タグ

タグ:ボトラーズ

ラフロイグ 31年 1966-1997 シグナトリー 50.7% #1093

カテゴリ:
IMG_20190630_230341
LAPHROAIG 
SIGNATORY VINTAGE 
Aged 31 years 
Distilled 1966 
Bottled 1997 
Cask no, 1093 
700ml 50.3% 

グラス:グレンケアン
時期:不明
評価:★★★★★★★★(7ー8)

香り:スモーキーかつフルーティー。麦芽の厚みを伴う香り立ち。微かな薬品香があるが、ヨードは全体に溶け込むようで、エステリーな要素と土っぽいピート、グレープフルーツとパッションフルーツを感じる。

味:柔らかく角のとれた口当たり。香り同様に土っぽさとじわじわとグレープフルーツの綿、黄色系果実を思わせるフルーティーさ。合わせて麦芽風味の厚みとコク。余韻はほろ苦くビター、染み込むようなピートスモークが長く続く。

ボトルラストということで少し樽のニュアンスが抜けてしまったか、本来であればもう少しフルーティーさとピートが強く、香味の骨格もあったのではないかと思うが、長期熟成らしい熟成感と落ち着きのある構成で、実に美味なアイラモルトである。じっくりとストレートで。


ボトルに残った最後の1杯分に立ち会うのは、いつだって特別な気持ちになります。
それは、ああ終わってしまったと言う寂しい気持ちもあれば、やっと終わったという苦行から解放された時の心情にも似た場合もあり。。。そして今回のように、スコッチにおいて神格化されつつある1960年代というだけでなく、蒸留所にとって特別な時代のボトルの最後の1杯ともなれば、その感情はひとしおです。

ラフロイグがアイラを代表するブランドのひとつとなる、その立役者として知られているのがウイスキー史上初の女性蒸留所所長ベッシー・ウィリアムソン氏です。近年はボトラーズリリースでウィリアムソン名義のラフロイグ(らしいもの)がリリースされていることから、単語として聞いたことがある、という飲み手も多いと思います。

彼女についてのエピソードは・・・長くなるのである程度まとめさせていただくと、前オーナーの秘書や助手として従事し、そのオーナーから引き継ぐ形で蒸留所所長に就任したのが1954年。退任は1972年とされ、今回の原酒の蒸留時期はまさにその真っ只中のものです。
また、所長引退が1972年といっても、1962年には長期間安定して蒸留所を存続させるため、ブレンデッドウイスキーのロングジョンを製造販売していた米国企業Schenley Industries社に売却しており、徐々に第一線から身を引いていたところ。1967年からは蒸留プロセスも石炭直火ではないスチーム加熱方式が導入されるなど、蒸留所の規模が段階的に拡張されただけでなく、現在まで続くラフロイグとバーボン樽の組み合わせが確立したのもこの頃です

それが彼女が作りたかったウイスキーの味だったのか、知る術はありません。(どこからどこまでが、彼女自信の方針かはわからないのです。)
ただ彼女の手腕はウイスキー製造というよりは、ビジネスやマネジメントという形で発揮されていたようです。実際、所長就任直後から製造に関することは別な人物に任せていたという話もあり。これは彼女が生粋のアイラ島民ではなかったことや、ウイスキーの製造現場が今以上に男性社会かつ閉鎖的だったとされる当時を考えれば、「蒸留所をアイラ島の産業として長期間存続させる」ということが、彼女なりの周囲への配慮だったのかもしれません。

(1964年のラフロイグ蒸留所・・・もといベッシー所長の紹介動画。今よりも小規模な蒸留所全景、フロアモルティングや蒸留風景など、当時の様子を見ることができる。)

今回の原酒は、上述の1967年の拡張工事が行われる前のもの。時期的には古代種の麦芽、フロアモルティング、そして石炭直火に樽はリフィルのシェリーホグスヘッドというオールドスタイルな組み合わせで作られた、貴重なボトルであると言えます。
また、そこにベッシーウィリアムソン所長時代という役も乗っかって、かなり重厚な情報量です。

