タグ

タグ:ブラントン

ブラントン シングルバレル 1989年ボトリング 46.5%

カテゴリ:
IMG_20191005_015334
BLANTON 
SINGLE BARREL 
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON WHISKEY 
Distilled 1978-1981
Bottled 1989 
Cask No,433 
750ml 46.5% 

グラス:國際企画テイスティング
開封後:半年程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香:ハーバルな華やかさとスパイシーな刺激。合わせてキャラメルソースやビスケット、微かにシナモンやオレンジピールのアクセント。濃くはないが程よい甘味が感じられる。

味:口当たりはスムーズでメローな甘味から、スパイシーな刺激が口内に広がる。薄めたメープルシロップやべっこう飴、紅茶の出涸らし、酸味は少し発酵したようなニュアンスを伴う。ボディは度数相応のボリュームがあり、余韻はスパイシーでウッディ、ドライなフィニッシュが長く続く。

樽感はそこまで濃厚ではないが、香味とも程よく熟成を感じさせる味わいが、あとに続くスパイシーなフレーバーを邪魔しない。恐らくライ麦由来の特徴だろう。また、ちょっと牧場っぽいニュアンスがあるというか、オールドのブラントンには独特の特徴がある。個人的な好みを言えば、もう少し樽が濃ければ。。。ロックは及第点、ハイボールまたはミントジュレップがオススメ。

IMG_20191005_015538

現在のバッファロー・トレース蒸留所が、かつてエンシェントエイジ蒸留所として操業していた時代にリリースされた1本。ブラントンは1984年に誕生したブランドで、今回のものは初期のボトルに当たります。
名称変更が行われたのは1999年、合わせて結構な改装もしている模様。その影響だけの問題ではないとは思いますが、現行のブラントンとは良くも悪くも別物な仕上がりだと感じます。

ブラントンの最大の特徴は、シングルバレルであるということ。加水とは言えバーボンバレル一つからは300本程度しかボトリングされないなかで、万単位の出荷を行うスタンダードグレードをブレンドしないでリリースするというのは、余程原酒をしっかり選定しているか、フィルタリング等で細かい誤差を取り除いてるか、そのどちらかだと感じます。(コストと時間を考えると、後者と推察・・・)
熟成行程では4年程度熟成した原酒のうち、ブラントンとして相応しいとされる樽を専用の熟成庫Hに移し、さらに4~6年熟成させるという情報が日本市場では広く使われていますが、現地では専用のマッシュビル(コーン75-78%、ライ12-15%のハイライ仕様)で仕込んだものを、最初から熟成庫Hで6~8年とされています。

また熟成に使われるウェアハウスHについても、該当する熟成庫である理由は験担ぎのようなもの、というのが日本側で説明されている内容ですが、実際はAからZまである熟成庫のうち、Hだけが木造ではなく屋根や外壁が一部金属で作られていて、室内温度が屋外とあまり変わらなくなる(むしろより温度差が大きくなる)。これによってさらに熟成が進むため、とする明確な理由があるようです。
なぜ日本と現地で異なる素性説明が存在するのか。それは恐らくですが、ブラントンがリリースされた直後は、原酒の状況に応じてあてがうブランドを変えるため樽を移す作業が行われていたものの、近年はプロセスを簡略化し、最初から専用の原酒を作り、かつ温度差の大きい熟成庫であることを考慮してトータルの熟成年数を2年程度短くしたのなら、効率化の観点に加え情報の違いがあっても違和感ありません。

この手の変更は資本や体制が変わった時に行われることが多いので、1999年の蒸留名称の変更と合わせて仕込み方法を変えた。。。とかでしょうか。もしそうであれば、この1989年ボトリングのブラントンは原酒を選定していた時代のもので、現行のブラントンとは異なる作りだったことになります。
まあ、それが味のどの部分に作用しているかというと、これがこうと断定は出来ないですが(汗)。
ただ2000年代くらいまでのブラントンは、良い意味で野暮ったいところが魅力としてあります。特に度数の高いものはそれがボディの厚みと共に際立っており、ストレートフロムザバレルやゴールドラベルらハイプルーフのものは、オススメしたいバーボンの一つです。

