タグ

タグ:ブレンデッド

デュワーズ ネプラスウルトラ 1970年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190418_100133
DEWARS 
"Ne Plus Ultra" 
The Very Finest Scotch Whisky of Great Age 
1970's 
760ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR BARCK HEART
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:カルメ焼きのような甘く香ばしいアロマ、蜂蜜の甘み、軽い穀物感とオレンジピール、干し草のような乾いた麦芽香。合わせて土っぽくスモーキーなニュアンスも感じられる。

味:モルティーでしっかりと厚みを感じる口当たり。麦芽風味とオレンジ、べっこう飴、干し草を思わせる乾いた要素が香り同様感じられるが、コクのある甘みが全体をまとめている。
余韻はピーティーでビター、柑橘の皮のようにほろ苦く染み込むようなスモーキーさが長く続く。

オールド故の古酒感は多少あるが、それよりもスペイサイド含むハイランド系のモルティーさと古典的なピートが、経年で角の取れた舌触りに熟成感を伴って広がる。オードとアバフェルディが利いているのだろう。突き抜けないがしみじみと旨く、バランスも良い。
完成度の高いブレンデッド。


ネプラスウルトラは至高を意味し、かつてデュワーズブランドの最高峰だった銘柄。いや、現在はネプラスウルトラ30年がリリースされているため、今尚最高峰と言える、同銘柄にとって特別な1本です。
簡単な経歴や歴史については以下、1980年代流通品のレビューでまとめていますので、今回はその辺りさわり程度としますが、デュワーズブランドらしいハイランドモルトを主体とし、熟成感があってモルティーな味わいがこの銘柄の特徴であり、良さと言えます。

スタンダードのデュワーズ・ホワイトラベルは、構成原酒の比率の違いか、1960年代のティンキャップ時代でも多少の若さ、荒さが残っていますが、上位グレードでは熟成した原酒を使うことが全体的な完成度に大きく寄与しており、オールドデュワーズに求める味はこれだよと言えるような仕上がりです。

IMG_9478
(ネプラスウルトラ、1980年代流通の12年表記。原酒構成と方向性は1970年代とほぼ同じで、厚みとコクのある味わいがしみじみと旨い。レビューはこちら。)

そのデュワーズの味わいは、同じ流通時期の他の有名スコッチと少し異なり、内陸の原酒の良さがダイレクトに感じられる印象があります。
例えばカティサークやブラック&ホワイトは内陸と言っても構成がライトですし、ジョニーウォーカーにいたっては方向性から大分違う。バランタインだと多少近い印象があるものの、熟成したタイプのグレードは華やかさや樽感、そしてピーティーさが際立って、ここまで滋味な感じはありません。

1970年代当時、デュワーズ傘下だった蒸留所はアバフェルディ、グレンオード、オルトモア。DCL傘下のブランドだったのでブレンド用の原酒の融通を受けているとは思いますが、中でも蜂蜜を思わせる甘みやコク、微かに内陸系のピートを伴うスモーキーなキャラクターで、一番しっくり来るのがアバフェルディです。

10~20年程度熟成したこれら3種の組み合わせと、ブレンド用のバルクやグレーンの繋ぎ。突き抜けないが、嫌なところが殆どない実に良い仕事。
最近のデュワーズは、バランスこそ悪くなくピートも地味めで引き続き内陸系統の原酒の個性を感じられますが。NAから25年まで全体的にドライであり(30年は飲めてませんが)、時代の違いというべきか原酒の仕上がりの違いが効いているのでしょう。

フェイマスグラウス 1970年代後半流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190412_161904
FAMOUS GROUSE 
FINEST SCOTCH WHISKY 
1970-1980's 
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1ヶ月以内
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:パウンドケーキやカラメルソース、シェリー系の甘みの中に染み込むようなほろ苦さ、土っぽさと干し草を思わせるピーティーなアロマもある

味:マイルドでリッチな口当たり。キャラメルウェハースやカステラの茶色い部分、色の濃い蜂蜜のようなとろりとした甘みに、乾いた植物感や穀物、徐々にしっとりとして存在感のあるピーティーさが存在感を増し、ほろ苦くスモーキーな余韻へと繋がる。

内陸系の植物が積み重なったようなピーティーさと、モルティーなコクのある味わいをベースに、カラメルっぽさのあるオールドタイプのシェリー系のニュアンスが合わさっている。ハイランドパークの個性を連想させる味わいが主体的に感じられる。旨いスタンダードスコッチだ。

IMG_20190412_161632

これは良いフェイマスグラウスだ、そう感じさせるキーモルトの個性。多少グレーンの要素もありますが、特にピートのキャラクターにハイランドパーク感がしっかりと備わっており、味わいもリッチで若い印象の無い完成度の高いブレンデッドです。

