タグ

タグ:三郎丸蒸留所

三郎丸蒸留所 ハリークレインズ クラフトハイボール缶 9%

カテゴリ:
IMG_20190315_162853
HARRY CRANES 
Craft Highball 
三郎丸蒸留所謹製 
350ml 9% 

北陸でただひとつの、ウイスキー蒸留所から、まさかの缶入りハイボールの発売。
3月12日、三郎丸蒸留所を操業する若鶴酒造が、クラフト蒸留所のリリースとしては恐らく初となる缶入りハイボールを発表。それも、香料やリキュールを添加したものではなく、BARで飲むハイボールを目指してウイスキーと水と炭酸ガスのみ、久しぶりにリリースされるウイスキー(発泡性)表記の本格缶入りハイボールのリリースです。

クラフト蒸留所からのブレンデッドウイスキーのリリースは珍しくありませんが、まさか缶入りハイボールのジャンルに参入してくるとは。。。
一般発売は3月25日とのことですが、既に現地で先行販売が始まっていて、早速飲ませてもらいました。


※350ml缶3本が100名に当たるキャンペーン(2019年3月31日まで)

キャラクターは、三郎丸蒸留所のハウススタイルともえいるスモーキーさの際立ったタイプ。クリアな飲み口で、強炭酸区分と言えるレベルの炭酸の刺激。若いモルト原酒を思わせるほどよい酸味とスモーキーなフレーバーから、キレの良い余韻へと繋がっていく。

ウイスキーと炭酸だけのハイボールは、余韻にしつこさがないというか、香味の引き際が良いですね。使われてないので当たり前ですが、べたつくような甘さだったり、レモン香料が目立つようなこともない自然な感じ。
また思った以上にモルティーで、ドライな飲み口というよりは、口内で香味が開いてくるような柔らかさも伴う印象。ベースは輸入原酒と思われますが、余韻にかけて感じられる微かにオリーブのような要素から、蒸留所改修前に仕込まれた原酒が一部使われているものと感じます。

IMG_20190313_015919
IMG_20190315_163034

缶入りハイボールはハイボールブームが本格的に始まる前から、ニッカ、サントリー、キリンが度々市場に展開しており、特にサントリーの角ハイボール缶は代表的な商品。
2010年には、ニッカから竹鶴12年ハイボール缶がリリースされ、これが竹鶴らしく原料”モルト”のみというチャレンジングな1本でしたが、その後原酒不足で終売。2015年にはブラックニッカブランドから、クリアのウイスキー(発泡性)区分がリリースされましたが、大量生産時の品質安定が難しいのか単にそこまでこだわるジャンルじゃないのか、暫くブラックニッカクリアのみという状況が続いていました。

なので、今回のリリースは久々の”本格缶入りハイボール”なのです。
ベースのウイスキーは3~8年程度の原酒がブレンドされたと思われる、スモーキータイプの若いブレンデッド。単にそれのハイボールと言えばそういうことなのですが、ウイスキーの香味が活きる比率とブレンドが模索されているからか、缶から注いで飲むと何故か不思議と美味しい。
スモーキーでさっぱりと飲めるタイプなので、揚げ物、魚介類以外にジャーキーなどの乾き物。全般的に相性が良いと思います。

IMG_20190304_194232

蒸留所の稲垣マネージャー曰く「ハイボールを飲む時に準備して作るのがめんどくさかったから(笑)」というのが、動機のひとつだったとのこと。確かに冷蔵庫からさっと取り出してすぐ飲める手軽さが、ハイボール缶のメリットです。
また、旅行の際に電車の移動中などでも本格的なハイボールが楽しめるのも魅力。電車のなかでウイスキーストレートはハードルが高いですが、ハイボールは手軽に楽しめる。現在は、富山駅と金沢駅のお土産処で販売されているそうですが、例えば北陸新幹線で車内販売されたりすれば、地ウイスキーとしての宣伝効果がさらに見込めますね。

聞くところによれば、今後三郎丸蒸留所以外の複数のクラフト蒸留所からもハイボール缶がリリースされる予定だそうです。
これは面白い流れ。製造ラインの確保など、ハードルは決して低くないとは思いますが、手軽に楽しめるハードリカーの形として、少量生産だからこそ出来る新しい味をどんどん追求していってほしいと思います。

