タグ

タグ:ロッホローモンド

インチマリン 14年 2004-2019 Y’sカスク 静谷和典セレクト 55.1% 

カテゴリ:
IMG_20190725_124123
INCHMURRIN 
Y's CASK & BAR LEMON HEART 
Selected by Kazunori Shizuya 
Aged 14 years 
Distilled 2004 
Bottled 2019 
Cask type Rechard American Oak #1913 
1 of 568 Bottles 
700ml 55.1% 

グラス:テイスティング
時期:開封後2週間程度
場所:BAR 新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★★(6)

香り:ややハイトーンで風邪薬シロップのようなケミカルな甘いニュアンスと、微かに赤みを帯びた乳酸系の酸を伴う香り立ち。あわせてドライなウッディネスがレモンピール、干し草などの乾いた植物感も伴う。

味:香り同様にケミカルな要素と甘酸っぱくフルーティー、スパイシーな口当たり。樽由来か中間に粉っぽい舌触りがあり、シロップの甘味、グレープフルーツ等の柑橘感。
余韻にかけて微かにハーブ、スパイシーな刺激が増していくようで、ドライなフィニッシュへと繋がる。

現行インチマリン(ロッホローモンド)の酒質部分の個性がはっきりと出ている1本。開封直後はフルーティーさが足りず、スパイシーな仕上がりが強い傾向だったが、時間を置いて改めて飲んでみると、好ましい変化もあり、開封後数ヵ月単位で慣れさせると良いかもしれない。少量加水するとケミカルなニュアンスにホットケーキのような生地の甘味が加わって、スウィートで飲みやすくなる。

IMG_20190725_124149

今日本で最も勢いのあるバーマンの一人と言える、BAR LIVET & 新宿ウイスキーサロンの静谷氏がロッホローモンド蒸留所でセレクトしたインチマリン。
表ラベルはファミリー企画のレモンハートシリーズ仕様で、BAR LIVETのカウンターでウイスキーを飲むマスターと、静谷さんの姿が描かれています。

一方モノを扱っているのはロッホローモンドの正規代理店でもある都光で、この選定にはリカマンのスピリッツバイヤーである伊藤さんも関わっている模様。
Slected by Kazunori Shizuyaの隣には、小さく伊藤さんの名前と、上記裏ラベル(本来はこっちが表か?)にはEXCLUSIVELY For TOKO TRADING表記があり、本ボトルに関わった方々の相関図が見えるようでもあります。

それではそろそろ中身の解説を。ボトリング本数568本は約400リットル分あることと、樽由来の香味の淡さから、熟成に使われた”リチャード・アメリカンオークカスク”なる樽は、複数回使用のシェリーバットがベースであると推察。
複数回使用後であるためか、アメリカンオークといっても1stフィルのバーボン樽のような、近年のロッホローモンド蒸留所の原酒が持つフルーティーさを後押しするフレーバーは控えめで、むしろ樽由来とおぼしき酸が感じられる以外には、酒質由来のケミカルな甘味とハーブ、スパイシーな刺激が主体という構成となっています。
また、リチャーでありながら焦がした樽材由来の要素があまり感じられないのも特徴で、そこまで強く焼きを入れてないのかもしれません。どちらかといえば、サードフィルのシェリーバットという方が自然な感じのする仕上がりと言えます。

IMG_20190506_185454
(同じY's Caskシリーズから昨年末頃にリリースされた、バーボン樽熟成のインチマリン2002-2018。酒質のケミカルな特徴はほぼ同じだが、樽の違いでパイナップルを思わせるフルーティーさが強調されている。まさにジェネリックトロピカル。飲み比べてみるのも面白いだろう。)

そのため、開封直後の印象ではインチマリンに求めるジェネリックトロピカルというか、アイリッシュ系統のフルーティーさがあまり感じられず、ハーブや植物感のような癖と、人工的なシロップの甘味、スパイシーな刺激といった酒質由来の部分が目立っており、時間置いた方が良いと判断。
2週間ほど間を置いて改めて飲んでみると、フルーティーさが開いてきているように感じられ、テイスティングの通りポジティブな変化が見られました。