フェイマスグラウスは、それこそ100年以上の歴史のあるウイスキーですが、日本に本格的な輸入が始まったのは大阪のハマヤが対応するようになった1974年以降。1980年頃にハマヤから松下電器が正規代理店として販売元まで引き受けるようになると、より広く普及したようで、現在のリユース市場にはハマヤ時代より松下のみの時代の方が在庫は多く残されています。

484b4482 (1)
(日本にほぼ流通のなかった1960年代のフェイマスグラウス。古酒っぽさに加えキーモルトの個性も素晴らしい。)

IMG_20190413_073614
(ハマヤが国内販売を開始した1974年、1970年代中頃辺りのものと考えられる流通品。今回のボトルとはネック部分のボトルデザインが微妙に異なる。)

97bea795
(今回レビューしたボトルの後、松下のみで扱われた1980年代中頃流通のボトル。味わいは悪くないがグレーンやモルトの内陸感、あるいはリフィル系の樽の比率が上がったように感じる。なお、1980年代後半には雷鳥のイラストの下に紋章が書かれたラベルにシフトする。)

以前掲載した1960年代流通のフェイマスグラウスのレビューで、そのキーモルトであるハイランドパークを思わせるモルティーな味わいが素晴らしかったと評価していたところ。
前後で比較すると、松下時代の1980年代中頃から1990年代のフェイマスグラウスは、現行品に比べたら遥かにレベルが高いものの、樽感あるいは熟成感などは薄くなって古き良き時代に及ばず。
改めて飲むと、個人的にフェイマスグラウスに求める味わいがあるのは、今回のラベルの時代までかなあと感じた1杯でした。

オールドパー 1960年代流通 ティンキャップ 43%

カテゴリ:
IMG_20190328_230751
OLD PARR 
Deluxe Scotch Whisky 
1960's 
760ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:落ち着きがありマイルド。オールブランや黒糖ふ菓子。甘く香ばしいモルティーなアロマから、スモーキーで徐々に土っぽいオールドピートが薫る。

味:マイルドでコクのある口当たり。古典的な麦感と角のとれたピートフレーバーが主体。薄めたカラメルソース、カステラの茶色い部分、少し焦げたチョコレートクッキー、微かに溜まり醤油的な古酒感もあり、深みのある甘さとほろ苦さ。
余韻はビターで内陸系のピーティーさ。染み込むように長く続く。

時代を感じさせる古典的なハイランドモルトの麦芽風味と内陸系のピートフレーバーに、樽由来の甘味のオーソドックスな味わいが特徴。このボトルのキャップの汚染度合いは10段階で2~3といったところ、今後半年から1年程度で香味が開けば、よりオールド本来の味わいが楽しめるはず。

IMG_20190328_230845

1916年から日本に輸出されていた記録が残っているオールドパー。今回の流通時期である1960年代には、著名人が愛飲していたことなどから、ギフトとして需要があったとされる銘柄です。
世界一長寿だったとされるトーマスパー氏のエピソード、斜めに立つボトルデザインなどの験担ぎが、当時の政治家などの上流階級にヒットしたようです。1971年に洋酒輸入自由化が行われると、わずか2年後の1973年には、オールドパーを中心に取り扱う正規代理店オールドパー株式会社が設立されたことからも、その人気が伺えます。

当時は味で評価されたわけではなかったとする意見もありますが、キャップ臭の影響が少ない個体に当たれば、キーモルトのひとつであるグレンダランを思わせる厚みや香ばしさのあるモルティーさとピートフレーバーが備わっていて、派手さはないもののオーソドックスな美味しいブレンデッドに仕上がっています。
今回のテイスティングでも、その系統のフレーバーが感じられ、しみじみと飲み進めることができました。

35c86cfe
8963ecbb
(オールドパーの1970年代前半流通(写真上)と、1970年代後半から1980年代前半流通品(写真下)。デザインの違いはキャップシールがわかりやすい。また、1980年代中頃以降は熟成年数として12年表記が入る。)

オールドパーは元々アジア地域への輸出でヒットしたブランドだったため、同じ1980年代以前のものでも、特級表記のないものが個人購入品として数多く日本に入ってきています。
流通時期によるデザインの違いは上記の通り。味は1980年代のほうがグレーン由来の甘味が強く、ピートフレーバーも控えめになって少しべたつくような感じを受けます。

一方で、1970年代前半のものは、1960年代ティンキャップ時代と大差なく、上記のとおりグレンダランの特徴が主体。
1950年代に入ると、カラメルっぽさより純粋に麦芽系の風味が強く感じられるようになり、これは非常に美味しいのですが・・・この時代のオールドパーはキャップの汚染を考えるとまず当たりがでないため、BAR等で状態の問題ない(あるいは妥協できる)レベルのものがあれば、是非テイスティングしたい1本です。

