タグ

タグ:ボウモア

ボウモア 12年 2000年代流通 カモメラベル 40%

カテゴリ:
bowmore-12-2000-tasting
BOWMORE
ISLAY Single Malt
Aged 12 years
2000's
700ml 40%

グラス:国際規格テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーで塩気とともに黒砂糖やチョコチップクッキーの甘みを思わせるシェリー感、土っぽさ、薬品香に加え、ほのかにダシ系のニュアンスを感じさせる。

味:マイルドな口当たり。かりんとう、プルーンなどの熟した果実、ベーコンのような塩気と脂っぽさ、そしてピーティーな風味。
ややボディは緩く余韻は湿ったようなウッディさ、鼻腔に抜けるヨードとスモーク、タンニンが蓄積する。

シーズニング系のシェリーのニュアンス、そこにボウモア特有の熟したような果実味が感じられる。加水で少々強引に整えたような酒質部分が緩めの構成ではあるが、これはこれでおいしいモルトである。 


そう言えばこのラベルのボウモアもだいぶご無沙汰だなあと、久々にテイスティング。確かこの時代のラベルは、2006〜7年ごろに現行品に続く肩張りボトルに仕様が変更されたと記憶しています。
香味から察するに、今回のボトルはその間際の流通。原酒は全てサントリー資本が入ってからの1990年代前半の蒸留だったのでしょう。所謂パフュームフレーバーがなく、特有の熟した果実を思わせるフルーティーさが特徴として感じられます。
(サントリーのWEBサイトの記載がなく、www.morrisonbowmore.comのみの表記なのも時代を感じる要素です。)

また、久々に飲んで感じたのが、結構シェリー系のニュアンスが強いということ。原酒はシェリーとバーボン樽の混成だと思いますが、その中でファーストフィルのものがエッセンスとなっているのか、あるいはリフィルシェリーの比率が高いのでしょう。
こってり濃厚シェリーと言うタイプではなくあくまでバランス型ですが、香味の要所要所でシェリー樽原酒由来のアロマ、フレーバーが主張してきます。

(今回のボトルの1世代前にあたる、シルクプリント時代のボウモア12年。この時代のラベルデザインは素晴らしいのだが、フローラルなパフュームフレーバーが好みを大きく左右する問題児であった。)

サントリー傘下でのボウモアのラベルは、
・1990年代のシルクプリント時代
・2000年代中頃までのカモメラベル(丸肩ボトル)
・2000年代後半から2017年のカモメラベル(肩張りボトル)
そして現行品の白壁ラベルへと続いていきますが、スタンダード品のボトルの中で、好ましい要素が揃っていたのは両カモメラベル時代であったと今更ながらに思います。

現行品が必ずしも悪いと言うわけではないですが、紙っぽさや溶剤系の要素が目立っており、ストレートで飲むなら個人的には前時代を推したいところ。
そのカモメラベル(肩張りボトル)は、酒質がやや軽くなった印象こそあるものの、バーボン系の樽感からフルーティーさはわかりやすくなっており、時代時代のリリースで、メーカー側の方針というか、貯蔵していた原酒の方向性がわかるようにも感じます。

ロブロイ 10年 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
robroy-10-years-tasting
ROB ROY
10 years old
Fine Old Deluxe Quality Blended Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライだが素朴な麦芽や穀物香、カルメ焼きを思わせる甘さと香ばしさ、微かにオレンジピール、奥にはスモーキーさがあり、時間経過で開いてくる。

味:香り同様に香ばしさと古典的なモルティーさ。薄めた蜂蜜、鼈甲飴、ポン菓子のような香ばしさ。素朴だがボディのしっかりとした味わい。余韻はビターで少しスパイシー。強く染み込むようなピーティーさ、スモーキーな個性が主張している。

ボウモアというよりグレンギリー系統の構成。香りはそれほどでもないが、味の強いしっかりとした構成で、余韻は特にピートのニュアンスが強く感じられるのが特徴的。ハイボールはすっきりとして、嫌な癖がなく、飲み込んだ後でピーティーさが柔らかく残る。

IMG_9419
IMG_9418

かつてボウモア、グレンギリー、オーヘントッシャン蒸留所を所有していた、モリソン・ボウモア社。そのモリソン社が1980年代初頭にリリースしていたブレンデッドが、ロブロイ10年と12年です。
紹介出来てない時期のボトルで、個人的に宿題としていましたが、年内にレビュー出来て良かったです。

