タグ

タグ:ブレンデッド

ウィリアム ローソンズ 8年 1970年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190605_222846
WILLIAM LAWSON'S 
Aged 8 years 
Rare Blended Scotch Whisky 
1970's 
760ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封直後
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:スウィートでカラメル系のオールドシェリー、鼈甲飴、アルマニャックのような葡萄感を伴うリッチなアロマ。時間経過でビターなウッディさ、籾殻のような乾いたアロマも感じられる。

味:スウィートでダークフルーツ系の角のとれた酸も伴う。中間は少しグレーン系の穀物。
余韻は干し草のような乾いた質感、オールドシェリーの鼻抜け、ビターな樽感を伴う。リッチな余韻。

オールドブレンデッド好きが納得する美味しさ。当時のウイスキーに見られるカラメル系の甘さとモルトのふくよかさとコク、グレーンで整えられたバランスの良さ、微かなピートのアクセント。こういう味が好きなのだと、原点を思い出させてくれるような味わい。

IMG_20190605_222540

デュワーズと同門で、現行品についてはおそらく原酒構成も近いと思われるブレンデッド、ウィリアムローソン(ウィリアム・ローソンズ)。現在日本では正規代理店がないためメジャーではありませんが、半世紀以上前からマルティーニ・ロッソとの繋がりが深い関係で、販路があったフランスやスペイン、あるいは南米などでは結構売れてるらしいです。

作り手を調べて見るとぽっと出どころか100年を越える歴史があって、洋酒ブーム時代の日本にも一定数輸入されていたところ。
ただ、1972年に社名を変更しWilliam Lawson Distillers社が設立され、同時にマクダフ蒸留所を買収する前は・・・構成原酒がよくわかりませんでした。
マクダフ蒸留所の設立は1962年。買収前から親密にお付き合いしてましたというには、いささか原酒が若すぎるんですよね。

さて今回のボトルは社名変更が行われた後、つまりマクダフの買収後の流通品。JAPAN TAX付きのロットもあるため、その1972年から1974年には既に日本に入ってきたと推察されます。
当時はエイジング表記の無い白ラベルと、今回の8年表記があり、白の方はライトでドライ、個性の強くないタイプでアメリカ市場受けしそうな味わい。これはマクダフというよりローランド系のモルトが結構使われてるように感じました。一方、今回の8年は熟成感があり、スウィートでコクがあって、流石麦感豊富な当時のマクダフ。。。もはや別モノと言えるくらいに格が違いました。

開封後一緒に飲んだ常連モルト好きの皆様とも、これは旨いと話題に。
ただ、惜しいことに8年の方はキャップの裏が例のアレ(上写真参照)であること。
今回お酒の美術館で開封したロットは、汚染指数ゼロと言えるほどにキャップ汚染がなく封切りから素晴らしい状態でしたが、他のロットはこうはいかないので注意が必要です。


以下、余談ですが、先に触れたように本銘柄は1998年からバカルディ傘下でデュワーズと同門。現在、デュワーズの製造場所となっているグラスゴー近郊、クライド川のそばにある工場ではウィリアムローソンも作られている模様で、工場には同銘柄の看板も見られます。
一方なんの偶然か、あるいは許可された土地がそこしかなかったのか、その工場の裏にはBeam Suntory社の集中熟成庫らしき建物があるのが興味深いです。
今のところ双方には。。。なんの繋がりもないハズなんですけどね。

オールドパー 1950年代流通 雑酒特級 43%

カテゴリ:
IMG_20190518_124335
Grand Old Parr 
REAL ANTIQUE AND RARE OLD 
Scotch Whisky 
1950's 
750ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:古い熟成庫のような落ち着きと古びた印象を受ける古酒香。キャラメルコーンのような甘味、あるいはべっこう飴、仄かな香ばしさのある古典的な麦芽香。時間経過で干し草や土っぽさとスモーキーフレーバーが存在感を増す。

