タグ

タグ:ボトラーズ

スプリングバンク 17年 ファウンダーズリザーブリザーブ ゴールド 46%

カテゴリ:
SPRINGBANK
Founder's Reserve "GOLD"
Aged 17 years
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅(借り物@マッスルK氏)
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでややエッジの立ったツンとした香り。グレープフルーツやレモンピールの黄色い柑橘、シトラスの爽やかさ。蜂蜜、少し灰っぽさを伴うピート香、奥から蝋っぽい麦芽香も出てくる。

味:オイリーでコクのある口当たり。蜂蜜レモン、柑橘と洋梨の甘み、麦芽風味、おしろい。香り同様の構成だが、余韻にかけては塩気と共にツンとドライ、ほろ苦く土っぽさ、ヒリヒリとした刺激を伴う。

バーボン樽由来と思しきフルーティーな香味が強く、ピート香やその他のニュアンスが押されて淡いイメージがあるが、じっくり向き合ってみるとバンクらしさに熟成感があって美味しいボトル。加水すると麦芽風味が引き立つ一方、バランスは崩れがちに。

今更ながら、スプリングバンクファウンダーズリザーブを巡る旅。Presented by Muscle K.
今回は現時点でシリーズ4作のうちのラストとなる、2009年発売の通称ゴールドファウンダーズです。

このボトル、リリース当時あたりに飲んだ記憶では柑橘系のフレーバーが強く、余韻もドライであまりバンクっぽくないと感じていたのですが、今改めてじっくり飲み直してみると、当たり前ですがピート、麦、共にちゃんとバンクしてるじゃないですかという個性的な要素がいくつも感じられます。
自分のテイスティング能力のレベルアップか、あるいはボトリング後の経年で樽感がこなれてきているのかもしれません。

全体の構成の中では特にポイントだと感じたのが熟成感。乳酸系の酸味などの若いニュアンスがなく、飲み口も柔らかい仕上がりで樽由来の要素が豊富。当時のPRでは「今がまさに熟成のピーク」として発売されていましたが、なるほどなと感じる味わいです。
まあこれが同シリーズが復刻を掲げる1960年代のバンクかと言われると、強いて言えば1980年代流通あたりのそれに近いキャラクターという感じですが。。。普通に美味しいバンクと言われればそこまでという感じでも(笑)。

ただ、こういう加水で整った適度なコクのあるボトルは、普段使いに丁度良く、家に一本あるとありがたいです。
ゆるゆるのんびり飲めて良いですね。

オマケ:持ち主をリスペクトして1ショットはこれくらいか(笑)

ラフロイグ 26年 1990-2016 ダグラスレイン XOP 49.2%

カテゴリ:
LAPHROAIG
Douglas Laing's
Xtra Old Patigular
Aged 26 years 
Distilled 1990
Bottled 2016
Cask type Refill sherry hogshead
700ml 49.2%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@リクオル
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:しっかりとした甘みを伴うシェリー香、カカオチョコ、かりんとう、合わせてスモーキーで焦がしたようなピート香。塩素、海藻を思わせる海系の癖が出汁醤油のようにも感じられる。

味:香り同様にとろりとした濃い甘みのある口当たり。キャラメル、プルーン、すぐに焦げたようなピートフレーバー、サルファリーなニュアンスも伴う。
余韻はスモーキーでドライ、ウッディなタンニンと土っぽさ。微かに葉巻の香りが鼻腔に抜ける。

しっかりと甘みのあるシェリー感を感じる1本。若干感じられるサルファリーさも含めラフロイグのキャラクターとして好みを分ける印象だが、ベースは良いので20〜30年後に大化けしているかもしれない期待値がある。ストレートで。


ウイスキー愛好家の間でちょっと話題になった、ダグラスレインのオールドパティキュラーシリーズの上位グレード、XOPラフロイグ26年。リリースから半年ほど遅れ、今更ではありますがテイスティングです。
レーズンなどの果実系というより、シロップのようなとろりと甘いシェリー感があり、そこに焦げたようなピートフレーバー、普通に美味しいボトルだと思います。

