タグ

タグ:レダイグ

トバモリー 20年 1997-2018 モルトマン 49.8% 日本市場向けボトル

カテゴリ:
IMG_20190709_215336
TOBERMORY 
The maltman 
Aged 20 years
Distilled 1997 
Bottled 2018
Cask type refill sherry #800 
Specially selected and bottled for Japan 
700ml 49.8% 

グラス:テイスティンググラス
場所:萌木の村 BAR Perch
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:しっかりとスモーキーで燃えた後の薪のようなニュアンス、オールブラン、ほろ苦いモルティーなアロマのなかに、柑橘や乳酸系の酸を伴うアロマ。微かに塩素のような薬品香も。

味:香ばしくやや尖ったようなモルティーさと、合わせて土っぽいピート。それらをコーティングするような樽由来の要素。プラムの果肉、オレンジピールを思わせる微かな酸とビターなフレーバーを感じる。
余韻にかけてはピーティーな苦味とスモーキーフレーバーが強く主張し、若干の荒さ、スパイシーさを口内に残して長く続く。

リフィルシェリー樽だが、シェリー感は若干の酸味程度で、シェリーシェリーする味わいではない。むしろ樽由来の要素が酒質由来のピーティーさとうまく馴染んで全体の荒さをコーティングし、バランスの向上に一役買っているようだ。近いキャラクターではアードモアをイメージする仕上がり。


マル島にあるトバモリー蒸留所において、トバモリー名義のものは、オフィシャルではノンピートの仕込みのモルトに用いられる名称。ピーテッドモルトを使ったものはレダイグですが、このボトルはレダイグと同じピーテッドモルトを使った仕込みのようです。

ハートブラザーズをルーツに持つ、モルトマンシリーズは、マイナー蒸留所でも安定したというか、日本人好みのチョイスが多い印象が個人的にあります。そのモルトマンから日本市場向けにリリースされたものが、今回のトバモリー20年。
調べてみると結構売れ残っているようですね。トバモリーという蒸留所の人気に加え、メーカーコメントだと、どっちの属性かわかりづらいので警戒されているのかもしれません。

トバモリー(レダイグ)といえば、1990年代より前のそれは香味がとっちらかっているというか、飲み疲れるようなまとまりの無さが特徴でした。
1993年にバーンスチュアート社が買収、テコ入れした結果、近年リリースされたオフィシャルのうち、短熟はそれなりであるものの、近い熟成年数であるオフィシャルのレダイグ18年はこれまた煩い味わいで、酒質がそんなに強くないのかなと思っていたところ。
これが案外悪くない。何より20年という熟成が近年の短熟アイラにはないバランスのよさで、日本向けにインポーター側の選定者が選んだ理由がわかるような構成でした。

ただ同じモルトマンからはレダイグ1997もリリースされているため、なぜこの味でトバモリー名義なのかは・・・疑問が残るところです。単に重複を避けただけか、あるいはサンプル事故とか・・・?






レダイグ-トバモリー 14年 1973-1987 セスタンテ 40%

カテゴリ:
IMG_20190414_161237
LEDAIG-TOBERMORY 
Aged 14 years 
Distilled 1973 
Bottled 1987 
For Sestante Import 
40% 750ml 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:品のいいエステリーさを伴う洋梨などの果実香、塩気を感じつつ、土や根菜っぽさの混じるピーティーさ。奥には少し焼けたゴムのようなニュアンス、古典的な麦芽香。

味:若干水っぽさのある緩い口当たり、薄めたはちみつ、香り同様に洋梨のような果実味、白粉のような麦感、微かにスパイシーな刺激や存在感のあるピート。余韻にかけて染み込むようなスモーキーフレーバーがあり、ほろ苦く長く続く。

スペイサイドモルトとアイラモルト(タリスカーのようでもある)が混じりあったような個性。内陸のフルーティーさがあり、そして塩気とピートを伴っている。加水でありながら落ち着かず、良い酒質とは言い難いが、余韻にかけてのピートフレーバーが全体をまとめ、高めている。
序盤の緩さから察するに、寿命はあまり長くないかもしれない。この手のウイスキーは、開封されてから加速的に時計の針が進む。

