タグ

タグ:ブレンデッド

ハイランドクイーン 1561 30年 40%

カテゴリ:
IMG_3536
HIGHLAND QUEEN 1561
Aged 30 years
Traditional Cask Maturation
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでオーキー、軽やかで品の良い香り立ち。ドライアップルやナッツ、ビスケットを思わせる甘みと香ばしさ。徐々にスパイスを思わせるアロマ、微かに乾いた草っぽさを含んだウッディネス。

味:香り同様に華やかでドライな口当たり。皮むきアーモンドナッツ、乾いた麦芽、薄めた蜂蜜や砂糖をまぶしたオレンジピール。舌をコーティングする柔らかい甘み、スモーキーでピーティーなフレーバーがじわじわと開いてくる。 
余韻はスパイスが軽やかに口内を刺激し、ほろ苦いピートを伴うオーキーで華やかなフィニッシュ。

モルティーで嫌味の少ない、バランスの良いブレンデッドウイスキー。30年熟成らしくドライでライト、香味の余計なところはそぎ落とされているが、グレーンが効いているためか、フレーバーの繋がりが良く、モルトウイスキーとして飲んでも遜色のない仕上がり。
加水するとボディが薄くなり、バランスが崩れてしまうのでストレートで。


先日の持ち寄りブラインド大会で、「くりりんさんにはガチで飲んでもらいたいボトルがありますから」と、全ての回答が終わった後で、Jさんから出題されたエクストラステージ。 飲んでもらいたいボトルがあるって、本当に光栄です。
これは完全なブランドというより、キーモルトは何か→銘柄は何か、という流れで回答していたっため、最初の段階でブレンデッド系であることが指定されており、完全にブラインドというワケではありませんでした。
ただ、結果的には正解しているので、味わって感じたことと、中身のブレはあまりないものと思います。

まずノージングで思い浮かんだ銘柄がハイランドモルト、グレンモーレンジの18年。一口飲むと同18年ほど硬さが無く長期熟成の印象。余韻はピートフレーバーがじわじわと出てきて、これは良くできたウイスキーだなーと感じていたところにキーモルトを指定する最初のクエッション。
これがグレンモーレンジで正解なら銘柄はおのずと限られてきて、長期熟成をリリースしている銘柄となるとマジェスティ30年のあるハイランドクイーンになるわけです。
つい先日、ブラックな酒屋さんが、平行で入ってきた30年モノを「コスパ良好!」としてPRしていたので、後は邪推で銘柄までたどり着くことが出来ました(笑)。


ハイランドクイーン1561シリーズは、同銘柄のプレミア品であり、30年は同銘柄120周年(1893年に製造元が創業)を記念してリリースされた限定品とのこと。メーカー情報では、1982年蒸留のモルトウイスキーと、1978年、1979年蒸留のグレーンウイスキーが、モルト75%、グレーン25%でブレンドされ、シェリー樽で6ヶ月間のマリッジを経ているそうです。 
シェリー感はそれほど強くなく、アメリカンオークのフレーバーが強い構成で、ダンカンテイラーのロナックシリーズやハートブラザーズの長熟度数落ち系統のフレーバー。
1982年蒸留のモルト原酒にグレンモーレンジか含まれているかはメーカー情報からはわかりませんが、類似の特徴が感じられます。

通常、現行品のブレンデッドウイスキーはグレーンが6、モルトが4という構成が一般的であるところ、75%は相当リッチであり、クラシックな造りです。そのモルティーな構成は香味からも充分感じることが出来る一方、飲み疲れないブレンドらしいバランスの良さも魅力。
30年以上のモルト原酒のフレーバーを楽しめつつ、価格がミドルエイジクラスに収まっているのも嬉しい、ナイスリリースだと思います。

ニッカウイスキー ノースランド 角瓶 1970年代流通 特級表記

カテゴリ:
NORTHLAND
NIKKA WHISKY
SPECIAL GRADE
1970's
720ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後2年程度
評価:評価無し

