タグ

タグ:ブレンデッド

バランタイン 30年 1980年代後期 VERY OLD BLENDED表記 アメリカ向け

カテゴリ:
IMG_20190908_184523_1
BALLANTINE'S 
AGED 30 YEARS 
VERY OLD BLENDED SCOTCH WHISKY 
1980-1990's
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:不明
場所:BAR BLACK HEART
評価:★★★★★★★(7)

香り:軽い香ばしさと存在感のあるスモーキーさを伴う、モルティーで厚みのあるアロマ。ほのかなカラメルっぽい甘さ、ナッツ、林檎のコンポートやオランジェット、古びたウェアハウスのような落ち着きと多層感がある。

味:モルティーで香ばしさを感じる口当たり。まろやかな口当たりからコクがあり、古典的な麦芽風味にじわじわと存在感のあるピートフレーバー。香り同様のオールドシェリーのニュアンスがほんのりと効いて、それが全体をまとめている。
余韻はスモーキーでしっとりとしたウッディネス、染み込むように長く続く。

熟成とブレンドによって整ったまろやかな飲み口、ハイランド系のコクのあるモルティーさと、どっしりと存在感のある古典的なピートフレーバーがオールドラヴァーの心に響く1本。ストレートでゆったりと楽しみたい。

IMG_20190908_184600

バランタインは12年以上のグレードで、アメリカ向けのラベルに一部異なる表記を使っていた時代がありました。グレードで異なるものの、30年の場合1960年代頃まではLIQUEUR BLENDED で世界共通。1970年代から90年代頃までは本国やアジアがVERY OLD 、アメリカ向けがVERY OLD BLENDED 表記となります。(LIQUEUR BLENDED の由来はスコッチオデッセイ第4版巻末エッセイを参照)
経緯はわかりませんが、バーボンというか古くはライトなアメリカンブレンデッドが一般に根付いていた国ですから、知名度を意識していたのでしょうか。

これらの表記による香味の違いはあるのか。オールドブレンド好きの間で、たまに話題になるテーマです。
作り手による意図的なものか、あるいは単なるロット差か。。。経年変化と保存環境という条件の違いもあり、断定するのは困難ですが、ボトル毎の違いは確かにあるというのが自分の感想です。
今回の30年は、下に写真のある日本向けが甘やかでフルーティー、余韻にかけてじわじわスモーキーという感じである一方、フルーティーさは押さえつつその分モルティーさとスモーキーさに厚みがあるといった感じ。見るからに色合いも異なってますね。

どちらも大変良くできた、これぞスコッチという佳酒であることに違いはありませんが、個人的には厚みのある味わいを重視して今回のボトル、アメリカ向けのほうに軍配。いやほんと、飲むほどに贅沢な味わいですよ。
どの年代も軸は熟成したミルトンダフなどのハイランド系の原酒と思われる風味で、そこに樽の強弱、あるいは香味のアクセントとなるアイラの原酒の強さがロットによって異なるのか。スモーキーなものもあれば樽感の強いものもあり、なんとも十瓶十色です。

バランタインのこの変化は、12年や17年より、30年のほうが違いが大きい印象。17年も古いやつは結構ロット差がありますが。。。熟成年数の長さから、そのとき使える原酒や樽の強弱に由来する香味の幅がもたらす影響が大きいのかもしれません。
しかしなんだか今日の記事はいまいちまとまりきらない中身になってしまった。。。まあ当たりのロットに出会えたら、大事に飲みましょうってことでw

c7d10271
(同じ時代の日本向けボトル。トレードマークの下、VERY OLD のみでBLENDED表記がない。色合いも今回のボトルより若干濃い気がする。レビューはこちら。)

IMG_20190908_183730
今日のオマケ:コカ・ブトン 1950年代流通
コカインで知られる麻薬の原料である、コカの葉を使った甘口系薬草リキュール。Nさん持ち込みの1本。
1990年代あたりに流通していた、液体が透明に近い時代のものは、あまり薬草感がなくコカとはなにか?と考えてしまう仕上がりですが、今回のように古い時代のものは色合いからして異なっており、毒々しさを感じるライトグリーンで、香味はシャルトリューズを薬草感そのままで甘口にしたような。。。ウイスキーを飲んだ締めに飲むと、これまでの全部を台無しに出来る、なんというか頭の悪い美味しさ。

コカブトンは現在は生産されておらず、類似商品としてコカレロというリキュールが販売されています。
コカインは抽出精製して濃度を高めたものに、強い興奮・幻覚作用などがあって麻薬として規制されるだけでなく、アルコールとコカインが併用されると人体にとって有害なコカエチレンとなる反応もあり、それをお酒にするなんてとんでもない。という意見がありそうですが、元々コカインの葉をお茶にする習慣が一部地域であったり、またリキュールに使うにあたってコカインの成分は除去されており、飲用に心配はないとのことですが・・・
古い時代のものに関しては、実は成分残ってるんじゃないか?と思ってしまいます。
大変貴重な一杯でした!

