タグ

タグ:プライベートカスク

アラン 7年 2011-2019 プライベートカスク #1341 58.7%

カテゴリ:
IMG_20190621_202815
ARRAN 
PRIVATE CASK 
For Whisk-e 
Aged 7 years 
Distilled 2011/07/11 
Bottled 2019/02/06 
Cask type 1st fill Sherry Hogshead #1341 
700ml 58.7% 

グラス:グレンケアン
時期:開封後数日以内
場所:BAR Eclipse 
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:スパイシーでスウィート、ブラウンシュガーとドライプルーンを思わせるダークフルーツの色濃い甘み、ハイトーンな刺激には、ナツメグや微かにシナモンを思わせるニュアンスも。

味:粘性があってドライ、スパイシーな口当たり。黒蜜やドライプルーンの甘味から、徐々にウッディで焦げたチョコレートビスケットのようなほろ苦さ。
余韻はビターでドライ、香り同様にハイトーンな刺激が口内にありつつ、ダークフルーツの甘味が漂う。

若く刺激の残った酒質に、ドライなシーズニング圧殺シェリーという構成。甘味はあるがもうひとつ果実味がほしいところで、熟成感的にも粗削りではある。一方、加水で延びてマイルドな味わいに変化するあたりに、酒質の良さを感じさせる。シガーに合わせるか、あるいは少量加水しながら自分好みのバランスを探しつつ楽しみたい。

d380b26c

先日、ウルフバーンのジャパンエクスクルーシヴNo,3を記事にした際、短熟で仕上がるシェリー樽の例として、友人が所有しているアランのスペックを参考に紹介していました(写真上参照)。

そこから数日。発表されたリリースが今回の1本。TWCのクォーターカスクの7年だけかと思いきや、シェリー樽の短熟も来るとは。。。こうした短熟で仕上がるリリースは販売計画を立てやすいことも強みですから、今後のトレンドになっていく仕様であるのは間違いなく。
また完全にローカルなネタですが、個人的に興味をそそられたのが、友人のカスクと同じ日の蒸留で、樽番号も10番ちょっとしか違わない、シスターカスクと言える原酒であったこと。短熟シェリーの香味は予想がつきつつも、好奇心のままに早速テイスティングしてきました。


結論からいうと、今回のボトルは自分が思っていたよりもスパイシーでドライな仕上がりでした。
香味の大筋な系統はシーズニングシェリーで、樽材や仕様は間違いなく同じもの。それは樽を調達したボデガが同じということでもあるのですが、もう少し甘味が強く、とろんとしているような仕上がりを予想していたのですが、使った樽に染み込んでいたシェリーの量、あるいは材質の微妙な差か、ストレートでは度数相応に刺激を感じるアタックがあります。

それこそ、もう4~5年熟成させていればアタックはそれなりに落ち着いたのだと思いますが、余韻にウッディな苦味が主張し始めているので、カスクストレングスでリリースするならこの辺りがピークという判断は異論なく。
一方で、アランのシェリー樽熟成は、これまで15年から20年程度の熟成期間で同等程度の濃厚なものがリリースされることが多かったですが、今回はその半分の期間。熟成感の違いはバットや組み直しのホグスヘッド(300リットルサイズ)か、現在のシーズニングホグスとして一般的な250リットルか。仕込みの時期によって樽のサイズそのものが変化しているのではないかと推察します。

ちなみに、直近でリリースされた同じ系統のウルフバーンとの印象の違いとしては、酒質と少量加水による仕様の違いか、奥行きはともかくウルフバーンのほうがマイルドに仕上がっています。
オフィシャルのシングルカスクと考えれば、価格的には比較的手頃。テイスティングの通り酒質の良さから加水の変化も悪くない。若くてもいいので濃いめのシェリーカスクがほしいという方はおすすめですが、この手のリリースは今後の出てくるでしょうから、まずはBAR等で1杯試してみることをオススメします。

アラン 12年 2006-2018 プライベートカスク ウイスク・イー 57.5%

カテゴリ:
IMG_20190514_230709
ARRAN 
PRIVATE CASK 
FOR WHISKY-E LTD 
Aged 12 years 
Distilled 2006 
Bottled 2018 
Cask type 1st fill Bourbon Barrel 
700ml 57.5% 

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:Bar LIVET
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでウッディ、華やかなオークフレーバーとあわせてやや強い木材感。バニラ、ココナッツ、ファイバーパイナップルの淡いフルーティーさと籾殻のような乾いたアロマ。