IMG_20191006_112401

なお、ブラントンは個人的に思い入れの深い銘柄でもあります。
リリースが1984年で生まれ年というのもありますが、話は10年以上遡って大学院時代。1学年上の先輩と研究室の帰り際にBAR飲みすることが多かったのですが、その先輩が好んで飲んでいたのがブラントンでした。
当時の自分はまだスコッチとバーボンの違いもよくわかってないような状態でしたが、独特のボトルデザインがかっこよく、カウンターで研究の相談をしながらロックで飲んでいたのです。

そういう意味で、自分にとってブラントンは青春の味というか、大学の思いでの一つ。
こうして飲む度に、あの頃の景色を思い浮かべ、初心に戻れる。まさに特別な1本と言えるのかもしれません。

IMG_20190303_092506
IMG_20190303_092351
今日のオマケ:ブラントンのコルク修復について。
バーボンのオールドボトルは、コルクが折れやすいものが多い印象があります。
バーボンそのものに含まれる樽成分(樹液、糖分に類するもの)が、時間と共にコルクとボトルを固着させてしまうからと考えられますが、中でも大口径のブラントンのコルクが折れると、替えが効きにくいので困ったことに。。。
そんなブラントンは、シャンパンやスパークリングワインのコルクがフィットするのでオススメです。(ロイヤルサルート等にもフィットするので、1つ持っておくと便利。)

ただ、ブラントンと言えばキャップトップの競走馬が象徴でもあり、それがなくなるのはビジュアル的に。。。という声も。
ご安心(?)ください。実はオールドのブラントンはコルクをネジ止めしているので、写真のようにもとのコルクを取り除いて、新しいコルクを接着剤をつけてねじ込むと、キャップを再生できるのです。
万が一があっても安心、気兼ねなくオールドブラントンをお楽しみください(笑)

ウイスキーバイブル 2019 主要部門をアメリカンウイスキーが独占 ジャパニーズ部門はポールラッシュが受賞

カテゴリ:
今年もジムマーレイ著、ウイスキーバイブルにおけるワールドウイスキーオブザイヤーが発表されました。
個人的にはボジョレー解禁的な印象もある、ウイスキー業界の風物詩なこの発表。ああ、もうすっかり秋ですねぇ。。。

ジムマーレイ氏の活動ついては今更説明は不要と思いますが、ざっくりまとめると、毎年1000種類以上のウイスキーをテイスティングし、コメントとスコアリングをまとめた著書"ウイスキーバイブル"の執筆を手がける、非常に大きな影響力を持つテイスターです。

そのスコアリング基準は不明確な点もありますが、近年の評価では、
2016年クラウンローヤル・ノーザンハーベスト・ライ
2017年ブッカーズ・ライ13年
2018年テイラーフォーグレーン12年
と、各年のウィナーがアメリカ・カナダ方面に寄っていることから、その趣向が見えてくるようです。
2015年の山崎シェリーカスクから一転して、クラウンローヤルが選ばれた年など「正気とは思えない」と辛辣なコメントが寄せられたこともありましたが、なるほどここまで続くと一貫していますね。

長熟バーボンに備わる艶やかな甘みや、ハイプルーフで突き抜けた味わいは自分も求めている要素の一つであり、スコッチとの対比に異論を唱えるつもりはありません。ただ、その時々の思い切った線引きが、ジムマーレイ氏の評価なのでしょう。
今年はそれがさらに極まった内容となり、ワールドウイスキーオブザイヤーと、シングルカスクオブザイヤーの主要2部門をバーボンが受賞。全体でもトップ3銘柄のうち2銘柄がアメリカンで、異なるカテゴリーのコンペを見るような結果となりました。