ティーチャーズ ハイランドクリーム 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190515_224158
TEACHER'S 
HIGHLAND CREAM 
SCOTCH WHISKY 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング 
時期:開封後数ヶ月 
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★(5)

香り:ウェハースやおこしのような乾いた甘さ、乾燥した穀物、ほのかにべっこう飴。土っぽさや根菜系のニュアンスを伴うピート香。粗さもあるが個性の立った香り立ち。

味:ややクリーミーな口当たり。モルティーさと穀物の甘味、ザラメ、微かにフローラルな要素もあるが、基本的には内陸系のモルティーさとグレーンの甘味。そこから粗さとほのかに根菜を思わせる要素を伴うピーティーなフレーバー。余韻はスモーキーでピリピリとした刺激、ドライなフィニッシュ。

クリームという名称とは裏腹に、比較的癖の強いブレンドである。全体的にはグレーン強めで若くピーティーなアードモアとマイルドな内陸系原酒といった組み合わせ。序盤はクリーミーだが後半は粗さが目立ち、加水するとややドライだがまとまりが良くなる。ストレートよりもハイボールで楽しみたい銘柄。

IMG_20190515_224242

ティーチャーズ、ハイランドクリーム量産型。
同ブランドは1972年にイギリスでの売り上げで100万ケースをはじめて達成し、その後の順調に拡大。1976年にアライド傘下となり販路が強化されると1980年代にはイギリス市場におけるシェア16%、第2位の売り上げを記録するだけでなく、アジア、アメリカ市場にも積極に展開するなど世界的なブランドとなっていた・・・今回のテイスティングアイテムはその時代のものです。
70年代のものとはラベルデザインが異なっており、90年代とはボトル形状からそもそも異なるため、時代判定しやすい銘柄だと思います。

ウイスキーというのはすぐに作れず、熟成期間を考えると仕上がるのに5年、10年といった時間がかかります。
一方で、拡張路線の予測など中々出来ないことから、元々の基準では商品の生産が間に合わず・・・グループ傘下のブレンド向け原酒で補填したり、あるいは選定基準が甘くなったりと、以前の味が維持されなくなることとなります。
結果、味が良くなるケースが無いわけではないものの、シェア増加と半比例するように”味が落ちる”という現象が起きます。

この辺はジャパニーズで現在進行形の現象なので、今さらではありますが、ティーチャーズ・ハイランドクリームも、まさに後者に該当した銘柄。60年代、70年代、そして今回の80年代と比較すると、マイルドでスモーキーな味わいのなかに、半端な熟成感による原酒の荒さが目立つようになってきます。
特に70年代からの変化は著しい。現行品のティーチャーズはこの点逆の意味で振りきれていて、若い原酒がガンガン使われているような構成ですが、熟成による減衰が少ないため、構成原酒であるアードモア由来のピーティーさが旧ボトル以上に際立っている。値段が値段だし、ハイボールで飲むならこういうのもアリかなと思える仕上がりで、一部コアなファンを獲得している銘柄ともなっています。

個人的には1970年代でギリギリ。1980~1990年代のティーチャーズは、その点ストレートではちょっと中途半端かなという評価。上位ブランドのティーチャーズ12年・ロイヤルハイランド共々ハイボール向けの作りと言え、そうなるとマイルドなスモーキーさが悪くない。肩肘張らずにガブっと飲んでしまうのが良いと思います。

IMG_20190920_000203
今日のオマケ:トルブレック・ウッドカッターズ・シラーズ 2017

ウイスキー仲間のH氏がオススメしていた銘柄。オーストラリアのシラーズ。今回のものはスタンダードグレードですが、上位グレードの商品は評論家含めて評価の高い、お墨付きなワイン。写真が悪く、ただ黒い液体になっていますが、実際は赤と紫を含む、フルボディなシラーズらしい色合い。
しっとりとした口当たりから、新世界産らしく濃い甘味は、ブルーベリージャムやベリー感。そこからスパイス、微かにカカオチョコレート、徐々に滑らかなタンニンが感じられ、嫌みのない濃厚さが楽しめる1本。