味:度数相応に強い口当たり。香り同様にオークフレーバー主体でドライでウッディなアタックが広がったあと、奥から樹液のような粘性、蜂蜜レモン、黄色いフルーティーさを思わせる樽由来の近年系トロピカルフレーバーが顔を出す。
余韻はスパイシーでドライ、オーキーな華やかさが鼻腔に抜けると共に、酒精が喉をひりつくように刺激する。

加水すると華やかさはそのままだが、少し木のえぐみが残りやすい。バーボンバレルでアメリカンオークそのもののようなキャラクターの塊。安定の味。


ウィスク・イーが先日リリースしたプライベートカスク。アランらしい仕上がりというか、THE BOURBON BARRELって感じの味ですね。
アランはスペイサイドとハイランドを足して2で割ったような酒質をしているというのが、自分の印象。タリスカーやジュラ等の他の島系と異なり、ベンリアックやロングモーンなどのスペイサイドモルトであっても、同じ樽を使えば近い味のものが出来上がったのではないか。。。という、印象を持つリリースはこれまでもいくつかありました。

そのため、こうしたボトルは現行品のスコッチモルトを代表するような1本とも言えます。
それが決して悪いわけではなく、外れのない安定して美味しい構成であることは間違いありません。
華やかで、バニラの甘味や黄色系のフルーティーさもある分かりやすい味わい。ただ、バーボンウイスキーの銘柄毎の違いがあまり大きく無いように、この手の系統のスコッチモルトもまた、樽由来の香味主体故に銘柄毎の違いが楽しみづらくもあるのです。

強いて言えば、これが熟成場所の違いか、例示したスペイサイドのそれらの蒸留所よりも、熟成年数に対して樽が少しばかり強く出る傾向があるようにも感じます。
また、酒質も癖が少なく素直、麦系の甘みと適度な厚みで樽感との馴染みが良く、短熟から20年クラスまで安定して美味しい仕上がりになるのはまさに素性の良さ。今回のボトルもその視点で見ると、アランらしさが出ている1本と言えるのかもしれません。

IMG_20190611_084224
さて、このアランをリリースしたウィスク・イーが、先日、THE WHISKY CREWという紹介制の会員サービスを開始しました。
新規会員になるには現在会員になっているメンバーの紹介が必要ですが、会員になると同社が扱う商品を特設サイトからサービス価格で購入できるだけでなく、今回のようなプライベートボトルも会員向けのモノが用意されていく予定とのことです。

同社に関連する蒸留所だと、アランの他、スプリングバンク、キルケラン、グレンアラヒー、キルホーマンがありますが、ボトラーズブランドも扱っていますし、今後の展開が楽しみです。
現実的なところで、スプリングバンク系列は人気なので難しいかもしれませんが、キルケランや近年期待値上昇中のキルホーマンあたりはありそうだなと。
また、例えばスプリングバンクがケイデンショップなどに卸しているDuty paid sampleみたいな、若くても個性やスペックの尖った面白いリリースが扱われると良いなと感じています。

img_2723

ちなみに、そのPB第一段としては、アラン8年 2010-2018 クォーターカスク 57.3%がリリースされています。
「えっ、ファーストリリースが8年?」って熟成年数だけ見るとつい感じてしまうのですが、よく見ると樽がちょっと珍しい。スタンダードラインナップではボシーが18ヶ月クオーターカスクで追熟してリリースされるものはありましたが、それのみというのは無かったように思います。

上述のように近年のアランの酒質は、癖の少なさからか樽と馴染みやすい傾向があるため、今回のようにバレルサイズで12年でもかなり樽の個性が出ていたところ。さらに小型のクォーターカスクなら、8年クラスで丁度良いフルーティーさが得られるかもしれません。
こちらのボトルは、ウイスキー仲間のYakuさんがレビューされています。(ご参考:ドリンカーズラウンジ
レビューを見たところ、予想通り短熟ながら丁度良い具合に仕上がってそうですね。お値段以上アラン、自分も後日飲んでみます。

グレングラッサ オクタブカスク 2010-2016 PB 54.8%

カテゴリ:
GLENGLASSAUGH 
The Octarve Cask
Aged 6 years
Distilled 2010.2.11
Bottled 2016.10.3
Cask type Sherry
Bottle No, 03/43
700ml 54.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後から1ヶ月弱程度
評価:★★★★★(5)

香り:ツンと鼻腔を刺激するアルコール感、シーズニングシェリー香、ドライプルーン、梅のような酸味、ほのかに干し草を思わせるウッディネス、淡いサルファリーさも感じる。

