タグ

タグ:ボトラーズ

ブナハーブン 14年 2003-2017 モルトヤマ5周年記念 富嶽三十六景 57%

カテゴリ:
IMG_7294
BUNNAHABHAIN
ABEYHILL (KINGSBURY)
Aged 14 years
Distilled 2003
Bottled 2017
Bottled for Maltyama 5th Anniversary
Matured in a Sherry Butt
700ml 57%

グラス: スピリッツスニフター
場所:BAR飲み@Nadurra
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ウッディで濃い甘み、ミルクチョコレート、プルーン、微かにスパイシー。徐々にカカオの苦味。スワリングすると熟成紹興酒のような古酒系の酸味を伴う。

味:しっかりと樽由来の粘性のある口当たりからマイルドなシロップの甘み、プルーン、ココア、黒砂糖、少し湿ったようなウッディさ。余韻はドライで心地よいタンニン、少し舌に刺激が残るが、それが全体の濃厚さを打ち消すバランスの良さに繋がる長いフィニッシュ。

良好なシーズニングシェリー感でキャッチーな味わい。香木系ではないがクリーミーさに近い濃い甘みとコクで、安心感がある。加水するとやや荒さはあるが少し前のマッカラン12年を思わせるウッディネス、黒糖系の甘みやナッツの香味が広がる。選定者の狙いが伝わる1本。


富山のウイスキーショップ、モルトヤマが開業5周年を記念してボトリングした1本。
「5周年だから5本出す!」と聞いた時は、幾ら何でもそれは・・・と耳を疑いましたが、思えばモルトヤマ店長こと腐梨こと腹パンチョンことヒトリモーンこと・・・年々どこぞの将軍様みたいに肩書きが増えていく下野君が「ウイスキー酒販に、俺はなる!」と言い出した5年前も、「幾ら何でもそれは・・・」と思っていた一人が自分です。

しかし有言実行、この5年間様々な障害はあったと思いますが、それらを実現してきた彼の行動力であれば、今回のリリースのみならず、後の企画も必ず形にしていくことでしょう。
いやもう素直に脱帽、ここまでくるとは思ってませんでした。5周年、おめでとうございます!

シングルモルト通販 モルトヤマ

さて、ボトリングした人の紹介はこれくらいにして中身の話。今回のリリースは最近流行りの濃厚なシェリー系。熟成年数相応の熟成感ですが、濃さで荒さがカバーされて、わかりやすい味わいに仕上がっています。近年高騰気味の濃厚シェリーにあって、価格的に手を出しやすい範囲な点も嬉しい。
ただ、この濃厚さはともすれば、単調で飲み疲れがちないつものボトラーズカスクではあるものの、加水すると家飲みにマッチしたゆるいシェリー系の味わいまでカバーするのもポイント。
後は葉巻と合わせてゆったりと楽しみたいです。

なお、第一弾のブナハーブンに続いて、第2弾の記念ボトルも早々に売り切れたモルトヤマ5周年記念シリーズ。第3弾については近日公開予定とのこと、店主曰くヒントは「G」から始まる。。。後は後日!ってあんまヒントになってないゾw
でも楽しみにしてますよ!!

自身がボトリングしたボトルをテイスティングする下野氏。満足げな笑みである。
ぶっちゃけ羨ましい。自分でカスクチョイスしてボトリングするとか、ウイスキー好きの夢見たいなもんですから。
BARで注文する時は、「あの有名なモルトヤマ(パンチョン)のウイスキーを頼む」でオーダーしてみましょう!