十年明 Half Decade 若鶴酒造 三郎丸蒸留所  40%

カテゴリ:
IMG_20190221_203219
WAKATSURU 
JUNENMYO 
Half Decade 
2019's 
700ml 40% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:BAR LIVET 
評価:★★★★★(5)

香り:クリアで柔らかく、若さに通じる軽やかな酸と乾燥させた穀物っぽさ、根菜感を伴うピーティーな香り立ち。しっかりとしたスモーキーさ。

味:少し水っぽいがマイルドな飲み口。乾いた麦芽風味と、主張の強い香り同様のピートフレーバー。口当たりは角のとれた柔らかさで、余韻にかけてはややオイリーなコクも伴う。針葉樹を思わせるウッディさ、ほろ苦くスモーキーなフィニッシュ。

若さはあるが、嫌みな要素は少なくそれなりにバランスのとれたスモーキーなブレンデッド。主な樽はバーボンの古樽系と感じられ、あまり強い主張はない。値段なりと言えばそこまでだが、ハイボールやロックにしても、悪くなさそうな印象も感じられる。

IMG_20190221_203113

三郎丸蒸留所を操業する、若鶴酒造が北陸地方向けでリリースしたスモーキーなブレンデッドウイスキー。
Half Decade は5年間という意味がありますが、ブレンドそのものは蒸留所改装前に仕込まれた旧世代のモルト原酒に、自社貯蔵庫で熟成させていた5年熟成以上の輸入原酒をブレンドして仕上げたもの。体感の熟成年数は10年弱といったところで、主に使われているモルト、グレーンとも原酒のレンジはその辺りなのではないかと推察します。

構成としては、若さが多少残りつつもピートとグレーンがいい仕事をしていて、角がとれてバランスのいいブレンデッドウイスキーという感じですね。
若鶴酒造がリリースする普及価格帯の銘柄にはサンシャイン・ウイスキー(プレミアム)がありますが、スモーキーさは同様ながら、それよりマイルドな飲み口で、原酒の熟成期間が少し長いのかなとも。
値段なりと言えばそこまでですが、新興クラフトがリリースする地ウイスキーとしては、ブレンドのまとめ方が上手く、着実に経験を積んで来ているなと思います。

三郎丸は古くから50PPMのヘビーピート原酒を一貫して仕込んでおり、それは今も変わらないハウススタイルですが、かつての原酒は悪い意味で癖が強いものが多く、それ故に悪評もあったのは事実でした。
一方、2017年に蒸留所の改装が完了し、作り手も変わった新世代の原酒は愛好家から高い評価を受けつつあります。今回のリリースはその新生三郎丸がハウススタイルのまま、将来リリースするであろうウイスキーを、現在ある原酒で構築した予行演習のようなブレンドでもあるなと感じました。

若鶴酒造 三郎丸蒸留所 ニューポット 2018 CF結果追跡その2

カテゴリ:
今から2年前、クラウドファンディングで蒸留所改修計画を打ち出し、新たな設備を導入して再稼働した若鶴酒造、三郎丸蒸留所。
プロジェクトリーダーにして、後に蒸留所のマネージャーとなる稲垣さんの人柄とプランに惹かれ、改修工事前から当ブログでも応援させていただきました。

その後、想定した通りの原酒ができているのか、プロジェクトはちゃんと形になったのか。昨年、そして今年も稼働中の三郎丸蒸留所を見学し、仕込んだばかりの原酒を確認していました。
結論から言うと、素晴らしい可能性を秘めた原酒が産まれており、一部の愛好家が持っていたであろう若鶴酒造への評価を、改める時が来たと言っても過言ではありません。
今回は今年見学した蒸留所の状況と、進化した原酒のテイスティングをまとめます。

SABUROMARU
NEW POT
Heavily Peated
Distilled 2018
200ml 60%

香り:香ばしく乾燥した麦、木材や藁を焦がしたようなピーティーさ、少し粘土質の土っぽさを伴う。時間経過でスモーキーさの奥に微かな乳酸、イーストを思わせるニュアンスも。

味:とろりとした口当たりと柑橘を思わせる酸味、香ばしい麦芽風味。時間差で香りで感じた焦がしたようなスモーキーさが口内に広がる。
余韻はヒリヒリとしたアタックもあるが、合わせて麦の甘みが舌の上に残り、ほろ苦くピーティーで長く続く。

