タグ

タグ:ワイン

カレラ ピノノワール セントラルコースト 14.5%

カテゴリ:
CALERA
PINOT NOIR 2012
CENTRAL COAST
750ml 14.5%

熟した木苺やブルーベリーを纏う果実香、蜜のような甘みが奥にあり、時間経過で強く。ぶどうの皮、鉛筆、ほうじ茶のような渋みを伴いつつ透明感もあるアロマ。
引っかかりのないスムーズな口当たり、厚みはミディアムからフルボディの間程度で相応に濃さはあるが、杯を重ねても負担は少ない。
カシスの熟した果実の甘みと酸味、徐々にタンニンが積み重なり、歯茎を引き締めるように心地よくビターで長く続く。

バキュバン保管1日後。
カシスシロップのような甘みが出てくるが、香りやボディの輪郭は崩れない。
料理は鶏胸肉にクレイジーソルトで軽く味付けし、ミニトマトとグリルしたお手軽料理。公式で推奨の料理に近いのもあり、ワインがさらに美味しく。


カリフォルニアのロマネコンティこと、カレラワインカンパニーのスタンダード銘柄。
同社が所有する6つの畑の葡萄をブレンドしたもので、価格は他の単一畑に比べて抑えられつつ、そのクオリティを味わうことが出来る事を売りにしています。

カレラ社のワインはスタッフ、葡萄の木ともDRCに繋がりがあり、そして葡萄を育てる環境もそれを意識して選定しているため、ロマネコンティと呼ばれるには理由があります。
ワインそのものも高い評価を受けているわけですが、ただ正直、ロマネ村は兎も角、DRCのワインなんて飲んだことない身として、標高がどうだ、葡萄がどうだと生兵法をカマすのはおこがましいので。。。(その辺は輸入元サイトをご参照頂ければと。)

しかし確かに、下手なブルゴーニュのピノを買うならカリフォルニアのほうが良いよという意見には賛成。このカレラのワインは開けてすぐ美味く、下町大衆食堂のフレンチのような、品種からくる本質的な要素がありつつも気取らない親しみやすさが魅力。この果実味と程よいタンニンは、ウイスキー好きにも琴線があるように思います。

IMG_8245

先週はひたすらウイスキー尽くしだったんで、休肝日を挟んでワインです。
今回のボトルはバックビンテージ。以前ネット上でカレラのワインは10年くらい熟成させても面白いという評価を見たことがあり、ちょっと期待していたのですが、確かにこれは良いですね。
直近のボトルとでしか比較は出来ませんが、口当たりのスムーズさが増し、余韻のタンニンが洗練されたというか、その評価も頷ける構成でした。

勿論、ブルゴーニュの王道的古酒の味わいに比べ、近年感というか、模倣という印象を感じてしまうのは自分が情報を飲んでいるからかもしれないのですが、週末のおうちディナーで飲むなら充分すぎるクオリティです。
ああ、こーいうワインを家飲み用にストックしておきたい。。。

ケンゾーエステート 紫鈴 rindo 2014 ナパヴァレー

カテゴリ:

KENZO ESTATE
NAPA VALLEY
Rindo 2014
750ml 15.2%

香り:熟したベリーやカシス、ナパのカベルネらしいふくよかで甘酸っぱい濃厚な果実感。香りに混じる樽香は、カカオを思わせるタンニン、微かにハーブや鉛筆のようなニュアンスも混じる。

味:リッチでフルボディ。注ぎたては特に余韻にかけて若干のアルコール感を伴う強さがあるが、香り同様の果実味はジャムのように柔らかく、程よくウッディでタンニンが染み込むように長く続く。この余韻の強さが、デキャンタや時間経過で開く包容力のある熟した果実の甘みとのバランスをとって、いい仕事をしてくれる。 
評価の高いナパを、じっくり家飲み出来る機会に恵まれました。
カプコンの代表取締役である辻本憲三氏が創業・オーナーを務めるワイナリー"ケンゾー・エステート"。「より多くのお客様に、より最良のワインを」をモットーに、開墾が始まったのが1998年。ファーストリリースが行われる2008年までには10年の歳月を要しましたが、それはその間一度育った全ての葡萄の木を引き抜き、畑をリセットするなど世界最高峰のワインを目指すためのチャレンジ故だったそうです。
掻い摘んで書きましたが、このストーリーだけでもウイスキーにおける竹鶴政孝氏に通じるものがあるというか、読み応えのある内容なので、合わせてメーカーWEBページも参照頂ければと思います。

