タグ

タグ:ブレンデット

グランツ スタンドファースト 1960年代流通 ”ウイスキー特級” JAPAN TAX付き 

カテゴリ:

1960年代蒸留のグレンフィディックは、魔のパフューム時代にあたります。
なぜああなってしまったのか。もはや一種の事故状態。あるいは病的ななにか。
しかしその同時期のフィディックが使われているとされるグランツなどでパフュームというのはあまり聞いたことがありません。あれほどのもの、使われていたら影響が出ると思うのですが・・・。
とすれば、比率はバルヴェニーのほうが多いのでしょうか。今回のテイスティングでは、そうした要素も確認する項目にありました。

Grant's
"STAND FAST"
The Glenfiddich & Balvenie Distilleries
1960-1970's
JAPAN TAX
43% 760ml

構成原酒:グレンフィディック、バルヴェニー、カーヴァン、(レディバーン)
評価:★★★★★★(6)

香り:黒蜜、カラメルのほろ苦く甘い香り、少しのヒネ、梅酒や蜂蜜梅の酸味。
濃いアロマでどんどん発散してきて、まったりと甘い香りが周囲を満たしていく。

味:まろやかな口当たり、みたらしを思わせるコクのある風味、ほのかにオレンジピール、牧草、徐々にシェリーのニュアンス。
後半にかけてじんわりと麦芽風味とハイランド系のピートが染みこんで、ほろ苦く長い余韻。

とろりとした甘さが、香り、味共に強いブレンデットウイスキー。ここはバルヴェニーのオールドボトルでも感じられるスタイル。そこにほのかな酸味が感じられるだけでなく、口に含んだ後余韻にかけて出てくるピートが良いアクセントとなっている。 
オールドの良さはフレーバーの濃さもさることながら、染みこむように出てくる、決して荒々しくなく、それでいて存在感のあるピートだと感じられるボトル。


今回のボトルの流通時期を絞る際、留意べき歴史的背景が存在します。
当時グランツを輸入していた日食の扱いなら、1960年代流通で、後はラベルに書かれている日食の住所を見れは年代判別は終了しますが、今回のボトルは通過税関が沖縄でJAPAN TAXまで付いています。
ご存知、沖縄は1972年に復帰するまではアメリカの統治下におかれ、琉球政府が暫定的な意思決定機関として存在していました。税関も戦後から復帰までは琉球税関です。
沖縄地区税関となるのは1972年の本土復帰後。さらにJAPAN TAXは1974年をもって廃止されることを考えると、このボトルは1972年から1974年ごろの日本流通、ということになります。
裏の輸入元シールははがれてしまっていましたが、沖縄なので那覇の昭和物産かな。

グランツはグレンフィディック、バルヴェニー、そしてキニンヴィのグランツ所有蒸留所のモルトをブレンドしたウイスキー。
しかし今回のボトルの流通時期で考えると、1990年に稼動するキニンヴィは当然使われておらず、残るはフィディック、バルヴェニー。フィディックは冒頭述べた魔の時代に入るワケですが、あまりそうした特徴はなく、シングルモルトとして展開されていた背景からも比率としてバルヴェニーが多いと考えられます。
また、ここにもうひとつ10年に満たない短命で終わってしまったグランツの血統、レディバーンが使われている可能性も考えられます。
レディバーンは1966年創業、その後1975年に閉鎖されます。5年クラスの短熟モノであればあるいはという予測。まぁ使われていたからといってどうってことないんですが、浪漫を考えればそれもまた・・・です。 同様にグレーンは、同社が1963年に設立したガーヴァン蒸留所のものも使われていると考えられます。

推論はさておき、グランツはこの後大幅なラベルチェンジを行い、現行品に通じるデザインである白ラベル、黒ラベルが展開されます。
どちらも金色の派手なカラーリングが施されており、このSTAND FASTとは明らかに色合いが異なるもの。その後、1980年頃にSTAND FASTはFamily Reserveに。 味わいもオールドボトルらしくカラメル系のまったり感はありますが、よりライトでスムーズな方向にシフトしていきます。

サントリーウイスキー 響17年 現行品

カテゴリ:

ブレンダーの技を感じるボトルは何かと聞かれたら、スコッチではオールドのバランタインを、ジャパニーズでは現行品の響17年以上のラインナップを迷わず答えます。
響が素晴らしいブレンデッドウイスキーであることに、異論の余地はありません。そしてこれほどのブレンドを量産できるとか、サントリーの原酒保有量とブレンダー陣は化物か?
今日は180mlボトルを貰ったので、ストレートにロックにガブ飲みします(笑)。

