タグ

タグ:ブレンデット

ハンキーバニスター 1980年代後期流通 ”ウイスキー特級” 

カテゴリ:

ハンキーバニスターはグレンファークラスがキーモルトと言われているブレンデット。
でしたが、現在はインバーハウス傘下にあり、構成原酒も同社が所有するプルトニー、バルブレア、アンノック、スペイバーンなどに変わっています。
ハンキーバニスターのグレーン抜きとなるグレンドラモンドは兄弟銘柄。グレンドラモンドの方は少々若さを感じるもののシェリー系の構成で、しっかりした味わいに仕上がっています。

HANKEY BANNISTER
SCOTCH WHISKY
1980's
43% 750ml

構成原酒:グレンファークラスなど
評価:★★★★★(5)

香り:リフィル系のシェリー香とグレープフルーツやオレンジを思わせるウッディーなアロマ、麦芽、アーモンド、少し古い油のようなヒネ香、えぐみがある。芯の強い香り立ちで微かにスモーキー。アルコールが立っており状態の良さを感じさせる。

味:コクがあってボディのしっかりした甘くほろ苦い口当たり、雷おこし、ザラメ、オレンジピール、後半シェリー樽の香味が残る。フィニッシュはビターでほのかにピーティー。カステラの茶色い部分を思わせる甘さが長く残る余韻。

キーモルトからこってりタイプを連想するやもしれませんが、1980年代流通あたりのモノはバランスタイプで、モルティーなフレーバーが展開された後で、シェリーは後半に感じる程度。
そうした風味のため、ロックやハイボールが意外と悪くなく、特にロックが良い。コクのあるブレンドなので氷にも負けず、ハイボールにしても余韻に味がしっかり残ります。
個人的な好みを言えばもうちょっとシェリーが濃くても良かったのですが、それはさらに古い時代のものが応えてくれます。


1980年代後期、特級時代の末期頃の流通ボトルで期待していませんでしたが、開けてびっくり状態が良く、シェリー香もわかりやすく、楽しめたブレンデットでした。
特級表記は時期によっていくつかのパターンがあるのですが、ただ「ウイスキー特級」のみ書かれるシンプルな表記は1980年代後半の特徴。色々ボトルを見てきましたが、1988年、1989年あたりに多いように思います。

この1988年はハンキーバニスターにとって節目となる年です。
海外サイトの情報では、同年、インバーハウス社がハンキーバニスターのブランドを取得、上述のとおり名前は同じでも中身は違うものに生まれ変わります。 
このボトルはちょうどその辺りの日本流通ですが、当時の流通速度を考えればインバーハウス社に切り替わる前の在庫でしょう。
また日本ではバブルの崩壊、ウイスキーブームの完全終焉により、同ボトルを積極的に展開していた三越が取り扱いを縮小。いつしかハンキーバニスターは日本の市場から姿を消しました。 

スコッチオデッセイの表現を引用すれば、1970年代はスコッチウイスキーの黄金時代でした。
改めてこのボトルを見ると、淡い琥珀色がスコッチウイスキー黄金時代最後の名残のように思えるのです。

フェイマスグラウス 1980年代流通 ”ウイスキー特級” 松下電器取扱い

カテゴリ:

1980年代からスコットランドで一番飲まれているウイスキーは、ジョニーでもバランタインでもなく、フェイマスグラウスだそうです。 2012年の統計ではイギリスでもトップだったとか。
フェイマスグラウスの名前の由来である、「あの有名な雷鳥のウイスキーをくれ」と注文されたことがきっかけというエピソードは1900年ごろの話。この当時はローカルで有名だったに過ぎず、フェイマスグラウスが本当の意味でフェイマスになったのは、1970年~1980年にかけて。
ハイランドディスティラリー社の傘下に入り、原酒を確保して拡販路線をとったことで、1980年代に世界で100万ケースを販売。名実共にフェイマスな雷鳥のウイスキーとなりました。
今回の一本は、その1980年代の中ごろ流通のフェイマスグラウスです。

THE FAMOUS GROUSE
FINEST SCOTCH WHISKY
1980's
43% 750ml

構成原酒:グレンロセス、タムデュー、ハイランドパーク、グレンゴインなど
評価:★★★★★★(6)

