タグ

タグ:ブレンデッド

笹の川酒造 963 ブレンデッドウイスキー 赤ラベル 46%

カテゴリ:
IMG_5116
963
MALT & GRAIN
RED LABEL
FINE BLENDED WHISKY
SASANOKAWA SHUZO
700ml 46%

グラス: 木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★(4-5)

香り:ツンとしたアルコール感、ハッカのようなスーッとする爽やかさ、ザラメの甘さ、乾いた穀物のようなアロマ。時間経過でラムのような植物っぽいニュアンスが開いてくる。

味:ややドライで若さを感じるニュアンスはあるが、まろやかなコクのある甘みがある。ケーキシロップ、バニラウェハース、ビスケット。
余韻はヒリヒリとしたアルコール感、ドライ。干し草、微かなピートを伴いさっぱりとしている。

香りほどアタックは強くなく、口に含むと柔らかい甘みにモルティーな味わい。ハイランドタイプのブレンデッドを地で行く構成。単調気味だが飲みやすくまとまっている。
ストレート、ロック、ハイボール、様々な飲み方で気軽に飲める晩酌ウイスキー。


先日紹介した963の黒ラベルの姉妹品。黒ラベルがアイラモルトを彷彿とさせるピーティーな原酒を主体に作られているのに対し、赤ラベルは穏やかなハイランドタイプの原酒を主体に構成されています。
WEB上の評判は黒ラベルのほうが良いようですが、香味のベクトルの違いはあれど、質的に両者にあまり差はなく、この赤ラベルもなかなか頑張ってるなと感じています。

ピートや樽感というものはお化粧のようなモノで、付けすぎているとケバくてしつこいものの、原酒の嫌味な部分、若い部分などをマスクするため、それなりな仕上がりになる傾向があります。ニューポットなんかはまさにそうですね。
他方、ノンピートならぬピートをほとんど焚いていない原酒の場合はその逆、酒質由来の要素がダイレクトに飲み手に届きます。
若い原酒を使うウイスキーでは、そうした香味とのバランスが特に難しいと思う部分になります。

IMG_5110

この963赤ラベルは、全体のバランスをとるため若い原酒に加えて中熟クラスの原酒が使われている印象があります。
樽感は淡くリフィルタイプですが、飲み口の後に広がる甘みに柔らかいモルティーなコクが混じって余韻への橋渡しとなっており、若さ、嫌味な要素を軽減。熟成感としては黒ラベルよりも感じられます。
こういう樽が強くなくコクのあるウイスキーは、ハイボールにしても柔らかさ、スムーズな飲み口が残るので、テイスティングの通り色々な飲み方に使えるわけです。

笹の川酒造のお膝元である福島県郡山市では、酒販店頭にも多く見られるようになってきたという963シリーズ。
カクハイを卒業したら次はご当地ハイボール。笹の川酒販では今年からピーテッド原酒の製造も始まったとのことで、このまま現地の文化として成長し、根付いていって欲しいですね。

ニッカウイスキー 余市蒸留所限定 ブレンデッド 40%

カテゴリ:

NIKKA WHISKY
YOICHI DISTILLERY LIMITED
BLENDED WHISKY
(No Aged)
500ml 40%

グラス:木村硝子
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★(5)

香り:フレッシュで爽やかな香り立ち。ツンとしたアルコール感、レモングラス、ドライオレンジピール、乾いた木材、時間経過でビスケットのような甘みと香ばしさ。淡い土っぽさとピート香もアクセントとして感じられる。

味:柔らかいコク、酸味の混じる口当たり。クリーミーで厚みがある香ばしい麦芽風味、クラッカー、微かにメレンゲクッキーのような甘み、じわじわとスモーキーなフレーバー。余韻はしっとりとしてピーティー、染み込むように続く。

ラベルの色合いそのまま、爽やかな若さを感じるウイスキー。フレッシュな香りに反して味はコクのある甘み、少し時間経過で穀物系のニュアンスも出てくるが、総じてモルティな味わい。加水、ロック、ハイボールと飲み方を選ばない。個人的には爽やかさとモルティーな甘みのバランスが取れるハイボールがオススメ。


つい先日、余市蒸留所で新しく発売を開始したばかりのブレンデッドウイスキー。
余市蒸留所ではこれまで平べったい360mlボトルで限定ブレンデッドウイスキーが販売されていたところ、それがリニューアルされる形となりました。
(ウイスキー仲間のSさんの投稿をFBで見掛け、感想を聞いたところサンプルを送ってくださいました。ありがとうございます。)

