タグ

タグ:ラガヴーリン

ローガン デラックス 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
LOGAN
De Luxe
1980's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR アポロニア
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでやや古酒感のある香り立ち。カラメルソースのほろ苦くビターな甘みと、奥には少し穀物を思わせる乾いたアロマも感じられる。

味:まろやかな口当たり、干草のニュアンスと土っぽさ、麩菓子、キャラメリゼ、ほのかに醤油飴のようなヒネ系の甘味。ボディはミディアム程度で、ビターでスモーキーなフレーバー、染み込むようにピーティーで長く続く。

しっかりとピーティーなブレンデッド。中間が少し軽めだが、ラガヴーリンの個性が効いておりストレートでも美味しく飲める。そしてそれ以上にハイボーラー。古酒特有のヒネ香が軽減され、飲み口はスモーキーでマイルド。炭酸の刺激と実によく合う。


物量が豊富で手に入りやすく、そしてスモーキーなオールドブレンデッドの代表格がローガンです。
ホワイトホースの上位グレードという位置付けであることと、その名称にラガヴーリン蒸留所におけるブレンデッドウイスキー開発のルーツとなる人名を冠していることなどから、主軸の原酒にはいつの時代もラガヴーリンと思しきモルティーさが感じられる点が特徴。
もっと人気があっても良いと思うのですが、ホワイトホースよりも安価に入手できることもザラにあります。

その要因には、1970年代以降のローガンの細かいラベルの変化にあると推察。ついつい流通時期判別で身構えがちではないか。。。と。ただこれまで何本も飲んできた経験則から言えば、見ればいいのはキャップ部分のみ。12年表記の有無やレアード表記の有無、Logan'sとLoganの表記の違いで大きな違いがあるというと、むしろボトルの状態の方が重要という印象です。

今回のキャップ、鉛シール貼りのプラスクリューキャップは、同じ濃いえんじ色の金属スクリューキャップ時代の直後に当たる、80年代中頃から後期の流通となります。
比較的入手可能な60年代以降流通のローガンの中で、最も香味の厚みとスモーキーさのバランスが取れているのが70年代前半のゴツゴツした鉛キャップ時代だと思うのですが、次いで良いのが80年代のえんじ色スクリューキャップ時代。
内陸系の原酒としてクライゲラヒなどの比率が増えているのか、ボディは少々軽いものの、ピートフレーバーは充分存在感があります。

梅雨明けていよいよ夏本番、ハイボールが美味しいこの時期。オールドブレンデッドハイボール要員に、是非オススメしたい1本です。

ラガヴーリン 8年 48% 2018年リリース & 200周年記念ボトル飲み比べ

カテゴリ:
LAGAVULIN
Aged 8 years
Release 2018
700ml 48%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR飲み@アポロニア ほか
時期:開封後数日以内
評価:★★★★★(5-6)

香り:シャープな刺激と燻した麦芽、ヨード、乾いた植物と若干根菜のような土っぽいニュアンスを伴うピート香。その奥には若さに通じる乳酸を思わせる酸味も感じるアロマ。

味:柔らかい口当たりだが、エッジの立ったシャープなピートフレーバー、ほのかに焦げた木材、魚粉のようなニュアンスもある。余韻はスモーキーでピーティー、シトラスなどの柑橘香。ウッディな渋みを微かに感じる、やや刺々しいフィニッシュ。 

シャキッとピーティーで若くフレッシュな香味だが、はっきりとした主張がありつつもどこか柔らかさというか香味全体のつながりを感じる。度数がそこそこあるのでハイボールにするとちょうど良い。夏向きの一杯。なおメーカーコメントのトロピカルフルーツは。。。

本国では昨年11月発売で、ラガヴーリンの通常ラインナップに新たに加わった8年仕様。 日本では5月のバーショー会場で正規品が初お目見えだったそうですが、元々は2016年にラガヴーリン蒸留所200周年記念でリリースされたものがベースとなっており、それもまだ店頭で販売されてることからあまり新しい感じがしなかったり。
今後は8年と16年が1年を通じて、そしてダブルマチュアードと12年が年に一度の限定品としてリリースされることになります。

リリースの位置付けは、プレーンオーク系の熟成と若い原酒ならではのピーティーな香味がはっきりとしていて、樽の効いた16年や、適度な熟成感がある12年とは違う魅力を感じる構成。通常より5%高い48%とする設定も、若いアイラモルトらしい香味を楽しみやすい丁度いい設定だと思います。

