タグ

タグ:ブレンデッド

ハイランドネクター 12年 1980年代流通 43%

カテゴリ:
highland-nectar-12-1980-tasting
HIGHLAND NECTAR
Deluxe blended scotch whisky
Aged 12 years
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@サンプルSさん
時期:開封後2ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:しっとりとしたスモーキーさと麦芽香。ほろ苦く、柑橘系の皮、微かに蜂蜜やジンジャーのアクセント。時間経過で土っぽいピート香も感じられる。

味:熟成感がありスムーズな口当たり。古典的な麦芽風味と微かに洋梨のピューレのような品のいい甘み。中間あたりから軽い穀物感、ビターなピートフレーバーがフィニッシュにかけて存在感を増していく。
余韻はスパイシーでベタつかない。灰のようなスモーキーさが鼻腔に抜け、ピーティーで長く続く。

麦芽風味から存在感のあるピートフレーバーが主体にある構成。ただピートが強いだけでなく、若干内陸的な要素や余韻で長く香味が残るのにべったり張り付くような感じがないのは、ブレンドの妙だろうか。デラックス表記に恥じない仕上がりである。


キングジョージの上位グレードかつ、輸出向けの銘柄だったというデラックスクラスのブレンデッド。同銘柄も結構しっかりスモーキーでしたが、ハイランドネクターも負けてない。デラックス表記のみだった70年代以前含め、むしろよりしっかりとした熟成感、モルティーさにオールドスコッチたるピーティーな個性で、通好みな1本であると感じます。

キーモルトとされるのはDistillery Agency Limited社(DAL)傘下のタリスカーとローズバンク、そしてノックデュー。またそこにDCLの原酒各種。この組み合わせで、特に厚みのあるスモーキーフレーバーをもたらしていると考えるのはタリスカーですが、合わせて感じられる内陸のニュアンスはノックデュー由来で、多少のグレーン感を感じさせつつ余韻はそれぞれの原酒が仕事をしている印象です。

ハイランドネクターは1990年代あたりで終売となったようですが、版権は今尚ディアジオに受け継がれている模様。
ただし1980年代に今回のラベルの12年ものがリリースされる頃にはノックデュー(1983年)が生産調整で休止、その後インヴァーハウス社に売却されただけでなく、ローズバンクも1993年に閉鎖され、こちらも傘下はイアンマクロード社へ。かつてのキーモルトは散り散りな状態で、この形で復活することは叶わない、知る人ぞ知るブランドとなりつつあるのです。


今回のボトルはウイスキー仲間のSさんから頂きました。以前も何度かサンプル交換をさせていただいており、今回もご好意に甘える形。
ハイランドネクターのオールドは液面低下とコルクキャップの影響を受けているボトルも少なくなく、70年代以前は特に怖い。しかし本品は全く問題なく、多少の経年感を除いて状態の良いものを楽しませて頂きました。

メインバライル 25年 1993-2018 キングスバリー 43.1%

カテゴリ:
MHAIN BARAILL
Kingsbury
Blended Scotch Whisky
Aged 25 years
Distilled 1993
Cask type Sherry Butt #7
700ml 43.1%

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR LIVET
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:リッチなアロマ。しっかり目の甘さはチョコレートクリーム、ドライプルーン、微かにカカオ。合わせて干草とドライなウッディさ、少しひりつくような刺激も感じられる。

味:香りの濃厚さに反してやや軽さを感じるボディ感だが、味はチョコレートケーキやドライプルーンの濃厚な甘み。土っぽいニュアンスのある植物感、椎茸の出汁っぽさを伴う。余韻は湿ったようなウッディネスと共に、スパイシーで長く続く。

近年系シェリー感主体の濃厚なブレンデッド。ドライな刺激も伴うが甘みもリッチでタンニンもバランスよく、まとまった仕上がりである。少量加水するとバランスが崩れて、香味がバラつく。ストレートで。


キングスバリーがリリースする、シングルビンテージのブレンデッドウイスキー、メインバライルシリーズ。ブレンデッドでありながら、ビンテージ表記ありの熟成年数表記が特徴で、使われた原酒全てが同一年に蒸留されてバッティングされたものという意欲作です。