SUNTORY WHISKY
HIBIKI
17 Years Old
43% 

構成原酒:山崎、白州、知多
評価:★★★★★★★(7)

香り:華やかな香り立ち、オーク、バニラ、甘栗、煮た林檎、そしてミズナラ香、微かなスモーキーさ。
ほんの少し水をたらすと見事に香りが開く。熟成感のある華やかなオーク系のアロマがさらに強くなり、麦芽系のフレーバーも感じられる、多層的なアロマ。

味:スムーズな口当たりから開く華やかなウッディネス。香り同様多層的な香味で、麦芽、蜂蜜、熟した洋梨、オーク材、甘栗、徐々にスモーキーなフレーバーが鼻に抜け、ピートも感じられる。余韻は染み込むような心地よいウッディネス、口の中が樽香やピートなどの華やかでほろ苦い香味でコーティングされ、長く残る。

初期の開発コンセプトがブラームスの交響曲というだけあって、オーケストラというにふさわしいブレンデット。
様々な原酒、樽香、個性が渾然とまとまって、ひとつの形を作っている。その中に感じられるミズナラのアクセントがサントリーらしさ。また最後にピートが出てくるのも個人的に好み。
飲み方はストレートで飲んだ後は少量加水で。オーク香など幾つかのフレーバーに広がりが出る。また響17年や21年(30年は試して無いから知らんw)はロックが旨く、氷で崩れず長く持続する味わいは評価すべきポイント。


正直、響はこれまで不遇な扱いを受けてきたように思います。
これだけ完成度の高いウイスキーは、少なくとも同価格帯の現行品ブレンデットスコッチでは対抗馬が見当たりません。受賞基準が若干怪しいWWAでの成績も、響は疑う余地なしです。

そのウイスキーが店頭価格8000円、オークションなら5000円そこそこ、夏や冬のギフトの時期はそれはもう出品が多く・・・。上位グレードの21年も1万ちょっとで買えました。
それがドラマにブームによって日の目を見た、そうしたら原酒が足りなくなって大幅値上げとなってしまった。でもまだ終売にならず、ラインナップにあることがサントリーの凄さと言えます。12000円の希望小売価格も、ウイスキー全体の相場で見れば決して高くない。もちろん定価で店頭に並べばですが…。

1989年の発売以来、現在の17年に当たる響はマイナーチェンジを繰り返してきましたが、決して味そのものが落ちることはなく、むしろ完成度を高めてきたと言えます。
今初期品と17年を飲み比べると、初期のほうが濃厚ではありますが、奥行き、バランス、完成度という点では現行品に評価すべき点があると感じます。
これは当時は使える原酒の幅、グレーンの熟成も発展途上だったためでしょう。日本のブレンデッドウイスキーの歴史はグレーン製造と共に始まったと考えているのですが…長くなるのでこれはまた後日。

入り口広く奥が深い。万人に共通する味であり、経験を詰んだ飲み手はさらに奥まで踏み込んでいける。良いウイスキーです。
そういえば、一度評価の高いBARが作る響17年の水割りを飲んでみたいですね。
何度か飲んできましたが、この店がオススメというのがありましたら、ぜひ教えてください。

ホワイトホース ファインオールド 1970年代初頭流通 ”ウイスキー特級” JAPANTAX

カテゴリ:

ホワイトホースはラガヴーリンをキーモルトの一つとするブレンデッド。
スモーキーなフレーバーが避けられたアメリカ市場とは異なり、日本市場にはジャーディン社主導のもと大量のストックが70-80年代にかけて入ってきたようです。
先日紹介したデラックスなど日本限定品のリリースを始め、今回のボトルのように1970年代前半からラベルに直接"特級表記"が印字されているのも、それだけ日本市場が大きかった事が伺えます。

WHITE HORSE
Fine Old Scotch Whisky
JAPAN TAX
1970's
43% 760ml

構成原酒:ラガヴーリン、グレンエルギン、クライゲラヒ
評価:★★★★★★(6) 

香り:焦げたカラメルソースのような甘くビターな香り立ち、オールブラン、オレンジピールチョコ、ヨードチンキ、スモーキーでピート由来の土や微かな草っぽさ。 奥には蜂蜜や煮たリンゴを思わせる熟成香も。

味:とろりとした濃厚な口当たり、カラメルの甘みと苦味、オールブラン、古酒特有の微かなヒネがママレードジャムのよう。底支えにどっしりしたピートフレーバー、後半にかけて存在感が増してくる。鼻抜けはスモーキーで焦げた薪の香り。
フィニッシュはピーティーで、ほのかなスパイス。苦味が沸き立つように戻る長い余韻。

