タグ

タグ:リンクウッド

リンクウッド 37年 1978-2016 スペシャルリリース 50.3%

カテゴリ:
LINKWOOD
Limited Release
Aged 37 years
Distilled 1978
Bottled 2016
Cask type Refill American Oak Hogsheads & Refill European Oak Butts
700ml 50.3%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後1年程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:やや青みがかったドライな香り立ち。ツンとした刺激に乾いたオーク、品のいい果実香はファイバーパイナップル、青林檎、アロエを思わせるニュアンスを感じる。

味:プレーンで癖のないニュートラルな味わい。徐々にオーキーなトロピカルフレーバー。パイナップル、林檎のコンポート、奥には微かなピートフレーバーも感じられる。ボディはミディアム程度、余韻はしつこくない程度にドライでオーキー、華やかで長く続く。

花と動物のリンクウッドの延長にあると言えるボトル。淡麗系の酒質にほのかなピート。リフィルオーク樽を用いたことによるバランスよく、当該シリーズらしい整った熟成感がある一方で、青みがかったウッディさもある。


日本では2017年版のスペシャルリリースとして発売された、オフィシャルにおいて最長熟成となるリンクウッド。1978年という蒸留時期もあり、淡麗傾向で癖の少ない酒質となっています。
また、ボトルに書かれたポットスチルが、花と動物シリーズにおける同蒸留所の白鳥をイメージするようなデザインとなっており、上述の中身と合わせて関連性を感じる仕上がりでもあります。(価格は随分と差がありますが。。。汗)

当時のリンクウッドは新しい蒸留設備が1971年に稼働し、新旧合わせて生産量が大幅に増加していた時代。かつてはスモーキーで芳醇だった酒質は、生産方針の変更か、酒質の幅を増やすためか、この時期からオールドスタイルのものと、ライトスタイルのものが混じるようになるのは、これまでも度々触れてきているところです。
この背景には、新旧設備での作り分けのみならず、ライトなウイスキーを求める時代の需要、樽や麦芽品種の変化など、多方面からの影響があったのだと思いますが、その点で言えばこのスペシャルリリースのリンクウッドは近年寄りの仕上がりと言えます。

なお、リンクウッドは99%がブレンド向けに使われてきたという蒸留所。ジョニーウォーカーなどのDCL系列のブレンデッド他、直系としては先日記事にしたアボットチョイスやチェッカーズがあります。
この2銘柄については1980年代後半にかけて香味から徐々にクラシックなスモーキーさが失われて行くわけですが、この背景にリンクウッドのスタイルの変化があるのではないかと推察しています。


以下、雑談。
今回のリンクウッドしかり、これまで紹介してきたスペシャルリリースしかり、整っていてバランスも良いんだけど、高い評価に至らないボトルについて、どう位置付けているのかという質問を頂きましたので補足をさせて頂きたいと思います。

これは個人的に漫画のようなものだと思っていて、漫画は絵の良さと、ストーリーの良さが大きく分けてあるとすると、どっちを評価するかという話なんですよね。
勿論両方いいものの方が満足感は高まるのですが、例えば極めて両極端な事例は除いて、ストーリーはそこそこだけど絵やコマ割りは綺麗な漫画は無難に楽しめて、万人ウケもするけどしかし熱狂的にハマるかというとそうではない。これをウイスキーに置き換えると。。。バランスは良いけど突き抜けなくて★6、という評価をする事が多いと思います。

自分はどっちかというとストーリー重視で、絵はそこそこ、ストーリーそこそこでも評価が変わらなかったりしますが、数値化されない部分は本文の表現で補足したいですし、それ以上に個人個々の感覚、評価軸があって然るべきと思います。
こんなところで説明になっていれば幸いです。


リンクウッド 37年 1939-1976 GM コニッサーズチョイス 43%

カテゴリ:
LINKWOOD
Gordon & Macphail
Connoisseur's Choice
Aged 37 years
Distilled 1939
Bottled 1976-1977
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@BLACK HEART
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:柔らかく芳しい麦芽香と存在感のあるスモーキーさ。グレープフルーツなどの柑橘のジャム、蜂蜜、ほのかにレーズン、土の香り、奥行きのあるアロマ。

味:まろやかな麦芽風味に柔らかいピートスモークがしっかりと広がる。香り同様の果実味はオレンジやグレープフルーツ、ほのかにカラメルソース、オールドシェリーのコク。一体感のある味わい。
余韻はほろ苦くスモーキー、嫌味のない麦感とフルーツが染み込むように長く続く。

香味に共通する奥行きのある麦感と存在感のあるピート。経年の影響があってなお輝く、加水ではあるが元の原酒のスケールの大きさを感じさせるウイスキー。素晴らしい!