静谷氏のテイスティングコメントでは”青パパイヤ”という表現が使われていますが、大概の果実は売られている段階から少し置いて食べ頃を待ちます。つまりこのボトルもまた、熟していくのに多少時間が必要といったところでしょうか。
いっそ3本くらい同時に開けておいて時間経過後をサーブするようにしたら?なんて話をカウンター越しにしながら、半年、1年後の姿をイメージして楽しんだ1杯でした。

酒育の会 Liqul(リカル)での連載について

カテゴリ:
お酒に関する正しい知識や、趣味としてのお酒の楽しみ方を発信するため、イベントやセミナー等の各種活動を行っている一般社団法人酒育の会。
同会が奇数月に発刊している機関誌「リカル」に、2019年7月号からウイスキー関連の記事を連載させていただくことになりました。

IMG_20190630_092742
酒育の会 LIQUAL (リカル)
※最新刊ならびにバックナンバーについては上記URL参照。ウイスキーだけでなく、コニャック、テキーラ、ラム、ワイン等様々なお酒やBAR飲みのスタイルなどが特集されています。7月号はアルマニャック特集で、7/1以降WEB公開予定。


連載に当たっては、テーマも含めて自由に決めて良いという条件を頂いており、会の目的とも照らして"オフィシャルスタンダードの再認識"にしました。
ブログを書き始めてから、特にここ1~2年は意識的にオフィシャルスタンダードも飲むようになったのですが、最近そのオフィシャルが美味しくなったという声を、自分だけでなく周囲の愛好家からも聞きます。
この機会に再勉強も兼ねて、良いと思ったリリースや、従来に比べて好ましい変化のあった蒸留所のラインナップを紹介していく企画を考えたワケです。

文字数に制限があるため、細かい部分の解説やテイスティングコメント、スコアリング等はブログで補足する整理。書くのは良い部分をざっくり程度となるため、テイスティングレビューというよりコラムに近い構成になりますが、内容やラインナップに共感して貰えたら嬉しいですね。

IMG_20190628_224617

記念すべき連載一回目。掲載は巻末のほうかと思いきや、隣のページは吉村さんで、しかも一番開きやすいセンター部分。例えるならプロ入り1年目のピッチャーが、ブルペンでエースと一緒に投球練習をするような心境。。。になりましたが、自分の記事がこうして紙媒体に掲載されるのは本当に感慨深いです。(プロになったこともピッチャー経験もありませんがw)

チョイスしたのは、アバフェルディ12年とロッホローモンド系列の12年クラスで、ロッホローモンドやインチマリンを想定。
アバフェルディは今も昔も普通に美味しいハイランドモルトで、コスパも素晴らしいだけでなく、上位グレードとの共通点もある佳酒であることから。そして同じハイランド地方から、かつてはダンボールと呼ばれて珍味扱いされていた蒸留所ですが、近年好ましい変化が見られたロッホローモンドを。
どちらも記事化に当たって、外せないオフィシャルボトルだと思っていました。

一方オフィシャルスタンダードと言っても幅広く、もうひとつ基準に考えているのが、1本5000円台までの価格で販売されている、エントリーグレードであるということ。
例えば同じオフィシャルでも、スプリングバンクの10年は近年文句なく良くなったボトルのひとつですが、今回使わなかったのは8000円弱という価格が他のミドルグレードと同じ区分で整理出来てしまうためです。
同価格帯からカダム15年とか、ノッカンドゥ18年とかも。。。本当は使いたいんですけどね。5000~10000円のクラス、あるいはそれ以上の価格帯にも注目の銘柄は多く、そのうち各価格帯から1本ずつという形式にシフトしても面白いかもしれません。
他方、このあたりを制限しても候補は多いので、どれを取り上げるか悩むことにはなりそうです。