余市蒸留所の原酒をベースに作ったブレンデッドで、熟成感としてはオフィシャルのシングルモルトNAとほぼ同じくらいですが、若さによる嫌味として出てくるであろう部分をグレーンがマスクし、余市の個性がありつつバランスの良い仕上がり。
ただ、前作のブレンデッドと比べると、余市らしさが強調される一方、キャラメルのような甘みをベースとした、バランス寄りの味わいからはベクトルが大きく変わっています。

後はどちらが好みかと言う話でもありますが、蒸留所でこそ買えるウイスキーという意味では、その蒸留所の個性を際立たせたモノのほうが・・・とするなら、この1本は飲みやすさと個性を両立している、商品としてのバランスの良さが評価できる構成だと思います。
また、余市蒸留所関連の限定品としてはこのほか、2000's、ピーティー&ソルティ、ウッディ&バニリック、シェリー&スウィートがあり、それぞれ500ml6000円が相場。一般的には手が出にくい価格帯である一方、この蒸留所限定ブレンデッドはそれ以下の価格に抑えられていて、手に取り易さもポイントですね。

清里フィールドバレエ 28th イチローズモルト ブレンデッドウイスキー 48%

カテゴリ:
IMG_5015
KIYOSATO FIELD BALLET
28th Anniversary
Ichiro's Malt & Garin Japanese Blended
700ml 48%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★★★(7)

香り:熟成感を感じる重みのある香り立ち。キャラメルやチョコチップクッキー、ナッツ、杏ジャムの酸味、ハーブの爽やかさ・・・まるで熟成庫の中にいるような多層的なアロマ。時間経過でウッディネス、ハーブを思わせるニュアンスが強くなっていく。

味:とろりとコクのある口当たり、黒砂糖、キャラメリゼしたアーモンドや胡桃の甘みとほろ苦さを感じた後、ドライアプリコット、熟成梅酒、落ち着いた甘酸っぱさからじわじわとタンニンが広がっていく。樽感は強いが決してしつこくない。
余韻は柔らかくドライ、酸味を伴うウッディネスとほのかなえぐみ。滑らかに伸びていく。

クラフトウイスキーとして完成度の高いブレンデッド。熟成感は体感30年ほどだが、それを越える古酒、傾向の違う原酒が使われてバランスが取られている印象もある。羽生らしさと重厚感のある香味、余韻にかけてのまとまり、柔らかさに注目したい。
加水すると飲み口はさらに柔らかく、樽感もおだやかになってポジティブな変化が見られる一方、甘みや果実味が多少犠牲になる。チェイサー片手にストレートで楽しみたい。
IMG_5031

清里、萌木の村で毎年夏に開催されているバレエの野外公演、清里フィールドバレエ。今まさに28年目の公演が行われている最中であり、今年もその公演を記念したウイスキーがリリースされました。

記念ウイスキーのリリースは3年前の25周年から始まり、今作のブレンダーは26周年、27周年に引き続きイチローズモルトの肥土伊知郎氏。
閉鎖蒸留所である羽生蒸留所のモルト原酒と川崎蒸留所のグレーンを使ったブレンデッドウイスキーで、どちらも原酒のストックが非常に少なくなり、もうリリースできないのではないか。。。という話も囁かれる中。貴重な原酒を使ったリリースを継続しているのは、イチローズモルトと萌木の村との結びつきの強さを感じます。

今回のリリース、純粋にブレンデッドとして26周年、27周年以上によく出来ている1本だと思います。
これまでのイチローズモルトによる2作、26周年は長期熟成グレーンのバニラ系のニュアンスが強く、27周年はモルト、樽が強く出て荒々しさも残る構成。
そして今年の28周年は、長期熟成モルトとグレーンがバランス良く調和、これまでと傾向が異なり濃厚でコクがありながら、ともすればしつこくなりがちな味わいが余韻にかけて穏やかにまとまる。
観劇が終幕することへの一抹の寂しさと、後に残るウッディネスがじんじんと興奮の名残のごとく感じられるのです。