ボウモア 1993-2003 ゴールデンカスク 65.5%

カテゴリ:
BOWMORE
The Gordon Cask
Distilled 1993
Bottled 2003
Bottle No,1 of 282
Cask #50056
700ml 65.5%

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封直後
場所:萌木の村
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:フレッシュで強い香り立ち。潮気とレモン、魚介っぽいアクセントに香ばしいピート香が合わさって、白身魚のポワレのよう。奥から乾いた木材、ハイトーンで軽いアクのようなニュアンス。時間経過でグレープフルーツやシトラス、柑橘を思わせる香味がさらに開く。

味:フレッシュな口当たりから、じわじわとコクのあるオイリーな甘み。グレープフルーツ、乾いた麦芽、時間経過でバニラやドライマンゴー。灰っぽいピーティーさを伴う。
余韻はスモーキーでグレープフルーツのワタを思わせるほろ苦さ、フレッシュで長く続く。

度数の高さゆえアタックも相応に強いが、ボウモアらしい柑橘系のフルーティーさとピートフレーバー、何より樽のくどさのないフレッシュなバランスが印象的。若さがポジティブに働いたが故の仕上がりと言える。ただし加水するとボディが薄くなり、アンバランスになってしまう。これも若さか。。。


萌木の村にて「飲みたいボトルは全部開封するから」という舩木さんの漢気により、開封直後をテイスティングさせて貰った、1993年蒸留の短熟ボウモア(しかもボトルNo,1!)。
同程度の熟成には"前田の9年"もありますが、あれは加水でしたので、シングルカスク&ハイプルーフ仕様のフレーバーのインパクトは得難いものがあります。
65%という度数の高さとボウモアの酒質がもたらす、フレッシュでコクのある味わい。ネガティブな要素少なく、樽使いも合わせて短熟の良さを認識出来る1本です。

ここでちょっと昔話。今では"当たり年"と言われるこのビンテージですが、今回のボトルのリリース当時は、特別なPRやビックビンテージなる売り込みもありませんでした。
というか同じ時期では、キングスバリーが1993年のボウモアとカリラをバッティングしてリリースしていたくらいで、今では考えられない人気のなさ(笑)。
まあ2000年代初頭はウイスキー人気も下火でしたし、ボウモアに至っては70〜80年代蒸留のパフューム系原酒が主体だったので、それも仕方ないのかもしれません。(その手の愛好家の方には否定的な書き振りで、申し訳ありません。)

そんな中でリリースされた、脱パフュームでビンテージ入りのボトルがこれ。
今より情報拡散が緩やかな時代。愛好家の間で「1993年のボウモアは化粧香が消えて美味しいらしいぞ」という評判がじわじわ広まり、今後どう変化するかわからないボウモアのハウススタイルもあって、"当たり年"という表現が使われていきました。
またこの2年後、whisky funのサージ氏が、BBRがリリースした姉妹樽1993-2005(#500061)を絶賛したことも流れを決定づけましたが、爆発的に有名になったのは2009年のキャンベルタウンロッホ周年記念や、2010年のパーフェクトドラム。そこから各インポーターを通じた当たり年リリースが、近いビンテージを巻き込んで急増していったわけです。

(ボウモア蒸留所の黄昏時。リリースの続いた当たり年は消え去り、この1〜2年は1990年代の原酒すら珍しい。今後同蒸留所のボトラーズリリースは益々貴重になっていくと言われている。Photo by K67)

以上の経緯から、ボウモアは1993年蒸留だけがある種神格化されつつあります。
しかしリリースを振り返ると、93年は樽使いや酒質が安定していたイメージがある一方で、90年代前半全般に突き抜けたボトルの存在と、同様の良さがあることも実績としてあり、決してグッドビンテージは93年だけではありません。

アイラモルト90年代の良さは、先日記事にしたラガヴーリン12年でも触れた話。理由は定かではありませんが、ラフロイグやカリラなどは80年代も良い出来でしたし、ボウモアに関してもパフュームでマスクされて分かりづらかっただけで、本来はアイラとしてこの時期までが良い時期で、その後麦芽品種や樽使いの変更などで変わっていってしまったのかもしれません。
何れにせよ、今飲むと考えることが多く、魅力の多い蒸留所です。