その構成はぱっと見「面白そうじゃん。」と思うものの、シングルモルトはともかく、ブレンデッドで原酒を同一ビンテージに統一する理由があまりないよなぁ、なんて思ってしまうロマンのない自分の思考回路。
ただメインバライルはゲール語でシングルカスクを意味する言葉。つまりニューメイクの段階でブレンドされたシングルカスクブレンデッドであれば、単一蒸留年度の意味もあり、飲んでみるとこれが中々悪くないのです。
メインバライルは初期リリースである32年も熟成感のある整ったブレンドでしたが、この25年はしっかりシェリー系でありつつ、ブレンドという仕様を活かして価格も抑えられているのが特徴。原酒の使い方に25年熟成でこの価格は、まさにボトラーズリリースという感じですね。

構成原酒はマッカラン、グレンリベット、グレンロセス、ハイランドパーク、ブナハーブン。モルト比率は70%と高く、各蒸留所由来と思しき特徴が端々に感じられます。
例えば干草っぽい感じはロセス、スパイシーな要素はグレンリベット、重みのある要素がマッカラン、土っぽさと若干ヘザー系に通じる植物はハイランドパークかなとか(ブナハーブン?わからんですw)。ただ、それらは長い熟成期間とグレーンとシェリーが繋ぎになって、一体感というか違和感のない仕上がりです。


先日、ロイヤルマイル・ブレンデッドモルトの記事を書いた際、モルト100%の難しさに多少触れましたが、今回のボトルのようなリッチなモルティーさのブレンデッドを飲むと、繋ぎ役となるグレーンの重要さを改めて感じます。
それは例えるならお蕎麦みたいな感じですか。十割蕎麦は香り豊かで美味いは美味いですが、二八蕎麦のほうが少し風味が軽くなるものの、喉越しやまとまりが良くなりやすいのは事実です。
モルトはどうしても主張が強いため、複数使うと馴染まないアタックの強さ、荒さが目立つことがあるんですよね。
それをグレーンが繋いで緩和することが、ブレンドとしてのまとまりの良さに繋がるわけです。

そして質のいいタレ(樽感)があれば文句なし。
今回のシェリー感は濃い目のシーズニングタイプではありますが、少し古酒っぽいニュアンスも感じられ、長期熟成に由来するメリットと思しき要素となっています。
突き抜けて美味いというタイプではありませんが、いずれにせよ冒頭述べたように悪くない仕上がりなのです。
少なくともシェリー系スコッチモルトで代表格で言えば、現行のマッカラン18年を飲むより、満足感は得られると思います。

※メインバライルの素性について、ニューメイクからのブレンデッドではないかとのコメントをいただき、改めて確認したところ該当する説明があり、一部表現を訂正させていただきました。(1/11修正)

クレイモア 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
CLAYMORE
RARE OLD SCOTCH WHISKY
1970's
760ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:ややドライな香り立ち。カルメ焼きやブラウンシュガーの甘み、オールブランのような軽い香ばしさとほろ苦さ。微かにスモーキー。

味:マイルドで香ばしい口当たり。麩菓子、乾煎りした麦芽、色の濃い蜂蜜を思わせるコクのある甘みとほろ苦さ。
余韻は軽い刺激と共に、オールドらしい染み込むようなピーティーさを伴う。

意外にしっかりとした熟成感が感じられるだけでなく、ハイランドモルト主体の焙煎麦芽風味な香ばしさが特徴。少々単調だがどこか素朴で懐かしい。当然だが、オールドパーやサンディーマックとも共通する要素と言える。


オールドパーで知られる、DCL傘下のマクドナルド・グリーンレス社がリリースしていた、兄弟銘柄かつスタンダードブランドがクレイモアです。

同社の主要ブランドはオールドパー、サンディーマック、プレジデント、そしてクレイモアの4銘柄。
日本市場には、古くは兼松、その後は1973年に設立されたオールドパー株式会社によって広く展開されていたため、馴染み深い世代の方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
作り手はホワイト&マッカイグループに移るものの、現在もリリースされている長寿なブレンデッドでもあります。

主たる構成原酒はグレンダラン、クラガンモアとされていますが、スタンダード銘柄にどこまでこれらの原酒が活用されていたかは不明なところ。
特に同社の格付けでは、奴は4ブランドの中でも最弱。。。。じゃなかった、最安価格帯の銘柄にあたり、あまり期待していなかったのですが、そこは天下のDCLグループ。ブレンド用のバルクも安定感があり、メインの原酒は8〜10年程度の熟成にバランス用のミドルエイジでしょうか。スタンダードでも中々レベルが高いです。

