タグ

タグ:ブルゴーニュ

カリフォルニアのピノ・ノワールに可能性を見たという話

カテゴリ:


最近ウイスキーが高い。ある一定以上のグレードのボトルは兎に角高い。
一部のプレミアを除き、何十年も熟成した原酒から作られるリリース各種が1万円もしなかったような時代など、元々が安過ぎて最近が正当なのだという意見は理解出来ます。
それでも数年前に1〜2万で買えたようなボトルの類似の樽が、今年のリリースは数倍以上という事例を見ると、この指数関数的上昇は一体。。。と、複雑な心境になるのもまた、消費者心理というものです。

そんな中、昨年末の記事でも触れたように、ウイスキーに軸を置きつつも他ジャンルへの橋渡しも出来たら良いなと、ちょっとずつ手を広げて楽しんでいる一つがワインです。
近年良質なシェリーカスクのウイスキーが希少となり、特に華やかで艶やかなベリー香漂う、オールドシェリーの一種を味わおうとするとハードルが高い状況。しかし近い香味を備えているワインもあるなと、ウイスキー好きに進めたいジャンルとして探っていました。

これまで持ち寄り会などで、その筋の方々から写真にあるような神の雫が如きワインをいくつも飲ませて頂き、味でナンジャコリャー、価格を調べてある意味納得しながらナンジャコリャーと、少なくとも2度に渡る驚きを受けていたところ。
フランス、特にブルゴーニュの古酒はたまらんですね。熱狂的ファンが居るのが本当によく理解出来ます。

例えば以下の「ジャンボール ミュジニー ドメーヌ クリブレ1969」は、熟成ワインの妖艶な香り立ち、梅ジャムやベリーを思わせる酸味とダシ感のあるコク。。。
ウイスキーの良質な古酒にも通じるニュアンスに、もうすっかりやられてしまい、「こういうワインを月一くらいで飲めたら最高!」という、達成できる見込みのない指標になっています。


どれも素晴らしいワインで、貴重な経験をさせて貰いました。
そしてこの1年間、自分でもグラスで飲んだりボトルで買ったり、ウイスキーの息抜き的にワインを探求をしていましたが、まあワインも例に漏れず評価されているものは高いのです。

しかし、希望がない訳ではありませんでした。
ウイスキー好きの琴線とも言える、古酒の妖艶さに通じるニュアンスがあって、まだ常識的な価格で手に入り、かつ自分で類似の香味を作り出すことも出来るジャンル。。。そんな可能性を感じているのが、新世界のワインの古酒。
特にカリフォルニアのピノ・ノワールの5〜10年程度のバックビンテージです。


日本では通称カリピノと言われる区分のワインは、単一畑だと1万円越えも普通にありますが、エントリーグレードは3k程度からが標準的な相場です。
写真のカレラ・セントラルコーストはその代表的銘柄の一つ。大抵は熟したベリーや果実の風味に加え、華やかなアロマ。モノによってはパワフルで酸味が強かったり、タンニンもそれなりにある感じ。多くは購入して即飲むようなイメージで、熟成という選択肢は持っていませんでした。

また、ピノ・ノワールと言えばフランスのブルゴーニュが原産にして、代表的品種。「新世界のピノは熟成によって馬脚を現す」なんてコメントもあるとかないとか。
そんな表現があるほど熟成ならブルゴーニュのピノと評価されている訳ですが、何本かカリピノ・エントリーグレードのバックビンテージを飲んで思うのが、あれ、これ普通に美味い。っていうか熟成イケてんじゃん。

(先日、ウイスキー仲間内の定例会にオマケで持ち込んだケンダル・ジャクソンのピノ・ノワール2010。艶のあるベリー香がしっかりあり、普段飲みに是非使いたい。グラスが1脚足りず、自分はウイスキーグラスw)

カレラ、メルヴィル、ケンダルジャクソン、オーボンクリマ。。。まだ有名どころの限られたビンテージしか飲めてませんが、共通するのは以前カレラのレビュー記事で「下町のフランス料理屋」と例えた親しみ易さと、わかりやすい美味さ。
素晴らしいブルゴーニュの古酒に比べて複雑さや奥行きの格は違うと思いますが、ピノ・ノワールの良さと言えるベリー系の果実香が熟成による艶を帯びて、上述の古酒に通じるニュアンスも感じられること。

