タグ

タグ:メインモルト

ブッシュミルズ 28年 1989-2018 メインモルト向け 48.6%

カテゴリ:
IMG_20190625_225836
IRISH SINGLE MALT WHISKY 
BUSHMILLS 
For Bar Main Malt 
AGED 28 YEARS 
Distilled 1989 
Bottled 2018 
700ml 48.6% 

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:Bar Main Malt 
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:濃厚なオークのニュアンス。黄桃やリンゴのコンポートを思わせるフルーティーさに加え、甘栗の香ばしさや薄めたキャラメルソース。若干青みがかったスパイシーさも感じる。

味:オーキーで粘性のあるリッチな口当たり。天津甘栗、キャラメルナッツ、黄桃の缶詰のとろりとした甘味。徐々に若干ケミカルなフルーティーさも混じってくる。 
余韻はドライで程よいウッディネス、紅茶を思わせるタンニンと、ややハイトーンだがオーキーな華やかさも伴う充実した長いフィニッシュ。

熟成した70年代蒸留のスペイサイドモルトのようなフレーバーと、アイリッシュのフルーティーさが混じりあった仕上がり。樽はリフィルシェリーホグスヘッドだろうか、全体的には樽由来のニュアンスが支配的だが、加水するとケミカルなフルーティーさが分かりやすくなる。

IMG_20190625_230015

BARメインモルト向け”となった”、ブッシュミルズ。そして、人類には早すぎたアイリッシュ。
近年のアイリッシュウイスキーと言えば、ジェネリックトロピカルとも例えられるケミカルなフルーティーさが特徴であり、特に長期熟成であるほど純粋なトロピカルフレーバーが期待されている傾向があります。
1988-1989年蒸溜などはその最たるところ。実際、昨年信濃屋からリリースされたジャポニズムや、TWA等各種ボトラーズからのリリースは、まさに該当するフルーティーさで多くの飲み手を虜にしました。

そのフレーバーを基準とするなら、この1989は些か異端な仕上がり。
余韻にかけて該当する要素は若干あるのですが、メインに感じられるのは樽由来のウッディなフルーティーさ。スペイサイド寄りのハイランドモルトを、アメリカンオークのリフィルシェリーホグスヘッドで長期熟成したような構成で、それも結構良い樽感が序盤を支配。酒質由来の要素と混ざりながらフィニッシュへと繋がる構成です。
もしブラインドで系統を拾い間違えると、ベンリアックやロングモーン、あるいはグレングラントあたりの同樽長熟、と答えるかもしれません。

IMG_20190303_144917

メインモルトはウイスキー好きの聖地として知られるBARのひとつであり、かつてはプライベートボトルBBI(ベンリアックバカ一代)のリリースや、ベンリアックの全リミテッドリリースが揃っていることでも有名でした。

それはひとえに、長熟ベンリアックにあったトロピカルなフルーティーさに、マスターである後藤さんが心奪われていたため。そして近年、その心は一部共通するフレーバーをもたらすアイリッシュへと移っており、バックバーは日に日にアイリッシュが増殖している状況。既に3/4以上が同ジャンルとなっていて、その他のウイスキーは背後の棚。いよいよアイルランドに制覇されようかという勢いです。(当人いわく、ベンリアックとは離婚調停中とのことw)

後「これな、他の89アイリッシュに比べると地味やねん。だから一般に売らんで抱えたんや。」
く「充分旨いじゃないですか。でも確かにアイリッシュというよりは、スコッチモルトの長熟っぽいですね。」
後「他の89アイリッシュと比べたらな。某メガネのとかめっちゃトロピカルやろ。」
く「確かに。でも我々が失われたトロピカルフレーバーを求めるように、この樽感も失われつつある味わいだと思いますよ。」
後「つまり我々人類には早すぎたんやな(笑)」

カウンター越しの会話。後藤さんのこれまでの好みから考えると、この原酒から感じるものはあったと思うのです。それも恐らくはポジティブな方向で。
それでもフープ経由等で一般にリリースしなかったのは、アイリッシュの今流行りの枠のなかで比較はしてほしくないという、親心のようなものがあったのか、あるいは愛ゆえの独占欲か。

