タグ

タグ:ブレンド

ハンドレッド 100 パイパーズ 12年 プレミアム 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20191210_163031
100 PIPERS 
PREMIUM 
SCOTCH WHISKY 
Aged 12 years 
1980's 
750ml 43% 

グラス:ー
時期:開封後数日以内
場所:お酒の美術館 池袋店
評価:★★★★★★(6)

香り:注ぎたては麦芽香と林檎を思わせる華やかなフルーティーさが、熟成したモルトのニュアンスを感じさせる。ベースはべっこう飴のような穀物系の甘味。モルティーな要素は長くは続かないが、スワリングすると顔を出す。

味:マイルドな口当たり。オールブランのような軽い香ばしさとモルティーさに、林檎の蜜の甘味、仄かにキャラメリゼ。余韻は乾いた麦芽とドライオレンジピール、ほろ苦く染み込むように消えていく。

熟成した原酒がしっかり使われていると感じる、モルティーで適度な厚みがある良くできたブレンド。モルト比率はクラシカルなタイプか。熟成香からは、当時のシーグラム傘下にあったグレンキースやストラスアイラ等のスペイサイドモルトの香味が伺える。
ストレート以外にハイボール等でも美味しく頂ける。

IMG_20191209_195614

シーバスリーガル、ロイヤルサルートをリリースしていたシーグラム社がリリースした、同社ラインナップのエントリーグレードとなるウイスキーが100パイパーズです。
スタンダードのノンエイジボトルは1965年に発売され、現在も一部地域でシェアを獲得しているようですが。この12年プレミアムは1980年代後半から短期間、それもアジアなどの限定された地域でのみ販売されていたもののようです。

あまり情報がありませんが、数年以内と思われる販売期間でありながら、ずんぐりとしたタイプ(今回のボトル)と、ほっそりとしたタイプのもので、2種類のボトルが見られます。
どちらが古いか。。。というと、先に書いたようにほぼ同時期っぽいのですが、ラベル記載の情報等からずんぐりしている方が1988年前後、ほっそりしている方が1989年から1990年代初頭までと予想。

一方、飲んでみて思うのが、この時期味を落としているブレンデッドスコッチ全体の中で、12年グレードとしては結構良い線いってるということ。
そして上位グレードであるシーバスリーガルよりも、モルティーで美味しいのではないかという矛盾点。
そもそも、シーグラム社のなかでは、
100パイパーズ<シーバスリーガル<ロイヤルサルート
というブランドの位置付けがありながら、そこにエントリーグレードのプレミアム番というのは、シーバスリーガルの下に入るのかと思いきや、どうにもそれよりリッチなモルティーさがあると感じます。

加えて、シーバスリーガル12年のオールドには状態のまともな個体が少ないというのもあることから、100パイパーズ12年プレミアムのほうが良いのでは?とも感じてしまうのです。(もっとも、これはこれで樹脂臭のあるボトルが。。。という事例も聞いているのですが。)

ちなみに、短期間で流通を終えた12年プレミアムですが、現在はインド市場において100パイパーズが人気であることを受け、上位グレードとして復活しているようです。
ただし現在のブレンドの構成原酒は、アルタナベーンをキーモルトとしているようで、ストラスアイラやグレンキース、そしてロングモーンなどを使っていたとされる今回のものとは別物となっています。

IMG_20191209_190536
今回のボトルは、先日12月7日にオープンした、お酒の美術館・池袋店で頂きました。
明日14日には中野店もオープンするとのことで、昨年時点で5店舗だったところが既に日本全国で16店舗。さらに新たな出店計画もあるようで、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのゴールドリカー(のぶちゃんマン)さんです。
とはいえスタッフのお酒の扱い方や、オールドの知識など、店舗によって差は少なからずある状況でこの辺をどうしていくかが今後の課題なのかなとは思いますが、自分としては、色々なオールドボトルを楽しめる環境が身近にあるのは有り難く。このブログのオールドブレンドラインナップも、ここ1年で随分充実しました。今後も活用させていただきます。


バランタイン 30年 1990年代流通 43%

カテゴリ:
BALLANTINE'S
Very old scotch whisky
Aged 30 years
1990's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:ややドライだが、角の取れたニュアンスを伴うエステリーなアロマ。林檎のカラメル煮、熟した洋梨を思わせる柔らかい華やかさ。奥にはスモーキーなピート香も感じられる、バランスの良い香り立ち。

味:スムーズでマイルドな口当たり。濃く入れた紅茶と洋梨のタルト、ほろ苦く乾燥した麦芽、中間はカステラのようなグレーン由来の甘み。余韻はオーキーな華やかさ、心地よくドライでビター。ピーティーで染み込むように長く続く。

長期熟成による熟成感がしっかりと備わっている。少し中間が軽い印象もあるが、多彩な香味がバランス良く整った味わい。奥に感じられるスモーキーさがスコッチウイスキーらしさに繋がるいい仕事をしている。


日本ではサントリー・アライド社時代のバランタイン。1980年代後期からのスタイルは、それまでのオールドシェリーとピーティーでこってりした構成から、エステリーで林檎や洋梨のお菓子を思わせるオーキーな華やかさ、フルーティーさがメインとなり、徐々に樽感やピートフレーバーがライト路線へとシフトしていく傾向が見られます。

