タグ

タグ:ブラインドテイスティング

グレンリベット 15年 2003-2019 GMコニッサーズチョイス 59.4%

カテゴリ:
IMG_20190806_151708
GLENLIVET
GORDON & MACPHAIL 
Slected by the WHISKY EXCHANGE 
Aged 15 years
Distilled 2003
Bottled 2019
Cask type Refill Bourbon Barrel #18/091
700ml 59.4%

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

【ブラインドテイスティング回答】
地域:スペイサイド
蒸留所:グレンリベット
年数:15年程度
樽:バーボンバレル
度数:60%程度

香り:華やかでオーキーだが、ドライで強いアタックを伴う。乾いた木材や干し草、洋梨、微かにシトラスを思わせる柑橘感も伴う。

味:香り同様の華やかな構成かつ、ハイプルーフらしいアタックの強さを感じるドライな口当たり。余韻はウッディでスパイシー、ひりつくような刺激と共に、オーキーでバニラや花梨、微かにハーブのアクセントも感じる。

開封直後もあってか、華やかなウッディさ以上にドライなアタックが強く、強くヒリつくような刺激がネック。しかし加水するとそれらがまとまり、林檎や熟したバナナ、バニラなどのあまやかさとフルーティーさが際立つだけでなく、余韻にかけて柔らかいコクも感じられるようになる。近年でも良い樽、良い熟成を経たリベットらしさだろう。少量加水か、開封後年単位で時間をおいてどうぞ。


先日、ウイスキー仲間との持ち寄り兼ブラインドテイスティング会で出題された4本のうちの1つ。このグレンリベットはウイスキーエクスチェンジで販売されている限定ボトルですが、熟成年数で1年若い類似スペックのものは日本に入荷していました。(以下、画像参照)

IMG_20190806_225557

イベントでのブラインドはGMグレンバーギー22年、ベンリアック16年マディラフィニッシュ、OMCボウモア21年、GMCCグレンリベット15年と1990年代以降蒸留の判定が難しいスペイサイド多めのラインナップでしたが、4銘柄中後半2銘柄は蒸留所まで正解。残る2本も地域や系統は大きく外さず、及第点といったテイスティングが出来ました。(狙ったわけではないですが、自分の出題は宮城峡蒸留所限定の旧ボトル、スペイサイド続きの中ではちょっと性格悪いかなと思いきや、普通に正解者も居たのでひと安心です。)

これら4本のなかで一番印象深かったのが、今回紹介するグレンリベット。近年のグレンリベットは酒質の軽さ、ドライさが目立ってきており、特にオフィシャル12年をはじめ味が落ちたなんて評価も聞こえてくるところ。最近のウイスキーの傾向として、酒質がライトになってきたところに、樽感もファーストフィル以外にセカンド、サードが増えてかなと、物足りなさを覚えていたのは事実です。

一方で今回のボトルもストレートではだいぶ硬さが目立ちますが、少量加水したところ林檎を思わせるオーキーなフルーティーさがぐっと前に出てGOOD。ちょっと前のオフィシャル系統というか、良い樽使えば充分美味しいじゃないかと本来のポテンシャルを感じることが出来ました。
どうせなら日本入荷した上記のボトルも試してみたいですね。

タムデュー 21年 1997-2019 オーシャンズ 50.8% 

カテゴリ:
received_713154212446588
TAMDHU 
The Oceans 
Aged 21 years 
Distilled 1997 
Bottled 2019 
Cask type Hogshead 
700ml 50.8%

【ブラインドテイスティング回答】
地域:ジャパニーズ
蒸留所:富士御殿場
樽:バーボンバレル
年数:20年程度
度数:46%程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ややエステリーでドライ、鼻腔への刺激のある香り立ち。樽由来のフルーティーさと甘味がしっかり出ており、リンゴのコンポート、モンブラン、微かにナッツのアクセント。
若干ゴムっぽい香りと溶剤のニュアンス。

味:樹液のような粘性のある濃厚なオークフレーバー。洋梨や黄桃、バニラ、好ましいフルーティーさのある甘味と合わせて、ウッディでドライ、樽材のえぐみ、スパイシーな樽材由来の過熟気味な要素が広がる。酒質由来の香味の線は細く、余韻はビターでドライ、オーキーなフルーティーさと合わせてヒリヒリとした刺激を伴う。