これが上位グレードのワインではなく、エントリーグレードで、しかもセラーに放り込んでおけば、現行品でも5年程度の熟成から仕上がる可能性があるという点もポイントです。
瓶熟に期待と言っても、リリース後に20年くらい置かなければならないだろう現行品のバッキバキなシェリーカスクのウイスキーでは、原酒の飲み頃が来る頃には自分の肝臓が飲み頃というか耐用年数を超過してしまう心配もあるだけに、ここは大きな可能性なのです。
BARに置いてあるかというと難しいかもしれませんが、機会があればウイスキードリンカーの皆様に是非試して欲しいジャンルですね。


ワインのブルゴーニュがウイスキーのスペイサイドなら、さながらカリフォルニアや新世界はカヴァラン。
今後はカリフォルニア以外に南アフリカやニュージーランド、オーストラリア、そしてチリなどでも類似の系統も探ってみたいなと考えています。勿論メインは引き続きウイスキーですが、他の酒類にも目を向けることで、例えば樽のことなどウイスキーとしても学べることは少なくないと思うのです。
ワインもイケるウイスキードリンカーの皆様、オススメ銘柄ありましたら是非教えてください。

最後に、こうした比較が出来るのも、冒頭述べたような素晴らしいワインの数々を経験させてもらえたからに他なりません。機会を下さった愛好家の皆様、本当にありがとうございます。


以下、雑談。
最近の当ブログ、ニューリリースの中でもボトラーズは息切れというかほぼ発掘出来てません。来年からはさらにその傾向が強くなると感じています。
味がどうこうは申しませんし、ディスるわけでもありません。ニーズに沿ったボトルを安定して仕入れるインポーターやバーマンの皆様の努力は、相当なものと思います。ただしかし純粋に、追いきれないのです。。。

また、オールドブレンドの主要銘柄のレゾネをブログ上に完成させたいという目標を優先しているのもあります。
今年1年まだ終わりじゃありませんが、他のジャンルを選択肢とする一方、総括してこのあたりの情報が手薄になっていること気になりましたので、追記致します。
(※記事公開時は前置き的に記載していた内容ですが、本筋の話ではないので配置換えしました。2018/12/13)

セニョーリ ダルセロ コートドボーヌ ヴィラージュ 12.5%

カテゴリ:

SEIGNEURIE D'ARCELOT
COTE DE BEAUNE-VILLAGES
De Aureo Sprito Collection 
2014
750ml 12.5%

透明感のある色合い。ベリー系の酸味や加水柘榴ジュース、軽いタンニン、赤い花を思わせる繊細な香り立ち。
口当たりは軽め、中間は少々平坦で単調気味、ほのかに蜜っぽさ。序盤に感じたドライクランベリーなどの果実味が、余韻で葡萄の皮を思わせるタンニン、苦味へと繋がって重さが残る。

まるで皮ごと絞った葡萄ジュース。30分ほどの時間経過で酸味が強くなり、アンバランスに。
ベーコンや甘辛く味付けた肉類との相性が良く、むしろその手の食事と合わせることを前提としたようなワインで、単品では飲みやすいが少々飽きがくる味わい。


伊勢丹がギフト向けに展開している、ブルゴーニュワイン飲み比べセットのうちの1本。主要品種はおそらくピノ・ノワールで、ひょっとしてガメイも使ってませんか?というニュアンスも。

中身はアウレオ・スピリットという古典的な製法普及グループの一員であるダルセロ氏が選定しているワインの一つ。。。らしいのですが、私のようにウイスキー側の人間にして見れば聞いたこともなく、一般の方ならなおのこと。まあウイスキーでもこういう誰?(もしくは何?)ってブランドありますし、そういうものだと思って話を進めます。

赤ワインにおいて、ウイスキー好きの好みにヒットする要素にベリー系の香味があり、ベリー系と言えばブルゴーニュでピノ・ノワール種は避けられません。
今回のヴィラージュ表記のコートドボーヌは、ブルゴーニュ地方の同地区において2つ以上の村のワインをブレンドしているもので、格付けとしては単一ワイナリー→コートドボーヌ表記→ヴィラージュ表記で一番下なのですが、まあ単一だろうが混ぜてようが、問題は味です、味。