今回のボトルがリリースされた時期だと、同社の所有原酒はボウモアとグレンギリーが確定。1984年に買収するオーヘントッシャンは、ひょっとするとギリギリ傘下に入っていたかもしれませんが、定かではありません。ただ、余韻にかけて感じるピリピリとしたシャープな刺激が、オーヘントッシャンなどのローランドタイプのモルト由来とも考えられます。

さて、今回の記事では少々マニアックではありますがモリソン社とロブロイの関係について、ラベルに書かれた社名から紐解いていきます。
このロブロイのラベルに書かれている"Morrison Howat Distillerys"の社名。1935年に創業したStanley・P・Morrison社とボウモア蒸留所との関わりは1963年からで、ロブロイをスコティッシュトレーディング社から取得したのは1967年、グレンギリーは1970年代に入ってからです。
その間、会社はStanley・P・Morrison社として存在し、1987年にMorrison Bowmore社へと社名を変更します。

ところが、1970年代から80年代の間、ラベルの表記はStanley・P・Morrison社だけでなく、Morrison Howat Distillerysや、よく見ると「’s」が入っていて微妙に違うMorrison's Bowmore Distillery。なぜかスコッチウイスキー部門が強調されるMorrison Bowmore (Scotch Whisky) Limitedなどのリリースがあり、同時期の社名とラベル表記が同一にならないケースとして、同社関連のオールドボトルの流通時期表記がサイトによってまちまちになる要因の一つであるように思います。

Morrison Howat Distilleryに限って言えば、1971年、ブレンダーとしてもブローカーしても活躍したスタンレー・P・モリソン氏が亡くなったあと、会社を支えた2名の主要人物の名前から取られたと考えられる名義であり、リリースの傾向から主に海外への輸出を担当していた関連会社ではないかと考えられます。
こうして社名から見ていくと、ロブロイはざっくり10年刻みで
1960年代:Scottish Trading Company
1970年代:Stanley・P・Morrison
1980年代:Morrison Howat Distillerys
1990年代:Morrison Bowmore Scotch Whisky Limited
関連の表記がされていることで整理できると考えています。

70年代以前のロブロイは輸入業者の関係でほとんど日本に入ってきていませんが、海外オークション等から買い付けてバックバーに入れているBARもあるようです。
オーダーの際には、ラベルの社名に加え、同時期の所有蒸留所との関係がどのようにフレーバーに現れているのかを注目しながらテイスティングしてみるのも、オールドブレンドの楽しみ方だと思います。

ボウモア 12年 1980年代流通 ダンピーボトル 43%

カテゴリ:
BOWMORE
Aged 12 years
Islay single malt
Distilled & Bottled Morrison's Bowmore Distillery
1980-1990's
1000ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:個人宅持ち寄り会
評価:★★★★★★★(6-7)

香り:トップノートは華やかな熟成香、蜂蜜や熟したリンゴ、合わせて淡いヨードや塩素、じわじわと土っぽいピーティーさが開き、アイラ要素を強く感じる。

味:マイルドで柔らかい口当たりから熟した洋梨を思わせるエステリーさ、軽く香ばしさのある麦芽風味、染み込むようなピーティーさ。余韻は淡くトロピカルフレーバー、スモーキーで染み込むように長い。

フルーティー&スモーキー。アイラ要素に加えて、熟成したスペイサイドモルトのようなフルーティーさ。加水するとマイルドというか水っぽさが強く、微かに鹸化したようなニュアンスが舌に残るため、ストレートでじっくり楽しみたい。


先日モリソン時代のグレンギリーを記事にしましたので、その流れで今日はほぼ同時期流通のボウモア、ダンピーボトル。ボウモアのオールドと言えば、まず連想されるのがこのボトルというくらい、有名なリリースの一つですね。一度は飲んだことがあるという方も、多いのではないかと思います。

この形状のボウモアは、デラックス表記のものと、12年表記、そしてあまり知られていない8年ものの3パターンがあり、全体では1970年代から1990年ごろ、モリソン社傘下時にリリースされたもの。
オールド系の情報では1980年代とざっくり表記されることが多いですが、12年表記の方が近年寄りのロットで、今回のボトルは1987年に社名変更したモリソン・ボウモア社表記であるため、1980年代後半、最後期の免税向けと見るのが妥当と思われます。

今回のロットはマイルドな口当たりから、フルーティーさは洋梨系のキャラクターを主体に淡くトロピカル。染み込むようなピーティーさで、60年代前半の南国感全開!というキャラクターではなく、1960年代後期から70年ごろの蒸留を思わせる構成です。
過去の経験と照らし合わせると、モノによってはトロピカル系のニュアンスがはっきり出てるボトルもあるため、おそらく同じ12年でも時期が微妙に違うのでしょう。

