく華やかなアロマも開いてきて、味は厚みのある甘酸っぱい口当たりから強いピートフレーバー。
あまり手放しでは褒めませんがこれは素直に言いましょう、普通に旨い。ニッカさんこれ通常販売してくれませんかマジで。


●宮城峡シェリーカスク 700ml 48%
当ブログでのレビュー: http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1038756460.html

とろり濃厚、どっかんシェリー。このボトルは硫黄が大丈夫かそうで無いかで、評価が分かれると思います。
宮城峡らしいシェリー感で、オフィシャルラインナップで考えると15年の延長線上、そこからシェリー増し。硫黄感は同じくらいかちょい少なめで、甘さの裏から沸いてくるようでした。
スコッチなら、有名どころでOBベンリアック12年シェリー濃い目硫黄トッピング…ってラーメンみたいだなw)
ねっとりと黒蜜のような甘く濃いフレーバー、微かに樹脂っぽさ、かりんとうを思わせる香ばしい硫黄感に、徐々にダークフルーツの酸味、ビターでウッディーな余韻。
つまるところくりりんの苦手要素があるボトルでしたが、シェリーの濃さは良い感じですし、葉巻と合わせると美味しそう。


山崎、白州と同価格帯となり、同じ土俵となった国産ノンエイジ四天王。通称、新余市、新宮城峡。
この2種類は先行サンプルの時点で散々書きましたので、ここで改めて香味については記載しません。

シングルモルト余市(45%)  "新余市"

飲んだ人の感想は、賛否両論のようですね。そりゃーそうだろうなぁと思います。
基準をどこに置くかとか、何を重視するかで全然違った見方が出来ますから。特にこういう若さを感じるモルトは良い面も拾えるし、悪い面も拾えちゃうんですよね。
全く新しいモノであるという考え、あるいは旧NAとの比較なら、双方際立たせたい個性はしっかりあって、ある程度納得できるとは思います。
しかし価格で見て旧10年と比較するとなると、熟成感で劣ってしまうリアル。
ハイボールやロックでガンガン飲ませたかったのかなー。 
まぁダメならニッカ以外のウイスキー飲みましょう。

そして香味以外の点で言えば、今後は双方とも1銘柄に集約される中で、味がキープ出来るのかという疑問は覚えました。
ここから少しでも熟成感を増やしてくれるなら歓迎ですが、そういう変化って過去にあったかなぁ(笑)。
どちらも若さが無くなればピートに樽香と狙った個性は出ているので、屋台骨をしっかりしてほしいです。

今はヘビリーピーテッドとシェリーカスクの話題でカバーされていますが、長く持つものでもなく、数週間もすれば純粋に新発売の余市と宮城峡のみでニッカのシングルモルトを支えていくことになります。
次の戦略をどうするのか、本当に暫くこれで行く気なのか。
ニッカウヰスキーはじめ、アサヒビールの次の動きが早くも気になります。


以下余談。
今日でこのブログ開設からまる6ヶ月経過、明日からは7ヶ月目です。
気がつけばアクセス数は50万を越え、昨日はいろいろあっての瞬間最大風速で1日のアクセス数が1万を越えました。
うーん、ちょっとびびっちゃいますね。
皆様、いつも当ブログをご覧頂き本当にありがとうございます。

そんな中、ウイスキーの師匠とも言える方から、折角のブログだし個性を出して行こう、八方美人はダメというコメントを頂きました。そうなんですよ、これが難しいんです。
良い部分も悪い部分も見る、そしてそこに自分なりの意見をちゃんと述べる。極端に持ち上げれば良いワケでもないし、ディスれば良いわけでもない。辺に中立を保とうとすると八方美人になってしまう。
自分だから書ける記事こそ、個人ブログの魅力なんですよね。次の半年はそういう記事が書けるように個性を問うていこうと思います。

ニッカウイスキー シングルモルト宮城峡 ”2015年9月1日新発売 先行試飲サンプル”

カテゴリ:
ニッカウイスキーからニューリリースのシングルモルト紹介、余市の次は宮城峡です。
キャッチコピーである"個性を研ぎすまし"の通り、余市は若さはあっても力強くピーティーで、個性を感じる面白い出来でしたが、宮城峡の個性としてニッカが何を際立たせてくるのか。
9月1日に発売される限定品、宮城峡シェリーカスクの考え方なら、宮城峡の個性はシェリーカスクということになりますが・・・。
まぁ前置きや販促情報はメーカー特設サイトを見ていただくとして、早速テイスティングに移りましょう。

NIKKA WHISKY
SINGLE MALT MIYAGIKYO
50ml 45%
"On Sale September 1, 2015."