そのワイナリーのフラグシップブランドが、今回のテイスティングアイテムであるRindo"紫鈴"です。
ぶどう畑に鈴なりに実る、葡萄の紫色をイメージしたとする銘柄は、同ワイナリーで作られる品種を複数用いて収穫からボトリングまで手がけるエステートワイン。2008年のファーストリリースは即完売するなど、高い評価を受けています。

2014年の品種比率は、カベルネソーヴィニョン53%に、メルロー25%、カベルネフラン10%、プティ・ヴェルド10%、マルベック2%。それを20ヶ月の樽熟成の後、1年間の瓶熟。
この中でも主にカベソー由来と感じられる熟した果実味は、濃厚かつ淀みなく丁寧な作りが伺えるだけでなく、余韻にかけてのタンニンがボルドー的な要素を連想させる。樽香もいいアクセントで、端的に言って旨いワインですね。繊細さもありつつ軸はしっかりしてるので、熟成させても面白そう。
また、この日は夏野菜でトマトソースのドリアを作ったのですが、料理との相性もバッチリでレベルの高いワインです。

この熟した果実の香味は、ウイスキー好き並びにワインに馴染みがない方でも琴線があるように感じます。
ただ。。。なんというか旨いは旨いんですが、自分の場合はワインの経験値の少なさも手伝って、違いが感じづらいというか。ナパの基本キャラクター路線故に普及価格帯のコスパの良いものと、ついつい比べられてしまうのが難しいところかなとも感じます。

そう、数々のこだわりと評価故、このワインは結構良いお値段してしまいうのです。
まあウイスキーやその他の酒類においても同様の状況はあるので、ワインに限る話ではないですが。このワインを平常心で飲めるようになる、そんな立ち位置に行けるように仕事を頑張り、最高峰を目指してチャレンジするのが人生の目標の一つになるのかもしれません。

セイズファーム カベルネソーヴィニョン 12.5%

カテゴリ:
SAYS FARM
CABERNET SAUVIGNON 2016
HIMI TOYAMA JAPAN
750ml 12.5%

香り:スパイシーでやや硬さを感じるクリアな香り立ち。木苺やカシスの果実香、ほのかな樽香やハーブを思わせるアロマもある。

味:フレッシュで雑味の少ない口当たり。酵母発酵を思わせるプチプチとした刺激、程よい酸味の後で熟したカシス、ジャムのような果実味も感じる。
余韻のタンニンは控えめで、甘みもベタつかずさっぱりとしている。

カベルネソーヴィニョンのニュアンスはあるが、気候によるのかフランスのようにしっかり濃厚なタンニンがあるわけでもなく、新大陸のようにたっぷりとしたタイプでもない。控えめな甘みとフレッシュな酸味で、例えるなら熟していない果実のよう。数日経過すると熟れた甘みが開きポテンシャルを発揮してくる。


久しぶりのワイン記事。友人夫妻からのお土産なのですが。。。
「日本のワインってなんか手が伸びないんだよね。」
ワインの経験が浅い自分の、偏見とも言える先入観を打ち砕いてくれたのが今回の1本です。

セイズファームは2007年、富山県氷見市に創業、2009年にファーストリリースを行なったばかりのまだ新しいワイナリーです。
その特徴は、ワインづくりに用いる葡萄は全て自社で開墾した農園で生産した各葡萄品種のみを用いていることと、富山の食材の合うワインづくりを目指していること。それもほぼ有機栽培に近い、地の環境を活かした生産を行っているのだそうです。

自分が日本のワインに手を出さなかった理由は、一部銘柄がブドウジュースやレーズンなどを使ってワインを作っているという話を聞き、日本はまだその程度なのかなという先入観を持ってしまっていたため。
勿論そうした銘柄が一部あるのも事実と思いますが、ボトル片手に調べてみて、本格的にワインを作ろうとしている醸造家もいらっしゃるんだなと。香味から細かいところまでわかるほどの経験値はありませんが、その景観と味わいに、是非訪問してみたいなと感じるようなワインづくりが富山の地で行われていたのです。