香り:ケーキシロップを思わせる甘い香り立ち、麦芽、植物系のえぐみと穀物の香ばしくも甘くライトなアロマもある。
奥からスモーキーさ、オレンジピールの爽やかさ。

味:マイルドでスムーズ、グレーンのニュアンスを感じる口当たりだが、後半から粘性があり、口の中に張り付くようにフレーバーが残る。
オレンジママレードジャム、薄めの紅茶、オールブラン、ピートとあわせて乾燥させた牧草っぽさ。余韻はビターで長く、ハイランド系のピート香がじわじわと鼻腔まで抜けてくる。

氷と混じることで柔らかいスモーキーさが感じられ、ハイボールはスムーズでメローな飲み口に適度な熟成感、麦芽、ピートなどのモルト由来の風味を感じることが出来るレベルの高い1杯。
兵庫県三ノ宮の名店、BARメインモルトの駆けつけ1杯といえば、キンキンに冷やしたフェイマスグラウスを使う氷無しのハイボール。ここは同BARをインスパイアしてオールドボトルも氷無しで楽しむのも良い。もちろんアテはハムサンドイッチを準備したい。

フェイマスグラウスといえば、キーモルトにハイランドパークとマッカランを連想する方も多いと思いますが、それは現行品に限った話で、こと1990年代以前はハイランドパークやタムデューが中心となったウイスキーです。
当時フェイマスグラウスを製造していたハイランドディスティラリー社(Highland Distillers)は1970年にフェイマスグラウスを、1996年にマッカラン蒸留所を傘下としています。
スコットランドでは会社、グループの枠にとらわれず原酒の融通もされていましたが、メインとなる(必然的に使用量が多くなる)原酒は、安定して確保出来る所有蒸留所が中心となります。まして上述のように消費量の多いブレンドであればなおのことです

今回のボトルはハイランドディスティラリー社時代であり、マッカランの影響はあまり期待出来ません。実際、味のほうではハイランドパークの影響をかなり感じます。
グレーン感もそこそこあり、一口飲んだだけではライトで締まりが無いと言う印象も持ったのですが、2口、3口と飲み進めるほどに口の中でモルティーなフレーバーが混ざり合い、ピートのニュアンスがじわじわ効いてきました。
バランス良く、後を引くブレンドであり、ファンが多いのも納得の1本です。

※補足※
フェイマスグラウスの日本国内への輸入は、1974年にハマヤ株式会社が、1970年代後半(あるいは1980年)頃から松下電器が取り扱いを行っています。
ハマヤ時代はボトル形状がそもそも異なっており、ネック部分が丸みを帯びています。
松下電器時代は、ラベルに特級表記が直接印字されているかどうか、特級表記が印字されているならその上にロゴが入っているかどうかで、おおよその時代を判別出来ます。
・1980年代初期、ラベルに特級表記が無い(紙で別張り)
・1980年代中期、ラベルに特級表記あり(ロゴ無し、今回のボトル)
・1980年代後期、ラベルに特級表記あり(ロゴ有り)
以上、ご参考まで。



ザ・モナーク6年 1970年代流通

カテゴリ:

モートラックではなく、モナーク。ブレンデットウイスキーです。
ボトル形状等から、1970年代の流通と思われるもの。素性はほぼ不明ながら、ラベルのデザインとその雰囲気に惹かれてしまう、ミステリアスな魅力があります。
実際、オークションに出た時の価格は他のブレンドに比べても高めです。

気になっていたブレンデットでしたが、中々手元に来ることは無く。しかしこのたび、ウイスキー仲間からのご好意でテイスティングの機会をいただきました。

THE MONARCH
6 Years old
LAMBERT BROTHERS
1970-1980’s
75Proof  26 2/3FL.OZS
(750ml 43%)

構成原酒:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:焦がしたカラメルのようなほろ苦い香り立ち。乾燥させた麦芽、ザラメ、微かに植物のえぐみ、ほのかにスモーキー。時間経過でモルティーで華やかなアロマが開いてくる。グレーン感が少なく非常にモルティー。

味:一瞬水っぽさを感じる口当たりだが、すぐにブラウンシュガーと乾煎りした麦芽の香ばしさが開いてくる。微かにレーズン、スパイス。フィニッシュはまったりとしたほろ苦さ、長く残る。  

6年表記ということもあって長熟感はないが、極端な若さも感じない。オールブランを思わせる香ばしい麦芽の香味主体のウイスキー。 
ロックは可もなく不可もなく。ハイボールもまた特筆する何かがあるわけではなく、あっさりとした飲み口と思いきや、モルト由来か意外にコクがあり上品なフレーバーの開き方。薄くなるのではなく伸びている印象。だしをしっかり引いた汁物のようで、不思議な満足感がある。
うーん、やるなあモナハイ!