味もやはりこの時代らしく麦感が厚く、そこにボウモアほどではないですがトロピカルなフルーティーさが備わっているのもポイント。この時代のアイラは、ピートフレーバーが今ほどオラオラと主張せず、土っぽい香味を伴いながらじんわりと広がり、それが麦感や樽由来の要素と合わさって、先のトロピカルなフルーティーさを引き立てている。各フレーバーがいい感じに相互補完関係にあるような構成なんです。
本ボトルにおける最後の1杯、しっかりと堪能させてもらいました。


余談:ベッシー・ウィリアムソン氏は生涯独身であったという紹介をされているサイトがいくつかありますが、海外サイトを見ると1961年に結婚していることが書かれています。独身を貫きウイスキー事業に見も心も捧げた、という方が職人的なイメージが強くなりそうですが、これはどちらが正しいのか。
自分は同氏がウイスキーの職人というよりは、一人の経営者という認識なので、そこまでストイックな人物像でなくても良いんじゃないかなぁと考えています。


シークレットスペイサイド 16年 2002-2019  モルトマン 54.2% #1633

カテゴリ:
IMG_20190811_222919
SECRET SPEYSIDE 
THE MALTMAN 
Aged 16 years 
Distilled 2002 
Bottled 2019 
Cask type Oloroso Sherry #1633 
Specially selected for Japan 
700ml 54.2% 

グラス:グレンケアン
場所:BAR ヒーロー
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライプルーンなどのダークフルーツ、チョコレートクリーム、微かに黒糖の甘さも含んだリッチな樽由来のアロマと共に、湿ったウッディネス、若干焦げたようなニュアンスとゴム感、鼻腔に強いアタックも感じるパワフルな香り立ち。

味:濃厚でこってりとしたシェリー樽のニュアンス。ドライプルーンにアーモンドチョコレート、カカオ、オランジェット。色濃い甘味のなかにビターでほろ苦い香味と、酒質由来の強いアタックが感じられる。余韻はウッディでヒリつくような刺激はあるものの、しっとりとした甘味が舌の上に長く残る。

アタックの強い酒質に、シーズニングオロロソシェリーを思わせる濃厚な甘味とウッディネスという、圧殺シーズニングの典型的キャラクターのひとつ。香木っぽさのあるタイプではなく、近年リリースの多かったロセスの短熟圧殺と似た系統のシェリー感で、葉巻との相性も悪くなさそうである。


最近一定数リリースのある、蒸留所不明のシークレットスペイサイド表記のウイスキー。「偉大なスペイサイドの蒸留所」ということなので、マッカランではと言われていますが。。。こってこての圧殺シーズニングシェリー味で蒸留所は判断しづらく、強いて言えばアタックの強さ以外に、これという酒質の特徴がないところが、マッカランと言われればそうなのかなという程度の判別しか出来ません。

例えば同じようなシェリー感のリリースがあったスペイサイドモルトだと、リベットはもっとドライで酒質が軽く、ロセスだと乾いた植物感が強く出そうですし、ファークラスは酒質は同じように刺激が強い一方で微かに混じる青っぽさが。。。といった限定的な消去法でしかありませんが。
あとは2017年ボトリングで同じモルトマンからリリースされたものとは、樽の系統、あるいは出元が違うのか、シェリー感が異なってプルーンやチョコレートのようなクリーミーな甘味が強いのも特徴だと言えます。

b8c50c98
(約2年前にリリースされたモルトマンのシークレットスペイサイド14年2002-2017。こちらは樽材の違い、スパニッシュオークのチャーが強めだったのか、色濃く樽由来のエキスや焦げ感も今回のリリースより強く感じられた。)

