タグ

タグ:ラフロイグ

ラフロイグ 27年 リミテッドエディション 2017 41.7%

カテゴリ:
LAPHROAIG
Limited Edition 
Aged 27 years
Distilled 1988 & 1989
Bottled 2017
700ml 41.7%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:BAR飲み
時期:開封後1〜2週間程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:バニラクッキーの甘みと林檎のような華やかなオーク香、パイプを思わせるスモーキーなアロマ。ほのかな塩気、ヨード、柑橘を思わせるニュアンスもある。
注ぎたてはいくつかの要素が主張し合っているが、徐々にまとまっていく。

味:ゆるく柔らかいがピリッとした刺激のある口当たり。土っぽいピート、グレープフルーツ、ナッツの香ばしさ。すぐに華やかでトロピカル要素を含む果実香が口内から鼻腔に広がる。過熟気味な樽感に通じる、湿ったウッディネスのアクセントも微かにある。
余韻はグレープフルーツのワタ、微かな柑橘、スモーキーで染み込むようなほろ苦さ、しっかりとヨードが残る。

度数落ちで突き抜ける香味はないが、それが逆にいいバランスに繋がっている、口開けからピークなモルト。一口目のアイラ的な要素とフルーツの共演は素晴らしい一方、二口目は少しぼやけるので時間を置くかチェイサーを挟んだほうがいい。加水はNG。ソーダ水をチェイサー代わりにしても面白い。
ラフロイグの今年のリミテッドエディションの一つ。
ラフロイグは長期熟成の原酒不足も噂されて、200周年記念の一連のリリース後はしばらくおとなしいかな、なんて思っていたら、後に続く30年、27年という長期熟成リミテッドエディション。勿論単発でやれない程原酒はヤバくないのでしょうけど、25年をリリースした上でのリミテッドですから、ファン心理というか抑えるところは抑えてくるなーという印象です。      

(近年のラフロイグリミテッドエディション。どれもフルーティーでスモーキー、しっかりと蒸留所の個性を備えて完成度高し。後は飲み手の好み次第という構成だが、個人的には陶酔感は32年、バランスは25年、フルーティーさは30年と27年。飲み比べると30年はウッディネスとアタックが強く、開封後少し時間が必要な気がするが伸び代もある。)

今回の27年は1988年と1989年蒸留の原酒をリフィルホグスヘッドで熟成した後、ファーストフィルバーボンバレルとリフィルクオーターカスクで追加熟成。熟成はラフロイグが最近PRしている最も古いウェアハウスNo,1で行われ、それぞれの樽をバッティング、カスクストレングスでリリース。 
これまでの他のリミテッドと比較すると随分度数が落ちていますが、それ故スモーキーさや樽香が穏やかに感じられ、口開けから美味いウイスキーとなっています。

華やかな香味はホグスヘッドやバーボンバレル由来。柑橘のニュアンス、ウッディネスと共に少し枯れた香味というかほのかに混じる過熟気味の樽感が 、クオーターカスクでの後熟由来か。樽を使い分けているためか、注ぎたては香りが馴染みきってないような、異なる個性の主張もあります。
しかしこういう構成で度数落ちは、樽が強くドライで厳しいウイスキーも少なくないですが、そこは酒質が持つパワー、あるいは作り手の樽使いやバッティングの妙か。この仕様でバランスが取れてくるのは流石だなと感じます。

ラフロイグ 10年 カスクストレングス バッチ2 58.3%

カテゴリ:
LAPHROAIG
CASK STRENGTH
10 years old
Batch No,002
700ml 58.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(持ち寄り会)
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:パワフルな香り立ち。エッジの立ったアルコール感、甘いバニラのアロマが混じったヨード、燻したようなスモーキーさ、ナッツ、微かに焦げた木材を思わせるニュアンス。

味:強い口当たりでスモーキーさ、コクのある甘み。バニラ、ナッツ、微かに柑橘、ヒリヒリとしたアルコール感。余韻はドライで焦げたようなピートフレーバー、レモンピールやグレープフルーツ、柑橘のフレッシュな味わいを伴うスモーキーなフィニッシュ。

力強いスモーキーさとアタックを兼ね備えた1本。ラフロイグの個性とも言える要素がはっきりと感じられ、特にこのバッチはバニラ系の甘みが強く出ている印象。ストレート、ロック、ハイボールと何でも使えるが、せっかくのカスクストレングス、ストレートや少量加水で楽しみたい。


加水の穏やかな味わいでは物足りなくなってしまった、そんな愛好者が行き着く先と言える、オフィシャルリリース、ラフロイグのカスクストレングス。何故か日本では終売になってしまったのですが、イギリスなど一部市場では毎年1バッチのリリースが続いているようで、それを嬉しく思うと共に、日本への正規輸入が無いことにいささか複雑な気持ちにもなります。