発酵したようなニュアンスや若さ故のネガは目立たず、余計な雑味も少ない。それでいてしっかりと重みのある酒質である。ピートは内陸系が主体か、ヨードなどの海系の要素は見られない。また余韻に酒質由来の甘みが残り、ピートに負けない強さもあることから、短熟から長期熟成までをカバーするであろう優れたニューメイク。 

三郎丸蒸留所の原酒に関する特徴は大きく2点。まず一つは50PPMという、アードベッグやキルホーマンクラスのヘビーピート麦芽が用いられていること。
そして写真の日本に二つとない、独特な形状のポットスチルで蒸留されていることにあります。

このスチルはボディの部分がステンレスで、ネックから先が銅製というもの。また、ラインアームに該当する部分が非常に短く、折れ曲がった先ほんの1m少々で冷却機(写真で水滴が付いている部分)というのも三郎丸独自の構造です。
ステンレスは触媒反応がないため、蒸留の際、原酒にオフフレーバーが残るというのが定説にあります。しかし最も反応が起こるのは気化した後であり、その部分を銅化することで、通常のスチルと殆ど違わない効果が得られている模様。
また、現時点ではポットスチルが1基しかないため、1つのスチルで日を分けて初留と再留を行なっているのも特徴と言えます。

そして設備改修初年度の時点で、他のクラフトに無い重みのある原酒が産まれ、荒削りながら可能性を感じていたところ。
今年はマッシュタンを新調して最適な糖化ができるようになったことと、前年の経験を活かしてミドルカットなどの調整を行った結果、酒質の重みや厚みはそのまま、より麦芽の甘みとピートのしっかり乗ったニューメイクが出来上がったのです。

(2018年から導入した三宅製作所製のマッシュタン。以前は密造時代のようなタンクを使っていたが、このマッシュタンの導入で麦芽の粉砕比率から、糖化の温度などの各種コントロールが可能となり、酒質が格段に向上した。)

(蒸留されたばかりのニューメイクの出来を確認する稲垣マネージャー。蒸留直後は60%後半、60〜63%に加水して樽詰めする。この時点のニューメイクもまた、フレッシュなピーティーさが際立っており、加水するのが勿体無いとも感じる。)

(三郎丸蒸留所の熟成庫。左側の壁の向こうには蒸留器などの設備があり、同じ建物の中で区分けされたスペース。比率はバーボン樽を中心に、シェリーやワイン樽なども。この他空調の入った冷温の貯蔵庫があり、熟成環境の違いとして他のクラフトにはない恩恵をもたらしている。)


これまで日本で操業する蒸留所、全てのニューメイクを飲めているわけではありませんが、少なくとも昨年までに稼働したクラフト蒸留所の原酒で、一番可能性を感じたのは三郎丸蒸留所というのが、今年のそれを飲んでの偽りない感想です。

また、自分以外の飲み手がどのように感じるか、2組の持ち寄り会に試供品のニューメイクを出してみたところ、どちらも評判は上々。
1組には「スコッチのニューポット」と言って出し、帰ってきた答えは「ラガヴーリン」。
もう1組では三郎丸として出しましたが、「こんな綺麗で美味いニューポット、あの若鶴とは思えない」、「1樽欲しい、このグループで買おう」という評価。

かつて若鶴酒造では、地ウイスキーと言えば聞こえはいいものの、決して高いとは言えない質のウイスキーを生産・販売しており、愛好家の評価も相応のものが形成されていました。それこそ上記の「あの若鶴とは思えない」という言葉が、その当時の評価を代弁していると言えます。
しかし一連の改修工事と、稲垣マネージャーを中心に行われたトライ&エラーの結果が結実し、ついに我々もその評価を改める時が来たのです。
蒸留所の見学は勿論、機会があれば是非ニューメイクをテイスティングして欲しいですね。今週末のウィスキーフェス2018でも提供があるそうです。

(ウイスキーの作業場は1F。関連展示、蒸留行程見学は2Fから1Fのウェアハウスを見る流れ。各種導線は洗練されており、クラウドファンディングの成果を受けて、しっかりと設計、改修されたことが伺える。)

(三郎丸蒸留所外観。今年創業100周年を迎えた若鶴酒造の歴史と、改修による新しさも併せ持つ造りである。見学は1日3枠までで、同社WEBから要事前予約。)