ここ数年で、ボトラーズからの濃厚シェリーのリリースに12年未満の短熟が増え、熟成年数の短さから仕上がりの粗いもの、奥行きの乏しいリリースが珍しくありません。
この流れは現地、米国、アジア。。。どの国でもそう大差はないわけですが、今回のボトルは多少荒さはあるものの最低これくらい欲しいという熟成感を備えており、こうしたリリースが未だ日本向けにあるというのは、値段はさておき相対的に見て救われたような気持ちにもなります。

しかし良質かつ熟成感のあるシェリー樽熟成の原酒は、本当に高価になりました。
来年の今ごろ、同じようなクオリティのものがどれ程の価格になっているのか。感覚が麻痺して適正がどこにあるのか最近わからなくなってきました(汗)

グレンリベット 15年 2003-2019 GMコニッサーズチョイス 59.4%

カテゴリ:
IMG_20190806_151708
GLENLIVET
GORDON & MACPHAIL 
Slected by the WHISKY EXCHANGE 
Aged 15 years
Distilled 2003
Bottled 2019
Cask type Refill Bourbon Barrel #18/091
700ml 59.4%

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

【ブラインドテイスティング回答】
地域:スペイサイド
蒸留所:グレンリベット
年数:15年程度
樽:バーボンバレル
度数:60%程度

香り:華やかでオーキーだが、ドライで強いアタックを伴う。乾いた木材や干し草、洋梨、微かにシトラスを思わせる柑橘感も伴う。

味:香り同様の華やかな構成かつ、ハイプルーフらしいアタックの強さを感じるドライな口当たり。余韻はウッディでスパイシー、ひりつくような刺激と共に、オーキーでバニラや花梨、微かにハーブのアクセントも感じる。

開封直後もあってか、華やかなウッディさ以上にドライなアタックが強く、強くヒリつくような刺激がネック。しかし加水するとそれらがまとまり、林檎や熟したバナナ、バニラなどのあまやかさとフルーティーさが際立つだけでなく、余韻にかけて柔らかいコクも感じられるようになる。近年でも良い樽、良い熟成を経たリベットらしさだろう。少量加水か、開封後年単位で時間をおいてどうぞ。


先日、ウイスキー仲間との持ち寄り兼ブラインドテイスティング会で出題された4本のうちの1つ。このグレンリベットはウイスキーエクスチェンジで販売されている限定ボトルですが、熟成年数で1年若い類似スペックのものは日本に入荷していました。(以下、画像参照)

IMG_20190806_225557

イベントでのブラインドはGMグレンバーギー22年、ベンリアック16年マディラフィニッシュ、OMCボウモア21年、GMCCグレンリベット15年と1990年代以降蒸留の判定が難しいスペイサイド多めのラインナップでしたが、4銘柄中後半2銘柄は蒸留所まで正解。残る2本も地域や系統は大きく外さず、及第点といったテイスティングが出来ました。(狙ったわけではないですが、自分の出題は宮城峡蒸留所限定の旧ボトル、スペイサイド続きの中ではちょっと性格悪いかなと思いきや、普通に正解者も居たのでひと安心です。)

これら4本のなかで一番印象深かったのが、今回紹介するグレンリベット。近年のグレンリベットは酒質の軽さ、ドライさが目立ってきており、特にオフィシャル12年をはじめ味が落ちたなんて評価も聞こえてくるところ。最近のウイスキーの傾向として、酒質がライトになってきたところに、樽感もファーストフィル以外にセカンド、サードが増えてかなと、物足りなさを覚えていたのは事実です。

一方で今回のボトルもストレートではだいぶ硬さが目立ちますが、少量加水したところ林檎を思わせるオーキーなフルーティーさがぐっと前に出てGOOD。ちょっと前のオフィシャル系統というか、良い樽使えば充分美味しいじゃないかと本来のポテンシャルを感じることが出来ました。
どうせなら日本入荷した上記のボトルも試してみたいですね。