カラメル、ピート、麦芽の3拍子で構成されていると言っても過言ではないボトル。濃厚でラガヴーリンを思わせるピーティーなフレーバーに、まったりとしたカラメルや蜂蜜系の当時のグレンエルギンの風味もある。一見すると単調であるが、個性的であるゆえそれが強みでもある。たとえるなら素材の味を生かしたど直球料理。 
ボディのある酒なので、ハイボールにすると程よいコクにスモーキーさがマッチして、オールドブレンデットのハイボールでは定番と言える。 


ホワイトホースのラベルは頻繁に変更されていないものの、1970年代だけは別。実に4種類のラベルが1970年代だけで流通しており、ホワイトホースの変革期であったように思われます。
ボトルの見分け方ですが、流通していたラベルの時期で分けると・・・ 

1970年代初頭あるいは1960年代後期頃
・4頭引きの馬車が書かれたラベルでスクリューキャップ
・白馬が1頭のみのラベルでFine Old表記が無い
1970年代初頭から1970年代後半
・Fine old表記あり(JAPAN TAXがあれば70年代初頭、なければ中期)
・白馬のマークが一回り小さくなる(70年代後期、750mlなら80年代流通)

こんなイメージ。
この時代はラガが効いててスモーキーな風味が際立っているのが特徴なのですが、特に上に行くほどそれが濃くなる印象。4頭引き時代でメタルスクリューキャップはレアですが、濃いですね。状態も下手にティンキャップ時代(60年代以前)に手を出すより断然良いものが多いです。
後はバランス型ですが決して悪いわけではなく、全体的な完成度が魅力。今回のボトルも良い感じです。

1980年代に入ると、ホワイトホースはライトタイプにシフトし、上述のように白馬のロゴが一回り小さくなって750ml容量に。スコッチオデッセイによると、アメリカ市場向けにキーモルトをクライゲラヒに変えて、味わいをライトにしたという話です。飲み比べると、ピートの重さなどだいぶ違いがあります。

なお、ジャーディン社取り扱いのホワイトホースは、日本の代理店として長い歴史がある関係で、特級表記と合わせて記載されるコードが80年代に入っても3ケタのままです。
コードが少ないから古いというワケではありませんので、判別の際にはご注意ください。

ハロッズ 白ラベル 1970年代流通 “ウイスキー特級” ソニートレーディング取扱い

カテゴリ:
超有名デパート「ハロッズ」のプライベートブランド・スコッチウイスキーです。
といってもハロッズは製造設備のない百貨店ですので、ホワイト&マッカイ社が生産を請け負っていた模様。
通常のホワイト&マッカイとはブレンド比率は替えているとのことですが、流石一流店はしっかりした製造元で作って貰っています。どこぞの怪しい零細企業のブレンドではないようです。

HARRODS
DeLuxe blended
Scotch Whisky
1970’s
4/5QUART 86Proof
(43% 760ml)

構成原酒:ダルモア、フェッターケアン、トミントールなど
評価:★★★★★★(6)
 
香り:乾燥した麦芽香、穀物の香ばしさと微かなスモーキーさ。徐々にカスタードや洋梨のような甘いフレーバーが出てくる。シナモンを思わせるスパイスのアロマも。全体的にはプレーンな印象。
 
味:コクのある滑らかな口当たり、蜂蜜、洋梨、香り同様の乾燥した麦芽風味。 後半にかけて現れるほろ苦さ、ハイランド系ピートフレーバー。
余韻はビターで麦芽や少し柑橘系の風味が残る。少量加水するとよりスムーズさが増すが、ボディは負けていない。

樽でもカラメルでもない、プレーンなウイスキー。それでいてコクとボディがあり現行品のようなただ薄くライトなだけとは異なる。ハイボールにしても柔らかいオールド香にソフトな飲み口で、後味がしっかり残る。
古き良き時代のスコッチの基本となるような1本。
 

ハロッズのプライベートブランドは、今回のデラックス表記白ラベルの他に、12年、21年などいくつかリリースされています。
原酒については、ホワイト&マッカイのそれと同じと仮定すれば、同社は1960年代にマッケンジーからダルモアを取得し、その後1972年にフェッターケアン、トミントールを買収して増産路線をとっていたまさのその時代の流通。これらの原酒がキーモルトになっているものと思われます。

ホワイト&マッカイといえばダブルマリッジ製法。原酒をバッティングした後でシェリー樽でマリッジし、その後グレーンを混ぜてまたシェリー樽で2度目のマリッジをする。
2度の熟成の割に樽っぽさが少ないのは、シェリー樽といっても使い古しで、影響が僅かしかない樽なのでしょう。