今年の6月、若鶴酒造の親会社であるGRNが、洋酒等輸入販売の国内主要企業であるリラックスとウィックの子会社化を発表。次の100年に向けた体制強化として、驚きの一手を打ってきました。

そしてこのニューメイク。若鶴酒造でのウイスキーの仕込みは7月から9月の夏場のみで、今年の仕込みはすでに終了していますが、次のシーズンに向けて新たなアイディアが複数ある模様。どのような形でウイスキーづくりに反映されるのか、興味は尽きません。
少なくとも、初年度に蒸留した原酒の熟成経過から新たなフィードバックもあるでしょうし、今年の驚きを越えて、より洗練されたウイスキーが産まれていくこと期待したいです。

若鶴酒造 ムーングロウ 10年 リミテッドエディション2018

カテゴリ:
MOON GLOW
Blended Whisky
Aged 10 years
Limited Edition 2018
700ml 43%

グラス:オープンナップスピリッツ アンビアント
場所:Bar ハリーズ 高岡
時期:開封後2-3ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:酸味のあるナッティーさ、乾いた草、奥には華やかなオーク香。微かな乳酸系のニュアンスが若さを感じさせる。徐々にスモーキーなアロマも開いてくる。

味:ややフレッシュな口当たり。スパイシーでドライな樽感、微かに蜂蜜、レモン、じわじわと粘土質を思わせるようなピートフレーバー。余韻はピーティーでスモーキー、樽感はあまり強くないがドライな舌あたりが特徴的。

多少の若さを伴うが、全体的にはバランスがいいブレンデッド。ピートフレーバーがネガティブさを抑えていい仕事をしている。ストレートで。


若鶴酒造(三郎丸蒸留所)がリリースする、ブレンデッドウイスキー、ムーングロウの第二弾。昨年のファーストリリースはピーテッドモルトを仕込んできた三郎丸蒸留所本来のキャラクターとは異なる、バーボンオーク系の華やかなタイプであったところ。
今回は使われた原酒の熟成年数が多少下がりつつも、ピーティーさに加え、若いモルトのフレッシュさやグレーン由来の程よい甘みが感じられる、バランスの良い1本に仕上がっています。

ムーングロウには、三郎丸が改修工事前に仕込んだ20年以上熟成の原酒がキーモルトとして使われています。しかし第1作目と2作目の味わいは、ブレンドの方向性を差し引いてもピートレベルに明確な違いがあります。
前作のムーングロウは、オークフレーバーの中に若干の溶剤感と針葉樹のような、旧三郎丸蒸留所の原酒に感じられる癖が混じり、ピートフレーバーはライト。それが今作は、余韻にかけてピーティーな香味が存在感を出してくるのです。

この要因として考えられる一つが、当時の仕込みです。旧三郎丸仕込みの原酒をいくつか飲むと、あまりピートが強くないものが混じっています。
改修工事前は密造時代を思わせるような手作業で作っていたわけですから、糖化、発酵の段階でうまくピート成分を抽出することができなかったのかもしれません。
しかし蒸留所を改修し、新しいマッシュタンを導入したところ、よりハッキリとピーティーなニューメイクを仕込むことが出来るようになった模様。今年の仕込みのそれは、昨年と比較しても酒質がさらに良くなっていました。


詳細は別途記事にする予定ですが、ピーティーでボディにしっかりと厚みと麦由来の甘みがある、お世辞抜きに将来が期待出来る三郎丸のニューメイク。
この原酒を育てて、これまで若鶴酒造がリリースしてきたウイスキー以上のものを絶対作ってみせますよとマネージャーの稲垣さん。
今作のムーングロウはファーストリリースより好みでしたが、それ以上のものが数年後に誕生することを楽しみにしています。

若鶴酒造 三郎丸 ブレンダーズトライアル Vol.2 ダブルカスク 40%

カテゴリ:
IMG_7337
WAKATSURU WHISKY
BELNDER'S TRIAL Vol.2
Bottled 2018
Cask type Bourbon & Sherry
300ml 40%

グラス:オープンナップスピリッツ アンビアント(三郎丸蒸留所テイスティンググラス)
時期:開封後1ヶ月以内
場所:自宅
評価:★★★★★(5)