ここで残る謎が流通時期と熟成年数、そして蒸留時期のキャラクターが合致しないことにあります。
というのも、ボウモアのパフューム香は1973年蒸留の辺りから姿を見せ始め、1970年代後期から1988年蒸留ごろまでは完全にパフューム系のキャラクターが出ていた時期に該当します。
今回のボトルの流通が1980年代前半とかであれば、マイナス12年しても違和感はなく。他方で、先に推測した通り1980年代後半とすると、キャラクター的にはパフューム時代に該当するはずで、5〜10年間のギャップがあるわけです。

ボウモア・ダンピーボトルの1970年代から1980年代中頃流通となるデラックス表記は、キャップが金属張りで、違う意味で悪夢を見た愛好家も少なくないですが。味を変えないために同じような原酒を選んで、例えば12年と言いつつ18年前後の熟成年数の長い原酒をメインに使っていたとかかなあとも予想しています。

ハイランドクイーン マジェスティ 23年 アイラシングルモルト 40%

カテゴリ:
HIGHLAND QUEEN
MAJESTY
ISLAY SINGLE MALT
Aged 23 years
Distilled 1989
Bottled 2013
700ml 40%

グラス:テイスティンググラス
場所:萌木の村 BAR Perch 
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:オーキーで華やか、やや軽やかな香り立ち。ドライオレンジピール、ヨードやアイラ的な海藻のようなニュアンスが混じるスモーキーさ、フローラルなアクセントも感じる。

味:スパイシーでオーキーな強いニュアンス。麦芽風味とナッティな香ばしさを伴う口当たり。平坦気味だが徐々にオイリーな質感を伴い、余韻にかけてグレープフルーツのワタに通じるほろ苦いピーティーさ。
余韻はウッディでドライ、スモーキー。ほのかにヨード香を伴い、染み込むよう。

ファーストフィルバーボンと、リフィルシェリーオークが混じったような樽感で、強い樽感を整えるために多少ボディと酒質由来の香味を犠牲にした加水仕上げであるように感じる。あるいは、整った飲み口を重視した仕上がりは、ブレンド銘柄ハイランドクイーンとしてのスタイルを意識したとのかもしれない。加水はせずにストレートで。


ブレンデッドブランド、ハイランドクイーンからリリースされた、シングルモルト表記の1本。
1989年蒸留、2013年のボトリングで、今から約5年前のリリースですが、日本には昨年ごろに並行品として入ってきたように記憶しています。
近年のミドルエイジ以上のアイラモルト高騰と、逆にポンド安が進んだ今なら買いだと、バイヤーが在庫をまとめて引いてきたのかもしれません。
結果、23年のアイラシングルモルトとしても同品の海外流通価格と比較しても、安価な設定になっているのが特徴です。

中身については、地域以外は不明とされていますが、飲んでみると魚介的な要素に、かすかにフローラルでグレープフルーツ的な要素を感じるあたり、ボウモアのような印象を受けます。
ハイランドクイーンはグレンモーレンジとグレンマレイをキーモルトとしたブレンドであり、そのバックホーンからグレンモーレンジ繋がりでアードベッグ・・・は仮に5年前でも市場価格と釣り合わないし、そもそも原酒が貴重すぎる。MHDにリンクしてブレンド用に調達していたカリラを使ったのかと予想していたため、まさかのこの蒸留所の系統と余計に驚きました。

1980年代のボウモアというと、パフューム香を警戒される方が多いと思います。しかし1989年のボウモアはそれが全開なビンテージというわけではなく、時に感じさせない原酒がある場合もあります。(例えば、ラトレーの1989)
ボウモアにサントリー資本が入ったのは1989年からであり、徐々に生産方法や樽について手を入れていったとされています。そのため、この時期はまだ安定しないものの、90年代ボウモアのキャラクターが出始めてもおかしくない時期と言えます。

それにしても、なぜハイランドクイーンでボウモアなのか。日本では同蒸留所を「アイラの女王」と例えることがあり、安易に考えれば女王繋がりとなるのですが、この2つ名、現地ではあまり一般的でないように思います。
それこそ、クイーンエリザベス2世が訪問した唯一の蒸留所という記録があるくらいで・・・。