新世界のワインだと、濃い味わいに新樽の強い香りがついて、こってこての味わいになっているものもしばしばありますが、これは樽の違いかウッディさが過度に主張せず、滑らかなタンニンと合わせて、濃いなりにまとまりの良い仕上がりです。
ウイスキー好きが好むベリー系のフレーバーも健在。肉に合わせるとなお美味しい1本でした。

デュー オブ ベンネヴィス 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190925_123456
DEW OF BEN NEVIS 
OLD SCOTCH WHISKY 
Ceramic decanter 
1970's 
760ml 43%

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封直後
場所:お酒の美術館
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:しっかりとした骨格を感じるリッチな香り立ち。香ばしさのあるカラメルソースとオールブラン、奥から熟した果実を思わせるフルーティーさ。また、微かにスモーキーなニュアンスも伴う。

味:ややアタックが強く、ボディはそれほどでもないが余韻にかけてひりつくような刺激に繋がる。フレーバーは香り同様で、色濃い甘味から香ばしさとほろ苦さ、徐々にフルーティー。ピートを伴うトロピカル感がカラメルソースを思わせるフレーバーのなかに溶け込んでいる。
余韻はビターでハイトーン、微かにハーブのようなフレーバーを伴って張り付くように残る。

若干コルキーなニュアンスはあるが、それ以外はアルコールや香味の骨格もしっかりとしていて状態は良好。年数表記はないが、おそらく通常リリースと同じ8年程度だろう。それに由来するアタックの強さがある一方で、構成は熟成したグレーン多めの中にモルティーさの感じられる作り。キャラメルのような甘味の奥に、熟した南国果実の風味が潜んでいる。

IMG_20190924_205446

表記はベンネヴィスですが、シングルモルトではなくブレンデッド。当時の通常品はダンピー形状「Dew of Ben Nevis(ベンネヴィスの滴?)」8年表記で販売されていた銘柄の、セラミックボトルバージョンです。
蒸留所の名前がそのままブレンデッドに使われているというのは、トマーティン・BIG-Tと似ていますね。

リリースを遡ると、デューオブベンネヴィスは、1970年代がリリース最初期のようです。
その後1980年代は存在が確認できず、1990年代に入ると12年熟成のものと、ノンエイジの"蔵出し"がリリースされるようになります。
ベンネヴィス蒸留所は1978年に操業を休止しており、それを1981年にロングジョン社が買収。1984年には一時的に再稼働しますが、78年の操業休止とともにブレンデッドの生産も終了していて、その後原酒はロングジョンに優先的に供給。1989年にニッカ傘下に移った後、オリジナルのブランドを再開したとすれば、時系列に違和感はありません。

8年熟成にしては色濃い作りで、香味にはシェリー系のニュアンスを感じるだけでなく、この時代の他のブレンデッドとは異なる独特の香ばしさやフルーティーさを備えています。
このフレーバーをもたらしたキーモルトはベンネヴィス。そして主要なグレーンもおそらくベンネヴィス。ベンネヴィス蒸留所は、1955年に連続式蒸留器コフィースチルを導入し、スコットランドで初めてグレーンウイスキーとモルトウイスキー両方を作ることが出来る単一蒸留所となった経緯があり、モルトとグレーンで充分な量が確保出来たことから、自社としてもブレンデッドの生産に動いた(ただしメインは他社への原酒供給だった)、ということなのではと考えられます。

余談ですが、この紛らわしいベンネヴィス表記のブレンデッド。スコッチ法改正に伴って蒸留所名をブレンデッドウイスキーにそのまま使うことができなくなり、現行品はネヴィス・デューとしてリリースされています。
ただ法改正が行われたのは近年で、上記トマーティン含めて約40年そのままだったのは。。。おおらかというかなんというか(笑)

IMG_20190925_183115
今日のオマケ:カレラ ピノノワール セントラルコースト 2013
個人的にかなり気に入っている銘柄。ウイスキー仲間からも評価の高いボトルです。
以前1年違いの2012をレビューしていますが、それ以来迷ったらこれという位置付け。
5年くらい熟成させたカレラのセントラルコーストは、香味とも柔らかく、カリピノらしく熟したベリー感に加えて余韻のタンニンも適度でするする飲めてしまう。変に甘味も強くないし、バランスのよさが良い感じ。
こういうのを週末の家御飯で使えるようにストックしておくのは、アリだと思うのです。
だからまあまとめ買いも仕方ないってことで。。。