香り: 甘くウッディな香り立ち、キャラメル、ほのかにプルーン。合わせてグレーンを思わせるウェハース、バニラ香。シェリー系の甘みの裏には樹脂っぽさ、オイル、時間経過で針葉樹のようなウッディさもある。 

味:少しべたつきのある甘い口当たり。キャラメリゼ、洋菓子、シロップ漬けのチェリー。奥には少しえぐみを伴う鋭角なウッディさ。香り同様甘みのあるシェリー感が全体をマスクするような構成。
余韻はウッディでビター、粘性を伴って長く続く。

甘みのあるシェリー系の原酒が全体的に効いた、モルティなブレンデッド。モルトとグレーンの比率は5:5ないしややモルト強めで、熟成期間は10年程度だろうか。原酒由来と思しき癖はあるが、それも含めてしっかりとしたフレーバーが備わっている。


若鶴酒造の三郎丸蒸留所が蒸留所限定でリリースしているウイスキー、ブレンダーズトライアル。先日蒸留所を訪問したウイスキー仲間からお土産として頂きました。(ありがとうございます!)
よくある見学者向けのお土産的なリリースかなぁと、実はあまり期待していなかったのですが、飲んでみると単に量産された記念ウイスキーというだけではない、小規模蒸留所らしい作りが楽しめるウイスキーでした。

同蒸留所はクラウドファンディングによる支援を受けて、2017年7月から改築した建屋と設備で蒸留を開始。蒸留は夏のみで、当時の設備では年2000リットル程度しか仕込めない、日本最小生産規模の蒸留所としても知られています。
一方で、ウイスキー事業そのものは半世紀以上の長い歴史があり。自社蒸留原酒に買い付けて貯蔵したグレーン原酒などをブレンドした、サンシャインウイスキーや、WWAの日本国内審査・カテゴリー別のベストウイスキーを受賞したムーングロウなどがラインナップにあります。


さて、ブレンデッドウイスキーを作っていくと、レシピの関係上原酒の余りがどうしてもでます。
この際、1樽単位に満たない量の原酒が余ることも珍しくないそうですが、生産規模が小さい作り手は余ったから別商品にまわそうとか、あるいは新商品作ろうという訳にもいきません。他に必要となる原酒や、流通までにかかるコスト、市場でのシェア、税金などとの兼ね合いもあって単純な話ではないようです。

そこでそうした余剰原酒を使い、試作的なカスクフィニッシュなど、製品に採用する前の"ブレンダーの試み"を用いるコンセプトで作られるのが、今回のブレンダーズトライアルです。
少量生産品ゆえ、自社のみで販売することで諸々の問題を解決。加えてブレンダーの経験値向上にも一役あることが期待できます。ブレンドにしても料理にしても、なんにしてもそうですが、数作らないと得られない経験ってあるんですよね。

参照:若鶴酒造ムーングロウ10年 43%

今回は通常品や上記ムーングロウ10年を作った際の余剰原酒にあたる、リフィルのPX熟成原酒とバーボン樽熟成原酒のバッティングで、ダブルカスク仕様でリリース(第1作目はワインカスクフィニッシュだったそうです)。
香味はシェリー系のニュアンスが主体的であり、バーボン樽熟成の原酒がベースにあるようなイメージ。ラベルを見るとバーボン樽の方が大きく上側に書かれていますが、これなら逆のほうが香味のイメージ通りかも・・・。
ちょっと荒削りなところはありますが、割と慣れ親しんだシーズニング系のシェリー感がバランスを取っており、奥にはムーングロウでも感じられた針葉樹をイメージするようなウッディーさや、オイルのようなニュアンスも感じられます。

元のリリースと仕上がりのベクトルは全く異なる一方で、同じ原酒の一部と思われる共通項が感じられるのが特徴とも。
同じ蒸留所の原酒を使ったというブレンドリリースは、ウイスキーにおいてある種当たり前の話。ですが、同じロット(樽)の同じ原酒を使って作った兄弟のようなボトルというのは、あまり数はありません。そうした点も含め、ブレンダーズトライアルは、まさに小規模蒸留所ならではのリリースと言えます。

三郎丸蒸留所は先日発酵槽を新調し、蒸留所をさらに改築。もうじき、今年の仕込みの時期を迎えます。
その中で、第3作目はどんな試みを試されるのか。ブレンダーの成長を感じるという点でも、今後のリリースを楽しみにしたいと思いました。

このページのトップヘ

見出し画像
×