IMG_20190414_151928

複数UPしたいほど、めちゃくちゃ雰囲気のあるラベル。流石セスタンテ、良いセンスだ。。。
この銘柄をレビューする上で、改めて触れておかなければならないのは、当時のトバモリー蒸留所のスタイルです。ウイスキー需要増を受けて1973年から数年間再稼働したトバモリー蒸留所。この当時のレダイグとトバモリーは、現在と違ってピーテッドとノンピートの作り分けも、それによる名前の区別もなかった時代。当時はレダイグとして統一してシングルモルトがリリースされていたため、このダブルネームのようなラベルに繋がったと考えられます。

1970年代のレダイグは、混迷期真っ只中。あまりボディの強くない酒質(それでいて荒さはある)にライトピート、そこに島の個性。樽の調達にも苦労していたのか、リフィル以降のウイスキーカスクであるリリースが多く、酒質のちぐはぐさをピートや樽でカバー出来ない。まあ正直なところパッとしない、というのが自分のイメージでした。
1993年に蒸留所を買収した、バーンスチュワート社からリリースされた1970年代蒸留の20年ものなど、特にその系統だったと記憶しています。

一方このセスタンテ向けは、多少の落ち着きのなさはあるものの、同時期のグレンギリーの加水を思わせるようなスタイルが備わっており、悪くないというか当たりボトルと言える出来。寿命は短そうですが、加水されていることでネガティブな部分や全体のまとまりがカバーされているのかもしれません。
同じラベルとビンテージでハイプルーフ仕様もリリースされており、そちらの仕上がりも気になるところです。(入手難易度はとてつもないですが。。。)

tobermoryTop
ご参考:レダイグと当時の蒸留所の状況について、詳しくまとめられた良記事。買収が比較的最近で、改善も最近。関係者から話を聞けるのが大きいのだろう。
マル島-トバモリーとレダイグを知る(ウイスキーマガジン 2013/5/29)

ちなみに、このレダイグが改善?されるのがバーンスチュワート傘下に入り、蒸留所としての個性をどう出していくかを見直した1993年以降から。現行品のピーテッドレダイグがリリースされるのは2000年代に入ってからです。

当時の振り返りは上記のウイスキーマガジンの記事に詳しく書かれていますが、その記述にあるマル島でスペイサイドモルトを作ろうとしていたという話が、今回のレダイグ1973のスタイルからも感じられます。
こういう知識と経験を紐付けられるボトルは純粋に貴重ですね。またひとつウイスキーの深い部分に触れることが出来たと思います。
貴重なボトルを開封時からテイスティングさせていただき、ただただ感謝です。

トバモリー(レダイグ) 8年 2008-2016 アーカイブス フィッシュオブサモア 60.9%

カテゴリ:
ARCHIVES
THE FISH OF SAMOA
LEDAIG (TOBERMORY)
Aged 8 years
Distilled 2008
Bottled 2016
Cask type Sherry Butt
700ml 60.9%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:酸味を伴うスモーキーさ、プレーンな麦芽風味、若さに通じる微かな酵母香。奥からドライオレンジのような柑橘系のアロマも感じられる。

味:スパイシーな刺激のある口当たり。程よいコクのある麦芽風味、乳酸系の酸味、貝殻のようなミネラル感、徐々にピーティーなフレーバーが広がってくる。
余韻はクリアでほのかに柑橘の爽やかさ。ピリピリとした刺激を伴う。ピーティーでドライ、長く続く。

加水すると香ばしい麦芽風味と、塩素を思わせるアロマが開く。熟成して未熟感が取れ、樽香が付いてくるというウイスキーの分岐点。若さを楽しめる絶妙なバランス。

"フィッシュオブサモア"は、日本でもヘビーな愛好家を中心に利用者の多いウイスキーデータベースサイト「Whiskybase」がリリースするシリーズボトル。中身との関連づけは特にないですが、オセアニア、エーゲ海に生息していた魚類をラベルにしたシリーズです。
今回の中身はトバモリーのピーテッドモルトであるレダイグ。リフィルシェリー樽で熟成されたと思しきあまり樽感の出ていないニュートラルな構成で、未熟感が程よく消えた、若さを楽しめる味わいに仕上がっています。

レダイグは、アイラモルトの高騰を受け、近年ボウモアやカリラの代替品的な位置づけとしてチョイスされる事が多くなってきたように思います。
どこのキャラクターに似ているとか、ピート感はどうかとか、まず代替品ありきのような感覚と言いますか。同じ島モノという共通点はあれど、タリスカーやハイランドパーク、ジュラなど他のアイランズモルトとは違う位置づけがレダイグにはあります。
勿論、レダイグはレダイグであると考えている愛好家もいると思います。ただピーテッドというキャラクターが確立していることこそ、新しい世代のレダイグが広く認知された結果であり、トバモリー蒸留所のモルトが新時代に突入した証でもあります。

