タグ

タグ:ヘブンヒル

エヴァンウィリアムズ23年 1972年蒸留 53.5%

カテゴリ:
EVAN WILLIAMS
Kentucky Straight Bourbon Whiskey 
Years 23 old
Distilled 1972
750ml 53.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅@KuMC
時期:開封後1ヶ月以内
暫定評価:★★★★★★★★(7-8)

香り:リッチでふくよか、艶やかに甘い豊かな香り。少し焦げたキャラメル、フローラルな華やかさ、チェリーのシロップ漬け、微かに柘榴のニュアンスも。非常に充実している。

味:リッチな甘みのある濃厚でパワフルな味わい。キャラメルとドライベリー、林檎のカラメル煮、濃く入れた紅茶。舌あたりにベタつく感じと、やや焦げたような樽感があるがしつこく残らず余韻に消えていく。

華やかかつ濃厚でパワフル、長熟ハイプルーフバーボンの魅力が詰まった1杯。少量加水すると、ベリーや花を思わせるさらに華やかな香味が開く。


個人的に、美味いバーボンは?と聞かれたら、まず出てくるのがエヴァンウィリアムズ23年です。
時代的には焼失前の旧ヘブンヒル蒸留所での製造にあたり、スコッチモルトに対抗したのか1980年代から1990年代あたりまではこうして単一蒸留年度の表記のある珍しいリリース形態。自分は全ての年度を体験できているわけではありませんが、それぞれに異なる魅力があると聞いています。

勿論、これ以外に美味いバーボンはいっぱいあります。
現行品で衝撃を受けたフォアローゼスPBは記憶に新しく、今回のボトルを含む90年代に流通した各種長熟、ヴァンウィンクルとか外さないですね。
それ以前のオールドバーボンではヘブンヒル系列、ジムビーム系列、ターキーなどなどもうだいたい美味い。特有の赤い果実風味、うっとりするような艶やかな甘みがあって・・・と話が逸れましたが、その中でもエヴァンウィリアムズ23年はまず名前が出てくる濃さ、パワーがあります。
家に1本は開けておきたいと思っているのですが、最近その手のバーボン相場は青天井。なんとも世知辛い世の中です。

エヴァンウィリアムズ23年は、今回テイスティングしたトールボトルから、2000年前後に、上記写真のややずんぐりとした形状に変化。この時代のボトルは単一蒸留年度縛りが無くなったためか、同じベクトルでありつつも、香味のバランスが良くなった印象。例えばこの1972年蒸留のエヴァンは、樽由来のニュアンスが強く、リッチな味わいながら口当たりでベタつく感じがあります。
どちらを好むかは人それぞれだと思いますが、間違いなくバーボン好きには堪らない旨さがあるということに違いはありません。

なお、2000年前後に切り替わったラベルの上にシルクプリントでEvan Williamsの記載がありますが、近年流通ではこれが無くなり紙ラベルのみとなります。このロットであれば、今でも酒屋やBARなどで見かける事があります。
トールボトル、シルクプリント、近年流通の3種飲み比べとかやってみたいなーと思いつつ、一体幾らになるのか地味に怖い(笑)。
何れにせよ、長期熟成バーボンの魅力を感じる、古き良き時代の素晴らしい一杯でした。

オールドグロームス 12年 101Proof  ウイスキー特級

カテゴリ:
IMG_1189
OLD GROMMES
Very Very Rare
12 Years old
1980's
750ml 50.5%

グラス:SK2
量:30ml以上
場所:自宅
開封:1週間程度
評価:★★★★★★★(7)

オールドグロームスは、シカゴのオリジナルグロームス社が、ジムビーム蒸留所の長期熟成用原酒を買取ってリリースしていた銘柄。熟成場所はジムビームではなく、シカゴの熟成庫だったようです。
今回のボトルは1980年代後期、特級時代末期に流通した1本です。
3年くらい前の話になりますが、ウイスキー仲間のFさんと初めて会った持ち寄り会で飲ませてもらった事があり、極端に華やかとか、甘みが強いとかそういうタイプではなく、オーソドックスに美味しいバーボンという印象でした。

個人的に12年、1980年代流通、50%Overのボンデッド仕様とくればオールドバーボンの中でも外れないスペック代表格です。ジムビーム蒸留所はブッカーズなどハイプルーフでも良いもの出してますから、期待出来ますね。
それが近所の酒屋になぜか転がっていて、しかも手にとって見たら「特級表記」ときた。 これを買わないなんてありえねーなありえねーよ、ってことでめでたくお買い上げです。
ちょうど宅飲みしていたブッカーノーズが開いてしまったので、パンチのあるハイプルーフがほしかったというのもありました。           