ラフロイグの個性といえば、甘いヨード香を伴うピートは言わずもがな、ナッツを思わせるフレーバーが自分の中で他のアイラモルトと違う要素として認識しています。基本的にはバーボン樽熟成なので、バニラを思わせる甘み、柑橘のニュアンスは付きやすいところ。
それは他のアイラの蒸留所であっても同じなのですが、この酒質由来と思しき要素は「ラフロイグらしい」と思わせる香味に繋がっていると言え、今回のカスクストレングスもまたはっきりとそのキャラクターが感じられます。

DSC08729
(ラフロイグ蒸留所のピートモス。ここで掘りだされたピートがフロアモルティングに使われる。アイラのピートは海草を多く含むという印象だが、見た目は植物系の含有量が多い。 Photo by K67)

ラフロイグらしさと言えば、近年リリースの増えてきた内陸系モルトのピーテッドタイプ 、例えばマネージャー繋がりでもあるエドラダワーのバレッヒェンなどに、似たニュアンスが感じられるモノもあり、それが何に由来なのか気になるところです。
同じピートや麦芽で仕込んでいるということなんでしょうか。

さて話を戻して輸入の話。カスクストレングスは、当時サントリーが繋がりのあったペルノリカール関連で正規輸入があったと推測されるものですが、2011年にラフロイグはペルノリカールからビーム社へ。。。サントリーとの関係は途切れてしまいます。
しかしその後2012年にサントリーがまさかのビーム社買収。一度関係は遠のいたものの、現在は親会社になったわけですから、よくわからない加水のNAとか入れてないで、こういうラインナップを国内展開してくれてもいいと思うんですけどね。

ラフロイグ 1815 レガシーエディション 免税店向け 48%

カテゴリ:
IMG_5074
LAPHROAIG
THE 1815 LEGACY EDITION
TRAVEL RETAIL EXCLUSIVE
700ml 48%

グラス:木村硝子ティスティンググラス
場所:個人宅テイスティング会
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:焦げたゴムや木材を思わせる存在感のあるスモーキーさ。遅れてバニラ、アーモンド、ヨード香に潮っぽさ。微かに薬っぽい香りも混じる非常に個性的なアロマ。

味:コクのある甘みからヨード、バニラ、干し草、焦げた木材、燻した麦芽。口当たりは柔らかいが徐々に力強さ。
余韻はビターでナッティー、少しアルコールのアタック。焦げたゴムのような香りがピートスモークと共に鼻腔に抜ける。

香りに焦がしたような薫香、スモーキーさが強く、個性的なモルトウイスキー。恐る恐る飲むと香りの印象よりはコクがあってまとまりのある味わいだが、このアロマには少々面食らう。少量加水すると多少香りのバランスが良くなる。
IMG_5077

2017年4月に免税向けで発売されたラフロイグの新商品。PR情報そのままですが、1st fillのバーボン樽で熟成した後でヨーロピアンオークの新樽で再貯蔵しているそうです。
お馴染みと言えるバニラ系の香味に焦げたようなニュアンス、この独特のアロマは特に再貯蔵側の樽によるところが大きいのかもしれません。

レガシーというと遺産、先人の遺物 という意味。このボトルはラフロイグ蒸留所の偉大な歴史を作り上げてきた関係者への敬意という位置づけで、蒸留所マネージャーのキャンベル氏が手掛けたようです。
いまいちその位置づけと中身が繋がらない味わいではありますが、キャンベル氏は以前「ラフロイグ蒸留所の伝統、ノウハウや知識への敬意」としてバーボン樽とヨーロピアンオーク樽でダブルマチュアードした原酒を使った、ラフロイグ・ロアをリリースしており、ヨーロピアンオークを使うことや、個性を際立たせるリリースは、同氏のこだわりなのかもしれません。新しいチャレンジは面白いですね。

他方テイスティングのとおり、香りのスモーキーさ、焦げ感が強く、そこで好みを分ける可能性があります。
それこそオフィシャル10年などを愛飲していても面食らう個性的な仕上がりで、例えば夏の旅行のお土産に。。。なんて旅行先免税店で考えられてる方は、プレゼントされる方の好みを考えられてからでも良いかもしれません。

ラフロイグ 26年 1990-2016 ダグラスレイン XOP 49.2%

カテゴリ:
LAPHROAIG
Douglas Laing's
Xtra Old Patigular
Aged 26 years 
Distilled 1990
Bottled 2016
Cask type Refill sherry hogshead
700ml 49.2%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@リクオル
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:しっかりとした甘みを伴うシェリー香、カカオチョコ、かりんとう、合わせてスモーキーで焦がしたようなピート香。塩素、海藻を思わせる海系の癖が出汁醤油のようにも感じられる。

味:香り同様にとろりとした濃い甘みのある口当たり。キャラメル、プルーン、すぐに焦げたようなピートフレーバー、サルファリーなニュアンスも伴う。
余韻はスモーキーでドライ、ウッディなタンニンと土っぽさ。微かに葉巻の香りが鼻腔に抜ける。

しっかりと甘みのあるシェリー感を感じる1本。若干感じられるサルファリーさも含めラフロイグのキャラクターとして好みを分ける印象だが、ベースは良いので20〜30年後に大化けしているかもしれない期待値がある。ストレートで。