オーキーでフルーティー、グレンバーギーなどを思わせる近年のスペイサイド寄りの酒質だが、樽がかなり強く効いているため、好ましいフルーティーさ以外に若干ネガティブなニュアンスまで一部溶け出ている。熟成環境の違いがあるのではないかと推察。香りで感じたエステリーな要素と樽要素の出方、また通常品より高く感じるアルコール感から、ボトル予想は富士御殿場のスモールバッチ。

IMG_20190715_092837

ご無沙汰しております、ちょっと更新感覚が開いてしまいました。
先週末、風邪なのか疲れなのか、38度オーバーの発熱(咳、鼻水など一切なし)があり、それでも無理して出張なんて行ったもんだから余計悪化。療養に専念したので、ちょっとブログのほうまで手が回っていませんでした。
さて、気を取り直して休み明けの更新1発目は、ウイスキー仲間のK67さんから頂いていたブラインドテイスティング出題の回答。今回は非常にタイムリーなボトルの出題をいただきました。

オーシャンシリーズはウィスクイーさんのオリジナルブランド。20作目となる今回のボトルは、メーカーコメントで「完熟ピーチのフレーバーが効いたタムデュー」なんて、期待したくなるようなPRがされていたことでも知られています。
おそらく、アメリカンオーク樽由来のフルーティーさが良い具合に強く出たボトルなんだろうと予想していましたが、結果的にほぼその予想通りという味わいだったと思います。

近年のタムデュー、あるいはスペイサイドモルトの軽めの酒質に対してかなりしっかりと樽が効いた、黄色系のフルーティーさにスウィートな含み香、そしてドライでウッディな構成。フルーティーさだけなら上々の仕上がりです。
酒質と樽要素はややアンバランスですが、50%まで下がった度数はそれらをギリギリ繋ぎとめることに寄与していて、なにより今回一番注目の「完熟ピーチ」は、近いコメントをブラインドで表現しているので、概ねメーカーコメントの通りだなと感じました。
その樽の強さが少々気になりますが、ボトラーズの熟成庫での仕上げか、オフィシャルと比較して少し環境が異なっているのではとも推察します。


ブラインドテイスティングの反省を述べるなら、それはもう邪推ですね(笑)。
仮にスペイサイドモルトと限定されていても、タムデューを導き出せた自信はないですが、まさかK67さんが普通のスペイサイドのボトラーズなんて出さないよな・・・きっと変化球に違いない、なんて深読みがなかったと言えば嘘になります。

当ててやろうとすると、遠退く正解。それは度数予想にも現れていて、富士山麓は酒質がクリーンでピリピリした部分も多少あるから、これくらいの度数でもアタックはこの程度あるはず、なんて無理矢理納得してもいました。(実際は50%はともかく、48%くらいには感じられるアタックがあります。)
最近これまでよりブラインドの頻度が落ちていますが、それもあってちょっと鈍っちゃっているのかもしれません。
何事も、日々の積み重ねですね。

グレンドロナック ハンドフィル 25年 1993-2018 蒸留所限定 57.7%

カテゴリ:
GLENDRONACH
HAND-FILLED
Aged 25 years
Distilled 1993
Bottled 2018
Cask type Sherry Butt #698
700ml 57.7%

グラス:
場所:BAR ミズナラカスク (水楢佳寿久)
時期:開封後半年程度
暫定評価:★★★★★★(6)

【ブラインドテイスティング回答】
地域:スペイサイド
蒸留所:モートラック
熟成:20年程度
蒸留時期:1980年代後半~1990年頃
樽:シェリーバット・スパニッシュオーク
度数:58%程度

香り:ドライでスパイシー、ドライプルーンなどのダークフルーツ、香木やハーブのアクセント、かすかに黒蜜を思わせる甘酸っぱく濃厚なシェリー香。

味:パワフルで濃厚、しっかりとした酒質で余韻にかけてスパイシーな刺激も感じられるが、どこかこなれたような印象を受ける口当たりでもある。
余韻はビターで湿ったようなウッディネス、カカオチョコレートにベリーや黒葡萄、ハイトーンで長く続く余韻。

