タグ

タグ:ブレンデッド

ベル 20年 ロイヤルリザーブ 43% 1980年代流通

カテゴリ:

BELL'S
Royal Resrve
20 Years old
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅(@TWDさん)
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★★(6)

香り:甘くまろやかな香り立ち。カルメ焼きやバタークッキー、ナッツを思わせる麦芽風味。古酒感はあるがアルコールも立って状態良し。時間経過でポン菓子系の穀物香、カスタード、お菓子のイメージ。

味:スムーズでコクのある口当たり。熟成を感じる穏やかな穀物風味。バタークッキー、ハニートースト、サトウキビのような植物のニュアンス。
余韻は穏やかでスウィート。淡くカラメルソースのオールドシェリー感を伴う。

スムーズでまろやかで程よい熟成感のあるブレンデッド。モルティーだが、華やかさより素朴な印象。クセの少ない構成はオールドボトルの入門にも勧めたい。ストレート、ロック、ハイボール、なんでも楽しめるタイプ。


アーサーベル社がリリースしていたハイエンドブレンデッド。市場には1970年代から1980年代、特に1980年代のものが多く流通しており、これもその時期のものと思われます。
スコッチオデッセイによると、傘下蒸留所はダフタウン、インチガワー、ブレアソールで、ベル社の製品はそれら蒸留所が作るモルトだけで構成原酒を賄う方針をとっていた模様。実際、今回のボトルを飲んだ印象もまた、3蒸留所の中ではダフタウンの比率が高いと感じる、素朴なモルティーさと柔らかい味わいです。

他方、アーサーベル社は1985年のギネス社による買収、そして1986年にはそのギネス社がUD社(現ディアジオ社の前身の一つ)を買収。
時の最大勢力と同門となったことでブレンド方針にも変更があったのか、ハイエンドに当たるベル20年の1980年代流通は、時代や流通先による香味の違いが大きかったように思います。

自分がこれまで購入した複数本も、コルクがべったり張り付くようなシェリー系のロットさに当たったと思えば、今回のようにソフトで穏やかなロットに当たることもある。
ラベルを見ると、細かい変更が何度も行われており、日本流通品などを頼りにある程度当たりはつけられましたが、その変化を時系列的に整理するのは困難と、昔ブログを書いていた時にさじを投げたのを思い出しました。

スコッチブレンデッドウイスキーにおける「キーモルト」は、その原酒だけでウイスキーを作っているという意味に加え、ブレンドにおける特徴づけをこの原酒で行なっているという整理も含めます。
そのため、各ブレンデッドメーカーでは傘下となる蒸留所の原酒の比率が多くなるのは勿論、その時その時で工面できる原酒をベースに使ったり、「バルク」として位置付けられるあらかじめブレンドされている無個性なウイスキーを購入してきたり、グレーンの比率を多くしたりしていたようです。

キーモルトは"これ"、とされているブレンデッドを飲んでも、それとわかる味がしなかったり。ロットによって味が大きく変わる一方で、ブレンデッドウイスキー全体で見て似たような味わいになっているものが少なからずあったりするのは、こうした背景によるものと考えられます。

話は変わりますが、ベルはイギリスにおける祭事、祝い事の際には欠かせない「門出の酒」として定着しています。
自分が結婚した時も、ウイスキー仲間の1人から、このベル20年を頂きました。
その経緯もあり、バックストーリー含めて懐かしい気持ちになった1杯でした。


ラングス 12年 1980年代流通 43%

カテゴリ:
ラングス
LANGS
Years 12 old
Scotch Whisky
Distllers Glengoyne Scotland
1970-1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後半年程度
評価:★★★★★(5)

香り:甘いシロップのような香り立ち、メレンゲクッキー、サツマイモを思わせるグレーンの甘み、干草っぽいニュアンスが混じる。徐々に品の良いオールドシェリー香と合わせてソーピーなアロマも混じり、存在を主張してくる。

味:口当たりははっきりとした主張、カステラやおこしを思わせる色のついた甘み、中間からはまろやかでスウィートな麦芽風味やグレーンの甘みが中心だが、香り同様パフューミーなフレーバーも感じられ、鼻に抜けていく。
余韻はソーピー、紅茶のタンニンを思わせるほろ苦く染み込むようなウッディネス、ジンジンとした刺激を伴い長く続く。