味:しっとりとしてマイルドな口当たり。古典的な麦芽風味とカルメ焼、色の濃い蜂蜜。続いてピリッとする刺激とオールブランのほろ苦さ、合わせてどっしりと強いピートフレーバーが感じられ、スモーキーなフィニッシュに繋がる。

経年で角はとれているがかなりピートフレーバーが強く、当時のモルトの特徴とされるキャラクターがこのボトルからも感じられる。モルト比率も高く、当時のジョニーウォーカーなどと比較しても決して劣らない。むしろレベルの高いオールドブレンドである。金属臭さえなければ。。。

IMG_20190518_124449

奇跡的なオールドパーを引き当てることが出来ました。輸入はミリオン商事で、同社は1952年に西八丁堀に東京本社を開業しているため、雑酒表記の期間と合わせると本ボトルの流通時期は1952~1960年ということになります。外箱にも雰囲気がありますね。

オールドパーと言えば金属キャップによる状態の悪いものが多いボトル。古ければ古いほどリスクが高まるため、10本中8本はハズレではないかという宝くじ的ボトルであることは過去の記事でも度々触れてきたところ。加えて、そもそもモノが少ない1950年代流通品で金属臭のないボトルに当たるというのは、ボトルの相場以上に価値と幸運のあることだと思います。

オールドパーの主要原酒であるグレンダランは、1964年に蒸留所の建て替えに着手。以降旧設備と新設備の2蒸留所が稼働する状況となりますが、今回のボトルの流通時期は建て替え前であり、原酒は100%旧設備によるもの。また、使用原酒を12年熟成相当と考えれば、蒸留は1940年代前半から中頃で、戦時中ないし戦後の仕込み。
テイスティングで触れた通り、ピートフレーバーが60~70年代流通のオールドパーと比較してもどっしりと強く感じられるのが特徴で、これはグレンダラン含めブレンドに使われている蒸留所の原酒に、世界大戦の影響から無煙炭の入手が困難となってピートが多く炊かれていたためと考えられます。
いやーこのオールド系統のピートフレーバーがたまらんのですよねえ。

※1960年代以降のオールドパー、香味とラベル変移についてはこちらを参照

さて、オールドパーと言えば、かの総理大臣吉田茂が愛飲していた酒として知られています。こだわりの強い人だったとされ、ウイスキー、葉巻、車、スーツ。。。それぞれこれであると決めた特定の銘柄があり、ウイスキーはオールドパーだったというのです。
それはもう有名なエピソードであり、オールドパー、吉田茂、で検索すると出てくる出てくる数々のコラム記事。同氏が飲み残したとされるオールドパーは、高知県にある所縁の旅館城西館に残されており、いつもチーズをアテに楽しまれていたのだそうです。

yoshidayoshidashigeru_robi
画像引用:https://www.jyoseikan.co.jp/info/yoshida.shtml

ではいつ頃ハマったのかというと、自分の知る限り2つ説があります。
1つは戦前の外交官時代に現地で飲んで気に入っていたというもの。そしてもうひとつが戦後総理大臣に就任し、高知県から立候補して国会議員となった後、遊説で城西館に宿泊した時。ウイスキーが飲みたいと言い、旅館社員が現地の酒屋を方々探して手にいれてきたものという話。
もし後者なら、ちょうど今回の流通時期である1950年代のボトルである可能性が高いのです。

当時の吉田茂総理のもとに相談や挨拶にいって、オールドパーの水割りやロックが出たら気に入られた証拠であると。その後多くの政界関係者に愛飲され、あやかろうとギフトとしても一般にも広く扱われるようになったわけですが。。。
この現行品以上にスモーキーな時代のオールドパーを飲んで気に入るというのは、一般的にピートフレーバーが受け入れられていなかった時代であるにも関わらず、随分日本人離れした味覚を持っていたんだなとも思います。

当時と今では経年変化で味は違うでしょうが、こうして経過した時間の分だけ密度を増すオールドボトルのエピソードこそ、瓶熟によって増していく魅力と言えるのかもしれません。