輸入は天下のソニー様。そういえば同時期流通のホワイト&マッカイ・スコッチウイスキーもソニートレーディングが輸入していますね。
先日のフェイマスグラウスは松下でしたが、家電メーカーは海外輸出した後で軽くなった船をそのまま出航できないため、バラスト代わりにウイスキーのみならず色々な製品を買い付けて輸入していたのだそうです。
なお1970年は「ザ・ドランカー」・・・いやいや「ザ・ノーズ」ことリチャード・パターソン氏がホワイト&マッカイにスタッフとして加わった時期でもあります。
当時まだ若かった同氏が、ブレンドを決めるような業務には係わっていないはずですが、とりあえず今夜は彼に習って、このハロッズも1杯目は投げ捨てることにしましょうか(笑)。
 

チェッカーズ 陶器ボトル 1960年代流通 JAPANTAX付き ”ウイスキー特級” ブラインドテイスティング

カテゴリ:
フェイスブック繋がりで、北海道のウイスキー愛好家Sさんとサンプル交換をしました。
きっかけはSさんがチェッカーズの1960~70年代流通(陶器ボトル)を入手され、チェッカーズにはリンクウッドを感じるかと話題になったこと。こちらからオフィシャルボトルのリンクウッド送付し、チェッカーズを送ってもらいました。
しかし、ただ送ってもらうだけでは面白みがないので、4つのサンプルをブラインドで送っていただき、その中からチェッカーズ(あるいはリンクウッド)を感じられるか、という形式で挑戦しました。
そして結論から言うと、盛大に外してしまいました(笑)。

CHEQUERS
THE SUPERB DE-LUXE
BLENDED SCOTCH WHISKY
1960-1970's
"JAPAN TAX"
760ml 43%
12047518_950690218354333_1553217199_n
【ブラインドテイスティング回答】
分類:ブレンデット
銘柄:ハイランドネクター
度数:43%
蒸留時期:1970年代
熟成年数:12年
暫定評価:★★★★★★(6)

"ライトで甘いアロマ、蜂蜜やクラッカー、少々くすんだ香りと強めのコルク臭。
少し粉っぽさのある口当たり、麦芽、シロップ、グレーン由来か穀類の甘さを強く感じる。中間から余韻にかけてスモーキーなフレーバー。
余韻はスモーキーでビター。内陸系のピートフレーバーがじわりと染み込むように残る。"

以上は相手側に回答したテイスティングコメントそのままです。
あらためて見てみると、内陸系のピートを拾ってますし、ジャグボトルにありがちな経年の特徴も拾ってるんですよね。実際一口目で陶器ボトルのサンプルなんじゃないかとは感じていました。
ただグレーン由来か、甘さを強く感じてしまい、モルトのパワーが落ちてグレーンの存在感が増してくる1980年代当たりの流通なんじゃないかとミスリードしたことや、諸々相手側の素性を邪推してしまったのが敗因です。

最終的にはピーティーでコルク臭が出やすい大口径コルクのボトルを採用している、ハイランドネクターじゃないかと予想し撃沈。まぁ同じDCL系に落としたのはせめてもの救いでしょうか(笑)。

正解発表後に飲みなおしてみると、中間の甘さ、コク、スモーキーさはやはりリンクウッドだなと感じさせてくれました。しかしグレーンなのか、妙な甘みが強く感じるのも印象的です。後やっぱりジャグだなぁと。
しかし状態さえ良ければ素晴らしいブレンデットウイスキーであることは間違いありません。


もちろん頂いた残りのサンプルも個別に記事を書いていきますが、どんな内容と回答だったのか、まずはざっくり以下に記載します。
(先日掲載したモナークはこの時に頂きました。)


【無印の小瓶(正解:デュワーズ12年アンセスター)】
分類:ブレンデット
銘柄:チェッカーズ
度数:43%
蒸留時期:1960年代
熟成年数:12年程度

【KAVALANの小瓶(正解:無路良10周年記念ボウモア)】
分類:アイラモルト
蒸留所:ボウモア
度数:55%程度
蒸留時期:1990年代
熟成年数:10~15年程度

【フィディックの小瓶(正解:DTマッカラン1968(35年))】
分類:スペイサイドモルト
蒸留所:グレングラント
度数:50%程度
蒸留時期:1960年代後半~70年代前半
熟成年数:35~40年程度

ブレンデットとシングルモルトを取り違えなかっただけマシですが、自分自身も「チェッカーズにはリンクウッドを感じる!(キリッ)」と豪語しておきながら、色々邪推して外してしまったのはお恥ずかしい次第です。
素晴らしいサンプル、ありがとうございました!

このページのトップヘ

見出し画像
×