と、ついボウモアであるという前提で話をしてしまいましたが、何れにせよ、1989年蒸留の特徴的なピーテッドアイラシングルモルトが1万円ちょっとで買えるのは、今の市場でのスペック的にはお得と言えるのではと思います。
シングルカスク&ハイプルーフのような突き抜けた味わいや個性はないので、BARでは1杯目、家飲みではまったりと肩の力を抜いて楽しむのが良さそうです。

ボウモア 1993-2003 ゴールデンカスク 65.5%

カテゴリ:
BOWMORE
The Gordon Cask
Distilled 1993
Bottled 2003
Bottle No,1 of 282
Cask #50056
700ml 65.5%

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封直後
場所:萌木の村
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:フレッシュで強い香り立ち。潮気とレモン、魚介っぽいアクセントに香ばしいピート香が合わさって、白身魚のポワレのよう。奥から乾いた木材、ハイトーンで軽いアクのようなニュアンス。時間経過でグレープフルーツやシトラス、柑橘を思わせる香味がさらに開く。

味:フレッシュな口当たりから、じわじわとコクのあるオイリーな甘み。グレープフルーツ、乾いた麦芽、時間経過でバニラやドライマンゴー。灰っぽいピーティーさを伴う。
余韻はスモーキーでグレープフルーツのワタを思わせるほろ苦さ、フレッシュで長く続く。

度数の高さゆえアタックも相応に強いが、ボウモアらしい柑橘系のフルーティーさとピートフレーバー、何より樽のくどさのないフレッシュなバランスが印象的。若さがポジティブに働いたが故の仕上がりと言える。ただし加水するとボディが薄くなり、アンバランスになってしまう。これも若さか。。。


萌木の村にて「飲みたいボトルは全部開封するから」という舩木さんの漢気により、開封直後をテイスティングさせて貰った、1993年蒸留の短熟ボウモア(しかもボトルNo,1!)。
同程度の熟成には"前田の9年"もありますが、あれは加水でしたので、シングルカスク&ハイプルーフ仕様のフレーバーのインパクトは得難いものがあります。
65%という度数の高さとボウモアの酒質がもたらす、フレッシュでコクのある味わい。ネガティブな要素少なく、樽使いも合わせて短熟の良さを認識出来る1本です。

ここでちょっと昔話。今では"当たり年"と言われるこのビンテージですが、今回のボトルのリリース当時は、特別なPRやビックビンテージなる売り込みもありませんでした。
というか同じ時期では、キングスバリーが1993年のボウモアとカリラをバッティングしてリリースしていたくらいで、今では考えられない人気のなさ(笑)。
まあ2000年代初頭はウイスキー人気も下火でしたし、ボウモアに至っては70〜80年代蒸留のパフューム系原酒が主体だったので、それも仕方ないのかもしれません。(その手の愛好家の方には否定的な書き振りで、申し訳ありません。)

そんな中でリリースされた、脱パフュームでビンテージ入りのボトルがこれ。
今より情報拡散が緩やかな時代。愛好家の間で「1993年のボウモアは化粧香が消えて美味しいらしいぞ」という評判がじわじわ広まり、今後どう変化するかわからないボウモアのハウススタイルもあって、"当たり年"という表現が使われていきました。
またこの2年後、whisky funのサージ氏が、BBRがリリースした姉妹樽1993-2005(#500061)を絶賛したことも流れを決定づけましたが、爆発的に有名になったのは2009年のキャンベルタウンロッホ周年記念や、2010年のパーフェクトドラム。そこから各インポーターを通じた当たり年リリースが、近いビンテージを巻き込んで急増していったわけです。

(ボウモア蒸留所の黄昏時。リリースの続いた当たり年は消え去り、この1〜2年は1990年代の原酒すら珍しい。今後同蒸留所のボトラーズリリースは益々貴重になっていくと言われている。Photo by K67)

以上の経緯から、ボウモアは1993年蒸留だけがある種神格化されつつあります。
しかしリリースを振り返ると、93年は樽使いや酒質が安定していたイメージがある一方で、90年代前半全般に突き抜けたボトルの存在と、同様の良さがあることも実績としてあり、決してグッドビンテージは93年だけではありません。

アイラモルト90年代の良さは、先日記事にしたラガヴーリン12年でも触れた話。理由は定かではありませんが、ラフロイグやカリラなどは80年代も良い出来でしたし、ボウモアに関してもパフュームでマスクされて分かりづらかっただけで、本来はアイラとしてこの時期までが良い時期で、その後麦芽品種や樽使いの変更などで変わっていってしまったのかもしれません。
何れにせよ、今飲むと考えることが多く、魅力の多い蒸留所です。

このページのトップヘ

見出し画像
×