ティーチャーズ セレクト 40% サントリーブレンダーが手掛けたスコッチ

カテゴリ:
IMG_20190519_004635
TEACHER'S SELECT 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
PEATED FLAVOUR WITH RICH SWEETNESS
700ml 40%

香味とも若く刺々した酸味と、根菜っぽさのあるピートフレーバーが主体だが、味は多少グレーンが効いてマイルドな甘味もある。主体は若いアードモアなのだろう。モルティーでスモーキーな個性が思った以上に備わっている。

使われている原酒は5年前後といったところだろう。樽香は淡くプレーン。ストレートでは粗さが目立つものの、飲めないほどではない。むしろ1000円ちょっとのスコッチとしては、しっかりとモルト由来のピーティーな個性が備わっている点が評価出来る。
このウイスキーが本領を発揮するのはハイボール。ピートを含めた原酒の香味が全体的に軽くなり、ライト寄りに振れるものの、逆に粗さも目立たずグイグイ飲めて食中酒として使うには丁度良い。

IMG_20190520_210113

ティーチャーズの日本向け限定品。ティーチャーズはビーム社傘下のブレンデッド銘柄であり、2014年のサントリーによる買収でさらに結び付きがさらに強くなっていました。
セレクトは元々コンビニ限定で2018年から販売されていましたが、2019年4月から酒販店向けにも展開されることとなった銘柄です。

流石にコンビニの酒棚にあればリリースそのものは認識していましたが、「日本のブレンダーが手掛けた」という話は知らず。だったら飲んでみようかと。
最も、手掛けたといってもどの程度関わっているのか。。。確認したところ、チーフブレンダーを含むサントリーのブレンダー陣が本当にこの製品をブレンドしているのだそうです。
これって凄いことだと思うんですよね。日本向け製品とはいえ、ティーチャーズのような100年以上の歴史があり、スコッチウイスキーを代表するようなメージャー銘柄を、日本のブレンダーが手掛けるというのは初の事例ではないでしょうか。(確認したところサントリーとしては初とのこと。他社も無いでしょうから、公式には日本初ということに。)

良い原酒があっても、ブレンド次第ではどうにもなりません。まして制限の多い価格帯ではなおのこと。
近年、日本のウイスキーはスコットランドを越える高い評価を受けており、ブレンデッドウイスキーとブレンド技術もまた同様に評価されていたところ。自国向けボトルといっても、技術とそれが認められていなければ商売としては成り立たない仕事ですから、またひとつ日本のウイスキーメーカーが歴史を作ったように感じたのです。

IMG_20190521_170849

前置きが長くなりました。元々、現行品のティーチャーズ・ハイランドクリームは1000円程度の低価格ウイスキーですが、価格を考えると実に良く出来ている銘柄と言えます。
キーモルトであるアードモア由来のピーティーさが良い仕事をしており、スモーキーフレーバーをしっかりと感じられるのが最大の特徴。旧ラベルの方がマイルドとか、コクがあったとか、そういう意見もあるでしょうけれど、現行品は現行品で良くできています。

ハイランドクリームのモルト比率は45%で、40種類の異なる原酒が使われているそうですが、そのうちアードモアの若い原酒の比率は結構高いように思います。
また今回のセレクトも同じ系統の作りですが、ハイランドクリームのほうがその他ハイランド系の原酒が仕事をして若干多彩というか、セレクトのほうが奥行きが軽いというか、それはハイボールにするとより顕著に感じられます。
メーカーコメントの「ほのかなスモーキーさ、優しい甘み」は、ハイボールにしたときのコメントなんだろうなと。
飲みごたえはありませんが、広く受け入れられる要素は感じられる。使い勝手の良い1本です。飲み屋のハイボールとか、これで良いんだけどなー。