グレンバーギー 19年 1998-2018 ウイスキートレイル 56.6% #895

カテゴリ:
IMG_20190803_132441
GLENBURGIE 
The WHISKY TRAIL
Aged 19 years 
Distilled 1998.10 
Bottled 2018.6 
Cask type Hogshead #895 
700ml 56.6% 

グラス:木村硝子テイスティング
場所:ブラインドサンプル@Jさん
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

【ブラインドテイスティング回答】
地域:スペイサイド
蒸留所:ボトラーズリリース、特定できず
樽:ホグスヘッド、アメリカンオーク
熟成年数:20年程度
度数:55%程度

香り:スパイシーでドライなウッディさ、ハーブ、溶剤を塗った木材のような刺激がトップノートに感じられる。続いて栗の渋皮、リンゴのカラメル煮、ファイバーパイナップル。樽由来のビターなアロマからオーキーなフルーティーさも感じられる。スワリングしていると、華やかさが増してくるようである。

味:ウッディでドライな口当たり。チョコチップクッキーなど、焼き菓子系の甘みから、舌の上で転がすとアプリコットやリンゴのカラメル煮、樽由来のしっとりとしたフルーティーさも感じられる。
余韻は若干樽材由来のえぐみと共に、ピリピリとしたハイプルーフらしいアタックを舌あたりに残すが、じわじわと華やかでオーキーなフルーティーさも広がり、長く続く。

樽が強く蒸留所の判断は困難だったが、ベースは素性の良いスペイサイドモルト。樽はシェリーではなくバーボン樽で、元々がヘビーチャータイプのものだったか、あるいはリチャーしたホグスヘッドか。色合い濃く、香味にもチャーした樽材特有のウッディネス、えぐみなどのフレーバーが混じっている。


エリクサーディスティラリーズリリースのグレンバーギー。イギリス大手酒販グループのボトラーズ部門だけあってか、同社のリリースは価格と中身のバランスが良く。加えて1990年代のグレンバーギーはハズレが少ないというべきか、アメリカンオーク由来のフレーバーとの組み合わせは、華やかでフルーティーな仕上がりのボトルが多い印象です。

今回のボトルは樽をリチャーしているのか、樽が強めに効いて、バーボンバレルとは思えない色の濃さとウッディさ。トップ・ノートで強めの木材由来のニュアンスがあるので不思議な印象がありますが。一方で奥には上記のフルーティーさというか、印象通りの要素は備わっており、特に不満はない構成だと感じます。
まあこういうボトルもあるよねってことで。。。

ちなみに、今回のボトル。メーカーコメントには「色合いは濃い輝きのあるゴールド」で、「グレープフルーツ」や「レモンパイ」という単語が並んでいます。
確かにテイスティングの通り焼き菓子系のフレーバーや、加熱した果実の甘味など、この表現はこれのことと認識できる部分はあるのですが、色合いの表現とフレーバーに感じる違いを考えるに、樽感がもう少しライトである必要があると思うのです。

この手の誤差は、カスクサンプルがそもそも間違ってるという事故を除けば、熟成中の樽からスポイト的なもので中取りされたものだと良くある話です。
樽の中身は常に均一の状態ではなく、特に樽に触れてる部分が濃くウッディになってますので、それもすべて混ざってボトリングされたモノとは味や色合いが異なってきます。
また、取り寄せたサンプルの詰め時期が1年以上前とかのケースもあるため、ボトリングしてみたらだいぶ樽感が違った何て言う話も。。。今回のケースはどちらもといったところでしょうか。
ウイスキーは生き物、絶えず変化する難しさを読み取ることが、選定の難しさであり、経験を必要とする要素ですね。

グレンロセス 23年 1996-2019 スウィートギャラリー(萌えボトル)2nd 53%

カテゴリ:
IMG_20190725_213005
GLENROTHES 
Sweet Gallery 
Aged 23 years 
Distilled 1996 
Bottled 2019 
Cask type Hogshead 
700ml 53% 

