タグ

タグ:リキュール

カンパリ ビター 1980年代後期流通ラベル 24%

カテゴリ:
IMG_8553
CAMPARI
BITTER
1980-1990's
1000ml 24%

最近ハマっているビター系リキュール、カンパリ・ビターのオールドボトル。
ビターオレンジにキャラウェイ、コリアンダー・・・原料は色々使われているそうですが、香味の主軸は皮ごと絞ったオレンジを思わせる香味と根菜系の苦味。香りにはハーブや漢方、あるはスパイス的な要素も混じって、とろりとした口当たりの甘みがちょっとした薬用シロップのようにも感じられます。

元々オレンジ系のリキュールが好みで、グランマニエの上位グレードオールドとか大好物なわけですが、合わせて好みなのが、じんわりと染み込むような薬草系リキュール特有の"苦味"。オレンジ系に甘み、そして強い苦味という要素が主軸であるカンパリ・ビターに惹かれるのは、極めて自然な流れだったわけです。

IMG_8562

現行品のリキュールの多くは、カクテルとの相性を考えてかドライ気味に造られているものが目立ちますが、オールドボトルはレシピや抽出方法が現在と違うため、現行品より香味要素が強く、甘みとコクもしっかりあるものが多い印象。
今回飲んでいるカンパリも、2007年に着色方法が切り替わっているだけでなく、やはり時代時代での違いがあります。
今回のロットは1990年代以降に比べちょっと苦味や薬っぽさが主張しすぎる部分はあるのですが、好きな人はストレートで飲んでもたしかな満足。そのまま飲むならロックにも耐えるコクと強い香味。思わず葉巻と合わせたくなってしまいます。

あるいはカンパリオレンジを作ってソーダアップすると、もはやこれはお酒ではなくジュースとして美味い領域に突入します。スプモーニにしても、爽やかな飲み口から苦味が強調されてたまらんです。
香味が現行品より強いので、比率は既存レシピに比べ多少調整が必要とは思いますが、昔のバーマンはこれでカクテル作ってたと考えると、これがクラシックな味わいなのかもしれません。

IMG_20190429_202959
(カンパリビター、1980-1990'sと1990-2000'sの色合いの違い。甘味は同じくらいだが、薬草系の苦味、奥行きが色合い同様軽くなっている。飲みやすく、誰でも楽しめるカクテルに使うなら右でもいいが、個人的には左の方が。。。この時代がカンパリのボーダーライン。)

IMG_6547

オールドリキュールではベルモットなどの大半は20度以下と度数が低く、状態があまり良くないものもしばしば見られます。
その点、カンパリは度数が24%、モノによっては28%と高い度数に加えて糖度も高く、比較的安心して手を出せるのもポイントです。
流通量が多かったためか、1980年代くらいまでならそこそこ残っていて、しかもキナ系リキュールに比べて安価なのが嬉しい。このあたりまでならカクテルにガンガン使っても罪悪感が湧きません(笑)。

余談ですが、ビターオレンジリキュールという選択肢に目覚めるきっかけになったのが、写真のチンザノ・ビター。1960年代流通のオールドボトル。チンザノブランドは現在カンパリ傘下にあるわけですが、このボトルは甘みと苦味の一体感が段違いで既存のカンパリとは別格。
どうにか1本欲しいんですが、この手のボトルはスコッチモルトのエントリーグレード同様に、その時代その時代で消費される傾向があるため、国内ではまず見かけないのが難しいところです。

コアントロー オールドボトル 1960年代流通 40% 国分商店取扱い

カテゴリ:
IMG_2490
COINTREAU
Liqueur Extra Dry
FRANCE
1960's
700ml 40%

ウイスキーな毎日の合間、たまーにこういうのも飲んでます。 
ハイプルーフバーボンでバーンと背中を叩かれるように元気付けて欲しいときもあれば、オールドリキュールのまろやかな甘み、柔らかくも深い苦味に癒されたい時もある。今回はフランス産の超有名リキュールにしてホワイトキュラソーの代表格、コアントローの1960年代流通コルクキャップ仕様です。

コアントローの基本的な素性は・・・一言でオレンジの皮のリキュールです。
やれ誰が開発したとかそういう酒史はメーカーサイトご参照で。
その製法は「開発当時から現在に至るまで、当時の味わいを厳密に再現している」と言われるだけあって、オールドボトルでも現行品でも、味わいのベクトルが大きく変わっているわけではありません。 要するにオレンジ風味。 
とはいえ、オールドボトルは角の取れた甘い香味にオレンジの香りがより強く溶け込んで、味わいの後半に感じられるスパイスや果皮など由来と思われる苦味もしっかりとアクセントとなっている、非常に奥深い構成であるように感じます。 
現行品は香りがドライで浮ついたビターオレンジのアロマ、口に含むと甘みだけが強い。
この違いは現行品のほうがカクテルに合わせやすく、よりドライに作られているから・・・でしょうか。
(まあこのボトルにしても、エクストラドライとか書いてますが、相当甘いリキュールの中で、ではあります。)

IMG_2510

ただ、現行品のコアントローは加水したり氷などで冷やすと白濁しますが、このオールドコアントローはロックで飲んでもハイボールにしても白濁しません。
白濁する理由は使われているオイルとアルコールのバランスが加水によって崩れるからと聞きますが、それが起こらないという事はレシピか製法か、何かが違うんでしょうね。

