タグ

タグ:ブレンデッド

スコッツグレイ 12年 1980年代流通 43%

カテゴリ:
SCOTS GREY
Aged 12 years
Deluxe Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:不明
量:30ml弱
場所:個人宅
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5)

香り:バニラやザラメを思わせる甘み、ナッツ、乾いた穀物を思わせる柔らかいアロマ。合わせてサトウキビ、ミントなどのグレーンのニュアンス。プレーンな構成。

味:やや古酒系のニュアンスを伴うシロップやカステラの甘さに、穀物のニュアンスを伴うソフトな口当たり。乾いた麦芽やシリアル。余韻はまったりとスウィートで柔らかいコクを感じる。

個性の穏やかなハイランドタイプの原酒が主体と感じられるブレンデッド。個性的ではないが、飲み口は程よいコク、飲みごたえがあり、ハイボールにしても悪くない。


スコッツグレイはインヴァーゴードン系列のブレンデッドウイスキー。今回のボトルはその1980年代流通品です。(1979年以前は独立していたようですが、原酒調達先として繋がりはあったと推察。)
同グループが1980年代当時傘下としていた蒸留所は、タリバーディン、タムナヴーリン、ブルイックラディ、ディーンストン、グレンアラヒー、ジュラの6蒸留所。ブレンデッドウイスキー大全(旧刊)によると、スコッツグレイはタリバーディンを中核としたモルト原酒に、インヴァーゴードンのグレーンで構成されているのだそうです。

モルト比率は当時のブレンデッドの中でも平均的といった印象で、テイスティングの通り個性は穏やかでソフトな口当たりですが、その中にモルティーなコクも感じられます。
同グループが同様の原酒をキーモルトとしてリリースしていたブレンデッドでは、フィンドレイターやグレンドロスタンが有名。その系列と言われればなるほどという、テイスティングから感じられる要素通りの素性、味わいと言えます。

一方、穏やかなその香味とは裏腹に、スコッツグレイのバックストーリーは、かつて無敵の強さを誇ったという大英帝国竜騎兵隊の名を冠したという大層なもの。蒸留所の名前が使われることが一般的なシングルモルトとは異なり、ブレンデッドは時にこうして製造元が込めた想いが感じられるブランド名がしばしば見られます。
では、同ブランドがその名の如くウイスキー市場で唯一無二の強さを誇ったか、それとも名だたるビックネームに打ち返されてしまったのかは・・・ライト志向だった当時の市場ではある程度受け入れられたと思いますが、その後はみなまで言わずお察しくださいといったところですね。

チェッカーズ スペシャルリザーブ 15年 1980年代流通 特級表記

カテゴリ:
CHEQUERS
Special Reserve 
Aged 15 years 
Deluxe Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml弱
場所:個人宅@Jさん
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでエステリーな熟成香に、乾いた干し草、ザラメ、ほのかにハーブの爽やかさと青っぽさが混じる。奥にはスモーキーフレーバーもあるが熟成香が主体。

味:軽い刺激を伴う口当たり、カステラの甘み、林檎のコンポート、徐々にスモーキーフレーバー。ボディはやや軽いが味はしっかりしている。
余韻は乾いた麦芽やビスケットを思わせる軽い甘みを伴い、染み込むように消えていく。

特別モルティーというわけではないが、しっかりとした熟成香が備わっているウイスキー。ストレートで楽しみたい。


チェッカーズは昭和のアイドルグループ、ではなくリンクウッドがキーモルトに使われた、今はなきブレンデッドウイスキー。
そのラインナップは1970年代以前のデラックス表記か、1980年代流通の12年。あとは下位グレードとなるアボットチョイスだけだと思っていたのですが、輸入が途絶える1990年間際、この15年が発売されていたとは知りませんでした。
(アボットチョイス陶器ボトル(左)とチェッカーズ・デラックス表記。この時代のチェッカーズはオールドスタイルのリンクウッドの個性がしっかりと感じられた名作。)