自分は濃厚なシェリー系は決して嫌いではないですが、今回のボトルのようにピートフレーバーと硫黄感が混じるボトルは好みから外れていく傾向があり、評価は辛めかもしれません。
ただし、経年でシェリー感がこなれ、硫黄が底支えになるように変化していけば、この手のボトルは化けそうだなとも感じます。
同じシェリー系ラフロイグだと、例えば昨年リリースされたメゾン60周年のマスターピースなんかは開けてすぐ美味しかったという印象ですね。

オフィシャルでしっかりシェリー系のボトルは、極少数ですが過去にもリリースされてきました。
他方、近年のラフロイグはバーボン樽を中心とした構成が多いことや、酒質的にもあまりシェリー感の濃くないリフィルシェリー、あるいはそれを含むバーボン樽とのバッティングなどの方が馴染みやすいということもあって、王道な味わいというよりは変わり種という印象があります。

ラフロイグは18年が終売となり、ボトラーズからも中熟以上のボトルが中々出てこない状況となっています。
そんな中、近日リリース予定のボトルでは、信濃屋のダンカンテイラー・ラフロイグ18年(1998ー2015)が、まさに王道というはっきりとフルーティー&スモーキーなタイプ。美味しいラフロイグというだけでなく、シェリータイプにバーボンタイプ、ボトラーズからリリースの少ないラフロイグに、偶然にも役者が揃ってきました。
今後ますますボトラーズの原酒枯渇が進むと思われる中、様々なキャラクターのラフロイグを飲み比べできるのは当面無い機会かもしれません。BAR等で是非試してみてください。

ヘーゼルバーン 13年 2002-2016 DUTY PAID SAMPLE 55.9%

カテゴリ:
IMG_4827
HAZELBURN
DUTY PAID SAMPLE
Aged 13 years
Distilled 2002
Bottled 2016
Cask type F Conac Butt
700ml 55.9%

グラス:サントリーテイスティング
量:50ml以上
場所:ホテルラウンジ(個人所有ボトル)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6-7)

ヘーゼルバーンはスプリングバンク蒸留所で作られるノンピート麦芽と3回蒸留が特徴、スプリングバンクの兄弟銘柄です。かつては実際に操業している蒸留所でもありましたが、こちらはキャンベルタウンのウイスキー産業衰退を受け1925年に閉鎖。1997年から、スプリングバンクの1銘柄として生産される形で復活しています。
閉鎖されたほうのヘーゼルバーンは、マッサンこと竹鶴政孝が修行した蒸留所の一つとしても有名ですね。

実は個人的にヘーゼルバーンはこれという良い印象は持っておらず、スプリングバンクやロングロウの陰に隠れているようなイメージすらありました。というかその元凶は、かつて販売されたヘーゼルバーンCV(初期のセット販売向け200mlボトル)にパフューム香を感じたり、当時リリースされていた8年のもっさりしたような味わいにピンとこなかったため。 
その後、スプリングバンクやロングロウは飲む機会がある中で、ヘーゼルバーンはほぼないまま時間だけが過ぎていきました。

DSC00300
DSC00302
(スプリングバンク蒸留所のフロアモルティング風景。切り取られた1枚から伝統的な美しさを感じる。同製麦工程の効果について科学的な報告はないが、麦の乾燥が機械式と比べて均一でないことが香味の多様性に繋がるのではと推察。Photo by K67)

そして今回、偶然にもテイスティングの機会が巡ってきたのが、このDuty paid sampleです。
この見慣れないボトルは国内未流通はもちろん、基本的には現地ケイデンヘッドのショップと、スプリングバンク蒸留所(あるいはケイデンヘッド)と繋がりのあるショップで販売されている、まさに愛好家のための1本。
樽を全て払い出すのではなく、一部をボトリングして文字通り"税金支払い済みサンプル"の下に販売している・・・といった感じでしょうか。樽違いで複数種類がリリースされているだけでなく、ヘーゼルバーン以外にもロングロウ、スプリングバンクのリリースもあり、そのマニアックさ故か購入された方曰く、現地のショップには普通に在庫が残っているとのことです。