さて、このような素性のボトルとなると、やはり気になるのが2016年リリースの200周年記念8年と、今回新たにリリースされた8年の香味の違いについて。
価格は2000円ほど200周年の方が高いものの、記憶する限り明確な違いがあるように感じられない。。。
実際に比較してみても、200周年の方が飲み口でコクが感じやすいように思うんですが、それも開封してからの時間差と言われればそこまで。少なくとも、香味のベクトルに大きな違いはないように思います。

当時とのレートの違い。。。にしては大きな差。原酒のロットも違うでしょうけれど、ポジティブに考えれば同じクオリティのものが安価に入手出来るのは良しとするべきでしょうか。

ラガヴーリン 25年 1977-2002 リミテッドエディション 57.2%

カテゴリ:

LAGAVULIN
25 years old
Limited Edition
Ntsural Cask Strength
Distilled 1977
bottled 2002
57.2% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@サンプルMさん
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(7-8)

香り:注ぎたては少しヒネていていぶりがっこを思わせる酸味と、どっしりとしたスモーキーなアロマ。奥から強いヨード香、塩素、焦げたようなピート。オレンジママレードのような果実味も開いてヒネ系の香りを上書きしていく。

味:オイリーで粘性のある口当たりだが、ピーティーでソルティ、分厚い麦芽風味が底支えとして備わっている。ほのかにグレープフルーツのワタ、柑橘感のアクセント。余韻はスモーキーで香り同様に強いヨード香。焦げた木材を思わせるピーティーなニュアンスと共に長く続く。

麦とピートの素晴らしいモルトウイスキー。樽はリフィルタイプで、派手さはないがオーソドックスな古典的モルトの構成。ボディは厚く、少量加水するとピートフレーバーが全体に溶け込み、オイリーで塩気が引き立つような変化がある。


ウイスキー仲間のMさんと交換したサンプルから。現ディアジオのスペシャルリリースに当たる、リミテッドエディションのラガヴーリン。いつものように質感ある素晴らしい写真もセットです。

ラガヴーリンで25年と言えば、2016年にリリースされたバイセンテナリーの25年が高い評価を受けましたが、もう一つが2002年リリースのリミテッドエディション(9000本限定)。こちらはバイセンテナリーのような妖艶なシェリー系でも、あるいはラフロイグやボウモアのようにフルーティーな酒質でもなく、リフィルオークで、無骨で、それらと比べれば地味目な構成とも言えます。

そのためか、このボトルの評価は平凡とする声と秀逸とする声に分かれています。
また、このリリースを飲んだのは初めてでは無いのですが、以前はもっとバチバチして元気が良かったような。。。評価が割れているのは、上記の構成に加え、経年による変化も多少加わった結果だからかもしれません。
ただ少なくとも今回飲んだ印象では、これぞラガヴーリンのオーソドックスかつ素の部分の、熟成後の姿であると。また、ウイスキー全般において酒質が軽くなりつつある昨今、ラガヴーリンはその中でも比較的マシなほうと思っていましたが、改めて70年代の仕込みを飲むと大きな違いが感じられます。

なお、今回のボトルは経年からくる若干のヒネ要素がノージングで感じられたものの、ベースとなるキャラクターは麦とピートの分厚い香味。個人的にはこれがオールドのホワイトホースやローガンなどに感じられる香味とも共通点があり、ヒネ系に振れなければ相当ポテンシャルがあるボトルだと思います。

ラガヴーリン 12年 カスクストレングス 2017年ボトリング 56.5%

カテゴリ:
LAGAVULIN
NATURAL CASK STRENGTH
Aged 12 years
Limited Edition
Bottled in 2017
Cask type Refill American Oak Hogsheads
700ml 56.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後数日以内
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:クリアでハイトーン、魚粉や土っぽさを伴うピート香、スモーキーさ。奥には塩素を思わせるニュアンス、徐々に洋梨の果実香も感じられる。

味:オイリーでコクのある口当たり、フルボディ、ピーティーなほろ苦さがスモーキーフレーバーと広がると共に、バニラ、蜂蜜レモン、徐々に乾いた麦芽や干草、松の樹皮のような鮮烈な香気が鼻に抜ける。
余韻はドライでスモーキー。ほのかな灰っぽさ、ピーティーで柑橘系のアクセントを伴いしっかりと長い。

ややクリアで一本調子なアロマだが、味わいはオイリーでピートと麦感の程よくマッチした同蒸留所の王道的味わい。少量加水するとピーティーさが浮ついたようではあるが、樽由来の甘みが開いて崩れることなく楽しめる。