 
注ぎたて香りが弱い印象があったので、テイスティング時期をフライングしてしまったかなと思ったのですが、グラスに入れて飲み進めると、しっかり開いてくれました。 
特段ヒネている印象も無く、アルコールも立っている。微かに異物感はあったもののオールドなら許容範囲のレベル。おそらく、こういうタイプのウイスキーなのでしょう。
何よりこのビカビカのラベル、外観から見た状態は完璧です。

モナークと名の付く商品は他にもいくつかあるのですが、"君主"というウイスキーの銘柄らしい大層な意味を持つ単語であるがゆえに複数のブランドが採用しただけの話で、そもそもこのブレンデットとメーカーは現在存在しません。
ザ・モナークの製造元はLambert brothers。ゴルフシリーズやジュエルオブスコットランドなどで有名なボトラーズのロンバート(Lombard)とは関係無いようです。
モナークのほかに手がけているブレンドはタリスマン、スコティッシュリールなど。ブレンデット大全によるとスコティッシュリールは別企業が販売しているのですが、Lambert borthersは海外の企業情報では1996年に会社を閉じているようですので、ライセンスを買い取ったのかもしれません。
こうして書籍や海外サイトをまわってみたものの、結局このボトルの素性、構成原酒が判明するまでには至りませんでした。
モルト含有率が非常に高いという情報もありましたが、確かに飲んでみると相当モルティーであったことは上述のとおりです。
あまりスモーキーでもなく、アイラの特徴も見られなかったので、ハイランド、あるいはローランドのそうした蒸留所になるとは思います。
(ご存知の方、ぜひ教えてください!)


来月10月中旬ごろ、テイスティング会を都内で開催します。テーマはオールドブレンデット。総勢50〜60名ほどの会で、今から開催が楽しみです。
このボトルは、その会で使ってくださいと、別件でサンプル交換をしていたウイスキー仲間から提供頂きました。
自分はつくづく人に恵まれていると思っているのですが、今回も恩恵を受けることとなりました。
皆様、いつもありがとうございます!

ピータードーソン ”スペシャル” 1980年代流通 リッターボトル

カテゴリ:

ピータードーソンは国内流通が少なかったブレンドですので、特級表記含めオークション市場ではあまり見かけませんが、昨年田中屋さんやリカーズハセガワさんが、1990年代初頭流通のハーフボトル(40% 375ml)を販売したので、ご存知の方も多いかもしれません。
オードがキーモルトと言われるブレンドで、自分も今回初めて開栓しました。

PETER
DAWSON
"SPECIAL"
1980's
1Litre 86Proof

評価:★★★★★(5)

香り:微かな酸味を伴う乾いた麦芽香、植物を思わせるえぐみ、ハーブ、奥にはシロップのような甘い香りもある。時間と共に微かにパフュームライクな香りが顔を出す。

味:粘性を感じる口当たり、香り同様に麦芽風味とトウモロコシを思わせる穀物風味、バニラウエハース。中間以降にシェリーのニュアンスが少しある。
フィニッシュは少々べったりとしている。カラメルの甘さとドライフルーツの微かな酸味、ほろ苦さを伴う。

ハイボールにするとストレート以上にスムーズで飲みやすいのですが、角ハイ傾向で、すっきりしているが芳醇な広がりがあるわけではなく。少し薄めに作って食事時にジャブジャブ飲んでしまっても良いのかも。

また、ピートフレーバーがあまり感じられないため、ピーティーなウイスキーが苦手な人には良いかもしれませんが、そもそもオールドブレンデットを所望する時点でハイランドモルト系のピーティーさに求めるところがあるはずで、このボトルは少々物足りないように感じます。

ピータードーソンはデュワーズ系列から原酒提供を受けていたようで、オードがメインモルトと言われていますが、このボトルは実際ちょっと怪しいところ。
スコッチオデッセイによると、1982年にキーモルトがインペリアルとバルメナックに変わっているそうです。
今回のボトルは1980年代中ごろ、あるいは後期あたりの流通で、この変更の影響を受けている可能性は高いです。