香り:埃っぽさを伴う乾いた穀物香、メンソール、ウォッカのようなアルコール感。時間をおいても香りがあまり立たない。

味:ピリピリとしたアルコールの刺激を伴う口当たりから、べったりとしたシロップのような甘み、淡いモルティーさ。
余韻はハッカ飴、ドライであまり強くなくじんわりと染み込むように消えていく。


ニッカウイスキーの、そして竹鶴政孝の理想を形にした記念すべきブレンデッドウイスキーが、ノースランド角瓶(1973年発売)です。
1960年代中頃、カフェ式蒸留機の導入で念願の本格ブレンデッドウイスキー作りが可能となっていたニッカウイスキー。その中で竹鶴政孝は、スコットランドでの経験からウイスキーをより味わい深くするには、異なる地域で蒸留、熟成したモルト原酒が必要であると考え、さらなる理想のために新しい蒸留所の建設に向けて動き出します。

そして紆余曲折の末、1969年に竣工した宮城峡蒸留所で蒸留、貯蔵されたモルト原酒に、余市蒸留所の原酒、さらに当時は大阪の西宮工場で生産されていたカフェグレーンをブレンド。
竹鶴政孝の理想がまさに結実した新商品が、このノースランドだったわけです。
(1970年にはグランドニッカや、リニューアルしたスーパーニッカがリリースされているので、宮城峡の原酒も使われているかもしれませんが、3年未満で理想とは言いがたく。)

ノースランドは今回紹介している特級規格の角瓶と、2級規格の丸瓶がリリースされていました。
背面ラベルやニッカのPRでは「北海道余市のハイランドモルト、宮城峡のローランドモルト、カフェグレーンをブレンドした、まろやかでコクと気品ある味わい、Gentleタイプのウイスキー」と、ハイランド、ローランドはこの時期から使ってたのか。。。とか、Gentleタイプなる聞きなれない単語に時代を感じます。
他方、ノースランド角瓶の1970年代流通は、理想が結実したと言いつつも、日本のウイスキー黎明期といえる原酒20%程度な味わい。経年を差し引くと当時はソフトでクリーン、飲みやすいウイスキーだったのではないかと思います。
1980年代になると比較的モルティーな風味もはっきりしてきて、原酒の熟成、ウイスキーメーカーとしての成長を感じることも出来ます。

時代の区別については、1970年代はラベルに埋め込まれている赤いエンブレムが、1980年代頃からラベルとしてプリントされるようになるので、非常にわかりやすいです。
ちなみに、ノースランドは1980年代に終売となったものの、余市蒸留所のショップ名称として現在まで息づいています。

プリンス スペシャルスコッチ 1970年代流通 特級表記

カテゴリ:
PRINCE
Special Scotch Whisky
1970's
760ml 43%

グラス:木村硝子
場所:自宅
時期:開封後2ヶ月程度
評価:★★★★(4ー5)

香り:蜂蜜、干し藁、穀物、乾燥とうもろこし、強くグレーンの甘いアロマ。ほのかにほうじ茶を思わせる渋みも感じる。

味:スムーズでバニラや穀物のグレーン系の甘さ、甘みは強いが奥行きはそれほどない。徐々に干し藁、ウッディーな渋み、じわりと開くピート香。長く染み込むように残る。

体感はグレーン主体に中庸な内陸系モルトの組み合わせというブレンデッドで、目立った個性は感じられないが、奥から開くピーティなフレーバーに原酒の時代を感じる。ハイボールでガシガシ飲みたい。


1969年設立、ブレンデッドメーカーのレッドライオンブレンディング社がリリースしていた、プリンスホテル向けブレンデッドウイスキー。構成原酒不明、熟成年数は飲んだ感じ8年から12年程度でしょうか。
数あるブレンデッドメーカーにあって、同社は自社でブランド作って市場を開拓するよりも、買い集めた原酒を用いてODM的な製品開発で他社向けのリリースを行なっていたようです。