今回の話は、年に2回招聘頂いている、非公開のブラインドテイスティング会をきっかけとして、同会代表の谷嶋さんから頂きました。
これまで酒育の会と特段接点のなかった自分ですが、今までの経験を微力でも同会の理念に役立てられればと思います。
先に述べたように、最初はオフィシャルで最近注目している美味しい銘柄、面白い銘柄を中心に。その上で来年からは、日本のリユース市場に一定数以上在庫があるオールドボトルについても別特集で掲載していければと考えており、企画案は提出済みです。

なお、本著述については会社の許可をとった上で実施しています。今後は許可範囲内で、自分の時間のなかで無理なく参加させていただくつもりです。
そのため、締め切り前は執筆を優先するためブログの更新が止まるかもしれませんが。。。そこは察して頂ければ幸いです。(笑)
リカルでのくりりんも、よろしくお願いします!

ロッホローモンド 12年 2016年リニューアル後 43%

カテゴリ:
IMG_20190514_223409
LOCH LOMOND 
AGED 12 YEARS 
SINGLE MALT WHISKY 
700ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR LIVET 
評価:★★★★★(5)

香り:オリーブやハーブを思わせる軽い植物感。バニラ、和紙、乾いたウッディネスはオーキーなニュアンスも含む。奥には柑橘を思わせるフルーティーさも。

味:ややスパイシーで干し草を思わせるドライな口当たり。バニラ、柑橘やパイナップルシロップ、ケミカルなフルーティーさが続いてくる。
余韻は軽いピートを伴い、ほろ苦くトーンの高い刺激。張り付くような質感がありスパイシーで長く続く。

やや粗削りな味わいだが、この蒸留所が以前から持っている癖に加え、アイリッシュのような好ましいフルーティーさが感じられる新しい時代のロッホローモンド。スチルの形状の関係か、やや3回蒸留に近いトーンの高さと刺激がある。少量加水すると和らぎマイルドに。香りの開き具合もよい。

IMG_20190506_183617

2016年頃にリニューアルしたロッホローモンドのオフィシャルボトル。
紙感やハーブ、白い花のような植物系の要素が全開だった旧ボトルのインチマリンや、ダンボールっぽさの強かった旧ロッホローモンド名義のボトルに比べ、ケミカルなフルーティー系の要素を感じやすいのが、近年のロッホローモンド蒸留所の特徴となっています。

ただ、その特徴が出ているのは現行ラインナップでは12年まで。諸々のリリースから逆算して見ると、2002年ないし2003年以降の蒸留に見られる特徴のように感じられます。
それより古い原酒が使われている、例えばオフィシャル18年等は、旧世代の特徴が強く。該当する期間に蒸留所で何があったかについては現在調べていますが、蒸留時期の違いに加え、上位グレードはフルーティーさの出やすいバーボン樽ではなく、シェリー樽の比率が高いことも影響しているのかもしれません。

FB_IMG_1561497831787
(ロッホローモンド蒸留所の代名詞であるローモンドスチル。今は無きリトルミル蒸留所から受け継がれるレガシーは、ネック部分にしきりをいれることで、原酒の酒質に変化を与えることが出来るという。その構造は、現在いくつかのクラフトディスティラリーで導入されているハイブリットスチルの元祖でもある。)

さて、今回のテイスティングアイテムであるロッホローモンド12年は、先に触れたように新世代のロッホローモンドが持つアイリッシュ系のケミカルなフルーティーさを個性のひとつに備えているボトルです。
樽構成は、リフィルシェリー、リチャード、バーボンの3種類の樽が主に使われているそうで、フルーティーさはバーボン樽が。それ以外のビターなニュアンスや紙っぽさと干し草のようなウッディさは、リフィルシェリーとリチャードカスクがそれぞれ後押ししているようにも感じます。

個人的には、同じ蒸留所で生産されているインチマリン12年のほうがフルーティーさが分かりやすく好みですが、その基準は個人個々でしょう。どちらにしてもハウススタイルに歓迎すべき変化が起こっているのは間違いありません。

7156f3d8
(同じロッホローモンド蒸留所でスチルを調整して生産されている、インチマリン。ロッホローモンド12年に比べると、少々ケミカルなキャラクターは強めだが、合わせてフルーティーさもはっきりとある印象。飲み比べてみるのもオススメ。)