フェイマスグラウス 12-30年 1990年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190820_232735
FAMOUS GROUSE 
FINE OLD RESERVE 
AGED 12 to 30 YEARS 
1980-1990's
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライでスパイシー。熟成を経た穏やかなスモーキーさ。べっこう飴のような若干の古酒っぽさに、カラメリゼ、ビターオレンジ、奥には干し草や土っぽさも感じられる。

味:薄めたハニーシロップやママレードのようなグレーン由来の粘性のある甘味。麦芽風味と徐々にピリッとしたスパイシーさ。やや軽めというか奥行きの無いボディ感で、余韻はほろ苦く、しっとりとしたピーティーさが長く続く。

全体的には構成原酒の特徴が感じられ、香りはフェイマスらしいモルティーな要素とピート香があるが、味がちょっと薄い。熟成香はそれなりにあるので、若めのグレーンが多いのかもしれない。加水するとまろやかだが、より水っぽくなりやすい。

IMG_20190820_232753

1980年代後期から1990年代初頭にリリースされた、フェイマスグラウスの最上位ブランド。後に15年となる10 to 20 years表記も同時期にリリースされています。
業界動向から推察すると、この頃ジョニーウォーカーが15 to 60 yearsという最上位ブランド(オールデスト)をリリースしていたため、それに対抗したものと考えられます。

ただ、ジョニーウォーカーは該当する表記が問題になったという話もあり、2ロットほどリリースした後、1980年代後半に表記を取り止めてエイジング表記なしに切り替えているわけですが。フェイマスの本製品が日本市場に出回ったのは1990年代前半なのでちと時系列が合いません。
表記が問題になったならフェイマスもリリースを取り止めてますよねと。あるいはこのボトル、アジア向けっぽい感じもあるので(海外に情報がほぼ無い)、問題にならなかっただけなのかもしれません。

その構成ですが、別途リリースされていたピュアモルト30年に比べて明らかにボディが軽く。ハイランドパークを思わせる麦感やピートなど、モルティーさは良いものがありますが、かなりグレーンや若い原酒の影響を受けているように感じます。比率はモルト4:グレーン6くらいか。クラシックなスタイルとは言い難い感じですね。
するすると飲めて負担無い味わいにまとまってますが、逆にそれが残念というべきか、あるいは負担なく飲めてこれはこれと言うべきか。。。

IMG_20190901_200646
今日のワイン:アルテッサ カーネロス ピノノワール2015
最近ハマってるカリピノ。もうちょっとこなれそうなので、あと2-3年熟成させても良いかも知れません。
やたら美しく芸術的なデザインのワイナリーで、作りもなかなか。エステート表記のほうがかなり旨いとか。。。しかしこちらも新世界らしい熟したベリーのような果実感に、柔らかく控えめなタンニン。若干ジュースっぽさもあるが、グラスの残り香にあるベリー香は、やはりウイスキー好きの琴線に働きかけるものがあると思います。
今回は業者が投げ売りしたとおぼしきものをまとめ買いさせてもらいましたが、これは良い買い物でした。

厚岸 ニューボーン 第4弾 ブレンデッドウイスキー 48%

カテゴリ:
IMG_20190830_024956
AKKESHI 
NEW BORN 2019 
FOUNDATION #4
Malt and Grain Spirit 
Bottled July 2019 
200ml 48%

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封直後
評価:ー

香り:ツンとした刺激。ウッディでほのかに焦げ感のあるオーク。レモングラスや柑橘の柔らかい酸と、微かにニッキ、バニラや蒸かした穀物を思わせる甘さも伴う。

:口に含むとケーキシロップのような色の濃い甘味と焦げたウッディさが感じられた後で、すぐに若い原酒由来のレモンなどの黄色い柑橘を思わせる酸味、徐々に和生姜。ボディはミディアム程度、樽感で多少底上げされており、スパイシーさと共にほうじ茶や土っぽいほろ苦さを感じるフィニッシュへと繋がる。

全体的に若い構成で、余韻にかけて粗さもある。端的に言えばそうしたブレンドだが、これまでのニューボーンと異なり若いなりにバランスの良さ、フレーバーの繋がりも見られる。グレーンやシェリー樽由来の甘味が全体を整えているのが、若い原酒主体だからこそそれが分かりやすい。少量加水するとまとまり、バランスが良くなるとともに奥に潜んだピートが微かに感じられる。

IMG_20190830_022307

厚岸蒸留所の今を伝える、ニューボーンFOUNDATIONSシリーズの最終リリース。
これまでモルトスピリッツとしてノンピート、ピーテッド、そして北海道産の樽材を活用するミズナラ樽熟成のリリースがありましたが。これらはすべてその場限りで仕上げたようなものではなく、今後同蒸留所がリリースするウイスキー(ハウススタイル)の種とも言える、先を見据えたものでした。