(伊勢丹のワインギフトセット。もう片方は村名ジュヴレ・シャンベルタン。重口のワインで異なる飲み口のワインを楽しむセットとのこと。)

それにソコソコのお値段がつけられている飲み比べセットなので、そう悪いものは混ぜてないだろうと、期待しないまでも警戒もしていない予想だったわけですが。 
他方で「近年のブルゴーニュは屍の広がる荒野、打率の悪さに殺意を覚える。特にセール品のボトルに安ウマなんて期待するな。」というのがワインにも明るいウイスキー仲間達の言葉にあり。
その点、今回のボトルは決定的に悪いわけではないものの、全体的にフレーバーの質が軽く単調気味で、それでいて飲み終わった後で妙な重さが口の中に残るので単品では飲み飽きてくる。ウイスキー好きに勧めるワインとも、想定される値段通りのレベルがあるとも言い難いボトルでした。

それにしても伊勢丹の担当者はなぜこのワインを選んだのか。万人向けの味といえばそこまでですが、単にシャンベルタンの方に予算を取られたのか、異なる飲み口という飲み比べに比重が置かれただけなのか。
テイスティングの通り食事と合わせると足りない中間部分の厚み、複雑さが補足されてそこそこ楽しめるので、これはそういうワインなのかもしれません。

サン トーバン プルミエクリュ シャルモア ルージュ 13.5% ミッシェル・ピカール

カテゴリ:
IMG_5537
SAINT-AUBIN 1er CRU
"LE CHARMOIS"
2001
DOMAINE MICHEL PICARD
GRAND VIN BOURGOGNE
750ml 13.5%

ふわっと立ち上る艶やかな甘いアロマ。口当たりはまろやかで、カシスシロップ、ベリー系の果実味、蜜っぽい甘さから穏やかなタンニンへ。経年変化かほのかにマディラ系のニュアンスも混じる。

全体的に優しく穏やかで、バランスの良い飲み疲れない味わい。ピノ・ノワール主体であることや、サン・トーバンが高地にあることから軽めで華やかなワインに仕上がる、とは知人バーマンの言。
それ故欲を言えば、このビンテージは5年くらい前に飲めばもっと果実味がはっきりしてたんじゃないかと思う内容ですが、今が悪いというレベルではありません。
香り豊かでスイスイ飲めて、穏やかなタンニンがバランス良く全体を引き締める、気持ちよく酔えるワインでした。ブルゴーニュって良いもんですね。

IMG_5533

先週末のお家ディナーの相棒は、いつもよりマイナーなワインです。
事の発端はウイスキー仲間主催の持ち寄り会KMCでの事。このイベントではオープニングや会の途中の食事で、ワインを楽しむのが通例となりつつあるのですが、前回そこで振る舞われたのが、ブルゴーニュを代表する銘柄とも言えるシャンベルタンの極上品。

シャンベルタンは以前も素晴らしいものを何度か飲んでいて、これが残り火としてブルゴーニュ&ピノ・ノワールでちょっと良いやつを飲みたい欲求がフツフツと湧き上がり、行き当たったのがミッシェル・ピカール社のサントーバンです。
シャンベルタンで探せばええやんという声が聞こえてきそうですが、同じ地域だとどうしても比較してしまいそうだったり、有名だけにいいヤツは相応に価格高騰しているので、違う地域で果実味あって華やかなタイプはないかなーと。

(持ち寄り会にて振る舞われたうちの1つ。ドメーヌ・ポンソ シャペル・シャンベルタン1999 。
まろやかでやさしい口当たり、ブルーベリージャムやプルーンなどの艶やかなアロマ。熟成を感じる落ち着きから、徐々に豊かな香味が解き放たれていく素晴らしい1本。)

同社のワインはコスパの良さがウリであり、調べてみると評判も良い模様。
2001年はブルゴーニュ全体であまりいいビンテージではないですが、逆に今がちょうど良いんじゃないかと今回のボトルに手を出してみたわけです。
用意した料理には合わせづらかったものの、テイスティングの通りなかなか楽しませてもらいました。
サントーバンは地域としては白ワインの方が有名らしいですが、赤も良いですね。
こういう柔らかく華やかな香味のブルゴーニュワインは、スペイサイドの長熟モルト好きに通じる要素を持ってる気もします。

このページのトップヘ

見出し画像
×