味:パチパチとした刺激を伴う口当たり、香り同様の淡いシェリー感、奥には癖の少ない酒質で白っぽい麦芽風味、若干のワクシーさも感じられる。
余韻はヒリヒリするアルコール感、薄めのコーヒーを思わせる苦味のアクセント、ドライでタンニンを伴い長く続く。

素直な酒質、程よく付与された樽感で若いながら普通に飲めてしまう、新生グレングラッサの可能性を感じる一本。ストレートではアタックが強いが、少量加水するとバランスが良くなる。


1986年に閉鎖(休止)された蒸留所、グレングラッサ。
元々は現エドリントングループの前身、ハイランドディスティラリー傘下で、主にフェイマスグラウスやカティサークなどのブレンデッド向けの原酒を生産する役割だったため、ブレンデッドスコッチの売れ行きが落ちたことに伴うグループ全体の生産調整の一環だったのだと思われます。

その後、同グループ所有蒸留所リストからも外され消えゆく蒸留所になりかけていたわけですが、ウイスキー復調の流れを受けて2008年にロシア等の投資家によって買収。2009年に再稼働。
その後、2013年にはベンリアックグループによって買収され、さらに2016年にはブラウンフォーマングループに買収されるという、再稼働後波乱の10年間を過ごした蒸留所でもあります。

そのグレングラッサですが、再稼働直後の熟成庫には、あまり原酒が残っていなかったという話がある一方、合計数百樽の60年代から80年代蒸留の原酒が残っていたという話もあります。
まあオフィシャルを安定的にリリースする上では数百樽という単位は残ってないに等しい整理だったのだと思いますが、こうした状況から再稼働後に当面の資金確保を目的として、限定的な長期熟成原酒のリリースを行うとともに、ニューポットを詰めた50リットルのオクタブカスクの販売が向けて行われていました。

このオクタブカスクの価格は500ポンド。蒸留所での預かり期間は3年間で、樽の仕様はシェリータイプとバーボンタイプがあった模様。
日本では知られることのないマイナーな企画でしたが、ウイスキーワールド誌の取材で現地を訪れた土屋氏が日本人でのオーナー第1号となった他、同誌の掲載を受けて購入に動いた愛好家も少なくなかったようです。(一部ボトルは酒販を通じて販売もされています。)
前置きが長くなりましたが、今回のテイスティングアイテムは、まさにその当時購入されたオクタブカスクの一つからボトリングされたもの。カスクオーナーであった当ブログ読者の方から、是非飲んでくださいと提供いただき、掲載の運びとなりました。
先日、別な記事でも触れていますが、ブロガー冥利に尽きるというか、大変光栄な話です。

その味わいは、若い原酒のアタックの強さが残りつつも、スコットランドの低く安定した気温が影響してか、小さい樽でありながら樽感は意外にも程よく、バランスの良い仕上がり。特に加水で飲む分には違和感なく普通に飲めてしまいます。
また、酒質としては特筆して厚みがあるタイプではないため、若いうちは硬さ、アタックの強さを感じやすいのですが、香味は素直なハイランドタイプのベクトルにあり、通常サイズの樽で熟成された12年以上のリリースに可能性を感じる味わいでもあります。


(オクタブカスクが置かれた熟成庫(上)とその内部(下)。熟成庫の裏にはマレイ湾が見える。)

グレングラッサ蒸留所は、立地的に訪問しづらい場所にあるそうで、確かに見学の話をあまり聞かない蒸留所の一つです。
今回ボトルを頂いたカスクオーナーさんは、自身のカスクを見に行くことも兼ねて2015年に現地を訪問しており、一部上記にも掲載させて頂いた当時の写真と、訪問記もボトルと合わせ提供頂きました。
蒸留所は再稼働後にビジターセンターが整備されただけでなく、蒸留行程も一部を除いて機械化が進んでいるようです。
ただ、当時のツアーの内容は、あまり充実しているとは言い難かった模様。。。

ちなみに先に書いたように、オクタブカスクの現地での熟成期間は3年程度という設定だったところ。3年経過後、手続きなり不慣れなことが重なった結果、このボトルは倍の期間、6年間の熟成を経てしまったようです。
いやはや、このなんともいえないアバウトさがスコットランドですね(笑)。

グレングラッサのオクタブカスク販売は現在は行われていないようですが、日本の新設蒸留所では静岡蒸留所が50リットルサイズから樽売りを行なっています。
ただ、熟成環境の違いからもっと樽感は強くなる事が予想され、今回のような熟成の傾向にはならないと思われます。
通常の熟成とは異なる小規模サイズの樽での熟成がウイスキーの仕上がりにどのような影響を与えるか、勉強にもなる一本でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×