以下雑談。
最近、イベントとかでお会いする方々に「普段何飲まれてるんですか?」と聞かれることが何回かあったのですが、現行からオールドまで幅広く飲んでます。
それこそ、今回のような現行品の普及価格帯ブレンデッドもその一つ。以前は、失礼ながら「現行品なんて」と思っていた時代もあったのですが。。。
ハイボールだとウイスキーもグラスも冷やして作ると、香りのスモーキーさや味がぼやけず、それでいてスッキリとした仕上がりになるので、食中酒やお風呂上がりなど、案外良いなと使っているのです。

ディンプル 12年 ロイヤルデキャンタ 1980年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190315_221258
DIMPLE 
ROYALE DECANTER 
12 Years old 
1980's (1984's) 
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティンググラス
時期:開封後数週間程度
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:若干金属系の要素を伴うが、カラメルやみたらしを思わせる甘くリッチな香り立ち。奥には乾いた植物や穀物、オレンジママレードのようなアロマも混じる。

味:マイルドで厚みのある口当たり。キャラメリゼやカステラの茶色い部分、少し溜まり醤油のような古酒っぽさ。中間から後半にかけては軽やかな刺激と干し草を思わせるニュアンス。余韻はほろ苦く、スパイシーな刺激を伴い、張り付くように長く続く。

若干キャップ臭はあるが、味への影響は少なく。ヘイグらしいコクのある甘味とそこから繋がるスパイシーな刺激というキャラクターは感じることができる状態が良い個体なら★6固定。
記念ボトルで見映えはするが、キャップ地雷に注意が必要。


ブレンデッドウイスキー、ヘイグのデラックスブランドであるディンプルから、1984年に限定リリースされた1本。
オランダの大手錫加工メーカーとタイアップした商品で、メタリックで鎧を着ているかのような厳つい装飾が目印。その外観から特別感があり、流通量の多い80年代中頃のディンプルでありながら、通常の12年の2倍程度の流通価格となっています。

一方、中身はというと・・・コクと厚みのあるグレンロッシー、軽快で軽やかな刺激のあるグレンキンチー、そしてマイルドでスウィートなグレーンの個性が混じりあう豊かな味わいではあるのですが、当時のディンプル12年と比較するとどうかと言えば、多少マイルドというかコクのある甘味が強いものの、そこまで大きな違いはないように感じます。
ただしブレンデッドスコッチウイスキーが全体的ににライトな仕上がりになり始める1980年代中頃という時期にあって、この仕上がりは流石大手メーカーの上位グレード、という印象も同時に受ける仕上がりです。


さて、このボトルの装飾に採用されている錫という金属は、毒性がなく食器、グラスなど身の回りのものに多く使われてきました。特に酒器としては、入れた酒の味がまろやかになるという評価もあります。
今回のような外側の装飾が中身にまで効果を及ぼすことはありませんが、唯一内部に触れる場所、キャップの裏を原因とする”例の金属”の存在は、愛好家を悩ます要因のひとつ。
そう、このボトルもキャップの裏側は金属張なのです。

IMG_20190516_080622
(ティンキャップ裏側。"Tin cap"のTinは錫の英語名称。キャップの性能としては気密性が高いものの、問題はキャップ裏の金属シートにあった。この金属シートは同時期のショートスクリュー及び1970年代以降のスクリューキャップにも一部継続して採用され、現代の愛好家に猛威を振るう。画像右側のものは黒ずみが見られる。鉛のそれに近いようにも。。。)

この謎の金属シートについて、今回は少し考えてみます。
使用目的としては、キャップ部分とボトル部分の隙間を埋めるための、緩衝材兼密封材という位置付けで1950年代前後のティンキャップ時代から使われていましたが、1980年代後半頃に姿を消します。
最初は明らかに鉄っぽい味と香りや、その柔らかさに加え、ワイン業界でキャップシールに鉛が使われなくなった時代とリンクするため、キャップ裏の金属は鉛だと考えていたのですが・・・毒性があることが明らかな鉛を使うだろうか?という疑問もありました。

