タグ

タグ:ブレンデット

キングジョージⅣ 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190628_223739
KING GEORGE Ⅳ 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
1980's 
760ml 43%

グラス:国際企画テイスティング
場所:お酒の美術館 神田
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでビター、スパイシーな刺激と共にドライな甘さを感じる。籾殻、おこし、徐々にべっこう飴のような甘みも伴う。

味:マイルドな口当たり、色濃い蜜のような軽い粘性を感じる。続いてピーティーでビター、オールブランを思わせる麦芽風味。中盤から後半にかけてボディが軽め、序盤のフレーバーが浮わつくようにも感じられる。
フィニッシュはスモーキーでビター、染み込むように長い余韻。

オールドピートと古典的な麦芽風味が感じられる、らしいブレンデッドウイスキー。タリスカーベースに、スパイシーな刺激はローズバンク由来か。この香味構成は60年代から大きく変わっていない。(厚みは大分違うが)
ストレート、ハイボール、なんでもござれのオールラウンダー。

IMG_20190628_223826

タリスカーに加え、ローズバンクにアンノック、スコッチウイスキーの最大手グループDCL所有の原酒が使われた、主力輸出用銘柄のひとつがキングジョージです。
本ブログではこれまで、60年代、70年代と紹介してきましたが、今回は80年代。ニッカウイスキーが国内販売の代理店となっていた時代で、リユース市場ではもっとも見られる流通時期の1本。この後80年代後期流通品はボトルシルエットがシャープに。ラベルにある修正シールが最大の特徴です。

基本的な味わいは70年代とそう大きく変わらないのですが、個体差なのか香味のボディが緩めで少し軽いような印象も。ブレンド比率でグレーンが増えたか、あるいはグレーン原酒の熟成感が弱まったのか。。。以前自分で買って飲んだボトルもそんな感じだったので、この時代のキングジョージ4世の特徴なのかもしれません。
ブレンデッド全体を見ても、1980年代は香味が軽くなって来ていた時代なので、業界動向の通りという印象も。。。まあそれでもベースとなっているモノが良いので、充分美味しくいただけるのですが。

294b21cb
10633156 (1)
(キングジョージ4世の70年代、60年代流通品。状態が良ければ古い方が間違いなく全体的にフレーバーが濃厚でスモーキー、しかし60年代以前にはティンキャップという罠が。。。)

ちなみにニッカ取り扱いのキングジョージ5世は、裏ラベルに従価表記のあるものと、今回のようにウイスキー表記のみの2ロットがあり、どちらも760ml容量表記です。時期によって価格が上下したか、その変更の最中にあったボトルであると思われます。
この情報から詳細な流通時期を考察すると、従価表記は1980年頃から高価格帯の税率が適用されたボトルのみに表示。760ml→750mlの変更もほぼ同時期、つまり1980年代前半にあった変化であり、今回のボトルはまさに81年、82年頃の流通品であると考えられるのです。

デュワーズ ホワイトラベル 1980年代後期 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190515_223212
DEWAR'S 
FINE SCOTCH WHISKY 
"White Label" 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:ややトーンが高く、若い原酒の荒らさを感じる香り立ち。乾いた穀物、オリーブオイルのような少し特異なニュアンスの混じるグレーン感。柔らかいスモーキーさと麦芽香。ザラメのような甘さも感じる。

味:スムーズだがしっかりとした骨格がある。香ばしい麦芽風味からオレンジ系の甘酸っぱいモルティーさ、薄めたカラメルソース。少し若い原酒のえぐみと若干の草っぽさもある。余韻はほろ苦く、柔らかいスモーキーさを伴い長く続く。

思ったよりも香味が多彩。主要原酒以外に色々ブレンド向けの若い原酒が混じっている味わい。仕上がりの粗さはあるが、見るところもあり、この時代のブレンドとしてはレベルの高い部類に入る。加水するとマイルドで洋菓子、マフィンのような甘味が開き、一気にバランスが良くなる。これならハイボールも充分に楽しめそう。

IMG_20190515_221522

黄金の特級時代と言えど、多くのブレンデッドが味を落としていた1980年代後期。この特級時代の末期頃(1988~1989)に流通したのが、今回のレビューアイテムです。
そもそも、デュワーズ・ホワイトラベルのスタンダードは古いものであっても、若い原酒由来のアタックの強さが目立って造りが粗い。というのが持論でしたが、このボトルは12年クラスの片鱗といえる、粗さの中に熟成感のあるモルティーさが備わった1本でした。

