タグ

タグ:ローカルバーレイ

スプリングバンク ローカルバーレイ 10年 2007-2017 57.3%

カテゴリ:
SPRINGBANK
Local Barley
Aged 10 years
Distilled 2007
Bottled 2017
No of bottles 9000
700ml 57.3%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:強いウッディさからオレンジピール、ザラメ、キャラメル、燻した麦芽。香りに溶け込んでいるようなスモーキーさ。ほのかにハッカと硫黄香のニュアンスも。

味:口当たりは粘性があり、蜂蜜や淡いシェリーのニュアンス、干し草、出がらしのお茶、奥から麦芽風味。やや荒さがあり、徐々にヒリヒリとした刺激が感じられる。
余韻はドライでスパイシー、存在感のあるピートとローストした麦芽の香ばしさ。パワフルで長く続く。

酒質のらしさよりも樽感が強く、相乗効果で味の濃い短熟系シングルモルト。特にシェリー樽熟成の原酒が香味に複雑さを与えている。好みを分ける味わいだが、加水すると華やかな樽香が開いて親しみやすくなる。


スプリングバンクが2015年から5年間で5作リリースを予定している、ローカルバーレイシリーズの3作目。
蒸留所から8マイル以内にある農場で作られた地元産の麦芽を、地元産のピートを使ってフロアモルティング。近年のスプリングバンクは、トミントールなどの内地のピートを2種類使っているようですが、ローカルバーレイ用には現地のものを調達しているようです。

率直な感想を述べれば、他のスプリングバンクと比較して、これぞローカルバーレイというほど地元産原料を使うことに対するメリットは感じないのですが、ウイスキーは古来"地のもの"であったわけで、特別感を楽しめるのは事実。
また、独自のモルティング由来か、近年のスプリングバンクの味の強さ、癖、麦感は健在。樽比率はバーボン樽70%にシェリー樽30%で、酒質をさらに上塗りする複数の混じったような樽感が味の複雑さに繋がっていると感じます。


さて、これまでのローカルバーレイ3作を振り返ると、酒質由来の香味が強かったファーストリリースの16年に対して、この2年間の11年、10年と、熟成年数が短くなるごとに樽感が強くなっていく傾向が感じられます。その樽感は、ローカルバーレイ11年は通常ラインナップの10年、ローカルバーレイ10年は15年の延長線上にあるという印象です。

その仕上がり具合には様々な意見がありますが、短熟化が進んだためか特別なラベルを背負うオフィシャルのリミテッドでありながら、手を出しやすい価格帯のリリースが続いたのは、その手のリリースをとんでもない値付けで展開しがちな某社と違って有難い方針でもありました。
今年、そして来年のリリースは18年程度のミドルエイジに戻っていくか、あるいは8年などのさらに短熟を挟んで、1999年仕込みで20年か21年熟成まで引っ張ってフィニッシュでしょうか。

なお、ローカルバーレイの仕込みは現在進行形で行われており、以下の写真のようにローカルバーレイであることは鏡板にも書かれています。この5作とは別に、引き続き10年から15年程度のリリースが続くのではないかとも感じています。 

スプリングバンク 16年 ローカルバーレイ 2016年リリース 54.3%

カテゴリ:

SPRINGBANK
Local Barley Edition
16 Years old
Distilled 1999
Bottled 2016
Cask type Bourbon 80% Sherry 20% 
Only 9000 bottles
700ml 54.3%

【ブラインドテイスティング】
地域:キャンベルタウン
蒸留所:スプリングバンク
熟成年数:15年
度数:55%程度
樽:リフィルオーク系のバッティング

グラス:SK2、創吉テイスティング
量:60ml程度(ブラインド30ml、オープン30ml)
場所:BAR及び自宅
時期:開封1週間未満
暫定評価:★★★★★(5-6) 

香り:フレッシュで酸味のある香ばしい麦芽香。レモン、うっすらと蜂蜜、焦げた木や灰っぽさのあるピートフレーバー。奥には消毒液のスーッとする香りと、油絵の具のようなクセのあるニューポッティーな要素も感じられる。グラスの残り香は焼きあがったミートパイを思わせる香ばしさが残る。