一方、過去の珍味系というか個性的な味わいから、同蒸留所のリリースは名前だけで警戒されることも多くあります。
それは食指が伸びないだけでなく、飲んだときに該当するイメージを探しに行ってしまう人も、少なくないのではないかと。海辺で熟成されてるモルトに、潮の香味を探すのと同じですね。
ですが、キャッチーな要素があるのは事実であり、先日開催された東京ウイスキー&スピリッツコンペティションでは、ブラインドテイスティング審査の結果同12年が金賞区分に入ったという出来事が、それを裏付けているように思います。

恐らくですが、飲んでみたら案外楽しめるモルトで、何かと思ったらロッホローモンドだったと。。。
こういう積み重ねで、将来好きな蒸留所はと聞かれて「ロッホローモンド」と答えても違和感がなくなる時代がくるのでしょうか。
新世代のロッホローモンドの個性が、今後更に開花していくことを楽しみにしています。


インチマリン 16年 2001-2017 JIS向け 53.3% #4158

カテゴリ:
INCHMURRIN
Aged 16 Years 
Distilled 2001
Bottled 2017
Cask type Refill Bourbon Barrel #4158
Exclusive to Japan Import System 
700ml 53.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:BAR飲み
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:トーンの高い刺激。草っぽさと殻付きの麦芽、乾燥した紙のようなアロマ、ほのかにバニラ。スワリングするとケミカルな要素を伴う甘みも感じられる。

味:オイリーでアタックの強い口当たり。ドライジンジャー、植物感、湿った紙っぽさ。
序盤は果実味は控えめだが、余韻にかけては風邪薬シロップやレモンキャンディ、人工的なニュアンスを伴う甘さが広がり、スパイシーでヒリヒリとしたフィニッシュへと繋がる。

紙っぽさとケミカルなフルーティーさ。2つの個性が香味の前半と後半で、別々に存在しているようなボトル。ストレートでは幾つか好ましいニュアンスもあるが、癖の方が強く感じられる。少量加水すると多少果実味が開くが、加水しすぎはオイリーさが前に出すぎてしまう。


今から1年前、ウイスキー業界でちょっとした話題になったのがJIS向けのインチマリン2003。
インチマリンと言えば、濡れた段ボールや紙っぽさというハウススタイルで有名ですが、新しいラベルデザインとなった直近のインチマリン、特にこのJIS向け2003は、そうした個性よりアイリッシュ系のケミカルなフルーティーさが前面にあり、新しい魅力を備えたスタイルに生まれ変わっていました。

この時の衝撃は「ロッホローモンド蒸留所、新世紀の逆襲。南ハイランドの可能性。」として、このブログでも記事にしていたところ。
ただ、これを持って一部愛好家間では"くりりん=インチマリン大好き"、という妙な図式も語られたとか。大好きって言うか、美味しく面白いウイスキーなら特段蒸留所にこだわりがないだけで、言わばプロ野球で球団はどうでもいいけど選手個人は好き、というタイプなだけなんですよね。(勿論その時その時の球団としての戦略、ハウススタイルも楽しむ要素ですが。)

そして今年、私生活では幾度となく迎えたプロジェクトの山場に加え、高熱や虫垂炎だとバタバタしていた間にリリースされていたのが、この2001-2017。昨年の続くインチマリンとしては2本目のJIS向けボトルです。
昨年の2003は誰も予想しない出来で、その2匹目のドジョウを期待したいところでしたが、今回のビンテージはちょっと違うかも、と感じていたのが第一印象。
飲んでみてもキャッチーなフルーティーさより「所謂ロッホローモンドらしさ」の方がメインに感じられる部分が強く、美味しいより面白いタイプ。前作以上に好みが分かれる、ある意味でらしいボトルだと感じました。