グラス:グレンケアン
場所:BAR ヒーロー(立ち飲み屋喜楽)
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:オーキーでドライ。薄めた蜂蜜、レモンクリームや洋梨を思わせる甘やかな香りと共に、乾燥した牧草、い草のような植物っぽさに通じる癖のあるウッディネスが全面に感じられる。

味:スムーズでウッディ、バニラや洋梨のピューレ、香り同様の植物感。酒質はややライトで淡麗気味だが、徐々に口のなかでやわらかい果実系の甘味が広がる。
余韻はウッディでドライ、ハニージンジャー、微かなハーブ香を伴う。

某ボトラーズのリリースにしては、オフィシャル系統のロセスらしい個性を備えたリリース。華やかなオーキーさもあるが、樽由来の乾いたウッディネスが酒質由来の要素と合わさり独特の植物感と蜂蜜のような甘さが中心に感じられる。加水すると植物感が軽減されて洋梨を思わせる柔らかい甘さが立つが、味は多少水っぽさが出てしまう。

IMG_20190801_233212

バックバーに置くにはちょっと恥ずかしいウイスキーがコンセプトの、ファミリー企画プレゼンツ、スウィートギャラリーシリーズ。セカンドリリースを手掛けるイラストレーターは横田守氏です。
なんというか、同氏の得意ジャンルとも言えるけしからんエルフのお姉さんですね。某転生系スライムが「エ◯フ!」と興奮しそうなくらいにはけしからんです。

これまでウイスキーに関しては食欲というか、所謂物欲、収集欲の域を出ないジャンルでした。
それが漫画タイアップラベルに端を発し、いよいよ萌え系、アダルト系との組み合わせに進出しつつあるのは、同様の事例が既に多くのジャンルで見られるようになった日本においては、自然な流れなのかもしれません。
例えば自動車レースでは、痛車と呼ばれるカーペイントを採用しているチームが2000年代から登場し、一部は強豪チームにまで成長。新しいファン層を同業界として獲得しているというのは有名な話です。

fa39935b
(スウィートギャラリーシリーズ第一弾。仙道ますみ氏の描いた、おさわり厳禁ラベル。リリース意図に反して意外にカウンターやバックバーに置きやすかったという声も。。。中身のモートラックはフルーティーで飲みやすく、完成度の高い1本。)

そうした流れをウイスキー業界も取り入れるべきかというと、一見ウイスキーと無関係なタイアップに頼らなければリリースを差別化出来ない現状に対する、複雑な心境を持つ方もいらっしゃるとは思います。
ただこの手のボトルは中身が残念だとラベルに頼った分蔑まれる結果にもなるため、実は諸刃之剣です。サンプル選定は厳しく行っているとの話で、今回のボトルも前作に引き続き悪いものではありません。

テイスティングの際、ウイスキー仲間に勝手に注文されており、グラスの中身を知らないブラインド状態でノージングしたのですが、「これロセスでしょ?」と言える程に、近年のオフィシャル系統のキャラクターが感じられたのが印象的。原酒の出本は"ここ"という噂は聞いていますが、それでホグスヘッドとの組み合わせであればもっと露骨にリキュールのような甘さや華やかさがあってもいい中で、第一印象はハウススタイルが強く感じられたわけです。
ただ開封直後もあって、多少の固さも感じられており、これが今後開いてくると上記のフレーバーが主張してくるかもしれません。

なお、今回のエルフさんラベル。イメージは「朝」。
そして既にスウィートギャラリーシリーズ第三弾発売が予定されているそうで、次回作のラベルイメージは「夜」。結構すごいとも聞いています。
すごい。。。ってなにがどういうことなの?という疑問はさておき、中身も朝と夜なら、次はシェリー系濃いめ、とかでしょうか。
見たいような見たくないような、次回に続くとして今日はこの辺りで。

このページのトップヘ

見出し画像
×