今回のボトルの流通時期は、ジョン・デュワーズ社らを傘下としていたDCLが、1986年にギネス社との合併でUD社を設立。その傘下に移行した時代であり、主要構成原酒はアバフェルディ、グレンオード、オルトモアで、使われている可能性としてロイヤルブラックら、クライゲラヒ、そしてUDのブレンデッド用原酒あたりだったと考えられます。
(現在、デュワーズの構成原酒でレジェンダリーシリーズとしてリリースされている6蒸留所のうち、マクダフだけは当時マルティニ社の傘下であり、1993年からデュワーズないしバカルディ傘下となる。)

個性の違いを把握しづらい若い内陸の原酒と、それ以上に多様な原酒が使われているため、マクダフの有無がとか、あるいはブラックラがどうこうとかは、少なくとも自分にはわかりません。
ただUD傘下となってジョニーウォーカー等の香味に変化があったように、デュワーズもブランドの見直しが行われたのかもしれません。80年代後半の流通ながら、その前のロットにはなかった味わい深さに通じる要素が感じられたのが印象的でした。

Screenshot_20190527_090224
IMG_20190515_224133
(今回のラベル、なにか違和感があると思ったら、その正体は受賞メダルの有無。なぜかまるごと無い。上2ラベルは同時期ないしその前後の流通品だが、デュワーズ・ホワイトラベルはこのように流通先や時代で細かいラベルチェンジが多く、オールドの購入者泣かせな銘柄である。)

さて、上記でデュワーズ・ホワイトラベルのラベル違いが多いという話に触れたところで、各時代毎の簡単な見分け方を紹介すると、それは紋章の色です。

めちゃくちゃ古いやつはメダルの数が違うとか、1960年代以前はティンキャップとか、他にも見ればわかる特徴があるのですが、スクリューキャップになった1970年代以降は、流通量が多い一方ラベルの種類も多く、流通時期が分かりにくいのです。
そこで、最も簡単に判断できる共通の特徴が紋章の色。時代の境目にあるボトルは紛らわしいものもあったりしますが、大概はこの基準で整理することが出来ます。

~1970年代中頃まで:白黒(下記)
1970年代後半から80年代前半:赤線
1980年代中頃から後半:青赤(本記事掲載)
1990年代以降:金色
※ホワイトラベルについてのみの整理ですので、12年など他のグレードの場合は異なります。

IMG_20190527_092011

この紋章の色で流通時期を見分ける話は、バランタインのオールドボトルでも知られており、そしてデュワーズとでは同じような配色構成のものが2つあります。
ただ、バランタインとデュワーズでは、紋章の色とリンクする流通時期が異なるため、混同しないように注意が必要です。

それこそこれはだいぶ前、とあるBARで実際にあった話。デュワーズの赤紋章時代のものを「60年代流通です」と出された時がありました(バランタインの場合、赤線で書かれた紋章は1960年代以前の流通品だが、デュワーズは上記の通り)。狙ったわけではなく、勘違いだとは思いますが・・・。
ちなみにその時自分は紋章での見分けを知らず、そのまま飲んで帰って調べてアレッ?となったクチ。いい勉強になりました(笑)。

フィンドレイター15年 1970年代後期流通

カテゴリ:

期待していない銘柄が、思わぬ味わいに驚かされることはちょっとした幸福感があります。
フィンドレイターはインバーゴードン系列のブレンデットで、かつては伊勢丹デパートを中心にギフト向け賞品として広く展開されていたモノ。これはその当時のボトルのひとつになります。
東の伊勢丹フィンドレイター、西の阪急グレンドロスタンはスコッチ・オデッセイからの表現。きらびやかなラベルがバブルの香りを感じます。

FINDLATER'S
AGED 15 YEARS
Blended scotch whisky 
1970-1980's
43% 760ml

構成原酒: トミントール、ディーンストン、タリバーディン、タムナヴーリン、など
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:品の良いオールドシェリー香、カラメル、オールブラン、アーモンド、微かなヒネと草っぽさ。奥に感じられるグレーンの風味はザラメやカステラの甘さのよう。

味:オールドシェリー系の風味を感じる口当たり。そこから麦芽の香ばしさ、石焼きイモの黄色い部分と焦げた皮の苦味。ほのかなスモーキーさ。
時間とともにシェリー系の風味が主体になってくる。ボディーはほどほど。

ライトフレーバーのウイスキー・フィンドレイターといいながら、中々芳醇な1本。
少々グレーンの主張やマイナー系蒸留所にあるようなクセを感じたが、オールドシェリー系の風味が包み込んで、濃厚なひとつのフレーバーのように仕上がっている。
ハイボールは正直これでやらなくても良いかという味わいながら、ロックで飲むとシェリー系の風味が強調される印象で楽しめる。ただしあまり時間を置くと水に負けてしまうようで、冷水での加水というのも手かもしれない。