この2本で何が違ったのか。前作は樽が不明で比較は出来ませんが、ファーストフィルバーボンだった可能性が一つ。
また、その他のリリースを見ても、2000年ごろとそれ以前、そして直近で香味の系統が異なる点がもう一つ。例えばオフィシャルラインナップでは12年と18年でハッキリと酒質の個性の系統に変化があって、18年の方がオイリーさや紙系の香味は強く感じられます。
ロッホローモンドでは1999年に新しいモルト用蒸留機を導入している模様。ここからロッホローモンド用とインチマリン用のラインが別れているそうで、製法の差別化等と共に、徐々に最近の香味の変化に繋がっていると考えられます。

つまり、従来のロッホローモンドの個性ではなくキャッチーな香味を求めていくなら、2000年前後よりそれ以降というのが持論。このロジックでいくと2003、4、5あたりは熟成期間的に面白そうなので、何処かでファーストフィルバーボンに詰めた10年熟成とかリリースしてくれれば面白いんですけど。。。

インチマリン 12年 46% ロッホローモンド アイランドコレクション

カテゴリ:
IMG_2945
INCHMURRIN
Aged 12 Years
2016's
Loch Lomond Island Collection
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:華やかでライト、乾いた紙っぽいアロマとケミカルフルーツを伴う香り立ち。熟したオレンジ、人工のパイナップルシロップなどを思わせるフルーティーさ。序盤は機械油っぽさも感じるが、時間経過でオーク系の樽感が開いてあまり気にならなくなる。

味:オイリーな口当たりから、舌先にピリッとしたスパイス。甘酸っぱいオレンジやピーチ味の薬品シロップ、あるいは駄菓子のキャンディーのようなフルーティーさ。余韻にかけては乾いた麦芽風味、鼻腔まで届くケミカル系の甘みを伴う戻り、程よくドライであっさりとしている。

温度で印象が多少異なるボトル。少し冷やしてあると香りに紙っぽさやハッカを思わせる香りが強く出る代わりに、香味共オイリーさは目立たなくなる。


オーナーが変わったロッホローモンド蒸留所が、2016年からリリースしているニューボトル。アイランドコレクションとされているのは、海に面する外洋の島ではなく、同銘柄の由来とされるローモンド湖のインチマリン島から。
先日の武蔵屋&JIS合同試飲会のラインナップで最も印象に残ったボトルであり、試飲会で注文した1本が、このインチマリン12年です。

樽の構成はバーボン樽が中心で、ファーストフィル、セカンドフィル、後はリチャーの3種類。
香味の系統としては、所謂ケミカルなフルーティータイプで、ボトラーズリリースのフルーティーなアイリッシュやリトルミルに共通する要素が感じられます。
特にロッホローモンドはリトルミルの第2工場として創業した経緯もありますから、その共通点にはなるほどという説得力も感じます。

また、余韻にかけての広がりは、一部で話題になっているインチマリン 2003 for JISと同じ系統。
口当たりではぬるりとしたオイリーさが多少感じられるのですが、これは加水かつバッティングであるためかなと。オフィシャルラインナップのキャラクターでは18年がオイリー&濡れた紙で、ノンエイジはさっぱりした味わいなので、同蒸留所のキャラクターが2000年代と1990年代で違っているのかも。。。
IMG_2693

というか、量産されているオフィシャル12年がこの系統で販売されているわけですから、2000年代のロッホローモンドのキャラクターとして、JIS向けのカスクは多少良し悪しはあれど、わりとスタンダードなキャラクターなのかもしれません。
そのため、今後も同様のリリースがされていくのではないか、というのが個人的な予想です。

それにしても、かつての12年から21年までのラインナップを知っている者としては、紙とかダンボールとか言われていた蒸留所が、この味わいで安定リリースされるとは誰が予想しただろうか・・・と感慨深く感じるボトルです。
もちろん多少のクセはあり、この機械油系の香味を「やり過ぎ」だと好まれない方もいますが、自分は新世代となる2000年代に明るい未来を感じる1本でした。

追記:旧ボトルの12年とは香味が異なるので、WEB等でお買い求めの際には注意が必要です。

このページのトップヘ

見出し画像
×