ウイスキー愛好家の間でちょっと話題になった、ダグラスレインのオールドパティキュラーシリーズの上位グレード、XOPラフロイグ26年。リリースから半年ほど遅れ、今更ではありますがテイスティングです。
レーズンなどの果実系というより、シロップのようなとろりと甘いシェリー感があり、そこに焦げたようなピートフレーバー、普通に美味しいボトルだと思います。

自分は濃厚なシェリー系は決して嫌いではないですが、今回のボトルのようにピートフレーバーと硫黄感が混じるボトルは好みから外れていく傾向があり、評価は辛めかもしれません。
ただし、経年でシェリー感がこなれ、硫黄が底支えになるように変化していけば、この手のボトルは化けそうだなとも感じます。
同じシェリー系ラフロイグだと、例えば昨年リリースされたメゾン60周年のマスターピースなんかは開けてすぐ美味しかったという印象ですね。

オフィシャルでしっかりシェリー系のボトルは、極少数ですが過去にもリリースされてきました。
他方、近年のラフロイグはバーボン樽を中心とした構成が多いことや、酒質的にもあまりシェリー感の濃くないリフィルシェリー、あるいはそれを含むバーボン樽とのバッティングなどの方が馴染みやすいということもあって、王道な味わいというよりは変わり種という印象があります。

ラフロイグは18年が終売となり、ボトラーズからも中熟以上のボトルが中々出てこない状況となっています。
そんな中、近日リリース予定のボトルでは、信濃屋のダンカンテイラー・ラフロイグ18年(1998ー2015)が、まさに王道というはっきりとフルーティー&スモーキーなタイプ。美味しいラフロイグというだけでなく、シェリータイプにバーボンタイプ、ボトラーズからリリースの少ないラフロイグに、偶然にも役者が揃ってきました。
今後ますますボトラーズの原酒枯渇が進むと思われる中、様々なキャラクターのラフロイグを飲み比べできるのは当面無い機会かもしれません。BAR等で是非試してみてください。

ラフロイグ 16年 43% 200周年記念 免税向けオフィシャル

カテゴリ:
LAPHROAIG
Aged 16 Years
200th Anniversary 
Travel Retail of Laphroaig
350ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ナッティで華やか、ヨードを伴うバニラの甘さ。ドライパイナップル、オークのニュアンス。微かに絵の具っぽい癖も感じられる。

味:フルーティーでヨードを伴うオイリーな口当たり。ナッティーな香ばしさを感じるピート、グレープフルーツ、オークフレーバー。若干粘土質な土っぽさも余韻にかけて開いてくる。余韻はドライでスパイシー、ピートスモークがしっかりと残り鼻腔に抜けていく。

フルーティーでスモーキー、安定感のあるオフィシャルラフロイグそのものという味わい。樽はバーボン主体と思われるが、若干感じられる癖に新樽のような別な樽も混じっていそう。加水するとフルーティーさがボケてしまうようで、ストレートで楽しみたい。


ラフロイグ蒸留所が2015年の創業200周年を記念し、そして時期的にはオフィシャル18年ものを終売にしてリリースした免税向け16年。
200周年記念としては、1年を通じて15年、21年、32年、あとは毎年恒例のカーディスがリリースされ、そのどれもが一定レベル以上の出来。まさに記念となる年に相応しい、気合の入ったラインナップでした。
16年については発売前にこのブログでもネタにしていましたが、その後テイスティングを掲載しないまま現在に。先日改めて飲む機会がありましたので、やっと掲載です(汗)。

DSC09999
(ラフロイグ蒸留所外観。島内で採掘されるピート、フロアモルティング、波しぶきのかかる熟成庫・・・様々な要素が個性的かつ魅力的なラフロイグのフレーバーを作り出す。Photo by K67)

200周年の全リリースを振り返ると、32年は60年代から70年代のラフロイグにあるトロピカルで土っぽいフレーバー主体。現在のラフロイグの構成とは異なる妖艶さがあり、以前リリースされたスコシアロイヤルのラフロイグを彷彿。
15年、21年は現行品の進化系というか、今出来る原酒と樽を厳選するとこうなるんだろうなという、華やかでフルーティーでスモーキーな構成。個人的には15年の飲んだ後に広がる、原料由来と思しきフルーティーさがツボでした。

そしてこの16年もまた15年、21年の系統で、個人的にはやや21年寄りのフレーバー構成だと感じています。
何れにせよよく出来ているオフィシャルボトルなのですが、似た系統のリリースが続いてしまったこと。国内への並行品が15年の正規品に比べて割高だった事などから、多分200周年リリースの中で一番話題にならなかった、少々不遇なボトルでもあるという印象です。

ただこうして久々に飲んでみると、わかりやすい美味しさとらしさのあるラフロイグであることは間違いなく。
この系統のラフロイグは今後もリリースされると思いますが、この時代にウイスキーを嗜む愛好家はそのマイルストーンとしても、ぜひ飲んでおきたい1本、そしてシリーズであると思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×