今回の1本はバーボンやシェリーではなく、フレンチオークのコニャックカスクとは変化球な・・・モノを見た瞬間から出来栄え以上に、どのような個性が感じられるかが楽しみでもありました。

麦芽系の素朴な香り立ち、干し草、微かにライチや洋梨のような果実香が混じる。3回蒸留だからローランドモルト的な個性というほど、エッジの鋭い飲み口や、ライトな味わいというワケではなく、スプリングバンクに共通する蝋っぽさを伴う麦の旨み、柔らかいコクとほのかな酸味があるしっかりとした造りのモルトです。
ともすればギスギスした味わいに感じられるような舌当たりや、コニャックカスク由来の酸味やウッディーさの強い樽感もなく、しみじみ旨い、バランスの良いところに落ち着いています。
この日、写真の分量で2杯も飲んでしまったことから、度数を感じさせない飲みやすさや美味しさは伝わるのではないかと思います。

IMG_4959

余談ですが、こちらは同じDuty paid sampleのロングロウです。
ヘーゼルバーンを飲んだ次の日の夜、偶然にも頂きました。
フレッシュシェリーカスクのホグスヘッド樽で、出汁っぽさのあるシェリー感が出ている一方、ピートや塩素、そして独特の麦感に樽由来のサルファリーさも混じり・・・随分やんちゃでそれぞれの個性がぶつかり合うような味わいでした。 

こうした個性豊かな味わいを楽しめるのも、単一原酒であり単一樽だからこそ。 現地でショップを訪れた方など、機会がありましたら是非このシリーズのボトルを試してみてください。 

スプリングバンク ファウンダーズリザーブ 1st レッド 46%

カテゴリ:
IMG_4573
SPRINGBANK
FOUNDER'S RESERVE
"RED FOUNDER'S"
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス 
量:1ショットらしいです(笑)
時期:不明
場所:自宅&個人宅
評価:★★★★★★(6)

香り:香ばしい麦芽香に加え、金属を思わせるシャープなアタック。ドライオレンジピール、土っぽさ、ブラウンシュガーや硫黄も微かに感じるがバランス良くプラスの要素に繋がっている。

味:緩い口当たりから、香ばしさのある麦芽の甘み、微かに干し草、蜂蜜レモン、少し蝋っぽいニュアンスを伴うコクのある旨味。じわじわと塩気も感じられる。
余韻はほろ苦く、塩気を思わせる辛味に通じる刺激とコクが柔らかく収束する。軽やかな香ばしさも漂う。

独特なニュアンス漂う麦芽風味、コク、そして塩気・・・バンクのキャラクターとして王道的な要素を備えている1本。
熟成感は15年程度で、樽はバーボン樽以外にシェリー樽も若干使われているような特徴が感じられる。
元々緩さはあったが、ボトリング後10年を経て飲み口はだいぶ柔らかい。加水はらしさが薄まるのでストレートで。


1960年代のスプリングバンクのキャラクターを再現したとされる、ロッホデール社のファウンダーズリザーブ。10年以上ウイスキーを飲まれている方々からは、懐かしいと感じるボトルだと思います。
オフィシャルではなくボトラーズ区分ですが、作り手がスプリングバンク創業者の子孫であり、半オフィシャルと言えるボトルでもあります。

以下の写真にあるように、赤、青、黒、金と2000年代前半から1種類ずつ、計4種類がリリースされ、確か赤、青とリリースされた後、黒が発売されるまでは少し時間が空いていました。
2009年にゴールドラベルがリリースされてからは、同シリーズに動きはありません。
(ファウンダーズリザーブ全種。友人であるマッスルK氏宅にて。飲みたいって言ったよな、と注がれた1ショットは。。。)

今では見かけなくなったシリーズですが、自分がウイスキーを本格的に飲み始めた頃はどれも普通に飲むことが出来ましたし、探せば買えました。
そしてこれらの評判はというと、特筆した何かという事でもなく、芳しくない声もあったと記憶しています。