■The full list of winners
◆2019 World Whisky of the Year

William Larue Weller 128.2 Proof 
- Buffalo Trace Antique Collection 2017

◆Second Finest Whisky in the World

Glen Grant Aged 18 Years

◆Third Finest Whisky in the World
Thomas Handy Sazerac Rye 127.2 Proof

◆Single Cask of the Year
Blanton’s Gold Edition Single Barrel



ワールドウイスキーオブザイヤーを受賞した、William Laure Wellerは飲んだことがありませんが、バッファロー・トレースの長熟となれば、一定以上のクオリティがあると見て間違いないと思います。
リミテッドであるアンティークコレクションは、小麦を主原料とする原酒のうち総じて10数年間の熟成を経てピークに到達した樽から、毎年度リリースされているシリーズのようです。
今回受賞したのは2017年ロット。スペックなどから察するに、芳醇で柔らかくドライな含みから、ボリュームのあるウッディネスと艶やかな甘み、パンチのある余韻といったところでしょうか。

そして全シングルカスクのベストかどうかはさておき、高い評価も納得出来るのが、ブラントン・ゴールドラベル 51.5%です。
今オススメのハイプルーフバーボンを聞かれたら、1万円未満なら自分でも勧めている銘柄の一つ。現行品はボディが少し細い気もしますが、オールドバーボンにある香味の共通項を備えた、熟成感あるリッチでメローな味わい。何よりもスタンダードとして安定して購入出来るのが嬉しいですね。
ラベルに書かれたボトリング日付が古いほうが香味が濃い傾向があり、2000年以前のものなど特にオススメです。


SCOTCH WHISKY
Scotch Whisky of the Year 
Glen Grant Aged 18 Year Old 
Single Malt of the Year (Multiple Casks) 
Glen Grant Aged 18 Year Old 


続いて、各区分毎の受賞銘柄からピックアップすると、今年もスコッチカテゴリーでトップながら、全体では2番手だったグレングラント18年。
これで3年連続トップ3圏内、しかしウィナーにはなれず。レベルが高いのは間違いないのですが、そろそろ永遠の2番手とか言われそうな。。。(笑)

グレングラント18年は、先日とある企画でブラインドテイスティングで飲む機会があったばかり。やや軽めの酒質にアメリカンホワイトオークの華やかさとフルーティーさ、そして少し枯れ草のようなウッディネス。加水調整によるバランスも良く、うまく仕上げられた美味しいモルトでした。
味は万人に好まれ易いタイプですし、BARでも使いやすいモルトウイスキーだと思います。

JAPANESE WHISKY
Japanese Whisky of the Year 
The Hakushu Paul Rusch 

ジャパニーズ区分では、萌木の村がリリースした、ポールラッシュ生誕120周年記念シングルモルトウイスキー(白州)が選ばれています。
秘蔵の長期熟成原酒とヘビーピート原酒を使い、日本的な熟成感のある多彩な香味。柔らかく角の取れた香り立ちでありながら、その味わいは内に秘めた想いが感じられるような芯の強さとピートの存在感。まるで往年のポールラッシュ氏その人を思わせるようなウイスキー。
一般市場には流通がありませんが、一部のBARと、萌木の村では飲むことが可能な1本。今日は我が家でもささやかにテイスティングといたします。
(※リリース当時のテイスティングコメントはこちら。

この他、ディアジオのスペシャルリリースからコレクティヴァムXXVⅢなど、昨年から今年にかけて話題になったボトルもいくつか、カテゴリー毎に受賞しています。
詳細は以下の通り。なお、ウイスキーバイブルの表紙には毎年度ジムマーレイ本人の姿が書かれているわけですが、今年はどう見ても精神生命体。。。あるいはハリーポッターあたりに出てきそうな精霊の類。
テイスティングすることのべ何万、ついにそのグラスの中には魂が宿ったのでしょうか(汗)。

 
SCOTCH
Scotch Whisky of the Year
Glen Grant Aged 18 Year Old

Single Malt of the Year (Multiple Casks)
Glen Grant Aged 18 Year Old

Single Malt of the Year (Single Cask)
The Last Drop Glenrothes 1969 Cask 16207

Scotch Blend of the Year
Ballantine’s 17 Year Old

Scotch Grain of the Year
Berry Bros & Rudd Cambus 26 Years Old

Scotch Vatted Malt of the Year
Collectivum XXVIII

Single Malt Scotch
No Age Statement
Laphroaig Lore

10 Years & Under (Multiple Casks)
Laphroaig 10 Year Old

10 Years & Under (Single Cask)
Berry Bros & Rudd Ardmore 9 Year Old

11-15 Years (Multiple Casks)
Lagavulin 12 Year Old 17th Release Special Releases 2017