トバモリー(レダイグ)は操業の安定しない蒸留所で、1798年創業と歴史は長いものの、休止期間の方が長いのではないかという状況。近年でも1970年代に閉鎖と再稼働を繰り返し、1980年代は丸々休止。時代の良さからそれなりのモルトが生まれることもあったようですが、安定して高品質なリリースがあるとは言い難い状況でした。
また、かつてはブレンデッドウイスキー全盛の時代であるゆえ、酒質や環境を無視し、市場で求められたライトでスモーキーさの少ないスペイサイドタイプのモルトを作ろうとしていたのだとか。(ウイスキーマガジン特集記事参照)
そのため当時は今とは異なり、レダイグ表記であってもほぼピートが焚かれておらず、かといって個性の穏やかな原酒が出来たかといえば荒さのある酒質で、文字通り迷走していたわけです。

参照:トバモリー蒸留所休止とリニューアル工事を伝える記事。

1993年、バーンスチュワート社が新しいオーナーとなり、トバモリー(ノンピート)、レダイグ(ピーテッド)という役割が分担され、今の姿に落ち着くわけですが、1990年代は1970年代の原酒ストックから20年熟成のレダイグ表記のモルトがリリースされるなど、まだ区分が明確化されていたわけではなかったようです。
それが近年、1990年代から2000年代に仕込まれた原酒では、ピーティーでエッジの鋭いアタック、強めの薬品香、ミネラル、樽との組み合わせでは燻りがっこにも通じる香味で、キャラクターは確実に安定してきています。

需要増加から生産が追いつかず、2017年3月から2年間休止して製造工程のリニューアルまで行われるというニュースも飛び出し、過去の迷走時代からは想像も出来ない状況となっているトバモリー蒸留所。
個人的になぜか気になる蒸留所であるのも事実で、200年以上に渡る苦労の末に大きく羽ばたこうとしているこの状況を歓迎したいです。

レダイグ 9年 2007-2016

カテゴリ:
IMG_1516
LEDAIG 
THE SKY 
Aged 9 Years 
Distilled 2007 
Bottled 2016 
700ml 58.5% 

Specially Selected and Bottled for
Bar After Taste Bar Super Nova
Bar Eclipse first Bar Ben Fiddich
Bar LEGEANT Bar EAS MOR

グラス:グレンケアン
量:30ml+ハイボール
場所:BAR飲み(Bar Eclipse first)
時期:直近開封
暫定評価:★★★★★☆(6)
(※加水時の変化含む)

近年注目されているマル島はトバモリー蒸留所のピーテッドモルト、レダイグ。
今回の1本は、都内のBAR6店舗によって共同ボトリングされた"THE SKY"シリーズで、先日信濃屋さんから発売されたこともあり、ご存知の方も多いと思います。

"同じ世代で共に研鑽を積み、今ではオーナーとして自らのBARを切り盛りしながら互いに切磋琢磨するバーマン達で「バーを通して空がつながっているように、街と街、人と人、お酒とお酒を繋ぐ」というコンセプトの下に始まったプロジェクト。"とは、このボトルを販売する信濃屋さんのPR文。
カスクサンプルの調達は、信濃屋のバイヤー北梶さんがされ、その中でメンバーがこれはというサンプルを選定されたのだそうです。
難しい作業だとは思いますが、こういう企画は本当にあこがれます。
今回ボトリングをされたBAR6店舗の中には、自分が何度か顔を出している神田のエクリプスさんも参加されており、せっかくなのでと飲みに行ってきました。
 
スモーキーで乾いた草、オーキーなバニラ香に微かに消毒液っぽさの混じるハイトーンな香り立ちです。
口当たりは若さと度数ゆえにツンとした刺激、土っぽさ、根菜のようなピートフレーバーに麦芽風味、そして蜂蜜やドライアップルを思わせるねっとりとしたオークフレーバーが中間から開き、鼻に抜ける燻したようなスモーキーさとハイトーンなスパイシーさに繋がっていきます。
後半にかけてのアタックが度数以上に強く感じられるウイスキーで、ストレートでそのまま飲むと3口程度で口の中が刺激に負けてくるのですが、少量加水すると刺激が軽減され、ねっとりとした甘みが感じられるようになりバランスが良くなります。
これは加水の変化も試してほしいボトルですね。