ヘイグ 1980年代流通 ウイスキー特級

カテゴリ:
涼しくなってきました。ということは、濃いウイスキーが美味しくなる季節。
オススメしたいのは濃厚シェリー系!なんですが、良質な濃厚シェリー系は値上がりも激しく、今年の秋のトレンドは断然オールドブレンデットスコッチです。
スコッチのオールドボトルがなぜ旨いかは、単純に使われている原酒の質が良いということに尽きます。1970~1980年代の洋酒ブームとバブルが大量の在庫を国内に運び、終焉と共に忘れ去られ、遺産となって現代に残ったもの。飽きっぽいクセに物持ちは良い日本人だからこそと言うべきか。流通時期から多くは1960~70年代蒸留ですから、そりゃまずいわけがありません。
安い(大概は)、旨い(外れなければ)、在庫豊富(特定物以外は)とくれば、飲まない理由はありません。
今回はヘイグを飲まずしてウイスキーを語るなかれ、こと、当時サントリー取り扱いで流通量も多い、ヘイグの1980年代初期流通から。
 
HAIG
JOHN HAIG & CO.LTD
1980’s
"ウイスキー特級"
750ml 43%
 
評価:★★★★★★(6)

香り:ひねたカラメル香、麦芽風味、オレンジママレードやドライアプリコットを思わせる果実味、蜂蜜、その奥からスモーキーフレーバーが存在を主張してくる。状態はよくアルコールもしっかり立っていて、香りの段階で状態の良さがわかるレベル。

味:とろりとした口当たりで適度なコクがあり、そこからほろ苦いオレンジピールと麦芽風味、モルティーで現行品とは比べ物にならない厚みがある。
フィニッシュはピートフレーバーがしっかり、ビターで心地よくドライ、鼻抜けはスモーキー。余韻は長く、充実している。

ストレートも大量生産時代とは思えないほど悪くないが、ハイボールにするとこれが旨い。
バランスの良さとピートフレーバーが良い意味で作用している。
原酒はグレンキンチーとグレンロッシーと言われていますが、キンチーらしい心地よくドライでスパイシーな麦芽風味に、ロッシーのコクのあるボディといわれると納得の味わいです。

 
ヘイグはブレンデットではビック5と言われるスコットランド5大メーカーの一画を占めた、ジョンヘイグ社の主要商品のひとつ。
「ヘイグを飲まずして~」のくだりは、ヘイグの生みの親であるジョン・ヘイグ氏が、世界初となる連続式蒸留器を導入したキャメロンブリッジ蒸留所や、後にスコッチウイスキー業界最大勢力となるDCLの設立などに関わっていることが背景にあります。興味がある方は調べてみると面白いと思います。
日本ではサントリーが代理店となっていたため流通量が多く、しかしジョニーやバランに比べて知名度で劣った背景からか、ブーム終焉後に売れ残ったのでしょう。
オークションのみならず古びた酒屋でも在庫を見かけることが多いです。では味は微妙なのかというと決してそんなことは無く、コクがあってバランスが良い、完成度の高い構成です。
 
今回のボトルは1980年代ですが、さらに古い時代のヘイグのコク、ピートの厚みは一飲の価値ありです。
あれは良いモノだ・・・。
しかし1970年代の前半以前のヘイグはキャップがクセモノで、裏側が金属張りのタイプが採用されています。金属張りタイプのキャップを採用したボトルは、ヘイグに限らず1970年代以前に特に多いのですが、金属臭が付きやすく、オフフレーバー発生のリスクが高くなります。
ボトル開封時にデルモンテの香りが立ち込めたときの絶望感といったら・・・。

かつてワインのキャップシールに鉛が使われていた時代がありました。
ところが鉛の危険性が問題視されてキャップシールは鉛フリーに。時期を同じくしてウイスキーのキャップからも金属張りが消え、紙や樹脂タイプが主流となります。
今回紹介させていただいた仕様のボトルは760mlのタイプなら1970年代後期、750mlなら1980年代に流通したモデル。キャップが改善されており金属臭の可能性は低く、コクは多少薄くなっていますが、オールドらしさは充分楽しめます。
オールドブレンデット入門には丁度良いかもしれません。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×