ストラスアイラ 1949-1996? GM 蒸留所ラベル 40%

カテゴリ:
STRATHISLA
Gordon & Macphail
Distilled 1949
Bottled 1996?
(Metal Screw Cap)
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:持ち寄り会@KuMC
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:存在感のあるピート香、腐葉土、古酒感、焦がしたカルメ焼きやチョコレートマカロンの苦味のある甘さ、奥にはおしろい系の麦芽香も感じられて多層的。芳醇で妖艶さに通じる要素をそなえている。

味:マイルドな飲み口、ややドライな舌触りだが、合わせてコクも感じる。キャラメリゼ、オレンジピールチョコレート、おしろい系の麦芽風味。後半はどっしりと強いピートフレーバーで、燻したアーモンドや香り同様土っぽいアロマが鼻腔に届く。
余韻はスモーキーで微かに焦げたようなピートフレーバー、スイートな麦芽風味を伴って長く続く。

熟成による古酒感、どっしりと存在感のある内陸系ピートと麦芽風味の組み合わせ。熟成期間にしては過熟感はなく、樽はリフィルのアメリカンオークシェリーバットあたりと推察。
ややピートの主張が強い印象を受けるが、少量加水すると香味の良い部分が伸び、奥からトロピカルフレーバー、妖艶な香りが引き立つ。


何種類かリリースが確認されている、GM蒸留所ラベル・ストラスアイラの1949年。今回のボトルはメタルスクリューキャップ仕様で、1980年代から1990年代流通のロットと推測。1980年代のものはラベルの1949表記がもう少しずんぐりしているため、おそらく1990年代でリリースが確認できる1996年ボトリング、46〜47年熟成原酒のシングルモルトと考えられます。

今回のストラスアイラで特筆すべき点は、強く存在感のあるピートフレーバーです。
当時のスペイサイドを含むハイランド地域の蒸留所は、今以上にピートを使っているところが多くありました。しかしその時代背景に加え、50年弱の熟成と加水による度数調整を経てなおこれだけ強いのですから、かなりピートを使っていたのではないかと考えられます。

それはこれまで何度か飲んだ1950年代蒸留のストラスアイラに感じたどれよりも際立っており、先日記事にしたコニッサーズチョイスのストラスアイラ1937同様、この時代の同蒸留所は何か違うのではないかと感じる要素でもあります。
歴史を紐解くと、ストラスアイラはかつてMilltown(ミルタウン)という蒸留所名で、違うオーナーの元操業していましたが1949年に破産。買収を経て、1951年にシーバスブラザーズ社傘下でストラスアイラとして操業しています。
つまり、このボトルは前オーナー時代最後の年の原酒。アメリカに販路を広げていたシーバス社において、仕込みの傾向が変わっていたとしてもおかしくありません。

(記録上は、決して操業等が不安定だったわけではないミルタウン蒸留所。海外サイトにまとめられた情報では、蒸留所オーナーは脱税が原因で破産したという。。。Photo by K67)

さて、近年流通するピーティーなウイスキーは、ピートが「俺が俺が」と強く鋭く自己主張するものが多く見られます。
一方、今回のボトルのような長期熟成の原酒や、オールドボトルなどにあるピートフレーバーは、鋭いタイプではなく、どっしりとして図太い。
ドラマなどに例えると、前者が声高に絡んでくるチンピラ的なキャラクターに対し、後者は吼えることはなく、ワンテンポ置いて威圧感を持って登場するボス的なキャラクターという違いがあります。

なぜこの違いが生まれるのか。ピートを構成する成分の違いもあるかと思いますが、おそらくは熟成や経年変化によって、尖っている部分が削られた結果、土台の部分のどっしりとしたところだけが残るのではないかと推測しています。
か細いピートフレーバーのものは途中でピートそのものが感じられなくなってしまいますが、最初から強いものは土台の"存在感のあるフレーバー"が残る。そしてそれが、シェリー樽などの甘く芳醇な香味と合わさることで、えも言われぬ陶酔感を構成していくのです。

