タグ

タグ:ボトラーズ

グレンギリー 17年 1998-2016 アデルフィー 55.7%

カテゴリ:
IMG_3349
GLEN GARIOCH
ADELPHI Selection
Distilled 1998
Bottled 2016 
Cask type Sherry
1 of only 152 bolltes
700ml 55.7%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:こってりと甘く、黒蜜やかりんとうを思わせる香り立ち。スワリングするとベリー系の甘酸っぱさ、干しぶどう、奥にはサルファリーな要素が潜んでいるが、時間経過で抜けていき、アーモンドチョコレートを思わせるアロマが開いてくる。

味:香り同様甘くリッチな口当たり、アタックが強く、黒蜜、干しぶどう、ドライクランベリー、フルーティーさの奥にキャラメルナッツのほろ苦さ。
余韻はほのかに椎茸っぽさを伴うリッチな甘みから、徐々にカカオ、サルファリーなニュアンス。スパイシーでハイトーンで長く続く。

赤みがかった濃い色合い。硫黄を内包しているが、開封後の伸び代は大きい。グラスに注いでからしばらくすると甘みが開き、葡萄感やベリージャムを思わせる、古き良きシェリー樽熟成原酒にあるニュアンスが底上げされる。加水は硫黄が強くなり向かない。


昨年国内に少量入荷し、ひっそりと販売されひっそりと売り切れていったアデルフィーのグレンギリー1998。樽はボトリング本数や香味の構成から1st fill シェリーホグスと推察。価格帯も近年の相場で考えると、90年代後半の濃厚シェリーで1万円代前半は標準域(やや良心的)ですが、話題にならなかったのはやっぱりグレンギリーのイメージでしょうか。
これが同じ東ハイランドでマクダフやロッホナガーとかだったら、もっと話題になっていたのかもしれません。

アデルフィーでシェリー系の90年代グレンギリーは、1993などピーテッド時代のものもいくつかリリースされているところ。
このボトルはその中でも特にシェリー感が濃く、最近増えたスパニッシュシェリーの香木系とは異なるベリー感、時間経過で開いてくる香味が魅力。家で開かせながらじっくり飲みたいと、仲間づてで探して貰って1本手に入れました。

(2月初頭、BARキャパドニックでお勧め頂きテイスティング。この時点で開封後3ヶ月程度。将来性を感じる開き具合だった。)

自宅で開封してみると予想していた以上に硫黄が強く、しかし時間経過で求めているフルーティーさも感じられたので、酒棚でしばらく放置プレイ。
1ヶ月ほど経過し、先日様子を見ると硫黄が引っ込んで果実味が開く、良い方向の変化が見られたのでコメントを記録しておきます。
こういうシェリー感に酒質の強い原酒が合わさって変化していくと、今は無きオールドシェリーの一種に仕上がるのでは。。。これから先、それこそ今年の秋くらいが今から楽しみです。

ウイスキーはワインと違いボトリング後熟成しないというのはよく言われる事ですが、それはウイスキーとワインの熟成の定義の違いに過ぎず、瓶内変化が無いという事ではありません。
オールドボトルも飲み、現行品も飲みと経験を積んでいくと、これはどう頑張っても良いオールドにはならないだろうというボトルもある反面、これだったら変化後「化ける」かもしれないと感じる基準がなんとなく自分の中で出来てきます。
店よってはそうして狙って育てたボトルをサーブしてくれるBARなどもありますが、1本所有して変化を見ながら楽しむのも家飲みの良さですね。

グレンギリー 22年 1993-2016 ディスティラリーコレクション 56.2%

カテゴリ:
IMG_3531
GLENGARIOCH
Distilleries Collection
Aged 22 years
Distilled 1993
Bottled 2016
700ml 56.2%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:個人宅
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:オーキーでツンとした刺激を伴う香り立ち。パイナップルや林檎のドライフルーツ、ジンジャーシロップのニュアンスに、ほのかに焦がしたようなスモーキーさも感じる。

味:とろりとした粘性のあるスパイシーな口当たりから、近年系トロピカル、オーキーなフルーティーさが強く開く。パイナップルや煮た林檎、香り同様の構成だが想定するより強く感じる。
余韻はややドライ、蜂蜜レモンの甘みとほのかにシナモン、乾いたウッディネスが長く残る。