では、錫ならばどうか。通常は無味無臭な錫も、状況によっては金属系の味や香りを付与する場合があるようです。
あるいは鉛や錫などとの合金、ひょっとするとアルミなどの別の金属で作られているということも考えられます。これを確認したところで何が得られるかといえば、鉛が含まれるようなら、その毒性から著しく香味が変化しているボトルは手を出すべきではないものと区分できます。(あるいは、錫であっても中毒の例がないわけではないようです。)

オールドボトル市場が広がり、より一般的に販売されるようになった今。これまで確認してこなかったことも、どうにか調べていかなければならないのでは・・・と思うのです。
自分は専門家ではないので本やネットで調べた程度の知識しかありませんが、どなたか簡易に検査できる方法をご存じ出はありませんでしょうか。

ティーチャーズ ハイランドクリーム 1950年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190414_151553
TEACHERS 
HIGHLAND CREAM 
Perfection of Blended Scotch Whisky 
1950-1960's 
750ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週刊程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:蜂蜜入りの洋菓子を思わせる軽い穀物感を伴う、しっとりとしたスウィートなアロマ。古典的な麦芽香、古いウェアハウス、角のとれたスモーキーさが奥から開いてくる。

味:スムーズでメローな口当たり。薄めたキャラメルソースやカステラの茶色い部分。微かにオランジェットのしっとりとした酸味、麦由来の風味が徐々にピーティーなほろ苦さへと変わり、存在感を増していく。余韻はスモーキーで内陸の土っぽいピーティーさ、染み込むように長く続く。

しっかりと原酒由来の個性が備わった、モルティーでスモーキーなブレンデッド。麦芽風味は素朴ながら厚みがあり、ピートフレーバーと混ざり合う余韻が素晴らしい。ハイボールも実に旨い。

IMG_20190414_164558

ティーチャーズをリリースするウィリアム・ティーチャー・サンズ社は、1957年(別資料では1962年)にグレンドロナックを買収。1970年代にかけて生産量を増やし、1976年にアライド社の傘下に入ったことで販路を広げ、世界的なブランドに成長します。

今回のボトルは、そのグレンドロナック蒸留所の買収が行われたかどうかという時期のアメリカ流通品。確定しているキーモルトは、同社が1897年に創業したアードモアで、これは現代まで変わらずティーチャーズのフレーバーの軸となっている原酒です。
一方モルト比率は現行品のハイランドクリームが45%で、30種類の異なる原酒が使われているとのことですが、かつてはクラシックスタイルの65%だったとする説もあります。香味から推察するに、1960年代以前は65%、原酒の種類は30も使っていないのではないかと思います。

9a38bab9
(このティーチャーズ、ラベル裏にはアードモア蒸留所のイラストが書かれており、結び付きの強さを感じさせる。なによりこういう渋い工夫には心惹かれる。)

ティーチャーズに限らず、当時流通していたブレンデッドを飲むと、特に自社で蒸留所を持っているブランドは、そのモルトの個性が強く出ているものが多いように思います。
当たり前じゃんと思うかもしれませんが、現行品よりも明確に強いという意味です。
これは当時の原酒の方が、今より個性が強かったということに加え、流通や製造規模の関係から、今ほど使われている原酒の種類が多くなかった。ブレンドレシピが多少異なっているのではないかと思うのです。

原酒の種類は混ぜれば混ぜるほど、元の個性を捉えづらくなっていく傾向があります。
そして例えばバランタインやホワイトホース、ジョニーウォーカー等、1960年代にかけて流通したブレンデッドは素晴らしいものが多いのですが、このティーチャーズも同様。(1950年代は戦争の影響が原酒に出たのか、微妙なものもいくつかアリ。)
共通するのは存在感はあるが過度に主張しない、モルティーさとスモーキーフレーバーのバランス。このバランスがグレーンを加えたブレンドの魅力であり、これぞスコッチウイスキーと言えるブレンデッド達。見かけたら是非飲んで欲しい1本です。

このページのトップヘ

見出し画像
×