今回のボトルは、このピートフレーバーに加え、樽感がとても50年弱熟成とは思えない自然さ。過度なシェリー感、タンニンや樽由来の苦味がなくまとまっているのも特徴的。うーん、流石1990年代のGM、恐ろしい樽を持ってますね。
果実味豊富というタイプではなく、洋菓子のようなタイプではありますが、上記陶酔感のに通じる要素があり、ボディもしっかりと厚い。水数的少量加水して調整すると見事に花開く時間の贈り物。
充実した1杯を堪能させてもらいました。     

ストラスアイラ 35年 1937-1973 GM コニッサーズチョイス 43%

カテゴリ:
STRATHISLA
Gordon & Macphail
Connoisseur's Choice
Over 35 years old
Distilled 1937
Bottled 1972-1973
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:KUMC
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★★(9)

香り:ウェアハウスを思わせる古く落ち着いた香り立ち、キャラメルナッツ、熟したオレンジ、燻した麦芽から土っぽいピート香、存在感のあるスモーキーさ。ほのかに貴醸酒のような古酒感や、陶酔感を感じる。グラスの残り香も素晴らしい。

味:まろやかでコクがあり、どっしりとした麦芽風味主体の口当たり。サルタナレーズン、林檎のカラメル煮。後半にかけてじわじわとピーティーでスモーキーなフレーバーが開き、鼻腔にも抜けていく。
余韻はカラメルソースやローストした麦芽風味、染み込むようなほろ苦さが長く続く。

ピートと麦芽風味の素晴らしい一体感。そこにリフィル系の枯れたオールドシェリー樽のアクセント。アルコールも立っており、状態は素晴らしい。少量加水するとスモーキーさが穏やかになる一方、陶酔感あるシェリー香、麦芽香が主体的になり、うっとりとするようなアロマが広がる。ただし味は水っぽさが強くなり、加減が難しい。


エドワード&エドワード表記、ジャッコーネ向けのコニッサーズチョイス。これはもう時代と経年がもたらした贈り物と言える、オールドモルトの良さが結実したようなボトルです。
懐古厨と言われようと、ラベル酔いと言われようと、良いものは良い。やはりスコッチモルトは麦とピートの酒なのだという、そのものの本質と、格の違いを感じさせられてしまう1本でした。

ストラスアイラは1950年にシーバスリーガル社の傘下となり、現在はペルノリカールグループにおける文字通り"キーモルト"を提供する、主要蒸留所であり続けています。
今回はその買収遥か前、当然設備や製法なども旧式だったと思われる時代の作。1940年代、30年代のモルトは平均して語れるほど多くの蒸留所を飲めていませんが、これまで飲んだモノに共通してあるのは分厚い麦感、そして内陸とは思えないほど存在感のあるピートの層。
おそらくボトリング当初はもっと強い主調があったものの、経年によってまとまった香味の形が、この時代のウイスキーを飲む醍醐味だと感じています。

また、コニッサーズチョイスは単一ビンテージで複数樽バッティングがあるのもポイント。バッティングによる香味の複雑さと安定化、今の原酒はそうでもしないとってのはありますが、香味の強いこの時代でそれをやってたらもう反則ですよ。
それをオフィシャルではなくボトラーズ1社が定常的にリリースしている点が、GM社が様々な蒸留所の準オフィシャルとして機能する、圧倒的な原酒保有量を垣間見る要素とも言えます。
いやはや、本当にスケールが違うメーカーです。

(今回のヤッテヤッタデス事例。主犯は自分では無いが、結局一口便乗したので同罪か。美味い、美味いがこれじゃなくても。。。あまりの罪深さに手が震えて、写真のピント合わせもままならない(笑))

なお、GM社は今年から既存ラインナップの全面的な見直し、リニューアルを始めています。
この動きは、GM社の100年を越える歴史の中で初めてのこと。近年のGM社は物凄い勢いでラインナップを拡充してきましたので、差別化がわかりにくいものや、継続しているのかもわからないシリーズもちらほら。ここで一気に整理して、選択と集中を行うのもアリだと思う一方、こういうのは大概値上げとセットになりがちですから消費者としては一抹の不安が。。。(JISさんの発表ではディスカバリーなるシリーズも誕生するようですし。)