世界大戦の期間を挟んで熟成されているというだけで、そのビンテージに理解が追いつかない、今となっては反則的なスペックのリンクウッド。
注文した際の「だいぶ抜けてるかもしれないよ」というマスターの言葉とは裏腹に、それを差し引いてなお味わい深く、しっかりとした個性が感じられる素晴らしいボトルでした。

その香味は、抜けているというか、穏やかになったという感じ。開封後時間が経過している加水仕様のボトルなら、もっとくすんだような味になるのですが、このボトルは麦感、果実味、ピート香に存在感があり、口開けだったら一体どれ程の厚みと強さがあったのだろうかと、その強さとスケールにただただ驚かされます。
麦の品種、フロアモルティング、蒸留プロセス、何が由来しているのか興味が尽きません。

リンクウッドと言えば、近年は新旧2つの設備からノンピートタイプとピーテッドタイプの2タイプ(2つのニューポットは時に混ぜられるそうで、実際はさらに多様なタイプがある)の原酒が生産されていますが、1971年の蒸留設備新設以前はピーティーな原酒を中心に生産が行われていたようです。
ただリンクウッドにおける自分の経験値は1950年代の蒸留まで、流石に1930年代の原酒は未体験ゾーン。このボトルだけで全てを語ることはできないと思いますが、それらオールドリンクウッドのピーティーな原酒と同じベクトルにあるという印象を持ちました。


なお、この日はストラスアイラ、タリスカー、リンクウッド、3種類のGMコニッサーズチョイスをテイスティング。タリスカーが少し抜け気味でしたが、それでもどれも加水とは思えないコシのある味わい、個性の強さが共通する要素にあり、まさに至福のひとときでした。

余談ですが、このコニッサーズチョイスの裏ラベルを見ると、伝説のウイスキーコレクターとして知られるエドワード・ジャッコーネ氏の名義が。彼は自身の卓越した目利きで多くの原酒を選び、ボトリングも行なっていたわけですが、このコニッサーズチョイスにも関わっていたんですね。
当時と今では状況が違うとは言え、これは確かに誰もが美味いと納得するボトルだと思います。

ダンカンテイラー リンクウッド 24年 1990-2014 信濃屋&BAR マッシュタン 48%

カテゴリ:
IMG_5084
DUNCAN TAYLOR
LINKWOOD
Distilled 1990
Bottled 2014
Aged 24 years
Cask type Hogshead #8328
700ml 48%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅&自宅
時期:開封直後&開封後2年程度
評価:★★★★★★(6-7)

香り:キャラメルナッツ、アップルパイ、蜂蜜、程よい焦げ感のあるトーストを思わせるウッディネスとスモーキーさの漂う甘くほろ苦い香り立ち。注ぎたてはツンとした刺激もあるが時間経過で和らぎ、甘みが強く感じられるようになってくる。

味:リンゴのカラメル煮、アプリコットジャム、微かに干し草。あわせて鼻腔に届くスモーキーフレーバー。ボディの厚みはミディアム程度、味はしっかりとしている。
余韻はドライでオーキー、ナッツ、フルーツ缶のシロップのような甘み、内陸系のピートが長く続く。

オールドスタイルで美味しいリンクウッド。度数よりも少し強いアタックを香味とも感じる。酒質由来のニュアンスと樽感のバランス、そしてスモーキーさの漂う味わいが自分好み。
時間経過での変化が早い印象。加水すると乾いたようなウッディネス、水っぽさが出てバランスは多少崩れるものの、余韻のフルーティーさが際立つ。


約2年の時間を経た再会。2015年には目黒の名店、BARマッシュタン東京の11周年を祝うプライベートリリースとして。そして先日、2017年には信濃屋においてプライベートボトル10周年の年に。一つの樽から時期を分けてリリースされたのが、今回のボトルです。

画像引用:信濃屋WEB通販サイト ラフロイグ1997&リンクウッド1990

そうした経緯から、マッシュタン東京の記念ボトルとして一部愛好家間に流通し、開封されていたものと、直近発売されて開封したもの。期せずして異なる時間軸にあったボトルをほぼ同時に飲む事が出来たわけですが、同じ系統の味わいがあるのは同じ樽で同じ時期にボトリングされているので当然としても、その香味の変化が速いという印象があります。