(1980年代前半流通品。伝統的?にブラウンカラーのボトルが採用されて来た30年で、唯一のグリーンカラー時代。強いスモーキーさと複雑さ、品のいいシェリー感。個人的に是非一度飲んで欲しいバランタイン。)

(バランタイン30年赤青紋章ラベル、1970年代流通。先日ブラインドテイスティングの出題を頂いた際は、しっかり備わったシェリー感とスモーキーさに、赤玉リベットの20年前後とミスリード。。。)

今回のロット、原酒は腐っても1960年代蒸留の黄金期。現行品とは異なるモルティーさがあります。また、アイラ系のスモーキーなモルトではなく、ミルトンダフなどのハイランドタイプのモルトが中心と思われる香味構成ですが、少しボディが軽く感じられるのはグレーン由来でしょうか。

樽は恐らくシェリーカスクのセカンド、サードフィルがメイン。角の取れたアメリカンホワイトオークの華やかさと、モルティーさの合わさったフルーティーさは、短熟のファーストフィルバーボン樽のような華やかだがギスギスした感触やえぐみを伴う系統ではなく、長期熟成こそのマイルドで整った味わいを構成しているのです。
こういうボトルが家に1本あると、飲み疲れずどう飲んでも美味しく、結果使い勝手がいいように感じます。


さてバランタイン30年は、これで1960年代以降全ラベルをコンプリート。。。と思ってカテゴリーを見直すと、2000年代の700ml表記が足りないことに気がつく。
また、最近カスクエディションなるものもリリースされている模様。バランタインの旅は、まだもうちょっとだけ続くようです。

バランタイン 17年 1990年代流通 43%

カテゴリ:
BALLANTINE'S
17 Years old
Very old scotch whisky
1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:バニラやナッツを思わせる樽香。干草や軽い穀物香、蜂蜜、林檎のコンポート、柑橘のワタ、内陸系の特徴が主体だがほのかなスモーキーさも感じられる。

味:マイルドな口当たり。麦芽風味とピーティーなほろ苦さ、微かにオレンジピールと薄めた蜂蜜、中間はグレーンを思わせるマイルドさ。余韻はややビター、焦げた樽香、微かにスモーキーでピーティーなほろ苦さを伴う。

意外に樽感が強いが、全体的には穏やかでまとまりのあるブレンド。加水するとさらに飲み口が柔らかく、麦芽風味が開くように感じられる。ハイボールはすっきり系で、可もなく不可もなしだが、食中に使うなら案外これくらいの方が良いのかも。


1990年代、アライド・メドック社傘下時代のバランタイン17年。
日本ではこの頃からサントリーが取り扱っていましたが、バブル崩壊に加えて酒税法改正で安価になったことで逆に日本におけるブランド価値が下がってしまったという、不遇な時代のボトルでもあります。
まあロット差を除けば、何かが変わったわけではないんですけどね。

この時期の見分けとしては、1990年代後半ないし2000年代になるとキャップシールの色が変わるので、そこで見分けるのがポイントとなります。
一方古い時代、1980年代との整理ですが、これが難しい。1980年代初頭はキャップシールのロゴデザインが異なるので見分けられますが、1980年代後半と1990年代の境界は、日本向けや免税向けなどで明確に表記がされている場合を除き、表裏のラベル、キャップシール、全て同じだったりするのです。

まあ80年代後半から90年代初頭で無理に線引きをしようとするのは、酒税法改正の概念がある日本だからで、バランタイン社としては細かいこと気にすんなってことかもしれません(笑)。
とりあえず以下の通りの整理で、1980年代後半からの5〜10年はふわっと認識して貰えればと。

(同じく1980年代後期から1990年ごろ流通のバランタイン。度数表記でGLと%Volの違いが見られるが、流通先の違いであり、どちらが古いとはこの時期のラベルは整理出来ない。)

(1980年代最後期流通(左)と、1980年代初頭流通(右)。簡易な見分けは、キャップシールに描かれたロゴの違いがある。)

香味は熟成感があってバランスが良い。ボディは軽めですが、グレーンは強すぎずモルティーな個性も随所に感じられ、下手なオールドのエントリーグレードより使い勝手の良いボトルと言えます。

他方、この80年代後半から90年代前半のバランタインは、不思議なことにパフューミーなニュアンスを多少持っているロットがあります。
以前テイスティングした1980年代後期の並行品(上記特級表記ボトル)など、モロそうしたニュアンスが出ていて、思わず閉口してしまったほど。確認のために購入した写真の43GL表記のあるボトルにも、淡く該当するニュアンスが。。。

一方今回のボトルは問題なく、香味構成も樽香が強めに感じられるなど、当時のアライドグループが所有する原酒で何があったのか、探究心を擽られます。
少なくとも、1970年代前半蒸留で該当する蒸留所はグレンタレットかエドラダワーくらいしかないのですが、グレンタレットは旧エドリントン系列。可能性があるとすれば2001年までペルノリカール傘下で、後にアライドが合流して一時期同門となるエドラダワーですが、ちょっと時代が合わない。

このように、現行品に比べモルトの香味が強いことの多いオールドブレンデッドは、キーモルトを時代背景や香味から予想し、あーでもないこーでもないと考えることが、マニアックな楽しみでもあるのです。ああ、今回も満足です(笑)

このページのトップヘ

見出し画像
×