バーボンオーク由来と思われるフルーティーさが色濃く出ている。ピートはそれほど感じない。開封直後は荒削り気味だが、樽の良さと相まって、いかにも近年のギリーという感じである。


最近リリースが増えた印象のある、1990年代以降のグレンギリー。
この時期のグレンギリーは、酒質の変化が大きい時期でもあり、パフューミーな1980年代から、オイリーで酸味を伴う癖があり、ピーティーな1990年代前半、1995年から1997年の休止後はノンピートで徐々にキレの良い酒質に・・・といった具合に、様々なキャラクターを楽しむことができます。
グレンギリーが最も評価されているビンテージは1970年代前半という印象はありますが、個性を楽しむという点では近年蒸留も捨てたものじゃなく、非常に魅力ある蒸留所です。

(グレンギリー蒸留所の再留器。同蒸留所は初留25000リットルに対し、再留11000リットルと2倍以上の差がある。Photo by T.Ishihara)

なかでも1993年から1995年のグレンギリーは、パフューム時代名残とも言える癖が抜けてきて、樽由来のフレーバーのノリと、スモーキーフレーバーのバランスが取れている。勿論樽さえ良ければですが、1990年代グレンギリーの中で最も美味しい時期だと感じます。 

今回テイスティングしたグレンギリー1993は昨年のウイスキーフェスでテイスティングし、なかなか良いと感じていたボトルの一つ。
改めて飲んでも樽由来のフルーティーさが非常にはっきりとあり、開封直後はもちろん、しばらく時間を置けばややギスギスしたニュアンスもこなれ、さらに美味しくいただけるのではないかと思います。
また、ラベルもいい感じですね。このディスティラリーコレクションは総じてラベルのセンスが良いなと感じており、今回の雄鹿のイラストも、ギリーのエンブレムとマッチして雰囲気が出ています。

ポートエレン 32年 1982 モルツオブスコットランド ダイヤモンド 57.9%

カテゴリ:
PORTELLEN
MALTS OF SCOTLAND
Aged 32 Years
Distilled 1982
Bottled 2014
Cask type Bourbon Hogshead
700ml 57.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅(マッスルKさん)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:スパイシーでピーティー、バタークッキーを思わせる甘み、奥には麦芽香。徐々にグレープフルーツ、林檎を思わせるエステリーなフルーティーさもあり、時間経過で強く感じられた。

味:オイリーでピーティーな口当たり。序盤は乾いた麦芽風味やナッツ、昆布出汁、磯っぽさ、出汁をとったスープのようなクリアなニュアンスから、後半は蜂蜜やエステリーさが香り同様に盛り上がるように広がる。
余韻はスパイシーでキレが良く、乾いたウッディネスやスモーキーフレーバーを伴う。

やや荒削り感はあるが、バーボンホグス樽由来のフルーティーさに、クリアで出汁っぽさと1980年代のポートエレンらしい強いピートフレーバー。シングルカスクだからこそのはっきりとした樽感と強い個性を楽しめる、ボトラーズに求めているような1本。


ドイツのボトラーズ。モルトオブスコットランド(MOS)のハイグレードモデルである、ダイヤモンドシリーズ。最近はアメージンングカスクやエンジェルシリーズなど、新しいハイエンドクラスが展開されていますが、調べてみると海外では2016年にポートエレン等がリリースされていた模様。
MOS全体としてはこれまでも様々なリリースがあったところですが、自分の中では多くは安定しているが、たまに「ドイツらしい」妙なリリースがあるというイメージです。

その筆頭がダイヤモンドシリーズでリリースされた、グレンゴイン1972でした。ウイスキーエクスチェンジなどドイツ系のボトラーズは「不自然にフルーティー」だったり、リキュール系のフレーバーがあるようなウイスキーをリリースすることがあり、グレンゴイン1972も海外評価は高かったものの、ブラインドで飲んだ時はコニャックなんだかよくわからないようなシロモノで、びっくりしたのを覚えています。