変化がある期間はボトルによってまちまちですが、あまりにも時間がかかるものもあれば、即変化していくものもあります。(時間がかかるのは本当に辛抱強く付き合わねばならず・・・(汗)
このリンクウッドはグラスの中でも樽香が落ち着くのが早く、奥にある甘みがどんどん開いてきます。
開封済み時間経過ボトルは置かれた環境もあるため一概に言えないものの、樽感は結構緩くなっていて、合わせて林檎を思わせるフルーティーさも少しぼやける一方、これらに一体感が出たような華やかさがあります。

この手の熟成感のあるスペイサイドモルトは近年少なくなってきており、かつ個人的にリンクウッドでスモーキーなタイプが好みなのでグッときましたね。同じ1990でもタイプの違うやつがいたりで、ここはリンクウッドの罠。
開けたてすぐから飲み頃で、その変化も楽しめる、ナイスリリース。すでにショップは完売状態なのであとはBAR等で飲むしかありませんが、見かけたらお試しください。

リンクウッドとラモンアロネス サロンドシマジ本店にて

カテゴリ:

先日、本年1回目のサロンドシマジ本店にお呼ばれしてきました。
「見せたいものがある」なんて前置きされ、仕事を終えて電車に飛び乗り、期待を高めながら一路広尾へ。
エレベーターを降りると、ホールに立ち込めるのは葉巻の良い香り。あ、もう一服されているなと部屋に入ると、執筆を一区切りしてパイプ燻らせる島地さんの姿がありました。

「おお、よく来たな。見てくれ、サロンドシマジの新しいグッズ、スノードームだ。」
「今回は骸骨じゃないんですね。いつもとは違う可愛い感じゃないですか。」
それがいいんだよ。と、笑う島地さん。
「ところで、見せたいものってこれですか?」
と聞くと、おもむろにデザイン段階のカレンダーを広げ、「今度サロンドシマジのカレンダーを作るんだ。その撮影用に部屋の一部を専属スタッフにデザインしてもらったんだよ。」
若干のドヤ顔、その視線の先は部屋の一区画。ワインセラーと戸棚の上。チャーチルの人形と関連するグッズ、シガー、パイプ、ウイスキー・・・視線を上に移すと、チャーチル人形を今にも急降下爆撃しようかとするスツーカの姿が照らし出されています。

セットされたアイテムはどれもアンティークでそれだけでも目を引きますが、チャーチルを狙っているのがドイツの爆撃機というのも、ウィットに富んでいます。  
なるほど、これは確かにカッコいい。
サロンドシマジ本店はそこかしこにウイスキーのボトル、シガーグッズなど島地さんの趣味が溢れた空間ながら、この一区画だけ博物館というか、ゲストルームのような雰囲気を纏っています。

その後は執筆中の新著のエピソード(推薦人を勤めたのが鈴木京香さん!)などを伺いつつ、行きつけのレストラン「酒肆ガランス」に場所を移し、同店店主自ら腕を振るったスパイシーな料理を、これまたスパイシーなタリスカースパイシーハイボールと共に堪能。
実はこのレストラン、昨年伺った際に自分は生涯語られるレベルの粗相をしてしまったのですが、それが逆に店主の星野さんに顔を覚えて貰う事にも繋がった、自分にとって頭の上がらないお店の一つ。。。
いつものルッカではなく、ガランスに向かわれるあたり、島地さんも人が悪いです(笑)。
(酒肆ガランスの島地コースを締めくくる、エスニックなカレーの後のこれまたスパイシーな麻婆麺。パクチーたっぷり、残った麻婆にはご飯を絡めて。。。)

食後は再び本店に戻り、こちらもお約束のシガーとモルトタイム。
最初の一杯は"ちょっと特別な国産ウイスキー"でスランジバー。その後は大好物、1970年代以前に蒸留されたオールドリンクウッドが出てきて、テンションが上がります。

LINKWOOD
Over 12 years
1970's
760ml 43%
ムーインインポートが輸入していた時代をのオフィシャルボトル。
コクのある口当たりから麦芽風味、蜂蜜を塗ったトースト、オレンジママレード、じわじわと広がるスモーキーフレーバー、奥にある土っぽいニュアンスが古典的なスペイサイドモルトを思わせる。
DCL社の至宝ここにあり、堪らない1本。

LINKWOOD 
Gordon & Maqpail
Aged 56 years
Distilled 1954
Bottled 2010
700ml 43%
黒蜜やレーズンを思わせる甘さを一瞬感じた後で、カカオチョコレート、エスプレッソを思わせる強い苦味が口の中に広がる。ウッディでタンニンが染み込み、ドライな余韻へと繋がる。
半世紀を超える熟成を経て、シェリー樽から溶け出た要素が支配的でストレートではアンバランス。加水することで苦味が軽減され、コクとカラメルソースを思わせるほろ苦さが心地よい味わいに。