IMG_1521
加水で負けないわけですから、当然ロックやハイボールも良いだろうと、今回はハイボールでもいただいてみます。
若いウイスキーらしくすっきりとした中に微かな根菜系の苦味、ヨードや塩気が少ない分クリアな飲み口で、喉の奥からスモーキーさとオーク由来のウッディーなフレーバーが戻ってくるようです。    

このボトルを注文したところで新しいチャーム、ジャイアントコーンとアサリの乾物を頂きました。
レダイグはアイラモルトに次ぐ島系ピーテッドモルトとして注目されているものの、そのキャラクターはアイラというより内陸のピーテッド系統。塩っぽさもヨードも明確に強いワケではなく、むしろ感じられないボトルもある中で、足りないものを補うナイスチョイスです。


最後に、マスターオブウイスキーのK氏とのやりとりで「このボトルを例えるなら」なんて流れになったので、それを書いて区切りとします。
このボトルに広がる夜空は「雨上がりの都会の夜空」
澄んだ空気、涼しげな風に乗ってどこからか漂う土の香り。周囲には煌々と輝く高層ビル、ネオン、都会の喧騒。見上げた空に満天の星は見えない。しかし大きな光を放ついくつかの星が、夜の闇の中に輝いている。 
   
うーん・・・慣れないことはするもんじゃないですね(笑)。
なお、このボトルの信濃屋販売分以外は上記6店舗で扱いがあり、スタンプラリー的なことも行っているようです。
該当するBARのいずれかと繋がりがある方も、このボトルをきっかけに更なる繋がりを作ってみては如何でしょうか。

レダイグ 9年 2005-2015 ラウンジI 10周年記念ボトル

カテゴリ:
 
LEDAIG
Bar Lounge I
10th Anniversary
Aged 9 Years
Distilled 2005 Sep
Bottled 2015 March
700ml 50.2%

グラス:創吉テイスティング
量:30ml程度
場所:非公開
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:ツンとした刺激、フレッシュでクリーン、燃え尽きた木のような灰っぽさ、グレープフルーツとレモンピール。ピーティーでスモーキー。微かに消毒液のニュアンスも感じられる。

味:口当たりはエッジが立っており、樽感もまだ荒さが残っている。特に中間から後半にかけて強くピーティーで燻した麦芽の香ばしさ、グレープフルーツの皮、若干のアーシーさもある。
鼻抜けはスモーキーで柑橘系の爽やかさ。余韻はドライでスパイシー、ピーティーでほろ苦く長く続く。

新小岩のBAR Lounge Iさんが、同店の10周年を記念して少量ボトリングしたボトル。
実は自分はお店に行ったこともなく、マスターと知り合いというわけでもないのですが、テイスティングの機会に恵まれました。
口開け直後なのでエッジは強いですが、貝殻や灰のようなニュアンス、ヨード香とは異なる消毒薬の香りが独特で、オーク材由来のレモンやグレープフルーツの柑橘系を思わせるフレーバーがアクセントになっています。ストレートも良いですが、ハイボールで美味しくいただけるモルトだと思います。

最近、ボトラーズが保有するアイラモルトの在庫枯渇が著しく、その価格は青天井。アイラ系のモルトを個人でボトリングするのは、たとえ若い原酒であっても非常にハードルが高くなっているのだそうです。
そんな中、注目を集めているが若いレダイグ。BARなどからボトリングのオファーも結構来ているのだとか。
元々レダイグは、オフィシャル旧ボトルの7年が安い割に旨いと評判で、下手に1970年代蒸留に手を出すより、近年の短熟のほうが出来が良い蒸留所だと感じています。
レダイグの酒質はボディが厚いとかそういうものではなく、ナチュラルな傾向が強いものです。そのためピートもダイレクトに感じられる傾向があり、長熟になって樽香がしっかりついたものより、10年前後の若い樽のほうがバランスもとれていて、第一の飲みごろと言えるのではないかと思います。

レダイグ以外には、ラフロイグに近い印象を受けるエドラダワーやアンノックのピーテッドもあり、一時期ボウモアに似ていると話題になったアードモアもピーテッドモルトに力を入れている蒸留所。アイラが無ければその他があるじゃない。
ってことで、今後はその他のピーテッドモルトにスポットライトが当っていきそうですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×