タグ

タグ:ブレンデッド

カティサーク 25年 2010年頃流通品 45.7%

カテゴリ:
IMG_20200112_111121
CUTTY SARK 
Blended Scotch Whisky 
Aged 25 years 
2010's 
700ml 45.7% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:黒蜜やかりんとうを思わせる、色濃い甘さと軽い香ばしさを感じるアロマ。ドライプルーンやデーツ、少しツンとしたスパイシーな刺激もシェリー感と合わさって感じられる。

味:とろりとしてリッチな口当たり。香り同様のシェリー感だが、味の方がマイルドで、飲みやすく仕上がっている反面、少しボディが緩く単調気味でもある。色濃い甘味からウッディでビター、ほのかに混じる枯れたニュアンス。カカオチョコレートや黒土の香りが鼻孔に届く、まったりとして長いフィニッシュ。

旧ボトルのマッカランを思わせる、濃厚なシェリー感がメインにあるブレンデッド。使われているモルトの個性か、香りでは少し刺激を感じるが、味わいはマイルドでグレーンによる一体感も感じられる。ロックで飲んでも案外悪くない。高騰する旧世代のモルトウイスキーの代替品となりうるボトル。

IMG_20191230_015751

カティサーク25年の3世代目にして、通常品としては終売前のラベルデザイン。ファーストリリースは2003年で、それが旧WWA(Best of the Best)での全エントリー中最高評価を受けたことで知られています。

元々、年間生産量が限られていたスモールバッチタイプのブレンデッドですが、キャップシールの色が赤・金・紺とリリース時期で異なるので違いが分かりやすい銘柄です。(厳密に言えば、ラベルの表記も多少異なる)
海外市場では定常的にリリースが継続していたようですが、今回のボトルデザインで一旦打ち止め。その後、2012年に5000本限定発売されたタム・オシャンターが最後となっています。

これは原酒の確保が出来ていない。。。というか、親会社の販売戦略がシングルモルト重視に変わったからと考えられます。
カティサークは、2010年にエドリントンがBBR から版権を取得(2018年に放出)しており、近年のエドリントンの方針からすれば、長熟の良質な原酒はシングルモルトのハイエンドにまわしてブランド戦略に使うでしょうし。また、BBRもシングルモルトのボトラーズリリースを積極的に展開した時期でもありました。

c8432484
(カティサーク25年の初期ボトル。恐らくブレンデッドモルトか、あるいはモルト比率の高い構成で、リッチではっきりとした味わい。紺ラベル同様に、旧ラベルのマッカランを連想させるシェリー感が特徴であるが、紺の方が少し緩く、こちらのボトルのほうがフレーバーが多彩。)

タム・オシャンターは飲めていませんが、この当時までのカティサーク25年の構成原酒はマッカランやグレンリベット、グレンロセスとされ、これらの濃厚なシェリーオーク熟成原酒がメインと言われて違和感のない、リッチな仕上りです。
今回のボトルもまた、丸瓶時代の旧オフィシャル・マッカランを連想させるような黒砂糖や黒蜜っぽい甘さが印象的で、近年のリリースだとここまで濃くは出ていない。懐かしい味わいでもあります。

海外レビューではオールドファークラスと比較する声もありますが、それも納得。
主に入手可能なリユース市場相場は5年前と比べて約2倍弱に上がっていますが、1980年蒸留のマッカランやリベットのシェリー樽熟成を買ったと思えば、近年のモルトの相場と比較してもまあ納得感のある買い物かもしれません。

IMG_20191230_150949

新年明けましておめでとうございます。
令和だから。。。2020年だから。。。ということもなく、いつも通り親類集まって実家で年越しです。
最近は、ワインとウイスキーを持参するのが自分の担当のような感じになっているのですが、昨年めでたいことがいくつかあったので奮発し、ワインのスターターはドンペリ2000につとめて貰いました。

爽やかな果実感を伴うしっかりとした酸に加え、蜜っぽいコク、酸味にくどさはなくするすると飲める。うん、美味しい。熱劣化も特にしてないし泡も残ってる。。。けど、これはやはり貴族の飲み物だなあと。
なお、ウイスキーはこのカティサーク。ロックで緩く飲んで貰えればと思ったのですが、シェリー感の強さが最近のライトなブレンド路線と異なることが影響してか、あまり飲み進まなかったようで、チョイス失敗でした(汗)。