勿論、同じ★7評価の中でもこれ以上に綺麗で華やかで、そしてスムーズなブレンデッドウイスキーが他に無いわけではありません。ネガティブな要素も少なからずあります。
ただ、今回のボトルはクラフトやジャパニーズの「らしさ」を備えつつ、多層的な香味として高いレベルでまとまっている点が素直に良さとして感じられるのです。
ウイスキーは時間と環境が育てるものだということを再認識した1杯でした。

IMG_5024

この2017年、萌木の村からはこれで3本もの記念ウイスキーがリリースされたことになりました。
ポールラッシュ生誕120周年のシングルモルトとメーカーズマークがそれぞれ4月と7月に。そしてこのフィールドバレエが8月に。タイミングもあるとは言え凄いペースです。
オーナーであり企画人でもある舩木氏は「清里の奇跡」と表現していましたが、願うだけで奇跡は起きないわけで、きっと様々な苦労や調整があったのだと思います。

清里フィールドバレエ記念ボトルは、サントリーが手掛けた25周年ボトルの、美しく華やかな味わいに始まったストーリーが、中間から後半は様々な動きと伏線が絡まる重々しい内容となり、今年のそれは起承転結で言うフィニッシュ、フィナーレとしてぴったりな内容でした。
順を追うならこの後はカーテンコール・・・。来年はどういったリリースが行われるのか、今から楽しみです。

笹の川酒造 963 ブレンデッドウイスキー 黒ラベル 46%

カテゴリ:
963
MALT & GRAIN
FINE BLENDED WHISKY
SASANOKAWA SHUZO
700ml 46%

グラス: 木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★(4-5)

香り:透明感のある香り立ち。乳酸系の酸味、塩素、シトラスの爽やかさと焦げたようなスモーキーさ。徐々にローストナッツを思わせる香ばしさもある。

味:ドライな口当たりとあわせてとろりとしたオイリーな甘みのある粘性、ピリピリとしたスパイスの刺激、酸味を伴う麦芽風味にスモーキーフレーバーがしっかりと広がる。
余韻はドライでピーティーでスモーキー、根菜を思わせる苦味、焦げたようなピートの香味がしっかりと長く続く。

ピーティーでモルティーなブレンデッドウイスキー。原酒の若さ故やや単調な味わいではあるが、その分ピートレフレーバーという個性が際立っている。ドライな飲み口に反してボディもそこそこあり、ストレート以外にロック、そしてハイボール、あるいは最近流行りのシビハイなど用途は多い。


今年3月頃、笹の川酒造と福島県南酒造がリリースしたブレンデッドウイスキーの新商品。開封直後から味わい的に夏向きだなと、ブログ掲載時期をずらしたところ、気が付いたら8月に入ってしまっていました。
いやぁ、月日が経つのは早い。。。 最近特に早い。。。(笑)

この963シリーズは輸入原酒も含めて幅広く原酒を使って作る、福島県南酒販のプライベートブランドの一つです。
昨年は963の8年や21年が50%オーバーの仕様でリリースされ、特に21年が某ウイスキー雑誌で高評価されるなど注目も集めました。
今回テイスティングしている963の第二弾となるNA(黒ラベル、赤ラベル)シリーズは、46%加水で価格を抑えるために比較的若い原酒を使用。赤はハイランドタイプ、黒はアイラ系のスモーキーな構成、どこかで聞いたような住み分けですが、程価格帯の無個性なウイスキーから脱却し、モルトの尖った個性を付与する方向性でブレンドされています。

黒ラベルについては若いは若いのですが、嫌味に感じるほどの未熟香はなく、クリアでドライ、余計な要素が少ない分ピートフレーバーが際立ってブレンドの個性を楽しめる味わい。また、モルト比率も多めなのでしょう、結構しっかりモルティーで、例えば若いカリラやアードモアに共通する香味も感じられます。


(笹の川酒造・安積蒸留所でカリラというと思い出すのが貯蔵庫に転がっていたカリラの古樽。中身は既にカリラではないウイスキーカスクだが、こうした樽があるのは同社が長くウイスキーづくりに関わってきた証でもある。)

ウイスキーづくりはサントリーやディアジオのように多種多様な原酒を持てる場合を除き、特にクラフトの場合は作れる商品の方向性に限りがあり、しかも大体どの会社も同じところに収束する印象があります。
すると1本あたりのコストは大手の方が安く済むので、どうしてもクラフト系のブランドは割高になってしまいます。これはどの業界も同じような状況ですね。
ではクラフトは何を武器に大手と戦うか、一つは同じ市場で戦わない、大手が出さないような味、個性的な商品を作っていくのが一案。
そしてもう一つは、地域に根ざした活動で、ご当地アイドル的に一定の市場を確保する方法。