フィンドレイターのスタンダード、ファイネストはまぁ昭和の味だよなという、可もなく不可もなくが感想にあり、先日現行品のフィンドレイター21年を飲んで、なるほどなーと思う反面、ますます可もなく不可もなくで、もうこの銘柄は良いかなと思っていたのですが・・・。
このフィンドレイター15年は上述の通り思いがけず良い感じのシェリー感があり、家で気楽にオールドシェリー系ウイスキー飲みたいときなんかにちょうど良いんじゃないかと、ちょっとびっくりしました。
最近オールドタイプのシェリー系ボトルがとんと手に入らなくなったので、こういうのは嬉しい発見です。

フィンドレイター15年は今回の760ml仕様以外に、750ml、角瓶、と年代によって異なる仕様のボトルが存在します。原酒はトミントール(1964年~)、ディーンストン(1965年~)、タムナヴーリン(1966年~)、タリバーディン(1949年~)、と実にぱっとしない・・・いや、マイナーところが揃っているのですが、760mlから750mlへの切り替わりがだいたい1980年頃であるため、これらの稼動時期プラス15年で考えるとディーンストンギリギリ、タムナは入ってない可能性があります。また、同社が所有するブルイックラディが使われた可能性もあります。
それ以上に、このシェリー感はどこの蒸留所なのか、あるいはマリッジでシェリー樽を使っていたのか、気になりますね。多少感じられるマイナー系のクセ、そこは察して余りある要素ですけど。
なお、今回のボトル以外は飲んだことがないため、年代による変化がどの程度あるかはわかりません。


オールドブレンデットばかり投稿が続いていますが、明日のテイスティング会に向けた資料作りの一環ですので、それ以降はモルトやニュース等も交えて通常運行に戻ります。モルトのほうもだいぶモノがたまってますし。
まぁこういうウイスキーもあるんだなくらいで見ていただけると幸いです。

セントジェームス12年 1980年代流通

カテゴリ:

セントジェームスはBBR社(Berry Bros & Rudd Ltd )がリリースした、当時ハイエンドクラスのブレンデットウイスキーです。
リリース期間10年ちょっと、これは1980年代のウイスキー不況の後、シングルモルトブームが始まったことから同社における原酒の使い方が変わっていったからだと思われます。
ちょうどバブル期にあった日本には比較的在庫があるようで、オークションを中心にぽろぽろと出物があります。
知ってる人は知っている。はっきり言って美味いボトルです。

St.James's
12 Years old
Blended Scotch Whisky
Berry Bros & Rudd Ltd
1980's
43% 750ml

構成原酒:グレンロセス など
評価:★★★★★★★(7)

香り:爽やかでモルティーな香り。麦芽とナッツの香ばしさ、ドライフルーツ、シェリーオークのニュアンス。
フルーツはドライアップル、サルタナレーズン、ほのかに洋梨や青肉メロン。
最初は少しちぐはぐな感じがあったが、時間と共にまとまってきて非常に華やかなアロマ。

味:モルティーで華やか、林檎や白ぶどうの爽やかな香味、薄めた蜂蜜、乾燥した麦芽の香ばしさ。
心地よいドライな口当たりでコクもあり、微炭酸のを思わせるスパイスが口の中を刺激する。
フィニッシュはドライで華やか、オーク系のウッディネスとほのかなピートがほろ苦い余韻に繋がる。

ほとんどモルトウイスキーなんじゃないかという、モルト含有率の高い構成のブレンデットウイスキー。
注ぎたては少し荒さが香りにも味にも見らるものの、飲み進めていくうちにまとまって、華やかな香味が引き出されて、ある種の陶酔感も感じる。
飲み方はストレートで時間をかけて飲んでも良いが、ロックも中々悪くない。ハイボールは非常に爽やかですっきりとした飲み口。上等なスパークリングワインのようで、風呂上りや暑い日の1杯目にゴクゴク飲みたい。


シェリーでカラメルでスモーキーでこってりしたブレンドも好みですが、こういう華やかで原酒の旨みそのままというブレンドのほうが、自分の中で高得点が付きやすい傾向があります。
構成原酒はBBR系の蒸留所と思われますが、BBRそのものが多くの原酒を持っているので、キーモルト以外は何が含まれているのかわかりません。おそらくキーモルトはグレンロセスでしょう。独特なドライさ、アーモンドのようなナッティーなフレーバーは、グレンロセス由来と言われると納得です。ちょうど自宅にオフィシャルボトルのグレンロセス1975が開いてるのですが、飲み比べると共通点を感じます。最近BAR飲みしたオフィシャル1972にも近い華やかさがありました。
かつてグレンロセスはブレンド用原酒として非常に高い評価を得ていました。推測どおりなら、それをふんだんに使ったセントジェームスは同社のフラグシップにふさわしく、ブレンダー垂涎のブレンデットウイスキーだったといえます。