上記写真は、プリンススコッチウイスキーの1980年代流通ラベル(左)と1970年代流通ラベル(右)。手持ちの都合で180mlボトルですが、通常品は750ml。どちらもマイルドでグレーン系のフレーバーが主体ですが、特に1980年代流通はその傾向がより強くなっています。

当時のブレンドメーカーの中で、特にマイナーメーカーがリリースするスコッチには、この手の構成がよく見られます。
これは勝手な推測ですが、これらメーカーは特定の蒸留所を傘下としていないだけでなく、DCLなどのスコッチ産業主流派グループに属していたわけでもありませんでした。
そのため、ブレンドのキーモルトとなる原酒調達の不確実性を補うため、味にブレの少ない中庸なモルトやグレーンを中核とせざるを得なかったのではと考えています。

ちなみに、レッドライオンブレンディング社について調べていたところ、ウイスキーマガジンのデータベース上にあった記述から、同社の社長Robert Mendelson(ロバート・メンデルスゾーン)氏が、ブレンダーとしてその他のリリースにも携わっている事がわかりました。

そのうちの一つが下記のダイナースシリーズ。ダイナースクラブの会員向けだったウイスキーで、この付属冊子にロバート・メンデルスゾーン氏がドイツの音楽家メンデルスゾーンの後裔であることと、スコットランドでも5指に入る天才ブレンダーであると言う事が、同氏の肖像と共に書かれていました。
個人的には驚愕というか、じわじわツボにくる写真なのですが、今日のところそのPRの真贋は読者の皆様にお任せし、ここで一息、一度筆を置くとします。

オールドパー デラックス 1970年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_3497
OLD PARR
De Luxe Scotch Whisky
1970's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでカステラの茶色い部分を思わせる甘くほろ苦い香り立ち。あるいはパンの耳、穀物系の香りでもある。奥には若干古酒系のヒネ香もあるが、オールドらしさを感じる要素として楽しめるレベル。

味:とろりとした厚みのある口当たり。黒糖麩菓子、オールブラン、ほのかに草っぽい穀物風味とスモーキーフレーバー。余韻にかけてはピーティーで、カラメルソースを思わせるほろ苦い甘みが張り付くように残る。

香味に感じる色の濃い甘みは強い部類にあるが、同時に麦芽のほろ苦く素朴な味わいでバランスが取れている。加水すると鼈甲飴や林檎ジャムのような甘みも開いてくる。   
ボディのしっかりしたブレンデッドであるため、ストレート以外にロックがおすすめ。氷が溶けていく中でも味わいをキープし、まったりとしたひと時を楽しめる。

昭和の洋酒ギフトの筆頭候補。政治家、財界人などに様々な経緯から愛されたオールドパー。どこか不思議な存在感があると感じるのは自分が日本人だからでしょうか。
ジョニーウォーカー、バランタイン、シーバスリーガル、ホワイトホース、そしてオールドパー。オールドにハマった頃、この5銘柄はどこかに売ってないかとずいぶん探して回ったものです。
そしてずいぶんお金を溝に・・・いや、高い授業料を払ったものです。

というのも、オールドパーのオールドボトルはキャップに難がある、というのはこれまでも散々記事にしてきた通りで、地雷率の高い銘柄の一つ。それこそ、年代によっては8割とは行かずとも、7割くらいは外れるんじゃないかという被弾率ゆえ、ある種の鬼門として近年は敬遠し続けてきました。
そんな中、Facebookのグループ上で何名かが果敢に地雷率の高い銘柄に挑んで開栓をされて、華々しく散っていく・・・といった流れがあったので、ならば自分も続かないわけにはと、大丈夫そうな雰囲気を感じたボトルを開栓したところ、キャップ汚染度は10段階のうちの1か2程度。味への影響はほぼ無く、本当に大丈夫な個体を引き当ててしまったわけです。(みんな、すまん・・・。)