初めて会うボトル、ましてそれが自分の好きな銘柄と関係があるとすれば、嫌でもテンションは上がるというものです。
ただその素性を調べるのは容易くはありません。そう、アイドルグループの方のチェッカーズの超人気曲が「ギザギザハートの子守唄」、この歌詞が「15で不良」とか歌うものだからWEB(日本語)はそれしか出てこない(笑)。
では海外はというと、どうも15年は日本向けのボトルだったのか、これも驚くほど何もないのです。
(後は流通時期と思われる88年から89年あたりの世界名酒事典を調べれば、という感じでしょうか。)

気を取り直し、香味から見ていきます。
香りは熟成したモルトのエステリーさ、じんわりと広がるオールドピートも健在。中々レベルの高いブレンデッドです。
エステリーな熟成香からは、おそらく15年以上熟成した原酒も結構使われているんだろうとする原酒構成が見えるとともに、合わせてボディの軽さ、乾いた穀物系のニュアンスから1980年代後期の、香味が軽くなってきたスコッチらしい原酒の傾向も感じられます。

珍しいブレンデッドをテイスティング出来、さらに経験を積むことが出来ました。
ありがとうございました!

若鶴酒造 サンシャイン プレミアム ブレンデッドウイスキー 40%

カテゴリ:
WAKATSURU
SUN SHINE PREMIUM
Blended Whisky
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml
場所:自宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5)

香り:注ぎたてはスモーキーだが、すぐに乳酸系の酸味を伴う穀物香。食パンの白い部分、徐々にグレーンの甘みとレモングラスを思わせる爽やかさも感じられる。

味:香り同様乳酸系の酸味を伴うコクのある口当たり。軽やかな刺激、じわじわとシリアルなどの香ばしい穀物風味が広がり、モルティーで飲みごたえがある。
余韻はスパイシーでスモーキー。炒った穀物を食べているような香ばしさが長く残る。

若さは多少あるが、その中にあってバランスが良く、モルティーで嫌味の少ないブレンデッド。今時の流行りである華やかな樽香の効いたタイプではなく、その逆、どこか素朴で、無骨な印象さえあるまさに地の酒。
特筆すべきは加水しても崩れないところで、ハイボールも良い。若いリンゴのような爽やかさが開き、マイルドな飲み口でパン生地からスモーキーフレーバーへと繋がる。

当ブログでも何度か紹介させて頂いた三郎丸蒸留所の若鶴酒造が、これまで販売していた地ウイスキー、サンシャインウイスキーをリニューアル。クラウドファンディングの御礼品にもなっており、該当するプランで参加された方の手元には既にボトルが届いていると思います。(一般市場には4月下旬に展開されるようです。)

サンシャインウイスキーの発売は1953年、今から半世紀以上前に遡ります。
ウイスキーブームからの冬の時代を経て、細々と作り続けられていた銘柄。若鶴酒造のウイスキーの歴史とも言えるその味は、香味を楽しむというより、水割りなどでスッキリ酔うための晩酌ウイスキーで、決して味を楽しむモノではありませんでした。

今回、蒸留所の改修プロジェクトと並行する形で行われたサンシャインウイスキーのリニューアルは、同社で蒸留、熟成されてきたヘビーピート原酒に輸入原酒をブレンド。(若鶴酒造では創業時から50PPMという、アードベッグクラスのピート麦芽で仕込みが行われています。)
若さはありますが、使われた輸入グレーンは8〜10年熟成あたりで素性よく。モルト原酒は古くから蒸留を続けてきたメーカーの強みを活かして幅広い年次のものが使われているようで、モルティーで素朴な味わいから広がるスモーキーフレーバー、短熟のみではないバランスの良さも感じられます。

希望小売価格は2300円。モルト比率も高く、コスパで考えると近年のブーム価格ではなく、結構薄利で作ってるなという印象。 
例えば、角ハイやクリアハイボールでウイスキーを飲んで、何か物足りないと感じた人が次に飲んでいくような、あるいは「富山ハイボール」として地域の飲食店が積極的に展開して欲しい。ピーティーなウイスキーを作り続けてきた、若鶴酒造らしいキャラクターを、しっかり内包しています。