BBR社から当時リリースされていたブレンデットは、カティサーク、セントジェームス、ベリーズベスト。それぞれキャラクターは異なるのですが、どれも品質の良いブレンドだったように思います。
どれがいいかと言われると悩ましい話ですが、入手しやすさと完成度ではカティ12年の1970年代流通と、このセントジェームス12年1980年代流通は双璧。
ベリーズベストは歴史もある旨いブレンドですが、流通量の少なさと価格がネックで・・・。
ちなみに1970年代流通のセントジェームスはノンエイジでしたが、12年表記の序盤に感じられる荒さがなく、よりスムーズで華やか、こちらも文句無く旨いウイスキーです。市場流通価格を見ると少々値段はしますが、機会があればお試しください。

BBR社はロンドン、セントジェームス街にショップを構えており、その点でもBBRにとっては特別な銘柄だったことが推察されます。なお、セントジェームスという銘柄は、このほかイングリッシュウイスキーやラムでもありますが、本品とは無関係です。

VAT69 1970年代初期流通 ”ウイスキー特級” JAPANTAX 協和発酵取扱い

カテゴリ:

オールドボトル市場の中では現行品と同じレベルで注目されるボトルもあれば、現行品とは異なる存在感を放つボトルがあります。
このVAT69は現行品こそ安ウイスキーの定番という位置づけにあり、味も平凡なものですが、オールドボトル、それも1970年代以前のものは高い評価を受けるボトルの一つです。
100種類の試作の中の69番目のブレンド・・・なんて薀蓄はぐぐって頂くとして、味とボトルの紹介に入りましょう。

VAT69
FINEST SCOTCH WHISKY
JAPAN TAX
1970's
760ml 43%

構成原酒:ロイヤルロッホナガー、グレネスク
評価:★★★★★★(6)

香り:グラスから強く感じられる灰、ミネラルっぽいピート香。古酒系のヒネ、とろみのある甘い香り。熟したグレープフルーツ、ブラウンシュガー、カステラ、麦芽の香ばしさ、たまり醤油のようなアロマもある。 

味:コクがあって濃厚な口当たり、黒砂糖、バニラ、焦げた木や灰のピーティーな口当たり。 
徐々にカラメルソースとオレンジママレード、甘さとほろ苦さが豊かに。
余韻は序盤のピートが舌に染み込むように残る。シェリーやカラメルの甘さも感じられる。

独特のピート香、オールドらしいこってりとした厚みもある香味。ストレートまたはロックで長く楽しめる。 ハイボールは可も無く不可もなく。 ボディがあるのでソーダには負けないが、特筆する要素はあまり感じられなかった。

ブレンデットウイスキーはキーモルト云々の話をしても、やはり混ぜられている関係上どこか似た傾向の味に収束してくるところがあります。
その中でも個性的なモルトを効かせたブレンドは他とは異なる香味が有り、それが魅力。ホワイトホースやローガンのラガヴーリンは代表的な事例ですが、ここにもう一つ、特徴的な風味を出すモルトとしてあげられるのがロイヤルロッホナガーです。
当時のロッホナガーが使われているVAT69、並びにジョンベック、マイナー銘柄ではロイヤルディーサイドからも他のブレンドとは異なる個性として、当時のロッホナガーに共通する灰のようなピーティーさが感じられます。
兄弟銘柄にはアンチコリーがありますが、こちらはライトタイプでそこまで特徴的な風味ではなかったように記憶しています。
 
VAT69は1960年代はコルクキャップ、1970年代からはスクリューキャップ。
そしてボトル形状がずんぐりとした逆向きの台形的な形状から、徐々にまっすぐな形になっていき、最後の1980年代後期には通常のトールボトルと同様の形状となって現在に至ります。ラベルデザインの変化と合わせて非常に見分けやすい銘柄です。

飲み比べた感じ、1960年代はかなりロッホナガーの特徴が濃く、1970年代はそこそこ、1980年代はバランス型ですが、言い換えれば没個性的な感じがあります。
これは1970〜1980年代から、1960年代に稼働したグレネスクの原酒が使用出来るようになって行くにつれ、ブレンドを変えていったためと考えられます。
しかし不況からグレネスクを閉鎖せざるを得ず、所有者DCLのブランド戦略の中でVAT69が下位グレードに位置付けられたこともあって、そのクオリティと個性は失われていきます。
完全に安ウイスキーとなった現行品に、当時の面影はありません。

VAT69は1960年代から1990年代まで5〜10年刻みで所有して飲みましたが、1970年代のスクリューキャップJAPAN TAX付き、今回の時代のボトルが、完成度というか一番バランスの良い仕上がりだと感じます。
当時のVAT69を見かけましたら、是非独特なピート香と、ねっとりとしたコクのある風味を堪能してください。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×