そのため、このポートエレンをウイスキー仲間のマッスルKさんから勧められた時は、思わず警戒してしまったところ。しかし飲んでみるとこれが中々。テイスティングの通り、1980年代のポートエレンらしい強いピートフレーバーがあり、樽でやや強引にバランスをとったような印象はありつつも、開封後の変化で良い具合にまとまり、麦芽風味も開いています。
この辺りのビンテージのポートエレンは近年もたまにリリースがありますが、過去のボトルから総じてアタックが強い印象があり、長期熟成や瓶熟(但し加水を除く)に向いているのかもしれません。

(1983年の閉鎖以降、精麦工場として稼働しているポートエレン。敷地内のウェアハウスはラガヴーリンなどの熟成に使われている。蒸留所として稼働はしていないが、立ち上る煙に哀愁が
漂う。。。Photo by T.Ishihara)

ポートエレン蒸留所はウイスキー業界の不況の中で、需要と供給のバランスを取るために閉鎖された背景があります。
現ディアジオ社(当時のDCL)はカリラかポートエレンかで天秤にかけたそうですが、ジョニーウォーカーなどの主軸だったカリラを生かすのは、確かに納得の処置でもあります。

ではその味わいはというと、決して悪くない、むしろ良いボトルが多いです。個人的に今すぐ飲んでバランスが取れているのは1970年代後半あたりで、キレの良い口当たりにピート、そして塩気、ボトルによってはスペイサイドのような柔らかい麦感もあり、単に閉鎖蒸留所としてだけでなく、人気があるのも頷けます。
他方、このMOSのリリースは当時国内流通価格で10万円を越えており、モノを見たときは「とんでも無いことになってるな〜」と感じたわけですが、今にして見ればポートエレンで10万円越えはザラ。
ますます高嶺の花となってしまい、飲めるうちに飲んでおかなければならない酒になってしまいました。

貴重なボトルをありがとうございました!

グレングラント 1964 ロンバートコレクション ゴルフシリーズ No,39 46%

カテゴリ:
GLENGRANT
The Lombard Collection No,39
Distilled 1964
(Bottled 1989)
(Aged 25 Years)
Cask No,23_30
750ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3年程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:濃い甘みを感じる香り立ち。少し絵の具っぽさがあるが、枝付きレーズンとチョコレート、時間経過でほのかに黒土っぽさと濃く入れた紅茶を思わせるウッディーな渋みもあり、非常にリッチ。

味:甘酸っぱくリッチな口当たり。レーズン、黒蜜、熟したプラムのようなフルーティーさも感じられる。ボディはミディアム、ふくよかで甘いアロマが鼻腔に届く。
余韻にかけては軽くスパイシーでアーシー。ビターチョコレートを思わせる苦味が染み込むように残り、長く続く。

シェリーの系統はGM系。色は非常に濃く、その通り濃厚な味わいだが、加水が効いて際どいところでバランスが整っている。複数樽バッティングであることも憎い仕様、是非ストレートで楽しみたい。

ジュエルオブスコットランドなどでおなじみ、ロンバート社がかつてリリースしていた通称ゴルフ、こと"ゴルフ界の偉人ラベル"。
このシリーズ最大の特徴はソサイエティのように蒸留所の記載がなく、独自のナンバリングによって整理されているところにあります。(蒸留所の分類はボトルに付属する小地図に記載されています。)

ただ、全蒸留所をリリースにするほど原酒が確保できなかったのか、あるいは加水バッティングで量は発売されたものの、人気が出ずに捌き切れなかったのか・・・このゴルフシリーズとしてはスプリングバンク、トマーティン、グレングラントなど10蒸留所に満たない少数をリリースし、あとはナンバリングすらないシングルモルトの12年ものなどに止まって終売となってしまったようです。

このボトル、社会人になってウイスキーの道に本格的に入ったころ、通っていたBARの1件で「この辺飲んでおいたほうがいいですよ」と勧められてテイスティング、わけもわからず美味いと感じたのが最初。
その後、今から4年ほど前、どこから出土したのかオークションに12本セットが大量に出品され、仲間と共同で購入して自宅で開封したのが2度目。
妻もお気に入りでちびちび飲んでいましたが、そのボトルがこの度、天に還って行きました。最後は残ったのを全部注いだら、入れすぎちゃいました(笑)。