合わせるシガーはこちらも自分の大好物、ラモンアロネス・スペシャリーセレクテッド。
「今日はモルトもシガーも突き抜けてるヤツを出す」なんて前置きされていたので、何が出てくるのか興味津々でしたが、そう、今回の本店はめちゃくちゃ「俺得」な組み合わせだったんです。

スペシャリーセレクテッドはビターチョコレートのようなコクのある苦味が広がる、イメージとは違う味わい。ラモンアロネスは柔らかく香り高いお香のような印象だったので、一口目から驚かされました。
しかし5年以上追加熟成していたというその吸い口はまろやかで心地よく、特に加水したリンクウッド1954との相性は抜群です。


さて、島地さんは資生堂とのコラボでBARやレストランなどにフォーカスした連載をされていますが、最近MHDとのコラボで、ウイスキー愛好家を対象とした連載"タリスカー・ゴールデンアワー"も始められました。既に第一回が公開されており、テイスターの山岡さんがスターターを務められています。
新著執筆の話といい、先日76歳を迎えられたというのに、老当益壮とはこの事でしょうか。
先に伺った話では、今も毎日机に向かわれ、原稿を執筆されているのだそう。"人生の真夏日"を迎えられる方は、相応のバイタリティあってこそなんですね。
「次はくりりんでいくか、推薦しとくぞ!」なんて嬉しい発言も飛び出し。。。もし実現したら、光栄の一言ではすみません。

タリスカーゴールデンアワー
タリスカー・ゴールデンアワー
"シングルモルトの巨匠はテリアの鼻と鷹の目を持つ。"

ステージもレベルもまったく違ますが、自分もブログ執筆でほぼ毎日机に向かう 日々。最近さらに多くの者に読んで貰っています。 
そんな自分にとって、島地さんから聞く話、過ごす時間はこれ以上にない刺激です。
美酒、美食、葉巻、音楽、ウィットに富んだ会話。。。こうして更けていった春の夜。島地さん、Tさん、今回もお忙しい中貴重な時間を頂き、ありがとうございました。

チェッカーズ スペシャルリザーブ 15年 1980年代流通 特級表記

カテゴリ:
CHEQUERS
Special Reserve 
Aged 15 years 
Deluxe Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml弱
場所:個人宅@Jさん
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでエステリーな熟成香に、乾いた干し草、ザラメ、ほのかにハーブの爽やかさと青っぽさが混じる。奥にはスモーキーフレーバーもあるが熟成香が主体。

味:軽い刺激を伴う口当たり、カステラの甘み、林檎のコンポート、徐々にスモーキーフレーバー。ボディはやや軽いが味はしっかりしている。
余韻は乾いた麦芽やビスケットを思わせる軽い甘みを伴い、染み込むように消えていく。

特別モルティーというわけではないが、しっかりとした熟成香が備わっているウイスキー。ストレートで楽しみたい。


チェッカーズは昭和のアイドルグループ、ではなくリンクウッドがキーモルトに使われた、今はなきブレンデッドウイスキー。
そのラインナップは1970年代以前のデラックス表記か、1980年代流通の12年。あとは下位グレードとなるアボットチョイスだけだと思っていたのですが、輸入が途絶える1990年間際、この15年が発売されていたとは知りませんでした。
(アボットチョイス陶器ボトル(左)とチェッカーズ・デラックス表記。この時代のチェッカーズはオールドスタイルのリンクウッドの個性がしっかりと感じられた名作。)

初めて会うボトル、ましてそれが自分の好きな銘柄と関係があるとすれば、嫌でもテンションは上がるというものです。
ただその素性を調べるのは容易くはありません。そう、アイドルグループの方のチェッカーズの超人気曲が「ギザギザハートの子守唄」、この歌詞が「15で不良」とか歌うものだからWEB(日本語)はそれしか出てこない(笑)。
では海外はというと、どうも15年は日本向けのボトルだったのか、これも驚くほど何もないのです。
(後は流通時期と思われる88年から89年あたりの世界名酒事典を調べれば、という感じでしょうか。)

気を取り直し、香味から見ていきます。
香りは熟成したモルトのエステリーさ、じんわりと広がるオールドピートも健在。中々レベルの高いブレンデッドです。
エステリーな熟成香からは、おそらく15年以上熟成した原酒も結構使われているんだろうとする原酒構成が見えるとともに、合わせてボディの軽さ、乾いた穀物系のニュアンスから1980年代後期の、香味が軽くなってきたスコッチらしい原酒の傾向も感じられます。

珍しいブレンデッドをテイスティング出来、さらに経験を積むことが出来ました。
ありがとうございました!

このページのトップヘ

見出し画像
×