アッシャーズ グリーンストライプ 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20191217_213222
USHER'S 
GREEN STRIPE 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
1980's
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:&BAR Old⇔Craft 
評価:★★★★(4ー5)

香り:ドライでプレーンな香り立ち。ザラメを思わせる甘さ、乾いた穀物や干し草、若いモルティーさも奥に感じられる。

味:口内に粗さの残る口当たり。グレーン由来のバニラウェハースやサトウキビのような甘味。ハイランド系のプレーンなモルトと針葉樹を思わせる乾いたウッディネス。
余韻はドライでオレンジピールのほろ苦さ、微かにピーティー。

グレーン感強く全体的に原酒も若い、ライトでドライな味わい。個性の穏やかな内陸原酒に、7~8割はグレーンと思われる構成である。グレーンも若いためか蜂蜜のようなとろりとしたコクはなく、乾いたような印象も受ける。ハイボールで飲むにはちょうど良さそう。

IMG_20191217_213256

ウイスキーの勉強でブレンデッドウイスキーウイスキーのルーツを探ったことがある方なら、名前を見たことがあるのではないかという、ブレンデッドスコッチの元祖とも言える銘柄がアッシャーズです。
キーモルトはコールバーン。古くはグレンリベットが紐付けられますが、同ブランドは1919年からDCL傘下となっているため、以降は同グループにおけるブレンド用のバルク(ハイランドタイプ)が、モルトの大部分を締めているのではないかと感じます。

1860年、法改正からモルトとグレーンをブレンドすることが許可された時代。真っ先にブレンデッドウイスキー”アッシャーズ”を作り出したのが、アンドリュー・アッシャー社。
以後、アッシャーズはリリースが継続され、
大変長い歴史とエピソードに溢れた銘柄となるのですが。この半世紀の味の推移を振り返えると、60年代は平均的、しかし70年代から80年代に大多数のスコッチから徐々にモルティーさとコクがなくなっていくなかで、それ以上の勢いで味を落としているという印象があります。

この原因となるブレンドレシピを紐解くエピソードが、アッシャーズのルーツにある銘柄、1853年に誕生したUSHER'S Old Vatted Glenlivet(OVG)にあります。
OVGの発売当時は、異なるヴィンテージのグレンリベットをブレンドしたバッテッドモルトでしたが、1880年には3分の2が安価なグレーンで構成されていたとされ、グレンリベットは僅か10%程度しか使われていなかったと言います。

結果、僅か10%程度しかグレンリベットを使っていないのに、グレンリベットを名乗るとはどういうことか、という問題にもなったそうですが、その話はまた別の機会に。
いずれにせよ同社が同じ整理でアッシャーズを作っていたとすれば、蛙の子は蛙というか。モルトのパワーが弱くなったと共に味を落とすのも納得のレシピだなと。なんとも諸行無常な味わいであります。

IMG_20191220_191947
今日のオマケ:セントクレア シャルドネ パイオニアブロック No,11 2016

ニュージーランドのシャルドネ。値段の割に良いと評価の高いブランドのようで、試しに2本お買い上げ。赤のピノ・ノワールのほうは神の雫でも取り上げられ、知名度が上がってきているそうです。

グレープフルーツやライチ、酸のある林檎を思わせる果実香に、口内で微微炭酸とも言えるじゅわっとした刺激を与えるミネラル分から、しっかりめの酸とコクを感じる味わい。
余韻にかけて樽由来のウッディネスが全体を引き締める構成。
X'masのおうちディナーで、鶏の丸焼き(ハーブ、ガーリック、塩味系)とも合わせてみましたが、皮や肉の脂を酸味が緩和し、新世界らしくボディの強い味わいが全体を包み込む。なかなか良い組み合わせで楽しむことが出来ました。

ゴールドスタッグ (グレンスタッグ) 10年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20191204_212526
GOLD STAG 
(GLEN STAG)
Over 10 Years 
Old Scotch Whisky 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:ナッツやウェハースどの軽い甘さと乾いたアロマ。スワリングで穏やかなスモーキーさも感じられるが基本はライト。