既にリニューアルが発表されたのが、今回の記事でもあるコニッサーズチョイス。1968年にリリースが開始され、今年で半世紀、節目の年のリニューアル。
ラインナップにおける基本的な方針はこれまでと変わらずですが、カスクストレングスとウッドフィニッシュが正式の加わる模様。ラベル下部の色でラインナップを分けており、ゴールド:従来通り46%加水、シングルカスク並びにスモールバッチ含む。グレー:カスクストレングス。レッド:カスクフィニッシュタイプ。と整理されるようです。

気になる店頭価格は70ドルから500ドルの間くらいとのことですが、日本だと諸々込みで1万円弱くらい〜でしょうか。
後はどんな中身で来るか、続報を待ちたいです。

ストラスアイラ 21年 セスタンテ マイナルディコレクション 1980年代流通 40%

カテゴリ:
STRATHISLA
SESTANTE
Mainardi import collection 
Years 21 old
Matured in Sherry Wood
1980's
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:KuMC@Oさん
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

味:クリアな麦芽香、薄めた蜂蜜、かすかにえぐみを伴うリフィル系の樽香。ハイトーンで若さを感じるようなスパイシーさ。

味:スムーズでクリア、ピリッとした刺激を伴う口当たり。王林系の柔らかい酸味とさらさらとした果実味、麦芽風味と微かな土っぽさ。コクと粘性のあるボディ。
余韻はハイトーンで軽い香ばしさ、ドライで染み込むように消えていく。

度数以上の酒質の強さを感じる味わい。シェリーウッド表記だが樽は3回目くらいのリフィシェリーバットか、酒質由来の風味が主体、クリアな熟成感である。
加水するとスウィートでスムーズ、飲みやすくはあるがやや軽さが目立つ。


今は無きイタリアのボトラーズメーカーにしてインポーターであった、セスタンテ。
今尚高い評価を受ける名品の数々をリリースしてきた実績から、一部では伝説とも称されるメーカー。そのボトルというだけで期待が高まってしまう愛好家は少なくないと思います。

今回のボトルは樽の出元はGMで、セスタンテからMainardi(マイナルディ) import 社が展開。
このマイナルディ社は、おそらくセスタンテの設立者であるErnesto Mainardi氏に縁がある企業であり、Mainardi Import Collectionとして、1年ごとの年数違いでミルバーン、ストラスアイラ、モートラック、グレンバーギー、クライヌリッシュ、リンクウッドがリリースされたようです。
他にもあるかもしれませんが、海外オークションサイトにて以下の出品を見つけましたので、写真を引用させていただきます。

Mainardi Import Collection 1980's Sestante GM (画像引用:

ラベルの雰囲気もさることながら、創始者の名を冠するコレクションシリーズの1本とくれば、どんなものを詰めたのか気にならないわけがありません。
このストラスアイラは、先日の京都ウイスキーパーティーのサテライトBARのメニューの一つに、持ち主であるOさんが提供していましたので、自分と同じ衝動で飲まれた方もいらっしゃるのでは(笑)。

一連のシリーズは1980年代後半のボトリングで、蒸留時期は1960年代中頃から後半。泣く子も黙る黄金時代。樽の出元であるGMでストラスアイラと言えば、60年代蒸留にはシェリー樽のしっかり効いたリリースが多く、同様の構成かと思ったら、今回のボトルはこの時期のストラスアイラにあって珍しい、樽感淡く酒質主体の味わいなのです。

意外なキャラクターに面食らいつつ飲み進めると、奥には香ばしい麦芽風味や、テイスティングの通り40%加水に負けていないかつての原酒らしい酒質の強さが感じられ、これなら強い樽感とのバランスも取れるなと。ただ、21年相当の熟成感かと言われれば、少し首を傾げるところで、当時らしいシェリー系の樽感や厚みのある麦芽風味を期待していたのが本音であったりもします。
一連のコレクションや、その他のリリースとの繋がりを考えさせられる1杯でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×