カテゴリ:
最近、ジンの売り上げが急増し、日本でもブームの兆しがあると聞きます。
実際、ジンフェスティバルなどのイベントも開催されるなど、これまでは一般にメインではなかったスピリッツが注目を集めています。

しかしそうは言っても、ジンはカクテルベースのイメージが強く、クラフトジンとか興味はあるけどどう飲んでいいかわからない。
オーソドックスな飲み方であるジントニックも、ライムやトニックウォーターを準備しておくのが手間。っていうかめんどくさい。そう考えてなかなか食指が延びない人も少なくないのではないでしょうか。(実際、私がそうでしたw)
そんなウイスキー愛好家各位に是非おすすめしたいのが、ジンをロックで、食中酒として楽しむ飲み方です。

IMG_20190624_231816

今からちょうど1年前、とあるメーカーの方と「ジンを一般家庭に普及させるにはどうすればいいか」というディスカッションをする機会がありました。
カクテル前提では手間がかかる。1STEPで済ませたい。柑橘感が和食に合いそう。焼酎をロックで飲むイメージで晩酌に使えるんじゃないか。。。
と話が繋がり、その場でじゃあやってみようと近所のスーパーに駆け込んで、天ぷら、唐揚げ、炒め物、そしてまず初見では合わせないだろう和食の代表格"お刺身"などの惣菜を買い込み・・・ジンも複数種類用意して、実際にトライしてみたわけです。

結果、揚げ物などは問題なく普通に合わせられるのですが、意外だったのが刺身。白身系はもちろん、赤味、あるいは〆鯖などの青魚も問題なかったこと。
むしろ爽やかなジンの香気と、ロックで飲むことで高めの酒精が、口内に残る魚介のネガティブな部分を打ち消す感じもあり、これは探求のしがいがある組み合わせだぞと思わせてくれました。

ただ、いざ売り場を見てみると多くのジン銘柄がリリースされており、なかには原料が違ったり、特定のフレーバーに特化されているものもあるなど、どれを選んだら良いか・・・という声も聞こえてきそう。
これに関して、上記ディスカッションをきっかけにスタンダード品からオールドまで色々試すなかでは、オーソドックスなドライジンタイプの方が間違いはないということ。
そして、現行品のなかでオススメは日本のクラフトジン、ならびにプレミアムジンの先駆けとも言える、季の美。今回のレビューアイテムです。

IMG_20190409_204419
(ジンの種類の例。スウェーデン、ヘルノジンのイベントでの1枚。値段は少々高いが丁寧な作りを感じる実に旨い銘柄。一口にジンといってもドライジン、ハイプルーフ、オールドトム、スロージン、ジュネバー。。。そして独自のフレーバー配合などで多くの種類がある。)

季の美は米を原料としたライススピリッツをベースにしていることもあり、口当たりに柔らかさがあるだけでなく、フレーバーも日本人好みの味付けがされているように感じます。
各種ボタニカルが織り成す華やかで爽やかなアロマは、柑橘系のニュアンスのなかに微かに青みがかった甘みと針葉樹やハーブのニュアンス、スパイシーさ。。。ですがクドさのない仕上がりで、ジントニックはもちろん、ロックやソーダで割っても口当たり柔らかくほのかな甘味が残るので、使いやすい印象なのです。

IMG_20190629_105532

食事に合わせる場合、生食系の時はロックやキンキンに冷やしてストレートで。揚げ物がメインなら、ロック、あるいは油をさっぱりと流す目的で、ソーダで割ってジンソーダあたりがオススメ。(季の美については水割りも美味しいのですが、スポーツドリンク的な味わいで、単体で飲むようなイメージ。)
今回レビューに当たって調べてみると、サントリーさんが「和食とRokuのジンソーダ」の記事が公開されていて、さすがかつて二本箸作戦で寿司屋にオールドを売り込んだ元祖。やはり展開されていました。
ですが、サントリーさんがやられているなら、もうこれは太鼓判な組み合わせということですね(笑)

東京ミッドタウン「ロク ミッド パークラウンジ 緑に囲まれた小川で夕涼み クラフトジンや和食を提供(2019/6/20)
https://www.fashion-press.net/news/51082

ジャパニーズクラフトジンROKUに合う創作料理を提案(2018/9/21)
https://mobile.suntory.co.jp/area/kinki/d/9188/?transfer=pc_to_mobile


なお、関連するイベントに参加していると、ウイスキー好きのハートを射止めているものに、スロージンがあります。
要するにすももをジンに浸した果実酒みたいなものなのですが、爽やかでありながら甘酸っぱく、杏子酒や梅酒のようなニュアンスもある。まさに食後酒。
ストレートで適度にドライ、爽やかな味わいは食前酒から食中酒、そしてスロージンでデザートまで・・・実はジンって万能な酒なんです。

自分にとって、ジンは経験が少なかったのと、食中酒としてハイボールを使うのが若干飽きてきていたこともあって、食事との組み合わせは本当に新鮮でした。
梅雨でじめじめした日々が続いていますが、それをジンの爽やかさで打ち消して、おいしいご飯を食べてみてはいかがでしょう!