今改めてこれらを飲んでみると決して悪い出来というわけではなく、それは1960年代のスプリングバンクを再現したという自ら上げたハードルの高さも少なからず影響していたと感じられます。
実際、同時期のバンクというと、ローカルバーレイやウエストハイランドなどの伝説的ないくつかのリリースがあり、過去が偉大であるがゆえ、どうしても復刻品にもその片鱗を期待してしまう消費者心理があります。

冷静に考えると、全てのスプリングバンクが伝説的だったわけではなく、70年代〜80年代にかけてのリリースにはロット差もかなりありました。
同じ蒸留所ですから、当たり前と言えば当たり前ですが、一般的なそれらに共通するところは確かにあると感じます。
というか、普通においしいボトルです。
最近オフィシャルが美味しいと言われるバンクですが、合わせてこの辺りのボトルに注目してみても面白いかもしれません。


【以下、雑談】
1週間ほど間があいてしまいました。読者の皆さま、ご無沙汰しております。
この4月頃から大きな仕事を任されていて、ここが勝負の1週間だったこともあり私生活もほぼ仕事に向けていました。
ブログページを開いたのも本当に久しぶりです。
そんな1週間になることがわかっていながら、休日に記事ストックを作ってなかったのも問題ではあるんですけどね
(笑)。

まあその甲斐あってか、なんとか最初の山を越えることは出来ました。自分一人の力ではなく、表で、裏で、部署関係なしに多くの協力があったことに涙が出そうになります(実際トイレで泣きましたが)。
今後どうなるかというと、ブログは自分の趣味であり、ライフスタイルの一部のようなモノですので、勿論書き続けていくわけですが、今の仕事が終わったわけではなく、先には2つほど大きな山が控えているので、また今回のように更新が止まるかもしれません。

仕事と趣味、どちらも大事ですが、やはり仕事あっての趣味ですので。まして自分は一家の大黒柱でもあります。
その時は、「ああ、あいつも頑張ってるんだな」なんて思いながら、皆さまの生活の基盤となる"仕事"のやる気につなげて頂けますと幸いです。

ベンリネス 19年 1997-2016  ハイランダーイン 57.9%

カテゴリ:
BENRINNES
Highlander inn
Aged 19 years 
Distilled 1997
Bottled 2016
700ml 57.9%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(GOSSE)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:オーキーでドライ、爽やかなアロマ。ナッティーで軽やかな香ばしさと、青さの残る干し草、ドライパイナップル。ツンと鼻腔を刺激する鋭さも感じられる。

味:軽やかにスパイシーでドライな口当たり。薄めたハチミツ、林檎、香り同様に青みのあるフレーバー。余韻はオーキーでハイトーン、乾いた木材のニュアンスを伴いあっさりとしている。

青みがかった香味と華やかな樽香が特徴的なボトル。突き抜けないが、若さ、過度な樽感などなく、らしさがうまくまとまっている。加水すると薄さが・・・ストレートで。


スコットランド、クライゲラヒにあるハイランダーインホテルがリリースした1本。ラベルに写る同ホテルに併設されたBAR(パブ)はウイスキー業界の心臓と呼ばれ、言わば聖地的な位置付けにあり、多くの著名人が訪れるのだそうです。(ちなみに同ホテルのオーナーが日本人の皆川達也氏であるのは、改めて紹介するまでもないですね。)

今回のボトルは、個人的にはベンリネスらしい味わいだなと感じています。
ベンリネスは一部原酒を3回蒸留で作っており、軽く、そしてツンとしたエッジの立ったような刺激のある香味が特徴的だという印象。
また、これは樽による部分もあると思いますが、3回蒸留だったり、近代的な設備を採用する内陸系の蒸留所には、青みがかったような香味を感じる事が多く、その点もらしさと感じるところです。

樽由来の香味は近年主流のバーボン系ですがリフィルタイプなのかホグスヘッドなのか、少し控えめな仕上がり。
この手のフレーバーは突き抜けないが安定していて万人ウケする、エースじゃないけど計算出来る選手という位置付け。
さっぱりと華やかなモルトを飲みたい時に、ちょうど良いボトルだと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×