タグ

タグ:ラム

マイヤーズラム 1970年代流通 40% &トレーダーヴィックスのマイタイ

カテゴリ:

MYER'S RUM
JAMAICA RUM
FRED L.MYERS & SON
1970's
48ml 40%

香り:やや溶剤的な刺激や乾いた草のような植物感がトップノートにあるが、マイルドで深い甘み、キャラメル、綿菓子、焦がしたバニラ。奥にはほのかにゴムっぽさも感じる。

味:メローでまろやかな口当たり。ブラウンシュガー、チョコレートクッキー、微かに古酒感。香り同様の植物っぽさ、あるいはグレーンに通じる穀物系の香味、微かにケミカルな要素も。
余韻はややドライでビター、長く続く。キャラメリゼの甘みとほろ苦さに樽由来のタンニンが苦味を上乗せしている。

カクテルベース向けといっても過言ではない現行品と比較すると、スムーズな口当たりと舌当たりのコク、樽由来の要素の溶け込み具合一つ一つ全て上質。ただ、例えばスコッチのオールドボトルのようにベクトルは大きく変わらない、メローで引っかかりの少ないラム。やや単調気味だが余韻の苦味が全体をまとめ上げている。


最近、ウイスキー以外の選択肢として、オールドラムもちらほらと飲んでいる&飲ませてもらっているのですが、突き抜け系以外に基本的なところも抑えておかにゃならんよなということで、小瓶ですが有名どころスタンダード、マイヤーズのオールドです。

マイヤーズラムについては、ラムを知らない飲み手でも「あ、これ見たことある」というくらい超メジャーなブランドですから、もはや細かい説明は不要ですね。
ラムは熟成に用いる樽の自由度、果ては香料の添加などで香味の幅が非常に広いため、ポストウイスキーとしていくつかの傾向が期待できると感じています。

例えばここ最近信濃屋からリリースされているニューグローブの限定品などは、熟成スペイサイド、あるいはコニャックに通じるリムーザンオークの華やかさが好印象。また、今回のように甘口なオーソドックスタイプのラムとしては、シェリー樽熟成のモルトに替わるリリースを期待しています。
ハバナクラブ15年のオールドなんてオールドマッカランを思わせる深い甘みとコクがありますし、近年流通にはモスカテルシェリーフィニッシュなんてボトルも存在している。突き抜けたベリー系のオールドシェリーは不可能でも、昔のGMのカラメル系シェリーや、近年のシーズニングシェリーくらいのモノはあってもおかしくないと感じています。


(シャマレルXO モスカテルカスクフィニッシュ 2017 45%。モーリシャス産のアグリコールラム。粘性のある飲み口。濃厚な甘みとコク、ウッディな余韻が特徴的。)

今回のマイヤーズラムはオーク樽で4年間の熟成を経て、マイルドかつ上質な甘みとラムらしい香味に樽由来のタンニン、苦味が余韻に効いている一方で、あくまでスタンダードにラムらしい味わいの枠の中。
これはこれで、カクテルベースにしたら良さそうで、これからの夏のシーズンと言ったらモヒート。あとは夏場には向かないもののオールドらしい角の取れたアルコール感だからこそ、ホットバタードラム等のホットカクテルに使っても美味しそうです。

そしてラムベースカクテルで有名どころの一つ。今回のラムと合わせて紹介するのが、トロピカルカクテルを代表するレシピである"マイタイ"です。

IMG_7302

マイタイの発祥はカリフォルニア州オークランドのパブ「ヒンキー・ ディンクス(後のトーレーダー・ヴィックス)」において、オーナーが試作したジャマイカラムベースの1杯が好評だった事から。
その時の客が叫んだマイタイ!(最上の一杯)という名が付けられる事となるカクテルは、後に世界中で様々なレシピが誕生する事になるのですが、そのオリジナルレシピは、トーレーダーヴィックスの秘密とされています。

日本ではホテルニューオータニ内のトレーダー・ヴィックス東京に行けば味わう事が出来るオリジナルレシピ。実は都内在住のウイスキー愛好家にはお馴染み、池袋のナデューラさんでも再現版がオーダー可能だったりします。(※詳細はBAR訪問記にて)
流石に元々使われたジャマイカラムなど一部の原料は入手できない為、再現するために複数種類のラムをブレンドしていますが、その一つが今回テイスティングしているジャマイカラム、マイヤーズラムです。
なぜ今紹介するかというと、ナデューラではパイナップルが手に入る時期じゃないと完璧な形で作れない為。以前訪問記を書いた際はオフシーズンで、その後来店した時もタイミングを逃しており、やっと注文する事が出来ました。
ライムの香りの爽やかでスッキリとした飲み口から、口の中で温度が上がっていくとコクを感じるリッチな味わい。パイナップルを浸し切ったところでひとかじり。。。夏日が珍しくないこのシーズン。ラムで南国気分を楽しむのもオツですね。

レジェンド オブ キューバンラム Pre1962 2016年リリース 45%

カテゴリ:
IMG_4233
LEGEND OF CUBAN RUM 
Pre 1962 Solera "Valdespino" 
Lot 2016 
700ml 45% 

グラス:リーデルコニャックテイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★(5)

香り:サルファリーさを伴う黒糖系の甘いアロマ。焦げたトースト、ハッカのキャンディ、植物感、オールドカナディアンのような古酒のニュアンスも感じる。時間経過でスパイスを伴うウッディネス。

味:とろりと甘く濃厚な口当たり。あわせて軽いゴムっぽさ、硫黄香が鼻腔に抜ける。焦げたカラメルソース、アロエやサトウキビの植物感、微かにレーズン。余韻はトフィーを思わせるベタつきのある濃厚な甘み。サルファリーなニュアンスが苦味となって非常に長く続く。

