タグ

タグ:台湾

南投酒廠 ナントウ OMAR シェリータイプ 46%

カテゴリ:
NANTOU Distillery 
OMAR 
Sherry Type
700ml 46%

【ブラインドテイスティング】
蒸留年:1990年代後半から2 000年頃
熟成年数:15年程度
度数:43~46%
樽:リフィルシェリー主体のバッティング
予想蒸留所:ハイランドパーク
評価:★★★★★(5)

香り:乾いた牧草やいぐさを思わせる樽香、ほのかに土っぽさ、シェリー樽由来の甘みがメープルシロップのよう。 荒さの残る香り立ち。

味:口当たりは蜂蜜の甘さから麦芽風味、乾いた牧草、お茶を思わせる渋み、 シェリーのニュアンス、 舌へのピリピリとした刺激が若さを感じさせる。  内陸系のピーティーな余韻。


とてつもなく悩ましかった1本。以前HPさんから頂いたブラインドで、ボトル写真がなく掲載を見送っていたのですが、先日の持ち寄り会で同ボトルの持参があり、こうして掲載の運びとなりました。

第一印象はハイランドのライトピーテッドタイプ。
ピートの傾向が海草ではなく植物質でスモーキーで、メイプル系の甘さがあるとなると、ハウススタイルから考えればハイランドパーク。度数はそれほどでもないようなので、免税向けでいくつかリリースされているうち、ノンエイジタイプのどれかならありえるかなと予想。
ただ、加水であることを加味しても樽感とバランスのとれない違和感のある若さもあり、自分の知らない台湾モルトの可能性があるんじゃないのとも回答していました。そういうシェリー&ピーテッドタイプと言われると納得出来る内容です。

で、正解は案の定、台湾のナントウ蒸留所のモルト、シェリーカスク加水版。
ナントウはカヴァランよりも後に出来た2010年稼働の蒸留所。日本には正規ルートがありませんが、こうしたリリースが現地では展開されています。今年のモルトマニアックスアワード(有志ドリンカーによって組織、表彰されるウイスキーアワードの一つ)ではカヴァランと並んでウィナーを勝ち取っていますね。

ご参考:モルトマニアックスアワード2015

まあこのモルトマニアックスアワード自体、「シェリーが濃ければ評価が高い」という傾向が顕著すぎるため、これをもってどうという判断はし辛いのですが、ある一定の品質が無ければ箸にも棒にもかからないのも事実。新しい選択肢が増えるのは歓迎すべきことです。
カヴァランのように今後さらに広く展開されて行くとなれば、スコッチもジャパニーズもうかうかしてられませんね。


サンプルに持ち寄り会にと、日本でまだ広く飲まれていないボトルを提供頂き本当にありがたい限りです。
今年一年、このブログはウイスキー関係で繋がった仲間の後押しで成立していたように思います。
皆様、ありがとうございました!




カヴァラン ピートカスク 2015年ボトリング

カテゴリ:
評価急上昇中のカヴァラン・・・というより、そろそろ頭打ちになってきたかな?w
日本には入ってきて居ませんが、現地で販売されているピーテッドカスクのサンプルを頂きましたのでテイスティングです。
実はこのボトルを飲むのは3度目。1度目はメインモルトで、2度目は持ち寄り回で中身がオッサンだけど素敵な女性から、そして今回が3度目。
とはいえ家でじっくりってのはありませんでしたから、ありがたいことです。

KAVALAN
Distillery reserve
PEATY CASK
Distilled in 2007
Bottled in 2015
55% 300ml

nzuF-4OA

評価:★★★★★(5)

”鋭いアルコール感、松の木のような木香に加えて粘性のある熟したパイナップル、シロップ漬けのチェリーのような甘いアロマ。
口当たりはオイリーでパワフル。熟したオレンジを思わせる果実感、紅茶、乾いたオーク材、微かなえぐみ。
後半はピリピリとしたハイプルーフらしい刺激とピートが現れて、フィニッシュに繋がる。
余韻ははピーティーでべた付きが無い。フレーバーはすぐに消えてあっさりとして短い。
加水するとアルコール感は和らぐが、バランスが向上する印象は無く引き出しは少なめ。”

 
ピートカスクといいながら、体感的にはライトピートという構成。
第一印象としては、新樽長熟の余市や、ハイプルーフのバーボンに共通するフレーバーがいくつかあるなという印象を受けました。
特に全体を通して感じられる新樽のような木香、エステリーさと松の香りが混じったような香味がそれ。
(神戸の巨匠はベンリアックに似てるんだよ、樽使ってるのかなぁ。とも言ってました。)
ボトル単品で見れば、カヴァランらしくまとまってるシングルモルトだと思います。
 
さて、ここから先はカヴァラン蒸留所に関する全体的な印象の話になります。
カヴァランに対する評価は、若いのに、アジアなのに、というネガティブからスタートしてプラスに至る、
言わば不良が子猫を助けたみたいなものです。勿論単体で純粋に評価しても出来の良い蒸留所であることは否定しませんが、
では、この「若いのに」という要素が消えたらどうなるのか。
 
カヴァランが作りわけをしていれば可能性も残りますが、今の原酒はその蒸留所の時間軸で言えば決して若いというわけではなく、10年未満のこの状況が一つのピーク、これ以上熟成させても樽感が強くなって度数が落ちていくだけかなと感じます。
それは詰めている原酒の性質や熟成方法によるところで、ただ寝かせれば旨くなる訳でも無い、難しい話です。
 
蒸留所毎の将来性と期待値は、また追って記事にまとめようと思います。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×