11-15 Years (Single Cask)
Cadenhead’s Rum Cask Mortlach 14 Year Old

16-21 Years (Multiple Casks)
Glen Grant Aged 18 Year Old

16-21 Years (Single Cask)
Bowmore 19 Year Old The Feis Ile Collection

22-27 Years (Multiple Casks)
Talisker 25 Year Old Bot.2017

22-27 Years (Single Cask)
Scotch Malt Whisky Society Glen Grant Cask 9.128 24 Year Old

28-34 Years (Multiple Casks)
Convalmore 32 Year Old

28-34 Years (Single Cask)
Gleann Mor Port Ellen Aged 33 Year Old

35-40 Years (Multiple Casks)
Benromach 39 Year Old 1977 Vintage

35-40 Years (Single Cask)
Glenfarclas The Family Casks 1979

41 Years & Over (Multiple Casks)
Tomatin Warehouse 6 Collection 1972

41 Years & Over (Single Cask)
The Last Drop Glenrothes 1969 Cask 16207

BLENDED SCOTCH
No Age Statement (Standard)
Ballantine’s Finest

5-12 Years
Johnnie Walker Black Label 12 Year Old

13-18 Years
Ballantine’s 17 Year Old

19 – 25 Years
Royal Salute 21 Year Old

26 – 50 Years
Royal Salute 32 Year Old Union of the Crowns

IRISH WHISKEY
Irish Whiskey of the Year
Redbreast Aged 12 Year Cask Strength

Irish Pot Still Whiskey of the Year
Redbreast Aged 12 Year Cask Strength

Irish Single Malt of the Year
Bushmills Distillery Reserve 12 Year Old

Irish Blend of the Year
Bushmills Black Bush

Irish Single Cask of the Year
The Irishman 17 Year Old

AMERICAN WHISKEY
Bourbon of the Year
William Larue Weller 128.2 Proof

Rye of the Year
Thomas H
Handy Sazerac 127.2 Proof

US Micro Whisky of the Year
Garrison Brothers Balmorhea

US Micro Whisky of the Year (Runner Up)
Balcones Peated Texas Single Malt

BOURBON
No Age Statement (Single Barrel)
Blanton’s Gold Edition Single Barrel

No Age Statement (Multiple Barrels)
William Larue Weller 128.2 Proof

Up To 10 Years
Eagle Rare 10 Year Old

11 – 15 Years
Pappy Van Winkle Family Reserve 15 Year Old

16 – 20 Years
Abraham Bowman Sweet XVI Bourbon

11 Years & Over
Orphan Barrel Rhetoric 24 Year Old

RYE
No Age Statement
Thomas H
Handy Sazerac 127.2 Proof

Up to 10 Years
Knob Creek Cask Strength

11 Years & Over
Sazerac 18 Year Old (2017 Edition)

CANADIAN WHISKY
Canadian Whisky of the Year
Canadian Club Chronicles: Issue No
1 Water of Windsor 41 Year Old

JAPANESE WHISKY
Japanese Whisky of the Year
The Hakushu Paul Rusch

EUROPEAN WHISKY
European Whisky of the Year (Multiple)
Nestville Master Blender 8 Years Old Whisky (Slovakia)

European Whisky of the Year (Single)
The Norfolk Farmers Single Grain Whisky (England)

WORLD WHISKIES
Asian Whisky of the Year
Amrut Greedy Angels 8 Year Old (India)

Southern Hemisphere Whisky of the Year
Belgrove Peated Rye (Australia)


※参照・引用
•JIM Murray's Whisky Bible
•The Whisky Exchenge

このページのトップヘ

見出し画像
×