メーカー公式資料によると、ディアジオ・スペシャルリリースの入門編に位置づけられているのが、ラガヴーリン12年カスクストレングスです。

基本的にスペシャルリリースはアメリカンホワイトオークのリフィル系の樽を使った酒質ベースの味わいで、蒸留所の素のキャラクターを延ばすような作りが特徴。このラガヴーリン12年もまさにそうした作りをファーストリリースから10年以上継続しています。
ファーストフィルのこってりとした味わいとは異なる自然な樽感が、このシリーズの魅力であることは今更説明不要でしょうか。

他方、樽由来の香味が控えめであることから、通常の加水版に比べ誤魔化しが効かないのもこのリリースの特徴。ラガヴーリンにおいては、初期の頃のボトルに比べ、特に蒸留が2000年代に入ったあたりからリリースはクリアで荒々しさが目立つ、旨味の少ない方向に振れた印象でした。
しかし200周年に掛かる2015-2016年あたりから歯止めがかかり、口に含むとオイリーさが荒々しさを包んで樽材由来の甘みに繋がるような仕上がりも見られると感じています。

安定のラガヴーリン。個人的にこうした現在のスペシャルリリース・カスクストレングスも悪くないのですが、やはり2000年代流通にあったいい意味での雑味、味の柔らかさが恋しくも。。。
ボウモアやラフロイグなどを見ると、同じ蒸留時期である1990年代前半のビンテージは、当たり年とする高い評価を受けるボトルがあります。
自分が良いと感じた時期のラガヴーリン・カスクストレングスも同じ時期の蒸留で、そこからこれらの蒸留所には、紙っぽさが出たり、味がクリアになったり、樹脂や溶剤感が見られたりするのですが。。。何が影響したのか、というか何が変わってしまったのかは気になるところです。

ラガヴーリン ディスティラーズエディション2017 43%

カテゴリ:
LAGAVULIN
Distillers Edition 2017
Distilled 2004
Bottled 2017
PX Sherry Cask Finish
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後数日以内
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:濃厚で落ち着きのあるアロマ。スモーキーで少しひねたような濃い甘み、たまり醤油、だし感、ほのかにヨード。徐々に焦げたようなウッディネスも感じられる。

味:とろりとした口当たり。オイリーでスイート、ドライプルーンやケーキシロップ、コクのある甘みからじわじわとドライでソルティーな風味が開いてくる。
余韻はピーティーでほろ苦く、序盤の甘みが強く残らないスモーキーなフィニッシュ。

香味ともPXシェリーカスクらしい濃厚さに加え、それが余韻にかけてしつこく残らない。荒さも樽と加水で程よくマスクされており、ピーティーさ、ソルティな香味が開いてバランスの良い仕上がりが感じられる。


毎年のリリースの中でもこれだけは外さないという印象の強い、安定のラガヴーリン・ディスティラーズエディション。リリース全体的に、毎年香味のベクトルが大なり小なり変わっていることがDEの楽しみでもあるのですが、このラガヴーリンだけはここ数年大きな変化はなく、同じ方向性の中でしっかり仕上げられていると感じています。

強いていえば、シェリー感が年々軽く、後半に感じられる塩気も同様に軽くなったという感じですが、今年のロットはその分バランスが整ったような印象。ロット差と言われるとそれまでという感じですらあり、安心して楽しめる1本です。


ラガヴーリン蒸留所のモルトの素晴らしさは、際立った個性とか厚みのある酒質とか、評価軸は色々あるのですが、個人的にはこの安定感なのかなと感じています。
言い換えると、時代を選ばない大ハズレの無さ。他のアイラの蒸留所は「アチャー」というものが少なからずあるのですが、ラガヴーリンはよっぽどキワモノなスペックでない限り安定感抜群。特に王道を行くオフィシャルはもう、現行品16年と20〜30年前のオールドを比較して、現行品は現行品で良いよねという評価が得られる数少ない蒸留所。スコットランドの中でも際立った存在だと思います。

ラガヴーリンDEは、通常のラガヴーリンの原酒を、最後の数ヶ月(公式には3ヶ月以上)PXシェリーカスクでフィニッシュ。DE全体でも一番濃い味わいに仕上がっていることが多いですね。
その樽由来か、古酒っぽいニュアンスも備わって、まろやかでどっしりとした存在感。スペシャルボトルのカスクストレングスはシャキッとしたピートやソルティさが魅力ですが、加水には加水の良さがある。今年のロットも楽しませていただきました。

このページのトップヘ

見出し画像
×