熟成年数やボトリング年数がボトルに記載されていませんが、同じボトルで「特級表記」のあるものがあり、とすると、1989年前後のボトリングと推察、熟成年数は25年程度のようです。
1964蒸留で1989年詰のボトルなど、今の市場状況では極めてレア。プレミア価格でなら現在も購入することはできるようですが、出来ることなら4年前の自分に「ボーナス払いにしてでもケースで買っておけ」と声を大にして言いたいです。

キャパドニック 41年 1969-2011 ダンカンテイラー 40.3%

カテゴリ:
CAPERDONICH
DUNCAN TAYLOR
Rarest of the Rare
Distilled 1969
Bottled 2011
700ml 40.3%

グラス:木村硝子テイスティング グラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:不明
評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:華やかでオーキーな香り立ち。りんごのコンポートやピーチ、微かに青っぽさ、ハーブ。バニラの甘みと徐々に広がる香ばしいニュアンスがクレープを思わせる。まるで洋菓子のようなアロマが充実しているだけでなく、加水するとより華やかで、微かにオーク由来のナッティーさ、熟したバナナのような甘い香りが開いてくる。

味:ドライで華やかな口当たり、林檎系の果実風味、奥には乾いた牧草のような植物感。じわじわとスパイシーな刺激が舌を刺激する。余韻はウッディーでドライ、喉の奥からスパイシーな刺激が戻ってきて長く残る。
加水すると刺激が収まりウッディーなニュアンスとのバランスも改善するが、少し水っぽくもなる。 

華やかでエッジの鋭い、いかにも度数落ち長期熟成原酒というライトな香味だが、香りの奥行きとボディにコクがあり、繊細だが飲みごたえがあるという相反する要素がこのボトルの完成度を一段高めている。ストレートで楽しみたい。


グレングラントの第二蒸留所であり、シーバスリーガルの構成原酒でもあったキャパドニック。
同蒸留所は1898年に創業後、紆余曲折の末半世紀にわたる操業停止を経て1965年に再稼働、1967年には拡張工事が行われたとのことで、今回の原酒は拡張後に蒸留されたものに。。。
などと歴史的な経緯を説明しても味わいにはなんら関係づけられないのですが、キャパドニックはその後1977年にシーバスリーガルの傘下へ入り、2002年に操業休止、2010年には蒸留棟も取り壊されてしまいました。

(というキャパドニック蒸留所の歴史の概要が、ボトルの裏にひっそりと書かれています。)

ダンカンテイラーのレアレストオブザレアは、そうした閉鎖蒸留所の原酒を集めてボトリングしていた、今は亡きブランド。シングルカスクでのリリース以外に、閉鎖蒸留所の原酒だけで作ったブレンデッドなどもリリースされていました。
なんというか、いかにも世界的なウイスキーブームが起こる前、2010年頃らしいリリースでもあります。

今回のボトルは、そんなダンカンテイラーの代名詞と言えるフルーティーフレーバーが全開なわけですが、それがキャパドニックらしい部分を後押ししており、ボトルとしての完成度は比較的高いと思います。
同銘柄はブレンド向けのモルトであり、オフィシャルボトルはほとんどリリースされていないので、ハウススタイルと言われると中々難しいものの、ボトラーズリリースから感じる傾向としてはスペイサイドらしい華やかさと、そこにフルーティーさがしっかりと発散してくる。個性という点では中庸で、繊細でありながらスパイシーで飲みごたえがある。ブレンドには使いやすかったのではないかと感じられます。

そんな優良原酒がなぜ閉鎖したのかと言えば、冬の時代の煽りか、設備老朽化か、あるいはシーバス社が保有する同系統の原酒の重複でしょうか。
それこそシーバスリーガル25年などの長熟ブレンドを飲むと、ストラスアイラ、グレンキース、キャパドニック。。。などの銘柄に共通するモルティーな華やかさがはっきりとあり、原酒の存在を感じることが出来ます。

このページのトップヘ

見出し画像
×