味:パワフルでオイリーな口当たり。土っぽさも感じる燻したような麦芽風味とバタークッキーや蜂蜜レモンの甘み。徐々にスパイシーで焦げた木や麦芽のほろ苦さと香ばしさが主体的、若干の消毒臭とスモーキーなフレーバーが鼻に抜ける。 
フィニッシュはスパイシーでドライ、塩っぽさと乾いた木のえぐみ。ピーティーで長い余韻の中で、じわじわとモルティーな甘みが戻ってくる。


伝説のボトル(ラベル)復活。スプリングバンクから、ついにこの銘柄がリリースされました。
ラベルと書いたのは、既にスプリングバンクソサエティ等から、"ローカルバーレイモルト"がリリースされているため。特別であることを駆り立てるのは、やはりこのラベルとローカルバーレイ表記の組み合わせだからこそだと感じます。
 
ウイスキーファンやスプリングバンク愛好家にとって、特別な銘柄の一つがウェストハイランド、そして今回のラベルのモトとなるローカルバーレイ。
かつてリリースされた1965、1966ビンテージは、蒸留所から半径5マイル(一説では8マイル)以内で収穫された麦芽に加え、フロアモルティングは同蒸留所の精麦設備でキャンベルタウン産のピートを使って実施。仕込み水に加え、その後の蒸留で使われる石炭まで同地区産とこだわり抜いた、正真正銘のキャンベルタウンモルトです。
現地産へのこだわりが、味にどれほどのアドバンテージを与えたのかは測れないものの、ぶ厚いボディに芳醇で多層的な香味は、銘酒と表現するに偽りないモルトでした。
スプリングバンクは1960年代に麦芽調達のプロセスを変更していたようですが、1992年に再び地元産の麦芽を買い付ける方針に戻っており、その結果近年の様々なリリースや、ローカルバーレイブランド復活に繋がったと考えられます。
 
ウエストハイランド(左)とローカルバーレイ(右)。盛岡スコッチハウスさんのWEBから引用。
http://www.h7.dion.ne.jp/~s-house/tennai-springbank.htm

今回のボトルは、石炭直火蒸留ではありませんが、麦芽は蒸留所から数マイルの場所にあるLow Machrimore農場で育てられたものが使われているとのこと。 
発売されたばかりですが、ウイスキー仲間のYさんが海外から直接購入され、TWDのテイスティング勉強会と、その後自宅でもテイスティングする機会を頂きました。

ブラインドの結果はほぼ正解というところに落とせたので、今回は通常の流れでまとめていきます。香味は基本的に90年代バンクのそれ。ブラインドでもオープンテイスティングでも、本質的な印象は変わりません。
全体的にフレッシュで特に香りに若さを感じ、麦系の強い香味、そこにリフィル系の樽由来の淡いウッディさと塩っぽさ、ピートや土のフレーバー。まだ癖や粗さの残る構成で、良いところもあれば悪いところも相応にある、まさに「麦の地酒」という感じです。

一方で、TWDでは参加者全員から随分酷評(平均スコア1.8、5段階評価)されてしまったのがこのボトル。自分も諸手を上げて賞賛する完成度ではないと思います。
持ち主のY氏はそこまで悪くないのではという意見。その要因を考えると、オフフレーバーなどの後付け要素は感じられないため、グラスや環境の違いで上述の悪いところが強めに感じられた結果かなと。
実際飲み比べると、卵形で飲み口がすぼまる国際規格系ではなく、SK2のように入り口広く液面が近いタイプの方が、良い点を拾いやすく感じました。
あとはパワフルで若さのあるボトルを一番最後に飲んだのも、多少影響したかもしれませんが、何れにしてもブラインドテイスティングとは時に残酷です(笑)。
先入観なく、真摯にテイスティングした結果なんですから。

海外通販経由でいよいよ日本にも入り始めた新生ローカルバーレイ。昨日新宿のカルーソーさんにも入荷したようです。
かつてのローカルバーレイを意識して飲むと「おや?」っとなるかもしれませんが、近年のスプリングバンクとして楽しむならば、通好みな個性の存在を感じられると思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×