基本的にはマイルドでピート香はあまり感じられない、キーモルトらしさのあるモルティなブレンデッドウイスキー。味もはっきりとして、ただ穏やかなだけではない芯のある味わいが楽しめる。ただ1点、ソーピーなパフューム香が潜んでいることを除けば・・・。

IMG_4311

半年前、主催したオールドブレンデッドウイスキーのイベントにあわせて開封したものの、その際は香りが立っておらず押入れの奥にしまってそのまま放置していた1本。先日押入れの中を整理した際に出土、程よく香味も開いており、ちょうど良いのでテイスティングです。

注目はラベル向かって右下、Lang Brothers Ltdの右隣に、小さく書かれたグレンゴイン表記。ラングスの製造元である同社は、グレンゴインを傘下とするブレンドメーカー。当然そのラング社が製造するブレンデッドウイスキーには、グレンゴインがキーモルトとして使われています。 
ただ、グレンゴインだけではブレンデッドウイスキーは造れません。ブレンデッド・スコッチ大全によれば1965年、同社はロバートソン・バクスター社の傘下に入ったとされています。
これだけではナンノコッチャという話ですが、このロバートソン・バクスター社と密接な関係にあり、原酒を供給していたのが、ハイランドディスティラリー社。同社は当時、スコッチウイスキー業界において最大の勢力であったDCL社と対を成す、もう一つの巨大勢力です。
(ハイランドディスティラリー社の設立には、ロバートソン・バクスター社の創業者らが協力したとされています。)

ハイランドディスティラリー社は英国1位の売り上げを誇るブレンデッドウイスキー・フェイマスグラウスをはじめ、蒸留所としてはブナハーブン、グレンロセスから始まり、グレングラッサ、タムデュー、ハイランドパーク、そしてグレンタレットなどを傘下としています。
今回のテイスティングで、このラングス12年からパフュームを感じ、「あれ!?」となったのですが、ハイランドディスティラリー社側の蒸留所を確認して納得。この香味、間違いなくグレンタレット由来でしょう(笑)。
以前飲んだラングスの別ボトルにこのニュアンスはなく、体調でも悪いのかと何度もテイスティングしたので、ボディブローのようにソーピーなフレーバーが口の中、胃の中に効いてきています。
胃もたれというか胸焼けにもにた症状・・・やはりこのフレーバー、苦手です(笑)。

グランツ 12年 1980年代流通 免税向け 1リッターボトル

カテゴリ:
IMG_4255
GRANT'S
Aged 12 years
Blended Scotch Whisky
1980's
1000ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:モルティーな麦芽香主体の香り立ちから、スモーキーなピート香も時間差で広がる。徐々に洋梨、ビスケットやスコーンのような甘い穀物系のアロマ。

味:まろやかな口当たり。粥やバニラの甘みを思わせる麦芽風味。続いて鼈甲飴、カルメ焼きを思わせるほろ苦さ、ボディはしっかりあり、麦芽風味主体。余韻はスモーキーで内陸系の土っぽいピートのほろ苦さが長く残る。

麦芽系のモルティーな香味が主体。ストレートでも良いが、余韻にかけて開くピート香がハイボールでも良い仕事をしている。他方味わいはややまったり(もっさり)気味なので、夏の暑い時期のサッパリめハイボールというより、春先のそれにピッタリな味わい。

IMG_4254

ウィリアムグラント・サンズ社が、1970年代にリリースを開始したグランツ12年。今回のボトルはその1980年代中頃の流通品です。 免税向けのリッターボトルですが、750mlボトルが同時期に日本国内にも流通しています。

グレンフィデック、バルヴェニー、キニンヴィ、個性的な原酒を持たないグラント社らしいスムーズで柔らかく、特にバルヴェニーらしい麦芽風味主体の個性の穏やかなブレンデッド。。。かと思いきや、余韻にかけてはピーティーなスモーキーさ、ほろ苦さも存在感を出してくる。
様々な蒸留所の原酒が融通されるスコットランドにおいて、これはどの原酒由来か考えるところではありますが、何れにせよ同時期流通ノンエイジ品のグランツと比べると遥かにモルティーで飲み応えがあり、オールドを飲むという楽しさを感じるボトルでもあります。