前置きがずいぶん長くなりましたが、せっかくアタリをひいたのですから、テイスティングしていきましょう。
今回のボトルは先述の通り1970年代流通のデラックス表記。1980年前後でマイナーチェンジがあるのですが、キャップシールの印字が斜めなのか横なのかで、流通時期を判断します。1970年代流通の中でもラベルに微妙な違いがあり、1960年代はティンキャップなので一目瞭然です。
その味わいはキーモルトがクラガンモアとグレンダラン、特にグレンダランと言われると納得の、しっかりしたボディにほろ苦いオールブランやカラメルソースを思わせるモルティーさ、どっしりとしたスモーキーフレーバーもあります。

オールドのグレンダラン12年は先日記事にしていますが、こうした構成は結構好み。毎回このレベルのボトルに当たるなら、もっとオールド市場で評価される銘柄なのだと思いますが・・・。なかなか状態のいいボトルに当たらないのが難しいところです。

ニッカウイスキー G&G (ゴールド&ゴールド) 白ビン 43%

カテゴリ:
IMG_3454
GOLD & GOLD
NIKKA WHISKY
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★(5)

香り:香り立ちはあまり強くないが、ほのかな酸味を伴う香ばしいアロマ。徐々に焦げたようなスモーキーさと林檎ジャム、ハッカを思わせるスーッとするニュアンスも感じられる。

味:まろやかな口当たり、やや重みのある酒質で飲みごたえがある。トーストとママレード、アップルビスケット。中間からピートフレーバーと奥にはチャーした樽香も感じられる。
余韻は軽くスパイシーでジンジンとした刺激、味わいに比べて荒さもあるが、トースティーで甘くほろ苦く、長く続く。


先日自宅の酒収納スペースを掃除したところ出てきた1本。そう言えば終売になるっていう時になんとなく買って、そのままにしていました。
ちょうどハイボール枠に空きができていたので、在庫整理も兼ねて開封。結果ハイボールには少々物足りなかったものの、色々考えさせられるボトルとなりました。

G&Gの歴史、薀蓄については今更述べる事でもないので割愛させて頂くとして、このウイスキーは自分にとって学生時代の味です。
当時の自分には、"サントリーは宣伝、ニッカは職人"、という自分勝手な思い込みによる認識があって「自分で買って飲むなら職人気質なニッカだよな!」と、竹鶴12年、フロムザバレル、スーパーニッカ、そしてG&Gをよく飲んでいました。
中でもフロムザバレルとG&Gはウイスキー冬の時代だった当時は扱っている酒販が限られていて、探すのに苦労したのを覚えています。


そんなG&Gも、ノーマルな白ビンを最後に飲んだのは7〜8年前。当時とは知識も経験も大きく違う中で、改めてこのウイスキーと向き合ってみると・・・実にニッカらしさが詰まった良作である事がわかります。
まろやかな口当たりの奥に感じられる活性樽や新樽熟成の余市の樽香、重みのあるスモーキーフレーバー。最近のニッカには感じられるリリースが少なくなった宮城峡原酒由来と思われる甘酸っぱい香味が懐かしい。一方で香り立ちは少々軽く、加水やハイボールにするとボディがずいぶん軽くなる等、若い原酒がブレンドされている刺激や要素も感じられますが、これが2000円未満だったと言うのは今の基準で考えると驚異的です。

2015年の終売騒動の折、ニッカの歴史を語る上で避けられないG&Gを終売にするなんて正気か?という意見も多数目にしましたが、これは作り続けられませんよ、っていうかよくこの価格で今まで維持してたなと思うくらいです。
今回のように惜しまれながら終売になってしまったウイスキーを飲んでみると、当時のニッカのラインナップには「無理なく続けられる枠」と「実はちょっと無理してます枠」があって、原酒のマネジメントに苦労した結果、共倒れにならないよう苦渋の決断だったのだろうなと言うことが伝わってくるように感じます。

このページのトップヘ

見出し画像
×