オールドパーのオールドはご存知の通り金属臭の危険が伴うもの。これなら安全策で古いクレイモアをチョイスするというのも一手であると言えます。
また、最弱と言いつつも、クレイモアブランドからは1980年代後期に30年がリリースされており、ハイグレードがリリースされるほどには市場で評価されていたとも考えられます。


さて、このクレイモアですが、日本のWEBを見ると1977年リリースという情報がちらほら見られます。
一方、クレイモアのオールドボトルを追っていくと、古くは1950〜60年代流通のティンキャップまで確認出来、どうも情報にズレがあると感じます。

一つ仮説立てると、オールドパーやクレイモアら、MG社のブランドを日本に正規輸入すべく設立されたのはオールドパー株式会社ですが、1977年には国内販売部隊として、ロイヤルリカー株式会社が設立されています。
ここでロイヤルリカーの国内販売に関する情報が、なんらかのエビデンスとなってしまったのではないかと推察。実際、1980年代あたりのクレイモア等には、今回のOLD PARR COMPANYではなくロイヤルリカー扱いの表記があるボトルがあり、国内流通品の年代を区別する材料ともなっています。

VAT69 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
VAT69
FINEST SCTOCH WHISKY
1980's
750ml 43%

グラス:国際規格テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5)

香り:ピリピリとしたスパイシーさ、ハッカやメンソール、干草っぽい乾いた植物感。カラメル系の甘みはあるが、あまり奥行きのないクリアなアロマ。

味:やや若さを感じるドライでスパイシーな口当たり。干草、バニラウェハース、ハッカ、ほのかなヒネ感とべっこう飴を思わせる甘み。
余韻はドライでほろ苦いピーティーさ、ヒリヒリとした刺激を伴う。

若くてプレーン、荒さの残る原酒の要素にグレーン感強め。淡いカラメルっぽさが古酒に通じるニュアンスとなっている。少量加水すると刺激が収まりマイルドな飲み口となり、特にフレーバーの幅は広がらないが余韻は長く続く。


100種類のブレンドの試作の中で69番目のヴァッティングレシピが採用されたことから、ヴァッティングNo,69を略してVAT69とする名称が採用された銘柄。。。というのは1882年のことであり、今となっては由来である原酒構成も大きく異なる時代のこと。
1980年前後の構成原酒はグレネスクやロッホナガー、また作り手であるWサンダーソン社は当時DCL傘下であったため、同社の内陸系ブレンド向け原酒の融通を受けていたものと思われます。

ロッホナガーがキーモルトとしてピックアップされることの多い銘柄ですが、今回紹介する1980年代流通になると、ロッホナガーではなく個性の穏やかなグレネスクがメインとする説があります。
加えて比較的若い原酒を使っているのか、あるいはローランドタイプのモルトもベースに使われているのか、飲み口に軽さとひりつくような鋭さが感じられるようにもなり、それ以前の流通品とは大きくキャラクターが異なる印象です。

(VAT69の各年代ラベル別。左から、1980年代後期から1990年代、1980年代、1970年代の流通品。この3種の中では1970年代流通が熟成感と共に最もロッホナガーを思わせる、独特のピーティーな味わいを楽しめる。1990年代はボディ軽く、グレーン感も強い。)

(1970年代よりもさらにロッホナガーを主体的に感じられるのが、右側の1960年代流通コルクキャップ。麦芽風味と柔らかいピーティーさがこの時代の魅力。なお、同様のニュアンスはジョンベッグのオールドボトルにも感じられる。)

この70年代と80年代の違いに仮説を一つ立てるとすれば、1980年にVAT69のデラックス版、上位グレードとなるVAT69リザーブがリリースされたことが関係していると推察。
1970年代までは熟成した原酒も、若い原酒も全て使って作られていたVAT69が、1980年代から原酒の使い方が整理されて上位と下位、リザーブとスタンダードに分けられたとしたら。。。70年代以前に比べて妙に若さが感じられるのも納得できます。