(セイズファームのカベルネソーヴィニョン。以下の記事は現地の雰囲気がわかりやすく、俄然興味が湧いてきました。
ご参考:

ラベルはシンプルで、それが逆にセンス良く。味は少しライト気味ですが、カベルネらしいニュアンスと、雑味の少ない丁寧な作りが感じられる構成で、時間経過での変化も合わせて充分本格派なワインだと思います。
日本の環境では赤よりも白の方が良いと聞きますので、次は同社がメインとしているシャルドネを試してみたいですね。
ちょうど暑い時期ですし、軽く冷やして飲んだら美味しいだろうなー。

なお話は少し変わりますが、富山と言えば若鶴酒造の三郎丸蒸留所も改修工事を経て昨年再稼働したばかりです。
そして富山には一定以上の品質の赤ワインがあるのですから、三郎丸からすればワイン樽も地元で調達出来る可能性があるということでもあります。
セイズファームと三郎丸のピーテッドモルトの組み合わせも、将来的に期待したくなる国産ワインとの出会いでした。

ブルームスベリー リッジヴュー ワインエステート 12% イングリッシュスパークリング

カテゴリ:
BLOOMSBURY
RIDGEVIEW 2013
English Quality Sparkring Wine
750ml 12%

先日、アプルヴァルの試飲会に参加した際。偶然知り合ったワインインポーターのワインスタイルズさんにて買い求めた、イギリス(イングランド)の辛口スパークリングワイン。
2013年はイングリッシュワインとしては優良年なのだそうですが、自分もちょっとした記念の年であって、記念日ディナーに使わせてもらいました。
シャンパングラスが何処かにいってしまい、ワイングラスで代用・・・(笑)

率直にいうと、ワイン初心者の自分は"イギリスワイン"と言われて、「え?イギリスでワイン作ってるんですか?」というテンプレ的な予備知識の無さからスタート。
聞けば石灰質の土壌にシャルドネ中心のぶどう品種構成(2013年のセパージュはシャルドネ59%、ピノ・ノワール27%、ピノ・ムニエ14%)。そしてシャンパーニュ製法を採用した作りで、飲んでみるとブラインドではシャンパンと区別がつかないだろうクオリティ。

辛口とは言いますが、トゲトゲしさのない心地よい酸味を伴うスッキリとした飲み口。白系果実、炭酸の刺激と華麗なキレの良さ。口の中で温度が上がってくると、黄色系の柑橘や若い林檎のような果実味が膨らんでくる。
酸味のバランスが良いですね。やることをしっかりやったような王道系の味わいです。


「こういうのもあるのか。」なんてどっかで聞いたようなセリフが思わず口をつく。自分の知ってる下手なシャンパンなら喰ってしまうような1本で、素直に驚かされました。
それこそイギリスみたいな寒冷地でワインなんて・・・という印象だったのですが、地球温暖化の影響で葡萄づくりに適した地域がどんどん広がっている結果なのだとか。
また、イギリスの気候は1年を通して寒暖差が少ない特徴もあり、これもプラスに働いて、熟成にも耐えるしっかりとしたスパークリングが出来るのだそうです。

後は価格が一般的なシャンパンより安価であれば、素晴らしい競争力を発揮できそうなところなのですが、そのクラスのシャンパンと変わらないのが少々痛いところではあります(汗)。 
ただ、味は間違いないわけですから、我々のようなスコッチウイスキー好きは、例えばそうしたBARの周年記念に差し入れるとか、特別な日の1杯目に準備してみるとか、イギリス繫がりの用途はあると思います。


さて、今回ワインを購入したワインスタイルズさんは、仲御徒町に店舗を構え"生産者のこだわり"が見えるワインを主体的に扱うインポーター。4月末で開業9周年を迎えられていて、今後はシードルやサイダーブランデーなど、ワイン以外の扱いも始めようと色々動かれているようです。