おそらくスパニッシュオークのシェリーカスクで、近年系シェリーの中でも評価されているタイプの香味が備わっている。十分美味しいのだが、もう少し甘みというか果実味が該当する香味に備わっていれば、さらに上の評価をつけていた。ストレートまたは少量加水で。


BARミズナラカスクにて、オーナーの篠崎さんが現地蒸留所にて購入されてきた、バリンチ(ハンドフィル)ボトル。何杯か飲んだ後で、最後の1杯に「ちょっとブラインドでもやってみます?」として出題いただいたものです。

シェリー感は所謂シガーモルトタイプ。テイスティングの通り強い酒質があり、かつ比較的涼しい場所にある内陸系の蒸留所で思い浮かんだのが、グレンファークラスやモートラック。どっちかと言えばモートラックかなぁという感じでしたが、該当する蒸留時期でグレンドロナックが出てこなかったのは不覚でしたね。。。 

一方で、口当たりには経年変化に近いようなこなれた印象もあり、熟成というよりボトリングから数年単位で時間が経ったのではないかと予想しましたが、思いっきり近年ボトルでした。
その違いはスペックを効いて納得。グレンドロナックのハンドフィルは、一度樽から払い出した原酒を90リットル程度のハンドフィル用のカスクに移し、そこから購入希望者が詰める形式で販売されています。
そのため、通常のボトリング行程と比較して空気に触れやすい環境にあることが、今回のようなこなれた印象に繋がったのかもしれません。

glendronach-hand-filled-visitor
(グレンドロナック蒸留所、ビジターセンターでのハンドフィル風景。購入者がラベルにサインし、ボトリングが行われる。画像引用:Peated perfection

ブラインドテイスティングの回答としては、樽と度数しか合致しておらず、それ以外は誤差の多い結果になってしまいましたが、誤認した部分と整合性の取れる理由もありましたので、納得のいく結果でもありました。何より、現地で購入された貴重なボトルのテイスティング機会を頂き感謝です。

それにしてもこういうスタイルのハンドフィルはまさに限定品という感じで、ロマンがありますよね。法律の問題などあるのだと思いますが(確か瓶詰め専用の部屋が必要とか)、現在日本の蒸留所で同じスタイルのハンドフィルの販売を行っているところはなく、あるのは酒屋の量り売りくらい・・・。
大手は難しいと思いますが、原酒の量がある程度確保できた数年後、クラフトディスティラリーなどはこうした試みを行っていただけないかなと思っています。

クライヌリッシュ ブティックウイスキー 50.6% Batch No,2

カテゴリ:
CLYNELISH
BOUTIQUE-Y WHISKY 
Batch No,2
Release in 2013
500ml 50.6%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:ブラインドサンプル@Wennyさん
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

【ブラインド サンプルB】
地域:ハイランド
銘柄:ベンネヴィス
年数:20年程度
流通時期:2010年代
度数:48〜50%
樽:バーボンホグスヘッド
仕様:シングルカスク

香り:干草や乾いた麦芽のドライなアロマから、乳酸系の酸味、キウイフルーツや人工的なパッション香、時間経過でおしろいを思わせる甘みも感じられる。

味:少し水っぽさのある口当たり、バニラ味の風邪薬シロップ、おしろい、オーキーで黄色い果実味。後半にかけてヒリヒリとした刺激、ケミカルな甘みも伴う。
余韻はドライでほろ苦く、乾いたウッディネス。オーキーな華やかさの残滓を伴い長く続く。

ハイランド系の酒質と熟成感。人工的なニュアンスのあるフルーティーさとおしろいを思わせる麦感は、度数落ちホグスのベンネヴィスだろうか。同系統のフレーバーを出すものとしてはアイリッシュにしては麦系の香味が厚く、ロッホローモンドにしては熟成が長い印象。


リカーショップ、マスターオブモルトがリリースする、ブティックウイスキーカンパニーブランドのクライヌリッシュ。スペックの詳細は明かされていないものの、度数、樽、熟成年数、流通時期などの諸条件は、そこまで大きく外してはいないと思います。蒸留は90年代前半で、ボトリング本数から、樽はホグスヘッドでしょう。