そしてアイリッシュでありながらスペイサイドスコッチの長熟のような個性も備える今回の原酒は、スコットランドとアイルランドの交叉点にあるBAR メインモルトを象徴するボトルかもしれません。
現在の同店を体現したような味わい、神戸にお越しの際は是非お楽しみください。

ce930acf
(2年半前のメインモルトのバックバー。この時アイリッシュはまだ半分に満たなかった。)

グレンファークラス 1989-2016 メインモルト&キャンベルタウンロッホ共同ボトル 52.3%

カテゴリ:
GLENFARCLAS
Bar Main Malt & Bar Campbelltoun Loch 
Aged 26 years
Distilled 1989
Bottled 2016
Cask type Sherry Butt #13009
700ml 52.3%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml以上 複数回
場所:BAR飲みなど(GOSSE@目黒)
時期:開封後2ヶ月弱まで
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:リッチでスパイシー、焦げたような樽香を伴う香り立ち。黒砂糖、ドライクランベリー、枝付きレーズンの果実味と甘み。序盤はウッディで少しゴムっぽさもあるが、徐々に甘みが開いてくる。

味:リッチでイチジクの甘露煮、レーズンチョコレート、ほのかにドライクランベリーなどの果実感を伴う甘みと焦げた焼き芋、ビターチョコレートの苦味が合わさって広がる。
余韻はウッディでドライ、微かにハーブのニュアンスが鼻腔に届く。甘みは淡い香木感を伴い長く続く。


昨年末、ウイスキー愛好家の間で特に話題となったボトル。
日本を代表するウイスキーBARといっても過言ではない、西の聖地メインモルトと、東の聖地キャンベルタウンロッホが共同でボトリングしたグレンファークラス。
ラベルのデザインはウイスキーテイスターの吉村さんが担当されたとのことで、関わったメンバーだけでも錚々たるものですが、それ以上に話題になったのはその中身です。

系統としてはスパニッシュオークの香木感を伴うウッディでリッチなフレーバーで、口当たりで感じた甘みが余韻までしっかり続いていく満足感の高い構成。近年のグレンファークラスのリリースと比較して、相当良い樽を引っ張ってきた事は明らかで、シェリー系ウイスキーが大好物な濃厚民族を中心に絶大な支持を集めました。

(年末年始で大きな話題となった1989、1991、2本のファークラス。同じシェリーバットだが色は1989の方が透明感のある仕上がり。飲み比べた感想は後述。)

これだけ話題になったボトルだけに、遭遇率は非常に高く、BAR飲み、個人宅と、テイスティングの機会はだいぶ恵まれました。
そうした中で感じたのが、開封時に話題となった「オールドシェリーを思わせるフレーバー」が、時間経過でこなれ、ウッディな苦味が前に出てきている傾向があるのではないかという事。
シェリー系のウイスキーにはよくある話で、特に驚く変化でもありませんが、この後再び苦味が落ち着いて全体が慣れてくる段階まで、少し時間をおいても良いかもしれません。

また、約1ヶ月差でリリースされ、同様に話題となった信濃屋のグレンファークラス1991は、このグレンファークラス1989とは何かと比較される存在。
開封時期が異なるので一概には言えないものの、双方スパニッシュオークのシェリー感で、リッチな味わいから余韻にかけてタンニンが収束するか、甘みが残るかという方向性の違い。
どちらも近年シェリーの中ではクオリティが高く、もはやここから先は好みの問題であると感じます。

それ以上に注目すべきは、アジアを中心とした海外市場が日本以上に力を持ってくる中、貴重な良質シェリー樽モルトが合計1000本以上日本向けにリリースされた事。2010年頃まではJIS向け等で良質な長熟樽がガンガンリリースされた時期もありましたが、この5年間で時代はがらりと変わってしまいました。
そんな時代にあって、今回のリリースは素直に凄い事だと思います。
インポーターだけでなく、愛好家個人が様々な関係を繋いでくれた事が実を結んだ結果ですね。

【BAR訪問記】Main Malt (メインモルト) @神戸 三ノ宮

カテゴリ:
ウイスキー飲みの間では、聖地と呼ばれるBARが日本の各地にあります。
その一つ、西の聖地と呼ばれているのが、神戸は三ノ宮駅前にある「メインモルト(Main Malt)」。
その名の通りメインはウイスキーで、カクテルに関しては「ウチじゃなくて他のお店で頼まれたほうが・・・」と言うほどのウイスキー専門店。現行品からオールドボトルまで数多くのボトルが揃っているだけでなく、ここでしか飲めないものも多数あります。