長期熟成原酒がベースにあるため、香り立ち、口当たりはまろやかでリッチな香味があるが、シェリー樽由来の濃厚な甘さ、グレーンウイスキーに共通する穀物や植物っぽいニュアンス、そして硫黄。判りやすくはっきりとした味わいはB級グルメというか、なんともくどさを感じる味付け。確実に好みが分かれる。

IMG_4227

キューバ革命よりも前の時代、1940年から1950年代にキューバで蒸留されたラムの古酒をベースに作られているのが、このレジェンドオブキューバンラムです。
1950年以前の原酒とされながら、ラベル表記は1962年よりも前を示すPre 1962。キューバ革命とするなら1959年あたりが一般的ですが・・・同年はキューバ危機として海上封鎖も行われた年ですから、「この時期よりも前」とするのにちょうど良かったのでしょうか。
国内のリリース時期は毎年年末頃で、ファンにとっては毎年の楽しみでもあるようです。

原酒の所有者は、シェリー酒の超名門ボデガであるバルデスピノ社。前オーナーであるミゲル社長は、門外不出の逸品として製品化に後ろ向きであり、ゲストへの振る舞い酒として使っていたようです。
その後、1999年のボデガの売却でオーナーが変わり、ついに日の目を見ることとなったのは、今から10年ほど前のこと。同社が所有していたのは、半世紀を越える熟成を経た超古酒となるキューバ産ラム2樽。そんな貴重な原酒がなぜ毎年リリースされるのかというと、所謂ソレラシステムで作られているため、抜いた分だけ新しい原酒を継ぎ足しているから。純粋に1962年以前の原酒だけで構成されているわけではないと考えられます。 

実際、レジェンドオブキューバンラムは、ロット毎に味が変わるようです。
自分はこの銘柄をこれまで飲んだことが無かったのでロット毎の違いは体験していませんが、以前はフルーティーさとラム系の植物感、熟成原酒の舌触りで絶妙なバランスだったとのこと。ここ数年はかなり甘口に振れてきたと言う声もあります。
甘みや硫黄を含むシェリー感が濃くなっているという点については、新たに買い付けてきたラムを同社のシェリー樽で熟成させてからレジェンドオブキューバンラムのソレラに加えているのではないかと推察。
それこそ、今回テイスティングした2016年ロットは、濃厚な甘さに加えてサルファリーな香味も備わっており、好みが分かれる分岐点をいくつも持っているという印象。ラム独特のフレーバーはある種の個性でもあるため、合う合わないはさておき、例えば硫黄耐性があり、グレーンウイスキーを好んで飲める人ならストライクゾーンになりそうです。(自分は苦手とする部類でした。。。) 

さて、キューバといえば葉巻です。レジェンドオブキューバンラム2016年ロットの濃厚な甘みは、葉巻とあわせるには好都合。キューバ革命前の原酒が一部でも使われているだけに、出来ればキューバンダビドフなんて吸ってみたいですが流石に手元に無いのでパルタガスかボリバーあたりフルボディタイプで。今度ボトルを片手に行きつけのBARに吸いにいってみようかな。

ベルヴュー グアドループ ラム 15年 1998-2014 ダンカンテイラー

カテゴリ:
IMG_0627 
BELLEVUE 
GUADELOUPE RUM 
Aged 15 years
Distilled 1998
Bottled 2014
700ml 51.4%

グラス:創吉テイスティング
量:30ml以上
場所:自宅
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:ほのかにハーブの爽やかさと青っぽさの漂う、レーズンや黒蜜のリッチな甘い香り立ち。まるでコニャックを思わせる葡萄系のフルーティーさ。微かに梅の酸味と徐々にウッディーな苦味も感じる。少量加水するとより一層コニャック系のフルーティーさが際立つ。

味:黒砂糖系のリッチな甘み。かりんとう、黒葡萄、微かに感じるスパイスはシナモン、植物っぽいえぐみも少々。香りに比べると味はややフルーティーさが乏しいが、度数相応に勢いがある。
余韻はウッディーでドライ。酸味控えめのレーズンに軽やかな刺激も混じる。


蒸留所のスペルを見ると一瞬バルヴェニーと見間違えそうですが、今回のボトルはカリブ海に浮かぶグアドループ・マリーガランド島のベルヴュー蒸留所のラムです。
BAR Lampと信濃屋さんのジョイントボトルで、製法はもちろんアグリコール、樽の出元は我らがダンカンテイラー社。知名度はかなり低いですが、近年流通の下手なウイスキーやコニャックよりよっぽど光るモノが感じられます。

リムーザンオーク系の樽を熟成に使ったのか、香りは良質なグランシャンパーニュコニャックを思わせるエキゾチックな熟成香が感じられ、フルーティーでリッチな甘みが充実しています。
その中にブラウンシュガーや植物系のニュアンスがあるのは、サトウキビを原料とするラムゆえの個性か。コニャック系の経験値が少ないウイスキードリンカーだと、またダンカンテイラーは"粉"を使ったのかと言ってしまうんじゃないかと思います。

これは内容も価格も良いモノです。もちろん全てのラムがこのような味わいではなく、荒々しい味わいカクテルベース的なモノも多くあるわけですが、中にはこうして単体で個性を楽しんでいけるようなラムも少なからずあります。
コニャックと違いボディも度数なりにあるので、葉巻と合わせてゆったり楽しめたら最高だろうなと。
ああ、このボトルを持って南の島のホテルに行きたい・・・。

このページのトップヘ

見出し画像
×