この963の黒、赤は個性という点で面白いウイスキーを作ってきたと思います。バランスよりも尖った味わい、しかしどちらのタイプもスコッチ・ジャパニーズ全体で珍しくないので、昨年試作品を見せてもらった日本酒酵母のウイスキーや現地のワインやリキュールなど何か使えないかと感じるところ。
後は963の(福島県郡山市を中心とした郵便番号から命名)このブランドがいかに現地でファンを獲得するか。現地の百貨店などではテイスティングイベントも行われているようですし、昨年募集されたカスク共同オーナーも素晴らしい企画でした。手間がかかるだけでなくトライ&エラーも続くと思いますが、今後も引き続き面白いウイスキーを作っていって欲しいです。

ローガン 12年 1980年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_4438
LOGAN
Aged 12 years
Deluxe Scotch Whisky
1980's
1000ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅(持ち寄り会@J氏)
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースやみたらしのようなとろりとした甘いアロマに古酒感。甘みには焦げ感があり、カルメ焼き、キャラメリゼのようでもある。また、ヨードを思わせる若干の薬品香、しっかりとしたスモーキーさも備わっている。

味:香り同様にとろりとした甘みはカラメルソースやみたらし、どっしりとしたピート香も感じられ、リッチなフレーバーが口内に広がる。中間から余韻にかけてはやや単調で少し軽さも感じるが、全体的に濃い味わいが続く。
余韻はモルティーでスモーキー、ほろ苦くビター。

スモーキーで甘口なブレンデッドの代表格といえる銘柄の一つ。キーモルトとなるラガヴーリンらしいピートフレーバーがありつつ、カラメル系の甘さが飲みやすさとバランスにも繋がっている。ストレート以外にハイボールがオススメ。


ホワイトホースの上位グレードとなるローガン。ホワイトホース社が所有する蒸留所の中でも、ラガヴーリンの配合が多いとされるブレンデッドで、テイスティングのとおり飲んで納得のスモーキーな味わいがあります。

オールドブレンデッド市場を見ていると、アイラモルトやタリスカーなどスモーキーな原酒を中核とする銘柄が人気となるケースが多く、特に古いものほど注目を集めるわけですが、下手に高騰して状態もリスキーなホワイトホース・ティンキャップとか手を出すなら、普段飲みは手に入りやすい80年代流通のローガンで良いんじゃない?なんて思ってしまうこともしばしば。もちろん古いホワイトホースの状態の良いヤツとかキングジョージとかメチャウマなんで、そのロマンを追うことは否定しませんが。。。
ジョニーウォーカーのオールドとか好みな方には、オススメしたい銘柄でもありますね。

他方、ウイスキーは時代によって味が変わるものです。ローガンもまた同様で、時代時代によってドライな時期もあれば今回のボトルのように甘みが強い時期もあるように思います。
ローガンは細かいラベルチェンジが多く、海外向けも多く日本市場に入ってきていますので、見分けは基本的にはキャップの形状や色で見ます。
①1950年代、60年代はショートスクリュー。(白ラベルや馬の絵の書かれていない時代)
②1970年代前半はごついスクリューキャップ。(12年表記の有無が分岐)
③1970年代後半は金色のシンプルなスクリューキャップ。
④1980年代初頭からはあずき色のスクリューキャップ。←今回のボトル
⑤1980年代後半鉛シールの貼られたスクリューキャップ
※レアード表記については①の1950年代に一部見られるも、裏ラベルにかかれる程度。その後1960年代には見られないが②以降は平行する形で存在する。

日本のオールド市場で数が多いのは③~⑤です。今回のボトルは④、その前となる③の時代はややドライで甘みが薄めな仕上がり。この辺は好みの問題ですが、ハズレを引きにくい1970年代以降で選ぶなら②か④が甘みとスモーキーさがしっかりあり、ローガンとしてオススメの流通時期だなと感じます。
④は比較的入手しやすいボトルである一方、手に入るなら②ですかね、ボディの厚み、スモーキーさと甘み、今回の④より頭一つ抜けた仕上がりとなっています。もし興味があります方は、合わせてどうぞ!

このページのトップヘ

見出し画像
×