バランタイン 21年 ヨーロピアンオークエディション 40%

カテゴリ:
IMG_20190307_203300
BALLANTINES 
AGED 21 YEARS 
SIGNATURE OAK EDITION 
European Oak 
700ml 40% 

グラス:サントリーテイスティング
時期:開封後1ヵ月程度
場所:日比谷BAR
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:シーズニングシェリー系統の黒蜜やドライプルーン、湿ったウッディネス。時間経過で乾いた草や穀物など、奥に潜んでいた要素も感じられる。

味:スウィートで徐々にドライさを帯びる口当たり。ほのかな古酒感があり、黒砂糖、ドライプルーンやチョコウェハース、干し草のようなウッディさが後半にかけて感じられる。中間はやや単調気味だが余韻にかけてしっかりとスパイシーで程よいタンニンを伴う。

黒蜜系で圧殺にならない程よい濃さ、バランスのいいシェリー感が備わっている。ただし時間経過でシェリー感が抜けて乾いた草やグレーン感が顔を出す。また、少しオレンジ系のニュアンスも。序盤は★6台なのだが。。。
少量加水で刺激が和らぎバランスは多少整うが、これならストレートでも変わらない。

IMG_20190307_203412

バランタインから免税店向けにリリースされた、一つの樽の個性を際立たせたブレンデッド、シグネチャーオークエディション。
アメリカンホワイトオーク樽、ヨーロピアンオーク樽のものがそれぞれリリースされており、今回はヨーロピアンオークエディションをレビューします。

先日レビューしたアメリカンオークエディション(バーボン樽)は、オーキーなフレーバーが構成原酒に馴染みやすく、熟成期間もちょうどいい時期に当たる原酒が使えます。実際、らしいフルーティーさが備わっていて、美味しくバランスの良いブレンデッドでした。

一方で、このヨーロピアンオーク(メーカー情報ではシェリー樽)は、どこまで樽を効かせるか、加減が難しかったのではないかと推察します。
というのも20年程度の熟成なら、酒質部分のキャラクターが残りやすいバーボン樽に比べ、シェリー樽は文字通り酒質由来の香味を圧殺する恐れがあります。
真っ黒なバランタインも飲んでみたくはありますが、それはもはやバランタインなのかという疑問。逆に薄すぎると他の原酒の個性に負けてしまい、コンセプトに反するブレンドになってしまうのです。

その視点で今回のブレンドを見てみると、シェリー感は適度。通常のバランタイン21年に比べて黒糖系の甘味やダークフルーツの香味の備わったリッチな構成でありつつ、ハイランドモルトを軸にしたブレンデッドであることも感じられる。バランスの良い味わいに仕上がっています。
ただ惜しむらくは、樽由来の香味と酒質の軽くなったところが加水とチルフィルで整地され、単調さというか中途半端な印象も持ってしまうこと・・・ですね。
決して不味くはないのですが、この組み合わせの限界も見たように思います。

IMG_20190307_203053


以下、ウイスキーとほとんど関係ないスマホ雑談。
昨日HUAWEI社のスマートフォン最新モデル、P30シリーズが発表されました。
このシリーズはカメラ性能を最大の売りにしており、現在発売されているP20ですら下手なコンデジを凌駕して、全スマホ中最高レベルのカメラ性能と言われていたのですが。。。

新たに発表されたP30は、コンデジを凌駕っていうか、もはや駆逐しに来ましたね。そのまま一眼レフの領域まで踏み込んでいく勢い。
なんすか、ISO409600って(笑)。お馴染みのライカレンズのカメラは、メインが光学手ぶれ補正付きでf/1.6。ボトル撮影で活躍する望遠は光学5倍デジタル50倍ズームのf/2.4。イメージセンサのサイズは前作同様に1/1.7ですが、光を取り込む独自の工夫がマシマシ。
これってつまり、ハイエンドコンデジに最新のAI補正機能やらがついてポケットにすっぽり入るようなもんですよ。
手持ちで月が撮れるとか、その気になれば天の川まで撮れるとか、暗所に強いってレベルじゃない。ファーウェイまじハンパないって。

st52693_hu-01
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1903/27/news056.html

なぜこのニュースに食いついてるかというと、自分が現行機種であるP20ユーザーであるため。
使っていたコンデジが古かったので、買い換えるか兼用狙いでスマホをカメラ重視にするか検討し、2月からP20(無印)に機種変したところ。使ってびっくり、暗いBARでもそれなりに奥行きや質感が出て、手軽に綺麗な写真が撮れてしまう。今やブログの写真は全部スマホ撮影です。
オーセンティックなお店でカメラ撮影って、許可してもらってても少々憚られるものですから、さっと出してフラッシュ無しですぐ撮れて、それでいて綺麗って、SNSやブログユーザー的には凄い付加価値だと思うんですよね。