暫定評価:★★★★★(5)
(基礎点4に対して、中間以降のオーク香、フルーティーさで1点加点。)

香り:ドライなオーク香、ザラメのような甘い香り、ツンとした若さを感じる香りもあり、温度が上がると強く感じられる。徐々にリンゴのコンポートー、微かにハーブ、少量加水すると爽やかな甘みが引き立つ。

味:少し粉っぽい口当たり。スタートは酸味を伴う麦芽風味でニューポッティーさもあるが、程よいコクがあり、舌の上で転がすとフルーティーなオーク系フレーバーが出てくる。フィニッシュはそのままオーキーでほろ苦く、樽由来と思しき渋みが染みこむように消えていく。


若い原酒と15年程度熟成させたバーボン樽系のフルーティーな原酒が混ざった感のある、爽やかでオーキーな構成です。こちらも余市同様に8~16年の原酒が使われているとのこと。
ノンエイジ化により若さは感じますが、以前蒸留所で販売されていたシングルカスクの10年や15年に共通する要素が感じられます。 また、12年のシェリー&スウィート系のフレーバーは無く、個人的にはホッとしています(笑)。
現在販売中の現行品、宮城峡NA(43%)との比較では、若さは同じくらい感じますが、後半の広がりでオーク樽由来のフルーティーさ、このひと押しは現行NAに無い味わいで、加点要素です。ただし現行品10年とでは、明らかに10年のほうが熟成感というかまとまりがあります。まぁこればかりは原酒のレンジが広がったわけですから仕方ないことなのでしょう。
ちなみに喉越しで味わうような、ノージングから口に入れてすぐ飲んでしまう流れだと、現行品NAとの違いはあまり感じられないかもしれません。ちょっと樽香が鼻に抜けるかなくらいで。


飲み方は、メーカー販促用パンフレットではロック、少量加水、そしてハイボールがオススメされています。
ロックは若い香りが軽減されて軽やか、爽やかなアロマが引き立ちます。味も口の中で転がすとじわじわ出てくるオーク香。新余市同様に新宮城峡も口開け時点は加水と冷却が同時にあるロックが良いようです。
ハイボールはごくごく系で後半にほのかなスモーキーさ、苦味が感じられます。宮城峡は何気にピートを効かせたモルトを作っていて、ハイボールで特長がわかりやすくなるというのも面白いです。
(このへんはまとまった量を飲めていないので、販売開始後に改めてトライしてみたいです。)


今回幸運にも新商品サンプルを飲ませていただいたわけですが、余市がフルボディな酒質に強いスモーキーさを、宮城峡はオーキーで爽やかなフルーティーさを、それぞれアピールしているように感じました。どちらも若いベースからスタートするので、後から出てくるフレーバはわかりやすいと思います。
他方で、こうした変化には賛否が必ず付いてまわるわけで、特に両10年との比較で"若い"というコメントは絶対出ると思います。そこはもう原酒の幅を広げた以上は仕方ないことなので、心優しく大人の対応で次に進むとして、その他の引き出しとしては宮城峡のほうが受け入れられやすいかなと思います。
後は開封後の変化でもう少しまとまってくれれば・・・かな。

しかし本音を言えば、ニッカのシングルモルト通常販売ラインナップがこの2種類というのは・・・やっぱり寂しいです。原酒が苦しいなら今回のような限定品を定期的に出していく感じでも面白いと思いますし、もう一手、ニッカさんには見せてほしいものです。

このページのトップヘ

見出し画像
×