この手の麦芽風味からスモーキーな味わいは、自分の好みのタイプの一つ。そう言う意味で★6をつけてもいいかなと思ったのですが、後述する経緯から開封済みを頂き、自分の中で暫定的な位置付けが抜けなかったので、幅をもたせる形としました。
それでも市場価格は流通量の多さや原酒の傾向も手伝ってお手軽な部類であり、コスパの良さが光るオールドリリースだと思います。


気がつけば、最近ご無沙汰だったオールドブレンデッドスコッチウイスキー。
このボトルについては、ウイスキー仲間でTWDメンバーのTさんが、掲載してないでしょコレと持ってきてくださったもの。ありがたく頂戴しました。
また、投稿中のコメントでは、読者の皆様から自分の知らない情報をフォロー頂けるなど、モノ、情報、様々なパワーが集まってこのブログは成り立っています。

そうした背景もあり、ここ3ヶ月間の当ブログの総アクセス数は約935000PVでした。これは1日あたりのPVが10000を超えて、ブログとしてまた一つ壁を越えることが出来た証です。
皆様、本当にありがとうございます。

サントリー ローヤル 15年 ゴールドラベル 43%

カテゴリ:
SUNTORY WHISKY
ROYAL
Age 15 years
2000’s
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:注ぎたては少しぼんやりとしているが、紅茶のような柔らかい甘さ、徐々にマスカットや林檎を思わせる、華やかでややドライな樽香。ウッディでしっかりとした熟成感を感じるアロマ。

味:とろりとしてリッチな口当たり。合わせてウッディなほろ苦さ、複雑な樽感に軽い穀物感のあるグレーンの甘味、バニラウェハース、キャラメリゼ、微かにドライアプリコット。バランス良く、多層的。
余韻はねっとりとした甘味、コクを感じたあとで程よくドライ、長く続く。

ストレートではシェリー樽原酒の重厚なニュアンスも感じられるが、少量加水するとより華やかな樽香が解けるように広がってくる。ロックの味の持ちも良く、ハーフロックにするとスイスイ飲めてしまう香味のまろやかさ。その日の気分で様々な飲み方を楽しめる。

サントリー渾身の逸品として1960年代に開発されたブレンデッドウイスキー、ローヤル。
詳しい話は公式サイトを確認いただくとして、1997年、そのローヤルが12年にリニューアルする過程で、上位グレードとして発売されたのが、今回紹介するローヤル15年です。

当時発売されていたローヤル15年は、ギフト向けのゴールドラベルと、通常品の青地のラベルがありますが、流通時期によるロット差程度なのか味にあまり差はない(友人談)とのこと。自分が縁があったのはゴールドラベルばかりで、まだ飲み比べが出来ていませんが、機会があればこちらも購入したいです。
ちなみに2007年には再度リニューアルがあり、ラベルが微妙に変わったものの、2008年にはローヤル12年と共に終売となっています。(現行品はノンエイジ表記です。)

聞き齧っただけの話を垂れ流してしまいましたが、肝心の中身はというと、複雑で熟成感あり、山崎モルトの香味も感じられる、良くできたブレンデッドウイスキーです。
発売時期からしてウイスキー氷河期真っ只中、原酒も余っていたのでしょう。自分の中では当時がフラグシップである響含めサントリーブレンデッド全体がうまい時期という印象。
ローヤル15年はややもっさりした重さというか、言い換えれば重厚さというか、響とはブレンドの方向性に多少の違いはありますが、その系譜を受け継ぐ原酒のニュアンスも感じられます。

流通量多く、現時点ではそこまで古くないのでオールドボトルにありがちなリスクが少ないのもありがたい。ただボトル形状は大口径コルク採用かつ横置きされやすい形状のため、今後劣化ボトルが増えていく可能性も。。。
そう考えるとローヤル15年はまさに今が飲み頃。我が家の家飲みボトルの一つとしても重宝しています。