店内は常時温度管理がされており、ワインの保管状況は棚置きであっても良好。安心して買い物が出来るだけでなく、店頭試飲が可能な設備も備えていて、上野、御徒町、あるいは浅草界隈で買い物をした後でふらっと情報収集に寄れるのも魅力です。
今回訪問した際は、9周年イベントで開封したという、ダイヤモンドジュビリーを記念してリリースされたリッジヴュー・ロゼのマグナムをウェルカムドリンクに、オーストラリア・ピラミマのシラーズ、アメリカ・ナインハットのカベルネなど、ウイスキー好きに琴線がありそうな濃厚系をいくつか飲ませてもらいました。


リッジヴューはこのロゼが初体験。「え、イギリスさん結構良いじゃないですか」という第一印象を持って、同社社長の田中さんによる即興イングリッシュワイン講座を受講(笑)。特別な記念だけに気合の入ったリリースで、このクオリティも納得です。

これが新しい発見で今回の買い物に繋がったわけですが、他にシラーズ・ピラミマの熟した苺を思わせるような甘酸っぱい果実香にもぐっとくるものがありましたし、ナインハットは完熟カベルネ"らしい"包容力のある、濃厚でふくよかな味わいが魅力。熟成ボルドーのしなやかなタンニンと奥ゆかしい酸味も素晴らしいですが、新大陸系のわかりやすい味わいもそれはそれで楽しいものです。

お酒を買うとき、便利さからついついネットショップやオークションを使ってしまいがちですが、ショップで直接探す楽しみはこういうところにあるんですよね。
この日は田中さんから、同ジャンルに関する知見のみならず、業界動向や個人的なワインへの想い入れなど、色々お話を伺うことが出来ました。
結果、気がつけば閉店時間まで長居してしまいましたが、近々新商品も入るようなのでまた伺いたいと思います。
ありがとうございました!

株式会社ワインスタイルズ
営業日時:12時〜20時 (木・日曜休み)
住所:〒110-0016 東京都台東区台東3-4-10 大畑ビル
TEL:03-3837-1813

マイケル ポーザン アナベラ ナパヴァレー カベルネソーヴィニョン 13.5%

カテゴリ:

MICHAEL POZZAN WINERY
ANNABELLA
NAPA VALLEY
Special Selection 2015
750ml 13.5%

ウイスキー好きのワインへのエントリーとして、琴線がありそうなのが甘く芳醇なワイン。最終的に行き着くのはボルドーやブルゴーニュの突き抜けた1本だと思うのですが、そこに至る道にイタリアやスペイン、あるいはカリフォルニアに可能性を感じる今日この頃。
信濃屋さんでそんな話をしていた際に勧められたのが、ナパヴァレーのカベソ、アナベラ2015。3000円以内の価格帯でナパの王道的構成が楽しめる、コスパのいいワインです。

葡萄品種はカベソー95%にメルロー5%。
ボルドーでこう若いワインなら、ガチガチの渋々タンニン丸であってもおかしくない品種構成ですが、ここはアメリカ・カリフォルニア、ナパヴァレー。
特徴をよく現していると言える濃厚な飲み口、カシスやチェリー、ベリー感も混じる熟した果実を思わせる色の濃い甘みと柔らかい酸味が主体で、余韻にかけては葡萄の皮を噛んだような渋み、ほのかな樽香。
今の時期だと温度管理もそれほど気にする必要なく、室温でぐいっと飲めちゃいます。


ワインはすっぱくて渋くてアカンって人にもオススメなボトルの一つですね。
ブランド名であるアナベラは、ラテン語で「愛すべき」という意味。まさに自分のようなワイン初心者からその筋の愛好家まで、広く愛されるようなワインだと思います。

なお、この手のワインの特徴として、2杯目になってくると甘みがあざといというか、香味がちょっと単調気味に感じることがありますが、そこは食事と合わせるなら問題なし。
肉系とは大概合う香味で、特に香味の強い肉類や、甘辛系の味付けのものと良く合うと感じます。たまたま冷蔵庫にあった切り干し大根と合わせたところ、案外悪くなかったことにも驚きました(笑)。 

このページのトップヘ

見出し画像
×