コアントローが類するリキュールの総称ホワイトキュラソーは、そうした白濁する特性ゆえ呼ばれており、ホワイトレディなどが代表的なカクテルにあげられます。
このコアントローを使った場合、濁らないのでクリアレディになるのかな?。
どうせならオールドのジンと組み合わせて試してみたいですが、ちょうどジンが手持ちにない。なるほど、次はジン探しか(笑)。
リキュールの寄り道もたまにはいいものです。

グランマルニエ ロイヤルセレブレーション 1981年流通 チャールズ皇太子結婚記念

カテゴリ:


Grand Marnier
Royal Celebration
1980's

チャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚を記念して1981年に発売されたボトル。
グランマルニエのオールドはひそかに狙ってるボトルであるものの、全然市場に出てこない。
オールドらしくアルコール感や甘さはこなれた印象がありますが、オレンジフレーバーは熟したオレンジを絞ったような華やかさと艶のある甘味、ほろ苦さがあり、香りだけでも高まってしまうレベルです。
ううむ、リキュールも奥が深い!
 
先日飲んだ100周年レシピに比べると、こちらのほうが甘さがフレッシュでオレンジ寄りだと感じられました。
これは絶対葉巻に合うよな~と思いましたが、隣で飲み比べをされているお客様がいて遠慮。 次回は葉巻と合わせよう!

このボトルは亀戸のBAR BRANCHEにていただきました。
同BARはお酒そのものからグラスセレクトまで、相当高いレベルのサービスを"しれっと"してくれるお店。プロのお仕事を感じさせてくれる数少ないBARのひとつです。
いずれ記事にまとめたいです。

シャトームートンのカシスリキュール リケール・ド・カシス・ド・ムートン・ロートシルト

カテゴリ:

昨日、日本はボジョレーヌーヴォーの解禁日でしたが、自分は飲みに行くほど興味もありませんので、ワイン繋がりのリキュールネタで。

 
Liqueur de Cassis de Mouton Rothschild
22% 700ml
 
ワインを飲まない人でも一度は聞いたことがある、超有名ドメーヌのシャトー・ムートンが、プライベート用に作っているという少量生産のカシスリキュール。
先日のWL最古参会で、ふらっと出てきたタケモトさんの持ち込みボトル。
ムートンだから素晴らしいのか、作り方が違うのか、普段カクテル用に使われている安いカシスリキュールとは味の広がり方も口当たりも段違い。上品で艶のある果実感はストレートで飲んでも素晴らしく、すっかり高まってしまいました。勿論シガーとの相性もバッチリです。
 
また近くのジュースバーで生絞りオレンジジュースを買い付け、究極のカシオレづくりも実施!
レシピはネットのもので適当に作っただけでしたが、ゴールデンレシピのひとつだけに不味いわけがないんです。普通に旨い。ちゃんとプロに作ってもらったらもっと完成度高いはず…。
リキュールはコアントローやトリプルセック、あるいはキナ系など結構好きなものは多いのですが、これまで積極的に手を出してきませんでした。
しかしウイスキーがこうも高騰してくると、こういうジャンルも見ていこうかなと悩んでしまいます。
 
 
さて、話を最初に戻してボジョレーヌーヴォーですが、ここ数年同ワインの日本市場縮小が目立っているみたいですね。ワイン全体を見ると日本での消費量は年々増えている中で、ボジョレーヌーヴォーの輸入量は2013年から3年連続縮小。それでもフランスからの輸出量の6割が日本で消費されているとのことで、依然として多いは多いのですが、長きにわたり続いてきたボジョレーヌーヴォーブームも、ついにターニングポイントを迎えたと言えそうです。

自分はワインのことなんてほとんどわかりませんが、その筋の方々が散々言われ続けているように、日本のボジョレーヌーヴォーブームは異常です。
元はいち早く飲めるという情報価値で根付いた、言わばバブル時代の名残り。
今年のワインの出来の指標を知るために飲むとか、生産者を意識するとか、そういうこともなく。ヌーヴォーは飲むけど、通常のボジョレーは飲んでないなんてことはざら。流れとは実に恐ろしきものです。
しかしそれもようやく風向きが変わりつつあるようです。市場でよく見る同ワインの価格は1980円から2980円。これだけ出せば、デイリークラスでも充分コスパが良いモノが買えます。フランスのみならず、イタリアやスペイン、あるいはニューワールド系も面白い。
ボジョレーヌーヴォーを足がかりに、ワインの知識を広げていくことは、競争の創出にも繋がり、飲み手にとっても業界にとっても大変良いことだと思います。
 

ちなみにこれはウイスキーに言えることでもあるんですよね。
最近は落ち着き始めていますが、一部新鋭蒸留所に対する偏った熱気を見ていると、同じような空気を感じてしまいます。
その熱気が業界を後押しして、蒸留所側の成長につながるのも事実ですが、世界最高とか必要以上に煽ったり、諸手をあげてウェルカムはちょっと違和感。
先入観を持たず、流れは流れとして、広い目でいろいろ楽しんでい行きたいものです。

このページのトップヘ

見出し画像
×