一方で、今回リリースされた第4弾は、モルトではなくブレンデッドです。
これまで熟成させてきた14ヶ月から30ヶ月熟成のモルト原酒に、スコットランドから輸入した未熟成のグレーン原酒を、モルト同様に厚岸の地で熟成させてブレンドしたという、作り手の拘りが見える意欲作。
ラベルに「新しい試み」と書かれている通り、未熟成のグレーンを熟成させて使うことと、ニューボーンジャンルでブレンデッドのリリースは、自分が知る限り前例がありません。
(設備の限られるクラフト蒸留所が、グレーンを外部調達するのは当然とも言えるプロセスですが、基本的には熟成したものが調達される。)

つまり今回のリリースも、これまでの3作と同様に、厚岸蒸留所の現在を表現しつつ、将来目指す姿を見据えたものなのかもしれません。
またウイスキー業界全体を見ると、ブレンデッドよりもシングルモルトのほうが価格帯、ブランド力が高い傾向があります。そのなかで、ニューボーン第4弾にシェリー樽熟成のモルトではなく、オール厚岸熟成のブレンデッドが企画された点に、作り手のウイスキーへの考え方というか、目標というか、ある種の愛を見たようにも感じます。

IMG_20190830_022453

さて、前置きが長くなりましたが、厚岸ニューボーン・モルト&グレーンの構成を香味から考察していくと、全体はしっかりとモルティーな仕上がりだと感じるフレーバー構成。実際メーカーサイトによると、60%以上がモルトとのことです。
香味には若さ故のネガティブな部分も見え隠れしますが、これはニューボーンなのだから当然で、あれこれ言っても仕方ありません。今の完成度より5年後どうなるかを、消える要素と育つ要素に分けて考えるのがニューボーンの楽しみ方であり、その視点からブレンドとしても素性は悪くないように思います。

原酒構成でメインに感じられるのはノンピートのモルト原酒。基本はバーボンとシェリー樽で、後はワインか。ミズナラは・・・ちょっとわからない。メーカーサイトではシェリー樽原酒がモルトの50%と書かれていますが、熟成期間の短さからこれまでのニューボーンでも感じられた、レモンや柑橘を思わせる酸味など原酒の香味が主となっており、そこまでシェリーシェリーした仕上がりにはなっていません。あくまで口当たりでの甘やかさに作用している程度、といった感じです。

そしてニューメイクから熟成しているというグレーンは、バーボン樽というか、リチャー感の残ったアメリカンオーク樽で熟成したものが含まれていると推察。加水と合わせて若いモルト原酒の荒さを包み込み、若いなりのバランスに寄与しているだけでなく。香味の面では焦げた樽感、バニラや蒸かした穀物を思わせる甘味に繋がっているように感じられました。

IMG_20190824_190735
(バーボン樽の木片を加工してチャーした、お手製ウッドスティック。樽を所有するのは難しいが、こういうアイテムでも由来する香味を学べる。今回のブレンドにも、この木片から香る要素と共通のものが感じられた。)

一方、厚岸蒸留所はハウススタイルとしてピーティーなアイラモルトを目指すなど、ピーテッドモルトに拘りがあることで知られています。
今回のブレンデッドはピーティーなタイプではなく、ほんの微かに潜む程度で、この点は少々意外でした。
それこそピーティーなほうが、若い原酒の嫌な部分のごまかしが効くため、完成度は上がりやすい傾向があります。それを選ばずあくまでバランス重視、多彩な系統に仕上げたのはそのほうがブレンドにおける原酒の働きが見えるからか。あるいは将来的にノンピート原酒はブレンデッドに、ピーテッド原酒はシングルモルトでメインに使っていくような計画で考えているのではと予想。
これまでいくつかの原酒を飲んだ上でのブレンデッドのニューボーンですから、今まで以上に考えるところがありますね。

2016年に創業した厚岸蒸留所は、今年2019年10月で蒸留開始からいよいよ3年となります。2020年初頭には、3年熟成のウイスキーがきっと市場で話題になることでしょう。
他方で3年熟成はゴールではなく、ウイスキーとしてのスタートラインです。そのゴールがどこにあるのかは原酒の性格と樽を含めた熟成環境次第ですが、少なくともこれまでのリリースや原酒サンプルを飲むかぎり、厚岸モルトのゴールが3年でないことは間違いなく。
まだ成長の途中、旅のと中である若い芽を同じ時間軸で見ていける楽しさを、引き続き感じていければいいなと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×