キリン 富士山麓 シグネチャーブレンド 50%

カテゴリ:
IMG_4017
KIRIN WHISKY
FUJISANROKU
Sigunature Blend 2017
Non-Chill Filtered
700ml 50%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット+ハイボール
場所:BAR飲み(サウスパーク@中野)
時期:開封後1ヶ月以内
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:少し焦げたような香り立ちだが、すぐにママレード、バニラを思わせる甘いアロマ、アーモンドナッツの香ばしさ、徐々にツンとエステリーなニュアンス。樽香を主体に香味が充実してくる。

味:とろりとした口当たり、ウッディーな樽香、カステラのような甘み、軽やかなスパイスが広がる。中間はグレーン感が主体で香味の広がりは穏やかだが、ボディはしっかりしており、バランスの良い熟成感を感じる。
余韻はコクのある甘みから舌上ドライ。べたつきなく、カカオや焦げた木材を思わせるほろ苦さを伴い長く続く。

樽のしっかり効いたブレンデッドだが、若さ、えぐみや渋みといったマイナス面は控えめで、甘くリッチで奥からエステリーな"らしさ"もある味わい。ハイボールにすると炭酸に負けず香味がしっかり広がり、個人的にストレートよりも楽しめた。若いニュアンス少なく、伸びしろも大きい印象。

IMG_4013

先日、蒸留所限定のディスティラーズセレクトを記事にした際、あわせて紹介させていただいた富士山麓の新商品。キリン・ドリンクス限定販売のシグネチャーブレンド。
今週は更新状況でお察しいただければと思うほど、本当に本業のほうが激務で、とてもウイスキーを飲んでいられる状況ではなかったのですが、週末何とか常識的な時間で業務を終えることが出来、ウイスキー仲間のTさん、Mさんと飲みに行く中でやっとテイスティングできました。

同品は樽毎に異なる原酒のピークを見極め、通常の富士山麓以上に厳選した原酒からブレンドしたブレンデッドウイスキー。富士御殿場蒸留所の原酒が個性を発揮する熟成期間は、バーボン樽で8年から15年との話なので、おそらくそのレンジの原酒が使われているのではないかと推測しています。
加えて、通常の富士山麓にある若いニュアンスを除外する方向でブレンドしている他、モルト比率は40%程度、ピーティーな原酒も使われているそうです。(前記事から再掲)

IMG_4014

飲んだ印象としては、通常の富士山麓 樽熟原酒50%の完全に上位互換と言えるブレンドで、双方を飲み比べると、樽香や熟成感といった違いと共通点がわかりやすく感じられました。
熟成は事前情報のとおり10年前後という感じ。樽香が結構しっかりついているのですが、樽香にある"嫌な部分"と"良い部分"で言えば、嫌な部分が目立つような濃さではなく、バランス良く仕上がっている印象を受けます。
少し苦味を感じる部分は樽以外にピート由来でしょうか。ストレートの味を引き締めているだけでなく、ハイボールにしても樽香と全体の味わいを整えています。

贅沢を言えばグレーンが多いためか、モルト原酒のようにコシのある香味が広がってこない、若干のっぺりとした感じになってしまう部分。それゆえか、甘みはあるのですが、煮た林檎やアプリコットを思わせる熟成した御殿場モルトのフルーティーさがあと一歩前に来てほしい、という点が少し気になりました。
勿論富士御殿場と言えばグレーンウイスキーは世界的に有名なブランドであるのですが、バランスが良い分ちょっとどっちつかずかなと。
開封からそう時間がたっていない時点でのテイスティングでしたので、今後開いてくるであろう「伸びしろ」として期待したいです。(評価についても幅を持たせてあります。)

それにしても、キリンウイスキーの商品展開戦略は面白い。通常商品は富士山麓樽熟原酒などの低価格帯を軸に、自社販売サイトオンリーの商品でコアユーザー向けを展開していく。
予算的にこれしか出来なかった。。。のかもしれませんが、現在の他社には見られない方式で、情報がどの層まで広げるかで販売量を管理している印象があります。
キリン本社のウイスキーに対する姿勢も変わってきたという話も聞いており、今後の展開が更に楽しみです。

このページのトップヘ

見出し画像
×