あるいは、この後1990年代、2000年代になるにつれ、VAT69はDCL、UD、そしてディアジオ内のブランド見直しでどんどん低価格ウイスキージャンルにシフトしていくことを考えると、この若さに通じる変化も1980年代から始まっていたと考えられるのです。

なお今回の時代のVAT69は、自分がオールドを探し始めた当時平塚や三浦半島方面の酒屋でだいぶモノが残っており、ありがちなサービス価格で買わせてもらったのを覚えています。
ホントは60年代〜70年代流通を見つけたかったのですが、結局実店舗では見つからなかったですね。オークションにはあんなに出品されてるのに、一体どこに眠っていたのやら。。。

レアード ローガン 1970年代流通 八角スクリューキャップ 43%

カテゴリ:
LAIRD O' LOGAN
Deluxe
(Aged 12 years)
1970's
760ml 43%

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封後1週間程度
場所:お酒の美術館 神田店 他
評価:★★★★★★★(7)

香り:落ち着きのある香り立ち。カラメルっぽい甘みから香ばしい麦芽香、かすかにダークフルーツ。ヨードを含む土っぽいピーティーさに加え、スパイシーな刺激もある。

味:とろりとした口当たりからカラメルソースやカルメ焼き、香ばしい甘みとともに、しっとりと存在感のあるピーティーさ。鼻腔に抜けるヨード、こなれたアイラのニュアンス。
余韻はスモーキーで奥行きのある甘み。ややドライで長く続く。

完成度高いブレンデッド。ラガヴーリンと思しきアイラモルトの個性がバッチリ感じられる。80年代に比べボディも厚い。加水するとカラメル感が少なくなり、ベースのアイラ系の原酒のニュアンスが引き立つ。


ホワイトホースの上位グレードで、構成原酒はラガヴーリンを中心にグレンエルギン、クライゲラヒ。。。という説明はもはや不要ですね。
今回のロットである八角形スクリューキャップ時代は、現在のリユース市場に比較的流通がある1950年代から90年代流通のローガンの中でも、最もオススメする時代のボトルです。今日の記事は当該ボトルの紹介と合わせ、ローガンの各年代違いを総括します。

価格は白ラベル時代以前のローガンほど高騰しておらず、それでいて状態も金属張りキャップほど悪いロットに当たりづらく、味わいは"オールドラガヴーリンらしさ"が厚みのあるモルティーさのなかに主体的に感じられる。様々な要素が高いレベルでまとまっているのが八角形スクリュー時代の特徴と言えます。
もちろん、オールドブレンデッドの強みとも言える価格面を追求するなら、下写真の1980年代は、安価でありながらラガヴーリンに通じる要素が感じられるオススメのロットなのですが。。。この時代は本ボトルに比べてボディが軽く、完成度を求めるなら、やはり70年代前半流通を推したいところです。

(1960年代流通のローガン(左)と、1970年代前半に流通した今回のボトル。60年代の方がカラメルっぽさが淡く麦感主体でピートも柔らかい。どちらもレベルの高いブレンデッドだが、流通量等からか左のほうが高騰気味・・・。)

(1970年代後期から1980年代前半流通。スモーキーさは健在だが、カラメル系の甘味は控えめで、ドライな印象を受ける時代でもある。)

(1980年代流通のローガン、小豆色キャップ時代。ボディは多少軽いが、安価で流通量多く、普段飲みでハイボールにガシガシ使える優等生。)

(1980年代後期流通品。キャップ形状が異なっている。裏ラベルなどの遍歴から、上の1980年代流通でも近い時代のロットもある。香味も同様でアイラ系のスモーキーさが備わっている一方、ボディが多少軽いのと内陸系のニュアンスも目立ちはじめる。)

こうしたローガンを飲むと、経年を加味しても現行品とは原酒の質が雲泥の差。当時の上位グレードの位置付け、メーカーの気合の違いを感じさせられると言っても過言ではないのですが、ネームバリューの差か同年代のホワイトホースより安価であることも現代にあっては珍しくありません。

ラガヴーリンやホワイトホースが好みという人には、是非飲んで欲しいブレンデッド。また個人的に家飲みのブレンデッドは、重いタイプはローガン、華やかなタイプはセントジェームズ、複雑さのバランタイン、スモーキーさのジョニ黒やハイランドネクターといった具合でそれぞれ好みの年代を手元に置いておきたいです。

このページのトップヘ

見出し画像
×