製造能力も販売力も大手メーカーには及ばないクラフトメーカーは、大手メーカーに追従して、1000円台で無個性なアルコール飲料をリリースするより、少し価格を上げて尖った商品を展開する方が、クラフトビールのようにコアなユーザーを獲得できるチャンスがあります。
他方で、2000円台はジョニ黒、バランタイン12年など有名スコッチがターゲットとなり、競争相手と比較されることも多いだけでなく、決して完成度の高いウイスキーが作れる価格帯でもない、1000円台に比べて難しいレンジ。
ただ、それを「まだまだだね」と切って捨てるより、その中でどれだけ光るものがあるか、伝わってくるメーカーの方向性を楽しんだ方が建設的だと考えます。

若鶴サンシャインプレミアムは大手メーカーの整った都会的な造りに対し、無骨で不器用な田舎的な魅力がある地ウイスキー。
機会があれば先入観抜きに飲んでみてください。この価格帯で一番の商品とは言いませんが、こんなもんかなという印象の中にも「おっ」と楽しめる蒸留所の個性を感じられると思います。

ジョニーウォーカー ブラックラベル ジョニ黒 12年 1980年代後期 香港向け

カテゴリ:
JOHNNIE WALKER
BLACK LABEL
Aged 12 years
1980's (1987-1990)
1000ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーで香ばしいローストした麦芽香、カステラの茶色い部分、醤油飴のような甘みを感じる古酒っぽさ。ほのかにヨードを思わせるニュアンスに、時間経過でカラメルソースの甘みが開いてくる。

味:甘くほろ苦い、ピーティーでスパイシーな口当たり。オールブラン、キャラメリゼ、じわじわとオレンジママレード。香り同様に醤油飴のような古酒感を伴う。
余韻はスモーキーでビター、序盤の甘みを引き締め、染み込むように長く続くが、ある辺りからスッと軽くなる。

まろやかでスモーキー、しっかりと味が乗っていて、適度な奥行きもあるブレンド。スコッチウイスキーらしさの一つとも言える構成で、ストレートで十分楽しめるだけでなく、ハイボールでも力を発揮する。
以前、ほぼ同時期流通のノンエイジ仕様のジョニ黒を紹介しましたが、今回は香港向けの1本。日本でも同じ12年表記のボトルが、1980年代後期に流通しており、リユース市場で見かけることの多いボトルです。

ジョニ黒12年のオールドボトルは、数あるオールドブレンデッドの中で、最も手軽に安定して、オールドスコッチらしい美味しさを楽しめるボトルの筆頭候補。
1960年代流通のハイランドモルトこってりな味わいも、1970年代のモートラックが効いたスモーキーで甘みの濃い構成も捨てがたいですが、入手難易度や状態などを考えると、この1980年代後期流通がベスト。正直、これまでこのボトルを何本空けたかわかりません(笑)。

当時、ビック5などに代表される有名どころブレンデッドメーカーのスタンダード品は、1980年前半頃まではある程度のクオリティを維持していましたが、1980年代後半にはガクッと熟成感や厚みを失っています。
その要因となるのはモルトの質、ブレンドの方向性でしょうか。この時期はキーモルトの良し悪しでブレンドの仕上がりが2極化していた時代でもあり、例えばアメリカ市場にに向けてライト志向に切り替わったホワイトホースを見てみると、スタンダードはお察しながら、ラガヴーリンメインとされたデラックス12年は良い出来でしたし、上位グレードのローガンも悪くありません。
ジョニーウォーカーでも、ジョニ赤はだいぶライトな味わいになっていましたが、ジョニ黒はタリスカーを連想させるスパイシーでスモーキーなフレーバー、モートラック由来のコクのある酒質。使われた原酒の質が明確に感じられました。