なお、HUAWEIのスマートフォンには”余計なものが見つかった”なんて報道があって、警戒している方もいると思いますが、以下のレポートにあるように、そんなものは存在しないと思います。
クラウド上のデータは、確かに中国というお国柄、国の要請で参照される可能性はありますが、それはアメリカとて同じこと。一般人が個人用途で使う分には、何ら問題はないわけです。

製品分解で探るアジアの新トレンド(34):“余計なもの”って何? 「Mate 20 Pro」の疑惑を晴らす。

明るいところで綺麗に撮れるスマホカメラはいっぱいあります。ただ条件が厳しい暗所に強いカメラを搭載したスマホとなると、他社製品ではiPhoneXsが筆頭ですが、iPhoneは価格が高いのと、P20で同格だったところにP30の発表で一歩先にいかれた感じが。。。
日本での実売想定価格はP30無印で7~8万くらい、Proで10万~。1年くらい経って値下がりしてきたら、今のP20から機種変しようかな。
あぁ、お金ためいなと(笑)。

バランタイン 21年 アメリカンオークエディション 40%

カテゴリ:
IMG_20190307_203143
BALLANTINE'S 
SIGNATURE OAK EDITION 
American Oak Casks 
Aged 21 years 
700ml 40% 

グラス:サントリーテイスティンググラス
場所:日比谷BAR
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかい香り立ち。ドライで乾いた木材、オーク系の華やかなアロマ。メレンゲクッキーやカスタードを思わせる甘み。微かに青みがかった要素もあるが、バランスがとれており品の良さがある。

味:クリーミーで角のとれたウッディネス、柔らかい口当たり。徐々にスパイシーさとバニラや洋梨などのフルーティーさ。バランスの良い味わい。
余韻はドライでほろ苦いウッディネス。鼻に抜けるオーキーな華やかさ、近年系のトロピカルフレーバーも伴う。

アメリカンオーク由来のフルーティーさと華やかな特徴が、くどくない程度に備わったブレンド。バランスが破綻しておらず、加水ブレンデッド故に突き抜けはしないが、完成度の高い味わいと言える。
なお少量加水で一瞬フルーティーさ、クリーミーで華やかなウッディネスがさらに開くが、味はやや苦味が強くなる。

IMG_20190307_203351

バランタインから免税向け商品として、2015年と2016年にリリースされたシグネチャーオークエディション。バランタイン21年をベースに、特定の樽由来の香味を際立たせたブレンデッドで、ヨーロピアンオークとアメリカンオークがリリースされています。
リリース時期は上記の通りで、並行品が一部日本にも流通もしていたものの、この度正規品が今年の1月から日本でもリリースされています。

この手のリリースの大多数は、正規品がなくても特に困ることもないのですが、このタイムラグはなんだかなと感じてしまうことが、今回のリリースに限らずスコッチウイスキー全般でありますね。
今回のように免税品の場合、むしろよく入荷してくれた!!って話なのかも知れませんが。。。蒸留所の親会社なのに、その限定品や通常商品すら入らないケースもありますので。

IMG_20190307_203053
(バランタイン・シグネチャー・オークエディション、ヨーロピアンオークエディション(左)と、アメリカンオークエディション(右)。すべて同一の樽で熟成された原酒から作られているわけではないようだが、どちらもしっかりとテーマとする樽由来の特徴が備わっている。)

ヨーロピアンオークエディションは、言わばスパニッシュオークであり、シェリー樽を思わせる黒糖やキャラメルのような甘みが主体。アメリカンオークエディションはバーボン樽を思わせるバニラの甘みと、黄色いフルーティーさと言えるトロピカルなフレーバーが、バランタインという枠の中で主体的に、しかし過度に主張しないバランスで感じられます。

特に、今回レビューするアメリカンオークエディションのほうが、ベースとなるブレンドとフレーバーの違和感がなく好みですね。
元々バランタインは、以前シングルモルトもリリースされたグレンバーギーやミルトンダフなど、内陸系の原酒を軸に作られています。
それらの原酒とアメリカンオークカスクの相性のよさは、これまでの個別のリリースで折り紙つき。結果、バランタイン21年との相性も悪いわけがないのです。

度数が40%なので、ボディが弱すぎないか、香味のへたり具合が早いのではとも思いましたが、そんなことはなく。意外にしっかりモルティーで、飲み疲れないバランスの良さはブレンデッドこその完成度。家でじっくりのみたい美味しいウイスキーであると感じました。
いやあ、良い仕事してますねぇ。

このページのトップヘ

見出し画像
×