味:やや軽めの口当たり。薄めたケーキシロップやバニラ系統の柔らかい甘味、グレーンの穀物感も感じられるが、徐々にアイラ系のピートが主張してくる。
余韻はほどよくピーティーで、グレープフルーツを思わせるフルーティーさがじわりと残り、次の一口を補正する。

香りも序盤の味わいもライトで、グレーンが強くやや個性が乏しいが、余韻だけは見るところがあるブレンデッド。古きよき時代のアイラモルトを思わせるピートとフルーティーさが、味の後半部分にだけ感じられる、余韻で旨いウイスキー。。。この余韻を由来するのは何か。時期的にボウモアでないのは確か。ここだけは★6。

IMG_20191204_212545

先日同時期流通の15年をレビューした、グレン・タラ社が手掛けるグレンスタッグの10年熟成品。同じく日本市場向けの輸出銘柄です。
10年グレードでありながらゴールド表記の特別仕様っぽいのは謎ですが、ひょっとするとグレンスタッグとして販売されているものより、少しだけモルト比率が高いのかもしれません。(あるいは10年が見劣りしないためにラベルを変えたか)

なぜモルト比率が高いと感じたかというと、一つは裏ラベルの記載。
当たり前やんと思われるかもですが、モルト4:グレーン6の比率は、特段高いものではなくスタンダードレベルといっても過言ではなく。他方で先日レビューした15年は3:7あるいはそれよりモルトが少ないのではと思えるくらい、グレーンが強くモルト由来の風味と認識できるスモーキーさに広がりが感じられず。それをハッキリ余韻で旨いと感じられる点が、その部分の比率をあげて来たのではないかと感じた訳です。

ちなみにそのISLAND MALTと表記されるものが今回のテイスティングで最大の謎。
グレン・タラ社は1980年前後からグレン・タラ ピュアアイラモルト(シングルモルト)ウイスキーをリリースしていますが、これはラベルに「Distilled on the Island of Islay off the West Coast of Scotland」(スコットランドのアイラ島の西海岸で蒸留されたモルト)アイラ島で蒸留されたモルトの記載があり、これはグレンタラ社と繋がりのあるインバーゴードングループ傘下の蒸留所から、ブルイックラディであるとされています。

成る程、アイランドモルトの12%はラディかと納得したいのですが、当時のラディは極ライトピートタイプで、こういう余韻にはならず。しかし同グループ傘下の他の原酒で、該当するものが見当たらず。。。当時はアイラモルトのバルクが余っていたという話も聞くので、そういう原酒を活用したか。
謎を残したまま、余韻もグラスの中身も消えていくのです。

追記:ラベルの和訳にミスがあり、コメントで指摘いただきました。グレンタラ=ブルイックラディありきだったので、早合点してしまったようです。記載を修正させていただきました。(12/22)

グレンスタッグ 15年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20191128_234738
GLEN STAG 
FINEST BLENDED SCOTCH WHISKY 
Aged 15 years 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング 
時期:開封後1ヶ月程度 
場所:お酒の美術館 神田店 
評価:★★★★★(5)

香り:ねっとりとしたみたらしやカラメルを思わせるアロマ。スワリングするとほのかに熟成したモルトの林檎系のフルーティーさ、スモーキーさも垣間見れるが、基本的には熟成グレーンのそれである。

味:マイルドでスウィート、鼈甲飴、あるいはみたらし、熟成したグレーンの甘味と少しピリリとした刺激。濃さはあるがやや単調。じわじわとスモーキーさを伴うほろ苦いフィニッシュへ。

モルトは70年代のものが使われており、現代にはないしみじみとしたピートフレーバーを味わえるが、同時にグレーン感が強く、味は濃厚であるものの奥行きと広がりがもうひとつ足りない。レシピは近年寄り、グレーン7のモルト3あたりで、モルトは没個性的なハイランド主体か。。。

IMG_20191128_234815

ブレンドメーカーのGlen Talla社がリリースしている輸出向けブランド。今回のボトルは日本市場向けで、他に10年と21年がある、バブルの産物とも言えるブランドです。
元々Glen talla社は自社の名を冠する10年前後のピュアモルトや、ブレンド銘柄のテイサイドをリリースするなど、小規模ながら活動を行っており。。。
今回のグレンスタッグにしても、リリースされた直後(あるいはほぼ同時期)に、大手インヴァーゴードングループの傘下に入るなどし、現在も細々と販売が継続している銘柄でもあります。