状態は口開けから十分良かったですが、開封1週間でバッチリ開きました。
艶のあるカラメルソースを思わせる濃く甘い香味。セメダイン系の刺激やえぐみ、渋みの少ない上品さ。
ハイプルーフらしくコクと力強さを感じる飲み口に、果実を思わせる微かな酸味。それを追いかけてくるウッディーな苦味と鼻に抜けていくチャーオーク、穀物の甘いアロマ。それらのまとまりが良く、余韻はメローで程よくスパイシー。ほのかに焦げたような苦味が口の奥に蓄積していく。
全体的に引っかかりは少なく、余韻の残り方がそれまでの強さとは比例せずにあっさりしているようにも感じますが、その辺がらしさなのかもしれません。
味の濃さに対してウッディーな渋み、苦味の蓄積が少ないため、杯を重ねても余韻を心地よく楽しむことが出来ます。

このバーボンが真価を発揮するのは少量の加水。植物系のアロマにチェリーのシロップ漬けや瑞々しい葡萄のような香味が開き、複雑さが増してきます。
ストレートでの評価は★6後半くらいですが、加水で後一押しを加えてくれるイメージです。
ロックも悪くないですね。元々スムーズな味わいがさらに引っかかりなく飲めるだけでなく、口の中で温度が上がることで開くフレーバーが、コイツは良いバーボンだと感じさせてくれます。 

ファンの間では知られているものの、一般にはあまり認識のないこのボトル。ネット履歴を見ると5000円前後で買えた時期があったとか、なんて贅沢なんでしょう。
対して最近のバーボンの低価格帯は目を覆う惨状になりつつありますが、だからこそ眠っている良質バーボンは現行品に無いのか、そんな特集を組んでみても良いかもしれませんね。

IMG_1971
(オールドグロームスの1980年代(左)と1990年代(右)流通品。ラベルデザインが微妙に異なるが、最も異なるのはネック部分。味は1990年代のほうがライトでドライである。)

※8/27、蒸留所を勘違いして覚えており、記載もそのまま書いていましたので修正致しました。大変失礼いたしました。

バーンハイム 7年 オリジナル ウィートウイスキー 45%

カテゴリ:
BERNHEIM
Original
Wheat Whisky
Small Batch
7 Years Old
750ml 45%

グラス:創吉テイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み(Ambrosia)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:軽い穀物系のアロマ、バニラ、薄めたメープル、焦がしたサトウキビ。少し溶剤系のツンとしたアロマも感じる。

味:甘くなめらかな口当たり。ボディはライトだがコクがあり、軽いスパイス、バニラ、穀類の甘さがあるが、少し酸味もありバランスが取れている。
余韻は長いシロップのような甘み、鼻抜けチャーオーク、味からすればドライで樽由来の渋みを感じる。

ヘブンヒル蒸留所(バーンハイム蒸留所)で作られている、所謂小麦を主原料としたウィートウイスキー。
つまるところはバーボンの一種なのですが、仕込みの際の原料比率は冬小麦51%、コーン39%、 そして10%の糖化酵素用の大麦で、その香味はなめらかで軽い口当たりに、通常のバーボンよりも柔らかい甘さが特徴的です。
それは同じく冬小麦を原料にするメーカーズマークよりマイルドで、濃くギスギスした樽感の現行バーボンに疲れたら、このウィートウイスキーに癒されたい、バーボン党の選択肢の一つなのかなと感じます。

さて、このバーンハイムについては生い立ちに多少複雑な系譜というか、バーボンらしい作り手側の動きがあり、サイトによって情報にブレがあるのが現状です。
あるサイトでは「バーンハイムはヘブンヒル蒸留所で作られている」とされ、またあるサイトでは「2005年に設立したバーンハイム蒸留所で作られている」とか、まあ色々書かれていて、そもそも蒸留所から情報が安定してないんですけどーって話。

実際のところは1996年、旧ヘブンヒル蒸留所が落雷によって火災に見舞われ、熟成庫だけでなく蒸留設備も大炎上し、生産中止に追い込まれたところに遡ります。
そこで1999年、ルイヴィルにあるシェンレー社所有のバーンハイム蒸留所をヘブンヒル社が買収、ヘブンヒル・バーンハイム蒸留所としてヘブンヒル関連の商品の生産を再開します。
そして2005年、同蒸留所で作られたバーンハイムがリリース。これが連邦アルコール法におけるウィートウイスキー認定第一号だったというのが、ざっくりとした流れになります。

ちなみにこのシェンレー社がヘブンヒル・バーンハイム蒸留所で生産しているのがIWハーパーです。
IWハーパーは原料がコーン主体でライト&メローな味わい。そこにヘブンヒル社が同蒸留所で冬小麦で仕込んだマイルドな味わいである、バーンハイムも生産されている。
もちろん同蒸留所では他にも多くのバーボン銘柄が生産されていて、この2銘柄だけでどうという話でもないのですが、作り手は違うものの母体は同じという、ある種兄弟のような銘柄と言えるのかもしれません。

このページのトップヘ

見出し画像
×