これを世界的に展開していたというのですから、とんでもないことだと思う一方で、流通先で味に違いはないかというのは気になるところ。アジア向けは怪しいとか、アメリカ向けはライトとか、今尚色々噂はあるわけですが、当時もそうした話があったのか、ジョニーウォーカーでは一時期「世界共通品質」を掲げる文言をラベルに記載していたほどでした。
今回はその怪しいとされる流通先の一つ、香港向け。今回が初めての開封ではないですが、香港向けも国内向けも、この時代明確な違いは無いと感じます。
保存状態による違いも、アジア向けは外しやすいというわけでもなく、個人的には沖縄向けより良い印象。安心してポチれますね(笑)

ニッカウイスキー 鶴 2016年リリース 蒸留所限定品

カテゴリ:
TSURU
NIKKA WHISKY
(No Aged)
2016's
700ml 43%

グラス:国際規格テイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み(ゾートロープ)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとドライで華やかな香り立ち。最初はあまり強く香らないが、アプリコット、煮た林檎の甘いフルーティーさ、奥から乾いた牧草を思わせるウッディネスが感じられる。

味:複雑でスパイシー、心地よい樽香を伴う口当たり。バニラ、アーモンドナッツ、キャラメリゼ。中間に若い原酒の軽さが顔を出すが、それをグレーンのコクのある甘みが包み込んでいく。
 余韻はスウィートでスパイシー。ほのかにスモーキー。カラメルソースのほろ苦い甘み、古樽のえぐみを伴い長く続く。

幅広い熟成年代の原酒が使われていると感じる、フレッシュさとまろやかなコクが合わさったノンエイジらしいブレンデッド。あまりスモーキーではなく、求めている鶴らしさは・・・。加水するとバランスが取れるが加減が難しい。

昨年秋頃から、余市、宮城峡の両蒸留所でひっそりと販売され、ひっそりと消えていったニッカウイスキー のブレンデッド最高峰、鶴の限定品。(余市蒸留所を訪問した仲間から、販売再開している旨連絡がありました。2017年4月9日追記)
2015年まで販売されていた鶴17年は、熟成した余市、宮城峡原酒の個性や熟成感のあるコクがしっかり感じられる銘酒で、もっと評価されても良かったと思うのですが、ネット検索では竹鶴17年が引っかかってしまう日陰者感。。。
ブーム前にストックしておかなかった事を、非常に後悔している銘柄でもあります。
そんなわけでこの蒸留所限定品の鶴、手の入らないまでも機会があったら飲みたいなと思っていたところ、流石国産ウイスキーの総本山であるゾートロープさん。しっかりとカウンターに鎮座していました。
こんな時に限ってカメラを忘れ、携帯撮影の不恰好な写真で申し訳ありませんが、そこは目をつぶって頂きテイスティングに移ります。

ノンエイジのブレンデッドなので、ある程度若い原酒が使われているであろう事は想定通りでしたが、驚いたのはブレンドのベクトルがこれまでの鶴17年とは全く異なっていることです。
特に鶴17年に感じられた余市原酒の熟成感やスモーキーフレーバーが乏しく、構成は宮城峡の熟成原酒に若い余市原酒少量、ミドルエイジのグレーンという感じ。これまでの鶴の味わいをイメージして飲むと、控えめな個性に「あれ?」となります。
それこそこれは鶴ブランドで出さなくても良かったのでは・・・。

他方、これが全く悪いブレンドかというと決してそういう事はなく、バランスのとれた美味しさのあるブレンデッドであることに違いはありません。
現状使える原酒の中で作られた意欲作、あるいは販売期間で考えると何かの試作品でしょうか。
ニッカのブレンデッドがザニッカ12年で最高峰というのは、少々寂しい今日この頃。原酒は厳しいと思いますが、こういう形でも良いので細々とブレンデッドウイスキーの上位グレードも生産していって欲しいです。

蒸留所の話題繋がりで余談。3月27日に宮城峡蒸留所の新しいビジターセンターがオープンしたそうですね。
赤れんがが閉店し、限定商品も乏しくなって寂しい空気の漂っていた宮城峡に嬉しいニュースです。後日実家帰りした際に寄ってみたいと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×