BAR Mail Malt (メインモルト)
営業時間:17時〜25時(平日) 15時〜24時(土日祝日)
定休日:不定休(月一回程度)
TEL:0783317372
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通2-10-11-B1F

このBARのラインナップや雰囲気については、私などがあれこれ語るのもおこがましいので、実際に見ていただくのが1番。
というわけで、まずは以下の写真2枚をご覧ください。
2枚目の写真だけでもバックバーとしてあれば圧巻ですが、これはサブの棚。1枚目の写真に写っていない、椅子に座った際の背後にある棚なんです。
他にも写っていない棚があり、一度足を踏み入れたその先は、ウイスキー好きの桃源郷、多種多様なボトルに四方を囲まれた空間が待っています。

自分は東京在住なので、あまり通うことはできませんが、妻方の実家が関西方面なので、帰省ついで等、だいたい年に1〜2回は来店させてもらっています。 
その際のルーチンとなっているのが、1杯目にハウスウイスキーのハイボールを飲みながら、チャームとして出てくるハムサンドを食べること。
ここのハイボールは所謂関西式で、キンキンに冷やしたウイスキーとソーダで作る、氷なしのスタイル(オールドブレンドなど、冷やしてないボトルは氷入りで作ります)。特別何があるわけでもないんですが、まずはこれで準備運動。

メインモルトのハウスウイスキーはフェイマスグラウス・・・だったのですが、先日注文したところ、アイリッシュウイスキーのブッシュミルズかジェムソンに。
「あれ、フェイマスはどうしたんですか?」
と聞くと「雷鳥は遠くに飛んで行ってしまったんや・・・」との返し。
マスターの後藤さんは、かつてはベンリアックに心酔して、それこそ聖地と称されるほどカウンターがベンリアックのリミテッドリリース一色になっていた時代もありましたが、最近はアイリッシュに宗教替えした模様。(背面の棚の上段に、その名残が見られます。)
バックバーの一部もアイリッシュ比率が増えていて、先日も現地蒸留所を訪問されるなど、その魅力を肌で感じていたようです。

ならば見せて頂きましょうか、アイリッシュの実力とやらを。
と、後藤さんがダブリンのティーリング蒸留所で購入してきた、バリンチボトルを1杯。
確かに美味い。ティーリングシリーズの長期熟成はフルーティーで美味いボトルが多いですが、これはシェリー系アイリッシュの中でも群を抜いて素晴らしい。
シェリー樽の質も良く、充実した1杯に仕上がっています。


写真で伝わるように、メインモルトには現行品からオールドボトルまで、とんでもない量のボトルがあり、中には都内のBARなら瞬殺されてるようなボトルも結構残っています。(例えば、アードベッグの70年代カスクとか、エデンのボウモアとか。)
せっかくなので、そうしたストックから「飲み頃なボトルはないですか?」と大雑把な注文をしてみました(笑)。
なんかあったかなーと棚を漁って出てきたのが、懐かしいBBRの3本。
少し緩くなっていましたが、今にはないシェリー感で懐かしい気持ちになれました。
他にも本当にレアなボトルが、目立たないところにしれっと転がっていたりするので、来店の際には宝探し気分で楽しんでほしいです。

後藤さんは日本のボトラーズであるWhisky Hoopの主幹事も勤められているため、当然このBARではフープのボトルも楽しむことができます。この訪問時はシメの1杯に同ボトリングのグレングラッサ1976を頂きました。
ただそれらを強制しない、自然体なキャラクターが、これだけのボトルに加えて聖地と呼ばれる場所でも、肩肘張らずにウイスキーを楽しめる雰囲気を醸し出しているように感じます。
だからついつい長居しちゃうんですよね〜。

実はこの記事が更新される12月5日も、前日から仕事で神戸に居るのですが、運悪く不定休の定休日にヒット。まあ仕事の出張ですし、素直にホテルに向かいますよと、訪問はお預け・・・。
そんなわけで、こうして前回訪問した際の記事だけでもUPして、気分を紛らわせておきます。
後藤さん、次回来店時もよろしくお願いします!
(入り口のドアが花と動物の木箱でデコレートされているのも注目。)

このページのトップヘ

見出し画像
×