しかしいただけないのが、蒸留所に結びつく特徴の捉え方。今回は白粉っぽい厚めな麦芽風味以外に、人工的なニュアンスのある甘み、リキュールやシロップのような果実味を強く拾ってしまい、こりゃ多少麦感もある90年代の前半から中頃くらいのベンネヴィスかなと。結果は大外し、麦系が強いクライヌリッシュだったワケです。
地域指定ハイランドと言えば予想は近いようですが、正直猛省ですね。

正解発表の後で改めて飲んでみると、ああ、これはクライヌリッシュだよというワクシーで白粉っぽい麦感の方が強く感じます。こんなにわかりやすいキャラクターだったのに、ピントが合わないとこうもズレる。
これが情報を飲むということであり、どこにフォーカス出来るかというブラインドの難しさ。まだまだだぞと良い刺激を頂いた出題でした。ありがとうございます!

オールドフィールド ブルーラベル 特級表記 1980年代流通 43% ブラインド

カテゴリ:
OLD FIELD'S BLUE LABEL
Blended Scotch Whisky
1970-1980's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:ブラインドサンプル@Wenny氏
暫定評価:★★★★★(5)

【ブラインドテイスティング解答】
地域:ハイランド&ローランド
銘柄:BIG-T、ピータードーソン、デュワーズ
年数:NAS(5〜8年程度)
流通時期:1980年代
度数:43%
樽:複数回使用のリフィルシェリー系
仕様:ブレンデッドスコッチ

香り:ドライでクリア、あまり香りが立たない。プレーンな穀物感、アロエ果肉。時間経過でほのかにレーズンを思わせる酸味。

味:品のいい甘さと麦芽風味主体。ヒリヒリとしたアタック、薄めた蜂蜜、砂糖漬けレモンピール。あまり変化はない。余韻はドライ、微かなピートフレーバー、あっさりとしている。

スタンダードクラスと思われるオールドブレンデッド。癖の少ないハイランドやローランドのブレンド向け蒸留所のモルトをベースに、グレーンも相応に使われている印象である。

IMG_8946

オールドフィールド社製のブレンデッドウイスキー。愛好家の間では"天国に一番近いBAR"としても知られる、静岡に本店を持つBARブルーラベルの店名の由来になった、ブレンデッドウイスキーでもあります。

その素性は1970年代初頭、ウイスキー新興市場向けに作られた輸出用のブレンデッドウイスキーだった模様。
当時はストラスコノンなど、イギリス以外の国への販路を求めた銘柄も複数ありましたので、この銘柄がそうした素性のウイスキーであってもおかしくはありません。実際、日本向け以外にイタリア向けのボトルは確認できるのですが、イギリス側の関連サイト等にほぼ情報がないのです。

BARブルーラベルから発信された情報によると、同ボトルの位置付けはスタンダードクラスで、構成原酒はトーモアやベンネヴィス。オールドフィールド社はロングジョン社の関連企業で、同社が保有する原酒を主に使ったブレンデッドを作っていたそうです。
とすると、他にはグレンアギー、ラフロイグなどもありえるわけですが、飲んだ印象としてアギーはあってもラフロイグはほとんど無いかなと言う構成。テイスティングで感じたように、熟成の比較的若く、ブレンド向けの癖の少ない穏やかな原酒とグレーンが中心だと感じます。 


今回のブラインドサンプルは、当ブログ読者のWennyさんから頂きました。
直接の面識はないのですが、以前も出題を頂いており、こうしてまた新たにサンプルを頂けるとは、ブロガー冥利に尽きる光栄な話です。
ちょうど「ブラインドテイスティングの考え方」なんて持論を記事にしたところでもあり、これは外せないぞと挑んだ今回の出題。。。これから順次公開していきますが、個人的に及第点から要補習という結果でした(汗)。

このブルーラベルはスペック的には大きく外してないので、まさに及第点という回答。言われて見ると納得な銘柄なのですが、この辺りの個性の少ないスコッチでの銘柄当ては、思いつく銘柄を揃えた上でのサイコロになっちゃいます。
もっとも当たり目が入っているかどうか、それが問題なのですが。

このページのトップヘ

見出し画像
×