特徴はなんと言ってもグレーン感。15年熟成表記は伊達ではなく、香味ともとろりと濃いめの甘味がありつつ、一方でグレーン比率の高さを思わせる奥行きの少なさにも繋がっているようです。
モルトもハイランドのなかでも没個性的なものが主体なのか、柔らかくはあるもののフルーティーさやモルティーさが目立つ印象はありません。ただ、少量ながら使われていると思われるアイラ系の原酒のスモーキーさが、味わいに多彩さを与えており、古き良き時代を思わせる個性としても感じられます。

先に書いたGlen tallaとしてリリースされていたモルトウイスキーにアイラ表記のボトルがあり、その系統と同じものは含まれていると思われますが、それはブルイックラディ説が濃厚で、この内陸系の没個性感はそれが由来か。また、真偽のほどは定かではありませんが、ラガヴーリンが一部使われているという話も。。。

なお、この年代で従価表記があるということは、税率の整理で高級品区分だったのでしょう。
コアなオールドラヴァーには物足りないかもしれませんが、マイルドで飲みやすいウイスキーは、飲み始めの方や現在のスモーキーさが苦手な方にオススメと感じる1本です。



フィンドレイター 1823 ファウンダーズ 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20191118_210326
FINDLATER'S 
1823 FOUNDERS 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
1980's (1988-1989)
750ml 43%

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★(5)

香り:ブラウンシュガーを思わせるドライで甘いアロマの後、みたらしのややひねた酸、いぶりがっこ。コーンフレークのドライな穀物っぽさも感じられる。

味:マイルドな口当たりから黒糖ふ菓子のような乾いた甘味。微かに無花果のような甘酸っぱさもあるが、基本は緩い甘さ主体。余韻は黒飴のとろりとした甘味を、ドライな質感が引き締めて染み込むように残る。

飲みやすくマイルドなブレンド。こういうのをロックや水割りにしていたんだろうという昭和の味。淡くカラメル系のシェリー感がありつつ、熟成感もデラックスクラスとはいかないまでも感じられる。個人的にはもう少し変化が欲しいところだが、特級時代の末期流通にしては良くできている。

IMG_20191118_210403

当時インヴァーゴードンディスティラリー傘下だった、フィンドレイター社のリリースした日本向けボトル。
輸入業者および取引先にあるセンチュリートレーディングカンパニーは、三越伊勢丹グループのインポーター。現在はワインを中心とした輸入を担当していますが、当時はこのフィンドレイター社と伊勢丹のタッグで、洋酒ブームを背景に相当売り上げを伸ばしたようです。

ファウンダーズリザーブは、直訳すると創業者や創始者の貯えという意味。ですがウイスキー業界でよく見るそれは、創業者がストックしていた原酒が使われているわけではなく、いわゆる復刻版でレシピや味を再現したという位置付けのブランドに使われることが多くあります。
今回のボトルも、フィンドレイター社のルーツとなる酒類問屋が創業した1823年をブランド名としたものではありますが、1823年当時の原酒を使ったわけでも、味を再現した・・・なんてことも多分なく。それっぽい名前をつけた、というのが実態と考えられます。
(そもそも、フィンドレイター社の創業当時はウイスキーの製造・ブレンドを行っておらず、それが始まったのは1826年からという話も。。。)

主たる構成原酒は、同社に関連するディーンストン、タリバーディン、ブルイックラディ、そしてグレーンはインヴァーゴードン。この中では、特にディーンストンが効いている印象。
フィンドレイターはマイルドかつスモーキーさの少ないタイプのものが多く、このファウンダーズ1823も同様の構成。特に若さは感じられず、適度な熟成感(8~10年程度か)味は比較的リッチにまとまっています。

このブレンドのポジティブなところは、1980年代後半という多くのブレンドが味を落とした時期に、そこそこのクオリティを維持しているという点にあります。
淡いながらも効いたシェリー感、マイルドでのみやすい味わいに昭和のウイスキーシーンを感じる。当時から飲んでいた方からすれば、味わいも含めて懐かしいボトルなのだと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×